昭和48年
△昭和48年 1月 優勝 大関 琴櫻 傑將 14勝 1敗 4
 優勝争いは依然好調の大関琴櫻と、初日に土をつけたが 1敗で追いかける大関輪島の争いとなった。 この両者は11日目に対戦、琴櫻が押し倒して勝ち全勝を守ったが翌日福の花に投げられて初黒星。 この日輪島も敗れて 3敗。北の富士もこの日に敗れて 3敗となり、14日目琴櫻が黒姫山を寄り切って連続優勝を決定。 千秋楽、横綱を懸けて北の富士と対戦して圧勝し14勝目を挙げ、北の富士が調子を落としていることもあって横綱に推された。 表彰式で名物のデビッド=ジョーンズ氏がトロフィーを担いだまま仰向けに倒れるおまけがあった。
・優勝決定の一番 14日目 琴櫻(寄り切り)黒姫山
 互いに低い迫力ある当たり合い。黒姫山は上突っ張りを見せたが琴櫻は当たり勝って左上手、右も差す。 この引きつけが非常に強烈で黒姫山の体は起きた。琴櫻は一気に正面に攻めて右筈で寄り切り連続優勝を決定した。
・好勝負
 初日 北の湖(上手投げ)輪島

 輪島が左前褌を狙ったが北の湖は突っ張り、なおも輪島が下手にこだわると北の湖嫌って右から去なし、 さらに突っ張る。輪島は突き負けて頭を下げ左半身で下手を取ろうとすると、北の湖はそれより早く右上手、 輪島は下手を取るや安易に下手投げにいった。北の湖は堪えて白房で上手投げを打ち返し、投げの打ち合いになったが輪島が早く吹っ飛んだ。
 11日目 琴櫻(押し倒し)輪島
 全勝の琴櫻と 1敗の輪島の対戦、この場所の大きな山と注目された一番だった。 輪島が左前褌を掴んだが、琴櫻は徹底して右おっつけ左喉輪で攻め立て向正面、一方的に押し倒し圧勝した。 輪島は取った筈の下手をおっつけで切られ、腰が浮いて為すところがなかった。
 12日目 福の花(下手投げ)琴櫻
 琴櫻は緊張していた。立ち合いは慎重で、得意のぶちかましがなかった。福の花は右からかち上げて右四つに組んだ。 琴櫻も上手を取って上手投げを打った。しかし攻めが続かない。福の花は正面に攻め立てる。琴櫻は反撃しようとして右足が流れ、福の花の下手投げで横転、遂に黒星をつけられた。 琴櫻の連勝は18でストップ。この日は北の富士も輪島も負けて優勝候補は総崩れ。
 千秋楽 琴櫻(押し出し)北の富士
 立ち合い北の富士右上手を狙うがその前に琴櫻が右おっつけ左喉輪でグイグイ押し上げ、 北の富士が反りながらもいったんは押し放したが、琴櫻はなお左喉輪から突き放し、そのまま突き進んで青房に押し飛ばして圧勝、14勝目を挙げて横綱を確実にした。
△昭和48年 3月 優勝 横綱 北の富士 勝昭 14勝 1敗 10
 新横綱琴櫻は硬くなって13日目に 4敗。一方北の富士は好調、やや不安定な相撲であったが豪快な強味と右上手投げが冴えて星を伸ばす。 輪島は 4日目高見山に敗れたが 1敗で14日目、北の富士−輪島の一番を迎えた。 逆転優勝のためには落とせない輪島、この一番で10回目の優勝が決まる北の富士、 この大一番を北の富士は寄り切って制し14連勝で優勝決定。千秋楽、 4回目の全勝を目指して琴櫻と対したが、 そこは琴櫻、新横綱の意地を示して左四つから白房に吊り出して北の富士を破った。
・優勝決定の一番 14日目 北の富士(寄り切り)輪島
 北の富士は猛突っ張りから叩いて泳がせ右上手を取り左四つ、引きつけて寄り、右外掛け、右上手投げと矢継ぎ早に攻め立て、 輪島が堪えるとさらに上手投げから右の外掛け、輪島は左下手一本で掛け投げに返すが、 北の富士残して持久戦ののち北の富士が上手を引きつけ、上手投げで崩して青房に輪島を寄り切り、大相撲を制して優勝回数を二桁にした。
・好勝負
  9日目 北の富士(突き出し)旭國

