昭和44年
×昭和44年 1月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 15勝 29
 大鵬が29連勝中で、 6日目自己最高の35連勝を記録してからは特に連勝記録にばかり話題が向いた。 こうなると誰もかなわない。12日目の時点で全勝大鵬、 1敗玉乃島、 2敗柏戸であったが、 13日目玉乃島が柏戸を破ったものの、14日目大鵬が玉乃島を倒して優勝を決めた。 大鵬はこの場所を終わって44連勝。ただし大鵬は叩きを連発。しかしそれが良く決まるあたり流石は大鵬と言えないこともないが何か物足りない。
・優勝決定の一番 14日目 大鵬(掬い投げ)玉乃島
 全勝と 1敗の対戦、突っ張り合いから玉乃島が右を入れるが上手を取れない。大鵬は上手下手ともに取れていないが、 機を見て右から豪快に掬い倒した。
・好勝負
 13日目 玉乃島(上手投げ)柏戸

  1敗と 2敗の対戦だが、意外と簡単に勝負がついた。柏戸が左前褌を狙うところ、 玉乃島は右差し左上手充分の体勢となり、上手投げを打った。柏戸は左手を着いて呆気なく敗れた。
×昭和44年 3月 優勝 大関 琴櫻 傑將 13勝 2敗 2
 起こるべからざることが起こってしまった。 2日目、戸田の押しに大鵬は下がりながらの突き落とし。戸田の足が間違いなく早く出たが、 差し違えで戸田の勝ちとなってしまった。大問題となって翌日理事長と審判部長とが会見をしたが、 その内容に大方のファンが失望したことから 4日目の観客動員数はなんと 2,900人。 史上最低の不入り場所となり、しかも大鵬は急性肺炎のため 5日目から休場してしまった。 優勝争いは12日目に大関琴櫻を倒した平幕龍虎が 1敗で単独トップとなったが、翌日藤ノ川に敗れる。 両者は 2敗で千秋楽を迎えたが、龍虎は硬くなって長谷川に敗れ、琴櫻は大関北の富士を難なく突き出して優勝。 なお横綱柏戸は大関相手に手玉に取られ 9勝止まり。内容の薄い本場所のまま終了した。
・優勝決定の一番 千秋楽 長谷川(叩き込み)龍虎
             琴櫻(突き出し)北の富士

 龍虎は琴櫻と同部屋の長谷川と対戦したが、コチコチになってしまい叩きの奇襲に呆気なく沈没した。 琴櫻はこれに力を得て北の富士をぶちかましから突き立てて突き出しの圧勝で優勝を決めた。
・好勝負
 初日 大鵬(上手出し投げ)藤ノ川

