昭和55年
△昭和55年 1月 優勝 横綱 三重ノ海 剛司 15勝 3
 輪島が初日大関取りの増位山の外掛けに敗れて 3日目から休場。 若乃花は立ち合いが異常に乱れ、序盤で星を落として苦しんだ。北の湖は 8戦勝ちっ放しの後 9日目荒勢に叩き込まれ、 11日目富士櫻には引き落とされた。こんな土俵で三重ノ海の独り舞台となって13日目北の湖、 14日目貴ノ花、千秋楽若乃花を寄り切って連覇、全勝優勝を成し遂げた。貴ノ花は負け越し、栃赤城と大関を争った増位山は12勝 3敗で当確となった。
・優勝決定の一番 14日目 三重ノ海(寄り切り)貴ノ花
 貴ノ花が左肩から当たったが、三重ノ海は右から張るやドッとぶち当たって左差し、 右から挟みつけてドッとばかり出た。貴ノ花はちょっと左に廻り込もうとしたがあえなく土俵を割って崩れてしまった。 全く相撲にならず三重ノ海の優勝が決定した。
・好勝負
 初日 増位山(外掛け)輪島

 差し手争いから右四つに組んだ。輪島の左上手は一重。増位山は輪島の上手を再三再四切ろうとする。 上手は一重だから切れないが、切れないまでも陽動としては実にうまくいった。増位山は身動きの取れない恰好であったが、 それでも輪島の神経が左上手に向いたと踏んで、思い切って左の外掛けを掛けた。 輪島はこれを踏ん張って堪えようとしたが白房に後退、ドウと崩れてしまった。
  8日目 三重ノ海(掬い投げ)栃赤城
 全勝同士でぶつかった。立ち合い栃赤城は右から突き放し、さらに猛然突き放すと三重ノ海は後退、東から赤房を経て向正面に詰まったので館内はどっと沸いた。 しかし巧者三重ノ海はサッと頭を下げて左前褌を取るや正面に鋭く逆襲してきた。 そして左を深くして一気に詰め、栃赤城の右上手投げを左掬い投げに返して勝った。栃赤城の攻めは積極的だったが、三重ノ海の出足は凄い。
  9日目 荒勢(叩き込み)北の湖
 ドッと激しく当たり合い、荒勢がいつもの右差しではなく意表を突く猛突っ張りで襲いかかった。 北の湖は些か動揺したか、やや焦り気味に青房に後退、右から去なして左体当たりで逆に捕まえようとした。 しかし荒勢も右に廻り込んで左で叩くと、北の湖はつんのめって青房にバッタリと倒れ、27連勝中の相手に不覚の黒星を喫した。
 13日目 増位山(押し出し)千代の富士
 増位山が右下手を素早く取って頭をつけた。千代の富士は左上手が取れない。 増位山はしばらく慎重に構え、機を見て内無双、さらに右掬い投げ、千代の富士はよく残したが、 増位山は反動を利して左筈でドンと赤房に押し飛ばし、11勝を挙げて大関を確実にした。
 千秋楽 三重ノ海(寄り切り)若乃花
 三重ノ海が頭を下げて立ち右横褌を取って左を覗かせる。若乃花は早くも上体が起きる。 三重ノ海は腰を引いて相手に上手をやらず慎重、一度寄り身を見せるが若乃花は堪える。 機を見て三重ノ海は右から上手出し投げ、左を返し腰を割って寄り詰め、赤房で堂々寄り切って全勝優勝を達成した。
△昭和55年 3月 優勝 横綱 北の湖 敏満 13勝 2敗 18
 初日から輪島と若乃花が敗れる大荒れ土俵、新大関増位山と前場所全勝優勝の三重ノ海が途中休場、若乃花には脆さが目立ち、 輪島は中盤からよく立ち直ったが優勝争いには喰い込めなかった。 北の湖が初日から10連勝、11日目朝汐に引き落とされたがさっさと14日目に優勝を決めた。 しかし千秋楽若乃花に敗れて13勝に止まった。相撲内容は良かったが、優勝争いは素っ気無く、目玉の休場もあったために焦点が大いにぼけてしまった。
