昭和54年
○昭和54年 1月 優勝 横綱 北の湖 敏満 14勝 1敗 15
 輪島が不調で 5敗。若乃花が前場所に引き続いて好調で全勝を続ける。 北の湖は 7日目黒姫山に当たり負けして押し出され 1敗。若乃花の連続優勝が確実視された。 ところが12日目旭國に巧く取られて寄り切られ北の湖と並ぶ。さらに13日目若乃花は上体だけで当たるところ、 2敗の三重ノ海に左肩透かしと右首捻りの合わせ技に沈められ僅々半秒で 2敗目。 生き返った北の湖は14日目若乃花を破る。この日まで 2敗だった金城と三重ノ海が既に敗れており、若乃花戦に勝った北の湖の優勝が決まった。 また、元大関魁傑が引退、その引き際も爽快だった。
・優勝決定の一番 14日目 北の湖(寄り切り)若乃花
 既に 2敗力士は金城・三重ノ海と敗れており、残るは若乃花のみ。 この一番に 1敗の北の湖が勝てば、その瞬間に優勝が決定する。いきなりがっぷりの左四つとなったが、若乃花は「切りやすい」と豪語する通り北の湖の上手をあっさり切った。 そして分のいい体勢から若乃花は上手側に身を寄せて投げようとしたが、北の湖は心得て右から抱え、すかさず東への寄り身。 若乃花はこれを残して中央へ寄り返す。数呼吸、北の湖は上手が取れない。若乃花は焦れた。 北の湖は上手投げを打った若乃花につけ入って右から挟みつけ、正面に寄り切って優勝を決めた。 2分余の相撲、上手を切って若乃花の方が体勢は良かったが、それでも勝てないあたりに若乃花の課題がある。
・好勝負
  7日目 黒姫山(押し出し)北の湖

 北の湖は黒姫山の右おっつけを想定していたが、黒姫山は凄まじい当たりから右をいきなり差した。 横綱は裏をかかれて大いに慌て、左を巻き替えようとした。ここぞと黒姫山は両筈一気に押し込むや正面に押し出して連続金星を挙げた。
 10日目 出羽の花(寄り切り)魁傑
 出羽の花は右上手を浅く引き、魁傑の左腰について頭もつけた。魁傑の左差しは殺された。 出羽の花は魁傑を起こして左小股掬いから寄ると、魁傑は右を入れて下手投げを打ったが土俵を割ってしまった。 この場所 3連勝から始まった魁傑だが、この日で 4勝 6敗となり引退を決意、この一番を最後に土俵を去った。
 10日目 長岡(突き出し)貴ノ花
 絶好調の長岡は入幕 2場所目。この日は大関に対し猛然と突き立てる。貴ノ花は応戦して中に入ろうとしたが、長岡の突っ張りの前に起こされてしまった。 かくて貴ノ花、西から向正面、赤房へと右への廻り足を駆使して逃れ逃れたが、遂に抗えず左足が土俵を割ってしまった。 この相撲で長岡は勝ち越し、「大物」ぶりを遺憾なく発揮すれば、貴ノ花はまたも初顔相手に完敗と、全く対照的な形となった。
 12日目 旭國(寄り切り)若乃花
 旭國は立ち合いに左変化を見せ、小手投げから右差し、左も浅く入れて頭をつける。 若乃花は旭國の右絞りの前に左を入れられぬ。旭國は右を上手浅い前褌に替え、頭をば若乃花の顎の下につけてがっちり構えた。 これで若乃花も動けず土俵中央で止まること実に 4分余。まさに水が入らんとしたその時、旭國が左から起こすや青房への寄り、若乃花は遂に力尽きて寄り切られた。 4分42秒の死闘、若乃花は連勝が26でストップ、当時の現役最高である輪島の27にあと一歩及ばなかった。
 13日目 三重ノ海(肩透かし)若乃花
 若乃花はまさに自滅の形で優勝争いから後退してしまった。若乃花は低く出た。 しかしいくら低くといっても、まるで踏み込まないで上体だけで突っ込んでいった。これは若乃花の悪癖である。 対する三重ノ海は左を覗かせるや、待ってましたと肩透かしを引きざま右から首捻りを強行した。虚を衝かれた若乃花、あっと思う間もなく左から土俵に埋まり 2敗目を喫した。 三重ノ海は場所前の横審総見でやった手を本場所でも決行、たったの 0秒 5で豪快に勝ちを収めた。
◎昭和54年 3月 優勝 横綱 北の湖 敏満 15勝 16
