昭和41年
△昭和41年 1月 優勝 横綱 柏戸 剛 14勝 1敗 4
 大鵬が左肘右膝故障、栃ノ海がヘルニアで全休。佐田の山が高血圧と風邪による筋肉疲労とやらで11日目から休場した。 10日目、柏戸が北の冨士に敗れ、全勝は海乃山のみ。その海乃山も強敵相手に星を落として 3敗となった。 1敗の柏戸と玉乃島が優勝を争う。その後についていた 2敗の豊山は13日目から崩れ脱落した。 柏戸のこの場所は左で踏み込み右でおっつけて出て、土俵際腰を落として寄り切るという完璧な相撲で、 13日目 1敗同士の玉乃島戦をも突破。千秋楽、玉乃島は勝ったが、 柏戸は豊山を出足鋭く寄り倒して一人横綱の責任を果たす 4回目の優勝を飾った。 この場所、大関栃光が引退した。
・優勝決定の一番 千秋楽 柏戸(寄り倒し)豊山
 豊山は低く突っ込んだが、柏戸の鋭い立ち合いの前に右四つとされてしまった。 柏戸は左上手を掴み、右腕を返しながらグングン東に寄り進んだ。豊山は忽ちのうちに土俵に詰まった。 豊山はそれでも左上手を掴み、右を抜いて打っ棄ろうとした。しかしこの場所の柏戸は盤石の構えを誇っていた。 柏戸は上手を離して左で一突き、赤房に強烈に寄り倒して完勝を収め優勝を決めた。
・好勝負
  6日目 海乃山(寄り切り)玉乃島

 平幕全勝同士。海乃山が頭から出て押すと、玉乃島は突き返すが威力を欠き、海乃山は突き返して飛び込んだ。 海乃山は左差し右おっつけ、次いで両差しになって正面に急迫、玉乃島が懸命に堪えたが、海乃山は左切り返し気味に黒房に寄り切った。
 11日目 清國(上手出し投げ)海乃山
 海乃山が飛び込んで右から左と覗かせ前褌を狙った。しかし清國は得意の右おっつけで阻み、激しい争いとなった。 これは清國が勝り右四つとなったが、海乃山は左を巻き替える。清國はさらに右を巻き替える。巻き替えの応酬から海乃山が両差しになった瞬間、 清國は右から強烈に出し投げを放った。海乃山はたまらず左腰から崩れ、全勝に土がついた。
 12日目 柏戸(鯖折り)栃光
 名大関として 4年弱を務めた栃光も蕁麻疹やら腎炎やらで衰えが目立つようになり、 この場所は早くも 7敗、この日はよりによって柏戸が相手であった。柏戸が踏み込んで左を狙うと真面目大関栃光は当たって差し勝ち巧く両差しとなり、西に出た。 柏戸が左に動いて右を巻き替えようとしたが、栃光の左絞りに遭って断念し、両上手を引きつけて寄る。西土俵、栃光はこれを必死に堪えて善戦したが、遂に空しく右膝を着き無念の負け越し、 3場所連続となり大関陥落が決まった。
 13日目 柏戸(叩き込み)玉乃島
  1敗同士、事実上の決勝戦と思われた一番。玉乃島が激しく突き立て、なお柏戸が左前褌を狙うところ、 玉乃島は思い切って叩き揺さぶりをかけた。柏戸はのめったが、よく立ち直って正面に押し込み、玉乃島が残すところを叩き込んで 1敗を守った。
 14日目 栃光(寄り倒し)豊山
 栃光頭で当たって左筈から左を差し、右からはおっつけて両差しになり頭をつけた。豊山は右上手を欲しがったが、 栃光は右から大きく振った。そして腰が浮いた豊山を鋭く追い詰める。豊山は苦し紛れに突き落としを見せたが、栃光は左を突きつけ堂々寄り倒した。 栃光はこの白星を土産に 5勝10敗で千秋楽を限りに引退した。
×昭和41年 3月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 13勝 2敗 19
