昭和59年
○昭和59年 1月 優勝 横綱 隆の里 俊英 13勝 2敗 4
 10日目が終わって大関琴風と朝潮が 1敗でトップ、千代の富士と隆の里は 2敗という意外な展開となった。 特に朝潮が良く、カド番とは思えない充実振りだった。しかし11日目、朝潮が若嶋津に逆転負け、琴風は北の湖にあしらわれ、 千代の富士と隆の里が先頭に並んだ。結局両横綱の 4場所連続相星決戦となって隆の里が勝ち 4回目の優勝を飾った。 三横綱を倒した朝潮は10勝に止まり、琴風と若嶋津が11勝、北天佑は終盤 4連敗で 9勝、 風邪で発熱した北の湖はなんと 8番止まりだった。では相星決戦の両横綱はというとこれまた内容は冴えず、 千代の富士は強いときと弱いときの落差が大きく特に序盤が不安定、隆の里は風邪で熱を出し 7日目から連敗、やや相撲が粗かった。 大ノ国と保志が序盤から快調で優勝争いは大いに混乱し、中盤の横綱大関戦は大関が勝ったためなおさらややこしくなった。 場所としては大変面白かったが、怪我人が多く出たのが玉に瑕。
・優勝決定の一番 千秋楽 隆の里(吊り出し)千代の富士
 隆の里は立ち合い右で一突きして左上手を浅く取り、右も差して充分、千代の富士に廻しを与えない。 千代の富士は左から何とかおっつけ、上手を手を掛けようとしたその瞬間、隆の里は上手一本、下手は引かずにグイと吊り上げ高々と正面に吊り出して圧勝した。
・好勝負
  4日目 保志(押し出し)若嶋津

 時間前に立って保志が鋭くぶちかまし、突っ張って出て素早く両差し、一気に寄った。 若嶋津は忽ち窮地に追い込まれ、赤房で捨て身の左首投げを打ったが、保志は傾いたものの首をすくめて残し、右筈で押し出して完勝した。 保志の見事な相撲、新小結大いに売り出す。
  5日目 大ノ国(寄り切り)琴風
 琴風の左おっつけから右差し左上手の寄りに大ノ国は後退したが堪え、琴風の上手を切って寄り返し、 しかも左を巻き替える。琴風も巻き替えて左四つ両廻しから再度寄ると、大ノ国は再度土俵際まで後退したが、 大ノ国堪えて右を巻き替える。琴風は左を巻き替えようとしたが大ノ国は許さず両差しで寄り進み、 琴風が右上手を引きつけ左からおっつけて寄り返そうとしたが、大ノ国は両下手を引きつけ寄り立て、赤房に寄り切った。 寄り合いの熱戦、新関脇大ノ国に軍配。
  7日目 若嶋津(上手投げ)大ノ国
 低い当たりから左四つ、大ノ国の右小手投げに対し若嶋津は左肩透かし、 大ノ国が泳ぐと若嶋津は左おっつけで攻める。しかし大ノ国は土俵際で反りながらもよく残し、 両前褌を取って逆襲してきた。若嶋津はおっつけながら左右に揺さぶり、左で上手を取って上手投げを見せる。 大ノ国は右を深くしての両差し、グイグイ寄り立てる。若嶋津は白房下に詰まったが、堪えて右から上手投げ、更に右に廻り込んで逆転勝ちした。 大熱戦で館内を沸かせた一番。
  7日目 逆鉾(外掛け)隆の里
 隆の里は左から張るが、逆鉾は右から入って両差しに成功、上手をやらずがぶり寄りに攻め立てた。 隆の里は左右から抱え、我慢ならず左へ振り飛ばそうとするところ、逆鉾は狙いすました左外掛け、ものの見事に横綱を倒してついついガッツポーズ。 喜びのあまり土俵を下りる際俵を踏み外して滑り落ちるおまけつき。
  7日目 朝潮(押し出し)千代の富士
 千代の富士が左前褌を狙って低く立つと、朝潮は遅れて当たり右筈左外筈で一気に驀進。 千代の富士の引きが中途半端で、朝潮は左筈右喉輪で赤房に追い詰める。千代の富士は左足一本となり、左差しから突き落とそうとした。 しかし朝潮は右喉輪でドッと押し倒す圧勝。これで全勝がなくなった。
