昭和45年
○昭和45年 1月 優勝 大関 北の富士 勝昭 13勝 2敗 3
 大鵬が左肘と右膝の故障で休場。北の富士が横綱を狙う。また星次第では玉乃島にも目はある。 そしてともに白星を重ねたが、 6日目、北が福の花の右フックを喰って横転すると玉も前乃山に敗れ、 8日目には玉が栃東に完敗した。 しかし北13勝 1敗、玉12勝 2敗で千秋楽を迎え、結びの一番、玉は北に上手を許さず吊り出して勝ち決定戦へ。 今度は北上手を取って玉が左一本で吊るところ右外掛けに切って落とした。場所後に北・玉ともに横綱に推挙された。 盛り上がりは大きかったが、相撲の内容は伴っていなかった。
・優勝決定の一番 千秋楽 玉乃島(吊り出し)北の富士
         決定戦 北の富士(外掛け)玉乃島

 突っ張り合って左四つ、玉乃島が上手を取って上手投げ、ややあって玉乃島は吊りを見せる。 さらに機を見て玉乃島は上手捻りを繰り出す。北の富士は上手が取れぬながらも堪えた。北の富士は下手一本、右から抱えて吊ろうとした。 すると玉乃島は逆に吊り返し、白房に吊り出して13勝目、追いついて決定戦となった。本割で上手が取れず敗れた北の富士は、右上手一本に狙いを定めた。 決定戦は北の富士がかち上げてすぐ右上手を取った。玉乃島は左下手一本になった。 北の富士は寄り立てた。玉乃島は正面に下がりながら下手だけで吊りに出た。そこに北の富士は大得意の右外掛け、見事に掛け倒して連覇を達成した。
・好勝負
  6日目 福の花(突き倒し)北の富士

 横綱を目の前にしている北の富士はこの日まで 5戦 5勝であった。 北の富士が左から当たるところ福の花は左喉輪右おっつけ、次いで右から突き落として喉輪、 さらに右左と正面に突き進み、北の富士の顎が上がったところに福の花の右突き、北の富士はまともに受けてノックアウト負けを喫した。 この日は玉乃島も前乃山に屈した。
  8日目 栃東(寄り切り)玉乃島
 玉乃島が立ち急いで突っ張るが栃東は右横褌を素早く取り、玉乃島が左を入れて下手投げを打つのにつけ入り黒房に一気に寄り切った。 栃東は 3大関を破って実力を見せつけた。大関を目の前にしたが、肝臓を壊してその夢は惜しくも潰えた。
◎昭和45年 3月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 14勝 1敗 31
  2人の新横綱に王者大鵬が挑むという構図。12日目まで全勝は玉乃島改め玉の海、 1敗は北の富士と大鵬。13日目は玉の海−大鵬、大鵬が両差しから左下手投げで勝つ。 14日目は北の富士−大鵬、北の富士が両差しから走ったが、大鵬が首投げで潰した。 千秋楽大鵬は清國を叩き込み14勝、北の富士−玉の海は北の富士が勝って両者ともに13勝となり、大鵬の31回目の優勝となった。 北玉は新横綱として立派な相撲を取ったが、大鵬の相撲は散々なもので、気力だけで優勝はしたものの、「もう終わりだ」という評判が立った。
・優勝決定の一番 千秋楽 大鵬(叩き込み)清國
             北の富士(上手投げ)玉の海

 13勝 1敗の大鵬は、内容は兎も角、新横綱の両人を叩き潰して千秋楽まできた。 相手は清國、左喉輪右筈で押そうとする清國を左右からおっつけ、両筈で出んとする清國を叩き込んで埋め大鵬は 1敗を守る(清國は負け越し)。 結びは新横綱の対戦、突っ張りから左四つに組んだ北の富士が黒房に寄り進んで上手投げにねじ伏せ、玉の海は 2敗。 これで大鵬の優勝となった。
・好勝負
  6日目 北の富士(下手投げ)貴ノ花

