昭和63年
◎昭和63年 1月 優勝 大関 旭富士 正也 14勝 1敗 1
 旭富士が連戦連勝、自慢の柔軟性を利して白星を積み重ねる。これを追う千代の富士は、 7日目逆鉾に敗れて 1敗。北勝海は 2日目花乃湖に敗れた。また小錦が 2敗で追っている。 大乃国は不調で途中休場。11日目北勝海が 2敗を喫し、13日目にも敗れて後退。 14日目旭富士が北勝海に屈して 1敗となったが千代の富士も小錦に敗れて 2敗。 千秋楽小錦は北勝海を押し倒して 2敗を守り、結びの土俵を見上げる。千代の富士が旭富士を破れば巴戦となる場面だったが、 旭富士が変わり気味に左上手を取り、千代の反撃を許さず寄り切って14勝 1敗、念願の初優勝を飾った。
・優勝決定の一番 千秋楽 小錦(押し倒し)北勝海
             旭富士(寄り切り)千代の富士

  1敗旭富士、 2敗千代の富士・小錦の構図で迎えた千秋楽、小錦は北勝海戦を迎えた。 激しく当たり合って互いに左喉輪、小錦が攻め勝って右筈で起こし、さらに猛烈に突っ張る。 北勝海は必死に応戦したがだんだん後退し、左おっつけで懸命に左へ廻り込んだが及ばず、西土俵を飛び出して倒れた。 小錦は 2敗を守って結びの戦況を見る。旭富士は頭で当たってから左へ動き、上手を取って右四つ、千代の富士に廻しを与えず寄り立てた。 千代の富士は左おっつけで戻し、ややあってさらに寄り進む。旭富士は土俵際、左上手を引きつけて右へ廻り込み、 左上手は切られたが、取った右上手から引きつけ左おっつけで寄り切った。かくして小錦の決定戦の夢は破れ、旭富士の初優勝となった。
・好勝負
  2日目 花乃湖(掬い投げ)北勝海

 北勝海は当たって左をズブリ差し、東へ殺到した。しかし花乃湖も左を深く差している。 北勝海は右腕が上がっているが、構わず追い詰めた。しかし、花乃湖は徳俵で残して左から大きく掬い投げ、 北勝海は右足から上がって大逆転負けを喫した。腰高でもなかったが右おっつけを封じられ、押しとも寄りともつかない相撲になったのが北勝海の敗因。
  7日目 逆鉾(寄り切り)千代の富士
 千代の富士の立ち合いは鈍く、逆鉾に左を差された。千代の富士は左上手を取れず、逆鉾は右も入れた。 千代の富士は上手を取ったもののすぐ切られ、千代の富士が右で首を巻くにも構わず逆鉾は白房に寄り切って完勝した。千代の富士の連勝は21でストップ。
 10日目 旭富士(突き落とし)小錦
 小錦が突っ張って出ると旭富士は流石に後退したが左四つに捕まえ、さらに右を巻き替えた。 小錦も巻き替えて右四つ、小錦が出てくると旭富士は左おっつけで堪え、赤房下に詰まったが右下手捻りを見せて左から突き落とした。 庄太郎の軍配は旭富士に上がり、物言いがついたものの、小錦の左足甲が土俵外に着いた時旭富士はまだ残っていて軍配通りとなった。 旭富士は柔らかい体質を生かして全勝を守った。
 14日目 北勝海(押し出し)旭富士
     小錦(突き出し)千代の富士

 生き残り戦争である。全勝の旭富士が登場したが、北勝海の左肩からの体当たりをまともに喰った。 北勝海は旭富士を起こすや右から左の喉輪で攻め、右喉輪左おっつけで赤房に一直線に押し出した。 旭富士は北勝海の気力の前に完敗して初黒星となった。こうなってくると千代の富士が有利となるが、 豪胆といわれる千代の富士も堅くなったらしい。小錦が頭で当たって左おっつけから猛烈に突っ張る。 千代の富士は例の如く左から飛び込もうとするが、右喉輪に阻まれて仰け反った。 小錦はそこにつけ入って東に突き飛ばした。千代の富士は 2敗で、小錦に追いつかれた。
○昭和63年 3月 優勝 横綱 大乃国 康 13勝 2敗 2
 千代の富士は左肩脱臼で全休、小錦が序盤から躓き、綱取りとされた旭富士も初日敗れ、さらに終盤の横綱戦にも勝てず 3敗となって見送られた。 大乃国は 2日目から 2連敗で非難轟々だった。左足首故障中の北勝海は 8連勝の後 9日目花乃湖の変化に 1敗。 北勝海はどうやら千秋楽まで 1敗で単独トップを守ったが、千秋楽は 2敗のまま調子を上げてきた大乃国に押し倒されて敗れ決定戦に持ち込まれた。 決定戦、北勝海はよく攻めたが黒房下で大乃国の突き落としに押し潰されて逆転優勝を許した。 大乃国は輪島以来の決定戦逆転優勝。
・優勝決定の一番 千秋楽 大乃国(押し倒し)北勝海
         決定戦 大乃国(突き落とし)北勝海

