昭和61年
△昭和61年 1月 優勝 横綱 千代の富士 貢 13勝 2敗 15
 休場続きの隆の里が遂に引退した。一人横綱となった千代の富士は扁桃腺を切った影響からか、 この場所の相撲は良くなかった。新大関の北尾は期待過剰だったか不甲斐ない内容。 千代の富士を唯一追ったのは大乃国。 5日目小錦に寄り切られたが 1敗を堅持、 全勝だった千代の富士が10日目旭富士に敗れ、13日目北尾に負けるに及んで大乃国初優勝の期待が高まったが、 14日目直接対決で沈没。千秋楽大乃国は北尾に引き落とされて万事休し、千代の富士は北天佑を寄り切って優勝した。 保志や旭富士が健闘して盛り上げたが、大関陣がボロボロで水を差した。
・優勝決定の一番 千秋楽 北尾(引き落とし)大乃国
             千代の富士(寄り切り)北天佑

 大乃国はひどく緊張していた。北尾は踏み込んで突っ張り、大乃国が左からおっつけて応戦するが北尾の喉輪は的確、 従って大乃国の腰は浮いた。そして北尾が左に変わって引くと、大乃国は為すところなくバッタリ。これで唯一の 2敗となった千代の富士は結びで北天佑と対戦、 踏み込んで左上手、互いに左に廻り合ううち千代の富士は右も入れて充分となった。北天佑は左上手に手がかかるもあっさり切られた。千代の富士は上手投げで揺さぶり、 北天佑に上手を与えず、北天佑が左から絞ると千代の富士は左を引きつけて寄ると見せ上手投げ、次いで右を入れて下手を引き、 機を見て千代の富士が黒房に突っ走ると、北天佑は堪えはしたが寄り切られてしまった。
・好勝負
 初日 保志(肩透かし)隆の里

