昭和53年
△昭和53年 1月 優勝 横綱 北の湖 敏満 15勝 10
 前半は輪島・北の湖・旭國が全勝、若三杉が 1敗で上位陣の奮闘が光ったが、 後半に入り旭國と輪島が大崩れ、13日目 1敗の若三杉が全勝の北の湖に挑んだが吊り出されて完敗、 14日目旭國を寄り切った北の湖が優勝、千秋楽輪島を寄り切り全勝優勝した。 貴乃花が 4連敗で休場し、北の湖は素晴らしかったが他は13勝の若三杉を含めて今一つ物足りなく、 相撲内容も淡泊で、盛り上がりに欠ける場所となった。
・優勝決定の一番 14日目 北の湖(寄り切り)旭國
 北の湖は左へ踏み込んでいきなり叩き、そして右をすぐ差す狙いが当たる。 さらに左上手も引きつけ、赤房へ寄り立て腕を返しての寄り切り。完勝で優勝を決めた。
・好勝負
 10日目 豊山(掬い投げ)輪島

 輪島は右喉輪から左で上手を引き右攻めを見せたが、豊山は鋭く当たって右左と両差しに成功した。 輪島は右も肩越しに上手を取ったが、豊山は両下手を引くや大きく吊り上げた。 輪島は慌てたがもう遅く、豊山はそのまま東へ殺到、右から大きく掬って輪島を破り、全勝に土をつけ、この場所から上がった金星報奨金の適用第一号となった。
 11日目 北の湖(押し出し)三重ノ海
 考えた三重ノ海は立って猫騙しから両差しを狙ったが、北の湖は気づかない。 三重ノ海が右へ廻り込もうとしたがその前に北の湖左差し右攻めの突進、一気呵成に押し出した。 「目の前でパチンという音がした」と北の湖は語っているが、全く目には入っていなかった模様。
 13日目 北の湖(吊り出し)若三杉
 全勝と 1敗の対戦は事実上の天王山。北の湖は右へ立ち上手を取って左四つとした。 若三杉は一重ながら上手を取り、横綱の上手を切った。しかし北の湖は再度取るや強引に吊り、白房に迫った。 若三杉は寄り返して上手を切り、右から投げようとしたが、廻しが伸びて効かない。北の湖はどうにも上手を切られるので巻き替えに出た。 若三杉は得たりと東に寄って出たが、北の湖は土俵一杯で両差しから左に吊り出して全勝を守った。
 千秋楽 北の湖(寄り切り)輪島
 北の湖は右に変わって上手、黒房に寄り立てた。輪島は左下手投げで堪えた。 北の湖はさらばと右上手投げ、頭を押さえて決めようとしたが、輪島はどうやら堪えて大相撲となった。 しかし輪島は右からの攻めがないし上手も取れない。北の湖は引きつけて黒房に寄り、力尽きた輪島の胸を押して寄り切り、全勝優勝を飾った。
◎昭和53年 3月 優勝 横綱 北の湖 敏満 13勝 2敗 11
 初日輪島が豊山の左内掛けを堪えて切り返したが、右膝を捻挫して休場となった。 しかし、序盤不安定だった上位陣が盛り返し、北の湖・若三杉・旭國に新入幕の尾形まで絡んでの優勝争いと、 富士櫻・蔵間・魁傑・大潮などの活躍、内容のある相撲が多く面白い本場所となった。 10日目には北の湖と尾形が 1敗、11日目に北の湖が残り、12日目は 2敗が若三杉だけとなり、千秋楽若三杉が北の湖を破って優勝決定戦となって盛り上がる。 決定戦は北の湖の完勝で初の連続優勝を達成した。
・優勝決定の一番 千秋楽 若三杉(上手投げ)北の湖
         決定戦 北の湖(寄り切り)若三杉

 千秋楽結びは最大の大一番。若三杉は巧く鋭く立って右上手を浅く取り引きつけた。さらに左を覗かせ、北の湖には上手をやらない絶好の形を築き上げた。 加えて頭を横綱の左肩につけた。こうなって横綱は動きが取れなくなってしまった。 若三杉は絶対有利の体勢から上手を引きつけ、黒房に攻め込み、堪えようとする北の湖を右上手投げで仕留め、優勝決定戦に持ち込んだ。 決定戦は北の湖考えて立ち、右に動いて上手を取る。若三杉は上手が取れず苦しい。 北の湖は上手を充分に引きつけ、左から起こして攻め立て、向正面にて堂々寄り切って連覇となった。
