昭和39年
◎昭和39年 1月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 15勝 12
 ここしばらく優勝から見放されている大鵬が踏ん張った。 柏戸・栃ノ海の他に優勝を争ったのは入幕 2場所目の清國。 12日目を終えて全勝は大鵬と清國、 1敗が柏戸と栃ノ海である。 13日目柏戸−栃ノ海は突き落として栃ノ海が残った。大鵬−豊山は15分後取り直しの末上手投げで大鵬。 14日目大鵬−栃ノ海であったが大鵬が屈んで立ち栃の右をおっつけ、 去なされたが向き直って叩き込んだ。千秋楽、清國は大豪の切り返しに 1敗。 結びの柏鵬戦は大鵬両差しから突き落として全勝優勝。栃ノ海は準優勝にも当たらなかったが、 13勝で横綱を許された。北の冨士が13勝を挙げて新入幕力士の勝数新記録を作った。
・優勝決定の一番 千秋楽 大豪(切り返し)清國
             大鵬(突き落とし)柏戸

 千秋楽を迎えて大鵬の全勝は寧ろ当然であるが、清國の右怪腕の冴えにも瞠目させられた。 しかし、清國は堅くなっていた。当たったが鋭さに欠け、大豪に左差し右上手を許した。 だが清國は右おっつけで寄った。大豪は右上手投げで寄り返す。清國はなお出んとするが、大豪は右上手投げ。 清國は下手投げに返して左内掛けに出たが、大豪は余裕を持って右上手から捻って切り返した。 これで全勝は大鵬だけ、その大鵬は当然柏戸戦である。大鵬は立つなり両差し、柏戸が無理に出てくる端を左で叩いて右から突き落とした。 こうしてレベルの高い星の潰し合いを経て優勝賜盃は大鵬の手に帰した。
・好勝負
 初日 明武谷(浴びせ倒し)栃ノ海

 栃ノ海は当たったがさほど良くはなかった。明武谷はいきなり右を差した。 栃ノ海は右筈から出ようとしたが体が起きかけたので咄嗟に左を巻き替える。明武谷も応じて巻き替え、得意の吊りを見せた。 栃ノ海は左内掛けから吊り身に赤房に寄り、左下手投げを打った。明武谷は土俵際で堪えて打っ棄りの構え。 栃ノ海は右外掛けで倒そうとしたが効かない。明武谷は逆に東に攻め込んだ。栃ノ海は右に廻り込んだががっぷりの左四つとなって勝手が悪く、 思い切って右上手出し投げで決めようとした。しかし明武谷は両廻しを引きつけていたので腰が廻らず、明武谷の体を浴びる恰好となった。 明武谷は右手から土俵に落ち、その後栃ノ海が倒れたので軍配は栃ノ海に上がったが、 物言いがついて、栃ノ海の体が死んでいるとて差し違いとなった。写真で見るとまだ辛うじて生きていると思うのだがどうだろうか。
  5日目 佐田の山(寄り倒し)岩風
 岩風が右に飛んで左から引っ掛ける。佐田の山は残して二本差し、岩風は左上手を取って頭をつけ、 佐田の山が起こそうとするを堪える。さらに岩風が巻き替えて右四つから寄り進んだ。佐田の山は向正面で下手投げ、岩風は辛くも残して土俵中央に戻り、水入りとなった。 再開後、佐田の山は漸くのことで岩風を起こし、右を突きつけ黒房に遂に寄り倒して決着をつけた。
  6日目 柏戸(寄り倒し)琴櫻
 琴櫻頭でガーンと当たったが柏戸は二本差しで向正面に寄った。琴櫻は忽ち土俵に詰まって、左に首を巻いて倒れながら左に振った。 琴桜は右足が折れて倒れたが、それより遥かに早く柏戸の右足は土俵の外。庄之助の軍配は文句なく琴櫻。しかし物言いがつき、何をどう見たものか柏戸の勝ちとされた上に、 琴櫻は踝骨折で休場、どちらにも禍根が残った。
 13日目 栃ノ海(突き落とし)柏戸
