昭和58年
◎昭和58年 1月 優勝 大関 琴風 豪規 14勝 1敗 2
 北の湖が 5勝 3敗から休場。若乃花は初日出羽の花の上手投げに敗れ精彩なく、 5日目朝潮に突き倒されて引退した。琴風は初日北天佑に寄り切られたが、 2日目以降は久々に好調に勝っていく。 隆の里も初日大錦に敗れたが同じく 2日目以降勝ち進む。新大関若島津は 9勝 1敗から上位陣に完敗し10勝。 関脇朝潮は 8日目琴風に寄り切られたのみで 1敗。 9日目が終わって全勝は千代の富士、 1敗に 3大関と朝潮である。 3大関が 9日目で皆勝ち越したのは15日制下では初めての快記録。 潰し合いが始まった11日目、千代の富士は朝潮のぶちかましに赤房下へ吹っ飛んで土がつき、翌日も北天佑に投げ飛ばされ連敗。 若島津は上位戦に完敗して10勝で終わった。13日目の隆の里−琴風は琴風が勝ち 1敗を守る。14日目千代の富士は琴風に敗れ 3敗で脱落。 朝潮は隆の里を破って隆の里も脱落。千秋楽、琴風は若島津を圧倒し、北天佑を破った朝潮との決定戦となった。 決定戦、朝潮は我慢の作戦だったが焦れてしまい、逆に引きつけられて寄り切られた。琴風は 2回目の優勝。
・優勝決定の一番 決定戦 琴風(寄り切り)朝潮
 時間一杯となり、まずは朝潮が待った、次いで朝潮が早く突っかけ、さらに朝潮が待った。 4回目で立って当たり合いは朝潮が勝ったが、琴風が下から攻めてくるのでちょっと引いた。差し手争いから左四つ、琴風が両廻しを引いた。 やや遅れて朝潮も探っていた上手を引いた。互いに両廻しを引き、がっぷり四つ、土俵中央で組み合うという意外な展開。 出足に懸ける両力士のがっぷりに組んだ姿は、動きを見せない。互いに様子を見ながら機を窺う。 琴風は相手が動いてきたらその虚を突いて下から寄る考え、朝潮は 3分は我慢してそれから一気に出ようという策だった。 機を見て朝潮が東に出ようとするところ、琴風は堪えて下から寄り返し、向正面に寄り切った。 所要時間 1分 6秒、つまり朝潮は 3分待つ筈が30秒程度しか待てなかったということになる。 琴風の作戦勝ちであり、粘り勝ちであった。
・好勝負
  2日目 若島津(吊り出し)出羽の花

 左四つ両廻しを引き合って若島津が吊ると出羽の花は堪えて上手を切り、頭をつけて右上手投げから小股掬い、 若島津が右からおっつけて出ると出羽の花は堪えて逆に攻める。若島津は右前褌に手を掛け両差し、出羽の花が左上手を取ると若島津は右を抜いて上手とする。 今度は出羽の花が左を上手とすると若島津が右を抜いて上手、そして若島津は両差しで出羽の花の上手を右左の順で切り、 頭をつけて両下手を引きつけ、青房に寄り進み、堪える出羽の花を吊り出した。見応えのある激闘であった。
  4日目 隆の里(寄り倒し)大豊
 当たり合って隆の里が左を取ってから両差し一気に黒房に出た。 すると大豊は下がりながら左突き落とし、隆の里はついていけず左手から落ちた。ところが伊三郎の軍配は何のためらいもなく隆の里に上がり、 物言い一つつかなかった。平成10年 3月敷島に出られた貴闘力がまともに叩き、敷島も落ちたが貴闘力はそれより早く両足が浮いて尻から落ち、 問題にならず当然のように貴闘力の負けとされたが、こちらの相撲は大豊の足がちゃんと地に着いていて、かなり遅れて右へ倒れた相撲で、飛んでいない。 物言い差し違いが妥当なのではあるまいか。
  5日目 朝潮(突き倒し)若乃花
 若乃花が頭から当たると朝潮は両手突きから突き立て、突き負けた若乃花が東から青房へ逃げるところ、 朝潮は左筈を効かせて突き倒した。若乃花は仰向けに倒れる無惨な負けで、遂に引退を表明した。
 11日目 朝潮(押し出し)千代の富士