 初日に若乃花が富士櫻に屈したが、この場所の 3横綱は強かった。 10日目に輪島が黒姫山に敗れたものの、全勝北の湖を中心に13日目からの 3横綱総当たりに優勝の行方が持ち越されたのだから本当に横綱は強かった。 少し若乃花に頼りなさが残るものの、輪島と北の湖は盤石の強さ。最終的には14日目で北の湖の優勝が決まりはしたが、これは力関係から言って致し方のないところ、 寧ろ横綱に殆ど波瀾のなかった場所に相応しい幕切れであった。
・優勝決定の一番 14日目 北の湖(寄り倒し)輪島
 互いに右に動いて左四つ、輪島の左半身、北の湖の右上手は例の如し。 北の湖の引きつけに対し輪島は下手投げで揺さぶるが、北の湖はなお引きつけ、 2度ばかり寄り立てた。 輪島は廻り込んで土俵中央に戻す。しばらく動かず水入りとなった。再開して北の湖は矢庭に上手投げを放つ。 輪島が堪えるに構わず北の湖はなお引きずり廻し、左を深く差して正面に寄り立てて、輪島が打っ棄ろうとすると上手を離して万全の詰めで寄り倒した。
・好勝負
  5日目 若乃花(引き落とし)栃赤城

 若乃花は例によって左を差そうとしたが、栃赤城は執拗に右から攻めて右差しで寄り立てた。 若乃花は向正面で大いに危なかったが、右から掬って栃赤城の後ろに廻り、羽交い締めの恰好で強引に送り出そうとした。 しかし栃赤城はこの恰好で右腕を下に伸ばし、若乃花の腿を探って襷反りか変形撞木反りを狙ったものだから若乃花も持て余した。 そして栃赤城は再び正対して右差しから正面に突進を見せた。若乃花は危うく腰が砕けかかったが、 辛うじて残すや右上手から右方向へ透かした。若乃花も仰倒したが、栃赤城の左膝が早く落ちた。 軍配は栃赤城だったが、物言いがついて差し違い、若乃花の辛勝となった。
  9日目 朝汐(不戦)旭國
 この場所は金城が栃光を襲名、また長岡は朝汐を襲名して話題となった。 人気者の朝汐は第二の地元といわれる大阪で、襲名祝いの大活躍を期待されたのであるが、立ち合いの突っ込みが悪く、驚く莫れ初日から 8戦 8敗、 ストレートの負け越し、誰からも襲名祝いの白星を取ることができず、炭団街道まっしぐらであった。 9日目、朝汐は待望の白星を戴いた。しかしこれは旭國腰椎捻挫による休場の不戦勝だった。 大きな名を貰った朝汐の初白星がこれだから、本人も周囲もがっかりしたのであった。
 10日目 黒姫山(叩き込み)輪島
 輪島と黒姫山は喧嘩四つである。従って輪島は何としても左から入らんものと、頭を下げて鋭く踏み込んだ。 しかし黒姫山は裏を掻いて右への変化、右から強烈な掻っ撥きを敢行した。この奇襲は輪島の想像を超えていた。 輪島は右手からバッタリ。僅か半秒で輪島に初黒星がついた。
 12日目 北の湖(押し出し)富士櫻
 突き押し相撲の富士櫻、この最強の横綱に、策を練り練り立ち向かう。立つなり右へ変化して、腕のつけ根を突き落とし、この手で揺さぶる筈だった。 先刻承知と北の湖、富士櫻のいる方向へ、烈しく雄々しく凄まじく、左でかち上げ両筈で、ドドドとばかり突っ走り、向正面まっしぐら。 狙い打たれた富士櫻、あっという間に後はなし、 2秒も持たず追い出さる。横綱あまりに強すぎて、客の口から一語も出ず、しんとばかりに静まった。正面実況アナウンサー、「強い」と一つ吐き出して、まさに心(しん)から驚いた。
◎昭和54年 5月 優勝 横綱 若乃花 幹士 14勝 1敗 3
  3横綱に大関三重ノ海を加えての激烈な優勝争いとなる。中日を終わって全勝はこの 4人。 9日目三重ノ海は荒勢の寄りに屈し 1敗。10日目輪島が旭國に寄り切られ土をつけると、 32連勝中の北の湖が三重ノ海の上手出し投げに土俵を横断して尻餅をつく大波瀾。 若乃花が全勝を守っている。13日目若乃花は輪島を寄り切り、14日目には三重ノ海を倒す。 同じく14日目、北の湖は強引な相撲で輪島に敗れ、若乃花は三重ノ海を破って若乃花の優勝が決定した。千秋楽北の湖が若乃花の全勝を止めて13勝目。 輪島は12勝。三重ノ海が13勝を挙げた。
