昭和52年
◎昭和52年 1月 優勝 横綱 輪島 大士 13勝 2敗 10
 引き続いて輪島・北の湖の両横綱が好調。また大関を狙う若三杉、魁傑の関脇陣、 大関貴ノ花も奮闘し、素晴らしく面白い理想に極めて近い場所となった。貴ノ花は 7日目から連敗したが 2敗で喰らいつく。 輪島は 8日目、北の湖は12日目と若三杉に敗れ、12日目には輪島が三重ノ海に敗れた。 13日目貴ノ花が輪島に敗れ 3敗。こうなっては北の湖と思われたが14日目貴ノ花に押し出され 2敗。 この日輪島が勝って貴ノ花の優勝はなくなった。また、 2敗で追った若三杉も増位山に敗れて脱落。 こうして千秋楽は横綱相星決戦に落ち着き、輪島が浴びせ倒しで勝って10回目の優勝。若三杉の新大関、魁傑の再大関が決定した。
・優勝決定の一番 千秋楽 輪島(浴びせ倒し)北の湖
 立ってすぐ左四つがっぷりとなった。北の湖は深い上手、輪島は浅い上手。 北の湖が吊る構えを見せると輪島は腰を落として防いだ。 北の湖はさらに吊る構えを見せると輪島は左下手を強く引きつけ、右から絞って頭をつけた。 北の湖は左を切られ、足が揃った。輪島は見逃さず浴びせ倒して決着をつけた。
・好勝負
  7日目 黒姫山(押し出し)貴ノ花

 貴ノ花は鋭く突っ込んで左から入ったが黒姫山は東土俵際から猛然突き返し、 正面に大関を追い詰めた。貴ノ花は俵を伝って右へ廻り込んだがこの時左足が蛇の目を掃いた。 これで正面審判長高砂(朝潮)は手を挙げたが相撲は続き、貴ノ花は黒姫山の左を手繰った。 黒姫山は泳いで左足から土俵を飛び出し、同時に貴ノ花が右足を踏み切った。ここで行司正直は黒姫山に軍配を上げてそのままとなった。 この相撲、至る所に抗議が殺到したという。貴ノ花の左足踏み切りがなければ取り直しになるだろうが、 蛇の目を掃いていて問題にならなかった。高砂審判長は協会機関誌に一文を寄せて説明している。 さらに専門誌が写真を多数掲げて「取り直しが妥当」としているが、その写真の一葉でも蛇の目の跡が確認できる。
  8日目 若三杉(寄り切り)輪島
 若三杉が右上手から取って左四つ、互いに両廻しを引きつけてあまり動かず、吊り合い堪え合い。 輪島が吊ると若三杉は左外掛け。輪島が寄れば若三杉は上手投げで体を入れ替える。 土俵中央で 4分もの大相撲となり、輪島がまた引きつけて寄ると、若三杉は上手櫓で振り廻し、白房に堂々と輪島を寄り切った。
 12日目 若三杉(寄り切り)北の湖
 若三杉は頭から突っ込む。北の湖は激しく突いたが若三杉は怯まず右上手を取って左差し、頭をつけた。 北の湖は上手が取れず左から起こそうとする。若三杉は北の湖の左にくっついた。 北の湖は焦り、上手も取れぬのに無理に青房に出ようとした。若三杉は体を入れ替え、寄り切った。両横綱を倒した若三杉の大関が決定的となった。
 千秋楽 魁傑(下手投げ)若三杉
 魁傑が突き立て、若三杉が必死に突き返すと魁傑は左差し右から上手投げを放つ。 若三杉は何とか残して振りほどき、再度突っ張り合い。魁傑は機を見て飛び込み、若三杉が極めようとしたところ右から下手投げを打って若三杉を横転させた。 魁傑も11勝目を挙げて大関返り咲きが濃厚となった。
◎昭和52年 3月 優勝 横綱 北の湖 敏満 15勝 8
 新大関若三杉は緊張からメロメロとなり脱落した。魁傑も肘の故障で振るわない。 輪島・北の湖・貴ノ花はこの場所も好調で他の大関が今一つの中場所を大いに盛り上げる。 2日目貴ノ花が玉ノ富士に寄り倒され、 5日目には輪島が高見山の喉輪をまともに喰らって押し倒された。北の湖は負けない。 こうして北の湖が全勝、輪島と貴ノ花が 1敗で終盤戦を迎え、13日目北の湖−貴ノ花は下手投げで北の湖。 14日目、輪島−貴ノ花は貴ノ花が寄り切って勝ち両者 2敗、北の湖が若三杉を掬い投げに下して優勝を決定。 千秋楽北の湖は輪島を水入りから吊り出し、初の全勝優勝を飾った。内容も良く、客の入りも素晴らしい大阪場所だった。
・優勝決定の一番 14日目 貴ノ花(寄り切り)輪島
             北の湖(掬い投げ)若三杉