 全勝の千代の富士に 1敗の朝潮という好取組である。千代の富士は鋭く出たが、 朝潮の当たりも申し分なし、いい角度でぶちかまし右筈左おっつけ。千代の富士は左が取れず引いた。 これは千代の富士の常套戦法だが、出足の良いこの場所の朝潮には全く効果がない。 逆に朝潮は右筈をグッと伸ばした。千代の富士は左に逃げようとしたがたまらず右足が土俵を踏み切り、連勝は24でストップした。
 12日目 北天佑(上手投げ)千代の富士
 北天佑は前日 1敗だった若島津を倒して勝ち越した。立ち合い、北天佑は意表を衝く左変化、左突き落としから右で頭を押さえる。 千代の富士は驚いたものの右下手を取ってついていき、左で渡し込み、さらに左で前褌を引こうとした。しかし北天佑はさらに左に廻り込み、右で頭を押さえて左上手投げ、 千代の富士がなお俵伝いについていくところ、なおも上手投げを強襲して東土俵下に豪快に振り飛ばした。 千代の富士は軽さを突かれて痛い連敗、北天佑戦も 3連敗となって優勝争いから大きく後退した。
 13日目 琴風(寄り切り)隆の里
 朝潮は勝って 1敗のままである。そして結び前のこの相撲は、 1敗同士の大関対決である。 立ち合い隆の里が頭を下げて左で前褌を取ったが、琴風も左からかち上げて右おっつけで隆の里の左を切った。 そして琴風、右前廻しを取って左差し、両差しとなって右下手からがぶり寄りを見せた。 隆の里は右に廻って正面土俵、ウンと踏ん張って右から絞ると琴風は左が万歳になったが、 左上手を取り、隆の里が再度掴んだ左上手を切って正面に寄り切った。
 14日目 朝潮(押し出し)隆の里
 隆の里が左から張って右を入れると朝潮は振りほどいて突っ張る。しかし腰が後ろで出足がない。 隆の里は赤房方向に下がりながら、両手突きにくる朝潮を右で叩き、さらに右から肩透かしを引くと、朝潮は右からバッタリと落ちてしまった。 ところが、迂闊なことに隆の里の左足もほぼ同時に土俵を割ってしまった。伊之助の軍配は、かなり余裕を持っての引きであったために隆の里に上がったが、 物言いがついて取り直し。今度は隆の里の立ち合いが前以上に中腰で、そこに朝潮がいい角度で当たってきたからたまらない。 忽ち隆の里は後退、朝潮は左おっつけ右筈の絶好の構えで押せば、隆の里は右からまともな素首落とし。 「素首落とし」というよりも「素首引っ張り」だったため、朝潮は得たりと東に真っ直ぐ押し出した。 朝潮は 1敗を守り、隆の里は 3敗目を喫して脱落。
 14日目 琴風(寄り切り)千代の富士
 琴風が当たり勝って右上手を取る。これが浅くて絶好の位置。千代の富士は左下手を引いたが、琴風は左からおっつけて左を入れ、これを返す。 千代の富士は左下手投げを打って右上手を取ろうとするが、琴風は寄ろうとする。 ややあって千代の富士が右腕を伸ばすところ、琴風は右から引きつけがぶり立てて正面に寄り切った。 千代の富士は 3敗で完全に脱落、琴風は 1敗を堅持して千秋楽に進む。
 千秋楽 朝潮(寄り切り)北天佑
 朝潮が当たり勝って左おっつけから突っ張る。北天佑は窮したが必死に堪えて、朝潮の引きにつけ入り正面に一気に詰め左四つ。 しかし朝潮は右上手を引き、左腕を返して土俵を縦断、向正面に一気に寄り切った。
 千秋楽 琴風(寄り切り)若島津
 若島津の立ち合いは良く、左を取って右上手も引き左四つ。 若島津は充分だが、もうそのときには琴風ががぶっていた。琴風は左差し出ながら右おっつけ、 右上手を取って一直線に赤房に寄り切って圧勝した。これで琴風と朝潮が14勝 1敗で決定戦に進出した。
△昭和58年 3月 優勝 横綱 千代の富士 貢 15勝 8
