昭和46年
◎昭和46年 1月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 14勝 1敗 32
 玉の海が痛風で足を引き引き出場していたが、勝ち星を重ねるうちに治まってしまい14連勝。 大鵬は11日目琴櫻の攪乱にバタついて 1敗。北の富士は全く覇気と根気がなく、初日に敗れると崩壊して終わってみたら 4敗もしていた。 そして千秋楽は前場所と同様に全勝玉の海と 1敗大鵬の戦いとなり、玉が突っ張ると大鵬応戦し左右入って二本差し。 下手投げで牽制して寄り切った。決定戦は右四つで水入りの大熱戦の末、上手を与えなかった大鵬が玉を再び寄り切り、大逆転で32回目の優勝を飾った。
・優勝決定の一番 千秋楽 大鵬(寄り切り)玉の海
         決定戦 大鵬(寄り切り)玉の海

 大鵬は左かち上げから突っ張って右から張り手をかました。玉の海も突き返したが、大鵬は左から入って二本差しに成功し、 右の下手投げで牽制した。玉の海は堪えるが廻しが引けない。大鵬は再度下手投げを打つ。そして機を見てまたも下手投げで崩して赤房に寄り進んだ。玉の海はどうにか堪えんとしたが、どうにも堪えようがなく寄り切られた。 前場所に続いて、しかも前場所と同様の決定戦である。玉の海の仕切りが早く大鵬が待ったし、次は大鵬が早い。 3度目に当たって差し手争いから突き合い、左四つから巻き替え合って右四つとなった。 大鵬は玉の海の上手を切り、上手投げを連発する。玉の海はよく堪える。大鵬の寄りを玉の海が寄り返すこと数回、遂に水が入った。 決定戦の水入りは初めてである。再開後は大鵬が下手投げに次いで上手投げを打った。そして大鵬は上手投げで玉の海を引きずって正面に寄り立て、青房で玉の海が堪えると大鵬は右を抜いて胸を押し、遂に寄り切って逆転優勝を勝ち取った。
・好勝負
  5日目 大鵬(掬い投げ)貴ノ花

 貴ノ花が頭を下げて突っ込むと大鵬も頭を下げて左差し右から絞る。貴ノ花は右から絞って上手を狙うが、大鵬が左から起こしてきたため果たせない。 大鵬は右上手を引いて一気に東に出たが、貴ノ花は左から掬って出足を止める。しかし大鵬なおも向正面に出る。 貴ノ花は堪えつつ上手を狙う。しかし大鵬は上手投げを打って貴ノ花に上手を与えない。貴ノ花は右から絞るが大鵬は右上手を命綱に堪える。 さらに大鵬は腰を振って貴ノ花の下手を切り、絞りを突破して左下手を取った。貴ノ花は右上手を取るなり吊る。大鵬の左足は上がった。次いで貴ノ花は右上手から出し投げを放った。 これで大鵬は泳いで青房、しかし大鵬は土俵を背に残して右から捕まえ上手を引き、貴ノ花の吊り身を両廻しの引きつけで必死に堪え、逆に貴ノ花は左足が折れて潰れてしまった。 貴ノ花の怪我は骨折だけではなく、膝も壊れて腰も痛めるというもの。常人なら再起不能、貴ノ花はよく立ち直ったが、その後の土俵を左右する大怪我となった。
 11日目 琴櫻(押し出し)大鵬
 琴櫻がぶちかますと大鵬は突き放したが、琴櫻は突っ張り左から張った。互いに叩き合ってちょっと見合い、琴櫻が再度左から張ると大鵬の右膝が崩れた。 琴櫻はここぞと左喉輪右おっつけで向正面から赤房に押し込み、立ち直ろうとする大鵬を押し出した。全勝の大鵬に土がついた。
 13日目 玉の海(上手投げ)北の富士
