昭和49年
○昭和49年 1月 優勝 関脇 北の湖 敏満 14勝 1敗 1
 優勝候補一番手の横綱輪島は初日北の湖に右上手を引きつけられて完敗した。北の富士も初日から崩れ大負けして休場。 富士櫻は 2日目輪島を叩き込み、 4日目には琴櫻をも叩き込んで 3横綱総なめを果たした。 輪島を破った北の湖は足首骨折が直らず、突っ張りから体当たり右前褌に改めたところが大当たり、 8日目大関貴ノ花に圧勝、11日目魁傑の上手投げに屈したが、千秋楽三重ノ海を吊り上げて寄り切り、 2敗で追っていた輪島を振り切って初の優勝、場所後大関に昇進した。休場中の清國が 7日目引退。
・優勝決定の一番 千秋楽 北の湖(寄り切り)三重ノ海
 三重ノ海が巧みに左下手右横褌を取った。北の湖は左下手一本で下手投げから右上手も肩越しに取った。 北の湖ここでグイと吊り上げて正面に運んだ。吊り切れず下ろしたかに見えたが三重ノ海の右足が僅かに踏み切り、北の湖の初優勝が決まった。
・好勝負
 初日 北の湖(寄り切り)輪島

 差し手争いから北の湖が左下手右上手、輪島は左下手を取ると右から攻めぬまま立ち腰で下手投げ。 これは一重廻しが伸びて効かず逆に北の湖に赤房に出られる始末。輪島は残して左下手を取り直し下手投げを打とうとしたが、 北の湖はすぐに体を寄せて上手を深くし腹を突きつけ、土俵際で廻しを放して腕を押して詰めも万全、白房に寄り切った。
  4日目 富士櫻(叩き込み)琴櫻
 琴櫻はぶちかまして左喉輪右おっつけで出ようとしたが富士櫻突っ張る。 横綱構わず出るが富士櫻右喉輪で押し返す。琴櫻なおも押し返そうとするが富士櫻喉輪で阻み、横綱の足が揃い加減になったところを右に去なして叩き込み、 3横綱を全て破った。
  8日目 北の湖(寄り切り)貴ノ花
 貴ノ花は右に立って上手を取り、北の湖に上手をやらない体勢となった。 北の湖は貴ノ花の上手を切ろうとしたが切れない。貴ノ花は吊る。しかし北の湖は乗じて黒房に寄り、右上手を取った。 こうなってはもう北の湖のもの、体力を利して攻勢、そのまま突き飛ばした。
×昭和49年 3月 優勝 横綱 輪島 大士 12勝 3敗 5
 新大関北の湖の出足が鈍く10日目で 3敗したが、輪島の相撲もこれまた悪く、 12日目北の湖に寄り切られこちらも 3敗。この時点では貴ノ花も 3敗であった。 北の富士は全休、前場所左膝を痛めた琴櫻は脆くも 8勝止まり。優勝争いは13日目から北の湖が、 14日目から貴ノ花が各々 2連敗、輪島が労せず 5回目の優勝を遂げた。元大関前の山が引退した。 この場所は若い 3力士の優勝争いで大阪の相撲ファンは喜んだが内容はさほどでもないどころか甚だ悪かった。
・優勝決定の一番 千秋楽 輪島(寄り倒し)琴櫻
 琴櫻の突進に対し輪島は左に逃げて小手投げ、左差し右絞りの体勢に持ち込んで東に寄り倒した。 この場所の内容のなさを象徴する惨憺たる一番。
・好勝負
  8日目 高見山(寄り倒し)輪島

 輪島は立ち合いに左を入れて右でさほど攻めないうちに下手投げで揺さぶる。 高見山は右上手を引きつけて残したが、輪島は右を入れて両差し、そして青房に吊って出たが高見山上手の引きつけ充分に残す。 輪島はさらに下手投げを打ったが高見山は喰わない。輪島の廻しが緩んで締め直し、再開して高見山が出ようとするところ輪島は右で絞って下手投げを打った。 ところが高見山の引きつけが強くて輪島はよろけ、そのまま正面に寄り倒されてしまった。 輪島は絞りが甘く効かないうちに下手投げを打つことが増え苦戦の原因となった。
 14日目 輪島(内掛け)貴ノ花
  3敗同士の貴輪戦。貴ノ花が左下手を取って右から絞る形になったが輪島は右上手を引いた。輪島は吊り身に出ようとしたが貴ノ花に両差しを許して慌てる。 貴ノ花はこの体勢から右で外掛けにいった。ところが輪島が右で肘を押し上げていたため外掛けは効かず、 輪島は河津掛けから内掛けに返して貴ノ花を潰してしまった。
×昭和49年 5月 優勝 大関 北の湖 敏満 13勝 2敗 2
 北の富士がまたも全休、琴櫻も 3連敗で休場、貴ノ花も 3敗して肝炎のため休んだ。輪島は序盤で連敗、 終盤で 3連敗と気の抜けた土俵を展開、北の湖が14日目、大関陥落の瀬戸際に立たされた大受を押し出して優勝を決定。 大受は大関を 5場所で陥落した。優勝の北の湖は千秋楽輪島に敗れ13勝 2敗。 この場所の北の湖は序盤勢い任せの勝ち方で今一つ評価は良くなかったが、中盤以降の出足は鋭く、内容は尻上がりだった。 また、北の湖と終盤まで並走したのが増位山で、「三保ヶ関場所」とまで言われた。
・優勝決定の一番 14日目 北の湖(寄り切り)大受
 大受は当たってすぐ右突き落としの奇襲をかけたが北の湖構わず突っ走りあっという間に向正面に追い詰め、 休まず左を覗かせ右筈から押し出して圧勝し、優勝を決めた。
・好勝負
  3日目 旭國(とったり)琴櫻