 当たり合って保志が激しく突っ張ると隆の里は右から去なそうとした。 しかし保志には効かず保志なお突っ張る。そして左を覗かせるや肩透かしで横綱を沈めた。 再起を賭した隆の里は初日に敗れ、師匠二子山(若乃花)は翌日も取らせようとしたが、隆の里は引退に踏み切った。
  6日目 北天佑(下手投げ)小錦
 小錦は前日全勝の大乃国に圧勝している。この日は北天佑のぶちかましを受けて左喉輪からドッと前進、北天佑は忽ち東に詰まり、 北天佑が左を差すに構わず小錦も左筈から差してどんどん出る。北天佑は左へ廻って廻って遂に半周、やっと左下手を取る。 しかし小錦は廻しが引けないがまだまだ出る。北天佑はなお左に廻り込み、とうとう黒房まで廻り込んで左から下手投げを強襲、 これがまた大いに派手で、小錦は叩きつけられた。この時土俵から地響きがして周囲が大変驚いたという。
  8日目 保志(寄り倒し)北尾
 保志が当たって両筈一気に押し立て、北尾が土俵際で右を入れると保志は得たりと左おっつけで攻める。 北尾が差した右腕を上げたので保志の左は万歳となったが、右裾返しで離れて突っ張りから左で絞って左四つとした。 さらに保志は北尾の下手を切り、北尾が出るところ保志は下手出し投げで崩して一気呵成に寄り立て、北尾が土俵際で廻しを引きつけて堪えると、 保志は土俵際で右内掛けを見せ、さらにはね上げ、北尾の右上手投げに対してドッと寄り倒した。凄まじい大相撲、保志の土俵際での内掛けなど滅多矢鱈にできるものではない。
 10日目 旭富士(寄り切り)千代の富士
 旭富士は思い切って突っ張り、千代の富士は突き返しはしたが左が取れない。旭富士は先に左下手を取り出し投げで揺さぶる。 さらに旭富士、右をも差して両差しになった。千代の富士は右で首を抱え、向正面から左へ廻って肩越しに上手を取るなり上手投げにいったが、あまりにも無茶だった。 旭富士の両足は流れて危なかったが、体を預けて左からは渡し込むと、千代の富士は黒房下に飛び出した。旭富士完勝、ここまで 4大関に勝ち、小錦に勝ち、そして千代の富士を破った。 2日目から 9連勝、この場所の旭富士は上位を続々と潰したが、奇勝というものがなく天晴な勝ちっぷりで、11勝を挙げた。
 13日目 北尾(下手投げ)千代の富士
 千代の富士の立ち合いは悪く、左上手を引いたもののやや上体が立っている。北尾は右下手。互いに反対側では争って、廻しが取れない。 ややあって千代の富士は面倒と上手投げを放ち、例によって右で頭を押さえたが、上手は深いし腰は廻らないしで全然効かず、北尾はここぞと右下手から東に寄り、下手投げでポーンと横綱を出してしまった。 千代の富士惨敗の相撲。
 14日目 出羽の花(寄り切り)小錦
 小結同士の対戦であるが、どう見ても出羽の花に勝ち目はないと思われた。さて小錦は自慢の突っ張りで攻めたが、 出羽の花は必死に右へ廻って残し、右廻しを引いて出し投げから得意の小股掬いを仕掛けた。小錦は焦った。焦りはしたがそれでも小錦は右から左と両差しに成功、今度こそ小錦のものだと思われた。 しかし出羽の花、止まらずに怪腕で両上手を引きつけるや白房に寄り立てた。あの重い小錦がズルズルと後退、土俵際で左に打っ棄りを見せたが左足が土俵を割った。 不調の出羽の花が健闘、見事な相撲で勝った。
 14日目 千代の富士(寄り切り)大乃国
 千代の富士の方が踏み込みが勝り、両者上手下手ともに引いて右四つとなったが、千代の富士は大乃国の右を封ずる。 しばらくして大乃国は左上手を切られ、これを巻き替えにいくと、当然上体は起きた。千代の富士はここぞと黒房に一気に走った。大乃国は両差しにはなったが、やはり寄り切られた。 これで両者ともに 2敗。
△昭和61年 3月 優勝 関脇 保志 延芳 13勝 2敗 1
 大阪府立体育会館が改築中で、やや小ぶりの大阪市立中央体育館にて行われた。 場所前に背中を痛めた千代の富士は 2日目巨砲に金星を与えて休場。 本命なき土俵は大関陣が締め…るでもなく醜態を曝す。初日に敗れた関脇保志が 2日目から連戦連勝、 3日目北天佑、 6日目朝潮、 8日目若嶋津、10日目大乃国、11日目北尾の 5大関に完勝し、 14日目旭富士を下手出し投げに破って初優勝。しかし千秋楽敗れて13勝に止まり、既に 5大関がいることもあって大関は見送られた。 保志と優勝を争ったのは小錦で、自在に動き12勝を挙げた。この場所の相撲内容はちょっと物足りなかった。
・優勝決定の一番 14日目 花乃湖(下手投げ)小錦
             保志(下手出し投げ)旭富士

 小錦は踏み込まず突っ張らずで、花乃湖を捕まえようとした。しかし花乃湖は絶妙の前裁きで右差し、左からもおっつけ、小錦の左について頭もつけるという小錦退治の見本のような形になった。 花乃湖は絶好の体勢から赤房へ寄り立てた。小錦は土俵に詰まって左小手投げ、花乃湖はこれを待ち受けて右下手投げを打ち返す。打ち合いは小錦が僅かに早く落ち、小錦痛恨の 3敗目。 保志は控えで見ていたが、緊張したものの開き直りも早かった。旭富士に対して素晴らしい当たり、旭富士は早くも後退した。 次いで保志は右喉輪で攻勢、旭富士は堪えて右差しを狙う。しかし保志はあくまで低く左右で前褌を引き、頭もつけて押し上げる。 旭富士は右を差したものの殺される。保志はなおも攻めて右から捻り左下手から出し投げ、頭捻りのような形で複合技をかければ、これが決まって旭富士は左膝から転がった。 保志の技の冴えは素晴らしく、見事な相撲で初優勝を飾った。
・好勝負
  2日目 巨砲(送り出し)千代の富士