  1敗同士の対戦である。栃ノ海が右から入って両差し、対する柏戸が左上手右おっつけで黒房に出ると、 栃ノ海は堪えて左から突き落とした。物言いがついたが不成立。
 13日目 大鵬(上手投げ)豊山
 全勝の大鵬はがっぷり左四つとなって全く動かず水入り、再開後も豊山の吊り寄りを大鵬は堪えるばかり、 罵声が飛び交う中再度水入り、15分後取り直しとなり、今度は右四つから大鵬の大きな上手投げで呆気なく決まった。長い割には大したことのない相撲である。
 14日目 清國(寄り切り)富士錦
 互いに低く出て富士錦が押そうとすると清國は両筈で押し上げ、左廻しを取ると右筈一気に西に押し進み、右筈で寄り切った。清國は初日から14戦全勝で大鵬と並走する。
 14日目 大鵬(叩き込み)栃ノ海
 大鵬は考え抜いた相撲を取った。まずは栃ノ海の低い飛び込みを想定して頭を下げる立ち合い、腰を引きながら左右と筈で栃ノ海を押さえる。 栃ノ海が東に出て右で前褌を引くと、大鵬さらに体勢を下げて左右でおっつけ、栃ノ海が右を引っ掛けると大鵬泳いだが右を抜きざま向き直り、栃ノ海の左を泉川に取ったあと右で絞る。 栃ノ海は右で叩いた。大鵬は押し上げて青房に攻め、再度栃ノ海が頭を下げて押そうとするところを左に廻って叩き込んだ。
○昭和39年 3月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 15勝 13
 新横綱栃ノ海の土俵に注目が集まったが、初日 2日目と連敗してしまう。 綱取りに後れを取った佐田の山と豊山は相撲に余裕がなく中盤までに脱落。 結局残ったのは大鵬と柏戸であった。柏戸は速攻が冴え、またこの場所はしぶとさがあった。 しかしながら14日目佐田の山戦で手首を痛めたのはいけない。それでも14戦全勝。 大鵬はこの場所は出足で勝負をつけ、14日目栃ノ海を豪快に押し倒して14戦全勝。 柏鵬全勝再戦となった。この相撲は大鵬の雪辱が成り、 2場所連続全勝優勝。
・優勝決定の一番 千秋楽 大鵬(掬い投げ)柏戸
 大鵬が両差し狙いで立てば柏戸体当たり、大鵬ちょっと下がったが右差し。右四つで両者上手が取れず下手一本。柏戸が寄ろうとすると大鵬が上手を取った。 柏戸が左を巻き替え、大鵬が巻き替えるに乗じて柏戸は青房に出たが、大鵬は右上手を引きつけ左から掬って柏戸を出した。
・好勝負
 初日 羽黒川(小手投げ)栃ノ海

 新横綱栃ノ海が頭から当たったが羽黒川は左に大きく飛んだ。栃ノ海は残して両差しから寄るが鋭さがなく、羽黒川の左小手投げに東に落ちた。
  2日目 岩風(突き落とし)栃ノ海
 栃ノ海の両差しを岩風は閂に極め左小手投げ、栃ノ海は左から挟みつけて東に出たが、岩風の右突き落としに落ちてしまった。 岩風の左足が出たと物言いがついたが不成立、栃ノ海は新横綱で初日から 2連敗という新記録を作った。
 13日目 柏戸(極め出し)栃ノ海
 辛うじて 3敗の栃ノ海は、絶好調の柏戸に挑んだ。栃ノ海が当たって右前褌、左差しの得意の体勢となったが、 柏戸はその左差しを泉川に撓め、左に振って黒房へ豪快に撓め出して圧勝した。
 14日目 大鵬(押し倒し)栃ノ海
 栃ノ海は突っ込もうとしたが、大鵬は余裕を持って突き放し、ドッとばかり押し倒して快勝、 大鵬柏戸共に14戦全勝、楽日決戦が決定した。
△昭和39年 5月 優勝 横綱 栃ノ海 晃嘉 13勝 2敗 3
