昭和42年
◎昭和42年 1月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 15勝 24
 横綱が段違いの強さを示した。 3横綱合計41勝 4敗、与金星なし。 かくて13日目は全勝の佐田の山に 1敗の柏戸。右がっぷり四つから吊り合い、そして佐田の山が下手投げで勝った。 14日目、全勝同士、大鵬−佐田の山である。佐田にとっては打倒大鵬の最高の場面だったが、 大鵬の大きな掬いに佐田は土俵中央に沈んでしまった。 千秋楽佐田の山は 1敗を守ったが、大鵬が二本差しから柏戸を寄り切って 2度目の 6連覇を成し遂げた。
・優勝決定の一番 千秋楽 大鵬(寄り切り)柏戸
 柏戸は立ち遅れて不承不承突っ張ったが、大鵬は左から入って両差し、柏戸は左を巻き替えようとして果たせず、 大鵬向正面に出て寄り切り、 2場所連続の全勝優勝を遂げた。
・好勝負
  5日目 麒麟児(掬い投げ)柏戸

 柏戸は麒麟児の思い切った変化に泳いだが向き直った。しかし麒麟児は両差しになった。 揉み合いから柏戸は強引に引きつけて白房に出たが、麒麟児が右に逃げて右から掬うと柏戸はもんどり打って横転し、 初の黒星を喫した。麒麟児は大関以下で横綱力士に土をつけた唯一の殊勲者となった。
  9日目 佐田の山(叩き込み)豊山
 ここからは横綱の強さを示す相撲が続く。佐田の山は激しく突き立て、豊山が突き返そうとするところ右から叩き込んだ。 そこには豊山に分が悪かった昔の佐田の山の姿はなかった。
 10日目 柏戸(寄り切り)玉乃島
 全勝の玉乃島に 1敗の柏戸の対戦。柏戸は左前褌を例によって狙ったが、 これができぬと見るや激しく突っ張った。玉乃島がややたじろいで右に飛び叩くと、 柏戸はついていって右上手、左を差してこれを返し、向正面玉乃島の突き落としに構わず寄り切って快勝した。
 12日目 大鵬(突き落とし)玉乃島
 玉乃島は気合を込めて大鵬と突っ張り合った。そして左で喉輪押しにいこうとした。 大鵬はその左腕を右で下からグイッとはね上げる。すると肩透かしを引こうとしていた玉乃島は右斜め上に吹っ飛んで墜落してしまった。 大鵬の恐ろしき強さ、玉乃島は10日目から 6連敗で場所を終えた。
 13日目 佐田の山(下手投げ)柏戸
 ドッとぶち当たって柏戸が左前褌を引くと佐田の山はおっつけて切り、左で上手を引いて右四つとした。 柏戸はやや高い体勢から吊りを見せると、佐田の山も堪えて吊り返し、柏戸が上手投げを打てば佐田の山は下手投げを打つ。 数呼吸、柏戸が再度吊りを見せると佐田の山は吊り返して左へ振り、右下手投げを打って青房に寄り倒した。熱戦、佐田の山は全勝を守り、柏戸は 2敗となった。
 14日目 大鵬(掬い投げ)佐田の山
 全勝同士、佐田の山にとっては打倒大鵬の最高の舞台である。待ちに待った絶好機、ファンも佐田の山の願いを知っている。 テレビの音声はこうである。「13連勝同士の、横綱、大鵬。横綱、佐田の山。(22代伊之助「時間です、(伊之助特有の早口で)残ーった残った残った残った残ーった残った」)突っ張り合い、 (伊之助「残った、残ーった残った」観衆「ワーッ」)掬い投げ大鵬の勝ち」。これで大鵬の圧勝。 佐田の山は頭からぶちかました。大鵬は左かち上げで受けた。突っ張り合った。大鵬は左を差した。 佐田の山は右からおっつけた。大鵬は左半身になった。佐田の山は上手を取りにいった。 大鵬は佐田の山の左手首を掴んだ。大鵬はさらに左から大きく掬った。佐田の山はたまらず左膝から崩れた。 この場所の佐田の山が最高の出来とは言っても、大鵬はそれ以上の出来、大鵬はあまりにも強すぎた。
  1月場所後、「分家独立を許さず」を不文律とする出羽海部屋から九重(千代の山)が独立を企てた。 九重は最も有力な後継者であったが、38年に佐田の山が出羽海の娘婿になったことで後継の目はなくなった。 かくて自らスカウトした大関北の冨士ら10人を連れての独立となった。結果は、独立は認められたが出羽一門からは破門、ということである。 九重は高砂一門の傘下に入った。
○昭和42年 3月 優勝 大関 北の冨士 勝明 14勝 1敗 1
 大鵬が再び連勝記録に挑んだが、 5日目、平凡な四つ相撲の淺瀬川に叩きから寄り切られまたも34でストップした。 一方九重問題の渦中にある北の冨士は相変わらずの腰高ながらツキがあり、全勝のまま13日目、 1敗の大鵬に挑んだ。しかし内容は大鵬の完勝。左差しから 3日連続の掬い投げで北の冨士を投げ捨てた。 両者 1敗で並んだが14日目、大鵬は柏戸に対しこの日右から掬い投げを打ったが出足を誘って寄り切られた。 結びは佐田の山−北の冨士の初対戦。北が両差しから寄ると佐田両上手から引きつけて右に打っ棄り。 佐田の山が明らかに勝っていたが団扇は北に上がり取り直し。再戦は北の冨士が変化から肩透かしを連発して寄り切った。 千秋楽北の冨士は柏戸をあっさりと破り初優勝。新生九重部屋に初の栄冠を齎した。
・優勝決定の一番 千秋楽 北の冨士(肩透かし)柏戸
 北の冨士は両手の喉輪で柏戸を起こした。それでも柏戸は構わず左を探ろうとした。 そこを北の冨士は左から肩透かしを引くと柏戸は堪える間もなくのめってしまった。北の冨士は呆気なく優勝を決めた。
・好勝負
 初日 藤ノ川(下手捻り)豊山