 北勝海は当たって右を差し、左も浅く覗かせて寄る。大乃国は左で抱え込んで右おっつけ、次いで右の叩きを見せた。 北勝海がなお攻めると大乃国は右から抱えて左おっつけで挟みつけて逆襲、北勝海の左膝は崩れた。 大乃国は右喉輪左おっつけで押し倒して追いついた。 2敗同士の優勝決定戦は、また北勝海が例によって飛び込み右を覗かせる。 大乃国はこれを泉川に撓め、さらに左で抱える。北勝海は右からの蹴返し。大乃国は残して突っ張る。 北勝海は頭を下げて右筈で攻める。大乃国は左上手を引く。北勝海はなお攻め立てる。 大乃国は正面に詰まるが、左から捻って右掬い投げで崩しにかかった。北勝海は体を預ける。 大乃国はさらに右から突き落とし、左で頭を押さえて遂に黒房に潰し、大乃国の大逆転は完成した。
・好勝負
  3日目 板井(突き落とし)大乃国

 大乃国が待ったしてから立ち、板井が飛びかかる。そして右から顔面を一突き。 大乃国は捕まえようと出てくる。板井は例によって張り手を交え猛突っ張り。 大乃国は堪えて右喉輪で出てくるところ、板井は左へ飛んで左で大乃国の首筋を突き落としたが、 その左手で髷をはっきりと掴んでいた。審判は全く動かなかったが、板井は左手を離そうともせず、明らかな引き倒しで反則負けにすべきだった。
  6日目 寺尾(下手投げ)小錦
 寺尾が体当たりから突っ張ると小錦は突き返すが寺尾は左右に飛んで攪乱戦、右から飛び込んで左も巻き替え両差しとなった。 小錦は左上手を取ったが切られる。寺尾は小錦の右腰について頭もつけ、寄り身と捻り、出し投げで攻める。 小錦は動かない。寺尾は右下手を深くして右から捻る。小錦はここで寄って出た。 寺尾は左へ廻り込み、正面土俵で右の巻き落としから左下手投げ、小錦は寺尾の右腕を掴んだまま真ん前に腹這いとなった。 伊之助の軍配は小錦に上がったが、当然差し違い。
  9日目 花乃湖(突き落とし)北勝海
 北勝海は全勝だった。鋭く立って右喉輪から一気に横綱攻め立てると、 花乃湖は突き返して右へ動き、左から攻める。北勝海は右から去なして右喉輪で攻めた。 しかし花乃湖は東土俵で堪えて左足一本、左から突き落とす。左攻めの弱かった北勝海は左肩から倒れまた逆転負けで初黒星となった。
 13日目 大乃国(寄り切り)旭富士
 大乃国が待ったして 2度目、旭富士が突っ張って出ると大乃国も腰を落として突き返し、 なお旭富士が突っ張ると大乃国は旭富士の左をはね上げて右を入れ、左上手を引きつけて寄る。 胸を合わせた大乃国は、右で胸を押して詰めの体勢。旭富士は右を抜いて堪えんとしたが、どうしようもなく寄り切られた。横綱を狙う旭富士だが、手も足も出ず完敗して 2敗目。
 14日目 北勝海(押し出し)旭富士
     大乃国(上手投げ)小錦

