昭和60年
○昭和60年 1月 優勝 横綱 千代の富士 貢 15勝 11
 国技館が両国に帰ってきた記念すべき場所。横綱北の湖にとっては長い間の目標が達せられての土俵であったが、 奈何せん体調は悪く初日から 2連敗して引退した。隆の里は左肘が治らず途中休場。 大関陣は絶好調の千代の富士の引き立て役、若嶋津は冴えず、朝潮は相変わらずのツラ相撲、琴風もまた膝が曲がらず苦闘の連続。 僅かに北天佑が調子を戻しただけであった。初めから賜盃を狙っていた千代の富士は13日目に琴風を寄り切り、 2敗で追っていた出羽の花が北尾に敗れたため優勝を決定、残る 2日間、当たる大関陣を相次いで吊り出しに破り余裕の全勝優勝。 丸 2年振りの絶好調場所、文句無しの完全制覇であった。
・優勝決定の一番 13日目 千代の富士(寄り切り)琴風
 千代の富士は踏み込んで左前褌を素早く取って右を入れて返し、左から絞って二本差しとし一気に黒房に寄り切って圧勝した。
・好勝負
  2日目 多賀竜(押し出し)北の湖

 北の湖は左からかち上げ、多賀竜も額で当たる。立ち合いは両者とも良く五分。 そして多賀竜が右おっつけから右を巻き替えるところ北の湖は寄って出たが、いきなり右から肩透かしを引いてしまった。 これに多賀竜はつけ入り、のめりながらも白房に一遍に押し出した。この一番で北の湖は遂に引退、 多賀竜は北の湖の最後の白星と最後の黒星両方に名を連ねた(翌日の青葉城戦不戦敗は除く)。 3日目、支度部屋で北天佑は取組後、横綱引退について質問が及ぶと泣き出してしまった。
  7日目 出羽の花(下手投げ)小錦
 小錦が左から右と喉輪突き、しかし出羽の花は土俵に詰まりながらも右から去なして廻り込み、 右から入って両差しとなり、小錦の左にくっついた。左は前廻し。すかさず出羽の花は右から下手投げを見舞い、小錦が浴びせるところ、続けざまに引きずって決めた。 出羽の花は快調に 7戦全勝。
  9日目 千代の富士(下手投げ)小錦
 小錦が立ち合い両手突きから交互突きを 8発見舞ったが、 9発目の右が空振り。 千代の富士が土俵際で左下手を引き、左へ動いて右で首を捻りながら左下手投げ、豪快に決めた。 千代の富士は一流の豪快相撲が出て依然勝ちっ放し。
 千秋楽 千代の富士(吊り出し)若嶋津
 若嶋津は立ち合い突っ張って千代の富士の左を封じようとしたが、千代の富士も応戦して突き返してから左を取り、 右は巻き替えて両差しとなった。こうなっては千代の富士断然有利、若嶋津に上手をやらず土俵の真ん中から吊り上げ、土俵際で一旦下ろしたが、 若嶋津が左で首を巻いて右上手投げにいこうとするのを許さず再度吊り上げ、豪快に吊り出して全勝優勝、強い千代の富士を存分に見せつけた。
◎昭和60年 3月 優勝 大関 朝潮 太郎 13勝 2敗 1
 本命千代の富士が 5日目伏兵鳳凰の下手投げに屈してからにわかに混沌。隆の里は全休。 大関では若嶋津と朝潮が好調、北天佑は右肩故障のため元の杢阿弥で、琴風は大不振だった。朝潮は 4日目から鳳凰・北尾と連敗した時は頼りない朝潮であったが、 6日目保志戦で頭から血を流してから蘇り、さらに波に乗ってしまった。若嶋津は 5日目小錦の張り手にダウンしたのを除き好調、12日目北天佑の変化に敗れたが 2敗。 千代の富士は 8日目北尾に敗れ、13日目朝潮、14日目若嶋津戦にも勝てず脱落し、 朝潮は14日目北天佑を倒して 2敗同士の大関決戦に優勝が懸けられた。 決戦は朝潮の出足が若嶋津の破綻を誘って朝潮寄り倒しの圧勝、兄弟子富士櫻引退の場所に念願の初優勝を果たした。 中盤に中だるみがあったが、熱戦が多く、優勝争いも面白かった。