 北の湖は全休。若島津は10日目に右足首を剥離骨折して休場。前半は千代の富士が全勝街道を走る。 琴風も並走したが 8日目に土がつき結局は 4敗。 2日目に敗れた隆の里と、 6回目の大関挑戦となる朝潮が 1敗で千代の富士を追う。 千代の富士は後半になっても崩れず全勝。13日目、千代の富士−朝潮は大一番だったが、 支度部屋で準備運動中に朝潮が左脹脛の肉離れを起こして千代の富士の引き落としの勝ち。 14日目朝潮は連敗、千代の富士−隆の里は千代の富士が寄り切って勝ち、千代の富士が優勝を決定。 千秋楽琴風を下して初の全勝優勝。朝潮は隆の里を一直線に押し出して12勝を挙げ、待望の大関の座を射止めた。
・優勝決定の一番 14日目 千代の富士(寄り切り)隆の里
 全勝の千代の富士と 1敗の隆の里が当たる大一番であったが、千代の富士の一方的な勝ち相撲だった。 千代の富士は左に前褌を引き、右も前褌。隆の里は右を差したが上手は切られ、千代の富士の引きつけに腰が浮いて青房にあえなく寄り切られた。 これで千代の富士と後続との差が 2つとなり、千代の富士の優勝が決まった。
・好勝負
 11日目 舛田山(寄り切り)多賀竜

 舛田山のお家芸である突っ張りからの叩きで多賀竜は前にのめって手を着きかけた。 この時、行司錦太夫は多賀竜の掃き手と見て軍配を舛田山に上げた。しかし、掃き手はないとて物言いがつき、 やはり取り直しとなった。舛田山は多賀竜がちゃんと立っているのを見て自分の負けを覚悟し、多賀竜は取り直しを確信していたというから、 言うなれば両者とも救われたという訳である。さて取り直しは、舛田山が突っ張らずに相手充分の右四つ左上手を取るという奇襲。 向正面に出られた多賀竜は、充分なのに腰が伸びて寄り切られてしまったのだった。
 13日目 千代の富士(引き落とし)朝潮
 11勝 1敗で大関を殆ど手にしたかに見えた朝潮、あわよくば優勝もと意気込んで全勝の千代の富士戦に備え準備運動をやっていたが、 その時左脹脛に「殴られたような」痛みが走った。朝潮は慌ててテーピングをして土俵に上がったのである。 千代の富士は内心焦った。「作戦だと思った」との由。これでは好勝負など望むべくもない…と思われたのだが、朝潮がぶち当たると千代の富士は仰け反った。 そして朝潮は得意の左筈右おっつけで押して出たので観衆瞠目したが、千代の富士は右に廻ってサッと引き落とした。
 千秋楽 朝潮(押し出し)隆の里
 両者 2敗、隆の里には大きな目標がなくなったのに対し、朝潮は準備運動中の負傷という不名誉を挽回するためにもう 1つ星を伸ばしたいという目標ができた。 この差が相撲に出たようだ。隆の里が一瞬腰を割るような恰好で待ったが、立ち合いは頭だけ下げて腰は上がっていた。 朝潮は隆の里の右肩口に当たって両筈から突き放す。これで隆の里は西土俵に詰まった。 朝潮はさらに右おっつけ左筈で一気に押し出して圧勝した。実に強い朝潮の相撲。
 千秋楽 千代の富士(寄り切り)琴風
 左前褌を狙った千代の富士に対して琴風は当たり勝ち、横綱に左を許さず出たが、千代の富士も落ちついたもので左から右と前褌を取って引き上げれば、 琴風の左差し手は殺された。こうなって千代の富士の十八番の体勢、そのまま西へ一気に寄り切り、満点の内容で全勝優勝を飾った。
◎昭和58年 5月 優勝 関脇 北天佑 勝彦 14勝 1敗 1
 巡業中に左肩を脱臼した千代の富士と、怪我の治らぬ北の湖が休場し、横綱不在。 新大関の朝潮は緊張からか出足が鈍り 9勝に止まった。他の 3大関と北天佑が序盤から連勝を続け、横綱休場の穴を埋める。 8日目、琴風−若島津の大関対決第 1戦は若島津が寄り倒して勝つ。 10日目には若島津が巨砲に寄り切られ、隆の里が大ノ国に巻き落とされて土。 11日目、琴風が出羽の花に寄り切られて 2敗。12日目、隆の里が出羽の花に寄り切られ 2敗となり、 全勝の北天佑が若島津に挑戦し、これを破って全勝を守り、 1敗が消える。 13日目、北天佑は隆の里の外掛けに敗れて遂に土。14日目、北天佑は琴風を上手出し投げに降し 1敗を守り、 千秋楽の北天佑は関脇対決、出羽の花を物言い取り直しで突き落としに破り逃げ切り、初優勝を飾って文句なく大関となった。 隆の里と若島津は13勝、琴風は11勝だった。
