昭和51年
○昭和51年 1月 優勝 横綱 北の湖 敏満 13勝 2敗 5
 新大関の三重ノ海は前半好調だったが、 7勝 1敗で迎えた 9日目の魁傑戦で左足首を捻挫し、 以後負けが込み 8勝。土俵は序盤に 2つ土をつけた北の湖と輪島が立ち直って 2敗のまま千秋楽相星決戦を戦った。 下馬評では輪島圧倒的有利だったが、北の湖が輪島を寄り切り、 5回目の優勝を勝ち取った。収穫としては輪島の復調が挙げられるが、 馬力相撲の力士がうち揃って不振だったため、輪島の真価は次場所に問われることになった。序盤は両横綱がぐらつく中で三重ノ海と高見山が凌ぎ、 終盤に両者が後退した代わりに立ち直った両横綱が優勝を争うという良い形になった。
・優勝決定の一番 千秋楽 北の湖(寄り切り)輪島
 横綱相星決戦は40年 7月の佐田の山−大鵬(大鵬の優勝)以来のことである。 立って輪島が左から入ろうとすれば北の湖は左からかち上げて右から絞って右上手、頭をつけた。 輪島は左下手から揺さぶろうとしたが、北の湖は上手から大きく振り廻した。輪島は下手投げを打ち返そうとしたが北の湖再度大きく振り廻して頭をつけ、 左をも引きつけどんどん正面に寄り立てた。輪島は顔を朱に染めて堪えんとしたが及ばず、北の湖は体を預けて寄り切り、必死の相撲で 5回目の優勝を勝ち取った。
・好勝負
  4日目 黒姫山(押し倒し)貴ノ花

 黒姫山が激しく押し立てると貴ノ花は頭から突っ込んで突き合い、左に動いた貴ノ花は左上手を取って頭をつけた。 そして上手投げを 2回打ったが、左への廻り込みは不得手。上手投げが駄目と見るや、貴ノ花は左上手を離して巻き替えようとしたが、大失敗だった。 黒姫山はつけ入って右から押し上げ、正面にドッと突っ走って押し倒した。貴ノ花は正面の師匠の前に転落し、早くも 2敗目。 この時、土俵に花束を投げ入れてつまみ出された観客があった。
  9日目 魁傑(掬い投げ)三重ノ海
 魁傑は鋭く立って右から入り二本差した。さらに左から起こして攻め込み、右から掬うと三重ノ海は小手投げに返す暇もなく右手から落ちた。 さらに新大関で好調だった三重ノ海は右足首を痛めた。
◎昭和51年 3月 優勝 横綱 輪島 大士 13勝 2敗 8
 三重ノ海は捻挫の後遺症で途中休場。北の湖は 4日目鷲羽山にうまく取られて掬い投げに敗れ、 5日目若三杉にも負けた。そして終盤に至って星を落とし 5敗。優勝争いの主役は輪島と旭國、北瀬海。 輪島は初日から10連勝して優勝争いを引っ張ったが、11日目 1敗の北瀬海に敗れた。関脇旭國は持てる技能を発揮、 12日目北瀬海を倒して 2敗の相星とし、13日目北の湖を外掛けで崩して寄り切り、千秋楽貴ノ花を内無双に切って落とし13勝 2敗。 北瀬海は14日目若獅子に屈し 3敗となって後退、輪島は13日目貴ノ花に負けたものの千秋楽北の湖を破って旭國との決定戦となり、 輪島が 9場所振りに賜盃を奪還した。旭國は大関となった。小兵の旭國と鷲羽山、北瀬海が大活躍して大変面白い本場所だった。
・優勝決定の一番 決定戦 輪島(叩き込み)旭國
 旭國は潜ろうとするが輪島は突き立てて許さず、旭國がなおも突破しようとはね上げてから突っ込むところ、 輪島は右で四ッ辻を取って左から叩き込んだ。
・好勝負