・優勝決定の一番 千秋楽 朝潮(寄り倒し)若嶋津
 24年振りの大関同士の相星決戦である。立ち合い若嶋津は左前褌を狙って素早く取った。 しかし朝潮も当たって左を差して右上手充分、すぐに左を返して正面にどんどん寄り進み、若嶋津の左下手投げに構わず一気に寄り倒し、 念願の初優勝を勝ち取った。
・好勝負
 初日 若嶋津(寄り切り)保志

 立ち合いから保志は激しく突き立て、若嶋津が取った左を切って左から肩透かしを引き、横から突っ張り、 さらにまた肩透かしや去なしを織り交ぜて崩しにかかった。若嶋津も復調なかなか崩れず逆に引いた。保志はつけ入って強い右おっつけから左も筈にして攻め込んだ。 若嶋津は右からおっつけて耐え、絞り出して右を深々と差し、左上手を取ってとうとう捕まえた。そして吊り身に西に運び、右筈で寄り切った。 保志の物凄い気魄と、それを受けて凌ぎ切った若嶋津の気力。
  4日目 千代の富士(下手捻り)小錦
 小錦は自慢の突っ張りで千代の富士を東に一気に追い詰めた。なおかさにかかって小錦が出ようとすると、千代の富士は去なして小錦の右を手繰り左へ廻り込んだ。 さらに千代の富士は素早く飛び込んで左前褌充分、右も下手を深く取ってなおさら充分。機を見て右下手から捻ると、俵投げの如く小錦はドサッと抛り捨てられた。 鮮やかな捻り技、流石は強豪名人横綱である。小錦「(千代の富士は)やっぱり横綱、ボクはやっぱり前頭三枚目ということね」と脱帽。
  5日目 小錦(叩き込み)若嶋津
 小錦が突っ張ると若嶋津はちょっと右から去なして突っ張りで応戦、両者土俵中央一歩も退かぬ突っ張り合戦となった。 そのうちに小錦の突きや張り手はいよいよ峻烈を極め、どうにか飛び込もうとする若嶋津を容赦しない。 それでも若嶋津は入らんものとしたが、小錦の右が若嶋津の顎を捕らえ、若嶋津の頭は下がり過ぎた。 そのまま若嶋津は小錦の左足にしがみつこうとしたがでんぐり返って初黒星をつけた。相手のペースにはまって若嶋津は完敗したが、 あれだけ(26発)顔面に猛突っ張りを浴びても後遺症がないのは流石ではあった。
  5日目 鳳凰(下手投げ)千代の富士
 千代の富士は立ってすぐに右四つ左上手充分の体勢に捕まえた。鳳凰は腰が重いので、横綱は上手を与えてはいないが慎重に構えているように見えた。 しかし千代の富士は焦れた。半ば無理に横吊りだ。しかし千代の富士は相手が重いにもかかわらず下手を引いていなかった。 そこに鳳凰の左外掛けが飛んだ。千代の富士は崩れた。鳳凰は東土俵で右から下手投げ、千代の富士も上手投げで対抗しようとしたが、やや早く後ろ向きに飛び倒れ敗れてしまった。 千代の富士の連勝は22でストップ。
  6日目 朝潮(掬い投げ)保志
 立ち合いの当たりは両者とも実に激しく、朝潮の額からは血が飛んだ。 まず保志が突っ張って先手を取るが、朝潮は右から引っ張り込んで左四つに捕まえる。 さて保志は右おっつけを見せて上手を引き、ズズズッと白房に一気に攻め立てた。 さあ朝潮は後退したが、得意の左四つから朝潮は大きく掬った。保志は上体が伸びて体が入れ替わり、左足一本で堪えたが押し倒された。 朝潮は額を切れば調子がいいとされるが、その額からは鮮血がダラダラ流れる。そして朝潮はそのまま突っ走った。