  4横綱が初日から出てきたが佐田の山が途中でダウン。栃ノ海や大関に期待はかからず、 柏鵬が主役を演じた。柏戸は10日間を 9勝 1敗、大鵬は 8勝 2敗であったが柏戸が終盤に大崩れして大鵬の優勝が14日目に決まってしまった。 千秋楽柏戸は一気の寄りで大鵬を土俵際に追い詰めたが正面で左に打っ棄られ、対大鵬戦 4連勝はならなかった。
・優勝決定の一番 14日目 大鵬(寄り切り)北葉山
 大鵬にとって北葉山は苦手だが、低く当たってくる北葉山に対して右から一つ突き放し、素早く左四つ右上手を引き、 腰を割って西に寄り切り優勝した。嘗て大鵬を苦しめた粘りは、この時の北葉山には微塵もなかった。
・好勝負
  8日目 豊山(寄り切り)大鵬

 豊山が踏み込んで左を差し、右上手を取った。大鵬は右上手を取ったが、左四つがっぷりで苦戦、水入りをも厭わないはずの大鵬が焦れてしまい、先に向正面に寄り進んだ。 しかし豊山は上手投げを打って寄り返す。水入り寸前、豊山は向正面に寄り立て、堂々寄り切った。大鵬はこの場所は積極的な早い相撲を取っていたが、 その反作用か先に勝負をかけて失敗した。
 10日目 北の冨士(上手投げ)大鵬
 北の冨士が左を入れようとすると大鵬はちょっと右からおっつけたが、左を差して右から引っ張り込んで上手を取った。 北の冨士も上手を取った。と見るや北の冨士いきなり右から上手投げを大きく打った。 大鵬は完全に伸びながらも左から掬ったが右肘が早く落ちた。伊之助の軍配は大鵬に上がったが、物言いがついて差し違えとなった。
×昭和41年 5月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 13勝 2敗 20
 柏鵬だけの場所となったが両者ともに内容は悪かった。特に大鵬、引き技で 6勝し、およそ横綱らしからぬと酷評を浴びた。 場所前に右膝をまた痛め、初日清國の下手投げに土俵を飛び出したのだが、その後は相手を躱すだけで13連勝した。 柏戸の出足もこの場所は冴えず、 2敗を保ってはいるが、前場所のほうが内容は良かった。 千秋楽 1差対決は大鵬が右差し速攻で柏戸を寄せつけなかった。北葉山が引退。
・優勝決定の一番 千秋楽 大鵬(寄り切り)柏戸
 大鵬が鋭く踏み込んで右差し、腕を返して左上手。西に寄り進んで柏戸が上手を引くにも構わず寄り切った。
・好勝負
 初日 栃ノ海(寄り倒し)廣川

 栃ノ海は立ち合い素早く右前褌を取り両差し一気に寄り倒したが、 前褌を引きつけた際に右上腕の筋肉を完全に切り、 3日目まで出場したが相撲どころではなく休場、結局力士生命を断たれた。
 初日 清國(下手投げ)大鵬
 清國が突っ張り、大鵬が両方差そうとするところ清國が外から力任せに挟みつけ右四つ、 大鵬が左を巻き替えると清國も巻き替えて左四つとなった。大鵬が上手を引いて出ると清國は左下手投げで廻り込み、右から絞った。 数呼吸して大鵬がなお出ようとすると清國は下手投げ、さらに右から絞り、大鵬が慌てて左上手を取りにくると左下手投げで振り廻して大鵬を赤房下に出した。
◎昭和41年 7月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 14勝 1敗 21