 初日 鷲羽山(押し出し)貴ノ花

 鷲羽山が鋭く突っ込むと貴ノ花は立ち遅れて受けてしまった。 鷲羽山はさらに右差し左筈で押し込むと貴ノ花全く窮して右からの突き落としを見せた。 しかし鷲羽山はちょっと泳いだものの素早く体を預けたため貴ノ花は向正面に吹っ飛んでしまった。
  4日目 鷲羽山(掬い投げ)北の湖
 鷲羽山は素晴らしい突っ込みから左差し、右で横綱の足を取っての小股掬いを見せて走った。 横綱は右半身の体勢で堪えて強引な小手投げにいったが、鷲羽山は大いに傾いたものの残して廻り込みざま左の掬い投げ。 横綱はこれを残せず思わず左手をついてしまった。鷲羽山は新小結で鮮やかな勝ちっぷりを続けた。
 11日目 北瀬海(寄り切り)輪島
 輪島が左を欲しがったが北瀬海頭から当たって右差し、輪島の出端を肩透かしで大きく崩し、 さらに左を巻き替えて両差しで寄った。輪島は慌てて右外掛けにいったが掛かったところは太腿。これで輪島は腰が浮き、 北瀬海は左下手投げで体を入れ替え正面に寄り切り完勝、全勝を阻むと同時に小兵封じの輪島を倒したという大殊勲の一番となった。
 13日目 旭國(寄り切り)北の湖
 旭國低く当たって左前褌、右で強烈な絞り。北の湖は早くも棒立ち。 仕方なく強引に右から振るが、旭國は左から外掛けを放ち、北の湖が反ってぐらつくところ西に一気に寄り切った。旭國は大関を確実にした。
 千秋楽 旭國(内無双)貴ノ花
 突っ張り合いから旭國が左を覗かせて喰い下がる。貴ノ花は左を絞られたがこじ入れた。 しかし右が取れない。貴ノ花は無理矢理手を伸ばして上手に手を掛けた。その瞬間旭國の右内無双が飛んだ。 貴ノ花の体は宙を舞って横転した。
◎昭和51年 5月 優勝 横綱 北の湖 敏満 13勝 2敗 6
 三重ノ海は相変わらず不調、 2勝 7敗で休場して大関の座を失った。 初日輪島が北瀬海に突き落とされて 2場所連続黒星、 7日目北の湖が富士櫻の叩きに両手をつき敗れると、 8日目には輪島が高見山の寄りに無抵抗のまま敗れ去った。北の湖 1敗、輪島 2敗で千秋楽を迎え、 横綱戦は輪島が北の湖を寄り切って決定戦に持ち込んだが、決戦は北の湖が充分の体勢からいきなりの吊りで崩し、 最後は寄り切って本割の雪辱を遂げ、初めて決定戦で勝利して優勝した。
・優勝決定の一番 千秋楽 輪島(寄り切り)北の湖
         決定戦 北の湖(寄り切り)輪島

 本割は 1差の対戦。左四つで輪島は上手が取れず、北の湖が寄ると下手投げで残す。北の湖は上手投げを打ち返す。 土俵中央から北の湖は再度寄り立てるが輪島は下手投げに振り廻し、北の湖も崩れたが残した。 数呼吸あって輪島は下手投げで振り廻すや右から強く絞って向正面に一気に出て寄り切り、決定戦に持ち込んだ。 しかし 1分半弱の大相撲で輪島のスタミナはなかった。決定戦はバッタリ左四つ、 北の湖はいきなり吊って正面に出た。輪島は残したが右を巻き替えようとした。 北の湖は許さず頭をつけた。そして東へ一気に寄ると力尽きた輪島は土俵を割った。北の湖は追いつかれたが連敗はせず 6回目の優勝を飾った。
・好勝負
 初日 増位山(上手出し投げ)旭國

 旭國が突っ込むと増位山は例によってフワッと立ち右上手を難なく取った。 旭國は左を覗かせたが右はどうにもならず、増位山が右から得意の引きずり投げ、新大関は体が動かず這わされた。