 藤ノ川が突っ込んで突っ張れば豊山は突き返そうとするが西に詰まった。豊山は辛うじて左に廻り込んで上手を掴み振ろうとしたが、 藤ノ川は右下手を掴んで揺すり上げ右下手捻り、豪快に決まった。
  3日目 藤ノ川(叩き込み)佐田の山
 藤ノ川が突っ込むと見せれば佐田の山は警戒して足が揃った。そこを藤ノ川右に飛んで素首落としの奇襲、佐田の山は右足が大きく開いて四つん這いになってしまった。
  5日目 淺瀬川(寄り切り)大鵬
 淺瀬川は寄生虫が体内を這い廻り、微熱続きで 4連敗、正面には師匠の伊勢ヶ濱(照國)がラジオの解説で座っているが、「どうやっても勝てないでしょう」と完全に匙を投げている。 一方の大鵬は自己新記録の35連勝を目指すが、体が動かぬと言って異常に緊張している。仕切りにも覇気がない。 立って淺瀬川左を差し、右を固めて大鵬に左を差させない。大鵬ジリジリ出てなお左を差そうとすると逆に淺瀬川右差し狙い。 大鵬左でおっつけて左を割り込んだが、淺瀬川右喉輪からまんまと右を巻き替えた。大鵬は東に進んではいるものの上手が取れない。 淺瀬川は左上手を浅く引き、右を返し、幾度か寄ろうとする。大鵬堪えはするが何もできない。淺瀬川は次いで右下手も取り、西に寄る。 大鵬は左で首を巻こうとするも遑がなく、左で抱えて棒立ちのまま堪えに堪えたが、大きく口を開けて、哀れや西土俵に寄り切られ、またも連勝は34連勝でストップした。 苦手・鬼門とされた押し相撲ではなく、平々凡々たる四つの淺瀬川に敗れたことは、まさに意外中の意外、 会場は大騒ぎとなり、淺瀬川も茫然、会場裏で食堂を営む父親がすっ飛んできて祝福した。淺瀬川一世一代の大勝負であった。
 13日目 大鵬(掬い投げ)北の冨士
 全勝の北の冨士にそう易々と優勝させてなるものかと、 7連覇を目指す 1敗の大鵬が立ち向かう。 大鵬は気合充分、踏み込み良く左差し、右おっつけで北の冨士を起こした。北の富士は右へ動いて右から小手投げを打とうとした。 大鵬は踏み込んで逆に左から掬った。すると北の冨士は左足を送れず倒れ、両者相星となった。
 14日目 柏戸(寄り切り)大鵬
 柏戸が左を狙うと大鵬は突き放したが差し手争いから結局右四つ、 勝手の悪い大鵬は仕方なく右から掬い投げを打ってみたが、柏戸の出足を誘って青房に一気に寄り切られた。 大鵬は 3敗の柏戸に屈し予想外の 2敗目、勢いに乗る北の冨士を考えると、 7連覇は困難な情勢となってきた。
 14日目 北の冨士(寄り切り)佐田の山
 北の冨士はいきなり両差しとなった。佐田の山は左上手を引き、右からおっつける。北の冨士は左を抜くなりまた差そうとする。佐田の山はここぞと青房に寄り、北の冨士が右下手投げで体を入れ替え、 赤房に寄り倒そうとするところ、踏ん張って右へ大きく打っ棄った。土俵下勝ち残りの柏戸は「佐田の山に分があったかな」と言い、事実体も割れて完全に佐田の山の勝ちであるが、 軍配は北の冨士に上がった。当然物言いがついたが、裁定は取り直し。今度は北の冨士右で突きざま左に飛び、突っ張りから左を覗かせて肩透かしを乱発、 佐田の山が残すと北の冨士西に出ながら右上手を引き、佐田の山の右突き落としに構わず寄り切って 1敗を守った。
△昭和42年 5月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 14勝 1敗 25
 前場所優勝の北の冨士は稽古に身が入らず 5勝の負け越し。佐田の山12勝、柏戸13勝と奮起したが、 大鵬はその上をいき、自在の自然流で14日目には優勝が決まっていた。 しかし千秋楽、大鵬は柏戸の玉砕戦法にたじろぎ、散々逃げ廻った末に寄り倒されて全勝はならなかった。
・優勝決定の一番 14日目 大鵬(寄り切り)佐田の山
 佐田の山が頭で当たって突っ張ると、大鵬は右喉輪から白房に押し立て左差し、 佐田の山が弓なりで残し懸命に右から絞って極めにかかると、大鵬は左肩透かしで振りほどいて突っ張り、 左を深く入れて白房に一気に出た。佐田の山は右から突き落としを試みたが、大鵬は残して寄り切り、優勝を決めた。
・好勝負
 13日目 柏戸(寄り切り)佐田の山