 旭國が頭を下げて当たり前褌を狙ったが、北の富士は右から突いて左のかち上げ、 これで旭國は東に吹っ飛んだ。北の富士は勢い込んで攻め立て、三突きで豪快に突き出した。 調子に乗った北の富士には手がつけられない。
 千秋楽 琴櫻(吊り出し)北の富士
 北の富士が突っ込むところ琴櫻左に変わって左四つ、一呼吸の後グイとばかり吊り上げて白房に吊り出した。 琴櫻は新横綱の意地を見せ北の富士の全勝を阻んだ。
×昭和48年 5月 優勝 大関 輪島 大士 15勝 2
 北の富士・琴櫻ともバラバラで早々に脱落。験担ぎに髭を伸ばす輪島が好調でもないのに独り星をも伸ばす。 そして13日目琴櫻、14日目北の富士を破り、千秋楽清國を寄り切って難なく全勝優勝。 輪島は横綱を掌中にした。清國は 9勝 1敗と好調だった11日目、新入幕の鷲羽山に送り出される大失態を演じてしまったが、 11勝を挙げて善戦した。中国巡業直後の場所で内容も散々、「出し殻場所」とまで書かれる始末だった。
・優勝決定の一番 14日目 輪島(下手投げ)北の富士
 北の富士が突っ張って叩いたが、輪島はつけ入って左差し右から絞る得意の体勢、 北の富士が上手を欲しがると輪島は下手投げ、北の富士は外掛けにいったが上手が取れなくては効き目がなく、はね上げられて横転した。
・好勝負
 11日目 鷲羽山(送り出し)清國

 新入幕の鷲羽山は好調、ここ 2日間連敗しているが 8勝 2敗で大関戦を迎えた。 しかも相手は 9勝 1敗の大関清國である。清國が左から引っ張り込もうとするところ鷲羽山右の去なし、 清國が残して挟みつけつつ押して出ると鷲羽山俵伝いに正面から西、白房まで逃れ、 さらに出てくる清國を左から去なして後ろにつき、送り出した。新入幕が大関を倒した痛快な一番。
◎昭和48年 7月 優勝 横綱 琴櫻 傑將 14勝 1敗 5
 大関を狙う関脇の大受と横綱北の富士、琴櫻が好調、新横綱輪島は初日の土俵入りでポカをやり、中盤で 2敗して脱落した。 大関狙いの大受は 2日目琴櫻、12日目輪島に敗れて13勝 2敗、しかし押しの形の良さと 3日目北の富士を破ったことが評価されて、 史上初の三賞独占で大関に推された。両横綱はそれ以上に好調で、14日目全勝の琴櫻と 1敗の北の富士の対戦、 琴櫻勝てば優勝の一番だったが、北の富士二本差しから右下手投げで勝ち両者 1敗となる。 千秋楽北の富士は大麒麟を得意の外掛けで倒せば、琴櫻は輪島を圧倒して押し出し、 両者14勝 1敗で決定戦となった。決定戦は琴左差し右おっつけで進み、北が逃げるを西へ寄り切って横綱初、通算 5回目の優勝を飾った。
・優勝決定の一番 決定戦 琴櫻(寄り切り)北の富士
 北の富士が右前褌を狙ってくると琴櫻は左前褌を狙って左を差し、 右から強烈におっつけた。北の富士は上手が取れず腰が伸び、そのまま西土俵に寄り切られた。 琴櫻は圧勝で 5回目の優勝を飾った。
・好勝負
  3日目 大受(押し出し)北の富士