・優勝決定の一番 14日目 北の湖(寄り倒し)輪島
 毎度お馴染みの左四つ、輪島は半身で右から絞って出たがるが、北の湖は全く動かず逆に寄り返し、右上手投げで掻き廻した。 輪島はこれを堪えて土俵中央で数呼吸、しかし 2分を超えて輪島は草臥れ、遂に右おっつけを諦めて上手を引いた。 これで胸が合い、北の湖の体勢となる。北の湖は腰低く東に寄り立て、そのまま赤房に寄り倒して優勝を決めた。
・好勝負
  2日目 千代の富士(寄り切り)三重ノ海

 三重ノ海は左を差して出んとしたが千代の富士は左で前褌を引いて低く構えた。三重ノ海右で喉を押し、強引に出ると、白房で千代の富士は右を巻き替え下手を深く引き、寄り返す。 右を巻き替えた三重ノ海は正面から黒房に後退して危なかったが両廻しを引きつけて堪え、左に逃れて土俵中央に戻った。しばらくして千代の富士が再び引きつけて吊り寄りで向正面に寄り立て、 逃れる三重ノ海を白房に寄り切った。前捌きの家元横綱三重ノ海に対し右四つに組み勝った千代の富士の大金星。 三重ノ海は24連勝でストップし、左肘挫傷で 5日目より休場した。
  6日目 北の湖(寄り切り)黒瀬川
 時間一杯、腰を下ろし右手を着いたはいいが、北の湖は黒瀬川の動きを凝視、受けて立たんという構え、 黒瀬川は左手をぶらぶらさせて牽制し、隙を窺う。実に25秒かかって呼吸を合わせ立ったが、黒瀬川は奇策も何もなく左を引っ張り込まれてしまった。 北の湖はさらに左で挟みつけてドドドと進み、黒房下腹を出して寄り切った。僅か 7秒の相撲である。
  8日目 輪島(寄り倒し)琴風
 琴風が右横褌、左を差して鋭く西に寄り立てた。輪島は土俵に詰まったがよく堪えて得意の左半身、右から絞る体勢となって寄り戻した。 土俵中央で力を絞る大相撲、遂に輪島が勝って二本差しに成功し、必死になって赤房に寄り立て、遂に寄り倒した。 凄まじい大相撲で、両者とも暫く土俵に座ったまま立ち上がれなかった。
 10日目 千代の富士(寄り切り)若乃花
 若乃花が左に変化しようとしたが、変化する前に千代の富士が突っ込んできて慌てた。 千代の富士は右から強く絞り前褌、頭をつけた。若乃花は廻しが取れない。互いに機を窺い、千代の富士は左でも前褌を取って喰い下がり、右からの出し投げで崩して青房に寄り、寄り切った。
 11日目 朝汐(引き落とし)北の湖
 朝汐は激しく突っ張る。北の湖は応戦して突っ張り、ムキになって東に突っ込んだ。 朝汐は土俵に詰まったが右に廻り込んで左からの素首落とし。北の湖は足が出ず青房に四つん這いとなり、黒星を喫した。
◎昭和55年 5月 優勝 横綱 北の湖 敏満 14勝 1敗 19
  4横綱がなかなか強く、終始場所を引っ張って終わった。 7日間を終えて全勝は北の湖と三重ノ海、 1敗は輪島・琴風。若乃花は 2敗していた。琴風は関脇で大活躍を見せ、 2横綱 2大関を破って10勝を挙げ、場所に彩りを添えた。 中日に三重ノ海が敗れ、 9日目には北の湖が朝汐に連敗、三重ノ海はまだ完調ではないため10日目から崩れていった。 4横綱の中では輪島の内容が最も良く、若乃花はまあまあ、北の湖は辛抱といった感じの土俵であった。 