平成元年
◎平成元年 1月 優勝 横綱 北勝海 信芳 14勝 1敗 4
 北勝海が帰ってきた。千代の富士は雑な相撲が多く、 8・ 9日目と連敗、結局11勝止まり。 大乃国は連敗癖が祟り負けっぷりもひどくこれまた11番。土俵は北勝海と旭富士が全勝。 旭富士は柔軟自在の取り口で危なげなく星を重ねる。他方北勝海は安定しない。 本人も首を捻っていたが、12日目朝潮に一気に押されるも咄嗟の腕捻り決まって依然全勝。 13日目、旭富士は大乃国に引き落とされて土。千秋楽北勝海が全勝優勝を懸けて旭富士と対戦したが、 寄り倒されて両者 1敗の決定戦となった。決定戦は北勝海がお返しとばかり寄り倒して快勝、 北勝海は再起の場所を 4回目の優勝で飾った。
・優勝決定の一番 千秋楽 旭富士(寄り倒し)北勝海
         決定戦 北勝海(寄り切り)旭富士

 北勝海は全勝を目指したが、旭富士の執念も凄まじかった。北勝海が頭で当たって右喉輪、旭富士は左上手を狙う。 北勝海が旭富士の上手を切ったが、旭富士は右で横廻しを取って左おっつけから上手を引く。北勝海は右から肩透かしを引いて崩そうとしたが、 旭富士は左上手出し投げで反撃し、北勝海が突っ張ろうとして右を突き外すところ旭富士は左下手を深く、右も入れて白房に寄る。 北勝海が残そうとすると旭富士は右喉輪の詰め、北勝海がなおしぶとく左下手を取って右に打っ棄ろうとするところ、 旭富士は体を預けてとうとう寄り倒した。11秒の激闘、白星は旭富士の手に帰して優勝決定戦となった。 決定戦は北勝海が常の如く頭で当たって右の喉輪左おっつけ。旭富士は忽ち防戦となり左へ廻り込もうとするが、 北勝海はなお両筈で攻勢。東土俵、旭富士が必死に堪えるが北勝海は割り込んで両差し、左掬い投げから寄り詰める。 旭富士、抱えて必死の体。しかし北勝海は体を預けてドッとばかり烈しく寄り倒した。決定戦は北勝海の気魄が旭富士を圧倒して再起の復活優勝を飾った。
・好勝負
  4日目 琴ヶ梅(押し倒し)大乃国

 大乃国は体重が 215kgに増えてガッカリしていたが、 3日間は素晴らしい内容で心配を一掃していた。 ところが 4日目はあまりにだらしない相撲で惨敗してしまった。それでも立ち合いは良かった。 琴ヶ梅が当たって左からの喉輪で出るところ、大乃国も踏み込んで押し勝った。しかし大乃国は左へ動いて上手を欲しがったのが悪く、 しかもその上手をすぐに切られたのがなおさら悪く、琴ヶ梅に両筈押しを許した。 のみならず大乃国がまともに引いてもう勝負あった。これに止まらず大乃国は左で琴ヶ梅の髷を掴んで手が抜けず、 身動きならずなおさら慌てる。大乃国が右へ逃げようとするところ、琴ヶ梅は左喉輪で豪快に白房に押し倒した。
  8日目 寺尾(外掛け)千代の富士
 千代の富士は 7連勝で内容も悪くなかったが、この日はひどかった。寺尾が得意の烈しい突っ張りで千代の富士の喉と胸を突き立てると、 千代の富士は右で踏み込んで突っ張らせておいてはね上げ、右を引っ掛ける。寺尾なお突かんとしたが、千代の富士は左上手を掴んだ。 寺尾は右下手、左では千代の富士の手首を掴む。千代の富士は上手一本で寄り、寺尾の左手を振り払って右で頭を押さえ、左の上手投げを強襲した。 しかし寄りも不充分で右の引き足もなし、そこに寺尾が右から低く外掛けにいったもので、千代の富士は当然のように尻から土俵に転落してしまった。 体重のない軽い相手だからとて腕だけで投げにいった千代の富士はあまりに安易過ぎた。
 10日目 旭富士(寄り切り)霧島
 旭富士が右からかち上げるが霧島は左前褌を取っている。対する旭富士は右上手を取って頭をつける。 一度右を切られると、今度は左上手を取って出し投げ、すぐに引きつけて右の喉輪で寄り切った。旭富士勝って10連勝。
 13日目 大乃国(引き落とし)旭富士
