昭和62年
○昭和62年 1月 優勝 横綱 千代の富士 貢 12勝 3敗 20
 中盤までは千代の富士が甚だ悪く、双羽黒と大関陣がまあまあ頑張り、それを小錦が掻き廻して大混戦となった。 しかし後半になって大関が崩れ出し、双羽黒も調子を落として千代の富士が追いつき、結局は完全に千代の富士と双羽黒の場所となった。 千代の富士は体調不全で踏み込みから悪く、ために 7日目逆鉾に寄り切られ、翌日には小錦に突き倒される完敗で 2敗。 大関の中では特に北天佑が良く 9日目まで 1敗でついていたが、両横綱に屈したのが痛く11勝止まり。 全勝だった双羽黒は 9日目益荒雄、10日目小錦戦と敗れて 2敗、さらに13日目大乃国にも敗れて後退したかに見えた。 しかし千秋楽双羽黒は一方的に千代の富士を破って決定戦に持ち込む。だが決定戦は千代の富士の完勝で初の 5連覇、20回目の優勝となった。 千代の富士の風邪と肋骨骨折の影響で優勝争いの次元が下がったが、落ち着くところに落ち着いたといった場所であった。
・優勝決定の一番 千秋楽 双羽黒(上手投げ)千代の富士
         決定戦 千代の富士(吊り出し)双羽黒

 千代の富士は珍しく右差しを先にしたが、踏み込みがなくてさらにおっつけられ、結局右は上手となって左四つ。 がっぷりから双羽黒は引きつけて千代の富士の顎を上げ腰も伸ばした。こうなって不得手ながら双羽黒断然優勢、東に吊り身に寄り進み、右上手投げで勝って 3敗で並んだ。 決定戦は千代の富士思い切って踏み込む。左上手は双羽黒が先だったが、千代の富士も上手を取り、下手は先に引いていた。 そして千代の富士、グッと引きつけて白房に向けて右の外掛け、さらに高々と吊り上げて吊り出しの圧勝で決めた。
・好勝負
  4日目 千代の富士(網打ち)巨砲

 千代の富士の立ち合いより巨砲のそれが数段勝り、巨砲は右差し左前褌で頭もつけて東に出んとした。 まず巨砲としては理想の形、千代の富士は圧せられて下がるかに見えるがさほど下がらず、 いきなり巨砲の右差しを両手で引っ掴み、面倒なと右後方へ網打ちの強引技。巨砲は右肘が極まってしまいたまらず吹っ飛んでしまった。 全く豪気なものだが、横綱がいかに漁師の息子とはいえ、土俵中央の網打ちは強引過ぎる。 千代の富士らしいといえば千代の富士らしいが、不調振りが露顕したとも言えた。
  6日目 逆鉾(寄り切り)千代の富士
 千代の富士は右から引っ張り込んで上手を狙う珍しい立ち合い。対して逆鉾は左の体当たりから左を差して千代の富士に右上手を与えず、 右は前褌を取る両差しとなった。千代の富士は上手が取れず、左を巻き替えようとしたが寄られ、さらに横綱は左上手を欲しがって寄られた。 東土俵、千代の富士が右で首を巻いて堪えんとするも、逆鉾はなお寄り左筈から寄り切って快勝。 千代の富士は稽古で逆鉾を左四つでも潰し続けていたのでつい右上手を取りにいったところが徒となった。 さらに翌日千代の富士は小錦に突き飛ばされて連敗となった。
  8日目 双羽黒(上手投げ)北勝海
 北勝海が踏み込んで頭で当たり、左喉輪で押し上げる。双羽黒は堪えて左喉輪で押し返そうとしたが、北勝海はズブリ二本差しになった。 しかし双羽黒は慌てず腰を下げて右に上手を引き、左から抱えた。一呼吸の後、北勝海が吊り身に出ようとすると、双羽黒は逆に吊り返そうとし、 北勝海の左外掛けを外しざま右上手から西へ振り、そのまま溜まりに投げ飛ばして圧勝。大関に両差しを許しながら抜き上げて振り捨てたスケールの大きさに驚嘆させられた一番、 双羽黒は土つかずで勝ち越した。
  9日目 益荒雄(寄り切り)双羽黒
 双羽黒は突っ張りや喉輪で攻めたが、低く出た益荒雄は屈せず右から宛がい、すぐに右を深く左を浅く差して両差しとなった。 双羽黒は強引に左小手投げを打ったが却って腰が伸びた。益荒雄は横綱の右筈に構わず左腰につき、右の切り返しを見せながら正面に出る。 双羽黒は浅く覗かせた右から掬って逆に寄り切ろうとしたが、益荒雄は右下手を引きつけて西に寄り進み、寄り切った。双羽黒は初黒星で、翌日千代の富士と同様に小錦に突き飛ばされた。