  8日目 佐田の海(寄り切り)小錦
 やや呼吸がずれたような立ち合い、佐田の海の仕切りは早く、小錦は受けに廻った。従って踏み込みも何もない。 佐田の海は立ち合いから右差し、左筈押しでどんどん西へ押し立てる。小錦は右へ廻り込むが、佐田の海はなお攻勢、そのまま向正面に寄り切った。 佐田の海は巧さで小錦の馬力を完全に封殺した。
 12日目 千代の富士(下手投げ)琴風
 千代の富士は立ってすぐ左を取り、右も下手。琴風は両廻しとも取れず、腰高だったが、構わずがぶった。 しかし東土俵、千代の富士は両廻しを引きつけて吊り上げ、左下手から掴み投げの如く裏返しに叩き潰した。
 13日目 朝潮(寄り切り)千代の富士
 千代の富士は左で前褌を取ったが、朝潮の当たりは角度も最高で左差し手を返した。 千代の富士の右を殺した朝潮は、右上手が取れないまま巨体を生かしてグイグイ迫った。千代の富士は体を起こされた。 結局何もできないまま赤房下で横綱は土俵を割り 3敗目、大きな脱力感に襲われる。朝潮は 2敗を堅持。
 14日目 若嶋津(下手投げ)千代の富士
 朝潮は北天佑を圧し潰して 2敗のまま。結びは若嶋津にとって最難関、16戦してたった 1勝の横綱千代の富士が相手であった。 まずは立ってすぐ右四つで両廻しを引きつけ合ったが互いに巻き替え合い、千代の富士が両差しになると若嶋津は両上手のまま引きつけ合いに応じさらに左四つ、 若嶋津の両差しを経て左四つとなった。攻勢は若嶋津、若嶋津が寄れば千代の富士が右の上手投げで対抗、若嶋津が左下手投げで防ぎ、 千代の富士の方が疲れた。最後若嶋津の白房への寄りに対し千代の富士は右から上手投げを打つが、若嶋津は下手投げを打って横綱を倒した。 凄まじい激闘、これで朝潮に若嶋津という大関決戦の構図ができた。
△昭和60年 5月 優勝 横綱 千代の富士 貢 14勝 1敗 12
 朝潮は好調が伝えられ、悲願の横綱に向けて意欲充分だった。 隆の里はこの場所も休場した。対抗馬は千代の富士。蓋を開けると千代はやはり好調…ではなく、場所前に右肩を強打して庇う相撲が多く、 前半は甚だ頼りなかった。本命の朝潮は 3日目早くも保志に突き落とされて炭団をつけ、 9日目の大錦戦、取り直しも足が出ずに敗れて 2敗。 12日目には大乃国に屈して横綱は遠く、気がつけば千代は13日目に大乃国を破って優勝を決めていた。 14日目千代は若嶋津に敗れたが、千秋楽、綱の望みを繋ぐべく必死の朝潮を引き落として14勝 1敗。 朝潮は11勝で綱取りは白紙に戻った。琴風が 6日目の大錦戦で右膝を骨折し休場、大関陥落が決まった。 この場所、千代の富士と後続との間に11日目で 3差がつき、朝潮が 9日目で 2敗したことで優勝争いはなかった。
・優勝決定の一番 13日目 千代の富士(上手投げ)大乃国
 千代の富士は全勝で、 1敗も 2敗もいない。大乃国は 3敗である。立って大乃国は踏み込んで右を差し、左上手も取って充分、千代の富士を右半身に追い込んだ。 大乃国は絶好の体勢から向正面に寄り立て、千代の富士を追い詰めたが、千代の富士は左足を徳俵にかけて踏ん張り、どうやらこうやら左で上手を取って左に逃れ、大乃国の上手を切った。 千代の富士は窮地を脱して西に大乃国を寄り詰めたが、千代の富士はなぜか異常に高いに右外掛けという愚行。大乃国は対して右腕を返して左から抱え上げ、黒房に寄り立てる。 千代の富士は危ないかに見えたが、右足でウンと踏ん張って左から大きく上手投げ、大乃国はゆっくりと黒房に倒れ、千代の富士の優勝は決まった。 千代の富士は再三俵を背負いながら、結局崩れず大逆転を果たした。
