昭和56年
◎昭和56年 1月 優勝 関脇 千代の富士 貢 14勝 1敗 1
 貴ノ花が 6日目を最後に引退した。輪島も 5日目で 2勝 3敗の大不振。 若乃花は終盤 3連敗など不元気。北の湖は横綱の面目にかけても負けられなくなり連勝するが精彩を欠く。 またこの場所大きな期待を集めて土俵に立つ関脇千代の富士が素晴らしく好調。 初日琴風を寄せつけず、 5日目横綱輪島を不得手の左四つから右上手投げで転がし、 11日目には若乃花に両差しを許しながら両前褌で挟みつけて右外掛けから寄り倒し、 14日目この場所好調の富士櫻を押し出して14連勝。北の湖は10日目苦手の朝汐に突き落とされたが、 13日目に若乃花、14日目には輪島を倒し13勝 1敗で千秋楽に千代の富士と対した。 この割は北の湖が上手を引きつけて向正面に吊り出し、決定戦に持ち込んだ。 決定戦は左四つとなったが横綱上手が取れない。強気の北の湖は右で抱えたまま出たが千代は崩れず、 千代の富士の右上手出し投げ決まって初優勝、場所後大関に推された。
・優勝決定の一番 千秋楽 北の湖(吊り出し)千代の富士
         決定戦 千代の富士(上手出し投げ)北の湖

 本割。北の湖が突きから右差し、千代の富士が左を巻き替えてがっぷりの左四つ。 胸が合い、一呼吸から北の湖が腰を下ろしてエイと吊り上げ、バタバタとやって残そうとする千代の富士を向正面に吊り出して相星、北の湖は左膝から崩れたが、執念で優勝決定戦とした。 決定戦は千代の富士のぶちかましを北の湖両手を出して受けたが千代の富士右上手を取って頭をつける。 北の湖は得意四つだが上手が引けない。横綱強引に右から抱えて出るが千代の富士堪えるや右上手出し投げを強襲、 見事に決まって横綱は右膝から崩れ、千代の富士の初優勝が決まった。
・好勝負
  5日目 千代の富士(上手投げ)輪島

 輪島は立ち合いから突き立てて左半身得意の体勢に持ち込んだ。 他方千代の富士は右で上手を浅く取る。輪島の右の絞りは甘い。千代の富士は黒房に寄り身を見せると輪島は堪えて寄り返した。 しかし千代の富士は脇を締めて右から強烈な上手投げを打つ。輪島は足が縺れて右から横転した。
  6日目 蔵玉錦(押し出し)貴ノ花
 貴ノ花頭で当たって右を差そうとしたが、 蔵玉錦は左を覗かせ右から突き放すと貴ノ花堪えられず東に後退、蔵玉錦は右から挟みつけてそのまま押し出し、 貴ノ花は 4敗となり引退を声明した。
 11日目 富士櫻(叩き込み)若乃花
 富士櫻元気に突き立て、若乃花どうやら応戦していたが徐々に焦りの表情を浮かべ、 富士櫻どんどん突き、若乃花が赤房から東を経て正面にまで逃げて右で廻しを取りに出たところ、 富士櫻が思い切って叩くと、若乃花は右手から落ちた。
 12日目 千代の富士(寄り倒し)若乃花
 若乃花は踏み込んで浅い両差しとなったが、千代の富士が両上手を浅く引きつける。 非力の若乃花はあまりに窮屈な体勢のため身動きならず。千代の富士は右から一発強引に上手投げを放って揺さぶりをかけ、 記を見て強引に右外掛けから寄った。若乃花は右を抜いて上手から左へ打っ棄ろうとしたが、 千代の富士は問答無用と赤房下でドッと浴びせ倒した。
△昭和56年 3月 優勝 横綱 北の湖 敏満 13勝 2敗 21
 大関千代の富士の登場で盛り上がると目されたが、蓋を開けると若乃花は途中休場、 輪島は 2日目に、増位山は 4日目に引退となり、千秋楽協会挨拶で春日野理事長(栃錦)が陳謝という事態に。 初日にいきなり敗れた北の湖は 7日目にも敗れ、また逆転勝ちだらけの新大関千代の富士も初日に敗れ、 9日目に 3敗。千秋楽は 2敗ながら決して調子の良くない北の湖と 3敗をどうにか保った千代の富士の対決となり、 北の湖が左差しから右前褌を取って一気に走り21回目の優勝。 場所は序盤大いに崩れかけたが、中盤からは隆の里らの活躍で持ち直した。
・優勝決定の一番 千秋楽 北の湖(寄り切り)千代の富士
 千代の富士頭から鋭く突っ込んだが北の湖は左を入れて右から引っ張り込んできたため動けなくなった。 千代の富士は左前褌は取っていたが、北の湖右からおっつけて右前褌を取って引きつけた。 横綱さらに左下手を取って西に殺到、一気に寄り切る完勝。
・好勝負
  2日目 琴風(寄り切り)輪島