 琴櫻が頭で当たって押すが、旭國は琴櫻の右手を手繰ってとったり。 そんなに強烈でもなかったが琴櫻は両手からバッタリ。 3連敗で休場し、翌場所前に引退した。
  4日目 増位山(上手出し投げ)輪島
 輪島が立ち合いに焦って突っかけを繰り返し、 3回目に合った。 輪島はすぐに左を差したが、増位山は喰い下がる。輪島は右上手を取れず、絞りも効かず、 左切り返しから右で胸を押し白房に出て割り出そうとした。増位山はスーッと下がった。輪島は決まったものと気を抜いた。 その瞬間、増位山は右から上手出し投げを打った。輪島はあっという間もなく左横倒しに土俵下に墜落、騙された輪島、大逆転負け。
△昭和49年 7月 優勝 横綱 輪島 大士 13勝 2敗 6
 場所前に琴櫻が引退、 2連敗の北の富士も引退した。北の湖が11連勝と独走、 輪島は11日目に 2敗となった。12日目北の湖が貴ノ花に吊り出されて土がつくがまだ差が 1つある。 千秋楽輪島−北の湖の大一番を輪島が制して13勝 2敗の決定戦となる。決戦も輪島が勝って逆転で 6回目の優勝を飾った。 北の湖が史上最年少の横綱昇進を果たす。
・優勝決定の一番 千秋楽 輪島(下手投げ)北の湖
         決定戦 輪島(下手投げ)北の湖

 連覇と横綱を目指す北の湖だが、気が逸って 2度突っかける。 3度目に立ち、北の湖は右上手、 輪島は左下手を取って右から絞る。北の湖はその絞りを突破しようと強引に向正面に寄って右の外掛け。これはあまりにも無謀で、輪島は待っていたかのような左下手投げ。 北の湖はゴロリと転がって追いつかれた。決定戦は輪島が狡猾な立ち合いから左下手、 北の湖はそれをおっつけ、輪島はすぐさま右を巻き替える。北の湖が左をねじ込むと輪島は下手投げの誘い。 北の湖は力に任せて正面に寄る。輪島はまた得意の下手投げ、北の湖は外掛けに掛け倒そうと右足を出すが、その前にでんぐり返っていた。
・好勝負
  2日目 大受(押し出し)北の富士

 大受が突進すると北の富士は左を差して受けたが腰が伸びた。大受は左筈で押し進み、北の富士が左へ左へ逃げるを追って右からも絞って白房に押し出した。 北の富士はこの相撲を最後として引退した。
 12日目 貴ノ花(吊り出し)北の湖
 北の湖当たって左四つ、上手が取れぬまま力任せに攻め込み、土俵際に追い詰めて右上手を取った。 しかしこの瞬間に両褌充分の貴ノ花はフッと吊り上げて吊り出してしまった。北の湖はちょっと安心したその瞬間にやられた。
△昭和49年 9月 優勝 横綱 輪島 大士 14勝 1敗 7
 初日新横綱北の湖が金剛に喰い下がられて寄り切られ、 2日目には輪島が大錦の寄りに屈した。 北の湖は立ち直ったかに見えたが11日目高見山に寄り切られて 2敗。14日目 1敗の輪島が貴ノ花を吊り出し、 北の湖が龍虎に突き落とされて輪島の連覇が決まった。千秋楽の横綱対戦は輪島が勝った。
・優勝決定の一番 14日目 輪島(吊り出し)貴ノ花
 すぐに左四つ、輪島が右上手充分。貴ノ花は右から絞って寄るが、輪島は寄り返す。 輪島は下手も引きつけると、横吊りに吊り上げ、青房に吊り出して完勝してしまった。 次の一番に北の湖が負けてしまい輪島の優勝は呆気なく決まった。
・好勝負
 初日 金剛(寄り切り)北の湖