  8日目 朝潮(引き落とし)隆の里
 当たり合って朝潮が左おっつけ、隆の里は左下手を取る。朝潮は右からおっつけて右へ変わり、 今度は左おっつけから左変化と、巨体のくせに左右の揺さぶり戦法を駆使して翻弄、隆の里の左を切った。 隆の里が出て追い詰めたがなぜか引く。朝潮は左おっつけから左を巻き替え、右からおっつけてから逆を衝き左から引いた。 隆の里は足が揃っていてこれを喰い、連敗。
 千秋楽 琴風(寄り切り)北天佑
 左差しから琴風が寄ると北天佑が左に廻って逃げる。あくまで頭を上げまいとしてかえって頭が低すぎる北天佑を、 琴風は叩く。北天佑はこれを残して左四つのがっぷり。北天佑が左蹴返しを見せると琴風は寄り身、北天佑が寄り返して頭をつけ、琴風の両廻しを切った。 しかし琴風は左から掬い投げを打って体を入れ替え、右上手を取って赤房に寄り切った。 2分の大相撲であった。
△昭和59年 3月 優勝 大関 若嶋津 六夫 14勝 1敗 1
 千代の富士が 2月のトーナメント決勝で痛めた右股関節の捻挫の悪化を理由に途中休場、 隆の里は連敗 2つで崩れて 4敗。北の湖は 1月ほどではないがまだ不調。 全勝の若嶋津を北天佑が 1敗で追っていたが、12日目から連敗して脱落し、 14日目若嶋津が北の湖を寄り切って優勝を決定した。15日間通して寒い天候と同様、 優勝争いも上位が崩れてやや寒々しかった。
・優勝決定の一番 14日目 若嶋津(寄り切り)北の湖
 当たって北の湖は左下手を取ったが右上手は全く以て遠い。若嶋津も下手は取ったが右上手は取れない。 互いに上手を狙って時間が過ぎ、今度は互いに巻き替え合う攻防、先に若嶋津が両差しとなったが、 さらに巻き替え合って北の湖は 3度目の右巻き替えで両差しとなった。そして若嶋津が左を巻き替えて左四つから右も巻き替えようとしたところ、 北の湖はサッと得意の上手を引いた。そしてエイとばかり吊り上げて東から正面に歩こうとした。しかし若嶋津のユルフンのため吊り上げ切れず、 若嶋津は右を巻き替えて東へ逆襲、北の湖は左の廻しが切れてアップアップする間に寄り切られてしまった。 かくして若嶋津の初優勝は成ったが、優勝決定の相撲にしては内容が物足りなかった。
・好勝負
 初日 若嶋津(小手投げ)保志

 保志の攻めは実に果敢、左おっつけ、突き放し、左右の喉輪とあらん限りの力で猛然と若嶋津に襲いかかった。 若嶋津は軽量の悲しさで反った恰好となり正面から黒房へと逃げ廻った。しかしこれだけ猛攻を浴びながらも腰から下は崩れず、 土俵中央に入った若嶋津は左から引っ張り込む。そして保志が両差しで東に走ろうとすると小手投げ一閃、保志を這わせて勝った。 両者稽古充分、面白い攻防の一番。
  5日目 大乃国(寄り倒し)隆の里
     保志(押し出し)北の湖
     大寿山(打っ棄り)千代の富士

 隆の里は踏み込んで右差し、左で上手を取って大乃国に上手を与えず十八番の体勢。 横綱は正面に寄り立てた。しかし大乃国はよく堪え、右下手投げを打った。隆の里は残しはしたが攻勢が止まった。 大乃国は寄り返して横綱の上手を切り、さらに右から掬って左を入れ両差しとなった。 隆の里は焦った。窮して右を巻き替えにいった。その時、大乃国がドッと青房に寄り進んだ。隆の里の腰は完全に砕け、腰から崩れ浴びせ倒されてしまった。 これを土俵下で見ていた保志は燃えた。やや腰の高い北の湖に対して下から猛然突っ張った。 北の湖は防戦に廻り正面に後退したが、よく残して保志の引きについていき右を入れて寄り返す。 