 全勝の旭富士と 2敗の大乃国の対戦は、実に呆気なかった。旭富士が両手突きで出て右喉輪攻め、しかし大乃国は土俵際でやや反り身ながら左喉輪で攻め返して右を覗かせ左から抱える。 旭富士は頭を下げて右筈から押そうとした。しかし大乃国はここで右を抜いて左へ引いた。旭富士は足が揃って左足が流れ、バッタリ。 全勝なら横綱にしてもいいと言われていた旭富士の昇進は、またも持ち越しとなった。
 14日目 北勝海(押し出し)大乃国
 北勝海が大乃国の顎に当たって右筈左おっつけから両筈一気に黒房に押し出した。 北勝海土俵人生最高の一番、大乃国に抵抗一つさせなかった。北勝海は14戦全勝。
◎平成元年 3月 優勝 横綱 千代の富士 貢 14勝 1敗 27
 上位陣が星を重ねる中で一人朝潮が 4連敗して引退した。 残った 6人の上位は中日で全員が勝ち越すという安定振りである。 後半になり、 9日目から大関がやや崩れ始め、11日間 3横綱全勝だったが、北勝海は立ち合いの出足が鈍く、12日目より 4連敗。 大乃国は絶好調と見えたが崩れ始め 3連敗となった。こうなってはお世辞にも好調とは言えなかった千代の富士のもの。 千代の富士は12日目から豹変、14日目大乃国を左上手から振り倒して優勝を決めた。 しかしこの時左肩を脱臼、千秋楽の旭富士戦は不戦敗となり全勝優勝は成らなかった。 上位の成績は千代の富士14勝、旭富士13勝、大乃国と北天佑が12勝、北勝海11勝、小錦10勝で、残った横綱大関は全員二桁、 強かった上位陣の中で大関陣がよく横綱陣に肉薄し、充実した本場所といえた。
・優勝決定の一番 14日目 千代の富士(上手投げ)大乃国
 千代の富士は珍しく右から出て右差し、腕を返して左上手を取った。 大乃国が体ごと前進してくるところ上手投げでかわし、右下手を取って大乃国の下手を切り、寄って出て右の外掛けを掛けた。 大乃国は左小手から振ると、千代の富士はやや浮いたが、両廻しを引きつけてなお出る。 そして左へ廻って脇を締めて上手投げを連発、これを強引に決めて優勝したが、大乃国が左後ろに転がったせいもあって左肩を脱臼、 千秋楽は休場と相成った。
・好勝負
  4日目 寺尾(押し出し)朝潮

 寺尾が突き立てると朝潮も突き返して左去なしを見せ、さらに右突き落としと攻めた。 ところが残した寺尾が左から 2回去なすと、朝潮の腰は浮き上がって東土俵に押し出された。 朝潮は 4連敗、大関昇進後最悪の成績・内容で、遂に引退に踏み切った。
 10日目 北天佑(下手投げ)旭富士
 前年末より調子が上がり、前場所には千代の富士を久々に倒して復調著しい北天佑が、 前日安芸ノ島に根負けしたとはいえ、まだ 1敗で横綱を狙う旭富士に立ちはだかる好一番。 互いに低く出て押し合うと旭富士が引いた。しかし北天佑はつけ入って右喉輪で押し込む。 旭富士は左四つに捕まえて右上手を引き寄り返し、頭もつけた。ところが旭富士は動かない。 両廻しとも取れなかった北天佑は、右で旭富士の左手首を掴む。そして機を見て揺さぶり前進、左下手を掴むや強引に下手投げを打つ。 旭富士がのめりながらも左筈で懸命に出るところ、東でさらに下手投げ、雄々しくも叩きつけて圧勝。北天佑は10連勝。 旭富士は痛恨の連敗、その後負けずに13勝したが、 2敗は充分になって負けたため印象が冴えず、その上に千代の富士戦がなくなったことも重なって横綱は見送られた。
◎平成元年 5月 優勝 横綱 北勝海 信芳 13勝 2敗 5
 安定していた大乃国が10連勝したが11日目から崩れ 3敗してしまった。千代の富士は休場。 北天佑も11日目まで 1敗で喰いついていたが、12日目から 4連敗してあえなく沈没。 13日目、 1敗同士の北勝海−旭富士は、送り出して旭富士が勝ったが、翌日旭富士は大乃国に完敗し 2敗。 千秋楽両者勝って 1月場所と同じく優勝決定戦となった。この決定戦は北勝海呆気なく勝って優勝。 体重増を図って暴食したのが祟って体調を壊しながら13勝した旭富士は、成績を見れば優勝同点−準優勝−優勝同点だが、 非力の故か充分で負ける相撲が間々あって、横綱を見送られた。