13日目に始まった横綱総当たりで輪島と三重ノ海が14日目にも敗れ各々 3敗・ 5敗。 これで 1敗の北の湖と 2敗の若乃花が残って、千秋楽結びで北の湖が勝って優勝した。 結び前の輪島−三重ノ海は三重ノ海が勝って10勝、輪島は11勝だった。 この場所だが、やたらと椿事が相次いだ。 4日目は幕下の霧島(のち大関)−紫雲山(こちらの勝ち)戦で廻しを締め直して再開した直後、 木村城之助の軍配が柄を残してコロリと落ちた。ほかにも奇怪なことが多く、観衆の失笑を買った。
・優勝決定の一番 千秋楽 北の湖(寄り切り)若乃花
 若乃花が勝てば決定戦。北の湖は右に立ち、右上手をがっちり引きつけ、これをだんだん浅くしながら左を覗かせる。 若乃花は左半身の恰好で右から絞り、北の湖の左差しを殺していたが、若乃花はなお欲張って右を巻き替えようとし、却って上体が起きてしまった。 北の湖はここぞと寄り立て、向正面に堂々寄り切って優勝を決定した。
・好勝負
 初日 高見山(突き倒し)荒勢

 関脇に戻っていよいよ大関狙いかと期待された荒勢である。気合を込めて猛然体当たりを見せた。 ところがこれがまた勢いが良すぎて荒勢は仰け反った。高見山は両手突きを見舞った。荒勢は腰砕けとなり崩潰、その後遺症かよもやの 3勝12敗で大関は彼方へ去っていった。
  3日目 北の湖(寄り倒し)麒麟児
 麒麟児が立ち合いに左に変わり、さらに突っ込むところ北の湖は右から叩いた。麒麟児は残して激しい突っ張り合いとなって館内を沸かせ、 麒麟児が両筈で東に押し立てると北の湖が土俵に詰まってまた沸く。横綱は左に廻り込み、逆に右筈で腹を出して追い詰めた。麒麟児は土俵際左突き落としを見せたが、 北の湖は激しく寄り倒して勝った。激闘15秒。
  8日目 魁輝(押し出し)鷲羽山
 天覧相撲の後半戦最初の一番である。鷲羽山が鋭く当たって左を覗かせ右から絞った。魁輝はこれを左から引っ張り込んで鷲羽山の動きを止め、 向正面に寄り立てた。この時鷲羽山の左足が行司与太夫の右足草履を踏みつけ、与太夫は転倒、草履が土俵に残ったまま裁きを続けた。 魁輝は右から絞って胸を合わせ、向正面にドッと寄り切った。土俵に草履が鎮座ましますそのさまは、観衆の爆笑を誘った。
  9日目 青葉山(吊り出し)鳳凰
 相撲史に残るお粗末相撲を一席。時間一杯、立って右四つに組んだのに力を抜いてしまった。 しかし行司庄太郎は「残った」の声、さらには審判長鏡山(柏戸)が「何してる、やらんか、取れ」と怒鳴りつける。 中腰のまま両者再度右四つになる。待ったをしたつもりの鳳凰が西に無理矢理寄り立てれば、青葉山は土俵際右へ吊り出して逆転。 史上最も馬鹿馬鹿しい相撲であった。
 千秋楽 鳳凰(上手投げ)蔵玉錦
 蔵玉錦は立ち合い鋭く突っ込んで二本差し、グイグイ寄り立てた。鳳凰は両上手を取り、堪えて右から上手投げ。 しかし蔵玉錦は左外掛けから向正面に寄り進む。そして鳳凰は赤房で弓なりになりながら右上手投げ、体が入れ替わって蔵玉錦が一瞬早く落ちた。 鳳凰の顔左半分は血に染まっている。これだけならばここには取り上げぬが、困ったことに行司筆之助は両者に背を向けて、そのまま土俵から落ちたものだから勝負の行方が分からない。 筆之助は向正面の若藤(和晃)・粂川(双ッ龍)の両審判に聞き、さらに正面で鏡山(柏戸)に聞いたが意見が噛み合わず途方に暮れる。 