 12日目 朝潮(寄り倒し)益荒雄
 この場所の益荒雄は 8勝だが、千代の富士に善戦し、既述の通り双羽黒に勝ち、また北勝海にも勝った。 ここに取り上げるは朝潮戦である。益荒雄は右を差したい。朝潮は勿論突き放したい。立って朝潮は両手突きから右喉輪で押し立て、 益荒雄がやや右へ下がりながら右を差そうとすると、朝潮なおも右喉輪左おっつけで出ようとした。 だが土俵際で益荒雄は右を入れた。朝潮は構わず左で押さえ、右喉輪で正面青房寄りに追い詰めた。 しかし、好調益荒雄簡単には負けず、左下手を取って右へ逆転の投げを放つと、朝潮は真ん前に両手から倒れ、一瞬遅れて益荒雄が倒れた。 テレビ実況の内藤アナウンサーは「突き落とし」と威勢良く叫んだ。しかし伊三郎の軍配は朝潮だ。物言いもない。 土俵際の縺れを詳しく書くと謎が解ける。朝潮は右喉輪で押し倒しにかかった。益荒雄は左から投げを打った。 しかし、早くも益荒雄の右足は返り、足の甲が俵に触れていた。伊三郎の軍配は朝潮が倒れる前にもう上がっていた。 その後、朝潮の両手が着くとほぼ同時に益荒雄の右足は蛇の目に落ちた。もっと言えば、朝潮が踏ん張った左足は倒れるまでとうとう地から離れずじまいだった。 これでは益荒雄の勝ちはない。とはいえ、ざっと見ただけでは益荒雄の勝ちに見えたことだろう。こういう時ぐらいは物言いと審判長の説明がほしいところだ。
△昭和62年 3月 優勝 大関 北勝海 信芳 12勝 3敗 2
 益荒雄旋風が吹き荒れ上位陣が枕を並べて討ち死にした。 初日双羽黒が喰われ、 2日目から左膝に包帯を巻いた双羽黒は 7勝 2敗だったのに場所前の北勝海との稽古で痛めたその左膝故障を理由として突如休場。 益荒雄は 2日目大乃国、 3日目朝潮、 4日目若嶋津、 5日目北天佑と倒し、 6日目北勝海には敗れて終熄かと思われたが、 7日目には千代の富士をも押し出した。大乃国との稽古で首を痛めた千代の富士は 8日目で 3敗して脱落。他の大関陣が壊滅する中、 北勝海が 4日目旭富士に敗れたのみで13日目に優勝を決定、しかし14日目から連敗したのは後味が悪い。 12日目で後続である 3敗が栃乃和歌だけでは優勝争いは無に等しかった。
・優勝決定の一番 13日目 北勝海(突き落とし)逆鉾
  3敗の栃乃和歌が勝っているので13日目では優勝は決まらない。 1敗の北勝海は逆鉾と対戦した。 時間になって逆鉾がさっさと突っかけて北勝海が待ったの後、北勝海が当たって突っ張る。 一方の逆鉾は下から入って巧く両差しになった。北勝海は両手で喉輪押し、さらに大きく揺さぶって振りほどき、突っ張り合い。 逆鉾は下からあてがって防ぐ。北勝海はやや苦戦の体だったが、逆鉾がさらに左を差さんとするところ、 右に廻って右から強く突き落とすと、逆鉾はよほど意外だったとみえてバタッと倒れた。 翌日、栃乃和歌は巨砲の巧さにしてやられ、北勝海の優勝は決まった。
・好勝負
 初日 益荒雄(寄り切り)双羽黒
  2日目 益荒雄(蹴手繰り)大乃国
  3日目 益荒雄(外掛け)朝潮
  4日目 益荒雄(寄り切り)若嶋津
  5日目 益荒雄(下手投げ)北天佑
  6日目 北勝海(押し出し)益荒雄
  7日目 益荒雄(押し出し)千代の富士

