昭和43年
△昭和43年 1月 優勝 横綱 佐田の山 晋松 13勝 2敗 6
 大鵬は初日こそ圧勝したが、 2日目怪力清國に痛めている左肘を閂に極められ左右に振られると大鵬は横転。 3日目は陸奥嵐に左四つ右上手から寄られて外掛け上手捻り切り返しの連続技に尻から落ち、感冒と高血圧のため休場。 対抗馬となるべき柏戸は左手首骨折などもあり、脆さを曝け出して 6敗。トップに立ったのは佐田の山、右四つ吊り寄りと左四つ上手投げで星を挙げたが、 負けた 2番は力負けで、勝った相撲も苦戦の連続、前年から考えていた引退をこの場所途中にも相談したということだった。
・優勝決定の一番 千秋楽 佐田の山(叩き込み)柏戸
 佐田の山は先に立って突っ張りから左喉輪、さらに突っ張って右から去なすと呆気なく柏戸は前にのめって終わった。
・好勝負
  2日目 清國(小手投げ)大鵬

 大鵬は両差しになったが清國は閂に極めたので大鵬は動けなくなった。 そして清國は左に右に大鵬をいたぶって振る。大鵬は出られない。そうしているうちに清國は左から思い切って小手投げを振る。 大鵬は腰に乗って向正面土俵に横転してしまった。
  3日目 陸奥嵐(切り返し)大鵬
 清國は喉を突き上げて左差し右上手で出た。大鵬は全く踏み込まず、陸奥嵐の速攻にたじろいで右を巻き替えにいったが却って棒立ち。 陸奥嵐の右上手捻り左掬い投げ右切り返しの合わせ技に、尻から派手に墜落してしまった。大鵬は高血圧などのため休場した。
  3日目 福の花(押し出し)柏戸
 柏戸は左前褌を狙ったが福の花の突っ張りに浮き上がった。それでも柏戸はなお左を取ろうとした。 福の花はこれを見て思い切り引いた。柏戸は残したが体勢を立て直す前に突っ張られ、 左喉輪右張り手の繰り返しの前に西で押し出された。柏戸はこの相撲を境に脆さが倍化、はっきりと下降線を描くようになっていった。
 12日目 佐田の山(寄り倒し)北の富士
  1敗の佐田の山と 2敗の北の富士の対戦。北の富士が左に飛んで上手出し投げを打つと、佐田の山は残して左四つ右上手を取り正面に寄り立てた。 北の富士は土俵に詰まったが寄り返し、佐田の山が上手投げを打つと北の富士は堪える。がっぷり左四つで数呼吸、 佐田の山は頭をつけ、北の富士が上手投げにいくところ、つけ入って向正面に寄り進み寄り倒した。佐田の山は苦戦の末 1敗を守った。
 14日目 玉乃島(寄り倒し)佐田の山
 突っ張り合いから玉乃島が右四つとしたが、右四つは玉乃島が得意のため、左四つでも取れる佐田の山は巻き替えて左四つとした。 かくて佐田の山は吊りを見せるが、玉乃島は右外掛けで防いだ。互いに吊り合い、佐田の山が上手投げを打ったが、玉乃島は下手投げに返して青房に寄り進み、寄り倒した。 玉乃島は 3敗を堅持、佐田の山は相手不充分に持ち込む工夫も実らず負けて 2敗となった。
△昭和43年 3月 優勝 前8 若浪 順 13勝 2敗 1
 大鵬は場所前に左膝の靭帯を切り休場。柏戸はボロボロ負けて 9勝。 佐田の山は場所前は元気だったが、 2日目長谷川に敗れ、 4日目には高見山の突っ張りを捌けない。 佐田の山の闘志は失せた。翌日麒麟児に取り直しで敗れるや 6日目には引退を発表したのである。 やや尚早の感ある引退であった。土俵は13日目まで豊山が 1敗、 2敗に麒麟児と若浪。 豊山初優勝の線が色濃くなったが14日目大事な麒麟児戦で打っ棄られた。 千秋楽、 2敗力士のうち、若浪は海乃山を得意の吊り出しで破り、支度部屋で寝て待っている。 すると麒麟児は前の山に、豊山は清國にそれぞれ押し出されて若浪が優勝をかっさらってしまった。 若浪、打っ棄りで 5勝を挙げたのが凄かった。
・優勝決定の一番 千秋楽 若浪(吊り出し)海乃山
             前の山(押し出し)麒麟児
             清國(押し出し)豊山