・好勝負
  7日目 魁傑(掬い投げ)旭國

 旭國例によって飛び込もうとしたが、魁傑は得意の突っ張りで阻み、差し手争いから魁傑が右を差す。 旭國も右を差して頭をつけた。両廻しとも取れない魁傑は左を巻き替えて両差し、旭國が内掛けを見せると魁傑は堪えて右掬い投げを見せる。 旭國残して左を巻き替え、左四つがっぷりとなり、攻めあぐんで水入りとなった。ここまで 4分26秒。 再開後、旭國は左内掛けを見せ、魁傑は寄り身で旭國を起こし、右上手投げで決めようとしたが決まらず、 両者疲れて再度水入り。ここまでさらに 3分25秒。協議の結果 1番後(10分後)取り直しと決し、両者は一旦支度部屋へ。 取り直しの一番、旭國は左へ飛んで蹴手繰りの奇襲を見せたが魁傑堪え、突き合いから魁傑の方も蹴返しで応酬した。 そしてガッキと左四つにおさまった。旭國は喰い下がったが、流石に草臥れていることとてだんだん起きてきた。 2分を過ぎ、機を見て魁傑が正面に寄る。旭國は堪えるが腰が上がる。魁傑は長身を利して引きつけなお寄る。 旭國はなお必死で堪えると、魁傑は乾坤一擲の左下手投げ、旭國は遂に力尽きて土俵にドッと倒れた。再戦は 2分33秒。 観衆も控えの貴乃花も酔い痴れた稀に見る死闘、前日 6分35秒の大相撲を取って若三杉に負けた魁傑が、それ以上の時間の相撲を取って勝ったのだからなおさらのことだった。 中継が 6時23分まで延長された、これは現在までの記録である。
 14日目 尾形(押し出し)貴乃花
 貴乃花は怖気がついたか立ち合い定位置で受けてしまった。尾形はそこに右で突き上げを見舞った。 貴乃花は上体が起き、早くも黒房に詰まってしまった。尾形は左から押し込み、大関を押し飛ばして快勝した。 貴乃花は初顔に弱いと言われていたが、新入幕大錦にも負け、今また尾形にも完敗、貴乃花ファンを切歯扼腕させる一番となった。
△昭和53年 5月 優勝 横綱 北の湖 敏満 14勝 1敗 12
 輪島が不振で、土俵展開は全勝街道をゆく北の湖と若三杉による 3場所連続の争いである。 早くから絞られてしまい、さらに全体的に呆気ない相撲が多く、どこか物足りない本場所となった。 11日目若三杉が復調著しい三重ノ海に吊り出されて 1敗となったが、 14日目若三杉が北の湖を上手投げで下して全勝から引き摺り下ろし、 千秋楽若三杉は肋骨骨折に苦しみながらも旭國を長い相撲の末吊り出して 1敗を守った。 北の湖は輪島を寄り切り連続の決定戦。しかしこの場所も北の湖が上手投げで勝ち 3連覇。 2場所連続優勝同点の若三杉は場所後横綱に昇進した。
・優勝決定の一番 決定戦 北の湖(上手投げ)若三杉
 若三杉が待ったして 2度目、当たり合って左四つ、北の湖はおっつけから右上手を引き、死んでも離さじと引きつける。 若三杉も上手を引き、横綱の上手を切ろうとしたが切れず、北の湖の吊り寄りは堪えたが、自分の上手が一重で引きつけられない。 北の湖が東に寄ると、若三杉は右に廻り込んだ。しかし北の湖は再度寄り立て、右上手投げで決め、 3連覇、12回目の優勝、輪島に追いついた。
・好勝負
 初日 大潮(小手投げ)輪島