・好勝負
  6日目 大錦(上手投げ)琴風

 当たり合って大錦が琴風の左を引っ掛けてから右上手を狙う。琴風はこれを許さず二本覗かせて出る。 大錦は堪えつつ左右からおっつけて頭を下げ、両前廻しを掴む。琴風が窮して右を抜くところ大錦は一気に寄り立て、堪える琴風を右上手から投げ捨てた。 琴風は右膝を捻じった上に強く打ち、靭帯損傷と腓骨骨折の重傷で休場、大関を陥落した。
  9日目 大錦(下手投げ)朝潮
 大錦が踏み込んで左の前褌充分、朝潮も右上手を取って左差し、腕を返してこれまた充分、朝潮が西土俵に寄り立てた。 しかし大錦は朝潮絶対不敗の体勢にもかかわらず廻り込んで右から突き落とし、軍配は大錦でかなり分が良かったが、尾上(富士錦)から物言いがついて結局取り直し。 今度も大錦は左前褌を取って充分、朝潮も右上手を取ったが、左差し手が生きない。大錦は左半身充分、朝潮は構わず攻撃これ最大の防禦なりと正面に寄り立てた。 しかし大錦、待っていましたと体を開いて左下手から引きずった。朝潮は無惨にも腹から倒れ、 2番とも完敗、 2敗目となり本人早くも場所後の横綱昇進を諦めた。
 14日目 若嶋津(寄り切り)千代の富士
 若嶋津が左を差したが千代の富士も頭を下げて上手をやらない。しかし千代の富士も右上手を取っているのに攻めない。 若嶋津は千代の富士の上手を切り、自身が上手を一重ながら取る。千代の富士も上手を引き直してがっぷり。 両者吊り合いの後、千代の富士は右を巻き替えんとするが失敗、さらに千代の富士は正面に寄るが、若嶋津は残す。 ややあって若嶋津が土俵の真ん中で右外掛け、千代の富士が崩れかかるところ一気に赤房に寄り立て、必死に堪える千代の富士を引きつけ充分に寄り切った。 千代の富士は右肩故障の上に上手がこちらも一重で、終に攻めに出られず敗れた。
○昭和60年 7月 優勝 大関 北天佑 勝彦 13勝 2敗 2
 肘を手術した隆の里が出場し、小錦に快勝したものの10番に止まった。千代の富士は 2日目大徹戦でよもやの打っ棄り負けを喫し、 5日目で 2敗。若嶋津は大いにもたつき、大錦戦で左肩を痛め休場。北天佑が久し振りに絶好調、 6日目で 2敗したところまではさっぱりだったが以降は安定し、 千代の富士の崩れで優勝戦線に浮上。11日目の大乃国戦の豪快さは見事だった。この時点で 2敗は千代の富士・北天佑・大乃国・北尾。 その後北尾は取りこぼして後退、大乃国は千代の富士に屈し 3敗。北天佑は13日目、最難関千代の富士戦を迎え、力相撲の末勝って 2敗を守る。 14日目 3敗の隆の里を退けて、千秋楽朝潮戦に 2回目の優勝を懸けあっさり楽勝し賜盃を手にした。大乃国が大関に昇進。 優勝争いは面白かったが、アメリカ巡業の後ということもあってか内容が伴わなかった。
・優勝決定の一番 千秋楽 北天佑(上手出し投げ)朝潮
 朝潮は思い切って突っ込んできたが、怜悧な北天佑はやや左に立って上手を取るなりすぐ出し投げ、 朝潮は蹈鞴を踏んで正面に飛び出してしまった。大一番らしからぬ呆気ない相撲だった。
・好勝負
  2日目 大徹(打っ棄り)千代の富士