ところが保志は向正面に詰まって左から突き落とす。北の湖は泳いで土俵際、しかも悪い癖の叩きが出て土俵を飛び出してしまった。 結びは強心臓の持ち主横綱千代の富士の出番であった。しかし千代の富士は強心臓過ぎたか、 立ち合いから腰を割ることもなく心持ち左に立ち、真ん前に大寿山を引いた。大寿山がつけ込まない筈がない。 右前褌、左上手を取って充分である。千代の富士は上手が取れず、下手も一枚廻しで、右半身。 ちょっと動きが止まって、大寿山が上手からぶん廻し、西に迫った。千代の富士は残して左上手を取り、 大寿山の左巻き替えに乗じて両上手を引きつけ、おっ被さりながら突っ走った。 しかし大寿山は心得たもので、青房で左から掬って右へ打っ棄ると千代の富士は腹に乗って先に振り飛ばされ惨敗してしまった。 全横綱枕を並べて討ち死にである。特に千代の富士の相撲は救いようがなかった。加えて大乃国と保志の両関脇は当たった横綱をすべて潰し、 この場所は横綱が関脇に全敗という珍しい記録が残ってしまった。
 12日目 大乃国(寄り切り)若嶋津
 若嶋津が鋭く立って左差し、一気に白房に突き進んだが、大乃国が嫌って振りほどいた。 大乃国は突っ張って左喉輪押しで正面に大関を押し詰めた。若嶋津は大乃国の左をとったりで振り、 左を差して逆に正面に寄ったが、寄り返される。若嶋津は下手投げから西に出る。 しかし大乃国は右小手投げ、やや若嶋津が崩れると、大乃国は右を差して右四つとした。 正面に寄り立て、左上手も掴み、棒立ちとなった若嶋津を遂に寄り切った。大熱戦で大接戦、遂に若嶋津に土。
△昭和59年 5月 優勝 横綱 北の湖 敏満 15勝 24
 隆の里が初日いきなり出羽の花に敗れた。全勝の千代の富士は 9日目朝潮に押し出されて炭団をつけ、 同じく 9日目隆の里も逆鉾に寄り切られた。さらに千代の富士は12日目北天佑に寄り切られて 2敗、13日目には北の湖に二本差しを許して完敗、脱落した。 千代の富士を破った北の湖はこの場所序盤から素晴らしく好調。 8日目難敵朝潮を撃破、 11日目琴風、13日目千代の富士に快勝。この日、 2敗の隆の里が北天佑に引き落とされて北の湖の24回目の優勝が決まり、 北の湖は千秋楽隆の里を寄り切って 7回目の全勝優勝を飾った。北の湖の独り場所、隆の里も千代の富士も大関陣も全く駄目で、 横綱を狙った若嶋津が14日目北の湖に敗れ 5敗となったため次の場所にもつなげられず、大関確実と思われた大乃国は欠点という欠点すべてを曝して負け越してしまった。
・優勝決定の一番 13日目 北の湖(寄り切り)千代の富士
             北天佑(引き落とし)隆の里

 当たり合って千代の富士は左前褌を狙ったが、廻しに触ったものの手は掛からず、 北の湖は左から入って返し、右もねじ込んだ。千代の富士が右に廻り込むと北の湖はグイグイ西に寄り進み、 千代の富士の右巻き替えを阻んで寄り詰め、懸命に堪える千代の富士をグイッと寄り切って北の湖は13連勝とした。 直後、弟弟子の北天佑は隆の里と低く当たり合って右喉輪、さらに左からおっつけて先手を取る。 そして互いに右からおっつけて頭を下げるうち、隆の里の足が右左の順でツルッと滑って呆気なく四つん這い。 かくして北の湖の優勝が早くも決定、勝ち残りの北の湖を向いて微笑んで頷き合った。
・好勝負
  5日目 北の湖(寄り切り)大乃国