 若浪は曲者海乃山と対戦、立ち合いに右上手を取り左四つ充分、数呼吸して吊り上げ、左に振って吊り出した。 さて気弱で定評のある麒麟児は、前の山に二本差しを許し、懸命に逃れようとしたが押し出されて完敗、 豊山は立ち遅れてズルズル押されての完敗、全く呆気ない若浪の優勝であった。
・好勝負
  4日目 高見山(突き出し)佐田の山

 高見山は初日柏戸に当たったが簡単に捻り倒され完敗、これが横綱 2戦目であった。 佐田の山は 2連覇中だがこの場所は非常に不元気。相撲は佐田の山が突っ張ろうとしたが高見山は左おっつけから突き放し、 佐田の山が右に逃げるを追って豪快に突き出した。佐田の山は気落ちしてしまった。
  5日目 麒麟児(吊り出し)佐田の山
 佐田の山は頭で当たり、突っ張って右喉輪、麒麟児が右に廻ると佐田の山なお突っ張って右から去なし、左外筈右喉輪で青房に出そうとしたが、 麒麟児は残して左四つに組んだ。間をおかず佐田の山が吊って青房に出ると麒麟児吊り返すので佐田の山は左外掛け、麒麟児は右に打っ棄って軍配を受けた。 これは全くの同体、物言いがついて取り直しとなった。今度は麒麟児が右前褌を取ると佐田の山左おっつけ右喉輪で切り、右喉輪で突き上げて右四つ、 がっぷりで数呼吸、佐田の山が吊ろうとすると麒麟児が逆に吊り返して左に振り黒房に吊り出し、佐田の山は 3敗となった。 佐田の山は翌日突如引退を表明した。
 13日目 若浪(打っ棄り)前の山
 前の山が左喉輪で先制、若浪は青房に詰まったが右から去なし、こんどは正面で左から去なし、そしてさらに左から去なす。 前の山が見ながら攻めようとすると若浪また右から去なし、機を見て右上手を取ったが前の山が両差し、 若浪が左を巻き替えると前の山は右おっつけから上手で黒房に殺到、吊りで勝負をつけようとしたが、若浪も両廻しを引きつけて爪先立って残す。 前の山がなお吊り身に寄り、再度吊り直そうとする端、若浪は爪先立った体勢のまま左に打っ棄ってしまった。
 13日目 豊山(寄り切り)柏戸
 豊山は左差し右おっつけから寄り立てた。柏戸は左を巻き替え、向正面で左掬い投げを打った。 これで豊山は左足の甲が返り、明らかに負けなのだが誰も見ず、豊山は立ち直って右おっつけで白房に寄り切ってしまった。
 14日目 麒麟児(打っ棄り)豊山
  1敗の豊山と 2敗の麒麟児、事実上の優勝決定戦と見られた相撲であった。 立って麒麟児が右に飛んだが豊山残した。しかし麒麟児は飛び込んで両差しとなる。 豊山は構わず右で首を巻いて左上手投げ、麒麟児は右外掛けに防いだが豊山は構わず西に寄り、 いよいよ胸を押しての詰めに入った。しかし麒麟児は両下手を取って反り身に右へ打っ棄りを敢行、 豊山は左足を大きく踏み越して逆転負け、両者 2敗となった。
×昭和43年 5月 優勝 大関 玉乃島 正夫 13勝 2敗 1
 大鵬は休場。前場所後急激に痩せた柏戸は、 7日目長谷川に敗れ右肩胛骨を挫傷し休場。 優勝争いは14日目に 3敗の栃東が敗れ 2敗の玉乃島が勝ち、 3敗の豊山も敗れて玉乃島の初優勝が決まった。 玉乃島は不得手の左四つからの逆転が多く、軸になる力士もないため混戦が続き、相撲内容は甚だ悪く、本場所としては最低の内容だった。 協会は玉乃島の横綱昇進を一応横綱審議委員会に諮ったが、慎重論が大勢を占めて推薦されず、 ムードもないこととて協会もあっさり引き下がって見送りとなった。
・優勝決定の一番 14日目 玉乃島(吊り出し)琴櫻
 琴櫻は激しく当たって先に左上手を取った。しかし玉乃島は素早く右から起こし、右下手を引いて腰を振りながら琴櫻の上手を切る。 琴櫻は左が万歳になる。玉乃島左に体を倒し、上手を浅く取ると、機を見て一気に横吊りに東土俵へ持っていって叩きつけた。結びの一番で豊山が北の富士に押し出され、玉乃島の初優勝が決まった。
・好勝負
  6日目 前の山(寄り切り)玉乃島