  1敗の佐田の山は 2敗の柏戸と対した。佐田の山が右喉輪左おっつけで出ようとしたが、 柏戸は強引に左前褌を取って引きつけ正面に寄り立てた。佐田の山はウンと堪えて右上手投げで逆転を図り、柏戸は倒れたものの自身が左足を踏み切って敗れ、痛い 2敗目をつけられた。
 千秋楽 柏戸(寄り倒し)大鵬
 激しい差し手争いから大鵬は押し勝ったかに見えたが、柏戸が挟みつけて突き放した。 さらに柏戸左下手を取って突進、大鵬は東から向正面、そして西にまで逃げたが逃げ切れず、 遂にドウと寄り倒されて全勝優勝を逸した。
△昭和42年 7月 優勝 横綱 柏戸 剛 14勝 1敗 5
 大鵬は 2日目清國戦で左肘の骨に傷が入り休場。こうなると柏戸はものすごく強い。 2日目、強引な吊りで長谷川の内掛けを喰ったが、非常に慎重に白星を積む。 13日目、 1敗の柏戸に 2敗の豊山が対戦、力比べから正面に寄り倒して柏戸が残る。14日目、 3敗の若浪・豊山・佐田の山が敗れて柏戸の 5回目の優勝が決定した。 この場所の柏戸の充実振りから言って、もし大鵬が千秋楽までいたとしても敵し得なかったろうとされた。 佐田の山は痔の悪化から10番。北の冨士はまたも負け越してカド番となった。
・優勝決定の一番 13日目 柏戸(寄り倒し)豊山
  1敗の柏戸に 2敗の豊山の激突である。当たり合って豊山が左上手から振る作戦に出たが柏戸よくついていって右四つがっぷりとなった。 引きつけ合いは柏戸が勝って正面に詰め、豊山が右に振ろうとしたが柏戸のしかかって寄り倒した。14日目 3敗組全滅で柏戸の優勝が決まった。
・好勝負
  2日目 大鵬(上手出し投げ)清國

 大鵬は左を差したが清國は右から振って強烈に絞った。大鵬の全身を烈しい痛みが走り抜け脱力、 何とか右からの出し投げで片づけたが、肘の骨に神経が掛かり、さらに骨には傷がついてしまっていた。 かくて前から悪い大鵬の左肘は、ここにきて絶望的症状となった。
  2日目 長谷川(内掛け)柏戸
 長谷川が両差しを狙うと柏戸が左前褌を狙い、もみ合って長谷川が右下手を取るので柏戸が左をねじ込み左四つがっぷりとなった。 数合あって柏戸引きつけて左外掛けから正面に寄り、根が右四つのため右へ右へ追い詰め、東に寄り詰めたが、 堪える長谷川の右足が掛かって柏戸は不覚にも引っ繰り返ってしまった。
×昭和42年 9月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 15勝 26
 柏戸に期待が集まったが惨澹たる出来であった。復帰の大鵬は13日目、佐田の山を寄り切った時点で優勝を決め、 千秋楽豊山を掬い投げに破って独走の全勝優勝。カド番の北の富士は10番勝ったが、 豊山が 3月、 5月に続いてこの年 3度目の負け越しとなった。琴櫻が大関に昇進。
・優勝決定の一番 13日目 大鵬(寄り切り)佐田の山
 佐田の山が突っ張ると大鵬は左差し、掬い投げから一気に西に寄り切って優勝を決めた。
・好勝負
 11日目 琴櫻(押し出し)佐田の山