 北の湖が立ってすぐ左を差し、右からおっつけて一気に東に出、右上手を取ると、大乃国は土俵際で右から小手投げを打って逆に寄り立てる。 しかし北の湖、土俵に詰まっても全く慌てず、右を巻き替えざま俵を蹴って左へ廻り込み、大乃国の右巻き替えに構わず左上手を引きつけて寄り立てた。 大乃国はなお必死になって堪えるが、北の湖は右から掬って揺さぶり、大乃国が寄ってくると北の湖は左を巻き替え、 土俵際で左から掬って右筈で赤房に寄り切った。随分と動き廻ったが、北の湖は終始落ち着いていた。
  8日目 北の湖(寄り切り)朝潮
 当たり合って互いに左を入れ、上手は両者ともに取れない。朝潮は左下手を引いて右からおっつけると北の湖は下がった。 しかし北の湖も下手は握っている。しかも朝潮は立ち合いの出足がなかったため勢いがつかない。北の湖も右からおっつけ、次いでサッと右を巻き替えた。 さらに北の湖は差した右をすぐに返し、右から掬って体を入れ替え、そのまま白房に寄り切った。北の湖は約 3年振りに中日で勝ち越した。
  9日目 朝潮(押し出し)千代の富士
 千代の富士は稽古不足ながらここまで全勝だった。しかしこの日は踏み込みも当たりも悪く、朝潮の餌食となった。 朝潮の当たりは角度も申し分なし、左おっつけから左筈、右おっつけで真っ直ぐ押し立て、左を浅く差して返して進み、最後は左筈で押し出した。 東から登場の千代の富士は東二字口で土俵を割ってしまった。以降千代の富士は隆の里ともども立ち合いに集中力を欠いて大苦戦を強いられることになる。
 10日目 大乃国(突き落とし)若嶋津
 既に大関絶望の大乃国と、僅かに綱への望みが残っている若嶋津の対戦。当たり合って大乃国が喉輪突きで攻めると、 若嶋津は右おっつけで押し返し、突っ張りから右を入れ、左絞りから両差しとなって寄り立てた。 大乃国は上手が取れず土俵に詰まったものの、右を巻き替えて左小手投げで逃れ、さらに左四つとなって大乃国が両廻しを引きつけ頭もつけた。 機を窺い、寄り立てる大乃国に対し、若嶋津は右から絞って再度両差し、逆襲する。大乃国はまたも両廻しを切られ赤房に詰まったが、 肩越しに左上手を取るや上手捻り、さらに右から突き落として逆転勝ちした。乱戦、若嶋津も引導を渡された。
 千秋楽 玉龍(上手投げ)高見山
 この場所既に12敗、幕下落ちがほぼ決まっている高見山は、玉龍との最後の一番に臨んだ。 玉龍が突っ張ると高見山も突き返すが威力がなく、玉龍は左に動いて去なす。高見山はトトトッとのめったが向き直って突っ張り向正面に前進、 玉龍がまた叩くが高見山はよくついていって左差しで出た。しかし玉龍は右上手を取って赤房で逆転の上手投げ、高見山はドシンと倒れた。 高見山は惜敗で土俵を叩いて悔しがった。名物人気力士高見山は遂に土俵を去った。
 千秋楽 北の湖(寄り切り)隆の里
 当たって北の湖が右差し、左をねじ込みながら一気に出、隆の里が右脇を締めると左おっつけで一気に青房に迫った。 隆の里は流石に堪えて寄り返したが、北の湖は左上手を引きつけて、右の返しも充分に寄り立てて青房に寄り切り全勝優勝を飾った。
×昭和59年 7月 優勝 大関 若嶋津 六夫 15勝 2
 千代の富士は左肩脱臼で初日から休場。隆の里は低血糖で不調、絶好調の北の湖は色気が出て慌て癖も顔を出し各々10番、11番に終わった。 若嶋津の独擅場で、13日目北の湖を上手投げで破って早々と優勝を決定、14日目に新入幕の霧島、 千秋楽大関琴風を破って全勝優勝を飾った。他にはこの場所は結局なにもなかった。
・優勝決定の一番 13日目 若嶋津(上手投げ)北の湖
