昭和57年
○昭和57年 1月 優勝 横綱 北の湖 敏満 13勝 2敗 23
 休場明けの両横綱のうち、若乃花が序盤にボロ負けして 9勝止まり。 北の湖も 4日目で 2勝 2敗となり心配された。千代の富士は 8連勝のあと 9日目好調の佐田の海に敗れ、 11日目には苦手の隆の里に寄り切られて 2敗を喫した。琴風は不調だといわれながら 2敗できたが13日目からの横綱戦に全敗して脱落。 千秋楽は 2敗同士で横綱相星決戦となり、調子を戻した北の湖が吊り出して勝ち、23回目の優勝を決めた。 隆の里は12勝を挙げて大関に推薦されたが、同じく大関を目指した朝汐は例の稽古不足で無様な土俵、 6勝止まりでまたまた再出発。
・優勝決定の一番 千秋楽 北の湖(吊り出し)千代の富士
 千代の富士が低く鋭く出て右上手、左では下手を取って引きつけた。 北の湖は右上手が取れないが慌てず、おっつけて上手を取る。千代の富士は左四つで喰いついて上手を与えない筈だったが、 上手を取られた上に自分の上手は切られてしまった。北の湖は充分になるや西へ吊り上げて攻める。 千代の富士が辛うじて残すと、北の湖はまたも吊り上げ、白房に高々と吊り出し、大相撲は北の湖に凱歌が上がった。
・好勝負
  8日目 北の湖(寄り倒し)朝汐

 朝汐が突っ張ると北の湖は堪えて右を覗かせ、向正面に寄り立てた。 朝汐は下がりながらもよく堪え、左に廻って引き落とそうとした。しかしもう一つ体の開きが悪い。 北の湖はついていき辛うじて寄り倒した。北の湖は 5連敗中の相手を迎えたがどうやらこうやら勝ち、立ち直りの兆しを見せた。 一方の朝汐は早くも 5敗、大関の夢は霞んでゆく。
  9日目 佐田の海(寄り切り)千代の富士
 この場所絶好調、変幻自在の佐田の海を相手に迎えた横綱千代の富士、こちらは全勝であるが、 なにしろ動きが冴える佐田の海が相手、時間一杯の仕切りでなにやら逡巡、見て立った。 そこに佐田の海は右からドッカーンと突っ込んできたため、千代の富士は狙った左上手が取れぬばかりか東土俵に撥き飛ばされた。 佐田の海は右を差し、左も入れて寄り立てる。千代の富士は左上手を取って右へ逃げるが、佐田の海の追撃は速い。 千代の富士は上手を離して左首投げを打とうとしたが、佐田の海は右外掛けで堪えて白房でドッと横綱を突き飛ばした。 迷った横綱は小結佐田の海の素晴らしい速攻の前に為すところなく完敗して初黒星。
 10日目 琴風(下手投げ)隆の里
 体当たりして差し手争いから右四つ、琴風は左から絞る。土俵中央で数呼吸の後、琴風は左を巻き替えて寄り立てると、 隆の里は両上手を引きつけて堪えるが、琴風は終始攻める。隆の里は左上手投げ、右で首を巻いてなお耐える。 しかし両差しの琴風は最後まで攻め手を緩めず、東に寄り進み右下手投げで遂に勝ちを占めた。 2分 3秒に亙る大激闘。 隆の里は前日の唇の傷がまた開き流血、琴風はなかなか起き上がれず、右腕が動かなくなり、しかも血を吐いたという。
 千秋楽 隆の里(寄り切り)朝汐
 朝汐は突き立てるが出足がない。隆の里は堪えて左を覗かせ、右上手を引きつける。 朝汐の出足は完全に止まった。仕方なく朝汐は右を巻き替えるが、隆の里は両上手を引きつけて西に寄り立て、堂々の寄り切り。12勝を挙げて大関昇進を確定した。
△昭和57年 3月 優勝 横綱 千代の富士 貢 13勝 2敗 4
 北の湖は 7日目苦手の朝汐に押し出され、11日目立ち合いの出し投げに虚を衝かれて出羽の花に完敗。 1月よりも調子が戻った若乃花だが 4日目巨砲に引き落とされ、 9日目には出羽の花の右上手投げに捨てられ、12日目大錦に喰われた。 まず完璧な内容だった千代の富士は12連勝で迎えた13日目、若乃花との投げの打ち合いの末微妙ながら敗れて土。 14日目北の湖は若乃花に敗れ 3敗。千代の富士は隆の里との投げの打ち合いで勝っていた相撲を落として連敗。 千秋楽、若乃花は敗れて 4敗。結び、北の湖−千代の富士は千代の雪辱成って寄り切りの勝ち。 そこそこの星を残して地力を見せている大関陣及び横綱北の湖だが、脆さが見られたのが気掛かり。 さらに相撲内容が 1月より落ちてきた。