 輪島 1敗、貴ノ花 2敗の大一番は、貴ノ花がぶちかまして右上手を取り頭をつける。 輪島は左を覗かせただけで強引に掬ったが、貴ノ花は堪えて両褌を引きつけ吊り身に寄った。 輪島は左から掬って廻り込んだが、とうとう東で寄り切られ、両者 2敗となった。他方、全勝の北の湖は若三杉戦。 若三杉が左から入ろうとするところ北の湖はかち上げた。左四つから北の湖が吊り身に西に出ると、 若三杉も寄り返して中央に戻った。北の湖は両褌を引きつけ、若三杉はこれを嫌って上手を切ろうとした。それで腰が浮いた若三杉に対し、北の湖は掬い投げで横転させ、優勝を決めた。
・好勝負
  5日目 高見山(押し倒し)輪島

 輪島は左肩から勢い良く突っ込んだのだが、高見山の左の突きが綺麗に入り忽ち後退、高見山はなお左喉輪、右から挟みつけて東土俵に押し倒して圧勝、10個目の金星を得た。
 13日目 北の湖(下手投げ)貴ノ花
 貴ノ花鋭く立って頭から突っ込み、右からおっつけた。北の湖は上体が起きる。 貴ノ花は左を入れて鋭く寄り、白房で上手投げを打つ。北の湖は土俵際に詰まってやっと取った下手から投げると、貴ノ花は惜しくも一瞬早く落ち、遂に 2敗となった。北の湖は全勝を守る。
 千秋楽 北の湖(吊り出し)輪島
 すぐ左四つから輪島は上手が取れず半身、北の湖は右上手から上手投げを振ること 2回。輪島は土俵際で辛うじて残し寄り返す。輪島が左下手投げを打つが、 北の湖はその手に乗らず左下手を取った。輪島はすぐに切ったがだんだん腰が浮いてきた。北の湖の西への寄りを輪島が必死に堪えたところで水。再開後は北の湖が右上手投げで振って左下手を取り、吊りで攻める。 輪島はよく堪えたが遂にスタミナが尽きた。北の湖は頃合を見計らって西土俵際でグイと吊り上げて吊り出し、初の全勝優勝を飾った。
×昭和52年 5月 優勝 大関 若三杉 壽人 13勝 2敗 1
 貴ノ花が優勝でもすればあるいは横綱かといわれたが 4日目で 3敗して霧散。 輪島も序盤で躓いて 4敗、他の大関も今一つで、北瀬海や麒麟児あたりが休み、さらに相撲も悪かった。 北の湖と若三杉が勝っていくが、 8日目北の湖は黒姫山戦で初黒星。 単独トップの若三杉は 9日目旭國の寄りを上手投げに返そうとしてぐらつき寄り倒されて 1敗。 両者 1敗の争いが期待されたが12日目北の湖が旭國に浴びせ倒されて後退。 翌日北の湖−若三杉の一番は若三杉が寄り切って北の湖脱落。 若三杉は14日目輪島に吊り出され 2敗となったが、千秋楽魁傑を突っ張りから前褌一気に赤房へ寄り切って初優勝を決めた。 元大関大受はこの場所幕内から陥落し十枚目での土俵、初日から 3連敗して休場し、引退。 北の湖はこの場所ピリッとせず、若三杉の相撲も決して良いわけではなく、とうとう面白くない場所のまま終わってしまった。
・優勝決定の一番 千秋楽 若三杉(寄り切り)魁傑
 突っ張り合って若三杉は頭を下げて左を覗かせ、魁傑が右を巻き替えんとするところ若三杉は許さず左を深くし、頭をつけて寄り立て、赤房に堂々寄り切って初優勝。
・好勝負
 初日 北瀬海(寄り倒し)貴ノ花