 北の湖は両手突きから金剛が右を差すのを抱えて右喉輪で東に突っ走った。 金剛は右に廻り込んだが北の湖なお突っ張った。金剛は下からはね上げながら右を入れんずる。 北の湖は再度左から抱えて右喉輪で青房に割り出さんとしたが、金剛が右前褌を取ったもので攻め切れず、 金剛が左に逃げて頭を下げ、左四つになった。北の湖は左下手はどうにか掴んだものの右では抱えるだけ。 金剛は左下手を取り、肘を張る。北の湖は下がりながら苦し紛れの左下手投げ、 金剛ここぞと出て東に寄り切った。新横綱初日に土。
 11日目 二子岳(引き分け)三重ノ海
 左四つから、二子岳が下手投げで頭をつけ、三重ノ海は右に上手を取って寄るが決まらず、 動かず水入りとなる。再開後は二子岳が攻勢、強引に左の外掛けで攻めるが三重ノ海は残して土俵際から寄り戻して左四つ。 二子岳の左肩から鮮血が飛ぶが、動かず水入り 2番後取り直し。今度は二子岳が左から蹴手繰りにいったが三重ノ海が素早く左を開いたので大きく空振り、 結局三重ノ海は右上手、二子岳は左下手で右から絞る半身の恰好のまま長引いて水入り。今度は三重ノ海が寄るも二子岳が動かず、疲れて動けず引き分けとなった。 合計12分59秒。幕内の引き分けは38年 9月千秋楽の大晃−若ノ海以来(大晃はこの相撲が最後の一番だった)のことであった。 二子岳−三重ノ海戦後、通常 3分の仕切りが 1分から 1分30秒に縮められ、実に慌しかった。
○昭和49年11月 優勝 小結 魁傑 將晃 12勝 3敗 1
 初日、輪島がまずい立ち合いから慌てたところ若三杉の外掛けに倒れ、中盤崩れて 9勝に止まった。 北の湖は 2日目金剛に今度は外掛けで敗れ、 7日目には魁傑の上手投げに敗れた。千秋楽を迎えて、 3敗であった若三杉は 2日続きの完敗。魁傑は勝って 3敗を守る。結び北の湖は輪島の切り返しにあえなく転がって 3敗となり決定戦となった。 決定戦、魁傑−北の湖は魁傑が横綱を破って小結で初優勝を得た。 大関大麒麟が 3日目の白星を土産に引退。
・優勝決定の一番 決定戦 魁傑(突き出し)北の湖
 北の湖は左からかち上げて喉輪から突っ張ったが魁傑は右から押し上げ左筈、北の湖はまともに引いた。 魁傑はそのまま出て突っ張り、右喉輪を効かせ西に突き出して横綱を破り、初優勝を遂げた。
・好勝負
 初日 若三杉(外掛け)輪島

 輪島は例によって手を出してから左下手を狙ったが若三杉が頭を下げて差し手争いに勝ち両差し、 輪島は大いに慌てて右上手から振ろうとしたところ、左下手の若三杉は左から外掛け、見事に決まって輪島は横転した。若三杉の株が大いに上がった一番である。
  8日目 魁傑(寄り倒し)貴ノ花
 魁傑は前日北の湖に快勝している。この日の魁傑は、五分の立ち合いから左を差すや一気の突進を見せた。 貴ノ花はこれを右にかわして右上手投げを打とうとしたが、魁傑の勢いの前に腰が砕けた。 魁傑は左差し手を返して体を預けると、貴ノ花は崩れ落ちた。魁傑は 1敗同士の対戦に完勝して好調な土俵を続ける。
  8日目 北の湖(上手投げ)若三杉
 北の湖が右上手を早く取ってがっぷりの左四つとなったが、北の湖が出ようとするところ若三杉は下手から捻って阻む。 北の湖は泳いで危なかったが、辛うじて残す。しかし横綱は攻めが止まり、若三杉は上手投げで脅かす。 北の湖は開き直ったかやけっぱちか、正面へ、或は西へ、或は赤房へと、吊り寄りで強引に攻め立てる。若三杉はこれを左外掛けで防ぐこと数度。 だが体力に勝る北の湖は無理矢理青房に攻め立て、右上手投げで仕留めた。
 12日目 金城(一本背負い)玉ノ冨士
 玉ノ冨士が突いて出ると金城は右からおっつけて去なし、右おっつけ左喉輪で赤房に押し込んだ。 玉ノ冨士は左で二の腕を押さえ、右を入れようとしながら右に廻り込む。金城は追うこともせず下がると玉ノ冨士の右を引っ担いで一本背負い、 やや横向きだったが決めてしまった。金城も頭から落ちて物言いがついたが、玉ノ冨士の体は当然ないので成立しなかった。 金城はこんな大技でも名を残したが、その後もちょっと不利になるとすぐ担ごうとするため非難囂々、この半端さが祟って相撲自体も伸びなかった。
前画面に戻る