昭和47年
△昭和47年 1月 優勝 前5 栃東 知頼 11勝 4敗 1
 優勝は勿論北の富士だと誰もが思い、また大関は誰がいつ下がってもおかしくない状況であった。 批判的な輿論に対して前年暮れから協会は監察委員会設置などの改革事項を発表、初日から北の富士−琴櫻という破天荒な取組をぶつけた。 予定または予想では北の富士圧勝だった筈だが、あろうことか北の富士が押し出され、横綱崩れて 7勝 6敗で休場した。 相撲内容は良かったが星の上では大荒れ、14日目を終わって10勝 4敗が最高で、 それが琴櫻・栃東・福の花。千秋楽、 5敗力士までチャンスがあり、 4敗力士の誰かが勝った時点で 5敗の力士は帰ってよいのだが、 まず験担ぎの髭を剃ってきた福の花が敗れた。 5敗力士は足止め。琴櫻も敗れた。 5敗はまだ帰れない。かくて結び、 4敗の栃東− 5敗の清國の相撲、 栃東の出し投げの連発に清國沈み、栃東の優勝は決まった。幕内 3番目の割で 5敗を守って結びまで待たされた挙句御役御免となった若二瀬はカンカンだった。
・優勝決定の一番 千秋楽 輪島(上手投げ)福の花
             三重ノ海(引き落とし)琴櫻
             栃東(上手出し投げ)清國

 若二瀬が10勝目を挙げて待っている。さて 4敗力士の先陣を切って登場は福の花である。 6日目から 9連勝で優勝戦線に名乗りを上げた福の花、 突っ張りから右四つに組んで寄り立てた。輪島は向正面一杯辛くも堪え、逆に頭をつけた。輪島はさらに左上手から振り廻した。 この投げを残したが受け太刀になった福の花は、赤房寄りで蛇の目を掃き、惜しくも敗れて 5敗となった。輪島も10勝目である。 次の相撲で吉王山も 5敗を守った。その次に三役揃い踏みがあって長谷川も勝ち10勝目。 4敗の琴櫻が出てきたが、コチコチだった。 押して出て土俵際まで三重ノ海を詰めたが、三重ノ海は右に廻って破れかぶれの引き落とし。琴櫻は足が出ず顔を歪めて土俵につんのめり 5敗。 結びまで縺れた。栃東が敗れて清國が勝てば、両者とも 5敗となって10勝が 8人というとんでもない決定戦となる。すでに舞台裏はその準備で大童。 しかし勝負は簡単だった。栃東は立ち合い思い切って右に飛び、得意の上手出し投げを放つ。清國は前のめりでバタバタバタと泳いだが、何とか堪えて向き直ろうとした。 だが栃東は息もつかせず再度の出し投げを打った。清國はベタッと土俵に腹這いとなり、遂に栃東が単独優勝を決めた。
・好勝負
 初日 琴櫻(押し出し)北の富士

 大本命北の富士に、老大関琴櫻の一戦は初日随一の注目の取組であった。 なにしろ改革場所の初日である。ましてや八百長防止という意味を込めての取組である。北の富士としてはこの相撲ぐらい落としても楽々優勝のはずであった。 裏を返せばそれだけ八百長の危険性も大きいということであった。ところが押し合いへし合い独楽の廻し合いの末、北の富士はこの相撲を落としてしまったのである。 琴櫻の当たりは低く、左喉輪で攻め立てた。北の富士の踏み込みは悪かった。それでも弓なりになって堪え右から突き落とした。 琴櫻は一廻転した。北の富士は追って右から絞ろうとした。ところが琴櫻は左からおっつけた。北の富士は琴櫻と同じように右へ一廻転した。 しかし琴櫻と違って北の富士は土俵際、しかも充分浮き上がっていた。琴櫻はつけ入って右から押し出してしまった。
  8日目 北の富士(浴びせ倒し)貴ノ花