 休場明けの輪島、立つや輪島は得意の左から下手投げ、大潮は右上手を引いて咄嗟の右外掛けで応酬した。 輪島はあろうことか一瞬腰が崩れ、寄り立てられたものの辛うじて堪えて寄り返し、 右から抱えて西へ突っ走った。大潮は土俵に詰まったがいきなり捨て身の右小手投げ、輪島は俵に足を乗せて体を預けて寄り倒さんとしたが、 出足がつきすぎていて右指先を踏み越して惜敗。微妙な勝負ではあったが輪島無念の敗戦。
  6日目 高見山(寄り倒し)輪島
 五分に当たって高見山が突っ張ると輪島は思わず顔をそむけてしまった。 高見山は素早く飛び込んで左差し、腕を返して右上手を取り、正面に突進した。 輪島は黒房に詰まって必死に右突き落としを見せたが、高見山はそのまま預けて寄り倒した。 高見山は11個目の金星、新記録を樹立した。
 11日目 三重ノ海(吊り出し)若三杉
 両者右手を着いて見合い、三重ノ海が突っかけるを若三杉は受けずと見るうちに、若三杉東に突き飛ばされて尻餅をついた。 兎も角もやり直し、若三杉は我を忘れ硬くなると、三重ノ海は左から右とほぼ同時に入って両差し、間髪入れず吊り上げ、白房に吊り出して快勝した。
 14日目 若三杉(上手投げ)北の湖
 バッタリ左四つに組んだが、若三杉は北の湖の上手を切り、自身は上手側に体を寄せた。北の湖が右から攻めて出ようとしたが若三杉は寄り返した。 土俵中央で数呼吸の後、若三杉が仕掛けて寄り立てた。北の湖は赤房に詰まって無茶な左下手投げ、若三杉は揺らいだが、右で上手投げを打つと北の湖は土俵に転落し、両者 1敗の相星となった。 1分の熱戦を制して横綱に大きく前進した若三杉だったが、相手に上手をやるまいとして廻しを大いにきつく締めたせいもあり、肋骨を骨折した。
◎昭和53年 7月 優勝 横綱 北の湖 敏満 15勝 13
 若三杉改メ新横綱若乃花は極度の緊張から初日富士櫻に対し変化したが呆気なく押し出され、 9日目琴風に敗れた。輪島が復活、また北の湖も好調。輪島は得意の下手投げはあまり使わず、 基本的に寄り、押しで勝負した。北の湖は馬力充分、相手を桟敷まで弾き飛ばす相撲で圧倒する。 全勝の北の湖・輪島を 2敗で若乃花が追っての横綱の星争いとなった。 13日目の輪島に若乃花は得意の下手投げが決まって輪島13連勝、ここで若乃花は脱落した。 14日目、両横綱の全勝対決は持久戦から北の湖が寄り切って全勝を守る。千秋楽、輪島は三重ノ海を寄り切って 1敗を守ったが、 北の湖は若乃花戦、左からの掬い投げで破って全勝優勝した。
・優勝決定の一番 千秋楽 北の湖(掬い投げ)若乃花
 すぐに左四つとなり、若乃花が北の湖の上手を切って有利な体勢となった。 しかし若乃花の上手も一重、北の湖は圧力をかけた。若乃花は得意の上手投げを打とうとして腰を引いた。 そこを北の湖は左から無造作に掬って決め、力の差を存分に見せて全勝優勝を決めた。
・好勝負
 初日 富士櫻(押し出し)若乃花

 新横綱若乃花は、土俵入りからゴチンゴチンだった。取組になっても緊張は全く取れなかった。 それというのも相手がやや苦手の富士櫻だったからである。若乃花は気がついたときには左に飛んでいた。 しかし富士櫻は悠々ついていって押し立てた。若乃花はハッとして右上手を探ったが上体浮き上がって青房下、 富士櫻の攻勢は止まず遂に東に押し出された。
  8日目 北の湖(押し出し)玉輝山
 玉輝山はどういっても勝ち目はないとて横綱の隙を窺っていた。 しかし、あまりに落ち着きがないので横綱に見抜かれた。玉輝山はそれでも時間前にドンと頭からぶちかました。 ところが横綱は慌てるどころか逆に左を固めて右から挟みつけて正面に押し、左から一発ドンと押すと、 玉輝山は黒房下から桟敷に吹き飛ばされてしまった。「バカ負けした」とは玉輝山の敗戦後の感想。
  8日目 若乃花(掛け投げ)三重ノ海