・優勝決定の一番 決定戦 北勝海(送り出し)旭富士
 全く呆気なかった。北勝海の突っ張りを予想した旭富士は思い切って右からかち上げたが、 北勝海は当たって左上手を取るやすぐに出し投げを打った。旭富士は予期せぬ攻めに真っ直ぐ泳ぎ、赤房に送り出された。
・好勝負
  5日目 安芸ノ島(寄り切り)旭富士

 旭富士がかち上げて両差しを狙ったが、やや下がった安芸ノ島は左右と両前廻しを引いて挟みつける体勢。 右四つで安芸ノ島は頭をつける。旭富士は廻しが取れず、非力のため起こせず、仕方なく右を抜いて安芸ノ島の左を極めようとした。 しかし安芸ノ島も左を抜いて再び上手、両廻しを引きつけて寄り立て、 旭富士が棒立ちとなったところ、拝み押しに押し上げて正面に押し出した。 旭富士またも根負けにして力負けで安芸ノ島に連敗、これではいつまで経っても印象が好転しない。
 11日目 霧島(上手投げ)大乃国
 安定度随一の大乃国が慌て癖を出して敗れた。大乃国は左から抱えて右を覗かせ寄る。 霧島はいきなり右下手捻りを見舞ったが大乃国はややぐらつきながらも右を捻じ込みながら出る。 霧島は右下手投げを打って廻り込む。大乃国はまだ強引に出る。霧島は東土俵、吊り上げながら打っ棄り気味に左上手投げ、 大乃国は強引過ぎてゴロリと横転し初黒星。
 14日目 大乃国(寄り切り)旭富士
     北勝海(押し倒し)北天佑

 前日は北勝海・大乃国とも無様な負けで 2敗となり、旭富士が 1敗で単独トップとなっている。 その旭富士が大乃国に当たる。大乃国は立って右差し左から抱える。旭富士は右喉輪で攻めて右筈、左おっつけから頭を下げようとした。 しかし大乃国は右の差し手から起こしてがぶる。旭富士は土俵に詰まって右下手投げを打とうとしたが、あえなく赤房に寄り切られた。 全くの大乃国の完勝である。北勝海は 3敗の北天佑と対戦、北天佑が右かち上げで立って左を取って充分となった。 しかし北勝海が右上手を取り、上手出し投げを放つ。北天佑が左を差そうとしたが、北勝海はそれに対し強烈な右おっつけ。 北天佑は忽ち浮き上がり、青房に押し倒された。北勝海は豪快に勝って 2敗を守った。
 千秋楽 北勝海(肩透かし)大乃国
 呼吸が合わず 2度目の立ち合い、北勝海が頭で当たって右差し、左から絞って両差しとなった。 大乃国は左で抱え、右を捻じ込もうとするが、上体が立っている。この体勢から大乃国は左小手投げを打つが、北勝海はなお出る。 大乃国は右に廻り込んで左から右と小手投げで揺さぶる。その右小手投げの際に北勝海は右手で土俵を掃いたが、 審判も行司も気がつかず、 1秒後に北勝海の左肩透かしが豪快に決まった。兎も角決定戦出場者を決めるこの相撲で、北勝海が権利を獲得した。 相撲の審判制度はあくまで人間の目が第一で、ビデオ室が設けられているが参考のためのもの、 行司含め 6人の目に映らなければ終わりである。さて、この場合誤りだと打ち出し後に分かっても、 決定戦も終わっていては訂正しようもない(決定戦の前に訂正できるなら良いが、無理だろう)。 14日目までなら訂正のしようがあるといえばあるが、この相撲のように、訂正すると決定戦の進出者が入れ替わってしまうということになると、 訂正したくともできるものではない。「千秋楽以外は事後訂正を行うが、千秋楽は如何なる理由があっても訂正しない」というような規則を作っても、 千秋楽だけを特別扱いする理由がなく、結局どうしようもない。やはり誤判は誤判として議論して、今後に期待するしかなかろう。 「疑わしきは物言いをつけよ」というが、疑わしさを察知できる目を養うこと、ビデオに頼りすぎて退化することのなきように努めること、これに留意して審判を務めるしかあるまい。 この相撲のように、際どいわけでも何でもなく、明らかに勝負がついている場合はなおさらである。