 この場所前半は新小結益荒雄のための場所だった。その一伍一什を再録。 初日は横綱双羽黒が相手であった。双羽黒には前場所も勝っている。双羽黒の方は場所前の左膝の故障もあって弱気になっている。 双羽黒は待ったした。二度目、双羽黒は頭を下げて出て突っ張るが、今一つ威力が出ない。 益荒雄は双羽黒の左喉輪突きが外れるとすぐに右を深く差して充分となった。双羽黒はここで前場所同様に左の小手投げ、 今場所もこれで破綻した。益荒雄は左も入れて双羽黒の左につき、向正面に激しく寄り立て寄り切った。初日は他に 3大関が敗れて特に目立つ番狂わせでもなかったが、 旋風は急激に拡大していった。翌日は大乃国が出てきた。大乃国は初日足が揃って栃司に叩かれ吹っ飛んでいる。 時間になって呼吸が合わず二度目、大乃国が右差し左引っ張り込みに出てこようとすると、 益荒雄は当たって左に変化し右足を飛ばし、右腕で大乃国の背中を叩いた。これがまんまと当たって大乃国は左膝からゴロリとでんぐり返ってしまった。 朝から考えていたという益荒雄の作戦に大乃国は見事にかかった。 3日目、益荒雄は朝潮に当たられたが、立ち合い勝ちして右を差した。 朝潮は左上手を取ったが右四つのため策がない。朝潮は無理矢理上手から引きつけ左へ向正面に振った。 強引だが軽量の益荒雄には効くはずだった。しかし朝潮は下手を引いてない上に上手も切られた。そこに益荒雄の左外掛けがきた。 朝潮は益荒雄の左上手の引きつけのために腰が砕け、左にドドーンと倒れた。益荒雄は「罰が当たる」と言いながら調子に乗る。 若嶋津戦、素晴らしい当たりから大関の上体を起こし右を肩まで入れ、左も浅く差した。 若嶋津は廻しが取れず、左で首を巻き、さらに左を巻き替えた。しかし勢いの差は如何ともし難い。 益荒雄は深いながらも右上手を引きつけ、青房に一気に寄り切った。この日は 4大関が壊滅、勝ったのが朝潮だけというひどさ。尤も、益荒雄が起爆剤であることは言うまでもない。 明くる日、益荒雄には北天佑が当たる。立ち合いは五分で北天佑が左上手を取った。 やっと益荒雄旋風は打ち止めかと思われたが、北天佑の上手はやや深かった。益荒雄は右下手を取って充分である。 益荒雄は右足を飛ばしたが、北天佑には効かない。ややあって北天佑は左外掛けから白房に走った。すると益荒雄は下がりながら右足で再度蹴返し、 さらに右から下手投げを打つと北天佑は豪快にも叩きつけられてしまった。益荒雄は唯一の勝ちっ放しとなった。 さて 6日目、 5人目の大関として北勝海が登場、北勝海は前場所益荒雄に負けているが、この場所は流石に圧勝して見せた。 北勝海は猛烈な当たりで早くも益荒雄を仰け反らせた。益荒雄が何とか左へ逃げようとしたが、北勝海は一切構うことなく右喉輪左おっつけ、 右を良く伸ばしての押し出しで赤房下に圧倒、今度こそ遂に益荒雄の勢いは熄むものと思われた。 何しろ 7日目の相手は横綱千代の富士だからである。ところが益荒雄は旋風の集大成とでもいうべき猛攻で完勝してしまったのだった。 立ち合い益荒雄は素早く飛び込んで右から左と両差し、立ち合いに出遅れた千代の富士も左上手は取った。 益荒雄は頭をつけ、右を深くした。横綱は右で首を巻いて上手投げ、益荒雄はこれを残して東に出た。千代の富士はやっと右をねじ込んだ。 しかし益荒雄は右からの外掛け。千代の富士はやや崩れる。それでも横綱は上手投げを打つ。 だが益荒雄はしぶとい。千代の富士はさらに右から掬い、益荒雄の左腕を手繰るが、互いにバタバタとしながらも益荒雄は頭を下げて背中からぶつかり、 東にドンと押し飛ばしてしまった。さあこの日は双羽黒も負けているが、それとは関係ない座蒲団の嵐。 この場所は優勝争いがなかっただけに、62年 3月場所が益荒雄の場所であったということは、誰もが一致するところだろう。
  5日目 起利錦(寄り切り)千代の富士
 起利錦一世一代の大金星である。若さ一杯の起利錦は額で烈しく当たって右から喉輪で思い切り押し上げた。 千代の富士はそれでも喉輪を外して左前褌を引いた。しかし千代の富士必殺の左廻しを与えたはずの起利錦が、左を深々と差して後ろ褌のさらに向こうを取った。 千代の富士は右が使えなくなってしまった。起利錦は千代の富士の右につき、さらに右喉輪で横綱を仰け反らせた。 千代の富士は右から首に巻いたものの、起利錦は躊躇うことなく左筈で東に物凄い馬力で突っ走り、そのまま寄り切った。 左を与えたのにガンガン攻め立てた起利錦の圧勝であった。