・優勝決定の一番 千秋楽 北天佑(突き落とし)出羽の花
 北天佑は頭をつけて寄り立てる出足が冴え、13日目の黒星を除けば文句のない内容で千秋楽、 最後の難敵出羽の花戦を迎えた。出羽の花は中盤以降目覚め 3大関を潰して 8勝 6敗。北天佑は右喉輪の先制から左へ動いて上手を取り、 右差しで頭をつける体勢に持ち込んだ。出羽の花も右四つで粘ったが体勢の差は如何ともし難く次第に追い詰められた。 土俵際、北天佑は上手を切られたものの最後の詰めとばかり体を預けた。これに対して出羽の花は窮余の右突き落とし。 軍配は北天佑に上がったが、物言いがつき、北天佑の左足が出るのと出羽の花が倒れるのが同時と見ての取り直しとなった。 すると北天佑は作戦を大きく変更、今度は左に飛んで突き落としを強襲、出羽の花がどうにかついていき右差しから向正面へ追うと、 北天佑は左足一本でさらに左突き落としを続けて一瞬の差で勝利を握り、初優勝を決めた。
・好勝負
 12日目 北天佑(寄り倒し)若島津

 両者右手を着いて立ち、左前褌を狙った若島津を北天佑は右からかち上げてそのまま右喉輪で押し上げ、 続けて左から右と喉輪で突き放す、と見るや北天佑は頭を下げて左差し、右で上手を引いた。 しかし若島津は腰を大きく振って上手を切る。若島津は右上手が取れず左も覗かせるだけ。 北天佑は再度前褌を取ったが切られたので右から絞る。若島津が北天佑の左を抱えると、北天佑はまた右で上手を掴む。 さらに頭もつけてなおいい体勢から、吊り身に白房に寄り進み、右上手を取った若島津が左から掬うに構わず、ドウと寄り倒した。
 13日目 隆の里(外掛け)北天佑
 優勝を意識し始めた北天佑はやや堅くなっていた。それもあってか立ち遅れた。 相四つだけに右はすんなり入ったが、互いに上手が取れない。北天佑は下手一本、上手の方は隆の里が差し手を返しているだけに届かない。 隆の里は右を返し、さらに上手にも手が届いた。北天佑はなおさら不利になり、左から小手投げを連発したが、 怪力無双の隆の里は上手を引きつけて右外掛けで北天佑を倒し、全勝潰しを果たした。
○昭和58年 7月 優勝 大関 隆の里 俊英 14勝 1敗 2
 新大関の北天佑は迷ったとかで 9勝に終わった。北の湖は全休。 千代の富士と隆の里とが突出した強さを見せた。千代の富士は上手投げ中心の取り口で 8連勝したが、 9日目舛田山の引きを分かっていながら喰ってしまい初黒星。しかし翌日からまた上手投げを振るって13勝 1敗。 隆の里は例によって力相撲。12日目北天佑に寄り切られたが、14日目左四つから琴風を寄り倒して13勝 1敗。 千秋楽は相星決戦となった。その相撲は長くなったが隆の里の力が勝り寄り倒して 2回目の優勝、59代の横綱に推挙された。 相撲の内容はあまり誉められなかったが、優勝争いが白熱したお蔭で汚点を隠蔽した恰好となった。
・優勝決定の一番 千秋楽 隆の里(寄り倒し)千代の富士
 隆の里の踏み込みが良く左前褌を素早く取る。千代の富士も右から入って右のがっぷり四つとなった。 千代の富士は上手投げで隆の里の上手を切り、正面に寄り立てた。隆の里はこれをよく辛抱して寄り返し、再度上手を取った。 数呼吸の後隆の里は機を見て黒房に吊り運び、土俵際で堪える千代の富士に対して右の外掛けを掛けた。 この外掛けはかなり高く危なかったが、間髪入れず左上手投げを打って寄り倒し、相星決戦を制して横綱昇進を決定づけた。