・優勝決定の一番 14日目 輪島(寄り切り)北の湖
             若乃花(下手投げ)三重ノ海

 左四つから北の湖が輪島の上手を切ってドドドッと寄り進めば、輪島も堪えて寄り返し、数呼吸して北の湖がいきなり上手投げを打ったが余りに強引すぎ、 輪島は腰の伸びた北の湖を一気に寄り切った。これでこの両者は 2敗となり、若乃花が俄かに有利となった。若乃花は 1敗の三重ノ海と対戦、三重ノ海が左四つから先に上手を取ったが、 若乃花は三重ノ海が寄らんとした端を捉えて上手を取る。三重ノ海は速攻に活路を見出ださんとして向正面にがぶったが、若乃花は左下手投げで鮮やかに逆転、全勝を守って優勝を手中にした。
・好勝負
 10日目 旭國(小手投げ)輪島

 旭國は立ち合いいきなり去なした。輪島は驚いて西へ泳いだ。旭國はすかさず頭から飛び込んで左差しで寄り立てた。 輪島は土俵際で必死になって堪えたが、遂に寄り切られた。この場所も盤石の相撲を続けた輪島、奇襲に遭って黒星がついた。
 10日目 三重ノ海(上手出し投げ)北の湖
 三重ノ海は気合満々だった。立ち合い激しく突っ込んでいきなり右へ変わった。 体当たりすべき目標が一瞬にして消え去った北の湖は、たたらを踏んで大きく泳いだ。 三重ノ海は右から出し投げ、北の湖は呆気なく左足を踏み出して尻餅をつき、遂に連勝は32でストップした。北の湖・三重ノ海ともに 1敗である。
 13日目 若乃花(寄り切り)輪島
 互いに待ったをやって 3回目に立つ。左四つとなるが輪島の廻しは緩く、若乃花は引きつけが効かない。 輪島は両廻しを引きつける。輪島の寄りを若乃花が堪えるうちに輪島の廻しが緩んで締め直す。その後若乃花は正面に寄り立てたが輪島が寄り返す大相撲、 水が入り、再度若乃花が正面に寄り立てると輪島は寄り返すが、一呼吸おいて若乃花が引きつけて正面に寄り進み、力の尽きた輪島を寄り切って全勝を守った。
 千秋楽 北の湖(寄り切り)若乃花
 北の湖が早く上手を取るが、がっぷり左四つとなる。北の湖は強く引きつけ、若乃花の腰を伸ばした。 若乃花は右へ逃げようとしたが、北の湖は吊り身に西へ迫り、寄り切って圧勝し若乃花の全勝優勝を阻止した。
△昭和54年 7月 優勝 横綱 輪島 大士 14勝 1敗 13
 三重ノ海が横綱を目指したが初日栃赤城の逆とったりに沈んで黒星。 2日目北の湖は魁輝に寄り切られ一敗。初日に負けた三重ノ海は 2日目以降調子を取り戻して快走。 10日目全勝の若乃花を下手投げに屠り、若乃花は以後崩れて 4敗に終わった。三重ノ海は11日目貴ノ花、 14日目北の湖を破って千秋楽全勝の輪島と対した。輪島も久々の全勝を懸けての大事な一戦であったが、 三重ノ海は凄まじい速攻で寄り倒し、優勝決定戦に持ち込んだ。決定戦は輪島が吊りで崩しての寄り切りで制し、13回目の優勝。 三重ノ海は横綱に推挙された。千秋楽の決戦は盛り上がったが、場所の内容は低調であった。
・優勝決定の一番 千秋楽 三重ノ海(寄り倒し)輪島
         決定戦 輪島(寄り切り)三重ノ海

 輪島は全勝優勝を目指し、三重ノ海はこの相撲に勝って横綱への切符を手にしたい。 三重ノ海は右で張って物凄い当たりを見せ、左を覗かせるや思い切った肩透かしを急襲、 さらに掬って大きく泳がせ、黒房で左差し手を突きつけ激しくしかも鮮やかに寄り倒した。凄まじい迫力であった。 こうして相星となり、優勝決定戦となったが、今度は輪島が左を入れて充分、三重ノ海も左四つは得意であるから寄るが、 輪島は右からおっつけてこれを阻み、三重ノ海がなお両廻しを引いて出ようとするところを、輪島は右上手を取って振り、体を入れ替えて寄り切った。
・好勝負
 初日 栃赤城(逆とったり)三重ノ海