 琴風両差し狙いの形で飛び込むと輪島は左上手を取って右四つ、上手投げ気味に左に廻って右を返す。 琴風は右下手一本、不得手の上に引きつけられて苦しかったが、機を見て巻き替え両差し、機を見て東に出る。 輪島右から絞って堪え、左に廻って振り、右で上手を一重引いて左を巻き替える。 長引いて輪島がスタミナ切れ、琴風が両廻しを引きつけ黒房に寄ると輪島とうとう土俵を割った。輪島はこれを最後に引退に踏み切った。
  4日目 栃赤城(浴びせ倒し)増位山
 増位山右肩で当たると栃赤城両手突きを繰り返す。増位山は宛がって防いでいたがいきなり栃赤城の右をもろに手繰って網打ちにいった。 これが上体だけ、すっかり崩れた増位山に対し栃赤城は右腕を突きつけると大関尻から倒れた。増位山はこれを最後に突然引退した。
  5日目 隆の里(不戦)増位山
  3日目の晩から隆の里は右膝が痛み出した。隆の里は部屋に近い整形外科に入院、 蜂窩織炎で40度の高熱、 5日目には痛みがますます烈しく、遂に切開手術に踏み切った。かくして隆の里は休場届と診断書を出しに行かせようとしていた。 ところが、鳴戸(貴ノ花)から「増位山引退」の報がやってきた。隆の里は大喜び、休場届を撤回し、激痛止まぬ中勝ち名乗りを受けて幕内唯一の勝ちっ放しとなった。 隆の里は翌日38度を割るまで熱が下がり、本人の希望と「相撲を取った後に(まだ縫っていない)傷口がどうなるかを診たい」という医師の「標本代用」の要望があり、相撲を取り続けた。
 12日目 隆の里(首投げ)巨砲
 巨砲は右差しから両差しになって寄れば、好調ながら右膝の痛い隆の里も寄り返して右四つ、 巨砲これをまた巻き替える。隆の里は堪えていたが巨砲は必死に東に出た。 隆の里これを大博打の右首投げ、巨砲が掬い投げに返して殆ど同体に落ちた。 軍配は巨砲だが、巨砲の髷が先に落ちたのではないかと物言いがつき、認められて差し違いとされた。きわめて微妙な勝負だった。
○昭和56年 5月 優勝 横綱 北の湖 敏満 14勝 1敗 22
 若乃花が体調不良で 3日目から休場し、場所そのものも相撲内容が甚だ悪く序盤は大変心配されたが、 中盤からは持ち直して平均点以上の場所になった。北の湖は前場所とは比較にならぬ好調さ、 非常に落ち着いた内容で勝ち進んだが 8日目朝汐にまた引き落とされて土。 それでもこの好調さを保って終盤に突入した。この横綱の独走を許さず追いかけたのが千代の富士。 千代の富士は 5日目無茶な相撲を取って北天佑に屈したが、 1月ほどではないものの好調で 1敗のまま最後まで走った。 結びは相星の横綱大関戦。横綱は地力を見せて大関を吊り出し、22回目の優勝を飾った。 大関候補は多々いたが、最短距離と思われた隆の里が不調で負け越し、新大関が待望されるが、競争は混沌としてきた。
・優勝決定の一番 千秋楽 北の湖(吊り出し)千代の富士
 千代の富士が突っ込めば北の湖やや左に動いた。千代の富士は左上手、右を差して得意の形。 対して北の湖、左で抱えるも上手に手が届かず、苦戦と見るや機をみて強引に巻き替えて二本差しにした。 そして北の湖はこの場所たびたび見せた上手切りに成功するや、赤房に出ながらグッと吊り上げ連続優勝を決めた。
・好勝負
 11日目 琴風(突き落とし)巨砲