 若嶋津が左からおっつけるが北の湖はすぐ右差し、若嶋津も右下手を引き、左を巻き替えようとしたが北の湖は許さない。 その後互いに巻き替え合って左四つ、若嶋津が上手を取ったが北の湖は切った。若嶋津は右から盛んに絞って北の湖の下手を切ったが、 自身は上手が取れず元に戻った。逆に北の湖は上手を取った。若嶋津が右から絞るが北の湖は出ようとする。 若嶋津は左下手投げで横綱の出足を止め、右から絞る。機を見て若嶋津が右を巻き替えようとすると北の湖は黒房に出たが、 若嶋津が踏ん張って左下手から捻り逃れた。北の湖は右足も左足も右へ流れた。そこを若嶋津が上手を取って上手投げ、北の湖はガクンと崩れ、若嶋津の優勝が決まった。
・好勝負
  5日目 若嶋津(下手投げ)保志

 若嶋津が右手を出して立つと保志は頭から当たる。若嶋津は左差し右からおっつけて出ようとするが、保志の右おっつけを嫌って若嶋津が右を巻き替えようと左に動いたのが悪く、 保志は左差し右からおっつけて赤房に出、若嶋津が左から掬ったときには保志は上手を取っていた。そして保志は白房へ一気に出ると若嶋津は左下手投げ、 さらに保志が西に出て決めようとするところ、若嶋津は体を開いて左下手投げ、これが豪快で保志は頭から垂直落下した。
  9日目 霧島(下手投げ)小錦
 両者新入幕、筋肉力士霧島と巨躯力士小錦の幕内第一戦である。さあ小錦が得意の猛突っ張りで攻め立てると霧島は確かによろめいたが、 左に廻りながらうまくかいくぐって右下手、次いで左おっつけから前褌を引くと、小錦は右を抜いた。小錦は完全に棒立ち、霧島の右下手投げを堪えたが、 再び霧島が左下手から捻りながらの右下手投げをものの見事に決めて巨体を埋めた。 年期の差を感じさせた霧島の技。
 14日目 若嶋津(送り出し)霧島
 全勝で既に優勝を決めている若嶋津が、14日目に至って霧島に当てられた。無論若嶋津も霧島も魂消た割である。 この相撲、霧島が低く若嶋津の顎にぶちかまして左四つ、右で上手を取って頭をつけ、右上手投げを打って攻めたもので若嶋津も持て余してしまった。 若嶋津は上手が取れず相手の頭を埋められ窮地に立ったが、そこは地力の差を見せ、霧島が右を巻き替えるところ左から出し投げを打ち、西に送り出して全勝を守ったものの、 若嶋津は緊張の余り自分らしくない相撲となった。
△昭和59年 9月 優勝 前12 多賀竜 昇司 13勝 2敗 1
 蔵前国技館最後の場所は、立ち合い正常化の声高らかに蓋を開けたが、北の湖が首を痛めて途中休場。 8日間を終わって全勝は多賀竜、 1敗で千代の富士、綱取りの若嶋津、大乃国となっていた。 9日目、千代の富士は大乃国に敗れて 2敗となり、 10日目には大乃国が敗れて 2敗目。11日目、大乃国は 1敗の多賀竜と対戦したが上手出し投げに叩きつけられて 3敗となる。 このまま大乃国は脱落。 2敗の小錦が同じく 2敗の隆の里を押し出して優勝戦線に名乗りを上げる。 12日目、若嶋津も小錦の体重を浴びて寄り切られ 2敗。千代の富士は崩れて 3連敗。 13日目を終わって 1敗は多賀竜、 2敗は若嶋津と小錦。14日目、多賀竜が若嶋津に挑戦、 右四つの大相撲から多賀竜が寄り倒して若嶋津 3敗。小錦は千代の富士戦、ものの 3突きで押し出して千秋楽を迎える。 小錦は琴風と対戦、 2分余の辛抱の末琴風が勝ち、多賀竜の優勝が決定した。 多賀竜は朝潮に敗れたが13勝 2敗。若嶋津は 4敗となり、綱は消えた。
・優勝決定の一番 14日目 多賀竜(寄り倒し)若嶋津
