昭和50年
△昭和50年 1月 優勝 横綱 北の湖 敏満 12勝 3敗 3
 初日輪島が麒麟児の右変化にバッタリと倒れて土。 2日目貴ノ花は打っ棄り及ばず右足が出て旭國に寄り切られ 1敗。 輪島は 8日目以降崩れて 5敗となり、貴ノ花は10日目には 3敗となった。 北の湖は11日目までは圧倒的な強さを見せて全勝で驀進したが12日目から弱い横綱に変貌してしまい連敗。 14日目、 3敗の貴ノ花との対戦に北の湖は優勝を懸け、熱戦を制して優勝を決めた。 しかし千秋楽またも輪島に敗れて12勝止まり。優勝争いに絡んだ貴ノ花を千秋楽に破った魁傑が大関に昇進。 この場所は15日間全て満員札止めだった。蔵前国技館の時代における東京場所では年 6場所制以降この場所にしかなかった記録である。 2日目、行司筆之助は富士櫻に栃東ごと押し出されて脳震盪で昏倒、控えの与太夫が勝ち名乗りをあげた。
・優勝決定の一番 14日目 北の湖(上手投げ)貴ノ花
 横綱から突っ張って出てさらに右へ動いて叩く。貴ノ花は大いに泳いだが立ち直って飛び込み左四つとする。 そして東土俵で右から上手投げを打つと北の湖は土俵に詰まったが青房下で俵伝いに廻り込み、 上手を引きつけ左を返して正面に逆襲した。すると貴ノ花は腰が崩れて土俵に落ちかけたが立ち直り、土俵を背にして左から外掛け、さらに左下手投げで逆転を図った。 横綱は左足一本でちょっとぐらついたが、その左足で少し飛んでさらに踏ん張るや右上手投げの強襲。さしもの貴ノ花もこれは堪えられず一瞬早く正面土俵下に吹っ飛んで、北の湖の横綱初優勝は達成された。 館内熱狂、見応えのある大一番だった。
・好勝負
 初日 麒麟児(叩き込み)輪島

 輪島は右手を出して探りながらの立ち合いだが左踏み込みが悪く、 麒麟児が右に変わると輪島はいとも簡単に転んでしまった。
 12日目 三重ノ海(寄り切り)北の湖
 両者突っ張り合いから三重ノ海が北の湖の左腕を手繰ると北の湖は慌て、 さらに三重ノ海が飛び込んでから蹴返しの奇襲に出ると横綱なお慌てる。三重ノ海は左差し右上手充分の体勢で喰い下がり、 右で抱えただけの横綱を棒立ちにさせ、三重ノ海は絶好の体勢からグイグイ出て体を預け堂々寄り切った。
 千秋楽 魁傑(寄り切り)貴ノ花
 大関を狙う魁傑は 7日目で 4敗となり絶望視されたが、その後勝ちっ放して千秋楽に大関を相手に迎えた。 魁傑は気合充分に突き立て、貴ノ花は反りながらも東から正面に逃れ右四つに飛び込んだ。 すぐさまがっぷりから貴ノ花が吊ろうとすると魁傑は堪えながら左外掛けにいこうとし、貴ノ花が上手をきろうとするのを魁傑は許さず、 右下手投げから左を巻き替えた。貴ノ花も巻き替えて左四つがっぷり、揉み合ううちに魁傑が鼻血を出して手当て。 再開後、貴ノ花は意を決して上手から吊って出たが、魁傑は土俵際体を入れ替えて黒房に猛然と寄り切った。魁傑は11勝目を挙げ大関を確実とした。
△昭和50年 3月 優勝 大関 貴ノ花 健士 13勝 2敗 1
 輪島が 3連敗して休場。土俵は 6日目までは大峩が連勝したが、 10日目終了時点において 1敗で残った北の湖と貴ノ花に絞られる。 北の湖は初日黒姫山に敗れ、 4日目貴ノ花は荒瀬の外掛けに倒れた。14日目北の湖が魁傑の小手投げで 2敗。 千秋楽、北の湖−貴ノ花は左四つ右上手から北の湖が強引に上手投げで振るい飛ばして決定戦。 決定戦は本割と同じ体勢かと思ったが北の強引な吊りと上手投げを残した貴が二本差して寄り切って悲願の初優勝を飾った。 貴ノ花個人人気で大いに盛り上がったが、この場所は貴ノ花の気合で持ったようなものだった。
・優勝決定の一番 千秋楽 北の湖(上手投げ)貴ノ花
         決定戦 貴ノ花(寄り切り)北の湖