 当たった大受が左喉輪、北の富士がそれを外して左差し、右も入れようとすると大受は左筈、 北の富士は一度押し返し左へ飛んで右から叩いた。しかし好調大受は落ちずどんどん突き進んで白房に押し出して完勝した。
  6日目 三重ノ海(寄り切り)輪島
 三重ノ海は 1回待った。今度は輪島がやや立ち遅れ、三重ノ海は鋭い突っ込みから右でおっつけて左前褌を引きつけ東へ出た。 輪島は上体が浮き、廻り込もうとしたが為す術なく寄り切られた。三重ノ海の快勝、輪島の連勝は21でストップ。
  6日目 北の富士(突き倒し)長谷川
 北の富士は得意の左かち上げを一発。長谷川はこれでたまらず横向きとなり、 自らヨロヨロと西土俵を出てしまい、突然土俵に倒れてしまった。長谷川はかち上げを受けて脳震盪を起こしたもので、倒れたのを見た北の富士もさぞや慌てたろう。
 14日目 北の富士(下手投げ)琴櫻
 琴櫻頭で当たったが北の富士が二本差しに成功、西に寄ってから右下手投げを打つと琴櫻は横転して両者 1敗で並んだ。
×昭和48年 9月 優勝 横綱 輪島 大士 15勝 3
 北の富士は10日目勝ち越した相撲で負傷し休場。また新大関大受も途中休場。 琴櫻も連敗スタートで始まって14日目には新入幕の大錦に金星を配給するという32年振りの大椿事。 この大錦に負けた貴ノ花はじめ締まらない大関陣を後目に輪島が圧倒的な強さを見せて全勝優勝した。 三役力士 4人(上記 2人に加えて大麒麟と旭國)の休みのせいで12日目の取組編成は 3度の割り返しがあった。
・優勝決定の一番 13日目 輪島(小手投げ)富士櫻
 富士櫻は威勢良く突っ張ったが、その 4発目の右腕を輪島は左小手投げ一振りで投げ飛ばしてあっさり優勝を決める。
・好勝負
 13日目 大錦(寄り切り)貴ノ花

 大錦は新入幕で絶好調である。立ち合い大錦は得意の左前褌を取り、右からおっつけて得意の左前への寄り。 貴ノ花は右上手を取って上手投げにいこうとしたが、大錦はどんどん出て正面に寄り切ってしまった。
 14日目 大錦(寄り切り)琴櫻
 翌日は横綱に当てられた大錦、左から踏み込んで前褌を取った。 琴櫻は大錦の左肩にぶちかまして右から自慢のおっつけを見せたが、大錦の下手は切れないどころか二本差しまで許してしまい、 気づいた時にはもう東に寄り切られていた。大錦独特の左寄り身は横綱をも堂々と破ってしまった。
 千秋楽 清國(上手投げ)大錦
 三賞独占の大錦は千秋楽清國と対戦。清國は 5月に新入幕の鷲羽山に負けただけに汚名返上を懸ける。 清國は右から張って左を入れ、自慢の右おっつけで攻め込み突き落とす。これは大錦残して得意の左を取ったが、 清國なおも休まず右上手を引き、左四つから寄り立てて大錦が堪えると怪力を振るって上手投げ一発。 これで大錦はゴロッと転がされた。清國は11勝目、この時ほど清國が強く見えたことはないとまで言う人もあるが、思えばこれが清國最後の白星であった。
×昭和48年11月 優勝 横綱 輪島 大士 12勝 2敗 1休 4
 存在価値のない大関陣、振るわない琴櫻、左足親指を痛めて崩れた北の富士。 輪島だけが元気に連勝を伸ばす。しかし12日目貴ノ花を右四つから吊り出した相撲で、 右手の人差し指と中指の間を裂傷した。それでも連勝中の輪島は失礼にも13日目北の富士戦に出てきた。 だが北得意の外掛けに完敗して休場。だというのに周りの崩壊振りは言語を絶し、輪島は優勝をさらう。 6日目北の富士の左足親指を踏みつけ浴びせ倒した北の湖が11日目まで 2敗で輪島を追いかけていたが、 12日目に富士櫻に敗れて左足首を骨折、休場こそしなかったものの 5敗となり、もしこの怪我がなかったらと思われた場所でもあった。
・優勝決定の一番 12日目 輪島(吊り出し)貴ノ花
 当たり合って貴ノ花が突っ張ると輪島も突き返し、左に動いて上手下手を取り右四つ、貴ノ花に上手をやらず数呼吸して横吊りに東へ運んで吊り出した。 しかしこの相撲で輪島は突っ張ったときに右手人差し指と中指をの間を 3cmも裂いた。翌日も出てきたものの完敗したが、その前に 3敗が全て消え優勝が決まってしまった。
・好勝負
  6日目 北の湖(浴びせ倒し)北の富士

 左四つにはなったが北の富士は上手が取れず、機を見て下手から捻った。 しかし残された上に体の開きが悪く、おまけに左足を踏まれて足が縺れ、尻から転倒してしまった。 逆に北の湖はこの勝ち相撲で一層調子づいた。
 千秋楽 北の湖(下手投げ)大麒麟
 北の湖は左肩から当たって左下手、大麒麟も右上手。北の湖は右から絞って横褌を取り、左を深くして寄り立て、 大麒麟が残るを右から捻って左下手投げに大関を転がし、負傷に耐えて10勝に到達した。
前画面に戻る