 全休明けの佐田の山が奮起、終盤 3連敗したが11勝で途中まで優勝を争い合格点。 柏戸、前場所よりはかなり内容も良い。14日目豊山戦は取り直しになったが、 2番とも柏戸が勝っていた。 大鵬、膝は良くないらしいが出足は良くなった。千秋楽、前場所と同じく柏鵬の 1差決戦であったが、 この場所は大鵬が突っ張り、柏戸が頭を下げるところを叩いた。柏戸はやはり四つん這いになって大鵬 3連覇は成った。 この場所は大変面白かったが、おまけとして場所後北の冨士がどういうわけか大関となった。 3場所合計28勝の大関はお粗末である。
・優勝決定の一番 千秋楽 大鵬(叩き込み)柏戸
 柏戸が突っ込むと大鵬は突き放す。そして再度柏戸が出てくると大鵬は右から張り、 柏戸の右足が流れたのを見て大鵬は左に動いて叩き込んだ。朝日新聞は「見応えがあった」と書き、読売新聞は「凡戦」とした。
・好勝負
  4日目 大鵬(切り返し)北の冨士

 北の冨士は両差しを狙って突っ込む。大鵬は鋭く踏み込んで突き放し、攻め込もうとした。 北の冨士は猛然突っ張り、さらに喉輪で反撃を見せたが、まともに叩いたので大鵬の左差しを許した。 北の冨士は右上手を取って上手投げ、大鵬は掬い投げを打ち、左切り返しから小股掬いまで見せる。 北の冨士はこれを堪える。大鵬は頭もつけた。北の冨士は右腕が伸び切った状態で攻め手がなく、苦しくなって強引に外掛けにいったが、大鵬は東土俵に左へ切り返してやっと勝った。 北の冨士は支度部屋に戻るなり「何だか、俺、横綱になったような気分」と。あれほどの大横綱に足まで取らせ、それをも残して闘ったとあれば無理もない感想やも知れぬ。
 10日目 若浪(吊り出し)大雄
 これは珍相撲に入る。大雄は両差し得意、このところ若浪に 2連勝中であり、 この場所も大雄はうまく二本差したのである。若浪はもろに首を抱えた。すると、若浪はなんとまあそのまま吊り上げ、吊り出してしまったのである。 テレビでは「首吊り」だと言って茶化す。大雄はこの場所不調でやっと二本差せたのに、あろうことか吊り上げられて早くも 7敗となりしょげ返る始末。 片腕だけで首を抱えて吊った力士といえば松登があるが、もろにかかえたままとなると他にはいまい。 ちなみにこの場所両者とも 8勝 7敗、大雄は残り 5日間を全勝した。
 10日目 清國(寄り倒し)佐田の山
 佐田の山は立ち合いから猛烈に突き放して出た。そして両筈から攻勢に出た。 清國は堪えて逆に猛然突き放して反撃、土俵中央で大激戦となった。暫しの攻防戦の後、佐田の山がジワジワと攻め込み、 清國は遂に右足を徳俵にかけるまでに追い詰められていた。さらに佐田の山は右喉輪の猛襲、清國は弓なりにまでなっている。 辛うじて左を覗かせて堪える清國に対し、佐田の山は右から小手投げを振った。清國は生き返った。まさに奇蹟だった。 次の瞬間には清國は強烈な右おっつけで真一文字に白房に驀進、左を返し、腰を落として体をぶつけ、佐田の山の打っ棄りに構わず寄り倒した。 壮烈な力相撲、全勝佐田の山に土がついた。
 11日目 玉乃島(上手投げ)柏戸
 玉乃島は立ち合いに突っ張って柏戸の出足を止め、次いで左に変わって右四つ、柏戸が先に上手を取ったが、 玉乃島は上手が取れないのに矢庭に吊り上げ右へ振り飛ばした。柏戸は赤房下で俵に詰まったが辛うじて廻り込み、土俵中央に戻ってから東に猛然寄り立てた。 玉乃島は土俵に詰まったが、右内掛けで柏戸の上手を切り、サッと廻り込んで腕を返した。 柏戸は再三に亙って上手を欲しがったが、挙句には棒立ちとなって焦れた。柏戸は先手必勝とばかり吊り身に出た。 玉乃島は、得たりと吊り返して東に迫り、左上手投げで大物を仕留めた。