 北瀬海の突っ込みは低く鋭く、右で強烈におっつけて出た。貴ノ花は立ち合い負け、東に詰まって左を手繰ろうとしたが、一気に寄り切られてしまった。 横綱狙いの貴ノ花に早くも暗雲、終盤立て直したが10勝 5敗に終わってしまった。
  8日目 黒姫山(寄り倒し)北の湖
 北の湖は時に見せる突っかけの癖が出た。そして次も突っかけたが黒姫山は出てこない、と見た次の瞬間黒姫山は突っ込んだ。 慌てた北の湖に対して黒姫山は猛然突っ張った。北の湖は左差しを阻まれ正面に後退、黒姫山はつけ入って左差しから正面に寄り立て、北の湖が左へ打っ棄ろうとしたが体が割れなかった。 これで北の湖の連勝は22でストップした。北の湖が気を抜いたのはまずかったが、黒姫山の立ち合いも「後の先」ではなくペテン立ち、後味の悪い相撲を天覧相撲で取った。
  8日目 貴ノ花(寄り切り)輪島
 貴ノ花は左から右と両差し、下手で強烈に引きつけた。輪島は右上手、左で首を巻いて腰を割って必死になって堪えた。 貴ノ花は左内掛けで脅かすと、輪島は左上手も肩越しに取って吊り、さらに右上手から捻りを見せた。右膝に故障を持つ貴ノ花は崩れかけたが、辛うじて残すと右に渡し込みを見せて青房に寄り切った。
 13日目 若三杉(寄り切り)北の湖
 若三杉は低く立って左で前褌、右上手も取って頭をつけた。北の湖は右で抱えるが起こせぬうちに棒立ち。 若三杉はすかさず向正面に速攻、北の湖の左掬い投げを許さず寄り切り、優勝に前進した。
○昭和52年 7月 優勝 横綱 輪島 大士 15勝 11
 完全に輪島、北の湖の優勝争いに絞られた。北の湖は 7日目に苦手の黒姫山に叩かれて 1敗したがやはり好調。 場所前絶不調で悩んだ輪島はなぜかそれ以上に好調、この場所は自在な取り口を披露。 千秋楽、全勝輪島− 1敗北の湖の一番は左四つ引きつけ合いの力相撲となって輪島が白房へ出ながら掬い投げ。 最後は黄金の左の威力を示して全勝優勝した。あまりにも横綱が強すぎ、大関以下三役がほぼ総崩れに近い惨状となった。
・優勝決定の一番 千秋楽 輪島(掬い投げ)北の湖
 北の湖が右に動いて上手、例の如く左四つとなる。北の湖の吊り身を輪島は堪える。さらに北の湖は上手投げを放ったが輪島はこれも堪えた。 土俵中央、輪島は右で絞らず巻き替える。北の湖も巻き替えて珍しく右四つ、輪島が頭をつけると北の湖は嫌って巻き替え、結局左四つに落ち着く。 輪島は執念を見せ、頭をつけて吊り身に向正面白房寄りへ寄り進んだ。北の湖は強引に右上手から投げにいく。 輪島はこれを左から掬い返して寄り倒し、全精力を使い果たしながらも全勝を遂げた。
・好勝負
  3日目 舛田山(突き倒し)羽黒岩

 羽黒岩は身上のぶちかまし、頭から烈しく当たった。しかし次の瞬間羽黒岩は仰向けに倒れてしまった。 舛田山は胸で受け止めただけ、突いてもいない。羽黒岩は真っ青になって意識を失い、土俵の上から担架で運ばれ、頸椎捻挫、つまりムチ打ち症で休場した。
 13日目 高見山(突き倒し)岩下
 新入幕岩下は高見山戦を前に「やりがいがある」と思い切って突っ込んだ。 そして猛然突き上げると高見山も突き返し、 3発目、左が岩下の顎に命中、岩下は足が縺れて右膝が折れ、脳震盪で引っ繰り返った。 岩下は「高見山関と取ったという覚えがないんだ」と言い残し、翌日から左膝内障・頸部捻挫・脳震盪で休場となってしまった。
 13日目 輪島(吊り落とし)豊山
 輪島が左上手を取ると右も差して先手、豊山は充分の四つながら浮き足立ち、上手が取れぬので右に廻って絞ろうとした。 しかし輪島はその遑を与えず、左から掴み上げ、左下に豪快に捨てた。
○昭和52年 9月 優勝 横綱 北の湖 敏満 15勝 9
 中盤まで 4人の優勝争いだったが、 1敗だった輪島が11日目から、 2敗だった若三杉が13日目からそれぞれ崩れ、 初日から連勝で走るのが北の湖と旭國。北の湖の全勝は当然としても、旭國の快進撃には目を瞠った。 内掛け、とったり、小股掬いなどを駆使、13日目苦手の輪島を寄り切って14日目、同じく全勝の北の湖との対戦となった。 これは旭國、馬力に圧倒されて西に寄り切られ 1敗。千秋楽旭國は若三杉を上手投げに下したが、北の湖は輪島を寄り切って15戦全勝で 9回目の優勝。 魁傑がまたも大関を陥落した。
・優勝決定の一番 千秋楽 北の湖(寄り切り)輪島
 北の湖が右に動いて上手、左も差して充分。輪島は右から絞る。 しかし北の湖は右から振り廻し、輪島が残すと吊りの強襲から青房に寄り切って全勝。
・好勝負
 初日 若三杉(波離間投げ)鷲羽山