 突っ張り合ったが玉乃島は組み負けて左四つ、正面に出られた玉乃島は土俵際、右足一本で残して左で頭を押さえ右から突き落とすと、 これがうまく決まった…のであるが、軍配はなぜか前の山に上がり、物言いこそついたものの 3-2で不成立だった。 玉乃島は優勝したもののこの相撲が影響したせいもあって横綱昇進は見送られた。
 13日目 玉乃島(寄り切り)北の富士
 立ってすぐ左四つ、両者なかなか上手が取れず、玉乃島が漸く上手を取ったがどんどん上手を深くする。 こうして時間が徒に過ぎる。北の富士が漸く上手を取って向正面に寄ったが、玉乃島は下手投げで体勢を入れ替えて右へ寄り、寄り切った。 皮肉にもまだこの両者は発展途上であるということを如実に示した相撲となってしまった。
×昭和43年 7月 優勝 大関 琴櫻 傑將 13勝 2敗 1
 大鵬は本復ならず全休。横綱を決定づけたい玉乃島だったが元気なく 5敗した。 琴櫻が調子に乗って全勝を守る。10日目北の富士に敗れたが、13日目難関の横綱柏戸戦を熱戦の末突破し依然トップ。 14日目琴櫻は玉乃島を高々と吊り出して初優勝を決めた。しかしこの場所は琴櫻だけの場所であった上に、 千秋楽琴櫻が無残に横転、うち続く低調場所の一端がここにも垣間見えた。
・優勝決定の一番 14日目 琴櫻(吊り出し)玉乃島
 琴櫻は立ち合い素早く左上手を取った。そして右前褌から右を差して右四つ、玉乃島に上手をやらず一呼吸の後グイと吊り上げ赤房に吊り出した。
・好勝負
 初日 若二瀬(押し出し)柏戸

 柏戸は休場明けで落ち着きがなかった。若二瀬はそれを見透かしたかのように烈しいぶちかましから蹴手繰り、 さらに左から去なした。柏戸は大いに泳がされ西に押し出されて完敗した。
 13日目 琴櫻(寄り切り)柏戸
 立ち合い琴櫻が右おっつけ左筈で押し、なお右から攻めて正面に出たが、柏戸は左を引いて寄り返した。 しかし琴櫻が左上手を取って右筈で押して出たので柏戸は忽ち東に詰まったが、これは何とか左に廻り込んだ。 琴櫻なお頭を下げて出る。柏戸は左へ左へ逃れ、逆に右から小手を振った。そして左喉輪で正面に攻めようとしたが、 琴櫻は左下手を引きつけ、右で抱えて東に寄り切った。この場所としては珍しい熱戦だった。
 千秋楽 清國(小手投げ)琴櫻
 既に優勝を決めた琴櫻、この場所はいつもより腰の低い立ち合いで勝ち星を挙げていたが、 千秋楽は元のように頭だけ下げて突っ込み、清國の右小手投げにでんぐり返った。お粗末。
×昭和43年 9月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 14勝 1敗 27
 久々に大鵬が登場したが、初日踏み込みに欠け栃東に電車道で運ばれて黒星。 しかし 2日目前の山を立ち合い両差し右掬い投げに始末してからは連勝を続ける。 左肘も悪い大鵬は速攻で相手を仕留めた。 9日目豊山を左差しぐいぐい東へ迫って潰し給金を直す。 その他の上位陣は総崩れとなり、14日目大鵬は自身の取組前に優勝が決まっていた。 大鵬は14勝 1敗。 4勝11敗で 2場所連続負け越しとなった豊山が引退を表明。
・優勝決定の一番 13日目 大鵬(叩き込み)北の富士
 大鵬は無欲が幸いして勝ち進み、13日目は北の富士戦、突っ張り合って北の富士がやや攻勢に立ったが、 大鵬は左右から強烈におっつけ、右から得意の叩きで埋めて決める。翌日 3敗の栃東が負けたところで大鵬の優勝が決まってしまった。
・好勝負
 初日 和晃(反則)朝嵐