 栃赤城は頭を下げて押して出たが、三重ノ海はこれを突き放し、右差しから出る栃赤城の右腕を取ってとったりで黒房に沈めようとした。 しかしこれはやや強引で、栃赤城は堪えて正統の逆とったりに返した。三重ノ海はたまらず崩れ初日に躓いた。栃赤城は逃げて自分から打つ逆とったりを得意としているが、相手のとったりを返す逆とったりは珍しい。
  6日目 北の湖(叩き込み)黒姫山
 この場所は相撲の内容が悪かった。猛暑のせいもあったが、立ち合いの策戦が異常に目立ち、汚い印象を与えて興を殺いだ。その典型的な一番。 北の湖が突っかけるのを待ったした黒姫山は、ジーッと睨み合った末下から突っ込んだ。しかし北の湖は受けて右へ飛んだ。 黒姫山はのめった。北の湖はさらに右から叩いて潰した。この場所はこんな相撲が多かった。
 10日目 三重ノ海(下手投げ)若乃花
 若乃花が右上手、三重ノ海は頭をつけて左を差し右で絞る。若乃花は上手が取れない。 三重ノ海が寄れば若乃花は上手を探る。三重ノ海は相手に上手を与えるとまずいので土俵中央に止まって出を窺う。 機を見て三重ノ海が寄り立てる。若乃花はやっとのことで上手を取り、寄り返した瞬間、三重ノ海は思い切って下手投げ、若乃花は出足の勢いがあったため白房下に吹っ飛び逆転負けして 1敗となった。
 11日目 輪島(寄り切り)魁輝
 時間前に立った。すぐに左四つとなって輪島が充分、魁輝に上手をやらず、輪島は腰を落として吊り身にジリジリ寄り、黒房で寄り切って完勝。輪島は本当に落ち着いている。
△昭和54年 9月 優勝 横綱 北の湖 敏満 13勝 2敗 17
 新横綱三重ノ海は 6日目を終わって 3勝 3敗の五分、 7日目大関旭國戦は背水の陣であったが、 左下手投げで辛くも勝って立ち直り、11勝 4敗で場所を終えた。この相撲で右肩を痛めた旭國は休場、10日目引退を表明した。 若乃花は不調。輪島は前半は好調であったが後半には人が変わったようになって 5敗。 序盤で 2敗したはずの北の湖の一人天下となって13勝 2敗で優勝。金星濫発、内容の伴わない落第場所であった。
・優勝決定の一番 14日目 北の湖(寄り切り)貴ノ花
 貴ノ花が鋭く当たって突き、さらに右から小手投げを打って揺さぶった。 北の湖は一瞬グラッときたが、立ち直って左四つに組み止めて引きつけ、慎重に出て寄り切った。 千秋楽若乃花が敗れて北の湖の優勝が決定した。
・好勝負
  7日目 三重ノ海(下手投げ)旭國

 極度の緊張から三重ノ海は 3勝 3敗の五分。この日から横綱土俵入りの化粧廻しを「一簣功」の三ッ揃いから、 「努力(太刀持ち)・神力(横綱)・闘志(露払い)」に替えた。さらに三重ノ海は花道で嗽水の代わりに酒を呑んで控えに入場してきた。 しかし相撲は大苦戦だった。旭國が突っ張りから飛び込んで両差し、三重ノ海は閂に極めようとする。 旭國が振りほどくと三重ノ海は張り手を数発。旭國は構わず飛び込んで右の横褌を引き左四つ充分の体勢となった。 しかし三重ノ海は持久戦に出て動かず、旭國は疲れてきた。だが旭國は最後の力を絞って向正面に寄り立てた。 三重ノ海は後退したが、左下手を掴んで大きく腰を廻して下手投げを放ち、大逆転で 3連敗を免れた。 一方、旭國はこの相撲で右肩がボリボリという音を立てた。翌日の検査で右肩挫傷という診断が下り、さらに翌日再検査を受けると、 全快は長引くであろうと言われる。遂に相撲博士旭國は引退を決意、10日目に発表して土俵に別れを告げた。
 10日目 栃赤城(寄り切り)輪島
 輪島が栃赤城以上に半端且つ奇怪な相撲を取って完敗した相撲である。 立つなり輪島は左上手を掴み無茶な投げを打った。栃赤城は呼び込まれて右を十二分に差し込んだ。 輪島は慌てて右から起こそうとしたがうまくいかない。すると輪島は呼び込んで右手で大渡しの奇襲をかけたが、栃赤城は喰わない。 栃赤城は逆に左から絞って東へ突っ走り、輪島に有無を言わさず寄り切ってしまった。
○昭和54年11月 優勝 横綱 三重ノ海 剛司 14勝 1敗 2