 北勝海は体当たりから右喉輪で一気に攻撃、さらに突き立てて猛襲。 旭富士は土俵際で棒立ち、何とか左へ廻り込んで右を覗かせたが、北勝海は左おっつけ右喉輪でなお猛攻、 さらに左差し右筈の体勢となる。旭富士は右で小手投げを打とうとしたが、結局為すところなく押し出され、 3敗となって完全に脱落し、横綱は絶望となった。 1敗の北勝海が勝ち、 2敗の大乃国は負けられぬ。小錦との対戦は決して分が良いわけではない。 この場所も小錦の突進は大変強烈であった。しかし大乃国も腰を割って左のおっつけで受け止めた。 そして大乃国はすぐに右を覗かせ腕を返す。さらには左まで入れた。小錦は右を巻き替え、右四つから赤房に出る。 大乃国は右足で堪え、エイとばかり左から上手投げ、本人は極めて無造作ながら思い切って打ったつもりであったが、 このタイミングは実は絶妙であり、小錦は左へドッとばかり倒れた。大乃国は立ち合いが良く 2敗を守って千秋楽に臨む。
△昭和63年 5月 優勝 横綱 千代の富士 貢 14勝 1敗 23
 元気を伝えられた北勝海が初日から敗れ、以降連勝したが13日目小錦に寄り切られ、 翌日支度部屋で準備運動中に腰を捻挫して完敗し千秋楽休場。大乃国も元気で 6連勝した後の 7日目、大ベテラン麒麟児に寄り切られてしまった。 11日目以降大乃国は崩れ、残る千代の富士は 6日目琴ヶ梅の一気の押しを捌ききれず敗れたが、 他は無人の野を征くが如き快進撃、14勝 1敗で休場明け優勝。旭富士が 2敗で追っていたが千秋楽に蹴散らされた。 千代の富士の終盤大復調は全く見事なものだが、それにしても脱臼の後の千代の富士と、蓄膿手術後の旭富士という、 明らかに稽古不足の両者に絞られては詰まらない。
・優勝決定の一番 千秋楽 千代の富士(寄り切り)旭富士
 旭富士の当たりは低く、左前褌を取って頭をつけようとした。しかし千代の富士は左上手を取って旭富士の上手を切り、さらには下手まで切ってしまった。 千代の富士は右下手も取り、旭富士が左を巻き替えると千代の富士は両褌を引きつけて赤房に突っ走り、そのまま飛びかかって寄り切った。
・好勝負
 初日 水戸泉(寄り倒し)霧島

 まず水戸泉が待ったし、立つや水戸泉が左上手を取って右から抱え突っ走ると、霧島は土俵際で左掬い投げを打った。 霧島の右踵と水戸泉の倒れるのが微妙で、錦太夫の軍配は水戸泉、物言いがついて取り直し。再戦、霧島が左へ飛んで去なし、両差しとなって右の出し投げから出た。 ところが東土俵で水戸泉が抱え上げて左へ打っ棄ると、両者横向きに同時に足を出す。軍配は取り敢えず霧島に上がったが、大いに微妙でまた取り直し。 今度は左四つとなり、水戸泉が右上手充分から寄って出る。しかし霧島がまた左へ打っ棄った。これも微妙で軍配霧島ながら物言い取り直し。 審判長鏡山(柏戸)はもう苦笑の体である。立って左四つ互いに上手を取り、霧島が上手を切ったものの再度水戸泉が上手を取り、引きつける。 霧島は吊り上げようとするが徐々に正面に後退、土俵際で霧島は右へ体を廻して打っ棄りに出たが、水戸泉が浴びせてどうにか寄り倒した。幕内で物言い取り直し 3回は史上初の記録であった。
  6日目 琴ヶ梅(押し出し)千代の富士
 千代の富士は 5連勝だが立ち合いが一定せず調子は今一つ、前日は小錦に潰されて休場した益荒雄から不戦勝を貰っている。 琴ヶ梅戦は10連勝だが、しかし琴ヶ梅は 1月から好調そのものである。果たせるかな琴ヶ梅が頭を下げて突きっ放す。 左の取れない千代の富士は右から素首落としを見せたが、まともだったことと琴ヶ梅が好調であることから効果がなく、 琴ヶ梅は難なく飛び込んで左筈右喉輪で堂々と行司溜まりに押し出した。琴ヶ梅会心の勝利である。
  7日目 麒麟児(寄り倒し)大乃国
 これも大番狂わせであるが、麒麟児はこの場所小錦にも勝っていて伏線はないこともなかった。 立ち合いから麒麟児は得意の突っ張りで思い切って大乃国の顔面を攻め立てた。大乃国はたじろいで後退し、左の廻しを欲しがるが取れない。 大乃国は何とか捕まえんものと左から去なしたが、却って押し込まれる始末。土俵際を左へ左へ廻ってどうにか中に入り、左上手を肩越しにやっと取った。 しかし逆に呼び込む破目になってしまう。麒麟児は右差しから一気に走り、西にドッと寄り切り完勝、55年 7月の若乃花戦以来 8年振り 6個目の金星を挙げた。大乃国は初黒星で連勝は18止まり、自己記録に届かなかった。
△昭和63年 7月 優勝 横綱 千代の富士 貢 15勝 24
 北勝海は冷凍治療中のため休場。大乃国は12日目まで 1敗でいたが13日目旭富士に敗れて力尽きた。 千代の富士は他の力士との格の違いを見せつけて全勝優勝。この場所の相撲内容は悪くなかったが、優勝争いは 4日目で早くも幕内連勝者が両横綱だけ、 大乃国が 8日目に逆鉾の満点攻めに遭って敗れ 1敗となったが、この時点で 1敗は他に旭富士だけ、旭富士は10日目 2敗、11日目に 3敗となって後退、 大乃国が13日目に負けたとあってはもう千代の富士のもの、14日目で決まってしまったという呆気ないもの。周囲の力士の息切れが目立った。
・優勝決定の一番 14日目 千代の富士(吊り出し)旭富士
 旭富士が踏み込んで左を浅く取り頭もつけ、出し投げを放った。 千代の富士は堪えて右差し手を抱え上げ、さらに上手を切り、旭富士が再度両廻しを取ると千代の富士は右下手半身の恰好で下手を切る。 旭富士がなお頭を下げようとすると千代の富士は下手出し投げで振り廻し、上手を切る。 逆に千代の富士が右四つ両廻しを引きつけ、西に寄り進んでグイと吊り出した。
・好勝負
  7日目 千代の富士(上手投げ)琴ヶ梅

