平成 2年
×平成 2年 1月 優勝 横綱 千代の富士 貢 14勝 1敗 30
 千代の富士だけの場所であった。序盤で負けたのは北勝海・大乃国・北天佑、 中盤で崩れたのは小錦・旭富士。小錦を除く 4人は終盤に揃って大崩壊し、千代の富士の独走を許した。 14日目、終盤になって復調した小錦が千代の富士を押し出したが、13日目に千代の優勝は決まっており、後の祭りであった。
・優勝決定の一番 13日目 千代の富士(寄り切り)旭富士
 立ち合い千代の富士は左前褌を取り、旭富士は左からおっつけ、千代の富士の右を絞り出し、右を抜いて左四つ。 千代の富士が右を巻き替えようとすると旭富士は左を肩まで差して下手を深く取るが、右は廻しが引けない。 千代の富士も右から抱え、左の浅い下手一本。旭富士が右前褌を取ると千代の富士は下手投げを打って右を巻き替え、 左は浅い前褌、右も入って両差し、旭富士の両廻しは切れる。千代の富士は東に寄り、旭富士が右から絞って堪えようとすると千代の富士はすかさず左から出し投げ、 旭富士が残して千代の富士の右差しを左で阻み、両者頭をつける。旭富士は右からもおっつけるが、千代の富士の左は切れる筈もない。 旭富士は左を入れたが、千代の富士はやや深いながらも右上手を引き、すぐ吊り身に西に寄り切った。熱戦はほぼ千代の富士のペース、旭富士はよく抵抗したが自分の流れには遂にならなかった。
・好勝負
  6日目 霧島(引き落とし)小錦

 小錦は 5戦勝ちっ放し、前場所の優勝に続いて好調だった。他方霧島は初日北勝海を吊り出し、 3日目大乃国を蹴手繰りに破っている。 小錦は霧島の奇襲を警戒して待ったしたが、却って霧島に余裕を与えた。そして小錦が踏み込んで右差し、廻しを狙ったが形に構わず出ていった。 しかし霧島は小錦の右腕を手繰って引く。小錦はついていけず西土俵にバッタリ倒れてしまった。 小錦は好調すぎて安易に出ていったのが誤算、そしてここから 5連敗はとんでもない大誤算。
  9日目 千代の富士(上手出し投げ)北天佑
 右の相四つ、互いに右を差して千代の富士は左を探るが取れない。北天佑は左から絞って千代の富士の右を殺し、 互いに左からの攻め合い、北天佑が右を覗かせて左から攻めながら白房に馬力を効かせて出ていったが、 千代の富士は下がりながら左前褌を取り、土俵際で出し投げを打って逆転した。北天佑は最後に左上手を取られたことに気づかなかった。
 14日目 小錦(押し出し)千代の富士
 小錦が右からかち上げて突きっ放す。横綱は左が取れず、小錦の右喉輪に大きく仰け反る。 その強烈な喉輪、さらには顔面押しまで加わって千代の富士は為すところなくたった 4秒で押し出されてしまい、 8度目全勝の夢は消えた。
 千秋楽 千代の富士(寄り切り)大乃国
 互いに右を差して大乃国が左上手を取って寄り、上手投げで振り廻した。しかし千代の富士も両廻しを引いて右内掛けから両差し、 機を見て西に寄り立て右からの外掛け。大乃国は強引に右小手投げで堪えんとしたが、たまらず寄り切られた。 大乃国は寄り切られて左膝から崩れる。小手投げを打って左足首の骨が折れ、全治 2ヶ月の診断、これが大いに長引いて大乃国の姿は暫く見られなかった。
  2月 2日、 1月場所新入幕の龍興山が22歳の若さで虚血性心不全のため急死した。 龍興山は大元気で40番ほどの猛稽古に励んでいたが、その後耳が遠くなってきたと訴え、本人の望み通りに湯を浴びせてもらったが、気持ちいいの語を残し意識を失い、病院に運ばれたものの亡くなった。 幕内力士の現役死は横綱玉の海以来。琴風二世と言われ、鋭い寄り身を武器とする若手のホープとして大いに期待されていた。 龍興山の急逝で、力士の体格、つまり栄養過多と運動能力、及び呼吸器・循環器系のアンバランスが浮き彫りとなった。