 13日目 豊山(下手投げ)大鵬
 大鵬は右を棒差し、豊山は左でおっつけ、大鵬が突っ張ると豊山も突き返す。大鵬は左から去なし正面に追い詰めたが押さず右上手を取りにいったため、 豊山は土俵中央に戻って左四つ。大鵬は右上手を浅く引いているが、豊山は右でおっつけ、大鵬が堪えるところ豊山深く上手を取った。 豊山の左下手前褌は殺されている。大鵬は左から巻いて右上手投げを打ったが、豊山は反り身に左下手投げを打ち、吊り身に白房から西に寄る。 大鵬は堪え、顎が上がったまま右から上手投げを打ったが、逆に上手を引きつけられて左足が崩れ、下手投げに捻り潰された。
 14日目 柏戸(外掛け)豊山
 柏戸が右四つから向正面に出ると、豊山は右に打っ棄ったがかなり柏戸に分があった。しかし軍配は豊山に上がり、 物言いがついて取り直しとなった。取り直しはまた右四つ、豊山のいつもの後ろ投げに乗じて柏戸が左外掛けで倒した。
 千秋楽 北の冨士(上手投げ)玉乃島
 関脇同士の一戦、北の冨士が突くが効かず玉乃島が左前褌、北の冨士は左を入れて右から抱えて西に寄った。 北の冨士はさらに右で押し倒そうとしたが玉乃島は左下手一本で吊り身に堪えた。 玉乃島が右上手を狙うと北の冨士は右突き落とし、玉乃島は残したが北の富士に右上手を許す。 北の冨士が寄ろうとすると、玉乃島は右から抱え左下手で吊る。残した北の富士は正面で上手投げ、玉乃島は下手投げ、 玉乃島が先に崩れた。片男波(玉乃海)から物言いがついたが成立しなかった。北の冨士はこの相撲に勝ったのが効いてか大関に推された。
◎昭和41年 9月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 13勝 2敗 22
 新大関北の冨士は10勝とまあ及第点。土俵は柏鵬が11日間全勝で突っ走る。 12日目柏戸が大関を目指す玉乃島の寄りに屈して 1敗、14日目には大鵬が佐田の山の右上手投げに捩じり倒されて 1敗。 ここで再び両者並んだと思ったのも束の間、柏戸が不振の豊山に吊り出され 2敗となる。 それでも柏戸は千秋楽、力相撲で大鵬を外掛けから寄り倒して決定戦に持ち込んだ。 決定戦、大鵬は組むとまずいとて右上手を取るや引き摺り投げ。柏戸は腹這いとなり、大鵬は土俵を飛び出した。 団扇は大鵬。物言いついたが柏戸の落ちるのが一瞬早く大鵬22回目の優勝。場所後玉乃島が大関となった。
・優勝決定の一番 千秋楽 柏戸(寄り倒し)大鵬
         決定戦 大鵬(上手出し投げ)柏戸

 互角に立ち合って柏戸が左前褌を引き右四つ、これに対し大鵬は巻き替えて左四つとなり、 右上手投げを打ったが体の開きが悪い。柏戸はついていって上手を引いた。がっぷりから引きつけ合い、さらに吊り合いとなり、 大鵬が勝って向正面に向かって右へ吊ろうとした。しかし上手側に吊るのは鉄則無視、そこに柏戸の右外掛けが飛んだ。 これは効いた。大鵬はぐらついた。西に詰まった大鵬が懸命に左へ打っ棄ろうとしたが、柏戸はここぞとばかり体を預けて寄り倒し、優勝決定戦に持ち込んだ。 決定戦は当たり合って大鵬が一瞬両差し、柏戸は左から絞って左四つとし、大鵬は上手を取った。 次の瞬間、大鵬は思い切って右へ下がりながら上手出し投げを強襲、柏戸はついていったが、大鵬が肩を押さえた。 柏戸が右手から落ち、大鵬は土俵を飛び出した。物言いがついたが、柏戸の落ちる方が早くて成立しなかった。