 多賀竜としては超人的な相撲を取って横綱目前といわれる若嶋津を撃破した大一番である。 若嶋津が左差しを狙うと多賀竜は右へ廻りながら腕力を利して右から強烈に絞り、すぐさまサッと右を差して得意の右四つ、 若嶋津が先に上手を取ったが多賀竜も下手から上手を取っていい体勢になる。そのまま多賀竜は腰を割って正面に寄り立てると、 若嶋津は堪えて上手投げで左に廻り込む。再度多賀竜が出ると若嶋津はまた左へ廻る。しかし多賀竜は頭をつけ、右筈から再び右下手、 引きつけて一気に正面に寄り立て、若嶋津が崩れながら上手投げを見せるところ、右を突きつけて堂々寄り倒した。 凄い熱戦で多賀竜の完勝、若嶋津横綱昇進の芽を摘んだ。千秋楽、小錦の敗戦で多賀竜の優勝が決定した。
・好勝負
  6日目 多賀竜(引き落とし)小錦

 小錦は突っ張りではなく左差しでドッとばかり東に突進した。しかし好調の多賀竜は差し手を右から抱えて右へ俵伝いに逃げ、 さらに左へ外網打ち敢行、なおもかさにかかって出ようとし体が伸びた小錦が引いた右前褌を振り払いながら、 正面土俵で左腕を引いて引き落とすと、小錦は吹っ飛んで青房下に横転した。多賀竜技ありの一番。これが最後に大きく影響したのだから面白い。
  9日目 大乃国(掬い投げ)千代の富士
 この日は唯一の全勝だった多賀竜が栃剣に敗れている。この相撲は 1敗同士の一番であった。 当たって右四つ、大乃国が上手を早く取り、千代の富士は右半身。大乃国が出るところ千代の富士は上手を引き、大乃国の上手を切って頭をつけた。 かくて得意の体勢となった千代の富士は青房に寄り立て追い詰めたが、大乃国は土俵際で右をねじ込んで掬い投げ、千代の富士は右足が挫けて逆転負けを喫した。 千代の富士は 6月に肩を脱臼して以来、腰痛もあって稽古不足、さらに 8月には帯広で方屋の丸太が右肩に降ってくるというアクシデントにも見舞われている。ツキもない。
 11日目 多賀竜(上手出し投げ)大乃国
 多賀竜の当たりは良く、得意の右四つで左上手も充分。大乃国が上手を欲しがるが多賀竜は許さない。 多賀竜は有利な体勢から寄り立て、さらに左上手投げ、次いで左に廻りながら出し投げを打って土俵中央に投げつけた。 素晴らしい切れ味、大乃国の逆足もあったが、それにしても鮮やかに決まった。
 11日目 小錦(押し出し)隆の里
 隆の里が左上手を探ると小錦が右から左と突いて出る。さらに小錦は右を差して返し、寄り立てる。 隆の里も右を差し、左上手を探るが届かない。向正面に詰まった隆の里を小錦は右喉輪で追撃、隆の里がやっとのことで左へ廻り込むと、 小錦はついていって左を入れながら体当たりをかまして西に押し出した。隆の里の右突き落としは及ばなかった。
 12日目 小錦(寄り切り)若嶋津
 時間前に立って小錦が突っ張るが 3発目が外れて若嶋津が両差し、下手を取って右下手投げの釣瓶打ち、 小錦が残すところ吊り身に寄り進んだ。小錦はこれを堪えて右へ廻り込み、若嶋津が右筈から左下手投げを続けるところ、 体を浴びせるようにして黒房に寄り切ってしまった。若嶋津は体の開きが足らず、体重を浴びて負けを喫した。
 13日目 小錦(上手投げ)大乃国
 合計 396kgの当たり合いから小錦が突っ張り、次いで右筈、左で抱え込んで寄り進み、大乃国が右を差して右に逃れ、 寄り返して右四つで胸が合う。大乃国はやっと捕まえて左上手投げから青房に寄り立てたが、小錦は土俵際で右へ打っ棄りを見せ、 大乃国が傾くところさらに左上手投げで裏返した。熱戦で大乃国は実によく攻めたが小錦の勢いは止まらない。
 14日目 小錦(押し出し)千代の富士
 多賀竜は既に勝って 1敗のままである。 2敗の小錦は千代の富士と対戦、千代の富士が左前褌を狙って飛び込んでくるところ、 小錦は左で千代の富士を止めて右から喉をドーンと突き放す。千代の富士は右でもいいから捕まえようとするが、 小錦は左で押さえて右から突き放し、千代の富士は左へ飛んで逃げるが小錦はさらに両手突きで向正面に攻め、 千代の富士はなお左へ逃げようとして止まり切れず土俵を割ってしまった。