 北の富士は右で張って右上手、左を入れるや暴走して寄り立て、左外掛けで浴びせようとした。 貴ノ花はこれを堪えて右から上手搦み投げに逆襲する。北の富士は大きく傾いたが俵伝いに残してさらに東に寄り進み、 今度は右外掛けに浴びせた。すると貴ノ花は大きく反り返ったが、体を左に捻り、左上に上手投げのような打っ棄りのような恰好で振り上げた。 北の富士の体は南京玉簾ではないが貴ノ花の頭越しに大きく伸び上がり、貴ノ花の体が潰れると踏んでか北の富士は右手をポンと土俵に着き、 次いで貴ノ花の体が潰れた。行司庄之助の軍配は貴ノ花に上がった。物言いはすぐについた。かばい手だと言い出したのは春日野(栃錦)。 着き手を主張するのは荒磯(大豪)。他の審判は皆かばい手を主張、庄之助は貴ノ花が左に捻った切り返しであるとの主張である。 しかし審判の判断は、貴ノ花の捻りは単なる苦し紛れであって技ではないということである。延々 5分の協議で北の富士の勝ちとなった。 貴ノ花の足の形だけ見れば生き体と言えなくもないが、攻め手は北の富士であり、貴ノ花が廻しから手を離したらそのままの体勢でいられるかといえば、まず無理と考えられ、 北の富士の勝ちはまず間違いないところ。ましてや着き手かかばい手かの問題であるから取り直しはあり得ない。 寧ろ下になったら怪我を防ぐため廻しを放すのが原則であるところ、なお廻しを放さずしがみついているという点で、貴ノ花に対する評価は角界の中では減点である。 協会等には抗議が殺到したが、大部分は貴ノ花の勝ちを主張し、果ては春日野審判部長をやめさせろという過激なものもあった。 問題はこれに止まらず、庄之助は通算 4回目の差し違いということで千秋楽までの出場停止を言い渡されたのである。 これが年末の行司ストライキに対する協会の仕返しでないかという途方もない憶測が流れた。 庄之助は辞表を出し、 3月 6日に受理された。また、北の富士は神経性胃炎を起こし、さらに高血圧と腸炎で14日目から休場した。
 14日目 琴櫻(寄り倒し)清國
 琴櫻は清國の左目にぶちかました。そして左の喉輪で攻めた。清國は残して逆襲、琴櫻はグルッと廻り、清國に寄り立てられた。 琴櫻は向正面で持ちこたえて力相撲、右四つで琴櫻が頭をつけた。機を見て琴櫻が左上手投げから寄り立て、青房に遂に寄り倒した。 優勝争いの生き残りを懸けた大関の熱戦だった。
△昭和47年 3月 優勝 関脇 長谷川 勝敏 12勝 3敗 1
 北の富士が皆勤したが我慢の不足で 9勝しかできず、土俵は締まらなかった。 優勝を争った長谷川と魁傑の星が12勝 3敗であったことにもそれが現れている。 しかし決定戦はがっぷり四つの大相撲となって館内を沸かせ、 3分59秒の熱闘の末、 魁傑の外掛けを待っていた長谷川が寄り切って初優勝したが、大関は運悪く見送られた。前の山が大関を陥落した。
・優勝決定の一番 決定戦 長谷川(寄り切り)魁傑
 立ち合い長谷川が突っ張りで先制、左を差して掬うと魁傑はぐらついたが残し、がっぷり左四つに渡って動きが止まった。 長谷川は左蹴返し、魁傑は左内掛け、ともに牽制。暫くがっぷり左四つのまま動かず、 3分余り機を窺い合った。 そして魁傑が左の外掛けで出ようとしたところ、長谷川は待ち受けてはね上げ、右上手投げを打って正面に寄り切った。動きは少なかったが手に汗握る熱闘だった。
・好勝負
  7日目 貴ノ花(勇み足)北の富士

 北の富士右から張って出てすぐ左四つ、北の富士が左外掛けでそのまま向正面に詰めた。貴ノ花はしかし体をちょっと右に捻った。 もう軍配は北の富士に上がっているが、北の富士の左足が出て土俵を飛び出し、貴ノ花は倒れた。すぐ物言いがついて差し違いとなったが、 北の富士の左足が出る前に貴ノ花は既に両爪先が上がって体が死んでいた。審判黒星といったところか。
 11日目 琴櫻(櫓投げ)貴ノ花
 貴ノ花が左に変わって右から入り二本差し、吊り身に寄り立てた。 琴櫻は早くも白房に詰まった。しかし琴櫻は左を巻き替えるなり腹に乗せ、左足ではね上げて櫓投げの荒技に出ると、貴ノ花は行司溜まりに吹っ飛んで完敗した。
 12日目 前の山(下手投げ)琴櫻