 千代の富士が例によって左を狙うところ琴ヶ梅は前場所同様強く当たって向正面に一気に出る。 千代の富士は左上手を取って土俵際、右で頭を押さえて上手投げを見せた。琴ヶ梅は左肘から転倒、千代の富士も左足一本で、右足は琴ヶ梅の肉の向こうでよく見えず、 庄之助の軍配は即時琴ヶ梅に上がった。あとで庄之助が振り返る「軍配を上げてから、しまったと思った」と。 審判全員から物言いがつき、千代の富士が残っていて逆転勝ちとなった。
  8日目 逆鉾(寄り切り)大乃国
 逆鉾の体当たりに対し立ち遅れた大乃国は右を差そうとしたがはね上げられて左を差された。 逆鉾は右をも入れる。大乃国は左から抱えて右から起こそうとする。しかし逆鉾は得意の両差し、しかも珍しく顎を引いてがぶる。 大乃国は右を巻き替えようとしたが、体が伸びて東に寄り切られた。逆鉾の完璧な攻め。
 10日目 北天佑(寄り切り)旭富士
 旭富士が待ったしてからの立ち合い、北天佑が左へ変わって上手狙い。 旭富士も左へ廻って上手を狙いにいった。しかしともに左は取れず、差して争いを演じた。 旭富士は左から肩透かしを引く。北天佑はこれを堪えて左下手を取り、右蹴返しから下手出し投げを放つ。 旭富士は北天佑の左を切って左へ逃れんとしたが、北天佑は左上手を取って右筈から白房に寄り切った。 初日黒星の後立ち直ってきた旭富士が堅くなって北天佑の果敢な攻めに敗れ 2敗目、横綱はまたも遠くなった。
 11日目 寺尾(下手投げ)栃乃和歌
 珍しいくらいの大熱戦だった。寺尾が激しく突っ張って栃乃和歌を土俵際まで追い詰める。 栃乃和歌は腰を割って下からはね上げ、右おっつけから突っ張る。寺尾は後退するが左へ逃れて突っ張り合いとなる。 寺尾は左からの去なしを 3回、栃乃和歌はよく残して浅い両差しから出ると、寺尾は右から強く撥き、左突き落としを見せ、また右突き落としで逃れる。 栃乃和歌はさらに右四つから攻める。寺尾は左へ逃げる。栃乃和歌は左を引きつけてなお寄る。 寺尾が右下手半身で堪えると、栃乃和歌は右下手をも引きつけ白房に出た。寺尾は忽ち窮したが、右へクルリと逃れて右の下手投げ、栃乃和歌は大いに慌て左足から土俵を飛び出してしまった。
 千秋楽 千代の富士(寄り切り)大乃国
 当たって互いに右下手、千代の富士は下手投げを 3度振り、大乃国は左で小手投げを打ち、寄り身も見せた。 両者残って千代の富士が右半身、大乃国は左上手を取る。千代の富士は巻き替えて両差しとなったが、大乃国は両上手を引きつける。 千代の富士は大乃国の右上手を切ったが、大乃国は左上手投げを打つ。しかし決まらず、千代の富士は右下手だけで正面に進み、右内掛けでよろめかせて寄り切った。 熱戦だったが千代の富士の堅塁は崩せなかった。
×昭和63年 9月 優勝 横綱 千代の富士 貢 15勝 25
  7月場所以上に千代の富士と他力士の差が広がってしまい、 2敗で追いすがる旭富士を14日目に簡単に破った千代の富士が 2場所連続全勝優勝、 通算39連勝となった。初日から 3連敗の大乃国以下、崩れがひどく、北勝海の復帰が待たれる。
・優勝決定の一番 14日目 千代の富士(掬い投げ)旭富士
 旭富士が低く出るところ千代の富士は左で一つ突いて左差し、旭富士が走ってくるところ左から掬って簡単に赤房下に出してあっさり決めた。
・好勝負
  7日目 千代の富士(外掛け)逆鉾