  1敗貴ノ花は最難関たる北の湖戦を突破して悲願の初優勝を決めたいところ。 横綱は立ち合いやや右に立って上手を取り、左からは挟みつけ、さらに下手を引いた。貴ノ花は右で横綱の下手を切ろうとしたが成らず。 横綱は寄って出て左下手投げを打つと貴ノ花は堪えて土俵中央に戻る。横綱はなお攻め立てて向正面で強引に上手投げ、吹っ飛ばして貴ノ花を破り、決定戦に持ち込んだ。 休憩の後の決定戦は、北の湖が突っかけると貴ノ花も突っかけるという、当時としてはよくあったこととはいえ非常に見苦しい駆け引きの後、 3度目で立って北の湖が同じように右上手を取る。貴ノ花は左から入って右も差そうとしたがこれは駄目。 北の湖は正面に下がりながら無理矢理の上手投げ。貴ノ花は巧く足を送って残して右も入れ、そして左を深く、右を浅くして引きつけると横綱は棒立ち、 貴ノ花は西にグイグイ寄り立て、ついに寄り切って初優勝を果たした。
・好勝負
  3日目 増位山(内掛け)輪島

 輪島が立ち合いとんと踏み込まず、そこへ増位山素早く飛び込んで左右と二本差す。 輪島は半ば万歳の状態で右上手を取りにいった。その瞬間増位山の右足が内側から飛んだ。輪島はあえなく左手から引っ繰り返り惨敗、 3連敗で休場した。
  4日目 荒瀬(外掛け)貴ノ花
 体当たりから荒瀬は右差し得意の体勢でがぶる。貴ノ花は白房に後退したが堪えて左に上手を引き廻り込もうとした。 その機をとらえて荒瀬が右足から外掛けにいくとこのタイミングが実に良く、鮮やかに決まった。
 13日目 貴ノ花(上手出し投げ)魁傑
 突っ張り合いから貴ノ花が低く入り左差し、右に上手を取り、魁傑の上手を切って頭をつけ、体を右に寄せて相手の上手を遠ざけ、 魁傑がなおも上手を欲しがって手を伸ばすところ貴ノ花は右上手から鋭く出し投げ(これは貴ノ花としては珍しい)を打つと鮮やかに決まった。貴ノ花の気合はますます乗ってきた。
 14日目 魁傑(小手投げ)北の湖
 北の湖が左からかち上げたが、魁傑は負けじと激しく突き立て、横綱を後退させた。 北の湖はなんのと突き返し、向正面に追い詰め左差し、肩を押しつけ白房に出る。 北の湖はさらに右上手を狙って寄り切ろうとしたが、やや体が流れる。魁傑は西で必死に廻り込み、 右から小手投げを打った。北の湖は上体も流れていたが、右足も流れた。かくしてゆっくりと横綱は崩れ、大詰めに至って痛い 2敗目を喫した。
△昭和50年 5月 優勝 横綱 北の湖 敏満 13勝 2敗 4
 大きな期待を集めた貴ノ花は場所前に足首を痛め、序盤に熱を出して崩れ去った。輪島はこの場所も 2連敗から休場。 優勝争いに名を出したのは北の湖と魁傑。北の湖は 4日目黒姫山に叩きにいったが正面に押し出された。 6連勝の魁傑も 7日目富士櫻に叩き込まれた。両者 1敗の優勝争いだったが12日目から魁傑が連敗、 14日目北の湖は大峩を寄り切り 4回目の優勝を決めた。しかし千秋楽魁傑に敗れて13勝 2敗。魁傑は12勝を挙げた。 軽い相撲が多く内容は今一歩の場所だったが、北の湖には成長が見られた。しかし関脇若三杉の途中休場も含めて、場所全体はやや寂しかった。 やや尻すぼみの本場所を盛り上げるため、北の湖−魁傑を千秋楽結びに配するという苦心の取組編成を行ったが、 14日目に優勝が決まってしまって審判部の思惑は運悪く外れてしまった。
・優勝決定の一番 14日目 北の湖(寄り切り)大峩
 大峩が頭を下げて突っ張ると横綱突き返して叩きを見せ、左差し右上手の得意の体勢から向正面に寄り立てた。 大峩は右から絞ったものの横綱が上手を浅くして白房に寄り立て、寄り切って完勝、あっさりと優勝を決めた。
・好勝負
  4日目 黒姫山(押し出し)北の湖