 若乃花が左差しを狙うと三重ノ海は右からおっつける。若乃花はなお出ながら左を入れんとし、遂に差し込んだ。 さらに右上手を取り、寄り立てた。三重ノ海は劣勢だったが、左に廻り込み、体勢を下げて上手を切り、逆に得意の体勢とした。 三重ノ海は反撃、正面に寄り立てる。若乃花が小手を振ろうとすると三重ノ海は左外掛け。若乃花は反って大いに危なかったが、 足をはね上げて右掛け投げ、やや強引だったがどうにか決めた。攻防のある面白い相撲だったが、困ったことに三重ノ海、若乃花の順で待った。これは汚い。
 13日目 輪島(下手投げ)若乃花
 横綱戦の火蓋が切って落とされた。互いに待ったがあって 3度目に立ち上がり、若乃花が素早く左から入って右上手充分。 輪島は右から絞り、上手を狙ったこともあったが執着しない。若乃花の上手は一枚、しかし引きつけて寄る。輪島は堪える。 なお若乃花はじりじり寄る。輪島、待っていましたと左下手投げ、若乃花は腰に乗って無惨に倒れ、 3敗目を数え脱落した。
 14日目 北の湖(寄り切り)輪島
 この場所随一の大一番である。立って両者ちょっと右に動き左四つ。 北の湖が右上手で輪島は左半身という例の体勢。北の湖は左で前褌を取った。他方輪島は右で絞って頭をつけた。 さらに輪島は勇を鼓して左下手投げを振ったが、北の湖はちょっとしか動かない。 輪島の頭は上がった。北の湖は充分となった。しかし攻勢に出ず、持久戦の構えのまま 2分52秒で水。 再開後、北の湖は 2度右上手から強烈に振った。輪島は頭を押さえられたが辛うじて残した。 しかしこれで完全にスタミナが尽きた。北の湖は胸を合わせた。そして東に寄った。 輪島は必死に堪えた。しかし遂に右足から土俵を割って転がり落ちた。計 3分17秒。北の湖は全勝を守り、 4連覇に大きく踏み出した。
△昭和53年 9月 優勝 横綱 北の湖 敏満 14勝 1敗 14
 初日に 3大関 1横綱が倒れ、輪島はまたも途中休場。若乃花は 4日目、すっかり苦手となった富士櫻に送り出され、 9日目には琴風にまたも屈し 2敗、北の湖は 9日目高見山に力負けし寄り切られ 1敗。 両横綱とも不安定ながらどうやら優勝を争い、千秋楽の対戦にまで持ち込まれたが、北の湖が吊り出して勝って 5連覇、14回目の優勝となった。 大関は三重ノ海の10勝がやっと、やや内容の薄い本場所となった。麒麟児が優勝争いに加わったのが救いではあった。
・優勝決定の一番 千秋楽 北の湖(吊り出し)若乃花
 互いに左四つ右上手を狙って取り、若乃花が出ると北の湖は上手が切れたが下手投げで振って取り直す。 若乃花両廻しを引きつけて赤房に出んとすると北の湖引きつけ返して数呼吸、若乃花が吊り身に右上手投げを打ちながら右に廻り込もうとしたところ、 北の湖は両廻しを引きつけ吊り上げて赤房に詰め、再びグッと吊り上げて吊り出し、遂に 5連覇を遂げた。
・好勝負
  9日目 高見山(寄り切り)北の湖

 立つなりがっぷりの左四つとなった。高見山は右の上手を引きつけて東に寄り立てた。 北の湖はその都度堪えて寄り返す力相撲。高見山は 3度目の寄りを見せた。北の湖は左から下手投げを打とうとした。 しかし高見山の圧力をまともに受けて右足を不覚にも大きく踏み切ってしまった。北の湖は連勝が24でストップ、高見山は12個目の金星。
 12日目 三重ノ海(外掛け)貴ノ花
 貴ノ花が巧く二本差したが、三重ノ海は閂から左をねじ込み、頭をつけた。 貴ノ花は左下手一本で踏ん張って寄るが、三重ノ海は右から出す。さらに三重ノ海は東に寄ったが、 貴ノ花は右上手を取って上手投げを打ち、相手を起こしてがっぷり四つ。貴ノ花は勝負と吊り身を見せると、 三重ノ海は左で外掛け、これは強引ではあったが、貴ノ花は堪え切れずまともに崩れた。