 初日辛勝の横綱は背中の負傷が腰にきている。この日の立ち合いは踏み込みが全くなかった。対して巨砲は踏み込んで右差し、左前褌も引いて充分である。 巨砲さらにすかさず上手出し投げ、千代の富士はあっさり泳いで白房に送り出されてしまった。巨砲は10個目の金星。 千代の富士は場所前の保志との稽古で背中を痛め、背骨が右にひん曲がるような状態、当然休場となった。
  9日目 小錦(寄り切り)北尾
 北尾が踏み込むと小錦は左から張って右おっつけから右を差す。さらに小錦、腕を返して寄り進む。 北尾は小錦の寄り身に正面に後退、小錦の左喉輪も効いている。北尾が左上手を取った時にはもう土俵際、小錦は右を突きつけ堂々と寄り切った。
 11日目 保志(押し出し)北尾
 北尾が突っ張って出るが保志の低い攻めに早くも守勢に廻り、保志ははね上げて両差し、筈から攻め立てた。 北尾は廻しが取れず腰高でズルズル西に後退、どうにか右で抱えて堪えたが、保志は慎重に押し立て、筈を伸ばして西に押し切る完勝、これで保志は 5大関に完勝という金字塔を樹立した。
△昭和61年 5月 優勝 横綱 千代の富士 貢 13勝 2敗 16
 千代の富士は前場所の怪我が尾を引いて稽古不足で、下がりながらの強引な投げが目立ち、 8日目には大乃国に寄り切られて土をつけた。こうなって全勝の北尾に利があるように見えたが、11日目不調の若嶋津に吊り出されて並ぶ。 14日目北尾が大乃国に押し出されて 2敗となるも、千代の富士も朝潮に寄り切られ 2敗。 千秋楽の相星決戦となったが、千代の鋭い踏み込みから相次ぐ翻弄に北尾はスピード負けして千代の富士16回目の優勝。 千代の富士と北尾を中心に北天佑や大乃国が絡みなかなか面白く、13日目に千代の富士と北尾が 1敗で残って千秋楽決戦に期待を持たせたが、 14日目に両者ともに躓き 2敗に下がっての千秋楽決戦となったことでちょっと評価を下げた。
・優勝決定の一番 千秋楽 千代の富士(寄り切り)北尾
 千代の富士鋭く突っ込んで左前褌を取り右差し、北尾の右は完全に殺された。 千代の富士は北尾に上手を与えず、上手投げの連発で崩し、青房に一気に寄り切った。全く以て一方的な相撲で、北尾は子供扱いされた。
・好勝負
  4日目 千代の富士(叩き込み)栃剣

 千代の富士は例によって左前褌を取りにいったが、栃剣は立ち合いに左へ変化、そして左おっつけから喉輪さらに両筈で一気に押し込んだ。 千代の富士は大いに焦り、いきなり首を挟んで右へ鬢廻しの奇襲、栃剣がなお両筈で押したが、 千代の富士が正面徳俵で左足一本残っているとき、栃剣は惜しくも左肩から倒れ逆転負け。 千代の富士の大技だが、発表された決まり手はどうしたことか叩き込みだった。
  8日目 北尾(鯖折り)小錦
 立ち合い北尾が左に逃げ、突っ張り合いから小錦が突き進む。北尾は左へ逃げ続けて上手を取り、小錦がなお出てくると北尾は東で上手投げを打った。 小錦は右筈を伸ばして押し出そうとした。そして小錦の左足甲が返るより北尾の左足が出る方がちょっと早いが、ほぼ同体であった。伊三郎の軍配は北尾から小錦に廻されて物言い取り直し。 再戦は押し合いから北尾が両差し、小錦が極めようとするが北尾は左上手とし、東に出る。小錦が寄り返し左を巻き替え両差しとしたが、 北尾は両上手から引きつけ再度寄り立てた。小錦は東で吊り上げたが、両者の重量が右膝にかかった。 膝は耐え切れず、パキッといって(外からも見えた)小錦は倒れた。この相撲で小錦は右膝を負傷し休場、以降の土俵に暗翳を宿すこととなった。
 11日目 若嶋津(吊り出し)北尾
 北尾はここまで堅実な相撲を見せていたが、緊張が日増しに高まっていった。 この日、北尾は喉輪で攻め立てたが出足がない。若嶋津はあてがって防ぎ、右から入って両差しとなった。 北尾は慌てて抱えたが、若嶋津は両下手を深く取って吊り上げた。結局北尾は何もできず、正面に吊り出されて完敗を喫した。
△昭和61年 7月 優勝 横綱 千代の富士 貢 14勝 1敗 17
 千代の富士と北尾が初日から連勝、11日目北尾は大関獲りに燃える保志の気迫の前に屈して 1敗となる。 このとき保志は 2敗であったが、13日目水戸泉に敗れて 3敗となり優勝争いからは脱落。しかし12勝を挙げて大関は確定した。 千代の富士は14連勝し千秋楽 1差で北尾と対戦したが投げ出され、優勝決定戦となった。 決定戦は右がっぷり四つから上手を切った千代の富士が出て、白房下に寄り切った。 この場所の千代の富士は全く申し分のない内容、13日目からやや調子が下がったが、当然の連続優勝であった。 北尾は優勝はないながらも横綱に推薦された。優勝争いは三者鼎立で他とは大きな差がついて盛り上がらず、 相撲内容も凡戦続きであった。
・優勝決定の一番 千秋楽 北尾(上手投げ)千代の富士
         決定戦 千代の富士(寄り切り)北尾