仕方がないので審判の協議となった。そして審判長鏡山が説明をするのであるが、「ただいまの勝負についてご説明致します。行司軍配は…」まで進んだところで、 常ならば「○○が有利と見て、誰々に上げましたが」とくるべきところ、なにしろ軍配が上がってないもので詰まってしまった。 館内は既に爆笑の渦、鏡山は続ける。「どちらにも上げず、協議いたしましたる結果、鳳凰が有利と見て鳳凰の勝ちと決定いたしました」で片がついた。
△昭和55年 7月 優勝 横綱 北の湖 敏満 15勝 20
 初日早々大波瀾で、増位山から始まった上位の相撲が皆上位黒星、殿に登場する 6人目の上位、横綱北の湖も震えたとのことだが、 お客様の栃光を慎重に投げ捨てて頭一つリード。三重ノ海が肝炎で途中休場、若乃花は途中 3連敗で 5敗、輪島も頚椎捻挫で途中休場となり、 4横綱の中では北の湖の独走となった。追いすがったのは朝汐と隆の里である。13日目、全勝の北の湖に 1敗の隆の里が対戦したが、 北の湖が隆の里を一蹴、この日は朝汐が麒麟児に敗れて 3敗となる。14日目、ここのところ北の湖に 2連勝している朝汐が北の湖と対戦、 朝汐は北の湖の苦手となったであろうから大きな期待がかかり、実際青房下に追い詰めた。だが横綱の反撃は鋭く、結局は北の湖の圧勝で20回目の優勝が決まった。北の湖は翌日も勝って全勝優勝。 相撲の内容は良いのだが、横綱が崩れ、大関を狙う琴風が途中休場し、今一つの本場所となった。 10日目、貴ノ花逆転の左下手投げで崩れた黒瀬川の足が行司伊三郎を直撃、尻から倒れたがそのまま軍配を黒瀬川にあげ、それを貴ノ花に廻すということがあった。
・優勝決定の一番 14日目 北の湖(寄り切り)朝汐
 朝汐は思い切って当たり猛然突き立て青房に横綱を追い詰めた。しかし北の湖は慌てず、腰を落として下から挟みつけ、押し返して左を入れ、 右の喉輪で猛烈に反撃を開始。凄まじい形相で正面に逆襲、左筈右喉輪でグイッと押し出し、通算20回目の優勝を飾った。
・好勝負
  8日目 貴ノ花(吊り落とし)琴風

 立ち合いに左で前褌を取った貴ノ花は、琴風の出足の前に正面に詰まったもののよく堪えて土俵中央に戻した。 左がっぷり四つ、貴ノ花は吊り身に攻める。琴風の上体は次第に起きてくる。貴ノ花はここぞと吊り上げ、傾く琴風を右上手から掴み捨てた。 貴ノ花の気魄勝ち。琴風は 2敗となった。
  9日目 栃光(寄り倒し)琴風
 栃光は右で蹴手繰りを見せた。琴風は東に大きく泳いだ。栃光は飛び込んで右差し、左上手を浅く取って絶好の体勢。 西に寄り立て、琴風が左に廻り込もうとするにも構わず正面に寄り倒した。琴風は廻り込む最中に左膝を再び同じ相手に壊され、残念な休場。
 13日目 北の湖(寄り切り)隆の里
 全勝の北の湖に 1敗の隆の里が挑む。隆の里が 1回待ったし、立つや隆の里盛んに突っ張る。 しかし北の湖はよく見て突き返し、咄嗟に左を入れると得意の右上手も充分。左半身になった隆の里を一方的に西に寄り切った。
 千秋楽 北の湖(寄り切り)若乃花
 北の湖すぐに右上手、若乃花は左下手を引き、右から絞って差し手争い、次いでがっぷりの左四つから若乃花が右上手投げを打って北の湖の上手を切った。 しかし北の湖は素早く巻き替えて両差し、若乃花は対抗して右上手から振りながら左を巻き替えるが、北の湖は右上手を再度引いて正面にグイグイ寄り立て、寄り切って圧勝、文句のない全勝優勝であった。