 大鵬は安直に捕まえようとしたが藤ノ川は突っ張った。大鵬は突き返したが藤ノ川は右から去なす。 藤ノ川が突っ込もうとすると大鵬は叩く。そして大鵬が突き進んで右四つに捕まえ、藤ノ川が左から絞るところ上手出し投げで勝つ。
  2日目 戸田(押し出し)大鵬
 大鵬は差し身を狙うが戸田の右喉輪で顎が上がる。大鵬は左半身で捕まえようとしたが戸田に肩を突かれて右へぐらつき、 俵を伝って東から右へ右へ後退した。大鵬は左への廻り込みは不得手だが、右へならかなり早く廻る。 そうしているうちに戸田の右足が土俵を割って軍配は大鵬に上がり、それから大鵬は正面土俵外へ飛び出した。 しかしここで東の千賀ノ浦(栃光)から物言いがついた。他の審判は赤房君ヶ濱(鶴ヶ嶺)・白房玉垣(羽黒花)・西松ヶ根(羽嶋山)であるが、皆うち揃って戸田の勝ちと陳ずるのである。 こうして差し違いと決まってしまった。審判は戸田の踏み越しを知っていたようだ。「足跡を確認した者はいなかった」という記事もあるが、審判は指をさしてもいたし、確認もした。 一方、大鵬は蛇の目の跡について控えの高鉄山に訊ね、「戸田の」という返答を得たらしい。 審判長を務めた春日野(栃錦)らは翌日の会見で「一方的に押し込んだ相撲の流れから見て戸田の勝ちと判断した」と述べた。 つまるところ、戸田が右足で蛇の目を蹴ったのと、大鵬が正面土俵を割ったのとでは、肉眼で「どっちが早い」と言えるほどの時間差がなかった、という立場であるようだ。 同時に春日野は肉眼での審判の限界を訴えたらしい。しかし、中継の映像(勿論スロービデオではなく)を踏まえると、肉眼でもどうにか分かるくらいの「差」はあった。 相撲の流れからいっても大鵬が先に土俵を割ろう筈がない、と三宅充氏が言い、これに相撲評論家となっていた東富士も肯くぐらいであった。 大鵬の連勝はこれで45を以てストップしてしまった。
  8日目 柏戸(引き落とし)前の山
 柏戸が狙った左前褌を取って寄り進んだ。前の山は土俵際必死に右に廻り込み、左四つに持ち込む。 引きつけ合いの力相撲、互いの廻しがやや緩む。そして前の山が向正面に寄ると柏戸は掬い投げで残し、体が離れたところ、柏戸は下がりながら引き落としてやっと決めた。 さて柏戸は 7勝目を挙げたが、関節がガクガクで力が入らないとこぼし、箸も持てず飯にもありつけずという有様、 柏戸は引退時の会見で、最も辛かったことを訊ねられ、この相撲のことを挙げた。
 12日目 龍虎(叩き込み)琴櫻
  1敗同士の対戦である。立ち合いの突っ張り合いから龍虎が右に動いて叩き、琴櫻が残して突っ張り合いとなると、 龍虎は右を覗かせて肩透かしから叩けば琴櫻は前のめりに倒れて 2敗、龍虎は単独トップとなった。
 大鵬連勝ストップの翌日、理事長の武藏川(出羽ノ花)と、宮城野(吉葉山)・春日野(栃錦)両審判部長が会見を開いた。 その席における協会側の弁は「ビデオは参考にならない」というもので、土俵の丸さ・高さを問題としていた。 しかし、この時既に(正確には前年暮れから)協会はビデオを採用すべくNHKと協議の上、44年 5月場所導入を決定し、手筈を整えていた。 「動きの速い近代相撲の判定には機械が必要」という意見が勢力を増してきたためで、武藏川が理事長になってすぐに具体化したものである。 3月場所千秋楽、武藏川は審判制度に関し、千秋楽協会挨拶の中で「 5月場所に結論を出」すと宣言した。 正式な「採用決定」発表があったのは 4月 8日である。方式は、NHKのカメラが捉えた映像を貰ってビデオ室で再生し、見た結果を審判長に伝えるというものである。 協会のカメラは置かないのである。この点については賛否があり、テレビ桟敷の好角家と同じ立場で公平に判定ができる妙案であるというまっとうな意見がある一方、 協会自前の設備をつくろうとしないのはやる気のなさの象徴であるという、単なる感情論に堕したものもあった。
△昭和44年 5月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 13勝 2敗 30
 休場明けの大鵬の相撲と、大関を目指す清國の相撲に注目が集まった。 土俵は大荒れで、衰退期の柏戸の 9番はわかるとしても 3大関がいずれも一桁止まりというのは情けない。 注目の両者が優勝を争う。大鵬は 5日目龍虎の出足に完敗し、10日目には長谷川に屈して 2敗。 清國は柏戸、琴櫻を倒して 3敗。千秋楽、清國は勝って望みをつないでいたが、 なにぶん大鵬の相手が不振の柏戸では問題にならず、大鵬勝って30回目の優勝。清國が大関に推薦された。
・優勝決定の一番 千秋楽 大鵬(寄り切り)柏戸
 大鵬が思い切ってかち上げ突き立てる。柏戸ややよろめいたが残して出ようとすると大鵬が左差し、 柏戸が右上手が取れない。大鵬が右も入れて両差し、柏戸は右上手を引いているが抵抗するどころではなく、 大鵬東に寄り立て、寄り切った。
・好勝負
  5日目 龍虎(寄り切り)大鵬