 初日 北瀬海(突き落とし)輪島
 輪島は一気に決めようと気が急いて腰を割らず突っ立ったまま左からかち上げた。 北瀬海は突っ込んだがかち上げに弾き返され、輪島の右おっつけで一遍に後退した。 しかし北瀬海は素早く右から突き落とすとこのタイミングが良く、輪島は右膝が崩れてしまった。
  9日目 輪島(押し出し)三重ノ海
 三重ノ海の待ったの後、立って三重ノ海が低く飛び込んだが、輪島は右から起こす。 三重ノ海は左へ下がった。輪島は鋭く出て西に押し出した。三重ノ海は 7敗目、師匠と相談の上休場となり、 3場所目で大関を陥落した。
 10日目 北の湖(寄り倒し)魁傑
  1敗同士、北の湖が立ち合いに右に飛ぶと、魁傑は心得て飛び込み左四つ充分。 北の湖は上手が取れない。魁傑が上手投げを打つと、北の湖は掬い投げに返す。土俵中央で揉み合い、北の湖が右を巻き替えんとしたが果たせない。 すると北の湖は右から絞って東に寄り進み、そして右の上手をやっと取った。北の湖は黒房下で上手投げに決めようとすると、魁傑はしぶとく残して下手投げで応酬。 北の湖の廻しが緩んで締め直した後、北の湖が寄り立てる。魁傑は下手投げを打った。北の湖は右膝が折れかかった。 しかし魁傑も力が尽きた。北の湖はしがみついて西に寄り倒して決着をつけた。魁傑は敗れたがいい相撲を取り、自信を復活させた一番となった。
 12日目 北の湖(上手投げ)旭國
 旭國が左から右と入れて向こうづけの体勢となる。北の湖は右上手一本、 その上手から振ると旭國は下手投げ、北の湖はもう一回上手投げを打って旭國の頭を上げ、左四つに持ち込んだ。 しかし旭國は揺さぶってまた頭を下げ、左差し右前褌充分となった。北の湖は相変わらず右前褌一本。 西で投げの打ち合いの後、暫くして北の湖が右上手から矢柄気味にぶん廻し、そのまま叩きつけた。 2分半の大熱戦だった。
×昭和51年 7月 優勝 横綱 輪島 大士 14勝 1敗 9
 大関を陥落した三重ノ海は13日目高見山を破って10勝に到達、大関返り咲きを決めた。 この場所も両横綱の争い、 6日目輪島が麒麟児の喉輪に尻から落ちて敗れると、北の湖も若三杉に寄り切られ、 8日目には北の湖が麒麟児に押し出された。こうして前場所とは反対に輪島 1敗、北の湖 2敗で千秋楽、 今度は輪島が寄り切って勝って本割で輪島が優勝を決めた。アメリカ巡業直後のため相撲内容は甚だ悪かった。
・優勝決定の一番 千秋楽 輪島(寄り切り)北の湖
 輪島右で突いて左下手、右で絞る。北の湖は右上手一本のいつもの恰好。北の湖左前褌を狙って取り、すぐさま東に出んとする。 輪島は下手投げで振って右でおっつけ、機を見て右を巻き替える。北の湖左を巻き替えると輪島またまた巻き替える差し手争いから輪島左下手投げに脅かして頭をつけ、 右外筈で起こして上手を取る。北の湖は左に廻って強引に下手投げ。輪島が残すとがっぷりの左四つになり、一呼吸して北の湖が吊り身に黒房に出ると、輪島両廻しを引きつけて堪え、 左に廻り込む。数呼吸、輪島が左から振ると北の湖は右で切り返しながら吊り身、輪島堪えてまた数呼吸、北の湖一気に白房に寄り進むと、輪島腰を落として堪え、引きつけて向正面に出んとした。 北の湖は右が切れた。輪島さらに寄り進んで寄り切った。