 逆鉾は千代の富士にとっては要警戒の相手とされている。両差しを許して敗れること 3回、馬力のある攻めに手を焼いているからだ。 さて右四つ、千代の富士は上手が取れず、逆鉾は予定通りに左を巻き替えて両差しとなった。観衆大いに沸いたが、 千代の富士は慌てず左上手を取り、逆鉾が吊ろうとしたところ右の外掛け、鯖折り気味に轟沈した。
 千秋楽 千代の富士(寄り切り)大乃国
  6敗の大乃国が相手では相撲にならずじまいだった。千代の富士が踏み込んで左を取り、西に一気に寄り立てる。 左で抱えただけの大乃国は忽ち後退、土俵際で千代の富士は廻しを離してドンと一突きの駄目押しで寄り切った。
×昭和63年11月 優勝 横綱 千代の富士 貢 14勝 1敗 26
 北勝海は全休。旭富士は 3月以降この場所も含めて安定した成績を続けているがもう一つ足りない。 目玉らしい目玉も連勝記録だけで、案の定千代の富士が勝ち続け、 7日目花ノ国を吊り出して大鵬の45連勝を抜く。 かくて14日目には優勝を決め、千秋楽は既に 4敗の大乃国戦、 3場所連続全勝優勝の偉業も懸かっていたが、 終始大乃国に攻められて寄り倒され、遂に連勝は53でストップした。だが連勝の興味が千秋楽まであったから良かったが、 場所中途で止まっていたらどんなひどい本場所になっていただろうか、想像しただけでもぞっとする。
・優勝決定の一番 14日目 千代の富士(吊り出し)旭富士
 旭富士が低く出て左を取り、左四つから出ようとしたが、千代の富士は左下手から右へ振り上げるような下手投げで体を入れ替え、 両下手を取って赤房にサッと吊り出した。旭富士は一瞬優位に立ったかに見えたが、集中力と思い切りの横綱の前に結局手も足も出なかった。
・好勝負
 11日目 千代の富士(上手投げ)小錦

 時間になって千代の富士が一つ待った。立って小錦が見ながら突っ張るが、足を出さない。千代の富士は下からはね上げて下がらない。 そして千代の富士は機を見て飛び込み左上手、小錦が右からなお突き放さんとするのを耐えて右も差す。 小錦は仕方がなく廻しが取れないまま出ようとしたが、そこを千代の富士は左へ廻って上手投げで叩きつけ、遂に50連勝を達成した。
 13日目 千代の富士(上手投げ)北天佑
 この場所北天佑は好調な土俵を見せていた。そして意気込みもまた強かった。 立ち合い、額で当たる北天佑の当たりは見事で、凄まじい馬力で連勝横綱を圧しようとした。 そして北天佑は右喉輪左筈で出た。千代の富士は流石に後退したが、北天佑の右腕を手繰って左へ廻り込み、なお向き直って出ようとする北天佑に対して左上手を取り、 さらに廻り込んで叩きつけた。北天佑の全てを懸けた当たりは文句なしで、千代の富士を仰け反らせたあたりは流石だったが、それに対応する千代の富士の動きも流石であった。
 千秋楽 大乃国(寄り倒し)千代の富士
 大乃国は遅く仕切り、腰に力をためてエイと左から踏み込み、左上手をサッと取った。 千代の富士はやや誘われるような立ち合いで、右から当たったために左が取れない。 大乃国は右差し手を返した。千代の富士は右半身になって右をねじ込み、下手を取る。 大乃国が出る。千代の富士は下手投げを打つが、大乃国は上手を引きつけてなお出る。 千代の富士は左で絞って両差し、大乃国の左上手を切って左へ廻り込もうとしたが、大乃国は左右から抱え上げた。 千代の富士は西に詰まって左上手を取り、左へ打っ棄ろうとした。しかし大乃国は最後、左喉輪をグーイと伸ばし、遂に千代の富士を寄り倒した。 千代の富士の連勝は53を以てここにストップ、時に昭和63年11月27日、午後 5時20分のことであった。
前画面に戻る