 関脇同士の一番だが、琴風は帯状疱疹、巨砲は場所前に痛めた右膝をまた痛めた。 右四つとなりさらに両者左を巻き替えて左四つ、さらにまた巻き替え合って右四つで巨砲は半身に構えた。 長くなり、互いに機を窺ううち、琴風頭をつけて左を巻き替えると巨砲も左を巻き替えて赤房に攻める。 これを琴風、左から巨砲の右肩を突き落とすと巨砲は遂に這い、 2分近くに亙った熱闘に終止符を打った。 体調は決して充分とは言えないがこの場所は両者とも勝ち越して関脇を死守した。
○昭和56年 7月 優勝 大関 千代の富士 貢 14勝 1敗 2
 横綱を目指す千代の富士は初日隆の里に叩き込まれ黒星スタート。若乃花は全休。 北の湖はこの場所好調で連戦連勝、慌てることもなく白星を重ねる。 千代の富士は 2日目から調子を戻し持ち前のスピードで勝ち進んだ。 このまま千秋楽までと思われたが、14日目苦手の朝汐と対戦した北の湖は珍しく変化したところを突き倒されて吹っ飛んだ。 千秋楽は北の湖に千代の富士、 1敗同士の決戦。千代の富士が完勝して14勝 1敗で優勝。 場所後横綱に推挙された。次場所は大関不在の場所となる。 場所前メキシコ巡業があり稽古不足が懸念されていたが、それにしては相撲内容は良いほうだった。
・優勝決定の一番 千秋楽 千代の富士(寄り切り)北の湖
 千代の富士鋭く突っ込むと右上手を狙った北の湖の狙いは外れて抱え込む形。 千代の富士は左前褌は取っているが上手は引いていない。北の湖強引に西に出ると千代の富士右に廻り込み体を入れ替えた。 さらに千代の富士右上手を取るや鋭い出し投げを打つと北の湖は大いに泳ぎ、 千代の富士は北の湖の左について猛ダッシュ、東に殺到して寄り切り、堂々の優勝で横綱も手にした。
・好勝負
  4日目 高見山(突き倒し)岩波

 立つなり高見山は右で張り、岩波が正面に下がってぐらつくと、高見山はさらに左で突いて豪快に突き倒した。 岩波は 5年前の名古屋でも立ち合いから 3発目の張り手で高見山に倒されているが、 4年の時を隔ててまた高見山に張り倒された。
 14日目 朝汐(突き倒し)北の湖
 北の湖は立ち合いざま左に変化、残した朝汐とともに突っ張りあったが、腰が浮いている北の湖は突き負けて徐々に後退、 右喉輪が外れて足が揃ったところに朝汐の一撃、ドッと突き倒されて尻から土俵外へ転落、生涯最高の相撲を続けていた北の湖が惨憺たる相撲を取って朝汐に完敗した。
△昭和56年 9月 優勝 関脇 琴風 豪規 12勝 3敗 1
 新横綱千代の富士は仙台巡業で捻挫した左足首を 2日目の隆の里戦で悪化させて休場した。 休場明けの若乃花は好調ではない。北の湖は巡業中に右膝を痛めて不振。 関脇の琴風が走る。出足が冴えて難敵の鷲羽山や栃赤城らを撃破、12日目若乃花を左四つから得意のがぶり寄りで寄り切って11勝目。 14日目佐田の海を破って12勝。この日北の湖が朝汐に寄り切られて 4敗となり琴風の初優勝が決まった。 千秋楽敗れたが、場所後空席の大関に昇進した。相撲の内容は悪くなかったが、軸となる横綱陣の不調が響いた。 さらに高見山が 2日目から休場し、連続出場記録がストップ、これも寂しさに輪をかけた。
・優勝決定の一番 14日目 琴風(寄り切り)佐田の海
 佐田の海当たったが琴風も踏み込むや左を入れ右上手を引きつける。 やや琴風は慎重、佐田の海は上手を切ろうとするが琴風許さない。佐田の海再び上手を切ろうとすると琴風つけ入って赤房にがぶり寄り、 勝って12勝目を挙げ、 2番後に北の湖が敗れて優勝が決まった。
・好勝負
  2日目 隆の里(上手投げ)千代の富士