  8日目 小錦(寄り切り)北天佑
 問題の一番である。この場所の小錦はやや堅くなって待ったを繰り返していたが、 この日も待ったをやった。しかし立ってからは猛攻、小錦は突っ張って左差し、一気に東に出た。 北天佑は徳俵で必死に残し、左から巻き、おっつけていた右から突き落とし、小錦の体がやや早く落ちたが、その小錦が北天佑の左膝に乗ったものでたまらない。 しかも北天佑に上がった軍配に物言いがつき、取り直しとなったためになおさらたまらない。 取れる状態ではない北天佑だが、棄権の事例を知らないため土俵に上がり、左に変わって上手を取ったものの、 やはり膝に痛みが走って力を抜き、白房に寄り切られた。北天佑は当然翌日から休場、北天佑に再戦させたことに関しては賛否両論があった。
 13日目 栃乃和歌(寄り倒し)益荒雄
 入幕 2場所目の栃乃和歌はここまで 3敗であった。益荒雄は逆に 8勝してから迷いが目立ち徐々に後退していった。 立ち合いの呼吸が合わず、次は益荒雄の待ったで、さらに益荒雄が突っかけた。やっと立つや益荒雄は両差し、栃乃和歌は巻き替えて右四つとした。 益荒雄は栃乃和歌の上手を切った。しかし栃乃和歌は左から絞って攻め立て、土俵の中央で豪快に押し潰した。栃乃和歌は10勝目、ここまで優勝戦線によく喰いついた。
○昭和62年 5月 優勝 大関 大乃国 康 15勝 1
 益荒雄旋風は止んではいなかった。初日双羽黒、 3日目千代の富士、 4日目朝潮を破った。 土俵は全勝の北勝海と大乃国を 1敗で千代の富士が追いかけたが、千代の富士は12日目から珍しく 4連敗して脱落し、 13日目には北勝海が立ち遅れて両国に押し出された。千秋楽は北勝海−大乃国の 1差対決、 大乃国が寄り倒して勝ち初優勝を全勝で飾った。九重部屋の連覇は10でストップし、新記録樹立は成らなかった。 北勝海は場所後横綱に推挙された。また12勝の小錦が大関に推薦された。 若嶋津は負け越して頸腕症候群なる病名で13日目より休場、次場所は 4回目のカド番だが、病名が示す通りで根治し得ぬ症状、前途は厳しい。
・優勝決定の一番 千秋楽 大乃国(寄り倒し)北勝海
 北勝海は横綱を確実にするために何とか勝っておきたいところであったが、大乃国は冷静だった。 北勝海は頭から当たる。大乃国は右からかち上げる。気合満々の北勝海、右から喉輪で攻めて起こそうとする。 大乃国は応戦して突っ張る。北勝海はあくまで先手を取らんものと、また重い大乃国を攻め崩さんものと、 左右から張り手を交えて思い切って攻め込んだ。しかし張り手を極端に嫌う筈の大乃国が全く慌てない。 逆に大乃国、左から去なして北勝海を横向きにするや、深いながらも左上手を取り、右を覗かせ黒房にグイグイ出る。 北勝海は必死に粘ろうとしたが、大乃国はドッと寄り倒して完勝、全勝で初優勝した。
・好勝負
 初日 益荒雄(寄り切り)双羽黒

 双羽黒は待ったをし、気後れしているところを見せたが、立ち合いの当たりは激しく、左おっつけで攻める。 対する益荒雄も激しく当たって横綱の攻めを堪える。双羽黒はさらに左上手を取り、右差しから出る。益荒雄は土俵に詰まったが、左上手を引いて堪え右下手投げ。 さらに益荒雄が右の内掛けで揺さぶると横綱は慌て出し、吊り身に寄って出たものの、益荒雄に左外掛けで堪えられてしまう。 益荒雄はさらに右へ振って正面に寄り切り、双羽黒に 3連勝した。
  3日目 益荒雄(打っ棄り)千代の富士
 立ってすぐ千代の富士は左上手を取ったが、右は手首を掴まれて差せない。 この体勢から益荒雄が出ると千代の富士は上手投げから上手出し投げ、さらに頭を押さえて上手投げで攻めつけた。 益荒雄はこれを凌いで左上手を浅く取った。千代の富士は両廻しを引きつけて吊り身に赤房に寄ったが、益荒雄はしぶとく堪える。 そして横綱がなおのしかからんとするところ、益荒雄は鮮やかに右へ打っ棄った。 益荒雄は 2場所連続 2横綱連破、余燼がくすぶるどころか再燃といった風である。この場所益荒雄10勝 5敗。