・好勝負
  2日目 房鳳(寄り切り)栃湊

 幕下の取組で大問題が発生した。左四つで右上手を取った房鳳が上手投げを連発すると、残した初っ切り名人栃湊は右上手代わりに房鳳の左膝サポーターを掴んで離さず、 本土俵での初っ切りまがいに大騒ぎになった。行司城之助もうろたえるのみ、枝川審判(北葉山)は各審判と目を合わせながら取組中に簡易の協議ということになり、 結局枝川審判が栃湊の右手を離させるように指示を出し、城之助はその右腕を掴んでまで引っ離そうと試みたが、 あくまで栃湊は掴んだまま離さない。焦れた審判が大音声で注意をかけたため、栃湊は仕方なくサポーターを手放し、 軽量の悲しさ、左半身のまま持っていかれて敗れた。この場所鏡山審判部長(柏戸)は糖尿悪化で休場中、従って代行となった出羽海指導普及部長(佐田の山)は、 後ろ立て褌を取った場合に準ずるとして審判の措置を支持したが、当の栃湊は負傷者のサポーターは体の一部であるから足取りと同じはずとの主張で譲らない。 もっと深く考えると、そもそもサポーター類をつけることが廻し以外身に着けてはならぬという原則に反するという極論も成り立ち得るため収拾のつけようがなく、 結局、サポーター・包帯のみを掴んだ場合は行司の注意によって離さねばならぬとする審判規則の改正で対応することになり、 9日目の理事会で承認された。
  9日目 舛田山(引き落とし)千代の富士
 全勝の千代の富士は休場明けとも思えぬ強い相撲で全勝であった。さて、立ち合い千代の富士はこの場所特に目立つ早い突っかけでやり直しとなる。 2度目、今度は千代の富士、左から張って左前褌を狙いながら傲然と胸を拡げて立ち上がった。 そこに舛田山は思い切って体当たりをかまし、右の喉輪で突き放す。千代の富士はそれでも前褌を狙ってくる。 そこを舛田山は左に廻りながら、研鑽に研鑽を重ねた叩きを見舞った。千代の富士は簡単には前に落ちないのでなおも出ようとした。 舛田山はさらに俵を伝って右で素首落としを連続、遂に千代の富士は右手から這いつくばって黒星となった。 千代の富士は相手を見下しすぎて思わぬ不覚、舛田山は研究し尽くした絶妙の叩きで千代の富士を潰す大殊勲をものにした。
 10日目 隆の里(寄り切り)朝潮
 朝潮が頭から当たるが隆の里も頭から出て負けず、左を覗かせ右上手を取る。 左四つは朝潮の組み手であるが、隆の里は浅く覗かせただけの左を返してしまう。 朝潮は右上手が取れず、右へ右へと逃れて上手を欲しがるが、隆の里は追って東に寄り、朝潮の左掬い投げを残して腰を落とし赤房に寄り立て、 朝潮の右巻き替えに構わず引きつけて寄り切った。隆の里の怪力に朝潮は唖然という風情。
 11日目 千代の富士(上手投げ)朝潮
 千代の富士が左を狙うと朝潮は右から突き放す。千代の富士は赤房に吹っ飛び左に廻り込もうとする。 朝潮は左差しから追って白房に出る。千代の富士は右から首捻りを見せながら堪え堪えて廻り込み、 右を巻き替えて右四つ充分、一呼吸して左から腰を入れて大きく上手投げ、豪快に決めた。朝潮の当たりも寄りもこの場所最高の出来だったが、 それを凌いで叩きつける千代の富士の強さも凄い。
○昭和58年 9月 優勝 横綱 隆の里 俊英 15勝 3
  3横綱が白星を並べたが 4日目に大ノ国を押し出した北の湖が右脹脛の筋を切って休場。 千代の富士と隆の里の 2横綱の力が抜きん出ており、大関以下を寄せつけず全勝を守る。 千秋楽、史上 4回目の千秋楽横綱全勝決戦となり、怪力自慢の吊りで千隆の里が勝ち、史上初の新横綱15戦全勝という偉業を成し遂げた。 この場所も前場所同様隆の里と千代の富士の争いとなり、大関も奮戦はして力を見せたが、関脇以下には見るべきものが何もなかった。