 貴ノ花は初めての上位進出である。前日は玉の海と対戦したが一蹴された。 北の富士が体当たりにいったが貴ノ花は頭を下げて一歩も引かず左差し、北の富士も左を差し右に上手を狙ったが取れない。 貴ノ花が右を巻き替えにくると北の富士は乗じて白房に出たが貴ノ花は左下手投げで喰い止めて土俵中央。貴ノ花が左蹴返しを見せると北の富士は上手を取る。 北の富士は上手投げ、貴ノ花は下手投げに返す。北の富士はさらに白房に出るが貴ノ花は右から絞って凌ぐ。 貴ノ花は再度蹴返しを見せると北の富士は向正面めがけて上手投げ、貴ノ花は左を咄嗟に抜いて土俵際で上手投げを打ったが北の富士は同じ右から下手投げに返し、 貴ノ花が先に吹っ飛んだ。貴ノ花は善戦空しくこの場所 3勝12敗だった。
  7日目 長谷川(寄り切り)大鵬
 長谷川が右から張って左差し右上手充分、大鵬に右上手を許さず、左から下手投げで揺さぶり、右から引きつけて東に一気に寄った。 大鵬は防戦一方、右突き落としは効果なく、あえなく土俵を割ってしまった。この日は結びで北の富士も前乃山に屈した。
 10日目 藤ノ川(二枚蹴り)高見山
 藤ノ川が突撃すると高見山は突っ張るが藤ノ川は下がらず両筈から左差し右下手、 左を返して右足を飛ばす二枚蹴り、体の捻りも良く豪快に高見山は宙を舞った。
 13日目 大鵬(下手投げ)玉の海
 いよいよ横綱リーグ戦の開幕、 1敗の大鵬と全勝の玉の海の対戦である。 大鵬が突っ張ると玉の海も突っ張ったが、大鵬はさっとばかり二本差し、玉の海は右から首投げを打ったが効果なし。 さらに右上手を取った玉の海が焦れて上手投げを打つと、大鵬は下手投げに返して転がし、全勝玉の海の行く手を阻んだ。
 14日目 大鵬(首投げ)北の富士
 大鵬は左からかち上げて突っ張ったが、北の富士は右から左と二本差し、 喜んで一気に西に突進したが、大鵬は一か八かの左首投げ、さらに北の富士の背中に乗りかかるようにしたので北の富士は圧し潰されて 2敗目となった。
○昭和45年 5月 優勝 横綱 北の富士 勝昭 14勝 1敗 4
  3横綱による優勝争いが期待され、北の富士がどっと勝ち進む。玉は 4日目に福の花に敗れて 1敗。 大鵬は 7日目前乃山との大相撲に敗れ、さらに 9日目には初顔の錦洋に完敗して落胆、12日目には琴櫻に敗れた。 13日目、全勝の北に 1敗の玉の直接対決は北二本差しての右掬い投げで快勝。 14日目は玉が大鵬と対戦したが、大鵬左四つ右上手から一気に寄り倒し、北の富士の優勝が決定した。 千秋楽は北が全勝を懸けて大鵬に挑んだが、投げの打ち合いに敗れて全勝成らず。大鵬はこの場所も両横綱に勝って面目は保った。
・優勝決定の一番 13日目 北の富士(掬い投げ)玉の海
 当たり合って北の富士は突っ張りから左差し、玉の海が左右からおっつけると北の富士両差しになるや左で巻いて右から掬う。玉の海は右膝を着いて敗れた。 翌日、玉の海が大鵬に敗れ、 2敗が消えて北の富士の優勝が決まった。
・好勝負
  4日目 福の花(寄り切り)玉の海

 立ち合い玉の海は両足で踏み込んで右を差そうとしたが福の花は突き立てた。玉の海は左喉輪で反撃したが福の花は突っ張りから両差し一気に東に出た。 玉の海は右に逃げて左を巻き替えたが福の花は休まず右から攻め、右上手を取ってなお正面に出る。玉の海は全く詰まって右から突き落としを見せたが及ばず寄り倒された。
  9日目 錦洋(押し出し)大鵬
 錦洋は右筈左おっつけでどんどん押し立てた。大鵬は忽ち押し込まれ、左半身で懸命に逃れようとしたが黒房に押し出された。 大鵬にとっては悔いの残る完敗だった。
 千秋楽 大鵬(掬い投げ)北の富士
 北の富士が気負い込んで飛び込み突っ張るが、大鵬が左をねじ込むと北の富士は右上手から投げを打つ。 大鵬は得たりや応と左掬い投げ、さらに大鵬は傾きながら左足を割り込むと北の富士が一瞬先に落ちた。
△昭和45年 7月 優勝 横綱 北の富士 勝昭 13勝 2敗 5
 大鵬が稽古不足を露呈、 2日間土俵際で何とか叩き込んで勝ったが、 3日目初顔の三重ノ海に叩くところを寄り切られ右足首捻挫で休場。 引退めいたことを口走って引退騒動を起こしたが 9日目に撤回。玉の海も肝臓が悪く大不振で 9番止まり。 大関を狙う前乃山と横綱北の富士が13勝 2敗で決定戦となったが、 実力の差がそのまま出て、右上手を素早く取った北の富士が上手投げで捻じ伏せ連続優勝を果たした。前乃山は大関に推された。
・優勝決定の一番 決定戦 北の富士(上手投げ)前乃山
 前乃山は左を差しにいった。北の富士はいち早く右上手を取った。さらにすぐ上手投げを打って青房で体を預けて圧し潰した。
・好勝負
  3日目 三重ノ海(寄り切り)大鵬