 焦点は大鵬の連勝記録であった。事実31連勝を記録して自己最高、 かなりの伸びが期待された。ところが 4日目、前田川の左右の喉輪に遭って怒ったところを引き落とされ土俵を掃いて早くも 1敗。 さらには 8日目明武谷を腰を落として追い詰めながら大きく打っ棄られ 2敗。 結局は高血圧症で 5敗した。柏戸は11連勝したがまたも土俵下に落ちて右鎖骨骨折の大怪我で休場。 残る横綱の栃ノ海は素晴らしい相撲はなかったが、豊山の勇み足で星を拾うなど運にも恵まれ、 千秋楽に大鵬を切り返しと下手投げの合わせ技で討ち取って優勝。北葉山が12勝 3敗で結果待ちだったが及ばなかった。
・優勝決定の一番 千秋楽 栃ノ海(下手投げ)大鵬
 大鵬がやや早く立ったが栃ノ海は鋭く突っ込み、差し手争いから栃ノ海が両前褌、大鵬は左に動いて引きさらに腕捻りを見せる。 栃ノ海は残して右上手を深くして大鵬の左にくっつき、大鵬が左後ろへ網打ちを見せると栃ノ海は右切り返しに応じた。 大鵬は左を抜いて右下手だけ、栃ノ海は頭も埋めた。栃ノ海が左を巻き替えると大鵬が正面に出て上手投げ、 栃ノ海は下手投げに返してまた土俵中央に戻し、右を前褌に変えた。大鵬が左をねじ込むと、栃ノ海は西に出ながら右切り返し、 さらに左下手投げで大鵬は白房下左足を大きく踏み出して敗れ、栃ノ海の優勝が決まった。
・好勝負
  4日目 前田川(引き落とし)大鵬

 前田川は作戦通り両手を出しながら大鵬の左肩めがけてぶつかった。大鵬はその場で突っ立ち左を差そうとしながら右で引っ張り込みにかかった。 前田川は左肘を曲げて引っ張り込まれまいとしつつ左右の喉輪で抗った。すると大鵬は怒ってなお左を差そうとした。 前田川はそれを手繰って引き落とすと大鵬あえなく両手で砂を掃いた。前田川は力を抜いた大鵬をさらに送り出したが、大鵬が手を着いたことは知っていた。 兎も角大鵬は体が動かぬうちにあえなく白房に飛び出して完敗、連勝は34でストップした。
 11日目 柏戸(寄り倒し)豊山
 豊山が突っ張ろうとしたが柏戸構わず左を差し右上手を引くや赤房に走った。 豊山はあっという間に土俵に詰まったが弓なりになって左へ打っ棄る。柏戸は右へ飛びながらも委細構わず寄り倒して全勝を守ったが、 土俵下で右肩を強打、検査役宮城野の横で起き上がれず、鎖骨骨折で無念の休場となった。
 14日目 北葉山(下手投げ)栃ノ海
 栃ノ海は立ち合い両差しに成功して黒房に寄り立てると、北葉山は堪えて左へ網打ちを強襲、 なおも栃ノ海が寄れば、北葉山は右の上手投げを打った。栃ノ海は下手投げを打ち返したが腰が崩れかけた。 北葉山はそこを右上手から捻りざま左から下手投げ、栃ノ海は遂に倒れて 2敗となり、北葉山は 3敗を守って千秋楽に望みをつないだ。
×昭和39年 7月 優勝 前9 富士錦 猛光 14勝 1敗 1
 柏戸は全休。栃ノ海は 7日間で 3勝 4敗の星。その後全勝したが遅かった。 大鵬は気分転換を兼ねてパリ旅行に出かけたが、帰国後 1週間で初日という強行日程で高血圧が悪化し途中休場。 佐田の山は崩壊。残る 3大関は12勝したが、優勝は平幕の富士錦。 突き押しの威力が素晴らしく、千秋楽北の冨士を強烈に突き落として14勝 1敗。高砂伝統の押し相撲は生きていた。
・優勝決定の一番 千秋楽 富士錦(突き落とし)北の冨士
 富士錦が鋭く踏み込んで北の冨士の腰引けた突っ張りを受け、すぐさま右から突き落とし、逃げ切りの優勝を決めた。
・好勝負
  4日目 海乃山(蹴返し)大鵬

 大鵬はヨタヨタの土俵振り、 1勝 2敗で迎えた 4日目は海乃山戦、 両手突きで出たが海乃山にかいくぐられた。海乃山の両差し前褌を大鵬は右絞り左おっつけで嫌った。 しかし海乃山のやけっぱちの右蹴返しで呆気なく四つん這いとなり 3連敗、名大附属病院に入院となり休場した。