・優勝決定の一番 千秋楽 隆の里(吊り出し)千代の富士
 史上 4度目の14戦全勝横綱決戦。千代の富士は低く飛び込み左上手を浅く引き頭をつける。隆の里は腰低く出て左上手。 千代の富士は相手の上手を切り、寄り身を見せる。しかし隆の里は動かない。千代の富士は頭が上がるが、構わず吊りを見せる。 だが隆の里はこれを捉えて待望の上手を取り、右外掛けで堪える。胸が合う。こうなって隆の里優勢、千代の富士が出ようというところ、 隆の里は吊り上げて黒房で左に吊り出し、新横綱にして15戦全勝の偉業を達成した。
・好勝負
  6日目 千代の富士(寄り倒し)飛騨乃花

 千代の富士は立ち合い目を瞑ってしまい、差し手争いから左差し、廻しを取らず半端な寄り身。 飛騨乃花は両廻しを引いて堪え、上手をやらず正面に寄り進んだ。千代の富士は左下手投げで堪えて土俵中央に戻し、右で首を巻いて強引に下手投げ。 飛騨乃花が残すと千代の富士は右を巻き替えて両差し、吊り身で 2回攻めたが、飛騨乃花は左外掛けで防ぐ。千代の富士は面倒とばかりなおも吊り寄りから右の外掛けで攻め立て、 また吊りから右の高い外掛け、さらに右へ寄り立て寄り倒したが、飛騨乃花が左に打っ棄りを見せると千代の富士の右足が大きく飛び出した。 庄之助の軍配は飛騨乃花。しかし飛騨乃花の崩れがやや早く、物言いがついて差し違いとなった。それにしても滅茶苦茶な相撲である。
  8日目 隆の里(上手捻り)朝潮
 当たりあって押し合いから朝潮が右の去なし、隆の里はやや泳いだが残す。 朝潮はさらに左から右と筈で押し、横綱を追い詰めたのに悪い引きで呼び込む。隆の里は左差し、下手を取る。 朝潮は右から小手投げを連発するが動きが遅くて効かない。隆の里が右を巻き替えると朝潮も応じて右四つとなったが、これでは隆の里充分、 両廻しとも取れない朝潮に対し、隆の里は呼吸をはかって左上手から捻ると、朝潮はクシャーッと股裂きになって潰れてしまった。 朝潮は右膝靭帯を痛めて翌日から休場、隆の里の怪力には舌を巻いたが、朝潮の脆さも問題となった。
 11日目 隆の里(寄り切り)高望山
 高望山が右から体当たり、隆の里の左上手を切って両差し、差し手を返して向正面に寄り立て、 隆の里が右を巻き替えて右へ逃れると高望山も左を巻き替え再度両差しで寄り立てた。隆の里が右を巻き替えて掬い、弓なりになりながら左から小手に振って左を巻き替え寄り返す。 高望山はまた巻き替えて両差しから白房に攻め立てると隆の里は両上手を取って寄り返し、右を巻き替える。 高望山は右下手、左からおっつけて間を置き、隆の里が左上手から捻るのを残して寄り立て左を巻き替え、隆の里も左を巻き替えようとするのにつけ入って向正面に左喉輪で追い込んだ。 隆の里は今度こそ危なかったが、堪えて寄り返し右を入れ、右四つ両廻しを引きつけて西に漸く寄り切った。大死闘、隆の里は全勝を続ける。
 13日目 若嶋津(寄り切り)旭富士
 若嶋津が鋭く踏み込んで左前褌を取り引きつけたが、ここで旭富士は意気消沈してしまい、右半身となって脱力、 若嶋津に右も与えて西に真っ直ぐ寄り切られてしまった。支度部屋、旭富士は息巻いた。「あれ、反則じゃない?」と。 要するに若嶋津が掴んだ左は、前褌ではなく前袋で、旭富士は逸物をガッチリつかまれ、激痛に苛まれ悪夢の三秒間を経て完敗したわけだ。 若嶋津も若嶋津で、流れだから離すわけにもいかないと必死の弁明、間違いなく反則だが、どういうわけか見逃されて終わってしまった。
◎昭和58年11月 優勝 横綱 千代の富士 貢 14勝 1敗 9