 初日若乃花が栃赤城の突然の猛突っ張りに対応できず押し出され、 7日目三重ノ海、12日目には輪島も栃赤城に屈した。栃赤城には勝った北の湖だったが、 この場所はガタガタに崩れ 5敗、輪島も 5敗、若乃花と三重ノ海が 1敗で優勝を争ったが、14日目の直接対決において三重ノ海が勝ち、 千秋楽若乃花が輪島に敗れて三重ノ海の 4年振り 2回目の優勝が決定。三重ノ海は北の湖を破って14勝 1敗。
・優勝決定の一番 14日目 三重ノ海(寄り切り)若乃花
 若乃花が突っ張ったが三重ノ海は張り手を交えて応酬、さらに三重ノ海頭を下げて飛び込み、右で上手を取って左差し、頭もつけて充分。 若乃花は廻しが取れない。三重ノ海は機を見て寄り立て、若乃花が青房で左足を踏み切って三重ノ海の勝ち。 若乃花は 2敗、三重ノ海は 1敗を守った。若乃花は千秋楽輪島に敗れ、三重ノ海の優勝が決定した。
・好勝負
 初日 栃赤城(押し出し)若乃花

 若乃花は安易に右から捕まえにいったが、栃赤城は突っ込むと両手突きを強襲、 意外にも吹っ飛んだ若乃花を栃赤城はなお両手突きで追撃、 5発で若乃花は無惨にも突き出された。 両手突きは立ち合いにやるのはいいが、ずっと両手突きを続けると隙が大きくて去なされやすく、 去なされると出足が止まらず極めてまずいのであるが、若乃花は立ち合いで怯んでしまい隙を狙うも何もできずじまいだった。 栃赤城はこのあと三重ノ海・輪島を倒した。
  3日目 増位山(内掛け)貴ノ花
 貴ノ花は左から小手投げを振って左を差しがぶる。増位山は得意の右廻しが取れず左へ廻り込むばかり。 貴ノ花は左を返してなお吊り身に寄り立てた。しかしこの吊り身が増位山のつけ入る隙となり、増位山が得意の右内掛けを放つと貴ノ花はあえなく崩れてしまった。 吊り寄りが得意の貴ノ花はこの年内掛けで増位山に 4敗、右で 3敗・左で 1敗というから手の施しようがなかった。
  9日目 玉ノ富士(寄り切り)北の湖
 玉ノ富士は右に飛んで上手を引き、頭をつけて北の湖の左腰に喰いついた。 北の湖は左半身の体勢で苦闘、玉ノ富士の左筈の寄り身は取り敢えず堪えて寄り返したが、体勢は変わらず、 再度の割り出し気味の寄りに北の湖は赤房下で敗れて 2敗目となった。玉ノ富士は前場所に続き北の湖に連勝した。
 12日目 貴ノ花(寄り切り)北の湖
 貴ノ花はこの場所絶不振で10日間で 5勝 5敗であったが、11日目輪島に勝ち、12日目には北の湖を破って最終的には 9勝したのだからその精神力には恐れ入った。 北の湖戦は、やや右に動いて上手を取り、頭をつけた。つまり北の湖の側に立てば、玉ノ富士戦と同じ体勢で苦しむこととなった訳である。 貴ノ花は上手投げと寄り身で幾度も脅かし、北の湖はどうやら堪えていたが、遂に辛抱し切れず右巻き替えに出た。 貴ノ花はその機を捉えて左から起こし、東にドッとばかり寄り立て、堂々寄り切った。貴ノ花は北の湖に15連敗していたが、苦境に立ちながらも大きな白星を得て勝ち越しに王手をかけた。 逆に北の湖はこの場所脆さが目立ち、自分でもこんな立ち合いでは駄目だと歯軋りしていた。
 千秋楽 三重ノ海(寄り切り)北の湖
 この場所の優勝力士と、時代の最強力士との対戦だったが、なんとも呆気ない相撲で優勝力士三重ノ海が圧勝した。 北の湖は全く踏み込めず、三重ノ海が左を差すと北の湖は右から抱える体勢となってしまった。 三重ノ海は右を浅く取り、右上手投げ気味に向正面を右に廻り、北の湖が応じて右攻めのあと左下手投げで振ると、三重ノ海は逆に右上手出し投げで崩した。 三重ノ海が素早く左を返して頭を下げてのがぶり寄りを見せると、腰が伸びた北の湖はズルズル下がって正面に簡単に寄り切られてしまった。 出来不出来の差が大きく出た相撲であった。三重ノ海がこの場所使った三ッ揃いの揮毫である「無心(太刀持ち)・闘魂(横綱)・忍耐(露払い)」はこの場所絶妙のバランスを保って土俵に発揮された。
前画面に戻る