 大鵬は両差しにいっているが三重ノ海の前捌きの前に両脇が空いて逆に二本差され、右下手出し投げによろけた。 大鵬はさらに両方から絞ろうとしたが三重ノ海は両前褌を取って喰い下がった。大鵬は左から叩こうとしたが全く効かず黒房に呆気なく寄り切られ、土俵外で右足首を捻挫した。
 千秋楽 前乃山(押し出し)大麒麟
  2敗同士の一戦である。前乃山は左から掻っ撥いた。大麒麟は東で向き直るが、前乃山は休まず突き立て押し出した。 これで前乃山13勝 2敗、大麒麟を押さえて大関昇進をほぼ決定づけた。
○昭和45年 9月 優勝 横綱 玉の海 正洋 14勝 1敗 3
 期待の新大関前乃山は場所前北の富士との稽古で右足を捻挫して休場。北の富士は 3日目藤ノ川の蹴手繰りに這ってから出足が鈍って脱落。 大鵬は 5日目貴ノ花に敗れたのみで 1敗。玉の海はこの場所は出足が鋭くなって全勝を守る。 13日目北の富士−大鵬は北の富士が上手を先に取り、慌てる大鵬を上手投げに下した。 14日目には 1敗の大麒麟が清國に屈し、全勝の玉が大鵬を右四つ充分から右外掛けで脅かし寄り切って優勝を決定。 しかし千秋楽は 4敗した北の富士が玉の海を寄り切り、全勝だけは阻んだ。場所後大麒麟が大関に推された。 大鵬は終盤で脱落したが、久々に相撲内容が良くなった。
・優勝決定の一番 14日目 清國(寄り切り)大麒麟
             玉の海(寄り切り)大鵬

 大麒麟は大関を目指してここまで 1敗、あわよくば賜盃もと周囲は色めき立つが、やはり本人は固くなった。 大麒麟は二本差したが、清國に左上手を与え、さらに得意の右おっつけを喰らって寄り切られてしまったのである。 こうなっては全勝玉の海断然有利。玉の海は大鵬を激しく突っ張り、次いで叩いた。大鵬は大きく泳ぐ。玉の海は右外筈左喉輪で黒房に押して右四つに組み、 両者右下手の形から玉の海体を左に倒して上手を取り、東に吊り身に寄ろうとする。大鵬腰を落として堪える。数呼吸、大鵬左を巻き替えんとすると玉の海東に寄り立て、大鵬が土俵際で右に打っ棄ろうとするところ右外掛け、 これで大鵬は土俵を割り、玉の海は14連勝で優勝を決めた。
・好勝負
  5日目 貴ノ花(寄り切り)大鵬

 大鵬は左かち上げ右おっつけで出ようとしたが貴ノ花は堪えて右上手を取る。大鵬は貴ノ花の左差しを泉川に抱えて左へ振り、さらに引き上げて左を差し込み起こそうとした。 しかし貴ノ花は起きず左前褌。大鵬は右をねじ込もうとする。一呼吸して大鵬は右から掬って西に振ったが体が離れる。差し手争いから大鵬がまた右おっつけで黒房に押すが貴ノ花は堪え、 また差し手争いから貴ノ花が右から絞って上手を引く。大鵬は左半身。貴ノ花は大鵬の顎の下に頭をつける絶好の形。大鵬は強引に左から掬う。 さらに大鵬は右をねじ込もうとしたが貴ノ花は左上手出し投げで廻り込んで再度左を巻き替える。大鵬はやや深い右上手、貴ノ花は右から絞る。貴ノ花が左から蹴返しにいくと大鵬は右上手投げ、 貴ノ花がこれを下手投げに返すと大鵬は正面に泳いだ。すかさず貴ノ花は右前褌を取って寄り立て、青房に寄り切る大殊勲星を挙げた。貴ノ花の予想を上廻る成長ぶりに観衆は目を瞠った。
 12日目 大麒麟(吊り出し)貴ノ花
 大麒麟は右から張って二本差しを狙い、差し手争いから左を差し、そして右をねじ込み両下手、貴ノ花の左にくっつき、一呼吸後吊り身を見せる。 貴ノ花は腰を割って堪える。さらに一呼吸置いて大麒麟は大きく吊り上げ、真っ直ぐ黒房に歩いて吊り出した。大麒麟は兄弟子の仇討ちに成功、11勝目を挙げ、大関に大きく前進。
 千秋楽 北の富士(寄り切り)玉の海
 北の富士が激しく突っ張って左差し右上手充分に組み赤房に寄り立てた。 玉の海は堪えたが、北の富士は右外掛けから東に堂々寄り切り、玉の海の全勝優勝を阻止した。
◎昭和45年11月 優勝 横綱 玉の海 正洋 14勝 1敗 4
 注目は前場所新大関で全休の前乃山と、当場所新大関の大麒麟の初陣だったが、ともに初日から敗れ、大麒麟は序盤を 1勝 4敗という惨状であった。 前乃山は中盤まではまあまあだったが、終盤12日目の場所入りで右手を車のドアに挟んで痛め散々な有様、ともに 9勝 6敗でまとめたが、期待外れも甚だしかった。 清國と琴櫻の古参大関は中日まで連勝したが、琴櫻は後半 1勝しかできなかったのに対し、清國は北の富士を破り12勝と健闘した。 3横綱による優勝争いが激しく、全勝は玉の海。大鵬は 5日目黒姫山に掻っ撥かれて 1敗。 北の富士は長谷川と清國に敗れて 2敗で横綱戦となった。13日目の北玉戦は長い相撲となったが玉の海の辛抱勝ち。 14日目、大鵬−北の富士は北の富士が珍しく粘って左半身で持久戦に出たが柄に合わず寄り切られた。 千秋楽は全勝の玉に 1敗の大鵬が当たり、大鵬が執念で圧勝。決定戦は、今度は玉が右四つに組み勝って寄り切り連覇を飾った。 この場所、 3横綱 4大関戦に全敗して負け越した貴ノ花だが、この場所をよく盛り上げた立役者であるということで会場側から特別賞が出された。 この年後半は 3横綱が素晴らしい優勝争いを演じて充実していた。
・優勝決定の一番 千秋楽 大鵬(寄り切り)玉の海
         決定戦 玉の海(寄り切り)大鵬