・好勝負
  6日目 麒麟児(押し倒し)輪島

 麒麟児が右からの突きで出れば輪島は踏み込み弱くいきなり叩いた。 しかし麒麟児は右筈から一気に突進、輪島は正面に後退して尻から転倒した。
  7日目 金剛(叩き込み)荒勢
  8日目 若三杉(下手出し投げ)荒勢

 さっさと立とうばかりとする荒勢と、それを逸らそうとばかり考える相手。 金城戦は両者合計 7回の待った、審判長大鵬が一喝、若三杉戦は 6回、高砂(朝潮)はじめ全審判が土俵に上って厳重注意という有様。 まず金城戦の荒勢は右から突っ込んだが、金城の左変化に次ぐ叩きでベッタリ、翌日は受けてもらえて左差しから出ようとしたが、 若三杉の左下手出し投げでまたもバッタリ。荒勢は自分の立ち合いの拙さに気づくまでにさらに 3年以上かかった。
  8日目 麒麟児(押し出し)北の湖
 北の湖が左かち上げから赤房に猛然として押し込んだ。麒麟児は残して左へ変わり、突き落としで崩して押し返す。 北の湖は足が縺れた。麒麟児は下からなお激しく押し上げ、正面に見事に押し出した。横綱殺し麒麟児の快勝。
  9日目 旭國(寄り切り)玉ノ富士
 旭國が低く飛び込んで左差し、右も差そうとすると玉ノ富士が右上手を取って左で二の腕を押さえ得意の割り出しを強引にやり、 これを数度繰り返したが旭國は寄り返した。旭國はさらに頭をつけ、玉ノ富士の割り出しを堪えた後右前褌を取って向正面に出た。 玉ノ富士は必死になって堪えたが長い力相撲で両者ヨタヨタになった。ややあって旭國が力を絞って青房に出る。 玉ノ富士は右へ逃げようとしたが左足を大きく踏み越して漸くけりがついた。 2分40秒弱の死闘。
 13日目 三重ノ海(下手投げ)高見山
 三重ノ海が飛び込んで左差し、右に上手を浅く取って充分。 三重ノ海青房に寄り立て下手投げを打つ。高見山は小手投げで堪えて極めようとする。 三重ノ海は暫くして再度正面に攻め、左から下手投げを打つと高見山は暫く堪えたが崩れた。 三重ノ海は10勝目を挙げて大関復帰を決めた。
△昭和51年 9月 優勝 前4 魁傑 將晃 14勝 1敗 2
  2日目北の湖が突っ張り合いから左を差して出るところ麒麟児に引かれて腰が立って寄り切られ、 5日目には輪島が高見山に二本差されて寄り切られた。 7日目を終わって全勝は魁傑のみだったが、 8日目北の湖に熱戦の末寄り倒され 1敗。10・11日目と輪島は連敗、11日目に輪島を破った麒麟児は 2場所連続 2横綱を倒した。 11日目魁傑は 1敗を守って北の湖も喰らいつこうというところ、なんと三重ノ海の蹴手繰りに転がって 2敗。 12日目若三杉には立ち合い叩きにいって却って体勢を悪くし上手出し投げに倒れ 3敗。 この時若三杉も 3敗だった。14日目 1敗の魁傑は高見山を両差しから右掬い投げに倒し13勝 1敗で優勝を決定。 千秋楽も勝って前頭 4枚目で14勝 1敗。
・優勝決定の一番 14日目 魁傑(掬い投げ)高見山
 魁傑は突っ込んで右から左と両差し、右で掬って起こした。高見山は右上手が欲しいが手が届かず、 伸び上がって取ろうとした瞬間を捉えて魁傑再度の右掬い投げ。鮮やかに決まって魁傑は 2度目の優勝を14日目に決めた。
・好勝負
  2日目 麒麟児(寄り切り)北の湖