○昭和55年 9月 優勝 横綱 若乃花 幹士 14勝 1敗 4
 三重ノ海は全休。北の湖は慌て癖が出て序盤で連敗、輪島は 8連勝で迎えた 9日目、 隆の里の肩透かしにのめって初黒星、11日目復調の大関増位山の一瞬芸にはまって 2敗、横綱戦にも完敗して 4敗となった。 優勝争いは 5日目巨砲の下手投げに敗れて 1敗の若乃花と、当たる上位陣に完勝して 2敗の隆の里という同部屋同期生対決となったが、 千秋楽若乃花が北の湖を外掛けで破って14勝を挙げて逃げ切り、 4回目の優勝を飾った。隆の里は13勝 2敗の成績を残した。 大関を狙った朝汐は初日若乃花の外掛けに敗れ、いいところなく負け越した。逆に千代の富士が大関候補として浮上してきた。
・優勝決定の一番 千秋楽 若乃花(外掛け)北の湖
 若乃花が低く飛び込んで左差し、右上手を取って頭をつけた。北の湖は右上手が取れなかったが、一呼吸して上手を取る。 若乃花は上手を切りたいが切れない。北の湖は両廻しを引きつけて吊った。しかしなぜか左下手が切れてしまった。 若乃花は棒立ちになった北の湖に左から外掛けを掛けた。北の湖は左で首に巻いて堪えようとしたが、腰からドッと崩れ仰天、若乃花は 4回目の優勝を決めた。
・好勝負
 初日 若乃花(外掛け)朝汐

 大関取りのプレッシャーはないと豪語していた朝汐だが、全く相撲にならず惨敗を喫した。 若乃花は鋭く踏み込んで右上手を引きつけ、左をも差して揺さぶった。朝汐は出足がないばかりか起きた。若乃花は得意の右上手投げで崩してから左で外掛け、 朝汐はドッと崩れて完敗。翌日も巨砲に外掛けで完敗、結局負け越して大関取りは失敗した。
  4日目 玉ノ富士(波離間投げ)荒勢
 玉ノ富士が突っ張ったが荒勢はかいくぐって飛び込んだ。両差しの荒勢は玉ノ富士の右について寄り立てたが、 玉ノ富士は黒房下から正面に廻り込み、荒勢の右腕を外網打ちに振って足許に這わせ辛勝した。 さて、玉ノ富士の後ろで正面土俵を後退していった小さい人がある。それは行司木村筆之助、後退していたが下がり切れず腰砕けとなり仰天、 這いつくばったままバタバタバタバタともがくうちに勝負はつき、筆之助はその行方を見ぬまま玉ノ富士に軍配を上げた。 失態を重ねる筆之助は翌日より糖尿病を理由として休場、終に再起できなかった。
  4日目 千代の富士(打っ棄り)北の湖
 北の湖はやや左に変わって叩きながら左四つ、千代の富士は左で前褌を取り、右を巻き替えようとする。 北の湖右で抱えて左おっつけから巻き替え左四つ、下手を引いて上手を狙うが、千代の富士は左を返して許さず、次いで深く左下手。 一呼吸、千代の富士左に飛んで右を巻き替えると北の湖はその機を捉えて青房へ突っ走ったが、両差しとなった千代の富士は左から掬って打っ棄った。北の湖は被さったお蔭で残せず、尻から落ちて土俵外に転落、連勝は24でストップ。
  5日目 隆の里(突き落とし)北の湖
 突っ張り合いから隆の里は左を入れるが、北の湖はなおも突き立てる。突き勝った北の湖は東に追い込んだが、 隆の里は土俵際で捨て身の左突き落とし、やや縺れたが北の湖が先に土俵を飛び出して連敗となった。隆の里は 9日目に輪島をも破っている。
  5日目 巨砲(下手投げ)若乃花