 千代の富士は全勝優勝を目指して鋭く突っ込もうとしたが、北尾はサラリと左に変わって上手を取り、千代の富士には上手をやらない。 北尾は有利な体勢から寄り立てたが、千代の富士はおっつけて両差しとする。しかし北尾は上手を引きつけて西に出た。 千代の富士は土俵際で左下手投げを打つが、北尾は腰をぶつけて右上手投げで投げ出した。 こうして両者が並んで決定戦となったが、今度は順当に千代の富士が圧勝した。 千代の富士が飛び込んで右差し左上手を引く。北尾も両廻しを引いたが、千代の富士は上手投げで揺さぶって北尾の上手を切り、 頭をつけて強く引きつけ白房に寄り立て、グイと吊り身に寄り切った。本割も決定戦も一本調子の相撲で、攻はあっても防はあまりなかった。
・好勝負
 11日目 保志(送り出し)北尾

 五分に当たり合って保志が右喉輪、北尾は突っ張って応戦した。 そして北尾は得意の右を覗かせたが、保志はおっつけと去なしを駆使して必死に振りほどき、北尾がもう一回右を差して保志が左上手を取り右四つになるかと思われた刹那、 保志は思い直して右喉輪から押し上げ、突っ張り合いとなった。これは保志が勝って青房に北尾を追い詰める。 北尾は土俵に詰まったが反撃せんと左上手狙い、すると保志はこれをとったりの奇襲に出た。 北尾はこれで大きく泳いだ。保志は北尾の左に抱きつき、横綱候補を正面に送り出した。保志はこの 2日間連敗で 8勝 2敗だったが、横綱目前の大関を打倒し 9勝目、 いよいよ大関を視界に捉えた。
×昭和61年 9月 優勝 横綱 千代の富士 貢 14勝 1敗 18
 北尾改メ新横綱双羽黒は右膝の痛みを訴え、首の捻挫で腕が痺れるとかで途中休場。 千代の富士は 4日目栃司を甘く見たところが押し出され 1敗。大乃国は 7勝 1敗から大崩壊して 8番。 保志改め北勝海は 1敗で千代の富士と優勝を争ったが12日目から連敗、 14日目朝潮を引き落とした千代の富士が 3連覇を決めた。全く盛り上がりのない場所で終わった。
・優勝決定の一番 14日目 千代の富士(引き落とし)朝潮
 互いに踏み込み、千代の富士は狙った左前褌が取れなかった。しかし千代の富士は朝潮に右で押されるやその右腕を引っ張って引き落とした。 相撲と呼べない内容で終わった。
・好勝負
  4日目 栃司(押し出し)千代の富士