 千代の富士は突っ込みが鈍く、大徹に左から右と両差しを許した。大徹はうまくいったものだから左から振った。 千代の富士は腰が下りず浮いた。しかしそのまま千代の富士は白房に突っ走ろうとした。大徹は、まだまだ余裕がある位置から左下手でもう一発振った。 すると千代の富士はあえなく浮揚して土俵外に出されてしまった。どうしたものか千代の富士は相手を見下しすぎたか思わぬ惨敗。
  3日目 隆の里(掬い投げ)小錦
 隆の里が待ったをした後、今度は小錦が例によって右から左と猛突っ張りを見舞う。 隆の里は小錦の猛攻に白房方向にだんだん下がった。しかし隆の里は前傾を保ったまま耐えて飛び込まんとする。 そして隆の里はズブリ右を差し、左も浅く入れる。小錦は突き切れず体任せに出た。すると隆の里は思い切って右から掬い投げ、見事に決まった。
 11日目 北天佑(押し倒し)大乃国
 当たり合って頭を下げ、両者上手を狙う。そして大乃国がやや左に動いて上手を欲しがったところ、 北天佑は腰を割って右の喉輪突きで攻勢に出んとした。その右からの押しは怪力が乗った凄まじいもので、大乃国の腰は完全に砕け、 あろうことか 190kgの肉弾は正面土俵に吹っ飛び土俵外に転落してしまった。「どえらい」としか表現しようのない恐るべき怪力であった。
 13日目 北天佑(吊り出し)千代の富士
 千代の富士の立ち合いは良く、右差し左上手を取って北天佑に上手を与えず、正面に出たが、北天佑に寄り返された。 北天佑はさらに上手も取り、胸を合わせた。体勢は北天佑有利、北天佑吊ろうとすると千代の富士腰を割って堪えた。 次いで北天佑の出端を千代の富士吊ろうとしたが、北天佑は左外掛けで防ぎ、千代の富士が白房に吊り身に出ると北天佑吊り返し、土俵中央に戻る。 暫く機を窺い、千代の富士が今度は青房下に吊りに出た。すると北天佑はやや下がったものの思い切ってグイと吊り、吊り出した。北天佑の咄嗟の吊り返し、見事に決まって横綱を蹴落とした。
△昭和60年 9月 優勝 横綱 千代の富士 貢 15勝 13
 北天佑は型を持たない悲しさ、 9勝 1敗から 5連敗。千代の富士は両国の水が合うのか連戦連勝。 新大関大乃国は 7日目で 2敗となったが喰いつき、14日目千代の富士に対したものの上手出し投げに一蹴され千代は優勝決定。 結局千代は全勝優勝。隆の里は右膝故障で途中休場。千代の富士が強くて殆ど抗えず、大乃国だけが追ったが蹴散らされて終わった。
・優勝決定の一番 14日目 千代の富士(上手出し投げ)大乃国
 千代の富士は左に立って前褌を狙ったが果たせず。大乃国は左から引っ張り込んだ。 千代の富士は左おっつけを見せ、すぐ上手を取る。大乃国の体勢は変わらない。千代の富士は上手出し投げで揺さぶって右下手。 大乃国は上手を欲しがるが届かず、なお上手を取りにくる大乃国を、左上手から思い切った出し投げ、大乃国は首を押さえられて向正面に飛び出していった。
・好勝負
  4日目 寺尾(寄り倒し)保志

 寺尾の烈しい突っ張り、保志は対して喉輪を交えて突っ張りで対抗、保志がさらに右から撥いて突き立てると、 寺尾は左へ逃れ続け、保志がなお攻め立てると寺尾は右を差して堪える。さらばと保志は左上手出し投げを放って振りほどき、再度突っ張り合う。 またも突き勝った保志は左上手を取って右四つから出ると、寺尾は右から下手投げを打って体を入れ替え、保志の打っ棄りに構わず寄り倒した。 両者の奮迅は見事、動きの止まらぬ好戦。
 12日目 千代の富士(寄り切り)若嶋津