・優勝決定の一番 千秋楽 千代の富士(寄り切り)北の湖
 千代の富士は頭から突っ込んで右前褌を取り左四つとする。北の湖は右上手が取れず左半身でしかも反り身。 千代の富士は右から出し投げを打ち、左を前褌に替えて頭をつけ、引きつけるや一気に白房に寄り切った。 この日は若乃花と隆の里が勝ち千代の富士が敗れるという全ての条件が揃えば 4人の決定戦になるところだったが、 全く反対の結果となり、千代の富士が 2差をつけての優勝となった。
・好勝負
 13日目 若乃花(掬い投げ)千代の富士

 絶好調の千代の富士は文句のない内容で12連勝、若乃花は 9勝 3敗であった。 さて立ち合い、千代の富士は素早く左前褌を取って寄り立てたが、若乃花は残してがっぷりの右四つ。 千代の富士は再度強引に吊り身を見せたが、これがまずく若乃花が巻き替えて左四つとした。 千代の富士は右上手を切ろうとするが、若乃花の上手は一重で、しかも必死に握っているため全く切れない。 千代の富士が下手捻りや寄り身で攻めようとするが、若乃花はじっと耐えて持久戦の構え。 千代の富士は業を煮やし、吊り身に寄ってきた。対して若乃花はこれを利用して思い切り下手投げを放った。 千代の富士も正面土俵を背にして上手投げに打ち返そうとしたが、若乃花はさらに掬い投げの追い討ち。 両者ゆっくりとほぼ同時に青房に落ちた。軍配は当然攻め手の若乃花に上がり、かなり微妙で、物言いぐらいは欲しい相撲だったが、なかった。 写真で見ると若乃花の飛ぶのも落ちるのも一瞬早いというが、肉眼で分かる程度のものではなく、相撲の流れから若乃花の勝ちで差し支えない。 千代の富士は左四つという四つ身の差で敗れ、全勝を逸した。
 14日目 隆の里(上手投げ)千代の富士
 千代の富士は左上手を狙ったが隆の里は嫌った。頭をつけ合って機を窺い、千代の富士は叩いて呼び込み左上手、右四つとしていきなり右外掛けの奇襲をかける。 隆の里は白房下よく堪え、左から上手投げを打った。千代の富士は飛びながらも被さって右下手投げを打ち返し、ほぼ同体に落ちたが隆の里の右手が早く着いた。 しかし軍配は隆の里、物言いもつかずに終わってしまった。隆の里は手を着いて腹から潰れ、千代の富士は飛んでいるとはいえ隆の里の上に被さっている。 いくら隆の里から仕掛けたと言っても千代の富士の勝ちが妥当な一番であった。前日の若乃花戦は若乃花の勝ちでも一向に構わないのであるが、 この相撲はどう見ても千代の富士が勝っていた。千代の富士は不運な 2敗目を喫し、優勝争いはやや混沌としてきた。 しかし隆の里はこの相撲で外掛けを掛けられたときに右膝が音を立て、千秋楽は完敗で終わった。
 千秋楽 琴風(寄り切り)若乃花
 高見山が面白いことを言っていた。「どうして、場所を盛り上げた若乃花に殊勲賞がいかないの」。 この場所若乃花はなかなか頑張った。しかし千秋楽は大相撲を取ったものの敗れて有終の美を飾れなかった。 若乃花は左から当たって琴風の出足を止め、左四つで両廻しを引きつけ合ってがっぷり。 一呼吸して互いに相手の廻しを切り合ったが、決め手に欠けた。攻勢は琴風、若乃花は土俵際に詰まること 2回、その都度寄り返したものの、 遂に 3度目の寄りで赤房に寄り切られた。 1分26秒に及ぶ相撲だったが、終始琴風が攻め、若乃花は受けに廻って敗れた。
◎昭和57年 5月 優勝 横綱 千代の富士 貢 13勝 2敗 5
