昭和40年
○昭和40年 1月 優勝 大関 佐田の山 晋松 13勝 2敗 3
 部屋別総当たり制が導入されて初の本場所である。また、連続13勝の佐田の山の横綱取りも大きな焦点となった。 かくて初日の蓋を開けるや大鵬が初顔合わせの玉乃島の内掛けに仰天、 2日目にも大鵬は明武谷に寄り切られた。佐田の山は 7日目同門栃光に敗れたのみの 1敗。 大鵬は全く精彩を欠き 3敗した。佐田の山は14日目大鵬に敗れたが、千秋楽豊山を押し出して13勝 2敗。 3回目の優勝を果たし、横綱に推挙された。大鵬は千秋楽栃ノ海に敗れ 4敗、大鵬に勝った栃ノ海はやっと 8勝。
・優勝決定の一番 千秋楽 佐田の山(押し出し)豊山
 豊山が突っ張ると佐田の山は下から宛がって右突きで反撃、右喉輪左おっつけで突き返して西に廻しを押しての押し出しで完勝した。
・好勝負
 初日 玉乃島(内掛け)大鵬

 玉乃島が喉輪から左に引くと大鵬は泳いだが残し、玉乃島はなお喉輪から左肩透かし、 玉乃島が左四つ右上手を取ろうとするところ大鵬左へ強引に網打ち、玉乃島は右から渡し込んで残す。 大鵬が二本覗かせて出ると玉乃島赤房で残して右下手、大鵬右四つとして左上手を取る。 玉乃島は左を巻き替えると大鵬も巻き替えて左四つ。大鵬漸く充分となって攻め込もうと左足を踏み込んだ刹那、 玉乃島は右の内掛けにいった。大鵬はこの奇襲にたまらず尻から崩れた。 部屋別総当たり初日の大殊勲、「横綱を倒す機会が 1つ増えた」と密かに北叟笑んだ玉乃島、期待通りとなった。 さらにこの相撲で玉乃島の評価は跳ね上がった。のみならず部屋別総当たりの面白さを天下に知らしめた大一番ともなった。
  4日目 佐田の山(打っ棄り)栃ノ海
 部屋別総当たりで最も注目された一番であった。仕切り中は両者ともに複雑な表情、目を合わせることができない。 立ち合い栃ノ海は右前褌から左右と深くして二本差し、一気に西に寄り詰めた。佐田の山は右上手を取ったが土俵に詰まった。 栃ノ海は追い込んで右の外掛け、これで栃ノ海が浮いたところを佐田の山は左に振って体を入れ替え浴びせ倒した。 栃ノ海を助け起こす佐田の山、いかにもやりにくい複雑な一番、この後 3回この顔合わせがあったが、何れも佐田の山の勝ち、 4戦のうち 3戦が佐田の山の打っ棄りとなっている。
  7日目 栃光(寄り切り)佐田の山
 栃ノ海戦同様、出羽三羽烏の取組である。突っ張り合いから佐田の山は右差しにいったが、 立ち合いの当たりで勝った栃光は左からおっつけて両差し、左下手を引きつけ右腕を返し一気に寄り進んだ。 土俵際、佐田の山は左上手を引きつけ右で首を巻いて堪えようとしたが、栃光は腰をぶつけて青房に寄り切った。 佐田の山はやや気合抜けのような相撲で初黒星、反省と気合の入れ直しの意味を込めて、翌日から「克己」という揮毫の化粧廻しで土俵入りした。
 14日目 大鵬(吊り出し)佐田の山
 突っ張り合いから佐田の山は右喉輪左筈で赤房に押し、大鵬が堪えんとするところ叩いた。 大鵬は泳いだが立ち直って左四つ、佐田の山が青房に出んとするを大鵬は引きつけて右に振り、吊り出した。 佐田の山の好調をもってしても大鵬を倒すことはできず、宿願は持ち越しとなった。
○昭和40年 3月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 14勝 1敗 16
 優勝予想は大鵬と佐田の山に二分された。初日、佐田の山は力んで清國に敗れ 1敗。 6日目、海乃山の蹴手繰りに大鵬が引っ掛かって 1敗。 8日目、佐田の山が玉乃島に屈して 2敗。 このまま両者の争いとなって千秋楽に決戦した。佐田の山のいつもの猛突っ張りを残して左四つ、 大鵬が上手を引いて吊り出し、大鵬15回目の優勝。
・優勝決定の一番 千秋楽 大鵬(吊り出し)佐田の山
 佐田の山から激しく突いて出ると大鵬も応じて土俵中央で激しい突き合い、大鵬が左差しを狙うと佐田の山は突き放し、 肩透かしで崩した。大鵬はこれを残すや佐田の山を正面に突き飛ばす。佐田の山はどうにか残して出ようとするが、大鵬は左を差した。 佐田の山も左差し、互いに上手は取れずにいたが、大鵬が右手を伸ばしてとうとう掴んだ。 そしてすぐ向正面に吊り身に進み、佐田の山の右外掛けに構わず、赤房に吊り出した。
・好勝負
 初日 清國(下手投げ)佐田の山