 十枚目の取組である。時間一杯となり、まず和晃が待ったした。 そのとき、朝嵐は仕切り線脇に落ちていた箒の藁屑が気に掛かり、拾ってわざわざ土俵を出て捨てた。 すると審判の立田山(大内山)が「時間一杯後に故意に足を出した」とて物言いをつけ、認められて朝嵐は負けとされた。
 初日 栃東(寄り切り)大鵬
 大鵬の踏み込みは悪く、しかも右から引っ張り込んだ。栃東は右に前褌左を差して一気に西へ出た。大鵬はちょっと左から掬っただけであえなく土俵を割って再起の土俵は黒星発進。 大鵬ファンがすっかり青ざめるほどの栃東の速攻の冴えだった。栃東は13日目柏戸も破った。
 初日 若二瀬(叩き込み)柏戸
 前場所初日柏戸に勝って調子づき、11勝して小結に昇進した若二瀬は、この場所も初日に柏戸戦を迎えた。 若二瀬が当たって押すと柏戸も押し返し、得意の左前廻しを取って出た。若二瀬は対してタイミングよくサッと西土俵に下がりながら引くと、 柏戸は大きく泳ぎ、さらに若二瀬が叩き込むと、柏戸はばったり両手を着いた。若二瀬は裏の裏のそのまた裏を掻くような変化の奇襲、 2場所連続変化は柏戸としても予想外で完敗してしまった。
  7日目 高見山(押し出し)琴櫻
 琴櫻は自他ともに許す角界随一の自慢のぶちかましで高見山に当たっていった。 しかし高見山はこれを受けて弾き返し、逆に東に吹っ飛ばしてしまった。誰もが驚いた高見山の馬力。
 14日目 大鵬(掬い投げ)玉乃島
 玉乃島は立ち合い烈しく突き立て、左に引き落として右に廻ったが、大鵬は難なく左を入れ、右から攻めて出ながら上手を取る。 玉乃島は黒房を右に廻って土俵中央に戻り、上手を一重引いて上手捻りから赤房に寄る。大鵬は左に廻って残し、下手投げから白房に寄り立てたが、玉乃島これを残した。 大鵬は下手投げを打って右を巻き替えんとしたが果たせず、再び右上手。数呼吸、玉乃島は上手捻りを見せ、さらに右へ振って吊り身に青房に迫った。 大鵬は棒立ちとなったが、右に動くと見せながら必死に左に足を送ってクルリと掬った。玉乃島も上手投げを打ち返そうとしたが、大鵬は突き落とし気味に振り払って転がした。恐ろしい大鵬の執念。
△昭和43年11月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 15勝 28
 柏戸と大鵬が久しぶりに好調に勝ち進んでいった。 柏戸は速攻ではなく腰を落としての寄り、大鵬は突っ張りの先制攻撃から組んでの寄りと小兵を突き出す豪快さでそれぞれ11連勝し、 終盤の大関戦を迎えた。ところが柏戸、この大関戦に相手の得意手で全敗、大鵬は執念を見せて全勝。 千秋楽は例によって柏鵬戦だったが、左四つ大鵬の引きつけに柏戸崩れ大鵬は全勝優勝。
・優勝決定の一番 14日目 大鵬(押し倒し)玉乃島
 激しく突っ張り合い、突き勝った大鵬が右おっつけで前進。玉乃島突き返そうとしたが右で首を引いた。大鵬乗じて黒房下、両腕を使って押し倒し圧勝した。
・好勝負
 千秋楽 大鵬(寄り切り)柏戸

 大鵬が踏み込んだが柏戸左筈右から攻めて東に出ようとした。大鵬は右からおっつけ、左を差す。 柏戸が上手を先に引くが大鵬も取る。大鵬は柏戸の上手を切りにいくが切れない。 柏戸が出る端大鵬が引きつけると柏戸は腰が砕け、そのまま青房に寄り切られた。
前画面に戻る