 千秋楽 琴風(掬い投げ)小錦
 小錦が突っ張って出ると琴風は頭を下げて耐え右上手を浅く取り、左も差して小錦の左にくっついた。 互いに機を窺って、小錦が上手を狙うが琴風は許さない。時間が経って琴風は疲れ、頭が上がった。 小錦は機を見て右上手を取り、東に出ようとした。疲れ切った琴風だが、たじろぎながらも左から思い切って掬い投げ、 これが効いて小錦は左膝が崩れ、遂に仰天した。 2分17秒、琴風が止め男の大役をやっと果たして男を上げるとともに、多賀竜の優勝が決まった。
×昭和59年11月 優勝 横綱 千代の富士 貢 14勝 1敗 10
 北の湖がまた途中休場、隆の里も左肘を故障して途中休場、大関陣は殆ど優勝を争うことなく、 せいぜい若嶋津が喰い下がった程度で千代の富士が独走、12日目北天佑に寄り切られたのみの14勝 1敗で 1年振り10回目の優勝を飾った。 千代の富士は復調したが、大乃国が不調、小錦は途中休場で盛り上がりはなく、相撲内容が良くても見どころがなかった。
・優勝決定の一番 14日目 千代の富士(寄り切り)朝潮
  2敗の若嶋津は長い相撲を取ったが結局琴風に完敗して後退している。 結び、朝潮が突き放して千代の富士がまともに叩いたため完全に朝潮の相撲となるはずだったが、 なぜか朝潮は次の突き放しがなく左差しにいった。それでも千代の富士は右上手が取れないのだから攻めればいいのに朝潮は止まってしまう。 となると千代の富士は左下手投げを振って右巻き替え、そして右をスパッと入れて両差し、そのまま一気に東に寄り切った。
・好勝負
 初日 小錦(押し出し)北の湖

 北の湖は気負いが出て早く突っかけ、小錦は待った。次、北の湖が鋭く先に出て右前褌を狙い、手はかかった。 しかし小錦は体当たりから右で突き放し、そのまま左喉輪、右の突き放しで青房に押し出して圧勝。北の湖はまたも 7日目から休場、前途は極めて暗い。
 初日 多賀竜(掬い投げ)隆の里
 多賀竜が低く当たって右差し左から絞って一気に出た。隆の里は堪えようとしたが、多賀竜は続けて右掬い投げを放って綺麗に決めた。 前場所の余波がまだ残っていた。隆の里は 3日目から休場。
 11日目 千代の富士(押し倒し)板井
 板井は猛然と突き立て、千代の富士に左前褌をなかなか引かせず健闘した。しかし千代の富士はとうとう左を取り、 向正面に寄り立て、左を放して右で板井の脇腹をドンと押して押し倒した。盤石の強さ、完全復調を印象づけた。
 12日目 北天佑(寄り切り)千代の富士
 北天佑が左前褌を取ったが千代の富士も応じて結局右のがっぷり四つ。胸が合ってしまったので北天佑の恰好である。 北天佑は引きつけて西に寄った。千代の富士は堪えて土俵際から中央に寄り返した。そして千代の富士は上手投げを打ったが、 これが悪く北天佑の出足を誘い、北天佑は吊り身に黒房に迫り、寄り切った。この場所唯一の北天佑の完璧相撲を取られて千代の富士は完敗であった。
 13日目 朝潮(寄り切り)若嶋津
 互いに低く当たって朝潮が左差し、腕を返した。若嶋津は朝潮に上手をやるまいと左から攻めたが、結局取られた。 若嶋津は左下手を取った。ここで若嶋津は右から攻めればどうにかなったが、いきなり左下手投げを打った。 これはまずかった。朝潮は頭をつけ、上手を与えず、西に有無を言わさず寄り切った。せっかく千代の富士と並んでいた若嶋津だが、無念の 2敗目。
前画面に戻る