 横綱は前場所の黒星が頭に残り、 2度も突っかけた。 3度目の立ち合いは逆に立ち遅れ、しかも右に動いて叩いたのがなおさら悪かった。 黒姫山は突いて押し上げ一気に横綱を正面に押し込み、土俵際の叩きを残して一気に押し出して横綱に連勝した。
  8日目 麒麟児(上手投げ)富士櫻
  3度目の対戦、前 2度が迫力ある内容だったことから、特に天覧用に組まれた。 立ち合い麒麟児が左に変わってから突っ張る。富士櫻も当然応戦して互いに譲らない。 富士櫻の口の中は既に切れて血だらけになっている。誰が数えたか双方各54発の突きの後、富士櫻が去なして右に廻り込み、 飛び込んで西に突進した。麒麟児は下がりながら右上手に手を掛けて投げると富士櫻は西土俵下に転がった。 これだけの突っ張り合いは滅多に見られるものではない。審判部の期待にも、観覧の昭和天皇の期待にも大いに応えて余りあった凄い相撲だった。
 12日目 三重ノ海(下手投げ)貴ノ花
 三重ノ海は素晴らしい立ち合いから右左と差し速攻の寄り、貴ノ花は忽ち西に詰まり捨て身の左首投げを打ったが、三重ノ海は右下手投げで押し潰した。
 千秋楽 魁傑(寄り切り)北の湖
 北の湖は左かち上げから猛然突っ張ったが、魁傑はやや下がったものの左から右と両差しとなった。 北の湖は構わず出ようとしたものの、魁傑が左に廻り込んで西に寄ると、腰の伸びた北の湖はあっさりと土俵を割って、またも千秋楽に敗れた。
×昭和50年 7月 優勝 前1 金剛 正裕 13勝 2敗 1
 輪島は全休。前場所優勝を争った北の湖と魁傑はボロボロに崩れ、貴ノ花は途中休場。 優勝争いは 2敗の金剛と 3敗の青葉城の兄弟弟子対決となり、千秋楽金剛は鷲羽山を上手投げに破って優勝を飾った。 金剛は前頭筆頭で、貴ノ花、北の湖、魁傑を降しての堂々たるもの。また準優勝の青葉城も北の湖を破っている。 しかし上位の崩壊のため場所の内容は乏しかった。
・優勝決定の一番 千秋楽 金剛(上手投げ)鷲羽山
 金剛が右差しを狙うと鷲羽山ぶちかましていきなり叩く。金剛泳いだが残して右を入れ、左から挟みつけて正面に出るが緊張していて鋭さを欠く。 鷲羽山は素早く左を巻き替えて掬い投げ、そして赤房に突進した。金剛は浮き足立って慌てたが右上手に手をかけるや思い切って投げた。これで体が入れ替わり鷲羽山が下になって落ち、金剛は遂に優勝をものにした。
・好勝負
 初日 北の湖(寄り切り)高見山

 北の湖が当たるところ高見山は両手で押し潰しにかかった。北の湖は右膝が着きかかり、さらに右手が土俵に着きそうにもなったが、 いずれも辛くも残すと、高見山の足に抱きついて寄り切った。しかし庄之助は北の湖に掃き手があるとて高見山に軍配を上げる。 物言いがつき11分もの協議の末取り直しとなり、今度は北の湖が二本差しであっさり寄り切った。
  5日目 青葉城(寄り切り)北の湖
 青葉城は幕下から十枚目時代に北の湖と対戦して勝ち越しているが、横綱北の湖には初挑戦。 当たり合って左四つ、青葉城が寄ると横綱は巻き替えて両差し。青葉城は左で絞って再度巻き替え、 横綱がなお二本差しにこだわるところ青葉城一気に東に寄り、寄り切って大殊勲の白星を挙げた。
  7日目 金剛(押し出し)北の湖
 金剛は素晴らしい踏み込みを見せ、北の湖が定位置で受けてしまう。 金剛は突っ張ると北の湖は呆気なく浮き上がり、横綱が焦って叩くところ金剛は汗をかかないうちに一気に押し出した。
 11日目 陸奥嵐(河津掛け)魁傑
 陸奥嵐は突っ張って出て、魁傑が突き返して右差しそのまま白房に出ようとしたところ、 陸奥嵐左で小手投げ、さらに左足を巻きつけ掛け投げ。魁傑が堪えると陸奥嵐は右で押し上げながら得意の河津掛け、魁傑は陸奥嵐の左上方に吹っ飛び、陸奥嵐の下に落ちた。
○昭和50年 9月 優勝 大関 貴ノ花 健士 12勝 3敗 2
 復帰の輪島は終盤 3連敗で10勝 5敗。魁傑は肝炎悪化で負け越した。 北の湖と貴ノ花が優勝を争うが相撲内容は良くない。負け方も良くない。北の湖は斑が甚だ大きく 4・ 5日目と連敗、 12日目には三重ノ海に引き落とされ、四つ身をはじめとして課題が多いということが目立った。 貴ノ花は富士櫻、麒麟児に突き倒され、13日目には北の湖に寄り切られて 3敗、こちらは前場所の肝炎が尾を引いてさほど元気ではなかった。 千秋楽両者が勝っての決定戦、左四つで横綱強引に出て青房下で外掛けを敢行したが腰高で貴の右上手投げに叩きつけられ貴ノ花の 2回目の優勝を許した。 優勝争いが低次元化してしまったが、関脇が大元気だったが故でもあり、本場所自体は面白かった。
・優勝決定の一番 決定戦 貴ノ花(上手投げ)北の湖
 貴ノ花気合良く突っ込んで右から入った。両者不充分ゆえ巻き替え合って左四つに落ち着き、 横綱が赤房に寄り、貴ノ花が腰を落として吊り身にいくと北の湖はのしかかりながら左外掛け、これはセオリー無視で無謀そのもの、 貴ノ花は構わず右から上手投げを一閃、横綱は烈しく投げ飛ばされ、貴ノ花の 2回目の優勝が決まった。
・好勝負
  2日目 富士櫻(突き倒し)貴ノ花