 龍虎はまともにぶちかまし、右差し手を返し左からおっつけ一気に寄り立てた。 大鵬は相手が突っ張ってくるものと考えてゆっくり立ったため驚き、青房に瞬く間に詰まった。 左に逃げて小手投げを打とうとしたが、龍虎が渡し込みを見せてなお攻めると、大鵬呆気なく右足から土俵を割って倒れてしまった。
 10日目 清國(下手出し投げ)柏戸
 清國・柏戸ともに 7勝 2敗。立って柏戸は物凄い形相で押しまくった。 清國は左に逃げる。柏戸はなお押し進んで右おっつけ左を差して東に出たが、清國は左を取って出し投げ、 柏戸はあっさりと腹這いとなった。清國は琴櫻にも勝って12勝 3敗、大関に推された。
 10日目 長谷川(寄り切り)大鵬
 長谷川は大鵬に突っ張りを浴びせた、大鵬も応戦したが長谷川は張り手を交えて突っ張った。 さらに長谷川は左から去なし、左差し右上手を取って正面に出た。大鵬は振りほどいて頭を下げるが、長谷川は突っ張ってまた右から撥いた。 大鵬は後ろを見せた。ここぞとばかり長谷川は青房に出、辛うじて向き直る大鵬を寄り切った。
○昭和44年 7月 優勝 大関 清國 勝雄 12勝 3敗 1
 新大関清國登場。この場所もまた大きく荒れて、 2日目上位陣は玉乃島だけが勝つというひどさであった。 3日目限り横綱柏戸が引退。そして10日目で大鵬が 9勝 1敗で優勝濃厚かと思われたが、 11日目に不振の海乃山の上手出し投げに遭って沈没し 2敗。大鵬はこの場所も突っ張り叩き込み中心の相撲。 13日目、対戦成績18戦全勝の琴櫻戦で突っ張り合いから琴の左喉輪に大鵬尻から落ちて 3敗。 14日目琴櫻も敗れ 3敗が 4人。千秋楽、 4人のうち藤ノ川は勝ち、琴櫻は敗れた。 大鵬−清國は、大鵬無気力でまともに叩き清國押し出しの勝ち。 かくて決定戦は清國得意の右おっつけ炸裂で圧勝、清國は新大関で初優勝を遂げた。
・優勝決定の一番 決定戦 清國(浴びせ倒し)藤ノ川
 藤ノ川は玉砕戦法を取り、素晴らしいぶちかましから突き放して出た。 踏み込みが悪く腰高の清國は忽ち東に詰まり崩れかかった。しかしやっと立ち直った清國は藤ノ川の左を引っ張り込んだ。 さらに清國は左からも引っ張り上げようとするが、藤ノ川は逆に身を沈めて両差しとなった。 清國はここで右から外筈気味に豪力で押し上げにかかった。藤ノ川はこれを突破しようとしたが腰が砕けた。すかさず清國はのしかかってドウと浴びせ倒して決めた。
・好勝負
  3日目 朝登(押し出し)柏戸

 朝登は腰高ながら頭で柏戸にぶちかました。立ち遅れた柏戸はこれを受けられず腰砕けとなった。 朝登は左喉輪で一気に西に押し出した。柏戸はこの完敗を一期として遂に引退した。
 13日目 琴櫻(押し倒し)大鵬
 大鵬は前日海乃山の上手出し投げに捨てられて 2敗となっている。 立ち合い大鵬は左かち上げから黒房に猛然押し込んだ。しかし琴櫻はこれを堪え、両筈からこれまた猛然押し返し、左押しを利かせると大鵬は尻からドサッと押し倒されてしまった。 思わぬ大鵬の崩れでこの場所は混戦となった。
 千秋楽 藤ノ川(蹴手繰り)前乃山
 藤ノ川が当たって突っ張ると前乃山は左からおっつけて左差し、下手を取って右筈で向正面に出ると藤ノ川は右の内掛けで堪えるが前乃山なお押す。 藤ノ川は右小手投げから、逆に左に逃げた。さらに西で小手投げを打って土俵中央に下がり右を巻き替えた。前乃山は再度左を巻き替えて白房に掬うと、藤ノ川はついていって上手投げを打ち返した。 藤ノ川の左肘が前乃山の右肘より早く着いたが、前乃山は藤ノ川の肘が着く前に土俵外に飛んだ。 軍配は藤ノ川。前乃山の方がずっと分が良いという人もあるが、さほど良くもない。 寧ろ前乃山が藤ノ川に被さることもなく飛んだだけに分が悪い。かくて物言いがついて取り直し。 取り直しは藤ノ川作戦を変えて立ち合いに蹴手繰って簡単に勝った。
 千秋楽 清國(押し出し)大鵬
 大鵬が喉を押し上げてからまともに叩いたが、清國は踏み込んでいて全く効果なく、 清國つけ入って真っ直ぐ押し出した。大鵬は無様な相撲で 4敗目、決定戦に出られず、清國が決定戦に出場することになった。
○昭和44年 9月 優勝 大関 玉乃島 正夫 13勝 2敗 2
 清國が綱取りと言われたが、 2日目の麒麟児戦で当たり合ったときに背中に電気が走り、脊椎 7ヶ所を挫傷しあっさり立ち消え。 好調は大関玉乃島。また大鵬は好調ではないが慎重に取って白星を重ねた。 8日目、全勝の大鵬と 1敗の玉乃島戦は、玉乃島が引き落として勝ち難関を突破、両者 1敗となる。 10日目大鵬 2敗。12日目玉乃島も 2敗し大鵬逆転優勝かと思われたが、 13、14日目と大鵬は大関相手に惨敗。玉は終盤の北の富士の追い上げをかわして優勝を飾った。
・優勝決定の一番 千秋楽 玉乃島(寄り切り)長谷川
 玉乃島は大鵬に勝ってから俄然調子が上がり、左四つに組んだ北の富士戦にも勝ち、 清國戦は際どい負けだったが、優勝争いの先頭を切って千秋楽に長谷川と対した。 長谷川の待ったの後、立ち合いから玉乃島は激しい突っ張りで攻め、左去なし。長谷川が残して出ると、 玉乃島は素早く左を取って引きつけながら右も差す。そして休まず寄って出た。長谷川は寄られながらも左を巻き替えたが、 玉乃島は土俵際で右筈、腰を割って堂々寄り切った。
・好勝負
  8日目 玉乃島(引き落とし)大鵬