 初日は関脇以上が全て勝つという44年 1月以来の好記録で滑り出した。とはいうものの初日の 3横綱はどこか頼りない相撲だった。 翌日千代の富士が惨敗し、 3日目に 2大関、 4日目には北の湖が負け、これで幕内全勝は若乃花だけとなった。 翌日、その若乃花が好調の朝汐に敗れて 1敗が10人、 6日目に北の湖も朝汐に完敗し、10日目若乃花が出羽の花戦 3連敗を記録したところで 1敗は千代の富士だけ。 13日目から北の湖が休場し、千代の富士が隆の里に敗れたことでまた優勝争いは混戦の様相、14日目を終わって 2敗に千代の富士・若乃花・朝汐と残った。 千秋楽、朝汐が勝って決定戦が確定、もう一人の出場者を決める結びの一番で千代の富士が勝った。 決定戦は半年振りの千代の富士−朝汐である。その決定戦は呆気ない千代の富士の楽勝であった。 若乃花の復調が収穫、また優勝争いが盛り上がり、幕内下位の相撲内容が悪いのを除けば面白い本場所であった。 この場所は史上初めて幕内から序ノ口まで全てに決定戦があった。また、千秋楽西方三役揃い踏みに登場した出羽の花は、 関脇相撲であるから後方にいなければならないのになぜか前方の扇の要に立ち、琴風が渋々後方に立つという位置間違いが発生した。
・優勝決定の一番 決定戦 千代の富士(叩き込み)朝汐
 朝汐は気合を込めて低く鋭く当たり、右前褌を狙いつつ左からおっつけてドッとばかり東に出た。 千代の富士の当たりも良かったが、朝汐に圧倒されて左が取れない、と見るや切り替え素早く左を抜いて引き、右で思い切って叩いた。 朝汐は足が揃ってつんのめり、そのまま左膝から転がって千代の富士の連覇が決まった。
・好勝負
  4日目 若の富士(小手投げ)北の湖

 若の富士が烈しく突っ張ると北の湖は応戦して左から入った。しかし若の富士はこれを小手に振り、 北の湖が残すと、片閂から腕投げ気味に強引な小手投げを連発、正面で北の湖が掬い投げに返そうとしたが、これがすっぽ抜けて互いに背を向け合うようにして横転。 北の湖の左膝が早く落ちて痛い黒星をつけた。
  5日目 朝汐(寄り切り)若乃花
 朝汐は中途半端な右変化の暴挙に出た。若乃花はついていって左筈右おっつけから両筈で押した。 しかし出足に欠け、左を差して強引に掬ったのが命取り、朝汐は右上手を取って左差し手を返し、東にグイグイ寄り進んだ。 若乃花が右上手を取った時にはもう土俵際、腹を突きつけられてあえなく敗れた。
 13日目 隆の里(寄り倒し)千代の富士
 右四つ隆の里が両廻し充分、千代の富士は上手が取れなかったが、相手の右下手を切ると左で内無双、次いで右下手投げ、 左上手を取ってがっぷり、隆の里も下手を取り直している。千代の富士が寄ると隆の里が左上手投げから寄り返し、千代の富士は今度は右下手投げ、さらに左上手投げで攻めまくる。 隆の里は投げの都度大きく傾くが、よく残す。なお千代の富士は寄り、右の外掛けを敢行したが、この外掛けは高かった。 隆の里は待ってたとばかり上手投げで体を入れ替え、両廻しを引きつけて寄り立て、左へ逃れんとする千代の富士をドッと寄り倒した。 大熱戦、千代の富士は隆の里に遂に 6連敗。
×昭和57年 7月 優勝 横綱 千代の富士 貢 12勝 3敗 6
 北の湖が初めて全休し、その穴を埋めるべく期待された若乃花は序盤で 3敗、 隆の里は初日富士櫻に突き倒されて崩れ 9番。琴風は奮闘したがそれも空しく11番。 場所前に腰を痛めた千代の富士は、立ち合いも悪く速攻も出ず、後半に入って引いてばかりなのに独走して11連勝、 この時点で星の差が 3つもあっては盛り上がるはずがなかった。12日目千代の富士が朝汐に押し出され、 14日目隆の里に惨敗して 2敗、上が崩れてちょっと盛り上がると思われた端、若乃花が琴風に完敗して千代の富士の優勝が決まってしまった。 千代の富士は千秋楽も相撲にならず12勝 3敗止まり。千代の富士の成績が下がったのは、調整不良もあるが、楽になりすぎて安易な引き技に走ったのが原因であった。 大関を狙ったはずの出羽の花や朝汐も序盤で絶望となり、惨憺たる本場所で終わった。