 前の山は大関の座を懸けて必死、激しい突っ張りで琴櫻を攻め立てた。琴櫻は既に自分を見失っている。 前の山は左から入って両差し、琴櫻はポーッとしてしまい抱えたまま。前の山は黒房に寄り立てて右下手投げで琴櫻を転がした。 さて監察委員会が動き出した。琴櫻は序盤に躓いたが 7勝 4敗だった。負けてやるのではないかという目で見られていた。 監察委員会は「処分は両師匠に一任」、委員長花籠(大ノ海)の談話は「立ち合いは無気力だ」というもの。 攻めていって勝った前の山は翌日から休場して大関を陥落、琴櫻はそのまま出場した。しかしどう見ても立ち合いから無気力でも何でもなく、 前の山の張り手が効きすぎて一人相撲になっただけである。何のための監察委員会か、どこに目をつけているのか、理解できない処分茶番劇だった。 監察委員会設置について相撲ファンは双手を挙げて賛成したものだが、こんな委員会なら不要である。
 12日目 長谷川(寄り切り)大麒麟
 大麒麟が右から左と差してすぐ攻勢、しかし長谷川は左を巻き替えてがっぷりとした。 大麒麟が吊りに出ると長谷川は右外掛けから吊る。東に詰まった大麒麟は俵伝いに左に廻りながら右へ打っ棄る。 しかし大麒麟の右足甲が返って死体、長谷川の左足が土俵を割ったので軍配は大麒麟に上がったが、大麒麟の足が伊之助には見えず差し違いとなった。伊之助は翌日のみの出場停止処分。 稽古してないのに妙に好調だった大麒麟は 3敗、ここから崩れてまた優勝の機会を逸した。
×昭和47年 5月 優勝 関脇 輪島 博 12勝 3敗 1
 この場所元気と伝えられた北の富士は意外の不調で、なんと不眠症のため途中休場。 大関陣も相変わらずの負けっぷりで関脇の輪島が14日目に優勝を決めてしまった。 その輪島も千秋楽大麒麟に敗れて12勝に止まり、大関は前場所の 8勝もあって見送られた。 大関昇進を目指した長谷川と、大関復帰を目指した前の山は、ともに11日目で望みを失った。
・優勝決定の一番 14日目 輪島(上手出し投げ)高見山
 高見山は鋭く当たって突き放そうとしたが、輪島は左を取って右四つに組み止め頭をつけ、腰を引いて高見山に上手を与えなかった。 暫く機を見てから寄り身と見せて左上手出し投げを打つと、高見山は黒房に転げた。次の相撲、大麒麟は清國の喉輪に次ぐ引き落としに呆気なく敗れ、輪島の優勝は簡単に決まった。
・好勝負
  9日目 魁傑(反則)大麒麟

 突っ張り合って魁傑が頭を下げて出る端、大麒麟は右で思い切って叩きにいった。 ところがその右手が髷にかかった。大麒麟は抜こうとしたらしいが力を抜く訳にもいかずそのまま引いた。 それで勝負がついたならまだ反則にはならなかったかも知れないが、大麒麟はその後魁傑の髷を左手に持ち替え、続けて叩き込んだ。 これでは反則を取られても仕方がない。問題は伊之助で、軍配をどちらにも上げなかった。失態。
 千秋楽 大麒麟(掬い投げ)輪島
 まずは右四つとなり、輪島が頭をつけて左上手出し投げを連発するが、大麒麟はよく残す。 輪島はさらに右で大麒麟の膝を押さえて上手投げ、これで崩して正面に寄ったが大麒麟はよく逃れる。 なおも輪島は攻め立てたが大麒麟は必死の防戦、遂に輪島の上手を切って正面に掬い倒してしまった。 この取組は優勝決定を千秋楽に延ばそうという苦心の策だったが、前日に大麒麟が呆気なくこけたので意味を失った。しかし大麒麟の必死の相撲でどうにか盛り上がった。
○昭和47年 7月 優勝 前4 高見山 大五郎 13勝 2敗 1
 再起に向けて必死だった北の富士が右手中指脱臼で初日から休場した。初日から 5連勝した 4枚目の高見山が単独トップ、 追いかけるのが関脇貴ノ花と筆頭豊山。10日目高見山−貴ノ花の対戦があり、貴ノ花の動きに高見山が土俵を飛び出し 2敗。 しかし貴ノ花は前半相撲が悪く、 9日目黒姫山に敗れて 3敗。貴ノ花は以後負けずに懸命な土俵を務めたが、 高見山も負けないで千秋楽旭國を寄り切って悠々と逃げ切り、外国人が初めて土俵を制覇した。 大関を狙った輪島が 9日目で 5敗となり結局 8番止まり、貴ノ花とともに次場所に大関を目指す。この場所は北の富士休場の穴埋めのため、「顔触れ言上」を 8日目から復活させたが、 これは江戸の昔から続いていたものが34年 5月で廃止され、45年 1月大鵬休場の穴埋めで一時的に行われたことがあったもので、 9月以降も継続されることが決まり、時に行われない事もあるが基本的には継続されている。