◎平成 2年 3月 優勝 横綱 北勝海 信芳 13勝 2敗 6
 前場所千秋楽に右足首を骨折した大乃国が休場した。 土俵では千代の富士が通算 1,000勝を目指し、恐らく連勝で達成するだろうとて 6日目の入場券は殊に早く売り切れたというが、 6日目大関を狙う関脇霧島に不得手の左四つから吊り出され記録達成は日延べとなった。 7日目花ノ国を右掬い投げに破って 1,000勝を達成したが、以後気の抜けたような土俵に終始し、10勝止まりだった。 大関北天佑・旭富士が早々に脱落し、横綱北勝海・大関小錦・関脇霧島が優勝を争い、 千秋楽13勝 2敗で巴戦となった。本割での関係は、霧島が 2勝、北勝海は小錦には勝っているが霧島に敗れ、 小錦は両者に敗れていた。決定戦はまず小錦が北勝海を寄り切り、霧島戦に優勝を懸けたが寄り切られた。 霧島は北勝海と対するも喉輪を浴びて押し出されてきれいに三竦み。北勝海は小錦と対戦、左下手投げを決めて漸く熱闘に終止符が打たれた。 北勝海は 6回目の優勝。霧島が大関に昇進。
・優勝決定の一番 決定戦 小錦(寄り切り)北勝海
             霧島(寄り切り)小錦
             北勝海(押し出し)霧島
             北勝海(下手投げ)小錦

 優勝決定戦には千代の富士がおらず、北勝海をはじめとする横綱・大関・関脇の争いである。 抽籤の結果、まずは小錦に北勝海からとなった。行司は伊之助。立ち合い北勝海が頭で当たって両筈で出ると小錦は左上手を取りに出た。北勝海はさらに右から左と果敢に喉を攻めたが、 小錦よく堪えて下から挟みつけ、右から左と両差しとなり、左下手を引いて赤房に寄り進み寄り切った。 小錦は霧島に勝てば優勝なのだが、小錦にとって霧島は苦手だった。行司はこれも伊之助。霧島が脇を固めて出ると小錦は霧島の喉を両手突き、さらに左喉輪で攻めたが、 霧島は右からあてがって押し上げ、喉輪を外して右へ廻り、小錦が頭を下げてなお左から押そうとするところ、霧島は両方から挟みつけ、小錦の右を手繰って左に廻り、左上手を取ってなお左へ廻り込む。 小錦は自分の右に動かれてまごつくうちに霧島は右廻しも浅く取り、東にがぶって寄り切った。 3戦目、霧島は本割で圧勝した北勝海戦に初優勝を懸けたが、北勝海の方も闘志満々で、霧島を寄せつけなかった。 行司は庄之助。霧島が立ってすぐ左前褌を掴んだが北勝海は右喉輪左おっつけで攻勢、 霧島の左が切れると北勝海は両筈で一気に押し出した。北勝海は今度こそ小錦を倒して優勝を決めようと意気込む。 行司は代わらず庄之助。北勝海が当たって右喉輪左おっつけで攻め立て、さらに左喉輪から左下手、右でも前褌を取って東にがぶり立て、 小錦は左足が俵に乗ったが懸命に堪えて左に廻り込む。北勝海は左下手投げを打って向正面になお寄り進み、さらに白房まで寄り立てて左下手投げで投げ転がし、 漸くのことで優勝を決めた。
・好勝負
  2日目 千代の富士(寄り切り)旭道山