・優勝決定の一番 13日目 千代の富士(寄り切り)琴風
 この場所は立ち合いが非常に悪い千代の富士だが、13日目は鋭く立って右から左と入って両廻し、 抱えようとする琴風に構わず引きつけて赤房へ走って寄り切った。千代の富士はこの日は珍しくいい相撲だったが翌日は惨敗、 しかしその直後に若乃花も負けて千代の富士に優勝が転がり込んできたというから低調ここに極まれり。
・好勝負
 初日 富士櫻(突き倒し)隆の里

 富士桜は頭から鋭く出た。隆の里は左足を踏み込んで取っ捕まえようとした。 富士櫻の頭は隆の里の顎に命中した。隆の里は意識を失い右膝が崩れた。富士櫻は右から左で突き倒してしまった。 一瞬の出来事、満員の観衆一様に呆気に取られた。隆の里はなにやらポーッとして土俵に上がったらしいが、糖尿病の薬が効きすぎたことによる血糖値の下がりすぎが原因だったらしい。
  3日目 千代の富士(寄り切り)若島津
 若島津は右上手を取って左を差そうとする。千代の富士はさらばと右上手、左横廻しを引いて正面に走ろうとした。 しかし若島津が土俵際で引きつけて右の投げ。千代の富士は浮いて傾いたので慌てて土俵中央に戻るが、休まず頭をつけて右上手を深くし、 そのまま向正面へ猛攻、千代の富士の右足は出たが、若島津は強い引きつけのためたまらず土俵を割ってしまった。 千代の富士の右足が出たとき若島津の体は既になかった。
 千秋楽 若乃花(寄り切り)千代の富士
 若乃花が立ち合いに左廻しを取って右も前を取ったが千代の富士が左を入れて左四つ、千代の富士が下手投げを打つと若乃花は上手投げを打ち返し、 一呼吸あって千代の富士が吊り寄りに出ると若乃花は吊り返して上手投げから寄り切った。 ガタガタになった千代の富士は最後も完敗で締まらなかった。
△昭和57年 9月 優勝 大関 隆の里 俊英 15勝 1
  3横綱が揃って10勝しかできなかった。休場明けの北の湖は初日大寿山に吊り出され、 終盤に黒星が重なった。若乃花は痔が再発して覇気がない。千代の富士は12日目で 7勝 5敗という惨状。 3横綱がどこまで場所を引っ張るかと思われたが、序盤で叩かれて潰えてしまった。 琴風も含め誰も隆の里に歯が立たず、怪力隆の里が若島津と優勝を争って逃げ切り、全勝で初優勝した。 中盤まではどうにか盛り上がりそうだった優勝争いも、崩れだしたらきりがなくて萎んでしまった。 しかもこの場所は11日目をはじめとして土俵がやけに滑り、立ち合いの悪さとともに大いに水を差した。
・優勝決定の一番 13日目 隆の里(首投げ)大潮
 隆の里は12連勝だが、この終盤になって平幕に当てられた。これは大関としては嫌なもので、 プレッシャーは却って大きくなる(59年 7月、優勝を決めた若嶋津は14日目に新入幕の霧島に当てられた。全勝で進んできた若嶋津は物凄い重圧を感じたそうだ)。 隆の里は堅くなっていた。当たって隆の里は左前廻しを取ったが、大潮が二本差しから右喉輪で隆の里の上手を切ってしまった。 大潮は絶好の体勢となって一散に突っ走った。この場所大潮は北の湖を破っている。この御自慢の速攻に隆の里は大いに危なかったが、 土俵際右から思い切り首投げを打った。大潮は惜しくも左足を蹴上げて裏返り、大魚を逸した。隆の里は悪手といえば悪手だが思い切りの良さで危地を脱し、 翌日の若島津の敗戦によって初優勝を決定した。
・好勝負
 初日 大寿山(吊り出し)北の湖