 千代の富士が珍しく両差しを狙って成功、若嶋津は左を巻き替えたが千代の富士も右を巻き替えて再び両差し、 若嶋津が右上手を引いたのに構わず千代の富士は左下手投げから西に一気に出て吹っ飛ばした。 あまりにも強い千代の富士の相撲、記者が「寄り飛ばしですね」と言うのに大喜び、翌日の紙面を飾った。
 13日目 千代の富士(吊り出し)朝潮
 朝潮が良く踏み込んで突っ張りから左差し、右上手を取って千代の富士に右上手を与えず、一気に東に追い詰めた。 朝潮は腕を返して右上手を取る必勝の体勢だったが、千代の富士は腰を据えざま、左をグイとばかり引きつけ、右から抱え下手投げを振るように真上に抜き上げ右へ振って朝潮を出してしまった。 恐ろしい、 5月の大乃国戦もそうであるが、 183kgの重量など千代の富士には脅威にもならなかった。
○昭和60年11月 優勝 横綱 千代の富士 貢 14勝 1敗 14
 千代の富士が 4日目花乃湖戦に敗れたが、それ以外は鎧袖一触の感があった。 北天佑・北尾が追うが、全勝だった北天佑が11日目北尾に負け、北尾は12日目千代の富士に負けて 2敗。 北天佑はさらに13日目大乃国に負けて後退し、14日目には千代の富士にも屈した。 千秋楽大乃国が千代の富士と大熱戦を演じ再三脅かしたが及ばず寄り切られ、千代の富士の強さを改めて灼きつけさせる結果となった。 北尾は千秋楽負けて12勝 3敗となったが、大関に推された。隆の里は 1勝のみでまたも休み、引退必至と思われたが次場所に懸けることとなった。 優勝争いが面白かったが落ち着くところに落ち着いたということである。琴風が 3日目を最後に引退した。
・優勝決定の一番 14日目 千代の富士(寄り切り)北天佑
 北天佑がやや左に立って左上手、千代の富士には上手を与えなかったが、右差しを絞られて殺される。 北天佑は局面打開を図って左上手を引きつけ寄り立てるが、千代の富士は残して寄り返した。機を窺い、千代の富士は右下手投げを強襲、北天佑の上手は切れ、千代の富士が上手を取るという逆の形。 こうなって千代の富士は上手から引きつけて西に寄り立て寄り切った。これで北天佑は 3敗、 2敗に北尾がいたが千秋楽に敗れ、 1敗の千代の富士の優勝が決まった。
・好勝負
  2日目 板井(突き倒し)大乃国

 立ち合い板井は猛然突っ張って右左各 1つの張り手を交えた。大乃国がはね上げようとするも板井はなお突っ張って右張り手、 これが効いて大乃国は東に後退、よろけながらも右に廻り込んだものの、また板井の右張り手がきて大乃国は右膝が折れ、土俵の真ん中でドデーンと仰天してしまった。 哀れ大乃国、板井のなすがままになった。
  3日目 寺尾(突き落とし)琴風
 突っ張り合いは琴風が勝って圧倒、寺尾は黒房に詰まって左に廻り込むところ、 琴風は右差しで寄り立て右から掬い投げを放った。しかしこれはすっぽ抜けとなり、前にバッタリ倒れて惜敗した。 東10枚目の琴風は初日から 3連敗となり、精一杯の土俵も終に実らず潔く散った。
  4日目 花乃湖(寄り切り)千代の富士
 花乃湖の立ち合いは低く、従って千代の富士は左どころか廻しに手が掛からない。立ち合い勝ちした花乃湖は右を覗かせ赤房に寄る。 千代の富士は左突き落としにいったが効かず、どうやら寄り返して花乃湖の右を殺しにかかったが、花乃湖の頭は上がらない。 しばらく動きなく、千代の富士は焦れた。左で無理矢理上手を取りにいったところ、伸び上がってしまったために花乃湖を懐に誘い込み、両差しを許した。 さあ花乃湖絶好の体勢、一気に正面に迫った。千代の富士は上手を取ったがもう土俵際、左上手投げも当然効かず一気に寄り切られてしまった。 千代の富士が時々やる強引な手に花乃湖は巧く乗じた。