・好勝負
 10日目 大鵬(上手投げ)北の冨士

 大鵬が立ち合いに右からおっつけたが左四つ、大鵬が黒房に寄り立てたが、北の冨士が強引に上手投げを打った。 大鵬は掬い投げに打ち返したが何を思ったか右手を早く着いてしまった。北の冨士は大鵬の下であったが潰されてはいない。 しかし軍配は大鵬、物言いがつき、北の冨士の体があるかないかで揉めて取り直し、 再戦は北の冨士が左に飛んだが左四つ、北の冨士が黒房に寄るところ、大鵬は吊り上げて右上手投げを打ち、北の冨士の外掛けに構わず投げ倒した。
 12日目 玉乃島(寄り切り)柏戸
 柏戸が左前褌を狙うと玉乃島は左に動いて右四つに組んだ。柏戸が寄り進んだが、玉乃島は俵伝いに廻り込み、 柏戸の上手を切る。柏戸は勝手が悪くなって左を巻き替えにいった。玉乃島は両上手を引きつけここぞと赤房に寄り、廻しを放して完璧の寄り切りで仕留めた。
 14日目 佐田の山(上手投げ)大鵬
 激しい突っ張り合いから佐田の山が優勢に突っ張る。大鵬は左から突き返すが佐田の山なお突っ張る。 大鵬が左を覗かせると佐田の山はおっつけて、突っ張りから佐田の山が右を入れようとすると大鵬もおっつける。 大鵬はさらに右喉輪で正面に押すが、安直に左から突き落とす。佐田の山難なく残し、大鵬が右の喉輪を見せると佐田の山は下から押し上げ、 機を見て右から突き返す。大鵬が捕まえようとすると佐田の山右から手繰って押す。 差し手争いから互いに右を覗かせ、それをおっつけ合う。佐田の山は左上手を取りにいくが届かず。 大鵬が左を巻き替えにいくと佐田の山は右横褌を浅く取って肘を締め、頭をつけて上手を与えない。 数呼吸後右から一発上手投げ、大鵬は足が縺れて投げ捨てられた。
×昭和41年11月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 15勝 23
 新大関玉乃島に注目が集まったが緊張して 9番。柏戸が10番に止まったのは意外の感があった。 佐田の山も10番だった。大鵬は久々に絶好調で全勝した。左右からの掬い投げが冴えて10日目から連続 4番。 豊山などほんの少し腕を返されただけで横転した。ただし優勝争いの面では盛り上がらなかった。 14日目 2敗の高鐵山と鶴ヶ嶺が敗れて大鵬の優勝が決まってしまったのだ。 長らく不振が続いた栃ノ海が引退した。
・優勝決定の一番 13日目 大鵬(掬い投げ)北の冨士
 大鵬は絶好調、快刀乱麻の掬い投げの斬れ味である。この日は北の冨士を左四つに捕まえ、 最後に大鵬は東で得意の掬い投げを振るおうとした。北の冨士は右上手が取れぬながらも右外掛けで堪えようとした。 しかし大鵬はその外掛けを利用して櫓にかけるように豪快に投げ倒して完勝した。翌日 2敗が消えて大鵬の優勝が決まった。
・好勝負
  6日目 義ノ花(寄り切り)栃ノ海

 右上腕のサポーターも痛々しい栃ノ海は精一杯相撲を取ってきたが 2勝 3敗と苦しい星勘定、この日も超巨漢の義ノ花が相手では軽量栃ノ海は苦戦を免れまいと考えられた。 そして栃ノ海は当たって両筈で東に押すが、義ノ花は左から引っ張り込んで小手投げ、体を入れ替えられた栃ノ海は、義ノ花の巨体の一部分と化してあえなく寄り切られ完敗した。 栃ノ海は翌日引退を表明した。
前画面に戻る