△平成元年 7月 優勝 横綱 千代の富士 貢 12勝 3敗 28
 横綱を期待された旭富士だが、 5日目に膵炎が再発、よもやの 8番止まり。 大乃国が初日から大崩壊、右膝の故障などで途中休場。この場所は千代の富士と北勝海が終始引っ張ったが両者とも中盤に連敗があり内容は良くない。 9日目には北勝海以外の上位が総倒れ、 2敗に 4人、 3敗に 6人が犇く混乱振りとなったが、14日目で 2敗の千代の富士と 3敗の北勝海に絞られた。 千秋楽、千代の富士が北天佑にいいところなく敗れ、北勝海は旭富士に圧勝。これにより、史上初の同部屋横綱による優勝決定戦が実現した。 この相撲、互いに動きが硬かったが、千代の富士が巧く取って28回目の優勝を勝ち取った。 休場明けの千代の富士が愛娘を失った直後に迎えた場所での優勝、加之同部屋決戦という最もやりにくい相撲を勝ち抜いて得た優勝ということで、 数多い千代の富士の場所制覇の中でも異彩を放つ。他に記録されることとしては、三賞選考に当たって、14日目に予備会を行って候補力士を選んでいたのだが、 この場所より予備会が廃止され千秋楽に全て決められるようになったということがある。
・優勝決定の一番 決定戦 千代の富士(上手投げ)北勝海
 遂に迎えた同部屋横綱決定戦である。北勝海が当たって右喉輪、千代の富士は左からおっつけて出た。 差し手争い、両者廻しが取れず、組むと不利な北勝海は再度右喉輪でグッと押し上げる。千代の富士はさらに左からおっつけて左四つに組み止め、互いに両廻しを引いた。 北勝海は再三に亙って腰を振り、千代の富士の廻しを切ろうとするが、千代の富士も慎重に引きつける。 そして機を見て千代の富士、右から出し投げ気味の上手投げで西へ投げ転がした。
・好勝負
  8日目 益荒雄(寄り切り)北勝海

 互いに当たり合ったが北勝海は機先を制せられて当たり負け、頭が上がってしまった。 益荒雄は得意の右差し、北勝海の左おっつけに構わず、左上手を取って右を返しての寄り。 北勝海は左上手が切れて正面青房寄りに弾き出されるように土俵を割ってしまった。北勝海は珍しい 2連続金星配給、益荒雄は久々に横綱を倒した。
  8日目 水戸泉(押し出し)千代の富士
 千代の富士はどうしたかピョンと飛び出して左を狙ったが、水戸泉は右喉輪で驀進、 さらに左を覗かせる。千代の富士は堪える余裕なく右で素首落とし、水戸泉はつけ入って正面黒房寄りに押し出し、 この場所大乃国戦に続いて横綱を破った。千代の富士はしっくりこないのか翌日も安芸ノ島に逆転負けした。
 12日目 三杉里(引き落とし)旭富士
 旭富士は既に 3敗だが、周囲が崩れて横綱への望みはなくもなかった。しかし体調不全ではやはり駄目で、夢は潰えた。 旭富士が右喉輪から突っ張り、三杉里が突き返すと旭富士はなお突っ張る。三杉里は右へ廻り込んで叩き、旭富士がなおも突っ張って出ると三杉里は左へ動いて上手を取った。 三杉里は右四つ頭をつけて逆襲だ。旭富士は腰に乗せるように右下手投げ、三杉里は危なかったが残してさらに喰いついて出る。 旭富士はまた土俵に詰まって窮地に立つが、下手投げで逃れようとする。三杉里はまたまた出ようとする。 旭富士は三杉里の上手を切って逆に出ようとした。しかしここで足が縺れた旭富士は、三杉里の引きに左膝から崩れて敗れた。
 千秋楽 北天佑(寄り切り)千代の富士
     北勝海(押し出し)旭富士

 千代の富士は勝てば優勝だったが、立ち合いで圧せられた。北天佑が低く立って左上手前褌のいいところを引き、右下手も取って頭をつけた。 千代の富士は廻しが取れず、右差し手を抜き左上手を欲しがったが、北天佑はつけ入って正面に寄り立て寄り切り、千代の富士は 3敗となった。 北勝海は気合満々である。当たって右喉輪で押し立て、左おっつけから左去なし、さらに右おっつけから両差しとなり、右喉輪から両筈で押し出した。 これで九重部屋両横綱の優勝決定戦となった。