 千代の富士は面倒とばかり引っ張り込みに出たが果然両差しを許して慌てる。閂に極めて自らの拳を掴んでいたが、旭道山の寄り身の攻勢にうんざりするばかり。 2分以上の膠着の後、旭道山は思い切って左膝で烈しく切り返す。千代の富士は右首捻りで対抗したが、旭道山の左肘が着いたとはいえ千代の富士の体は宙を大きく舞って背中から倒れ、 どう見ても旭道山に分があった。当然軍配は旭道山に上がったが、これが同体とかで取り直し。 取り直しは右四つとした千代の富士だが、得意の上手投げを下手投げに返され、両差しを許してバタバタ、やっとのことで寄り切ったがあまりに強引すぎて呆れられた。
  6日目 霧島(吊り出し)千代の富士
 千代の富士は勝てば初土俵以来通算 1,000勝の大台に乗るが、大関を狙う霧島の前に完敗を喫してしまった。 千代の富士は例によって左を狙ったが、霧島が右から突いて左おっつけから左を差した。 下手投げから右上手前褌を取り、千代の富士に上手をやらない構えの完成。千代の富士は右上手が取れぬまま吊り合いに 2回応じたが、さらに右上手を欲しがるところに乗じられ、 霧島の豪快な吊りに青房で完敗した。
  7日目 千代の富士(掬い投げ)花ノ国
 立って千代の富士は左を取って右差しを返して絶対不敗の体勢。花ノ国が千代の富士の上手投げを警戒するところ、 千代の富士は右から大きく掬って豪快に決め、通算 1,000勝の大記録を遂に達成した。
 13日目 霧島(寄り倒し)北勝海
 北勝海が頭から当たってくるを霧島受けて右上手を浅く取り、出し投げで崩して頭をつけ、さらに左掬い投げで揺さぶって両差し、赤房に寄って出て左へ切り返し気味に豪快に寄り倒して完勝、 1敗は小錦だけとなり、霧島は 2敗を守って大関が近づく。
 14日目 北勝海(押し出し)小錦
 小錦は両手突き、北勝海はぶちかましで五分に立ち、小錦の右喉輪を北勝海は手繰って左へ廻り込み、なお追ってくる小錦に対しさらに左へ廻り込んだ。 そして横綱は懐に入って両差しから寄り立て、最後は右から押して東に押し出した。これで北勝海・小錦・霧島が 2敗で並んだ。
△平成 2年 5月 優勝 大関 旭富士 正也 14勝 1敗 2
 大乃国は休場。上位陣が初日から揃って連勝する上々の滑り出しだったが、最初に負けたのは千代の富士。 すると途端に他の力士がバタバタと負け出し、13日目を終わって 1敗は千代の富士と旭富士だった。 千代の富士は 7日目安芸ノ島に寄り切られ、旭富士は 8日目千代の富士に寄り切られた。 14日目旭富士は栃乃和歌を突き落として 1敗を守ったが、千代の富士は小錦に押し出され 2敗。 千秋楽旭富士は北天佑を掬い投げに屠って逃げ切り優勝決定。千代の富士は霧島に対し防戦一方、相手勇み足で勝ちを拾ったが、気合が抜けていた。
・優勝決定の一番 千秋楽 旭富士(掬い投げ)北天佑
 旭富士が踏み込んで左差し右おっつけ、北天佑に上手をやらない。それでも北天佑が出てくるところ、左の掬い投げで叩きつけて優勝を決めた。
・好勝負
  7日目 安芸ノ島(寄り切り)千代の富士

 出場している横綱大関全員が皆初日から 6連勝という史上初の快記録を作り、 7日目も大関陣は続々と白星を挙げていたが、 よりにもよって千代の富士が崩れた。千代の富士はなぜか脇を空けて上手を取りにいったが、安芸ノ島は胸に強く当たっていった。 ために千代の富士は上手が取れず、左に逃げて突き落としを見せながら右で頭を押さえた。 だが安芸ノ島としては望むところで、上手を取って充分となる。千代の富士はますます不利、安芸ノ島の左切り返しに崩れてあえなく寄り切られた。
 10日目 旭富士(寄り切り)霧島