 突っ張り合って玉の海が珍しく右四つに組み勝った。そしてすぐに上手を取り、北の富士が東から右へ右へ廻りつつ下手投げを打ち続けるを追って、 青房下で玉の海は右上手投げに返して大きく投げ倒した。北の富士は 3敗で脱落し、翌日の大鵬戦では首投げで自滅してしまった。
○昭和46年 3月 優勝 横綱 玉の海 正洋 14勝 1敗 5
  3横綱が優勝を争ったが、13日目を前にして玉の海と大鵬が 1敗、北の富士は元気なく 3敗であった。 13日目は北玉戦。上手を引きつけた玉が北を腹に乗せて吊り出す。14日目は北の富士が大鵬を速攻で寄り倒し、大鵬やや後退。 千秋楽は玉の海が右四つ相手に上手をやらない絶好の形を築き、上手をがっちり引きグイと寄り切り、14勝 1敗で 5回目の優勝を飾った。 この場所も優勝争いの形に大きな変化はなかったが、その内容は前場所に比べて大きく落ちた。北の富士は安定を欠き、大鵬は風邪で稽古ができぬままの本場所となり、 玉の海もやはり風邪で序盤はメタメタだった。
・優勝決定の一番 千秋楽 玉の海(寄り切り)大鵬
 大鵬左、玉の海右と互いに肩で当たり合い、土俵中央差し手争いは玉の海が勝り、突っ張りから右でおっつけて右差し、左で上手を取り、大鵬に上手を与えない絶好の形。 大鵬は上手を盛んに欲しがるが届かない。玉の海は上手投げを打って揺さぶり、右下手を引いて肘を張った。大鵬はとうとう焦れて右下手投げを見せた。しかし玉の海はここぞと寄り進んで正面に寄り切り完勝した。
・好勝負
  5日目 大受(突き落とし)大鵬

 大鵬がかち上げたが大受は両筈で押し込み、大鵬は西から白房に逃げて左半身で反撃しようとするところ、大受は右から突き落とせば鮮やかに決まった。
  6日目 大鵬(掬い投げ)大雪
 大雪は大鵬の目が怖いとばかりに最初の仕切りで突っ込んでいった。大雪は実は足を飛ばすつもりだったらしいのだが、もうそれどころではなかった。 大鵬は逆に看破していた。大雪の体は痙攣していた。大鵬は受けた。そして右差し、左からおっつけてドドドと進み、すぐに右から掬って圧勝した。 大雪は 3日連続時間前に立った。大鵬の前日の敗戦を計算していたのかいなかったのか、作戦としては良かったが、大鵬はいつでも立てると言っており、大雪は案の定完敗を喫した。 この日は面白いことに、次に玉の海に挑んだ二子岳は 3回目、結びの北の富士に挑んだ龍虎は 4回目、いずれも時間前に立って横綱の完勝に終わっている。
 13日目 玉の海(吊り出し)北の富士
 突っ張り合って左四つ、玉の海が上手を取る。上手が取れない北の富士、向正面に寄り立てる。 しかし玉の海は堪えて左下手から右へ振り、そのまま吊って吊り出した。
 14日目 北の富士(掬い投げ)大鵬
 大鵬が左からかち上げたが、北の富士は右横褌を取って左を入れての二本差し、そのまま西に一気に走り、右差し手を突きつけて寄り倒した。
○昭和46年 5月 優勝 横綱 北の富士 勝晃 15勝 6
 横綱大鵬は初日栃富士に対しかち上げから勇んで突っ張ったが右足の踏み込みすぎで尻餅、 5日目、貴ノ花にもかち上げて出たが喰いつかれ、巻き落としにいって倒れ 2敗。 大鵬は体力の限界を悟り引退を表明した。玉の海・北の富士が12日間全勝で肩を並べていたが、 13日目、玉の海がこの場所好調で 2敗の大関清國に上手投げで敗れ 1敗。 千秋楽は初の全勝を目指す北の富士と、同点決勝に持ち込みたい玉の海の横綱決戦。 北の富士がさっと左四つ右上手を取り、外掛けから吊り身に寄って向正面に寄り切り、 玉の追撃を振り切って全勝優勝を飾った。