×平成元年 9月 優勝 横綱 千代の富士 貢 15勝 29
 土俵は前年秋同様千代の富士が独走で全勝優勝、鏡山(柏戸)など「優勝は 2日目で千代の富士に決まった」と言い放ったほどで、 事実11日目で差が 3つついたために優勝争いはなかった。 その裏で注目されたのは不振の横綱大乃国。 7勝 7敗で迎えた千秋楽の北勝海戦、「よもや負けないだろう」の予想とは裏腹に寄り切られ、 皆勤での横綱負け越しとなった。大乃国は引退を申し入れたが、理事長二子山(若乃花)に慰留された。
・優勝決定の一番 13日目 千代の富士(掬い投げ)巨砲
 千代の富士は鋭く踏み込んで左から抱える。巨砲は低く出て左前褌。 しかし千代の富士は右を割り込んで巨砲の左を切り、右から起こして豪快に掬い倒した。 豪快にして実に呆気ない優勝決定、併せて通算 965勝の新記録も樹立した。
・好勝負
  2日目 太寿山(寄り切り)大乃国

 太寿山が当たって右差し左おっつけから両差しとなって寄り立てた。 大乃国は寄り返すが、太寿山はなお右へ右へと寄る。向正面土俵、両上手とも取れない大乃国は、強引ながらも右で首を捻って左小手投げで大逆転を図った。 さて体勢としては、大乃国が右足を出してしまったが、太寿山はすでに裏返って体なし。軍配大乃国は当然、 微妙な相撲で物言いも当然、しかし裁定は差し違いという最低のもの。体勢からいって大乃国に分が良くて、取り直しが最も妥当で、太寿山の勝ちはない恰好であった。 兎も角大乃国はまた序盤で躓いた。ひどい痩せ方で絶不調とはいえ、皆勤負け越しの誘因の一つとなったような気もしないではない。
  8日目 千代の富士(押し倒し)寺尾
 寺尾が突きまくれば千代の富士は忽ちにして白房に後退したが左足一本反り身で寺尾の右腕を手繰り左出し投げを打った。 寺尾がすぐに向き直ってさらに突っ張れば、千代の富士も応じて突っ張り合い。寺尾の左去なしに耐えた千代の富士は突き勝って攻勢、ちょっと寺尾の右腕を引いて崩し、 寺尾が堪えんとするところ右おっつけ左筈から向正面に烈しく押し倒した。寺尾の善戦が光る好戦。
 12日目 三杉里(小手投げ)益荒雄
     太寿山(不戦)富士乃真
 13日目 三杉里(不戦)富士乃真

 三杉里は益荒雄の両差しからの寄りを堪え、東土俵で益荒雄の右下手投げと三杉里の左小手投げで打ち合いになって縺れた。 勘太夫は廻し団扇で益荒雄に上げたが、差し違いとなった。これだけなら取り上げることもない。 三杉里は土俵から落っこちた。東の控えには富士乃真がいる。富士乃真は右膝を痛めているために左へ逃げようとしたが、 左足首に三杉里の廻しの結び目が直撃してしまった。富士乃真は当然足首を負傷、土俵に上がれず不戦敗とされた。 控え力士が負傷して不戦敗は過去の記録にない。昭和38年 7月 9日目、君錦の上に廣川(常錦戦)が落ちてきて君錦が左足首を捻挫したが、 相撲(宇多川戦)は取って敗れ、翌日から休場、房錦戦が不戦敗となったという記録はある。富士乃真は左足首の骨 2本を折って休場、 翌日の相手が負傷の原因となった三杉里だから皮肉中の皮肉、おまけに土俵の上での事故でもないため公傷も駄目で、さらにこの怪我が元で再起できなかった。
 千秋楽 千代の富士(寄り切り)北天佑
 当たり合って千代の富士が右を差し、左おっつけで出ると、北天佑も右を浅く差して上手を取る。 しかし千代の富士はすぐに上手を切り、逆に自分が上手を取る。北天佑は上手を切りたいが切れない。 千代の富士は機を見て上手捻りから寄れば、北天佑は下手投げで堪えて数呼吸、千代の富士右から起こして寄り立て一気に決めた。 千代の富士は 7回目の全勝優勝。
 千秋楽 北勝海(寄り切り)大乃国