 鷲羽山は懐に飛び込んで両横褌、素早く正面に猛進した。若三杉は忽ち土俵に詰まって上体が起きたが、 必死に右に廻り込み、左で後ろ褌を取るやエーイと左後ろへ引っ張り上げた。この奇襲で体が割れ、捨て身の逆転は成った。
 12日目 鷲羽山(押し出し)魁傑
 鷲羽山低く出て右を浅く入れ、左筈から押す。魁傑は左から引っ張り込んで小手投げを打つが、鷲羽山はなおも押す。 魁傑は左で抱えて右おっつけで堪えるが、鷲羽山はさらに押し立て、青房に押し出した。魁傑は 8敗、再度の大関陥落である。
 14日目 北の湖(寄り切り)旭國
 全勝決戦。北の湖が突っ張ると旭國も突き返し、北の湖は廻り込みながら捕まえんとすると旭國は右横褌を取って左で絞る。 北の湖はややたじろいだが右から体力を利しておっつけ、左からも挟みつけてドッと西に寄り切った。体力勝ち。
○昭和52年11月 優勝 横綱 輪島 大士 14勝 1敗 12
 大関陣がぱっとせず、やはり両横綱主導の展開、横綱が強すぎるために関脇・小結も目立たず、 寧ろ若手が良い相撲を取って場所を盛り上げる。 4日目北の湖が右で引っ張り込みにいったのが災いし、 琴風のがぶり寄りを受け切れず膝から横転。輪島は 8日目三重ノ海に寄り切られて土がつき、 両者 1敗のまま千秋楽の横綱対決となっていつものように左四つから輪島が一瞬の切り返し、12回目の優勝を決めた。 この場所は前場所に引き続き相撲内容が持ち直した。
・優勝決定の一番 千秋楽 輪島(切り返し)北の湖
 バッタリ左四つとなり、北の湖が吊りを見せれば輪島は右上手を離す。 北の湖が出ると輪島は左下手投げで逃れる。輪島が右で絞ると北の湖の左は窮屈、輪島下手投げで大きく振る。 北の湖は左手首を取られて自由が利かない。数合あって輪島右上手を取ってがっぷり、北の湖吊ろうとするが輪島動じない。 北の湖は数呼吸後突然左で首を巻いて右上手投げにいこうとした。しかしこれは余りに無謀で、輪島が左を踏み込んで右から掬うと北の湖はドウと仰天、輪島の優勝は成った。
・好勝負
  4日目 琴風(寄り倒し)北の湖

 五分に当たり合って北の湖が右から引っ張り込もうとしたが、琴風は右前褌を取るなり得意のがぶり寄り。 北の湖はあっという間に東に詰まり、右膝がガクリといって腰から崩れ落ちた。琴風の大金星、琴風は輪島はじめ上位に大善戦、 三重ノ海を跳ね飛ばし、若手の旗手として一躍脚光を浴びた。
  8日目 三重ノ海(寄り切り)輪島
 立ち合い三重ノ海が左から張り手を一撃、さらに張り手を交えて烈しく突っ張ると、 輪島は顔を背け棒立ちとなった。三重ノ海は飛び込んで両差し、遮二無二東に寄り立て寄り切ってしまった。 輪島は初黒星、三重ノ海はこの相撲をきっかけに立ち直っていった。
  9日目 大潮(寄り切り)若三杉
 立ち合いは五分だったが、左から入ろうとする若三杉に対し大潮は右おっつけから左でも攻めて鋭く出た。 若三杉は為すところなく寄られ、上体も起きて黒房下に寄り切られてしまった。大潮は 3大関撃破、速攻の冴えを存分に見せる。
前画面に戻る