  1敗同士、大関同士の好一番は、旭富士の完勝だった。旭富士は強く踏み込んで両手突き、左を差して肩透かしから右差し一気の寄り。 霧島が右を巻き替えんとすると左からおっつけて万全の寄り切りで決めた。
 14日目 小錦(押し出し)千代の富士
 旭富士とともに 1敗で優勝を狙った千代の富士がまたも小錦のために阻まれた一番。 千代の富士が踏み込んで出たが小錦の右突きで横向きとされ、体が伸びたままどんどん突き立てられてまた 4秒弱で土俵を割ってしまった。
△平成 2年 7月 優勝 大関 旭富士 正也 14勝 1敗 3
 大乃国はやはり休場し、霧島が 7日目の安芸ノ島戦で太腿に肉離れを起こして休場。 小錦・北天佑の両大関と横綱北勝海には取りこぼしが多く、前場所と同じく千代の富士と旭富士の争いとなった。 横綱千代の富士は 2敗、 5日目両国、 7日目琴錦にいずれも押し出された。大関旭富士は 3日目両国に寄り切られての 1敗。 そのまま千秋楽、決定戦に持ち込みたい千代の富士と、横綱を決定づけたい旭富士の激突となったが、 長いながらも一方的な相撲で旭富士が勝った。旭富士は連続優勝で、横綱を手にした。 優勝争いの構図は前場所と大差ないが、相撲内容の面では前場所と比べて大きく劣った。
・優勝決定の一番 千秋楽 旭富士(掬い投げ)千代の富士
 千代の富士はどうしたことか随分と早く立った。旭富士はやや遅れて立ち左を引いて左へ左へと廻り込む。 千代の富士は左が取れない。旭富士は左外掛けから黒房に出ようとしたが、千代の富士は上手を引いて堪え、左に廻り込む。 旭富士は左が切れたが抱え上げて正面に詰める。千代の富士は東まで逃れるが、旭富士は咄嗟に左を巻き替えて両差しとなった。 千代の富士の左は廻しを数枚掴んでいるが、右上手は一重、大いに伸びている。旭富士は両上手で正面に攻めた。 千代の富士は堪えて強引に左上手投げ、旭富士は有利の体勢から堪え右から掬い、頭を押さえて体を浴びせて決めた。
・好勝負
  7日目 琴錦(押し出し)千代の富士

 千代の富士は例によって左を狙って立ったが琴錦の左かち上げと右喉輪が思いの外強烈、 千代の富士がなお左を狙うが琴錦は右喉輪左おっつけで猛攻、千代の富士は赤房で琴錦の喉輪を引っ外したが、 琴錦は左で押して向正面に押し出して圧勝してしまった。
○平成 2年 9月 優勝 横綱 北勝海 信芳 14勝 1敗 7
 大乃国がこの場所も休場、また千代の富士が巡業で左大腿肉離れを起こし全休した。 初日北勝海が琴錦に寄り倒されて波乱のスタート。小錦は中盤からまたも崩れた。 北天佑は精彩を欠き、 2勝 4敗から突然引退した。霧島は全勝を続けたが11日目安芸ノ島の掬い投げに敗れ初黒星。 13日目、 3連覇に向けて12連勝中の旭富士が霧島の外掛けに敗れ、 1敗で旭富士・北勝海・霧島が並んだ。 14日目、北勝海が霧島を押し出し、旭富士が小錦を寄り切って、両横綱が 1敗を守ったため霧島の優勝の目はなくなった。 千秋楽の横綱相星決戦は、北勝海が素晴らしい当たりから一方的な相撲で 7回目の優勝を勝ち取った。
・優勝決定の一番 千秋楽 北勝海(押し出し)旭富士
 相星決戦、新横綱優勝を目指した旭富士を圧倒して北勝海が快勝した一番である。 北勝海当たって右喉輪左おっつけで攻め立て、旭富士の右差しを殺す。北勝海はさらに左突き落としで泳がせて右喉輪左おっつけの型、 必殺の猛攻で新横綱を圧倒して赤房下に押し出した。
・好勝負
  2日目 曙(寄り倒し)若花田