 佐田の山が懸命に突っ張ったが緊張のため足が出ない。清國が下から宛がって左差し、右からおっつけ頭をつける。 佐田の山は右上手を取っただけ。この体勢から清國は下手投げを連発し、佐田の山が残して寄り立てると清國はさらに下手投げを打った。 佐田の山は向正面に大きく吹っ飛んで新横綱初日に黒星がついた。
  6日目 海乃山(蹴手繰り)大鵬
 大鵬は左から踏み込んで右上手を狙って海乃山を捕まえようとしたが、 海乃山は右へ突っ込んで左足を飛ばして蹴手繰った。大鵬は右手を着いて一瞬で敗れた。
 13日目 大鵬(上手投げ)豊山
 豊山が猛然と突いて出ると大鵬も突き返して応戦、凄まじい突っ張り合いとなった。 突き勝った豊山が出るが、大鵬は左を差し手右上手を引く。豊山は右上手が引けず、右で首に巻いて強引に左下手投げを打った。 対して大鵬は左から捻って右から上手投げを打ち返した。豊山は右肩から横転して 3敗、優勝争いから大きく後退した。
×昭和40年 5月 優勝 横綱 佐田の山 晋松 14勝 1敗 4
 柏戸の復帰によって 4横綱が揃ったが、柏鵬はハワイで買ったピストルを警察に咎められるといった為体。 柏戸は土俵に足がなじまず中日までに 5番、大鵬はすっかり腐って 4番。全く優勝争いは味気なく、 14日目に明武谷が 4敗となって佐田の山の優勝が決定。あとは 3年間勝っていない大鵬戦だったが、 大鵬は前日左足首骨折で休場して佐田の山の不戦勝となってしまった。 柏鵬は 9勝、栃ノ海は 3場所連続 8勝というひどい成績であった。
・優勝決定の一番 13日目 佐田の山(叩き込み)豊山
 佐田の山は立ってすぐ左差し、右前褌を取った。左四つ、右で上手投げを打った佐田の山は黒房へ寄る。 豊山は左から下手投げを打ったが佐田の山は上手投げを打ち返し両者土俵下へ縺れて落ち、軍配は佐田の山に上がったが物言いがついて取り直し。 豊山が左から張って左を覗かせると佐田の山は突っ張った。豊山は後退一方で足が流れた。 佐田の山はそこを引いて右で叩くと豊山は横転した。翌日明武谷が敗れて佐田の山の優勝は14日目で決まった。
・好勝負
 13日目 柏戸(押し出し)大鵬

 久しぶりに見られた柏鵬戦だが、両者 8勝 4敗の星は、この「最高取組」に暗い翳を落とした。 柏戸は久々の土俵で勝ち越して一安心の土俵、大鵬は逆にこの星では情けないこと限りない。 この相撲、柏戸がぶち当たって形も何もなく暴走した。対して覇気のない大鵬は腰が砕けて東に詰まり、そのまま土俵外に消し飛んでしまった。 柏戸は 9勝に終わったが、大鵬戦を見る限り一筋の光明が見えた。大鵬も 9勝に終わったが、柏戸とは反対で散々に酷評された。
◎昭和40年 7月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 13勝 2敗 17
 佐田の山が本命といわれていた。事実11連勝し単独トップ。 対抗は前場所負傷の大鵬。しかし 8日目玉乃島の左下手投げに完敗。11日目には柏戸の引きつけに腰砕けとなり 2敗した。 柏戸も 2敗であったが、12日目栃光に敗れて脱落。佐田の山は豊山に敗れて 1敗。 14日目、佐田の山は柏戸にも完敗、千秋楽 2敗同士で大鵬−佐田の山の決戦となった。 この一番は大鵬が気魄で佐田の山を圧倒、逆転で17回目の優勝を得た。
・優勝決定の一番 千秋楽 大鵬(押し倒し)佐田の山
  2敗同士の相星戦、凄まじい当たり合いから大鵬両差しを狙うと佐田の山左右からおっつけて左を入れたが、大鵬右で抱えて出んとする。 佐田の山右を巻き替えんとすると大鵬左外筈で一気に猛進、ドーッと東に雪崩れ込み佐田の山を圧倒、17度目の優勝を飾った。
・好勝負
 11日目 柏戸(寄り倒し)大鵬