・優勝決定の一番 千秋楽 北の富士(寄り切り)玉の海
 互いに当たり合って北の富士が左おっつけから左差し右上手充分、玉の海に上手をやらない。 北の富士が右外掛けで赤房に攻める。玉の海は下手投げで左に逃れるが、北の富士はさらに右上手を引きつけ、腰を落として向正面に吊り身に寄り切った。
・好勝負
 初日 栃富士(押し倒し)大鵬

 大鵬は足腰に自信がないからか即決を望んだ。左かち上げで立ち、栃富士が右へ逃げるのを大鵬は正面から西へ突き進んだが、 右足を踏み込みすぎてグラリときた。そこを栃富士は押し返すと、大鵬はドサリと崩れて敗れた。
  5日目 貴ノ花(寄り倒し)大鵬
 大鵬は左かち上げから東に一気に出たが、貴ノ花は右おっつけで大鵬の左喉輪を外し、右へ動いて左四つとした。 大鵬は下がりながら左掬い投げ、貴ノ花は右の外掛けで堪え、逆に向正面に迫った。大鵬は今度は右から突いて左巻き落としにいったが、 これは無茶で、貴ノ花は左差し手を、というよりも全身で突き放して寄り倒した。貴ノ花は左に倒れたが、それよりも早く大鵬は土俵を割って尻から倒れた。 かくして大鵬は尻餅が 2回、これでは横綱は務まらない。相手が次代を担うであろう貴ノ花でもあり、大鵬はこの相撲を最後に土俵を去った。 ただ、大鵬は 6日目の福の花戦も取りたいと言っていたが、当然受け入れられなかった。福の花は柏鵬引退の両方の不戦勝を貰っている。
  9日目 龍虎(蹴返し)清國
 ここまで全勝を続けた清國と、右肘関節炎で白星なしのまま途中休場、この日から再出場の龍虎との相撲。 流石経験豊富な清國は、何かやってくるだろうと、足でも飛ばしてくるだろうと読み、慎重に見て無闇に踏み込まずに立つ。 その読みは見事に当たった。当たったのだが、大正解ではなかった。龍虎は右足を飛ばした。狙った先は清國の左足だった。 足は当たった。清國落ち着きを失って、慌てて右足を出そうとしたが既に手遅れ、右差し肩透かしをやられて右肘からベッタリ這ってしまったのであった。
 13日目 清國(上手投げ)玉の海
 清國が例によって低く立ち、左前褌を取る。玉の海は右を差そうとしたが、先に頭をつけられてうまくいかず、左を入れようとしたところ清國名物右おっつけに阻止された。 清國は両差しから西に寄り立てた。玉の海はこれを堪えて左差し、右から抱える。清國は機を見て右から強烈におっつけ、外筈で西に出た。 玉の海は必死に向正面に廻り込み、左下手投げを打とうとしたが、清國は上手を引いて右上手投げ、玉の海は土俵を割って初黒星を喫した。 1分16秒の大相撲、清國は 2敗を守り終盤まで奮闘し、13勝 2敗は初優勝を上廻る星であった。
△昭和46年 7月 優勝 横綱 玉の海 正洋 15勝 6
 北の富士が左肘を痛めて苦戦の土俵となった。玉の海はこの場所も好調、念願の全勝へとまっしぐら。 14日目、 2敗の大関大麒麟を寄り切って優勝を決定し、千秋楽は北の富士戦。不調といえど北の富士にも意地があり、 寧ろ有利な体勢で再三攻め立てたが、玉の海の執拗な粘りの前に今一歩及ばず、水入り寸前の大熱戦を制した玉の海は初の全勝優勝を成し遂げた。
・優勝決定の一番 14日目 玉の海(寄り切り)大麒麟
 玉の海は立ち合いに左上手を引いた。大麒麟は二本差しを狙って差し手争いとなったが、玉の海が勝って右四つに組み、慎重に構えて大麒麟の上手を切った。 そして一気に寄り立て青房下に寄り切った。 2敗の大麒麟を倒した全勝の玉の海の優勝が決まった。