  5日目 逆鉾(突き倒し)若嶋津
 若嶋津は絶不調である。さて立ち合い、若嶋津は逆鉾の胸に当たっていったが、 何事かありけん、次の瞬間若嶋津は正面に吹っ飛んで尻から倒れてしまった。若嶋津が言うには、首に逆鉾の肘が当たったという。 両人も観衆も呆気に取られた一戦であった。
  9日目 栃剣(蹴返し)小錦
 57年 5月、栃剣は高見山を立ち合いの蹴手繰りで仕留めたが、栃剣が言うには、高見山は思い切ってくるからタイミングが合えば足技は決まるが、 小錦は常によく見ているし、肉が分厚いので足が届かないし飛ばすチャンスもない、とのことだった。しかし同時に、「いつか決めてみたい」と決意も披瀝した。 これが60年 5月のことである。半年経った。小錦は全休明けで 9枚目、栃剣は12枚目、ともに東である。 小錦は上からドカンドカンと突き立て、張り手も見舞って攻め立てた。しかし足が出ない。栃剣は全く怯まない。 小錦は突っ張りを諦めて左差しの寄り身を見せたが、気合充分の栃剣は振りほどいた。小錦は再び突っ張りを見せるが、栃剣が正面から右へ廻り込み、そして左に飛んだ。 かくして栃剣は土俵中央、小錦は向き直ったが動揺した。そこに栃剣は右足で得意の蹴りを一閃、小錦は左手を土俵に着いてしまった。 場内やんやの大喝采、男栃剣30歳、決意表明から半年で大魚を、もし魚でないならば鯨なるか、鯨でなければ黒船か、兎も角巨大なる獲物を見事に仕留めた。
 11日目 北尾(上手投げ)北天佑
 全勝の北天佑と 1敗の北尾という好取組である。五分に立って突っ張り合いから北天佑が左上手を取って右四つ、 北尾に上手を与えず正面に出た。北尾は土俵に詰まったが、北天佑の右掬い投げに乗じて上手を取る。そして北尾は一か八かの上手投げ、 北天佑も掬い投げを打ち返したが、北天佑の左手が早く着き、北尾が勝った。これで両者 1敗となった。
 12日目 千代の富士(上手投げ)北尾
 千代の富士は鋭く踏み込む。北尾は右喉輪攻めを見せたが、千代の富士は既に左を取っていて、北尾に上手を与えない。 千代の富士は北尾の右に体を寄せ、正面に寄り立てた。北尾は右から掬って廻り込み、左上手を取ろうとしたがこれは取れない。 千代の富士は慎重になり、動きが止まった。充分の千代の富士は、北尾に上手をやらないまま再度東に寄り、その勢いのまま上手投げを打って見事にぶん投げた。 1敗同士の大一番は千代の富士の圧勝であった。
 千秋楽 千代の富士(寄り切り)大乃国
 千代の富士の優勝は既に決まっている。立って大乃国が上手を取ったが千代の富士はすぐ切り、逆に上手を取って右も下手、じっくり構える。 そして千代の富士が下手投げを打つと大乃国は残して上手、千代の富士はがっぷりだとかなわないので上手を離して左から絞る。 大乃国は東に寄り立てたが、千代の富士は下がりながら上手を引き、踏ん張って上手投げを打ち廻り込む。 今度はがっぷりの右四つ、大乃国が引きつけて東に出んとすると、千代の富士は左から矢柄に振って寄り立てた。大乃国の上手は切れ、千代の富士は東に寄り切った。 スタミナ勝ち、 7つの年齢差など見えなかった。
前画面に戻る