 11日目 若浪(打っ棄り)栃光
 栃光が低く出て筈押し、若浪は左へ逃げてかわし、左四つとなる。 若浪は左下手一本だが、左内掛けから搦み投げ、さらに下手投げで掻き廻して栃光の出足を止めてしまった。 大相撲から、若浪は下手だけで強引に吊り上げ、栃光が浴びせ掛けるところ若浪は強引に左に打っ棄る。 軍配は栃光だが、物言いがついて差し違えとされてしまった。栃光に分のいい相撲だが、無念。
 13日目 富士錦(押し出し)明武谷
 富士錦が当たったが明武谷右からかち上げ、富士錦は左筈右おっつけの構えから出ようとする端、 明武谷は右から思い切って素首落としを見せた。富士錦は大いにのめってあわやと思わせたが、 よく立ち直って右おっつけ左喉輪で向正面に押し出した。富士錦12勝 1敗で波に乗る。
 14日目 栃ノ海(上手出し投げ)豊山
 豊山は12日目栃光に屈したがなお 1敗で優勝争いを引っ張っていた。他方栃ノ海 7日目で 4敗もしたが、漸く立ち直ってきた。 この対戦、豊山が突っ張る前に栃ノ海は素早く二本差し、豊山が右から小手投げにくると、栃ノ海は残した。 豊山はさらばと巻き替えて左四つ、その瞬間栃ノ海は得意の右上手出し投げを豪快に見舞った。 豊山正面土俵に吹っ飛び、 2敗目となってしまった。
△昭和39年 9月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 14勝 1敗 14
 大鵬は場所前に右膝を捻挫したが土俵を務める。 3日目、大鵬は明らかな負けを取り直しとされ、 勝ちを拾ってツキを呼び込んだかに見えたが、 4日目豊國の激しい寄り身に惨敗した。 5日目、柏戸も豊國に敗れ左肩を痛めて休場。 5日目以降大鵬は徐々に調子を上げて10日目を終わった時点では大鵬・豊山・佐田の山が 1敗であった。 11日目大鵬が佐田の山を破り、12日目には豊山が佐田の山に敗れる。 単独トップに立った大鵬はあとを勝って優勝した。
・優勝決定の一番 千秋楽 大鵬(寄り切り)栃ノ海
 左差し、右からおっつけ煽って一気に寄り切った大鵬が難なく優勝を決めた。
・好勝負
  3日目 大鵬(打っ棄り)若浪

 若浪が突っ張りから右に変わったが、大鵬は左四つ充分に捕まえるや、軽量の若浪相手ゆえ警戒せず一散に正面へ寄り進んだため、 土俵際で若浪の右上手投げを喰って右手を着いてしまった。誰の目にも分かる大鵬の惨敗、しかし軍配は大鵬に上がり、物言いはついたものの、 尾車(琴ヶ濱)が若浪死体説を頑強に主張したため長引き、取り直しとなってしまう。 取り直しはがっぷりの左四つ、しかし大鵬はやけに慎重で手を出さず、と見るや若浪は土俵の真ん真ん中で吊り上げた。 そのまま若浪は横綱を右へ振り西に持っていき、さらに右外掛けで攻めたが、土俵際で大鵬はやっと打っ棄って勝った。
  4日目 豊國(寄り切り)大鵬
 大鵬は右から大きく張ったが、下半身はお留守だった。そこに豊國は激しく突っ込んできた。 大鵬は受け太刀となった。豊國は左差し、右に前褌を取るや西に一気に寄り切ってしまった。
  5日目 豊國(下手出し投げ)柏戸
 豊國は右筈左喉輪で攻める。柏戸は右突き落としを見せる。豊國は落ちずに飛び込み両差し、 右から下手出し投げの奇襲をかけると鮮やかに決まってしまった。柏戸は土俵に左肩を打ち、またまた休場した。
 11日目 大鵬(寄り切り)佐田の山