・好勝負
 11日目 琴櫻(寄り切り)大麒麟

 琴櫻が右四つ左上手、右筈で寄り進み、黒房にあっさり寄り切り、大麒麟は 2敗となった…のだが、この呆気ない相撲に「八百長ではないか」と抗議が殺到した。 カド番琴櫻は10日間で 5勝 5敗であった。二所一門の同門大関なれば、想像できないこともない。翌日、両者には厳重注意、理事長は遺憾の意を表明して事は収まった。
 千秋楽 玉の海(寄り切り)北の富士
 北の富士が突っ込んで突っ張ると玉の海は左喉輪で応戦するが、北の富士が右上手を取って左四つ充分、かなり遅れて玉の海は非常に深い上手を取る。 北の富士は引きつけて西に出るが玉の海は右に振って廻り込む。廻し待ったの後、北の富士が白房に出んとするが玉の海はまた右へ振って堪え、北の富士の上手を切る。 いよいよ行司が飛び込んで水入りにならんとするところ、北の富士は右を巻き替えにいった。玉の海はその機を逃さず西に寄り切って念願の全勝優勝を飾った。
△昭和46年 9月 優勝 横綱 北の富士 勝晃 15勝 7
 北玉の争いとなったが、玉の海は 5月場所から悩む虫垂炎が巡業中に再発して入院したり、場所前には左脇腹を痛めたりでやや精彩がなく、 11日目大麒麟に敗れて 2敗となり、14日目まで全勝の北の富士が優勝を決めた。千秋楽、北の富士が得意の左四つに組むと玉は非常に苦しそうにしており、 北の富士の上手投げに珍しく手から落ちた。北の富士は 2回目の全勝優勝。玉の海の不調、全勝の北の富士の斑の大きさ、活躍力士の星の伸び悩みを見るに、この場所の内容はさほどでもなかった。
・優勝決定の一番 14日目 北の富士(寄り切り)清國
 北の富士は前場所の不調が嘘のような勝ちっぷり、逆に清國は 8勝してから負け続きである。 北の富士は立ってすぐ右上手を引いて左四つになったが、左下手を引いた清國の右おっつけは例によって強く、従って左下手が取れず左足が大きく上がりもした。 頭をつけた清國はなお猛烈に絞って喰い下がる。北の富士は右上手が切れ、両廻しとも引けなかったが、右から抱えて起こそうとし、さらに右巻き替えや右上手狙いを試みる。 そして左から煽って起こし、右を巻き替えると見せて右上手を取り、清國が右を巻き替えんとすると北の富士左おっつけで青房に走り、左を筈にして寄り切った。
・好勝負
  5日目 長谷川(寄り切り)玉の海

 時間一杯から待ったが重なり 4回目でやっと立った。玉の海は右から当たって右差しを狙うが、長谷川は猛然と突き放し、突っ張り合いとなった。 この突き合いは長谷川に分があり、長谷川は機を見て右から去なし、次いで左から強く突き放して左を入れた。しかも右上手まで充分に引いている。 玉の海は右上手が取れず、長谷川の右切り返し気味の寄りに東に後退、結局為すところなく寄り切られ、連勝は19で止まってしまった。
  6日目 貴ノ花(上手出し投げ)清國
 清國は左喉輪から右へ動いての去なし、そして貴ノ花の左に動いて左足を両腕で抱え上げた。 貴ノ花は取られた足を清國の股に入れて堪えること10秒余、清國の左を引っ掛けて右上手を取り、上手半身の恰好から寄り立て、 右上手出し投げで投げ転がした。足を取ったのに負けた清國の有名な一番。
  7日目 玉の海(吊り出し)貴ノ花