 初日から入院し病院から場所入りの隆の里が左差しを狙うと、千代の富士はその腕を押さえたが、逆に隆の里は左上手を取った。 千代の富士は右を入れたが左上手は取れない。隆の里はジリジリ引きつけ、機を見て右から捻り左から強烈な上手投げを放った。 千代の富士はたまらず横転、痛めている左足首を悪化させ、怪我人新横綱は病人に負けて休場となった。
  7日目 大錦(小股掬い)若乃花
 再起の若乃花はこの日まで 5勝 1敗。立ち合い若乃花右上手を取るやすぐさま体を開いて得意の上手投げを打った。 大錦はやや傾いたが得意の左下手を引きつけ、右で若乃花の足を取って小股掬いの強襲、 若乃花はあえなく仰のけざまに引っ繰り返った。幕下にまで落ちた大錦、節制が実って 7年振り 4つ目の金星を手に入れた。
 12日目 琴風(寄り切り)若乃花
 琴風は頭を下げて当たり右を狙うと若乃花も体当たり、 当たり合うこと 3度目にして琴風は右前褌に手をかけると若乃花の腰は早くも伸び、 差し手を返して琴風得意のがぶり寄り、若乃花は左にどうにか廻り込んだが黒房で力尽きた。琴風は11勝目を挙げ、大関空席の幸運もあって大関確実とした。
○昭和56年11月 優勝 横綱 千代の富士 貢 12勝 3敗 3
 若乃花が休場、北の湖は両膝の悪化で 9日目から休場となり、数々の連続記録が一遍にストップした。 千代の富士は足首の影響から出足に鋭さを欠いていたが慎重に取って 1敗で優勝争いのトップをゆく。 ところが13日目朝汐に押し出され、14日目隆の里に寄り切られ瞬く間に 3敗、 朝汐・琴風と並んでしまった。千秋楽、朝汐は勝って決定戦の権利を確保。 千代の富士−琴風は琴風二本差してよく攻めたが千代は右首投げから浴びせ倒して辛勝。 かくて決定戦は千代の富士−朝汐となり、朝汐が本割同様正面まで横綱を押し込んだが、 相手の胸ではなく肩を押して出たのが悪く前褌を許して逆襲され、 赤房下に左下手投げから寄り倒した千代の富士が史上初の年間幕内三階級優勝を遂げた。
・優勝決定の一番 決定戦 千代の富士(寄り倒し)朝汐
 朝汐右から突き、千代の富士が後退すると朝汐なお突き進み千代の富士は黒房に詰まったが、 朝汐の押しがやや高いため千代の富士は左前褌に手をかける。かくて千代の富士はドッとばかり反撃、 朝汐は右から抱えるも腰が伸び、千代の富士は赤房で右に切り返すように左を返して寄り倒し優勝した。
・好勝負
  8日目 飛騨ノ花(寄り切り)北の湖

 飛騨ノ花右から突き、北の湖が突き返すと飛騨ノ花は右差し、北の湖は浮いた状態のままどうやら右差し、 下手を掴むや振りにいった。飛騨ノ花は左上手を引きつけて左から外掛け、 北の湖はぐらついてそのまま東に寄り切られた。北の湖は翌日から休場、数々の記録が止まった。
 13日目 朝汐(押し出し)千代の富士
 朝汐が頭から当たり、千代の富士が取った左前褌を右で切るや押して出た。 千代の富士は引いたがまとも、朝汐はつけ入って両手で押し出し、千代の富士は 2敗となり優勝争いは俄かに混沌としてきた。
 千秋楽 隆の里(小手投げ)巨砲
 物凄い攻防だった。頭で当たり合って差し手争いから巨砲が両差しとなると、隆の里は右で首に巻いて首投げ、 さらに閂に極めて小手投げを振りながら強引に閂に極める。このとき既に巨砲の左目の下は切れていて、鮮血が溢れ顔の左半分を血に染めた。 行司伊之助が割って入ろうとするのだが、動きが止まらずなかなか入れない。隆の里は左右の小手投げで離れ、右四つ。 隆の里は左上手を狙って取れず、左四つとなって隆の里が右上手を取るがいきなり左で叩いた。再度巨砲が両差しとなると隆の里はまた閂、やっと動きが止まった。 伊之助が入って血を拭う。巨砲は大丈夫と言う。組み直し、巨砲が取ってもいない右下手を取っていてやや長引いたが、 元通りに組み直して戦闘再開、巨砲は隆の里の上手を切って向正面に出たが、隆の里は右に廻って小手投げで引きずって死闘にけりをつけた。
前画面に戻る