  6日目 大乃国(上手投げ)小錦
 勝ちっ放し同士の一番だが案外あっさりと決まった。小錦が当たって右筈左おっつけで出ると、立ち遅れた大乃国は赤房に後退。 しかし左上手をやや深めに取ると、少し左に廻りながら透かし気味に出し投げを打って勝った。 小錦は立ち合い勝ちしながらも足が全く出ずあっさり這いつくばった。
  8日目 北勝海(寄り切り)小錦
 負けなしの北勝海と 1敗の小錦との一番。当たって突っ張り合い、初めは小錦に分があったが次第に北勝海が勝り、 小錦が必死になって反撃せんとすると北勝海は左へ飛んで撥く。さらに北勝海は突っ張って左上手、すぐさま出し投げで崩し、 さらに左おっつけ右喉輪から白房に攻め、両前廻しを取って小錦の右突き落としを残して寄り切った。 横綱を狙う北勝海が大関を窺う小錦に圧勝した好一番だった。
 13日目 両国(押し出し)北勝海
 大不覚を北勝海は取った。北勝海はやや立ち遅れ、両差しを狙ったようだが当たりがなかった。 両国は右差し、左で抱えて出る。さらに両国は出ながら右を深くしたため北勝海は左半身のような恰好となって起きてしまった。 両国はさらに右下手を立て褌の向こうで引いて下手投げ、赤房に寄り詰めて左筈で押し出して快勝したのである。 北勝海よもやの黒星で、全勝の大乃国は俄然有利となった。
 14日目 大乃国(浴びせ倒し)千代の富士
 互角に立って大乃国は左上手を取ったが千代の富士は右差しで大乃国の上手を切った。 だが千代の富士有利と見えたこの体勢から大乃国は左で抱えて白房に寄り進んだ。千代の富士は土俵に詰まったが、右下手投げで再三脅かして土俵中央に戻した。 ややあって千代の富士が大きく右下手投げ、これは効いて大乃国は危なかったが、堪えて肩越しに左上手を掴んだ。 さらに大乃国はこの上手をだんだん浅くし、引きつける。千代の富士は大乃国の右手首を掴んでいるが、防戦のみ。 大乃国はさらに攻勢、向正面に寄り詰め、千代の富士の右下手投げに対し巨体を利して東方向にドウと浴びせ倒した。 千代の富士は上手が取れず右下手だけの防戦、この場所の不調振りも重なって潰されてしまった。
△昭和62年 7月 優勝 横綱 千代の富士 貢 14勝 1敗 21
 場所前から好調が伝えられ期待された双羽黒がひどく不振、点滴を打っての土俵とやらで 8番止まりという惨状。 新横綱北勝海は11番の及第点。新大関の小錦は西サモアに凱旋中左脹脛が化膿、その部分をハワイで切開したため稽古不足に陥り、 終盤に崩れて 9勝 1敗から 5連敗した。長らく不振が続いた若嶋津が引退した。千代の富士の天下となり、11日目で差が 2つ、 大乃国が 2敗で追い、14日目千代の富士を寄り倒したがまだ 1差、しかも千秋楽北勝海の下手投げに敗れて千代の富士の優勝が決まり、 大乃国の横綱問題は翌場所に持ち越された。出羽の花が13日目まで 2敗で続き36歳の大奮戦が目を瞠らせた。 優勝争いはさほど熱を帯びなかった上に、優勝した千代の富士が場所中に右鎖骨を折っていたと聞かされてはガッカリしてしまうが、 旭富士・栃乃和歌の活躍があって盛り上がりはあった。
・優勝決定の一番 千秋楽 北勝海(下手投げ)大乃国
 前日大乃国に敗れたもののまだ 1つの差をつけて余裕綽々の千代の富士は控えにいる。 大乃国は横綱を意識してかひどく緊張し、待ったを一つ。改めて立つが立ち合い負けした。 北勝海が踏み込んで右に左に前褌を引いて浅い両差しとなる。こうして大乃国を起こすと北勝海は寄って出て右の外掛け、 大乃国は抱えて西で逃れるが、大乃国の小手投げに対して北勝海の右下手投げが出た。 これで大乃国は白房に大きく横転し、千代の富士の優勝は決まった。
・好勝負