 大乃国が左から抱えると北勝海は右筈左喉輪で押す。大乃国が突っ張ると北勝海も突き返して右から去なし、 大乃国が立ち直って捕まえようとすると北勝海は両差しとなり寄り立てた。大乃国は左上手をとって右で首を巻いて堪えるが、 結局横向きとなって青房に寄り切られた。大乃国は遂に負け越した。
○平成元年11月 優勝 大関 小錦 八十吉 14勝 1敗 1
 大乃国は休場。北天佑は途中左肘を痛めて 5勝10敗の大敗。旭富士もやっと 8番。 北勝海は前場所に左肩が悪化していたが11番勝った。九州場所に滅法強い千代の富士だが、 この場所は斑がありすぎ、 5日目寺尾の後ろに廻って土俵に叩きつけたと思ったら、翌日には両国に押し出され、 1敗で迎えた13日目、同じく 1敗の小錦戦で突っ張りに敗れて九州場所 9連覇を逸した。 優勝した小錦は前場所大負けしてこの場所カド番であったが、突っ張りにも四つにも安定感を見せて11日目北勝海の下手出し投げに敗れたのみ、千秋楽琴ヶ梅を破って優勝をもぎ取った。
・優勝決定の一番 千秋楽 小錦(寄り切り)琴ヶ梅
 当たり合って琴ヶ梅の右おっつけに対して小錦は左から右と喉輪で押し、琴ヶ梅が右に廻り込んで左差し、右を筈にして頭をつけると、 小錦はなおも喉輪で起こして右筈押し、さらに突っ張って喉輪で東に出て、左から引っ張り込んで右差し、腹を使って寄り立て、左筈でグイと寄り切った。 琴ヶ梅の健闘に遭ってやや苦戦したが、好調の小錦はこれも突破して遂に優勝の栄冠を勝ち得た。
・好勝負
  5日目 千代の富士(吊り落とし)寺尾

 寺尾が猛然突っ張れば千代の富士は東に下がったが左足を俵にかけ、傲然と胸を出し、受けに受けて捕まえんとする。 寺尾がなお突っ張ると、千代の富士は前場所同様寺尾の右腕を手繰って廻り込み、左で後ろ廻しを取って寺尾を引っ捕らえ、後ろについて高々と吊り上げて東土俵に叩きつけた。 千代の富士は 1年間苦戦して今場所も顔を攻められたからまとめて返してやったと、してやったりの表情。 館内唖然、控えの両国も震え上がったというが、危険過ぎるとて非難の声もあった。
  6日目 両国(押し出し)千代の富士
 千代の富士は全くひどい相撲を取って失望された。立ち合い両国が珍しく突っ張ると、千代の富士は前日と同じく左足を俵にかけて余裕綽々受けていた。 さらに両国、左手を千代の富士の肩口に宛がうと、千代の富士は右で下からこれまた宛がい動き止む。 その後、両国が機を見ていきなり体当たり気味に飛び込んだ。さて千代の富士はこれを見て左へ廻りながら左突き落とし気味に引き、右で叩いたが、 両国が落ちる前に右足を出して負け。行司伊之助の軍配を受けはしたが覆された。連勝は20止まり、お話にもならぬ。おまけに翌日は立ち合いの逃げだからなおさら話にならぬ。
 12日目 北勝海(下手出し投げ)小錦
 小錦が左喉輪から突っ張って出ると北勝海は後退したが左へ廻り込んで左差し、さらに右を巻き替えて両差しとなった。 小錦は頭をつけられて苦しく、廻しも取れない。北勝海は左下手を深く、右下手は浅く取って数呼吸、小錦が出るを堪えて左下手出し投げ。 小錦は残した。すると北勝海は両前廻し拝み押しで懸命に攻め、機を見て右から引いて左の下手出し投げを放つ。 たまらず小錦は左膝から転げて尻餅となり、全勝小錦に土。不安一杯の千代の富士は兎も角小錦に並んだ。
 13日目 小錦(突き出し)千代の富士
 小錦ちょっと早く立って左喉輪で止めながら右突き放しで攻める。千代の富士は右おっつけ左前廻し狙いだが、立ち遅れが響く。 小錦は猛烈な交互突きで顎を捕らえ、千代の富士がまともに突き返そうとすると小錦はさらにガンガン突き立てた。 殊に右突きは猛烈そのもので千代の富士は目が眩んで後ろによろめいた。小錦は喉輪で押し立て、右筈左喉輪突きで正面青房寄りに堂々突き出して圧勝、 本人の言うように大きな山を越えた。
前画面に戻る