・優勝決定の一番 千秋楽 高見山(寄り切り)旭國
 高見山はいち早く引っ張り込んで組み止め、さっと右上手を取って左四つ、ぐっと引きつけた。 旭國は窮して左下手投げで廻り込むが、高見山は全く揺るがず逆に青房に追い詰め、備えも万全に寄り切って初優勝を決めた。
・好勝負
 初日 魁傑(寄り切り)清國

 すぐに左四つ、清國は魁傑に 2戦 2敗の故か、先手必勝とばかり攻めた。清國得意の右おっつけから寄り立てたが、魁傑は全く詰まりながらもよく盛り返し、 右を巻き替えて右四つ、清國が頭をつけて持久戦となった。しかし魁傑は右から揺さぶって清國の上手を切り、向正面に寄り立てた。 清國は叩き、次いで右から突き落としを見せたが、力を使い果たして寄り切られた。 3分16秒の大相撲である。 この日は長谷川・貴ノ花・輪島と敗れ、そして 3大関総崩れときて記者団は大忙しだった。
  6日目 三重ノ海(外掛け)金剛
 三重ノ海はこの場所最も安定した相撲を取って好調だったが、この日朝、突如として右脇腹の激痛に襲われて救急車で病院に運ばれた。 三重ノ海はグッタリしていたが、 4時半過ぎに場所入りし、当然土俵入りは休み、準備運動抜きでぶっつけの金剛戦へと向かっていった。 三重ノ海は左変化の奇襲から飛び込んで左差しで寄り立て、金剛の右小手投げを外掛けに返して快勝した。 取組後、再度病院で精密検査の結果、急性肝炎と分かってそのまま入院、残念無念途中休場となってしまった。
 10日目 貴ノ花(上手投げ)高見山
 この場所最高の好取組となった。貴ノ花の立ち合いは素早く、サッと喰いついて高見山の右に入った。 高見山は突き放せず、それでも喉輪で攻めようとしたが突き放せる筈もない。ならばと高見山は閂で強引に出ようとした。 貴ノ花は正面で堪えて右から突き落としを見せ、右を抜いて左四つ、高見山が右上手を取って出ようとするところ、 貴ノ花は右上手投げを打って黒房に高見山を出した。これで高見山は 2敗となった。貴ノ花は 3敗で高見山を追う。
△昭和47年 9月 優勝 横綱 北の富士 勝昭 15勝 9
 北の富士が復活した。その復活振りも実に鮮やかで、他を寄せつけず圧倒的な強さで全勝優勝した。 大関を目指す貴ノ花は 3日目から 3連敗で早くも優勝争いからは後退してしまった。 同じく大関に再挑戦の輪島は全勝で 8日目北の富士と合い、一蹴された。そして10日目高見山に完敗し、 北の富士に自信を持たせた。貴ノ花と輪島は千秋楽に顔が合い、左四つの吊り合いの大熱戦で水入り、輪島が寄り切って勝った。 そして13勝の輪島・10勝の貴ノ花と、ともに大関に昇進した。
・優勝決定の一番 14日目 北の富士(上手投げ)貴ノ花
 北の富士は激しく突っ張る。そして貴ノ花が後退するとバッタリ左四つに組んだ。 上手は貴ノ花の方が早かったが、北の富士は好調に任せて前進、左下手を引きつけて右上手を取ると向正面に出ながら大きく上手投げを放った。 貴ノ花は下手投げに返そうとしたが、北の富士は体を預けてそのまま上手投げでねじ伏せて優勝を決めた。
・好勝負
  8日目 北の富士(掬い投げ)輪島

 天覧相撲用の大一番は全勝同士である。北の富士が激しく突っ張ると、輪島は頭を下げたが左四つに捕まった。 北の富士は輪島の上手を切って充分の構え、輪島の下手投げを警戒する。数呼吸あって北の富士は正面に激しく寄り立て、 右で強引に切り返しを見せた。輪島は大きくよろめいたが辛うじて堪える。しかし北の富士は両差し、西へ寄り立て、右の掬い投げで倒した。
 10日目 高見山(押し倒し)輪島
 輪島は前褌を欲しがったが顔を右に背けるお粗末な立ち合いだった。 それでも手を掛けたことはあったのだが、輪島の突っ込みが足りなかったのに加えて高見山の当たりが良かったので当然狙いは果たせなかった。 高見山は右からおっつけて左から強烈な喉輪を見せ、そのまま押し潰して圧勝した。輪島はこれで 2敗目となり、北の富士は楽になった。