 北の湖が久々に皆勤した。終盤 3連敗して11勝だったがまあまあの星。 土俵はやはり隆の里と千代の富士が主導する。大関以下とはかなりの差がついたが、この場所は中盤までは琴風と若嶋津が横綱を上廻ってより興味を惹いた。 千代の富士は初日大ノ国に寄り倒され、 4日目には隆の里も大ノ国に寄り切られ横綱昇進後初黒星。 6日目には北の湖までも大ノ国に送り出された。大ノ国は 3横綱総なめの快挙。 9日目を終わって若嶋津と琴風が全勝で、 10日目にぶつかって琴風が勝った。琴風はそのまま 3横綱に当たったが完膚なきまでにやられて結局 4敗、若嶋津もやはり 4敗で、いつの間にか北天佑も 4敗で並んで終わった。 かくて隆の里と千代の富士はそのまま千秋楽まで 1敗で残り、 この両者による 3場所連続の相星決戦となって、雪辱に燃える千代の富士が圧勝し 9回目の優勝を飾った。 この年前半は大関と関脇の健闘、後半は千代の富士と隆の里の充実で見応えがあった。
・優勝決定の一番 千秋楽 千代の富士(寄り切り)隆の里
 千代の富士は鋭く踏み込んで左前褌、右差し腕を返して頭をつけ、左を引きつけ一気に向正面に寄った。 さらに右下手投げで崩して堂々寄り切って先場所の雪辱を果たした。
・好勝負
  4日目 大ノ国(寄り切り)隆の里

 腰高の隆の里に対し大ノ国は右差し、横綱に上手を許さない。しかし隆の里はそのまま強引に西に出た。 大ノ国は重い腰を生かして寄り返し、土俵中央で上手を探り合う。辛抱し切れなかった隆の里は左から小手投げにいったが、 これはまずく上体が立った。大ノ国は上手を取った。こうなって大ノ国は腰を落として黒房に寄り、両廻しを引きつけて寄り切った。 大ノ国は初日の千代の富士戦に続く金星、 6日目北の湖も破って 3横綱総なめの壮挙。隆の里は横綱になって初めての黒星で、連勝は21でストップ。
 10日目 琴風(寄り切り)若嶋津
 当たって両者左がっぷり四つ、若嶋津が引きつけて赤房に出たが琴風残して寄り返し、 若嶋津が上手投げを 2回振って琴風の上手を切ろうとしたが切れない。若嶋津は再度引きつけて寄った。 琴風も必死に残して逆に引きつけて寄り立てた。若嶋津の上体が起きると琴風は頭をつけて東にがぶった。 若嶋津は右上手が切れた。琴風はさらに加速し一気に寄り切って全勝を守った。若嶋津は 1敗。
 11日目 北の湖(寄り切り)琴風
 北の湖は左肩から当たって左差し、右でも上手を取り、引きつけて寄りながら琴風の左下手も切り、 一気に西に寄り切った。予想外の呆気ない相撲で全勝琴風に土がつき、 1敗で 3横綱と琴風が並ぶ展開となった。
 13日目 千代の富士(寄り切り)北の湖
  3横綱が 1敗で並んで迎えた総当たり戦の幕開けである。千代の富士が低く飛び込んで左差し、互いに上手が取れない形から先に千代の富士が上手を取った。 北の湖は千代の富士の下手を切ったが、千代の富士は左を前褌にして改めて取り直し頭もつける絶好の形。 北の湖はやむなく下手投げを打つが、却って悪い。千代の富士は引きつけて赤房に寄り切った。
 14日目 隆の里(首投げ)北の湖
 北の湖が踏み込んで差し手争いにも勝ち左四つ、互いに上手が取れず、北の湖が下手投げを打つが、 隆の里は右に廻って上手を取る。隆の里は有利な体勢から両廻しを引きつけて東へ速攻の寄り身を見せた。 北の湖はみるみるうちに土俵に詰まったが、右を巻き替えるという大きな賭けに出た。 しかもこれがうまくいって両差し、隆の里の右上手を切ったものだから北の湖は喜び勇んで大逆襲に転じようとした。 ところが、隆の里は下がりながら右で首に巻いて首投げを強襲、予想外の奇襲に北の湖はもんどり打ってドウと倒れた。 面白い相撲で見応えもあった。北の湖は 3敗となり、隆の里と千代の富士が千秋楽に決戦ということに落ち着いた。
前画面に戻る