  2日目 益荒雄(寄り切り)若嶋津

 初日起利錦に対して左四つ充分になりながら投げの打ち合いに敗れて迎えた土俵、 若嶋津は思い切り体当たりで出た。ところがこれを跳ね返されて二本差され、益荒雄は右を返して一気に出てきた。 若嶋津は堪えることもできず正面に一気に寄り切られ、遂に引退した。
  5日目 栃乃和歌(寄り切り)大乃国
 栃乃和歌当たって右喉輪左おっつけで押した後猛然突っ張ってさらに左おっつけで攻めて右四つ、 上手の位置も絶好、右でも下手を取る完璧の恰好、大乃国には上手をやらず、東に寄り立てた。 大乃国は右下手投げを打って寄り返したが、左から巻き替えようとした。栃乃和歌はここぞと東に寄り立て、土俵際で上手を離しあてがって寄り切った。 大乃国の連勝は19でストップした。栃乃和歌の右四つの型といい、出足の良さといい、文句のない満点相撲。
  8日目 旭富士(上手出し投げ)北勝海
 北勝海が当たるところ旭富士も負けじと右のかち上げ、これは大いに効いた。 旭富士が左筈で出ると北勝海は左で肩透かしを引いてから突っ張る。しかし旭富士は堪えて右差しから白房に寄り立て、 北勝海が巻き替えて左を差すと旭富士は右おっつけから上手、左から絞って差すや、北勝海が上手を欲しがるところ上手出し投げで快勝した。 好調旭富士は 6勝目、新横綱は 2敗目を喫した。
 12日目 双羽黒(寄り切り)小錦
 小錦は腰を割ったまま睨み上げれば双羽黒は上から睨むという珍奇な光景、時間一杯では小錦が例の如く待った。 立つや双羽黒が右から張って左差し。しかし小錦頭で出て左四つ、右上手を取って寄る。青房下、双羽黒は土俵に詰まってから寄り返したが、小錦は両廻しを引きつけて再度出る。 双羽黒は爪先立ちとなってしまうが、珍しや粘って右に廻り込んで上手を取る。双羽黒は甦って東に寄り立て、寄り切ってしまった。 勝負がついてからも廻しを握っていた小錦の左腕を振り払って睨みつける双羽黒、前日朝潮に脆敗したのとは大違い。 しかし翌日また大乃国に脆敗して 6敗、11日目や13日目の双羽黒が真の双羽黒なのか、はたまた12日目の双羽黒が本物なのか、さっぱり分からない。
 14日目 北天佑(上手捻り)朝潮
 随分揶揄された珍勝負。互いに待ったしてから立って朝潮は右差しから出て肩透かしを引くと北天佑は両膝とも土俵に着きかけて極めて危なかった。 しかし巨体を浴びせれば勝てたところ、右四つの取り方を知らぬ朝潮は駄目を押せず、北天佑は奇跡的に立ち直った。 結局は左四つとなり北天佑が右上手を取る。そして北天佑、右から捻る。これで朝潮はコロリ。カド番北天佑は痩せた体を引きずってどうやら 7勝目だが、 あまりに寒い内容のため、つまらぬ陰口の対象ともなった。
 14日目 大乃国(寄り倒し)千代の富士
 立ち合いはほぼ互角で両者左上手を取ったが千代の富士は大乃国の上手を切って充分とした。 しかし大乃国は左から抱え上げて腹に乗せ寄る。千代の富士は寄り返すが、大乃国は右掬い投げからさらに腹に乗せ、 正面に寄り立てる。千代の富士は左へ左へ廻り込むが、体が完全に伸びていてはどうにもならず、東に寄り倒されてしまった。 大乃国はこの場所「腹相撲」と言われたが、その腹を見事に生かした大きな相撲で千代の富士に連勝した。
◎昭和62年 9月 優勝 横綱 北勝海 信芳 14勝 1敗 3
 この場所も優勝候補筆頭は千代の富士、そして横綱再挑戦の大乃国、横綱 2場所目の北勝海がどう絡むかが注目され、 且つ大関取りの旭富士の相撲など話題は尽きない。さて土俵は、初日から大乃国−旭富士が組まれて大乃国が勝つ。 波乱は 6日目、千代の富士が逆鉾十八番の両差しを許して寄り切られ、 7日目大乃国が右四つ充分から前乃臻の下手投げに崩れ 1敗。 千代の富士は 8日目から上手投げ 3連発であったが10日目その投げで背中を痛めて休場となった。 大乃国は10日目小錦に押し出され 2敗。旭富士は10日目千代の富士、11日目北勝海に連敗して 3敗となったが大関はまだ狙える。 10連勝した小錦は11日目双羽黒に敗れ、13日目から連敗で後退。 北勝海は押し相撲の内容も良く全勝を続けたが14日目大乃国の土俵際の掬い投げに潰れて初黒星。 千秋楽旭富士は栃乃和歌を押し出して12勝で大関を決定。また大乃国は逆鉾を叩き込んで13勝、横綱を決めた。 結び、北勝海−双羽黒は寄り倒して北勝海が勝ち14勝 1敗、昇進後初めての優勝を飾った。