 巨砲が素早く両差し、若乃花は慌て加減に左を巻き替え右上手を取る。一呼吸後若乃花は上手投げで崩して東に寄り立て、 土俵際で再度上手投げを放った。しかし大きく傾いた巨砲が下手投げを打つとこれが決まって若乃花に土がついた。 隆の里がせっかく北の湖を破ったのに、若乃花自身が敗れてしまった。巨砲は若乃花との対戦成績を 3勝 3敗の五分とした。
  7日目 高見山(小手投げ)貴ノ花
 高見山が突っ張ると貴ノ花はかいくぐって右から左と両差し、高見山は閂に極めんとしたが、貴ノ花は左を抜いて東に寄り立て、 右から下手投げを打った。高見山は大きく傾いた。しかし高見山はしぶとく左小手投げを打ち、右手で貴ノ花の頭を押さえつけ、ややこしくなった。 軍配は貴ノ花だが、物言いがつき、貴ノ花の髷が先に着いたとて行司伊三郎の差し違いと決まった。高見山−貴ノ花戦は45戦目を数え、この名勝負を以て最後となった。
 11日目 増位山(内掛け)輪島
 伝家の宝刀が閃いた。増位山が右から入ろうとすると輪島は突っ張って左を差そうとしたが、増位山は右を入れて下手を取り頭をつける。 輪島は左で上手を引き、反対側では盛んに差し手を争った。玉の海さんは嘆く。「いや〜、これゃ輪島はえらい体勢を許しましたねぇ。増位山の充分の体勢を許しましたねぇ」と。 暫くして輪島は右で下手を掴みかけたが、その瞬間に増位山は右から呼び込んで右内掛け、輪島は瞬く間に尻から投げつけられ、 2敗を喫した。
△昭和55年11月 優勝 横綱 輪島 大士 14勝 1敗 14
 北の湖がやや振るわず前半で 2敗、辛うじて踏ん張ったが13日目輪島の下手投げに敗れて力尽きた。 三重ノ海は初日新関脇の千代の富士をよく攻めたが足を滑らせて気持ちが切れ、翌日完敗すると引退した。 千代の富士は大鵬以来の新関脇 8連勝を記録し、この 3場所好調な関脇隆の里とともに11勝で盛り上げた。 若乃花は連続優勝の絶好機とばかり勝ち進んだが、 9日目から立ち合いが乱れ、10日目舛田山の肩透かしに敗れた。 輪島は久々の絶好調、13連勝で14日目優勝を懸けて若乃花と対戦。ところが輪島寄り切られ両者が並んだ。 千秋楽、輪島は貴ノ花を難なく押し倒して14勝 1敗。若乃花は北の湖に寄り切られて敗れ 2敗。 輪島の14回目の優勝が決定した。輪島の充実ぶりは圧巻だったが、場所の内容としては前場所よりは劣った。
・優勝決定の一番 千秋楽 輪島(押し倒し)貴ノ花
             北の湖(寄り切り)若乃花

 決定戦もあり得るということで期待が持たれた結びまでの 2番の相撲、まずは輪島の登場。 貴ノ花は突っ張って右へ飛んだ。輪島は鋭い踏み込みで対処、貴ノ花の動きについていき右筈左挟みつけで行司溜まりに吹っ飛ばす圧勝である。 一方、若乃花は北の湖と対戦、左四つで若乃花が右上手投げを打つと北の湖が残して上手を取る。但しこれは一重。暫し動かず、北の湖が寄ると若乃花は下手投げで堪えて動きが止まる。 さらに北の湖が向正面に寄れば若乃花は下手投げで応酬したが、この瞬間北の湖は一重だった上手を取り直して充分。 若乃花は遂に起きてしまった。北の湖は胸を合わせて正面に寄り進み、寄り切った。若乃花は死闘に敗れ 2敗、輪島の優勝が決まった。
・好勝負
 初日 千代の富士(浴びせ倒し)三重ノ海
  2日目 玉ノ富士(叩き込み)三重ノ海