 前場所とは違って 1敗の大鵬と 2敗の柏戸という大一番となった。 柏戸は例によって左前褌を狙った。大鵬はこれに対しいきなり網打ちから右四つとする。 がっぷりとなって吊り合いから、柏戸が向正面にドッと寄り進み、大鵬は土俵際で右に打っ棄ったが、柏戸が必死にしがみついたため体が割れず寄り倒された。
 12日目 豊山(上手投げ)佐田の山
 豊山がの立ち合いは大変良く、突っ張って右四つに組んだ。佐田の山が右差しから正面に出ると、豊山は土俵際で取った左上手から大きく振り廻した。 これで佐田の山は土俵を割り、前場所からの連勝が25でストップした。
 14日目 柏戸(寄り切り)佐田の山
 柏戸が左前褌右おっつけで正面に寄って出た。佐田の山は土俵に詰まって左上手投げで打っ棄りを試みたが、 柏戸は差し手を突きつけて寄り切った。佐田の山はこれで 2敗となった。
◎昭和40年 9月 優勝 横綱 柏戸 剛 12勝 3敗 3
 柏戸に優勝の期待がかかる。しかし初日に敗れ、10日間で 7勝 3敗という内容。 大鵬は 9連勝したが、10日目北葉山の焦らしに遭って怒り敗退。12日目に柏戸に、14日目には栃ノ海にも敗れて 3敗。 千秋楽、 3敗で大鵬・佐田の山・柏戸・明武谷が残り、明武谷と柏戸は勝つ。 結び、大鵬−佐田の山は両差し速攻で佐田が勝って巴戦となった。大鵬は 3横綱に敗れて 4敗。 決定戦はまず柏戸−明武谷、明武谷の善戦はあったが柏戸落ち着いて寄り切った。 相手代わって佐田の山。柏戸鋭い速攻で佐田の山を破り、かくて柏戸は12場所ぶり 3回目の優勝。 この場所は 4横綱が全て二桁勝利を挙げた。
・優勝決定の一番 決定戦 柏戸(寄り切り)明武谷
             柏戸(寄り切り)佐田の山

 巴戦、柏戸は久々の優勝を、佐田の山は東京場所完全制覇を、明武谷は再度の決定戦で初優勝を、それぞれ狙っている。 まずは柏戸に明武谷、明武谷は柏戸の速攻を突破した例(ためし)がない。しかしこの相撲は明武谷の立ち合いが良くて柏戸の出足を止め、 がっぷりではあったが得意の左四つに組んで観衆に期待を持たせた。だが柏戸も双腕に力を込めてジリジリ引きつけ、どっしりと構えた。 明武谷も引きつける力相撲となった。数呼吸、明武谷はいきなり左外掛けを強襲、しかし止まっている柏戸には効かず、 柏戸は外掛けを外しながら向正面に吊り身に迫り、行司溜まりにいる時津風(双葉山)の前で寄り切った。 柏戸は次いで佐田の山と対戦、佐田の山は頭で鋭く突っ込んで左からおっつけようとしたが、今度は柏戸の立ち合いも良く、もう左を取っている。 佐田の山の廻しの位置は柏戸の胸辺りまで上がってしまった。柏戸は佐田の山のおっつけを突破して右を差すやズイズイズイと三歩ばかり西へ歩めば、 佐田の山はもう土俵際だ。柏戸はなおも引きつけて寄り切る構え。佐田の山は土俵際で右下手投げに逆転を図ったが、柏戸は踏ん張って上手投げを打つように寄り切った。 柏戸は持ち味を遺憾なく発揮して 2年ぶりの優勝を飾った。
・好勝負
 10日目 北葉山(寄り切り)大鵬