・優勝決定の一番 千秋楽 北勝海(寄り倒し)双羽黒
 北勝海が踏み込んで右喉輪、双羽黒も右喉輪で応戦したが北勝海は左差し、双羽黒は右から抱えて左おっつけで防戦するが、 北勝海は右も差して両差し、両下手を取って白房に寄り立て、双羽黒が両方から抱えて必死に堪えるところ左を突きつけ寄り倒して優勝を決定した。
・好勝負
  6日目 逆鉾(寄り切り)千代の富士

 逆鉾の体当たりに千代の富士やや仰け反ったが左で抱えて正面で右から割り出そうとする。 しかし逆鉾は左に逃げ切って両差し、左を深くして千代の富士に廻しを与えない。 かくて千代の富士は左巻き替えの素振りを見せたが、逆鉾は出足よく東に出た。千代の富士は右から首を捻って左突き落としを見せたが、逆鉾の追撃は早く、腰が砕けて東土俵に寄り切られた。
  7日目 北勝海(寄り倒し)逆鉾
 物凄い相撲、やれる技は全て繰り出し相手を倒さんとする北勝海の特徴が全て出た一番である。 北勝海が当たって左筈から突き進もうとするが逆鉾も土俵中央で突き返して応戦、逆鉾が左を覗かせると北勝海は右からおっつけて向正面に出る。 逆鉾は左に逃げて上手を取るや逆に投げ出そうとした。しかし北勝海はよく堪えて向き直り突っ張って青房まで攻め込んだ。 逆鉾はこれも堪えて右差し、右に逃げる。北勝海は出足で勝負をつけようとする。逆鉾は逆に左から突き落としを見せる。 北勝海は大変危なかったがこれも堪え、左で渡し込みを見せながらドッと青房に寄り倒した。
 13日目 北勝海(寄り切り)小錦
 全勝の横綱と 1敗の大関の相撲であるが、力の差がまともに出てしまった。 小錦が突きっ放すが北勝海は右前褌、左を入れて向正面にどんどん寄り立て寄り切り完勝。
 14日目 大乃国(掬い投げ)北勝海
 北勝海が当たって左を差そうとすると大乃国は右おっつけで出る。しかし北勝海は耐えて両差し、下手を取って寄り立て右外掛け、大乃国は反り身に左小手投げで堪え、 北勝海がなお正面に出ると大乃国は左右の小手投げで振りほどき、さらに北勝海が正面に押すところ大乃国は右から突き落とした。遂に北勝海に土、大乃国は 2敗を保った。
 千秋楽 旭富士(押し出し)栃乃和歌
 進境著しい両関脇の対戦だが、大関目前の関脇と新米関脇との差が出た。 旭富士が突っ張り、栃乃和歌が左から去なすと旭富士は右を差し頭を下げて東に出、両手で押し飛ばして完勝、大関昇進を濃厚にした。 逆に栃乃和歌はこの相撲を落として技能賞をも失った。
 千秋楽 大乃国(叩き込み)逆鉾
 互いに体当たりから逆鉾が入ろうとすると大乃国は喉輪押し、逆鉾が左に廻り込もうとするを右差しで追いかけ、逆鉾の両足が流れるを叩き込んだ。 逆鉾は大乃国の落ち着いたすり足の追撃に、逃げ切れず滑って敗れた。大乃国は前場所ほど相撲の内容は冴えなかったが13勝目、横綱昇進の色を濃くした。
◎昭和62年11月 優勝 横綱 千代の富士 貢 15勝 22
 新横綱大乃国は 2日目隆三杉の変化に倒れ、出足を欠き 8勝止まり。 北勝海は初日玉龍に敗れたがその後は連勝。千代の富士は験の良い九州場所だけに全勝を守る。 驚くべきは双羽黒の全勝行進。とうとう千代の富士と双羽黒が並んだまま13日間を終わった。 北勝海は13日目朝潮に敗れて 2敗となり脱落。しかし14日目北勝海が双羽黒を寄り切って土をつける。 全勝を守った千代の富士は千秋楽双羽黒を上手投げから東へ寄り切って貫禄を示し全勝優勝した。 これで北海道出身力士の優勝は60年 5月以来16場所連続となった。横綱大関が 8人いるが、初めて全員が皆勤した。