 貴ノ花が突っ込むと富士櫻は烈しく突っ張り、貴ノ花は堪えて応戦したが、 富士櫻が左筈で攻めると貴ノ花大きく仰け反り、富士櫻が左から重い突きを一発見舞って突き倒した。
 11日目 貴ノ花(引き落とし)三重ノ海
  2敗同士の対戦、三重ノ海が左前褌から右をも引きつけようと低く立ったが、出足がない。 貴ノ花はやや上体の起きた三重ノ海を見て、左へ動いて右に引き落とした。三重ノ海は 3敗、13日目高見山に敗れて脱落した。
 12日目 三重ノ海(引き落とし)北の湖
 三重ノ海は13日目で脱落したが、その直前の12日目に大仕事をやってのけた。 低く出た三重ノ海が右で前褌を取り、北の湖が左を差すに対し、三重ノ海は頭をつけた。 北の湖は右をも入れて両差し、三重ノ海が両上手を引きつけて堪えようとしたが、北の湖は東に寄り立てる。 三重ノ海は追い詰められたが、右上手を離して肩越しに取り直すや片手波離間投げを強襲、北の湖は左膝が崩れてガクリ。 北の湖はポカ負けで 3敗目。
 13日目 北の湖(寄り切り)貴ノ花
 横綱左からおっつけ、右で上手を引いて西に殺到、貴ノ花が左から掬って廻り込もうとしたが横綱の勢いをどうすることもできず、 右に打っ棄ろうとした時には左足を踏み切っていた。この相撲から考えても貴ノ花の逆転優勝など考えられなかった。
△昭和50年11月 優勝 関脇 三重ノ海 五郎 13勝 2敗 1
 輪島、北の湖の両横綱に関脇三重ノ海の優勝争いとなったが、決して次元の高い争いではなかった。 輪島が 5・ 6日目と連敗すれば、北の湖も 7・ 8日目と連敗でやや本場所に水を差した感がある。 輪島は 8日目三重ノ海を破ったが、10日目に麒麟児に敗れ降参。13日目北の湖−三重ノ海の大一番は三重ノ海が勝って 2敗を守る。 千秋楽三重ノ海は旭國を破って13勝 2敗で初優勝。場所後大関に昇進。負け越しの魁傑は入れ替わって大関陥落。 結局両横綱と三重ノ海の争いという形ではあったが、実質は三重ノ海の独擅場だった。
・優勝決定の一番 千秋楽 三重ノ海(寄り倒し)旭國
 立ち合いは旭國が良く左を差して上手をやらなかったが、三重ノ海が下手から揺さぶって右上手を取り寄ったが、 旭國もしぶとく寄り返す。互いに慎重に構え長引いたが、三重ノ海が吊り身に寄り立て、さらに赤房下で下手投げ、それでも粘る旭國をのしかかって潰して初優勝を決めた。
・好勝負
  9日目 青葉山(櫓投げ)福の花

 福の花得意の突っ張りで攻め立て両差しを果たしたが、青葉山すかさず巻き替えて右四つ。 福の花も右四つは充分、吊り寄りで攻めるが長身青葉山も逆に吊り返して土俵中央。 福の花がなお引きつけ白房に出ようとした瞬間、新入幕青葉山は上手から豪快に櫓に振って鮮やかに決め大ベテラン福の花を破った。 福の花はこの場所千秋楽まで取って引退した。
 11日目 三重ノ海(上手出し投げ)貴ノ花
 立ち合い三重ノ海素早く右上手、貴ノ花は上手が取れず、その上手を狙って出ようとする端、 三重ノ海が出し投げに振り廻した。これを貴ノ花は残せず、右膝がガックリと折れて崩れた。
 13日目 三重ノ海(下手投げ)北の湖
 三重ノ海右を取って左差し頭を埋める絶好の体勢。横綱は上手を取ったが切られた。 横綱はもう一回取り直し、面倒とばかり横吊りに出た。しかし廻しが一重で吊り切れず、三重ノ海の下手投げで足が開きすぎ、上手が切れて腹這いになった。これで三重ノ海が俄然有利になった。
前画面に戻る