 時間一杯から北葉山は 2回待ったを続けた。大鵬は遣り場のない怒りに支配された。 やっと立って大鵬は左から突き放し、北は山が左前褌を取るに対し、左から右と両差しに成功した。 しかし北葉山はそれを絞って極めながら逆に出た。棒立ちの大鵬は何たることか脆くも土俵を割ってしまった。 この相撲を境に、壊れた大鵬はこの場所急降下を示すこととなった。
 11日目 柏戸(寄り切り)佐田の山
 佐田の山は 2敗、柏戸は 3敗。がっぷり右四つとなり、引きつけ合いの力相撲から柏戸が吊り身に正面に寄り、 佐田の山は下手投げで残したが、柏戸はなおも横吊りに出て黒房に寄り切った。
 12日目 柏戸(寄り切り)大鵬
 柏戸がぶちかますと大鵬は腰が砕け、両差しにはなったが柏戸の右おっつけ速攻で為すところなく寄り切られた。
 14日目 栃ノ海(送り出し)大鵬
 栃ノ海が立ち合い右に飛んで上手出し投げを打つと大鵬は西に泳ぎ、後ろから抱きつかれて土俵を出てしまった。 大鵬は俄かに崩れて 3敗、ややこしい展開になった。
 千秋楽 明武谷(吊り出し)大豪
 明武谷は立ち合いすぐ左差し、右で肩越しに上手を引き、一呼吸して白房に吊り運び、吊り出した。 明武谷は12勝目を挙げて決定戦出場を決めた。
 千秋楽 柏戸(寄り倒し)栃ノ海
 柏戸は 3敗で勝てば決定戦に出る。栃ノ海は 4敗、久々に二桁勝って気を良くしている。 栃ノ海が頭を下げてぶちかまし右差し左前褌を引いた。しかし柏戸の立ち合いも良く、左前褌を引いて一気に西へ突進、 こうなっては栃ノ海は抗うことができず、頭から真ッ逆さまに引っ繰り返ってしまった。
 千秋楽 佐田の山(寄り倒し)大鵬
 勝った方が決定戦に進出という結びの一番である。佐田の山が左から張って二本覗かせ、右を深くし下手を取り一気に出た。 大鵬は慌てて右を巻き替えたが、佐田の山左上手を浅く取って青房に寄り、ドッと寄り倒した。大鵬は 3つの横綱戦全てに完敗して 4敗目を数え、決定戦に出られなかった。
×昭和40年11月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 13勝 2敗 18
 全体的に低調な場所であった。柏戸は初日琴櫻を破ったが足首を捻挫して休場。 栃ノ海は相変わらずの不出来、ヘルニア再発という理由で休場。大鵬は右手親指の切開手術や風邪・高血圧のために不調、 佐田の山も勝ってはいるが好調とは言えない。11日目に佐田の山が 2敗となり、 1敗の大鵬の優勝は殆ど決定的、 14日目に大鵬が栃光を破り、 2敗がいないため大鵬の優勝が決まったが、千秋楽は大鵬が佐田の山に呆気なく敗れ、この場所を象徴する締めくくりとなった。 場所前に栃ノ海が綱打ちを行ったが、地方でやるのは珍しい。
・優勝決定の一番 14日目 大鵬(送り出し)栃光
 突き合いから左を覗かせた大鵬が大きく掬えば栃光の体は崩れた。 栃光は苦し紛れに小手投げを打ったが、大鵬は差し手を返して後ろにつき、送り出した。
・好勝負
  4日目 明武谷(吊り出し)大鵬

 明武谷は左右と喉を突いて左を差し、右上手も取った。大鵬遅れて右上手を取ったが、明武谷は吊りながら左に振った。 大鵬堪えて吊り返すと明武谷は右外掛けで攻め、大鵬が赤房に出んとすると明武谷再度吊って左に振り出した。まさに明武谷の圧勝、大鵬は完全に屈服してしまった。
 12日目 鶴ヶ嶺(寄り切り)明武谷
  8勝 3敗の明武谷と 9勝 2敗の鶴ヶ嶺の好取組である。鶴ヶ嶺が右からおっつけると明武谷は左を強引にこじ入れ、両廻しを引いて吊る。 明武谷必殺の吊りで鶴ヶ嶺は右巻き替えの機会なく、右外掛けで防戦はしたが青房下土俵際に詰められた。 しかし鶴ヶ嶺は凄まじい執念で爪先立って右へ右へ逃れ、西の徳俵まで逃れたところで、遂に右を巻き替えた。 遂に両差しの鶴ヶ嶺、いよいよ名人技発揮、西から寄り返し、吊りを見せながら青房に寄り詰めた。詰まった明武谷はこれも執念を見せ右へ打っ棄ったが、惜しくも右踵が俵を踏み切った。 この場所の良くない相撲内容の中、随一の大熱戦、深い感銘を与えた。明武谷は倒れた際に頭を打ち、脳震盪で場内騒然のうちに病院に運ばれていった。
 12日目 佐田の山(打っ棄り)大豪
  2敗の横綱佐田の山は、 1敗の大豪の挑戦を受けた。あの脇の甘い大豪が、左右と二本差し、再三にわたって内掛けで脅かす。 佐田の山は残し、両上手を引きつけての吊り。大豪は下手投げで廻り込み、白房で体を預けて寄り倒そうとするところ、佐田の山は右へ打っ棄って両者 2敗となった。 翌日大豪は大鵬に完敗し 3敗となって脱落、また佐田の山も連敗で 4敗した。
 千秋楽 佐田の山(押し出し)大鵬
 大鵬が左からかち上げ左おっつけで東に出るところ、佐田の山が右から突き落とした。 大鵬は泳いで土俵に詰まり、そのまま押し出された。呆気ない幕切れ、取り敢えず佐田の山は大鵬に連勝した。
前画面に戻る