  2日目 大寿山(上手出し投げ)千代の富士

 全休明けの北の湖は、立ち合いに体当たりから両差しを狙ったが、大寿山は右を固めて右四つ充分に持ち込み、北の湖に上手をやらない。 北の湖は上手を切って寄り立てたが、大寿山は左に廻り込んで再度上手を取り、またまた充分。北の湖が右から掬い、大寿山は左上手投げを打つ。 その後北の湖が左を巻き替えると大寿山は右を巻き替えて右四つ。北の湖はまた左を巻き替えようとしたが、これは強引で無謀だった。 大寿山はここぞと寄り立て、正面で堪える北の湖を高々と吊り上げ吊り出した。翌日、大寿山は千代の富士と対戦、 1回待ったした大寿山は右からかち上げて立ち、右四つで腕を返して左上手、右半身になる千代の富士に対して左から出し投げをサッと決めた。 大寿山は輝く連続金星。
  2日目 北天佑(切り返し)若乃花
 若乃花が低く出て北天佑が右かち上げで応ずる激しい当たり合いから左四つ、北天佑が左腕を返して右おっつけでドッと出た。 若乃花は右に廻りながら上手投げを打ったが、珍しく北天佑が迷わず突っ走ってきたため廻り切れず、北天佑が左足を出して切り返すと、若乃花は宙を舞って腹這いになってしまった。 北天佑の快勝、 3横綱は揃って 1勝 1敗という悲惨な滑り出しとなり、終盤にも崩れてしまった。
  3日目 大錦(不戦)高望山
  4日目 神幸(不戦)大錦

 不戦敗が 3つあり、常に不戦勝が欲しいとぼやいていた大錦、やっと不戦勝にありついた大錦は「公平にならないとね」と言っていたが、 その「公平」はもっと短いタイムスケールで廻ってきてしまった。翌日、大錦は「急性腰痛症」で休場、不戦敗を増やしてしまった。不戦勝の翌日に不戦敗を喰ったのは大錦が初めて、 平成 4年 3月に起利錦も記録した(これは14日目に不戦勝で 7勝 7敗としたのに千秋楽の不戦敗で負け越しという凄い記録)が、大珍記録である。 大錦は再出場して合計 7勝している。
  4日目 若島津(寄り切り)千代の富士
 珍判定が場所の行方まで左右した大一番。千代の富士が左を素早く取って右四つ充分、若島津は千代の富士の左上手を切り、 差し手争いから左四つに組み勝った。若島津は左下手投げ、千代の富士残して両廻しを引き、 若島津に上手を与えず頭をつけ、強く引きつけ西へ突っ走った。若島津は忽ち詰まったが土俵際で上手を取って上手投げ、 千代の富士の右足が踏み越しはしたが、若島津の体は伸び切って浮いていて、あえなく寄り倒された。当然軍配は千代の富士。 しかしなぜか物言いがつき、おかしなことに取り直しになってしまった。前場所とほぼ同じ体勢、しかもこの場所の若島津の体勢は前場所よりはるかに劣り、誰がどう見ても千代の富士が勝っていたのである。 さて、取り直しは千代の富士が変に早く突っかけて若島津は受けず。今度は千代の富士消極的にも左に変わって出し投げ、若島津は向き直って差し手争いから両差しから、 右を抜いて左四つ、腕を返して上手を与えず、右おっつけで下手も切って自分は上手という絶好の体勢。 そのまま吊り身に寄り進み、上手投げを打って赤房に寄り切った。若島津は調子づいて14日目まで優勝を争った。
 10日目 北天佑(吊り出し)千代の富士
 千代の富士は左上手、北天佑は両前廻しを取って右四つとなったが、千代の富士が右を絞られたため抜いて浅い両上手となった。 千代の富士はここから締め上げて正面に出たが、北天佑は左下手投げで振り、千代の富士が右の外掛けで堪えようとするのを、 はね上げて外し、体勢を入れ替えざま吊り出してしまった。千代の富士は怪力相手に二本差しを許したまま、崩しもせずに出たのが誤り。 相手が若乃花だったら締められようが、北天佑では無茶だった。
 12日目 隆の里(吊り出し)千代の富士