 麒麟児が突っ張って出ると北の湖は挟みつけるのを諦め、逆に突き放した。 しかし麒麟児は西に攻め立てる。北の湖が左を覗かせるが、麒麟児が素早く右上手を浅く取ると横綱は左が利かず棒立ちになってしまった。 麒麟児は左からも攻めて東に猛進、そのまま雪崩れ込んで寄り切り完勝した。麒麟児は11日目輪島にもまた勝った。
  5日目 高見山(寄り切り)輪島
 高見山は輪島が手を出して当たるのにも全く構わず鋭く踏み込んで両差しとなった。 周囲も輪島も驚く間に高見山は赤房へ前進。輪島はズルズル下がり左で首を巻いて右上手を引き堪えんとはしたものの、 高見山は腰を割る万全の詰めで堂々と寄り切った。
  8日目 北の湖(寄り倒し)魁傑
 魁傑は全勝で 1敗の横綱に挑んだ。立って横綱右に飛び上手。 魁傑はこれを切って左四つから右を巻き替えて両差しとなった。北の湖は動きながら右を巻き替え、 そのままがぶって黒房に魁傑を潰し、両者相星とした。
 11日目 三重ノ海(蹴手繰り)北の湖
 魁傑が既に 1敗を守り、立場上負けられない北の湖は三重ノ海をそれこそ弾き飛ばさんものと、 勢い込んで左からかち上げる。しかし怜悧な三重ノ海、ちょっと右へ動いて左の蹴手繰り。 横綱は素晴らしい勢いで土俵に転がって、 1秒足らずで黒星が増えた。さらに北の湖はここから大きく崩れてしまった。
○昭和51年11月 優勝 横綱 北の湖 敏満 14勝 1敗 7
 輪島と北の湖による争いになった。途中まで旭國が絡んでいたが11日目に 2敗となり、風邪から熱を出して息切れ。 北の湖は 5日目、輪島は 9日目にともに若三杉に敗れたもの。そのまま両者 1敗同士の相星決戦となって、 北の湖が輪島を寄り切って 7回目の優勝。若三杉と魁傑の両関脇が活躍し、大関への希望が膨らんできた。 この年は輪島と北の湖の争いが 4回あり、両横綱には取りこぼしがあるが、大関以下とはかけ離れた実力を示した。
・優勝決定の一番 千秋楽 北の湖(寄り切り)輪島
 輪島頭を下げて左を差そうとすると北の湖は右に動いて上手を取る。輪島は左下手半身の恰好。 数呼吸して北の湖右を引きつけんとすると輪島動ぜず右で絞り、一度上手を狙ったが逆に頭をつけた。北の湖は左を抜いて輪島の右腕を押さえる。 一呼吸、輪島出て右で絞り、上手を取ってがっぷりになりかけたが、また上手を離す。北の湖西に寄る。 輪島は左に廻って右で絞ろうとする。数呼吸、北の湖左前褌を取って一気に正面に寄り、堪える輪島を左筈で寄り切ろうとする。 輪島よく残して左に廻り込み、頭をつけて右で絞る。さらに数呼吸、北の湖引きつけて吊り身に赤房に運び、寄り出した。
・好勝負
  9日目 若三杉(送り出し)輪島

 若三杉が低く立って左を差し、右上手を浅く取って充分。輪島が右腕を伸ばして上手を狙った瞬間、 若三杉の鋭い上手出し投げが出た。輪島は大きく泳いで崩れ、若三杉は後ろについて送り出した。若三杉は両横綱を破る殊勲。
 11日目 魁傑(吊り出し)旭國
  1敗の旭国と 3敗の魁傑の対戦、旭國が下から激しく突き上げると、魁傑も応じて突き合い、 魁傑が右を差そうとすると、旭國は左から突き放す。しかし魁傑は両差しとなり、旭國が両上手から引きつけると、 東土俵、魁傑は右へ振って吊り出しの逆転、旭國は 2敗となった。
前画面に戻る