 突っ張り合いから大鵬が素早く左を差し右上手を取った。そして上手投げで牽制し、左を大きく返して右も巻き替え二本差しに成功、 青房にじっくり腰を落として寄れば、玉の海は堪えたが結局寄り切られた。これで決定戦に持ち込まれ、今度も突っ張り合いとなったが玉の海が突き勝って右外筈から右で四ッ辻を取って体を寄せ、 左に上手を引いて右四つ充分の体勢。大鵬の廻しが解けて玉の海は右を離し、ここで廻し待った。再開後、大鵬は左を巻き替えようとするが玉の海は許さない。玉の海は大鵬になお上手をやらず、 機を見て西へ吊り身に寄り立てた。大鵬は逃れようとしたが玉の海は充分腰を落として寄り切り連続優勝を決めた。
・好勝負
  3日目 北の富士(上手投げ)貴ノ花

 貴ノ花は左四つで喰い下がり、北の富士は上手を引いて上手投げ、貴ノ花は下手投げに返す。 貴ノ花が下手投げを打てば北の富士は右の外掛け。貴ノ花は北の富士の顎の下に頭を埋める。 北の富士は貴ノ花の上手投げに傾いたが堪え、上手を切った。最後は貴ノ花が下手投げにくるところを上手投げに返して勝ったが、 5分近くかかる大相撲だった。貴ノ花は大鵬・玉の海の両横綱にも大善戦を見せ館内を沸かせた。
  5日目 黒姫山(突き落とし)大鵬
 大鵬が踏み込んで両手で突こうとしたが、黒姫山は激しくぶちかまして右から撥いた。 大鵬は東に突っ走って四つん這いとなってしまった。
 12日目 清國(寄り切り)北の富士
 清國の踏み込みは鋭くすぐさま両差し、北の富士は右で首を巻いて掛け投げを見せるが、 清國は吊り身に寄り立て正面に寄り切って完勝、両者 2敗となった。
 13日目 玉の海(下手投げ)北の富士
 突っ張り合いから北の富士が左四つに組み勝ったが、玉の海が上手を引いた。 玉の海は上手捻りを見せると北の富士は残して上手を取った。次いで玉の海は上手出し投げを打って北の富士の上手を切ったが、 北の富士は残して再度上手を取った。北の富士は右上手投げを打った。玉の海は残すや右も入れて両差しになった。 そして玉の海は西に寄り立てた。北の富士は左で首を巻いて右から上手投げにいったが、玉の海はそれを左下手投げに返して決めた。 玉の海は13戦全勝、北の富士は 3敗となって脱落した。
 14日目 大鵬(寄り切り)北の富士
 北の富士は突っ張ったが、大鵬は応戦して左を入れ、右上手も引いた。そして上手出し投げを打つと、 北の富士は残して上手を取った。北の富士は大鵬の上手を切ろうとしたが、大鵬は離さない。 北の富士は左半身に構えて持久戦に出た。しかし大鵬は右から裾返しを見せて寄り立て、北の富士は一旦は寄り返したが、大鵬は再度寄って寄り切った。 2分45秒にもなる大相撲だった。
前画面に戻る