 右四つがっぷりから大鵬が向正面に寄ると、佐田の山は右へ打っ棄ろうとした。 大鵬は足が上がったが残し、佐田の山が巻き替えて左四つとなり黒房へ出たときに、動きが止まっていないのに伊之助が廻し待ったを宣告、 そして佐田の山が気勢をそがれたまま水入りとなる。再開後、大鵬が右を浅く持ち替えて引きつけ、向正面に寄り切った。 5分以上かかる熱戦だが、伊之助に水を差された。
×昭和39年11月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 14勝 1敗 15
 栃ノ海・柏戸が早々と途中休場。大鵬と佐田の山だけの場所となって千秋楽決戦したが、 大鵬が懐の深さを活かし土俵際で左下手から大きく振って佐田の山を破り14勝 1敗で優勝。 他には何もない。部屋別総当たり制導入を目の前にして、何らの収穫もないまま系統別総当たり制の時代は終わった。 寧ろ注目されたのは髷を引っ張って勝った荒波の対海乃山戦だった。
・優勝決定の一番 千秋楽 大鵬(下手投げ)佐田の山
 佐田の山が突っ込んで突っ張ると大鵬も張り返し、佐田の山なお突っ張ると大鵬はね上げようとしたが西に後退、右で首を掴んで左に捻じろうとした。佐田の山は右喉輪攻めで白房に出た。 大鵬右に廻り込み、右喉輪。佐田の山左おっつけ右喉輪で向正面に押す。大鵬堪えて左をこじ入れ下手を引いた。 佐田の山は左下手に次いで右上手を浅く引いて大鵬に上手をやらず、機を見て赤房に出んとした。大鵬堪えて右上手を狙った。佐田の山許さず数呼吸。佐田の山出んとすると大鵬全く動かず。 さらに佐田の山出んとすると大鵬左に廻り、右で引っ張り込んで上手を引いた。なお佐田の山寄ると、大鵬大逆手気味に左下手投げ、佐田の山を青房に出し、優勝を決めた。
・好勝負
  5日目 清國(突き落とし)柏戸

 福岡に乗り込んでから柏戸は急激に痩せ始めた。 2〜 3日で20kgも体重が落ちた。 当然土俵も悲惨なもので 2勝 2敗である。清國には右四つで上手を引いたが、清國の右筈で呆気なく切られ、仕方なく左を巻き替えにいったところ、 清國自慢の右おっつけをまともに受けて黒房に詰まり、そのまま突き落とされて惨敗、翌朝九大病院における精密検査の結果、急性糖尿病などという診断が下って入院治療となり休場した。
 10日目 明武谷(突き出し)大鵬
 明武谷は意表を突いて猛突っ張りの作戦を取った。左喉輪が効いて大鵬の上体は完全に起き上がってしまった。 こうなると大鵬には支え腰が全くない。しかも大鵬はこんな体勢で長身の明武谷を叩いたのが響き、あえなく突き出された。
 12日目 荒波(叩き込み)海乃山
 海乃山の待ったの後、荒波が 3回連続待った。立って突っ張り合い、海乃山が低く押して出るところ荒波が右手で叩いたが、 その指 4本が髷に掛かり、抜こうとしたかは知らないが、そのままグイグイ引き倒してしまった。海乃山は血相を変えたが、行司玉治郎は涼しい顔で軍配を荒波に上げた。 三保ヶ関(増位山)が物言いをつけたが、結局反則派の三保ヶ関と不知火(八方山)を、非反則派の湊川(十勝岩)・式秀(潮錦)・佐ノ山(國登)が圧して軍配通りとなってしまった。 髷掴み史上最もひどいとされるこの一番、「故意」かどうかにかかわらず勝負に影響していれば負けとするのが当然と思われるが、 現実の相撲規則ではそうなっておらず、不備であるという批判が出たが、その後も規則は変わっていない。この年は 7月以来検査役の失態が相次ぎ、問題視された。
前画面に戻る