  1敗の佐田の山は気合充分に猛然と突っ張って出たが、琴櫻も突き返してサッと左に飛び、残した佐田の山に対し強烈なぶちかましをくれた。 この当たりは物凄く、ために琴櫻の左眉がザックリと切れた。佐田の山は調子を乱されて体勢を崩した。琴櫻は左上手を引いて向正面に突進、そのまま押し出した。 琴櫻は顔の左半面から腹まで鮮血に染まったまま勝ち名乗りを受けたが、直後に診療所に行って 7針縫った。 兎も角琴櫻はこれで勝ち越し、最終的に11勝を挙げた。
 千秋楽 大鵬(掬い投げ)豊山
 大鵬が両差しを狙って出ると豊山は腕を引っ掛けようとした。しかし大鵬がこれを防いだため豊山の小技はすっぽ抜けとなり一瞬横向きとなった。 大鵬は左右と両差し、間髪入れず右から掬って豪快に倒し全勝した。
△昭和42年11月 優勝 横綱 佐田の山 晋松 12勝 3敗 5
 大鵬の連覇が濃厚であった。しかし出足がなく相撲が粗雑で、10連勝したが11日目海乃山に対して警戒のあまり動きが鈍り、左蹴手繰りで右膝が落ち 1敗。 さらに12日目豊山に勝ったものの極め技に左肘を骨折して落馬した。ここで優勝争いが混乱。 千秋楽の時点で佐田の山と福の花が 3敗で並び、柏戸は 4敗。 大鵬の休場で取組編成が貧弱となり、柏戸には福の花。柏戸が当然のように寄り倒して両者 4敗。 結びは佐田の山が北の富士を突き出して12勝 3敗ながら 5回目の優勝を果たした。
・優勝決定の一番 千秋楽 柏戸(寄り倒し)福の花
             佐田の山(突き出し)北の富士

 福の花は優勝を意識してかはたまた位負けか、右四つからの柏戸の寄りに為す術なく寄り倒された。 これで佐田の山は勝てば優勝である。北の富士突っ張るが佐田の山の下半身は少しも崩れず、逆に突き返し向正面に突き出して優勝した。
・好勝負
  6日目 麒麟児(打っ棄り)柏戸

 立ち合い柏戸は左前褌を引き、右からおっつける得意の形になって西に一気に突っ走ったが、 麒麟児は土俵を30cm以上残して流麗に右に打っ棄ってしまった。柏戸は常々麒麟児にやられているが、これほど綺麗に逆転された例はない。
  9日目 佐田の山(吊り出し)長谷川
 左四つから長谷川が吊ると佐田の山は左の外掛け。さらに佐田の山が向正面に寄ったところで伊之助が佐田の山の廻しを締め直そうと飛び込んだが、 佐田の山は気づかず吊り出してしまった。このため物言いがつき、廻し待ったの前の体勢から取り直すこととした。 ところが、前は左四つだったのに今度は佐田の山が両差し、行司も検査役も気づかず勝負再開、長谷川の吊りを佐田の山は左外掛けで堪えて西に吊り出した。 翌日、理事長(双葉山の時津風)は検査役団から事情聴取した上で戒告した。
 11日目 海乃山(蹴手繰り)大鵬
 大鵬受けて左差し、海乃山は当たってすぐ右へ動きちょっと足を飛ばしたが大鵬落ち着いて追う。 海乃山なお右でおっつけて右に動くと大鵬なお追って及び腰で突く。海乃山は大鵬の左差しをおっつけて逆に押し込む。 大鵬は右で突いたが足が出ず、海乃山はなお右へ動いて左足を飛ばし、右から突き落とす蹴手繰りの奇襲に出ると、大鵬は右足が崩れて右膝を着いた。
 12日目 大鵬(上手投げ)豊山
 左四つ大鵬が右上手を取った時、豊山は大鵬の左腕を泉川に撓めた。 この強引技は強烈で、ただでさえ左肘に弱点を負っている大鵬は顔を大いに歪めた。 辛うじて上手投げで投げ倒し 1敗を守ったが、左肘は折れていて無念の休場となった。
 13日目 柏戸(突き落とし)琴櫻
 琴櫻はいつものように頭からぶちかます。柏戸はそれを胸板で受ける。従って柏戸の胸には常に青痣ができたが、 この場所の琴櫻の当たりが一番凄かった。琴櫻は凄まじい音を立てて柏戸にぶちかまし、右四つ左上手で突進した。 柏戸は忽ち起きて後退したが、よく堪えて黒房下で左から琴櫻の首根っこを突き落として沈めた。
前画面に戻る