 立って三重ノ海は左四つに組み勝ち、千代の富士に右の上手を与えない。三重ノ海はさらに吊りから右外掛けと攻めたが決まらず、仕切り線に乗った右足が外側に滑った。 千代の富士は左から引きつけてのしかかると三重ノ海は尻から倒れて不運の黒星を喫した。翌日、三重ノ海は低く立って左から入ろうとしたが、 玉ノ富士はちょっと下がって左にかわし、右で三重ノ海の首根を叩いた。緊張して動きの硬い三重ノ海は両手からバタッと倒れ連敗、両富士に敗れた三重ノ海は潔く身を引いた。
  8日目 千代の富士(寄り切り)舛田山
 千代の富士は頭から激しく突っ込み、左を取るや西へ真一文字、右差し手を返して一方的に寄り切り、 新関脇で土つかずの勝ち越しを決めた。大鵬以来の記録である。
  9日目 輪島(吊り出し)千代の富士
 全勝同士、小兵の千代の富士が小兵封じの天才横綱輪島に対する。突っ込んだ千代の富士が左前褌を掴んで輪島の突っ張りを封じ右四つに組んだが、 輪島は上手が深いながらも右四つ両廻しを引きつけ、機を窺いながら数呼吸。千代の富士が出んとすると輪島引きつけて左外掛け、 間をおかず吊り、さらに上手を切って左上手投げ、右下手左上手の順で取り直し、千代の富士の左絞りを許さずまた上手投げで揺さぶり、 千代の富士が左を巻き替えんとするところ、サッと吊って向正面に迫り、吊り出した。輪島の巧さが光った。
 10日目 舛田山(肩透かし)若乃花
 この日は全勝だった新入幕の佐田の海が千代の富士に敗れ、同じく全勝の輪島は増位山を一蹴して勝ち進んでいる。 結びの一番は、連覇の好機に燃える若乃花が、舛田山の挑戦を受けた。若乃花は右から踏み込み、矢鱈と低く右前褌を取りにいった。 舛田山は捕まえてしまえばまず問題はないのである。ところがである。舛田山は突っ張らず若乃花の右腕を小手に巻いて捻り、 右へ下がりながら覗かせた右で肩透かしを引いたのである。若乃花は元来、特に苦手の突き押し相手に不必要な頭の下げ方をすることがあり、その欠点は矯められたかに見えたが、 突き押しの舛田山相手のこの相撲で露顕、しかもタイミングの良い引きに見舞われて足が縺れ、白房下にドウとばかり腹這いとなって敗れ去った。 若乃花は前日よりどうも立ち合いが崩れ、14日目終了まで 1敗で持ちこたえたが千秋楽力尽きた。
 13日目 輪島(下手投げ)北の湖
 すぐさま左四つ、北の湖が右上手、輪島は左下手の例の形から、輪島はまた例によって右から絞った。 北の湖は右から引きつけて正面に寄ったが、輪島は堪えて土俵中央に戻る。輪島は機を見て右を巻き替えようとするが、北の湖は許さない。 輪島は再度絞って頭をつけ、そして北の湖が絞りを突破して差さんとするところ、輪島は北の湖の上手を切って得意の左下手投げを出し投げ気味に一閃、 足が揃っていた北の湖は四つん這いになって輪島快勝、輪島は黄金の左健在を見せつけて13連勝となった。
 14日目 若乃花(寄り切り)輪島
 全勝の輪島と 1敗の若乃花という大一番。若乃花が右上手を取り、左下手も浅めに取って頭をつけた。まずは若乃花優勢の形。 輪島は左半身の体勢だが下手が取れない。若乃花が正面に寄ると輪島は左掬い投げで逃れ、土俵中央。 機を見て若乃花が両廻しを引きつけ、白房に寄り立てた。輪島は必死になって堪えたが、遂に寄り切られ両者 1敗で並んだ。
前画面に戻る