 突っ張り合いから玉乃島は右四つに組み勝った。大鵬は左上手から投げて玉乃島の上手を切り、巻き替えにいったが果たせない。 再び右四つから玉乃島が上手、右から揺さぶって大鵬の上手を切り、機を見て左上手から引き落とすと大鵬は土俵に座り込んで土がついた。
 10日目 前乃山(押し出し)大鵬
 大鵬が右からかち上げて立つと前乃山は物凄い手数を繰り出して張り手を交え突っ張った。そして大鵬は脳震盪を起こし、右押しを受けてヨロヨロと青房にすっ飛んだ。 前乃山はなお押し込み、大鵬の左叩きに構わず押し出して圧勝した。
 11日目 玉乃島(吊り出し)北の富士
 北の富士が左四つに組んで数呼吸後、黒房に寄ろうとするところ、玉乃島は下手から吊り上げて右に振り、そのまま吊り出した。 北の富士は痛い星を落とした。
△昭和44年11月 優勝 大関 北の富士 勝昭 13勝 2敗 2
 大鵬は 2日目二子岳の内無双からの蹴返しに右膝から落ち、 7・ 8日目と叩きで自滅、10日目から休場した。 土俵は北の富士の独走。13日目に 1敗の北の富士は琴櫻を降し、 3敗の玉乃島が清國に敗れ北の富士が優勝。 14日目に北の富士は敗れたが、16場所振りの優勝であった。横綱問題は出たのだが、14日目の敗戦が痛く見送られた。
・優勝決定の一番 13日目 北の富士(上手投げ)琴櫻
 北の富士はすぐに左を入れて右上手を取り、東に寄り進んで上手から振り、向正面に寄り進む。琴櫻は堪えんとしたが両足とも流れた。 北の富士はすぐさま右上手投げ、鮮やかに決まった。 3敗の龍虎と玉乃島が敗れ、北の富士の優勝が決定。
・好勝負
  7日目 藤ノ川(押し出し)大鵬

 この場所の大鵬は恐る恐る相撲を取っていた。当たる藤ノ川は 3勝 3敗と奮戦していた。 この日、藤ノ川は満々たる気合を大鵬にぶつけるかの如く頭から突っ込んで押し立てた。 大鵬は先制攻撃もなく右に逃げて叩いた。藤ノ川は逃さず両筈でドッと押し出して圧勝、大鵬の不調を差し引いても藤ノ川は大偉勲を立てた。
  9日目 玉乃島(寄り切り)藤ノ川
 玉乃島が突っ張って出ると藤ノ川は左へ飛んだ。玉乃島は大きくのめって西に詰まった。 藤ノ川はさらにつけ入って突き立てる。玉乃島は徳俵で左足一本となった。なお藤ノ川は突いたが、玉乃島は何と片足立ちのまま突き返した。 さらに玉乃島は左に動いて上手出し投げを打ち、崩して寄り切った。玉乃島の驚異的な足腰の強靭さを見せつけた一瞬。
 14日目 麒麟児(吊り出し)北の富士
 北の富士は左四つとしたが、麒麟児が巻き替えて両差し、吊り上げて西に吊り出した。 まさに完敗、14勝なら横綱という期待を持っていた周囲をがっかりさせ、横綱問題は出たが、横綱審議委員会での賛成はゼロで簡単に斥けられた。
前画面に戻る