 若花田が早く立って両方から押し上げると曙は両手突きから喉輪突き、若花田が左を手繰るが曙はなお喉輪押し。 若花田左に動いて逃れると曙西へなお喉輪、若花田今度は右に逃れるも曙は東に喉輪押し。 若花田左に動いて叩き。曙がまた突くと若花田左から去なし、遂に右四つに組んだ。 互いに両廻しを引き、若花田下手投げと曙の上手投げの打ち合いから、若花田が左からおっつけて向正面に出る。 曙残して左切り返し、曙の右と若花田の左の攻防。曙が頭を押さえて上手投げ、若花田は西で堪えたが、曙なお右喉輪から白房に寄り進み、 若花田の右打っ棄りに対し右で肩を押して上手を引きつけ曙が寄り倒した。凄い熱戦だった。
 13日目 霧島(外掛け)旭富士
 突いて出ると思われた旭富士は意表を突いて左差しの作戦、そして速攻で一気に出ていったが、 左はあまりにも深すぎたようだ。霧島は右上手を引いて左下手も取った。旭富士は右上手が引けず、無理矢理右小手投げにいった。 霧島は待ってたとばかり左の外掛け、鮮やかに決めた。旭富士の連勝は24でストップ、北勝海・霧島とともに 1敗となった。
△平成 2年11月 優勝 横綱 千代の富士 貢 13勝 2敗 31
 大乃国が復帰、どうやら10番勝って面目を施したが、他の上位陣ともども崩れに崩れ、 気がつくと休場明けの千代の富士が連戦連勝、13日目霧島にまずい立ち合いから吊り出されて敗れたが、 14日目旭富士を二本差し頭をつけて慎重に寄り切り31回目の優勝を決定。しかし千秋楽雑な相撲で大乃国に掬い投げで敗れて13勝 2敗。 若手が上位に出てきて盛り上げるかに見えたが、優勝争いが詰まらず盛り上げを帳消しにした。
・優勝決定の一番 14日目 千代の富士(寄り切り)旭富士
 立ち合い千代の富士は狙った前廻しが取れず左に廻って引き、やや危なかったが右差しとし、次いで左も入れて両差し、頭までつける慎重な構え。 さらに旭富士の上手も切った。機を窺い、旭富士が左小手投げを打たんとした瞬間に千代の富士は向正面に出て寄り切り優勝を決定した。
・好勝負
  7日目 安芸ノ島(突き落とし)北勝海

 北勝海は場所前から肩を痛めた膝を痛めたと景気のいい話は全く聞こえてこなかったが、 6連勝と持ちこたえてきた。 ところがこの日は当たっていったところを安芸ノ島に左から払われてバッタリ。これで安芸ノ島は11個目の金星、北勝海の連勝は20でストップ。
 10日目 千代の富士(上手投げ)琴錦
 千代の富士は 9連勝、確かに勝っているとはいえ、稽古は不足している。 迎えた相手が、 7月場所完敗で、さらに 9月場所休場の原因となった琴錦。千代の富士の真の調子を見るには恰好の相手であった。 さて立つや千代の富士は左を引き、出ながら右を入れて白房にグイグイ前進、琴錦が残すところ左上手投げでたたきつけて圧勝、 いやはや驚いた。千代の富士の復調は本物である。
 13日目 霧島(吊り出し)千代の富士
 千代の富士は浅い両差しとなったが霧島の右引きつけが強くて動けず、霧島が左を巻き替えて頭をつける充分の形。 千代の富士は窮して強引に出ようとしたところ、霧島は吊り上げて青房に左へ吊り出して完勝、千代の富士の全勝はまたもストップされた。
 千秋楽 大乃国(掬い投げ)千代の富士
 立って右四つ、両廻しを引いた千代の富士が乱暴にも右外掛け、これで大乃国も上手を取った。 千代の富士は構わず吊りで攻めたが、攻め切れずにまた右の外掛け。大乃国はこれを残して右外掛けで返し、右掬い投げを打って千代の富士の右手を赤房下に着かせた。 4場所全休の大乃国が辛うじて10勝目を挙げたが、相撲は滅茶苦茶だった。
前画面に戻る