 13日目 貴ノ花(吊り出し)大麒麟
 大麒麟は二本差しを狙ってきた。貴ノ花はこれに対して左から絞って逆に二本差した。 大麒麟はこれはいかんと左を巻き替えた。貴ノ花は大麒麟の上手を切った。そして充分の体勢から左へ運んで大麒麟を吊り出した。 貴ノ花は10勝、大関への目標に到達した。
 千秋楽 輪島(寄り切り)貴ノ花
 突っ張り合いからがっぷりの左四つに渡り合い、吊り合いを経て輪島が下手投げから寄り立てた。 貴ノ花はこれを残してグイグイと吊り合い寄り合いの角逐を演じた。そのうちに両者の廻しが緩み行司待った。 再開後も同じように吊り合い寄り合いで観戦の皇太子一家にも手に汗握らせた。かくて水が入る。 開始の合図がかかるや輪島は右を巻き替えて両差し、すぐさま向正面に吊る。貴ノ花は必死に堪えて左を巻き替える。 しかし輪島は下手投げからまたも右を巻き替え、グイグイ寄り立て赤房に寄り切った。 4分に垂んとする激闘であった。
△昭和47年11月 優勝 大関 琴櫻 傑將 14勝 1敗 3
 新大関のうち貴ノ花は前半で 4敗し、輪島も中盤で 2敗、 輪島は12日目からの連敗で脱落し、優勝争いは久方ぶり復調の大関琴櫻が 1敗、 横綱北の富士が 3敗という形で、14日目琴櫻が優勝を賭して北の富士と対戦、 圧倒的な強さで優勝を決定した。千秋楽も勝って14勝 1敗。琴櫻の優勝は、苦手と当たっていないという幸運があったとはいえ、 新大関誕生の刺戟を多分に受けたものである。さて他の古参上位陣は、清國は脚の不調で初日から 3連敗したのに 4日目北の富士に勝ち、 脚も良くなって10勝していた。他方大麒麟も10勝したが稽古不足が出て内容は悪かった。 北の富士は10日目高見山に潰されたのが痛かった。
・優勝決定の一番 14日目 琴櫻(押し倒し)北の富士
 僅か 5秒ながらこんな凄まじい優勝決定シーンは他にあるまい。 琴櫻は左喉輪右おっつけで物凄い顔をして北の富士を押しまくった。北の富士は左差しを狙ったが、 はねっ返されて弓なりになってしまった。それでも少し東に下がっただけではあったが、なにしろ腹より頭が下にあるような弓なりではどうにもならず、 頭っからドーンと押し倒されてしまった。琴櫻は絶好の押しの形で優勝を決めた。
・好勝負
  4日目 清國(寄り切り)北の富士

 清國は初日から 3連敗という惨状。北の富士は前場所以来勢いに乗っている。しかしこの日の北の富士は雑だった。 北の富士は右から張って右上手充分となったが、いきなり投げを打った。しかし北の富士の特徴である鋭い投げではなく引きずり投げ。 清國は土俵際まで振られたが下手投げで堪えた。北の富士は崩れた。清國は右から大得意のおっつけで一気に白房に攻め込み、そのまま寄り切った。 北の富士の連勝は18でストップ。 4日目は輪島が連敗、貴ノ花も敗れる大波瀾だった。
 13日目 福の花(寄り倒し)輪島
 福の花は膝に水がたまって不調続き、 5月は小結で 9敗、 7月は 2枚目で11敗、 9月になって 6枚目で12敗。 番附編成会議では一旦幕内から落とされた福の花であったが、審判部長の高砂(朝潮)の話によれば、清書の段階で再度多数決を取り、 努力を買って幕に残したのだという(よほど急いで決められたものか、番附を見たら「福ノ花」と書かれていた)。 そうしたらこの場所の福の花は、膝の調子も良くなって初日から 9連勝の離れ業をやってのけ一時は単独トップに立つという活躍振りであった。 3連敗して迎えた13日目は、同じ 3敗の新大関輪島戦である。輪島は左から入ったが、福の花は気合を乗せた左喉輪攻めを見せて輪島を仰け反らせた。 福の花はその機を逃さず得意の右四つに組み、両廻しを引きつけて西に寄り立てた。輪島は懸命に堪えて右へ打っ棄ろうとしたが、福の花の預けがよく、重ね餅となった。 福の花は素晴らしい気魄で新大関を打倒し10勝目、千秋楽にもう 1勝して11勝 4敗、堂々 6度目の敢闘賞である。高砂審判部長の安堵感も大きかった。
前画面に戻る