・優勝決定の一番 千秋楽 千代の富士(寄り切り)双羽黒
 双羽黒が勝てば決定戦だが、全く相撲にならなかった。千代の富士踏み込んで右四つ左上手、 頭もつけて双羽黒に上手を与えない。機を窺って左から豪快に振り頭を押さえると、双羽黒は大きく泳いで東土俵に飛び出した。 千代の富士は全勝優勝で九州 7連覇。
・好勝負
 初日 玉竜(引き落とし)北勝海

 新小結玉竜は33歳、優勝候補筆頭の横綱北勝海に挑む。横綱は例の如く当たりにいったが、 玉竜の左喉輪で止められた。北勝海は左喉輪右おっつけにいこうとした。 ここで玉竜は突っ張ると見せて下がりながら右腕で北勝海の右喉輪を内側から右下に払いのけるようにして引いた。 北勝海は長身の玉竜相手に腰が伸びていた上に足が縺れ、ひとたまりもなくズドドーンと左前に倒れてしまった。 玉竜の「突っ張って去なす」という作戦通りの相撲に横綱は嵌まってしまった。
  2日目 隆三杉(叩き込み)大乃国
 新横綱は誰もが緊張するものだというが、これほど緊張した横綱も珍しい。 初日も辛勝だった横綱は足が出ない。この日も大乃国は左足で踏み込んだが上に立った。 対する隆三杉の当たりは強かった。そして隆三杉は右へ変わって右で思い切り叩いた。 大乃国は二歩目も左足、これでは前に出られる筈もなく、呆気なくバッタリで惨敗した。 大乃国は 4日目まで負け続け 3敗、結局 8勝の悲惨な成績だった。
 10日目 北勝海(上手投げ)北天佑
 北勝海当たって右喉輪攻め、北天佑は左からおっつけて差し、北勝海の上手投げを堪えて両廻しから吊り身。 北勝海は右上手出し投げで北天佑の上手を切り頭をつける。北天佑は左下手投げにいったが、北勝海は右の外掛けで堪えて右上手投げで叩きつける。 熱戦、だいぶ元気になった北天佑は先手を取って攻めたが勝てなかった。
 10日目 双羽黒(上手投げ)小錦
 双羽黒が頭を下げて当たり、小錦が突っ張ると左膝がグラリときたがよく堪えて右四つとした。 小錦に廻しを与えず頭をつけ、小錦が何とか右から起こそうとするところ双羽黒は崩そうと左上手投げを放ったが、意外に強烈で見事に決まった。
 13日目 千代の富士(極め出し)旭富士
 旭富士は立ち合い良く出て浅い左上手、頭もつけて横綱に上手をやらない。 旭富士は願ってもない体勢となって観衆を瞠目させたが、千代の富士は全く慌てず右を抜くやグイと閂、 腰を割って突きつけ、顎を引いて抜き上げ、黒房に一気に極め出してしまった。全く鬼のような強さ。
 13日目 朝潮(寄り倒し)北勝海
 北勝海は初日負けたあと11連勝で優勝を争っていたが、意外性の男・朝潮に圧倒されて優勝圏外に去った。 立ち合い当たり合って両者右喉輪で攻めたが、当たりは朝潮が角度も威力も申し分なく、さらに朝潮は左から強くおっつけた。 北勝海はたまりかねて左へ一廻転、向き直らんとはしたものの、朝潮は左をズブリ差し、両差しになって頭もつけて抱きつき、東に寄り倒した。 朝潮は中盤から崩れて 6敗だったが、久々に大物を喰って御満悦。
 14日目 北勝海(寄り切り)双羽黒
 北勝海が右喉輪で攻めると双羽黒は左おっつけで外して左差し、腕を返した。 北勝海は左差しであるが右腕は万歳、しかしながら振りほどいて両差しとし、頭もつけて両下手を取る。 双羽黒の上手は切られる。北勝海は吊り身に寄り立て、右の外掛けで脅かし、向正面に寄り切った。 双羽黒遂に 1敗、全勝の千代の富士はここで優位に立った。
 横綱双羽黒は12月30日破門という形で廃業させられた。師匠夫妻と私行上のことなどで注意を受けて口論となり、 師匠夫人を突き飛ばして失跡したもの。双羽黒には過去にも付け人集団脱走事件があり、 こうして新人類横綱はその奇行ゆえ角界から弾き出された。
前画面に戻る