◎昭和53年11月 優勝 横綱 若乃花 幹士 15勝 2
 年間完全制覇を懸ける北の湖が初日麒麟児に敗れる大波乱。全勝は輪島と若乃花、 1敗で北の湖が追う展開で13日目へ。 この日の若乃花−輪島は水入りから寄り倒して若乃花が勝つ。 北の湖は苦手の黒姫山に叩かれて 2敗。14日目北の湖−輪島は、輪島の怪腕唸り下手投げで快勝。 若乃花は全勝を守る。千秋楽、輪島は三重ノ海のしぶとい相撲の前に寄り切られて若乃花の優勝が決定した。 若乃花は北の湖を破って初の全勝優勝を飾った。
・優勝決定の一番 14日目 若乃花(下手投げ)三重ノ海
 立って左四つ、若乃花の方が先に引きつけたが、三重ノ海が吊り身に出た。 若乃花は左下手から振って体を入れ替える。三重ノ海の廻しが緩んで締め直し、 若乃花が西にグイグイ迫ると三重ノ海はどうやら堪えたが、若乃花はさらに正面に寄り、左下手投げで倒した。 長い割には内容はさほどでもなかった。翌日 1敗の輪島が三重ノ海に屈して若乃花の優勝が決まった。
・好勝負
 初日 麒麟児(掬い投げ)北の湖

 麒麟児の突っ張りを受けた北の湖は見ながら突っ張った。そして麒麟児が左を覗かせると北の湖は左に体を寄せて強引に出た。 北の湖がやっと右上手を取ったその瞬間、麒麟児は左に逃れて左からちょっと掬った。 すると北の湖は意外にも左膝が崩れて横転してしまった。大番狂わせ。
 12日目 青葉山(吊り出し)旭國
 突き合いから旭國が左を差すと間髪入れず青葉山は右を巻き替える。 旭國は慌てて左を巻き替えたが青葉山すぐさま右を巻き替えて右四つ充分、旭國の頭を上げて吊り上げ、最後は両差しで白房に吊り出した。 青葉山は旭國を上廻る前捌きで 3大関総なめを達成した。
 13日目 若乃花(寄り倒し)輪島
 全勝同士の横綱戦。立ってすぐ左四つとなり、輪島は例の如く半身に構える。 若乃花は右上手を取ったが左下手を切られた。暫く動きなく、若乃花が下手を再度引くと、輪島も右上手を取った。 そして輪島が 3度吊りを見せたが、決まらない。輪島は疲れたが寄りを見せる。 若乃花は上手投げを打つ。ともに決まらず、遂に水。 3分45秒。 再開、若乃花が右上手を引きつけて攻勢、輪島は必死に堪えたが、若乃花は右上手投げで大きく崩し西に寄り立てた。 輪島はほぼ爪先立ちの状態で必死に堪えるが、若乃花も渾身の力を込めて攻めつけ、とうとう黒房に寄り倒した。
 千秋楽 三重ノ海(寄り切り)輪島
 輪島がつっかけて三重ノ海が待った。この場所は乱れた立ち合いが非常に多い。 三重ノ海は右前褌を引きつけ頭をつける絶好の体勢となる。輪島は左下手も取れず、三重ノ海の寄りを必死になって残した。 しかし三重ノ海はなお攻勢、向正面に輪島を起こして寄り立てると、輪島は辛うじて左下手を引き、寄り返した。 だが三重ノ海有利は変わらず、なお三重ノ海は向正面に寄り立て、堪える輪島を堂々と寄り切った。 輪島は 2敗目を喫し、若乃花の優勝を決めさせてしまった。
 千秋楽 若乃花(寄り切り)北の湖
 左四つ、北の湖は上手を引き即決を望んで強引に寄り進んだが、若乃花に廻り込まれて肝腎の上手が切れてしまった。 若乃花は逆に有利な体勢から上手投げで脅かし、頭をつけた。北の湖の上体は起きた。 若乃花は再度揺さぶって寄る。北の湖は腰が完全に伸びて呆気なく青房に寄り切られてしまった。 若乃花はこの一番で全勝優勝を達成、大いに自信をつけた。
前画面に戻る