 当たって右四つで両者左上手、千代の富士は隆の里の上手を切ったが、すぐさま巻き替えにいって失敗した。 隆の里はすぐに上手を取り直し、吊り上げた。千代の富士はよく残し、切れた上手を取り直したが、がっぷりで胸が合ってしまう。 なお千代の富士が引きつけて吊ろうとすると、隆の里はやや下がったが余裕を持って吊り返し、右にブンと吊り出して圧勝、全勝を守った。 千代の富士は 7勝 5敗と不振。
 千秋楽 隆の里(寄り切り)出羽の花
 全勝優勝を目指す隆の里は、合口の悪い出羽の花との対戦。いかに相手が不調とはいえ、苦手相手とあって心配されたが、 右四つ左上手を浅く引きつけ右腕を返す理想の型でジリジリ出て寄り切る見事な相撲を披露、堂々たる相撲を見せて全勝優勝を飾った。
○昭和57年11月 優勝 横綱 千代の富士 貢 14勝 1敗 7
 若乃花は痔の手術の予後が良くなく全休。千代の富士は初日北天佑の掬い投げに敗れて黒星。 北の湖も初日朝潮(改名)に押し出された。体の硬い琴風は精一杯取っているが中盤以降崩れ、 精神的に堅くなった隆の里は振るわず、右足親指を痛めて中日からはますます悪くなった。 両横綱は 2日目から勝ち進んだが、11日目北の湖は大関を目指す若島津に寄り切られて 2敗となり、翌日左膝故障で突如休場、 優勝争いに関してはまたも尻すぼみとなった。千代の富士は中盤から気力が漲り、余裕も出てきて14日目琴風を寄り切り優勝、千秋楽は 8連敗中の隆の里を寄り切って14勝。 若島津は12勝 3敗で大関昇進を確定した。
・優勝決定の一番 14日目 大潮(外掛け)若島津
             千代の富士(寄り切り)琴風

  2敗の若島津は、絶好調の35歳大潮と対戦した。大潮は立ち合い左差しから一気に出た。 若島津は一遍に下がったが流石に堪え、巻き替えて右四つ両廻しを引き、大潮の左を切って俄然優位に立った。 しかし、若島津が吊り身を見せたとき、大潮は左を巻き替えて左四つ、若島津は上手を切られた。 若島津は左下手投げで局面打開を図り、そして吊り身を見せた。しかし大潮は右から外掛け、若島津は大潮の生涯最高の場所に当てられ、遂に崩れて 3敗目を喫した。 1敗の千代の富士は琴風戦、琴風の突っ張りを鋭い突っ込みで封じて左を引き、右も横褌を取って左四つ。 さらに頭をつけて上手を与えない絶好の体勢、一呼吸して引きつけ、正面に寄り切って完勝、優勝を決めた。
・好勝負
  5日目 若島津(寄り切り)北天佑

 若島津が突っ込んで左を取り、出し投げから青房に寄り立てる。北天佑は後退しながらも左上手から振る。 若島津は残して土俵中央。差し手争いから左四つ、若島津は右上手を取り、吊り寄りや投げで攻め立てる。北天佑は堪えて右上手を取るが一枚。 吊り合いから若島津が引きつけ、上手投げから赤房に寄り立て、左外掛けで崩して寄り切った。熱戦で館内を沸かせた好一番。
 11日目 若島津(寄り切り)北の湖
 若島津が飛び込むと、北の湖は入れた左を抜いて突っ張る。しかしこれが全然効かない。 若島津は再度飛び込み、左下手を取って右おっつけ、北の湖は上手を取って強引に振ったが、若嶋津を却って呼び込んだ。 北の湖は反り返って最悪の体勢。若島津は横綱の上手を切り、黒房に寄り立て、北の湖が左をねじ込むにも構わず寄り切って快勝した。
 12日目 千代の富士(吊り出し)若島津
  1敗同士の直接対決。若島津が鋭く突っ込むと千代の富士は受けて立ったが、左を取っている。 若島津は左上手を取っていたが、千代の富士は左に動いて腰を振り、上手を切るや自分は両差しという妙技を見せる。 不戦勝で控える富士櫻が感嘆したその前捌きは見事。こうなっては千代の富士のもの、頭をつけ、吊り上げて黒房に一気に吊り出し圧勝した。
前画面に戻る