 千代の富士は相手を見下しすぎ不覚。立って千代の富士が左から張って右を差しにいった。 もう既に相手をなめていることが見え見えである。栃司は左からおっつけて左に変わり、突っ張り合った。 突き合いで勝った千代の富士、せっかく攻め込んだのにいきなり右へ徳利投げにいってしまう。 栃司はここぞと両筈、向正面赤房に押し出した。
○昭和61年11月 優勝 横綱 千代の富士 貢 13勝 2敗 19
 北勝海が不振、他の大関陣も優勝を争える状態ではない。 では千代の富士はというと 4日目玉龍を一気に運んだが右足小指が土俵に引っかかったとかで逆転されて 1敗。 11日目には大乃国の下敷きとなって失神し 2敗。対する双羽黒は 9日目北天佑、12日目大乃国に敗れての 2敗。 千秋楽は横綱決戦、やはり千代の富士のスピード勝ちで 4連覇、19回目の優勝となった。 パリ公演直後の本場所で稽古不足の力士が多かった割には相撲内容が上がった。しかし61年を通して見たとき、面白い年だったかといえば、残念ながらそうではなかった。
・優勝決定の一番 千秋楽 千代の富士(寄り切り)双羽黒
 千代の富士の立ち合いは素早かったが、がっぷりの右四つとなった。 千代の富士は双羽黒の上手を切ると、双羽黒は左を巻き替えようとした。そこを千代の富士は白房にドーッと寄った。 双羽黒は堪え、寄り返す。右四つ、再度千代の富士が寄ると、双羽黒は左を巻き替えて両差しとなる。 しかし千代の富士は構わず両上手を引きつけ、腰をぶつけてドンと寄り切った。
・好勝負
  4日目 玉竜(下手投げ)千代の富士

 この場所の千代の富士には鋭さがない。立って千代の富士は左上手を取り右四つとはなったが、上手が深い。 それでも千代の富士は腕を返し、西へ例によって出足速に寄り進んだ。ところがである。 玉竜が土俵際で棒立ちのまま、右から掬った。するとこれが意外に効いて千代の富士は右膝が崩れ、一転して崩れ去ってしまった。 横綱の言うところでは、土俵のくぼみに右足親指がめり込んだとやら。
  6日目 北勝海(寄り切り)旭富士
 北勝海は左差し、右上手を引いて寄って出た。旭富士は対して柔軟な肉体を生かし右を差し込み、 西から逆襲する。さらに旭富士は北勝海を赤房に詰めて左に切り返す。北勝海が辛うじて残すものの、 旭富士は左四つ右上手で頭をつけて喰い下がった。北勝海は上手が取れず大ピンチだったが、動き廻って遂に旭富士の上手を切った。 そして右からおっつけて前褌を引くや両前褌拝み押しで頭もつけ、青房に出て決めた。なかなかの熱戦である。
  9日目 北天佑(寄り切り)双羽黒
 双羽黒は慎重に慎重に相撲を取り勝ちっ放しであった。ところが立ち合いに失敗、踏み込んできた北天佑に左上手を許してしまった。 さらに北天佑は右でも前を取り、頭までつけた。双羽黒は焦って上手を取りにいったが肩越しで、腰も伸びた。さあ北天佑、絶好の形から一気に西に出た。 双羽黒は為すところなく土俵を割ってしまった。北天佑快勝。
 11日目 大乃国(小手投げ)千代の富士
 千代の富士の立ち合いは鈍く、両者とも上手が取れない。その後千代の富士はやや深めながら上手を取った。 大乃国は左から抱える。千代の富士は右下手投げを打ち、青房に上手を引きつけ寄り進んだ。しかし大乃国は左から抱えて左に逃れ、逆に青房に寄った。 千代の富士は爪先立つ体勢となったが、どうにか残して右下手投げ、そして上手を引きつけ正面に出た。大乃国はこの寄りを堪えると思い切って小手投げを打ち、巨躯を浴びせにかかった。 千代の富士は立ち腰だったためまんまと喰い、大乃国に潰された。それはそれは思い出すだに恐ろしい光景、 千代の富士の胸は大乃国の腹の下、そして横綱の頭は大関の胸から右腕にかけての下敷き、加えて大乃国の両足は天を蹴上げている。千代の富士は上半身に大乃国の全体重を貰ったわけである。 そして両者土俵下に落ちていったが、審判長佐渡ヶ嶽(琴櫻)の左で千代の富士は昏倒して微動だにしない。 大乃国が呼びかけても反応がない。しばらくしてやっと気がついたがまだキョトンとしていた。
前画面に戻る