 何としても玉の海に勝ちたい貴ノ花は思い切ってぶちかます。玉の海は左喉輪右おっつけで押し返す。 貴ノ花は右下からおっつけて喉輪を外して右差し、さらにおっつけを突破して左も入れた。 さらに貴ノ花は右外掛けで横綱を攻めつけた。玉の海はややぐらつき、東に後退した。 ところが玉の海、外掛けを堪えるや抱えたまま右へ振った。貴ノ花は右外掛けで堪えようとした。 だが玉の海は構わず腹櫓で振り飛ばした。貴ノ花は絶好の体勢でも勝てず、打倒玉の海の目標は持ち越しとなったが…
 千秋楽 北の富士(上手投げ)玉の海
 突っ張り合って左四つ、玉の海は上手が取れない。北の富士は右上手を引きつけて右外掛けで攻め、東に寄り立てて右上手投げで決めた。
 横綱玉の海が10月11日急性冠動脈血栓症のため急逝した。玉の海は 5月場所中に発病した虫垂炎が夏巡業中に秋田で再発して帰京したが、 2度とも注射で散らして 9月場所を務め、10月 2日の大鵬引退披露相撲、 3日の淺瀬川引退披露相撲に出席して、 4日虎の門病院に入院した。翌日手術、退院を明日に控えた11日朝、洗面に起きた時胸が苦しいと言って倒れ、 そのまま亡くなった。前日にも苦しくなったというが、その時はしばらくすると良くなったという。 玉の海は入院中「もう最期かもしれんから写真を撮っとけ」と長谷川に言ってみたり、 「母ちゃん、もうだめだ」と母親に漏らしたりし、また病室の番号が 4階 414号室という縁起の悪い番号であったり、 また11月場所のポスターに使われた玉の海の土俵入りの写真のピントがボケているなど、 偶然らしからぬ怪談めいたことが重なっていた。
△昭和46年11月 優勝 横綱 北の富士 勝晃 13勝 2敗 8
 玉の海の急逝で一人横綱となった北の富士がよく頑張り、 7日目無理な上手投げにいって黒姫山に潰されたが、独走で優勝を決めた。 この場所はあまり盛り上がらなかったが、その責任は何といってもだらしのない大関陣にある。 4大関いて誰一人二桁勝てない。千秋楽大麒麟が北の富士を破ったが、もう手遅れだ。 玉の海が急逝したことで昭和46年の大相撲は尻すぼみで終わってしまった。
・優勝決定の一番 13日目 北の富士(肩透かし)錦洋
 錦洋が頭から当たってくるのを北の富士は受けて押し返し、左を差しての肩透かしで決めてあっさりと優勝した。
・好勝負
  7日目 黒姫山(寄り倒し)北の富士

 北の富士はいきなり左に飛んだが黒姫山は踏み止まって右筈から突き放して左喉輪右おっつけで白房に迫った。 北の富士は防戦一方だったがやっと捕まえて左四つ右上手。しかし攻めもなくいきなり自慢の右上手投げを打った。 しかし黒姫山は下手にしがみついて堪え、そのまま左を突きつけ寄り倒した。北の富士の連勝は21でストップ。
  9日目 三重ノ海(寄り切り)黒姫山
  6勝 2敗同士の好取組。三重ノ海が低く出て左前褌を狙うと黒姫山は右かち上げで押し放し、激しい突き合いから三重ノ海が右四つに組みにいった。 黒姫山はすんでのところで四つ相撲に巻き込まれるところだったが、思い直して突き放し、また押し合い動き合い。 三重ノ海の左瞼、黒姫山の額ともに切れて血が流れる。黒姫山は張られて気が遠くなったが、さらに張られて正気に返る。 攻め合いのうちに、三重ノ海が左を引き、右から攻める形に持ち込み、遂に向正面に一気に寄り切って決めた。
 千秋楽 大麒麟(掬い投げ)北の富士
 五分の立ち合いの後北の富士が右から引くところ、大麒麟は左差しから速攻の寄り、北の富士が赤房下で右首投げを打つところ、 大麒麟は首をすくめて左からの掬い投げで快勝した。
前画面に戻る