平成 3年
○平成 3年 1月 優勝 大関 霧島 一博 14勝 1敗 1
 小錦が初日午後になって休場届を出し初日不戦敗。千代の富士は 2日目逆鉾戦で左腕に肉離れを起こして休場した。 2日目旭富士が曙に寄り倒され、 3日目には大乃国が陣岳に上手投げで敗れた。大乃国は 7日目で 3敗し圏外へ。 全勝の北勝海も 7日目大翔山にひっくり返され 1敗、 こうして 8日目旭富士を破った琴錦が唯一の全勝となったがこれも 9日目大乃国の上手投げに吹っ飛んでから 4連敗で脱落。 1敗の霧島・北勝海、 2敗の旭富士の闘いとなって、13日目、霧島−旭富士は霧島右上手出し投げの勝ちとなり旭富士脱落。 北勝海−大乃国は大乃国が足を滑らせ、引き落としで北勝海。14日目霧島−大乃国は取り直しで打っ棄って霧島が勝つ。 旭富士−北勝海は旭富士の肩透かし決まって北勝痛恨の 2敗目。千秋楽霧島−北勝海の 1差対決は、霧島左四つに持ち込み吊り出して14勝 1敗、初の優勝を飾った。
・優勝決定の一番 千秋楽 霧島(吊り出し)北勝海
 北勝海が頭から当たって浅い両差しとなると、霧島は左前褌を取ったが、右は思わず知らず引っ張り込んでいた。 しかし霧島は右でも前褌を引きつける。北勝海は出たいが動けない。霧島は右から出し投げを打ち、左を入れて頭もつけた。 そして両廻しを引きつけて渾身の吊り、向正面に歩んで堂々吊り出した。霧島は初土俵以来96場所、悲願の初優勝を飾った。
・好勝負
 初日 千代の富士(押し出し)隆三杉

 隆三杉が突っ張れば千代の富士は右足を踏み込んで受け、左へ動いて前廻しを取ると右差し、 左からの出し投げで呼び込んで右筈一つでドンと向正面に吹き飛ばして圧勝、これで千代の富士は幕内 805勝目の新記録を達成した。
  2日目 千代の富士(寄り倒し)逆鉾
 互いに肩(千代の富士右、逆鉾左)で当たり合って千代の富士は左を取り、切れたものの突っ走った。 逆鉾は後退しながらも二本差し、しかし千代の富士は左から抱え、右おっつけで黒房に迫り、逆鉾の両下手から振る右への打っ棄りに浮きかかったが右喉輪でどうにか潰した。 しかし左を取った瞬間に二の腕の筋肉が切れ、翌日から休場した。
  2日目 曙(寄り倒し)旭富士
 曙が得意の両手突きから突き立てて左四つ、上手を浅く下手を浅く引いて寄る。旭富士は右上手を取ったがすぐに切られ、 正面に詰まって左掬い投げから右小手投げで振ったが、曙構わず寄り倒して圧勝した…が、旭富士が左から倒れるのと曙が右肘から落ちるのとが同時に近く、かなり際どかった。
  4日目 若花田(引き落とし)大輝煌
 若花田が一つ待ったして、立つや若花田低く出て左差し右おっつけ、左下手を取って頭をつけた。 大輝煌は右から抱え上げて寄ろうとし、互いに巻き替えて右四つ、大輝煌が左上手充分から吊り身に出る。 若花田は右下手引いて右の蹴返し、大輝煌の上手投げからの寄りに対して右へ廻り込み、大輝煌がまた上手投げから出ると若花田下手投げで堪えてまた右足を飛ばす。 大輝煌はさらに左上手出し投げで若花田の後ろについたが、若花田は向き直る。だが大輝煌はさらに寄る。 若花田は左四つとし、寄り返して相手の上手を切るや逆襲した。しかし大輝煌は右から片閂に極めて左下手投げから寄る。 若花田はまた窮したが、右へ廻り込んで頭をつけ、左筈から寄る。大輝煌が反り身になって堪えるところ、左を抜いて引き落としに決めた。 大死闘、若花田のしぶと勝ち。
  8日目 琴錦(寄り切り)旭富士
 琴錦当たって右下手を取り左のおっつけ、旭富士は琴錦の右をもろに抱える。 さらに旭富士は左を欲しがって腕捻りにいくが、琴錦は左前褌を取って頭をつけた。旭富士は相変わらず琴錦の右を抱えたまま。 数呼吸、琴錦は左から出し投げで崩して両廻しを引きつけ、東へ一気に寄り切った。完勝、琴錦は初日から 8連勝。
 13日目 霧島(上手出し投げ)旭富士
  1敗の霧島と 2敗の旭富士の対戦、旭富士が体当たりに出たが霧島が低く出て左上手を取って右を浅く差す。 旭富士が左からおっつけようとすると霧島は頭をつけた。なお旭富士が左から抱えて右下手を探ろうとするところ、霧島はエイとばかり左から強烈な出し投げを放って鮮やかに決めた。 鮮烈そのもの、見事に決まって旭富士は 3敗で脱落した。
 14日目 霧島(打っ棄り)大乃国
 霧島が早く仕切って大乃国が待った。今度は霧島が低く出て右差し左から絞ると、大乃国は左で抱える。 霧島が下手投げを打つと大乃国は左小手投げを打つ。しかし霧島は左前廻しを取って充分となった。 大乃国は委細構わず寄って青房で左小手投げ、霧島は右下手投げで反撃したがすっぽ抜ける。霧島は左足で踏ん張って一廻転しながら大乃国に乗りかかるようにすると、大乃国の右手が早く落ちた。 しかし、伊之助の軍配は大乃国に上がり、物言いがついて取り直しに決した。取り直し、再び霧島飛び込んで右差し左おっつけ、 対して大乃国が右を捩じ込みながら左で抱えて一気に黒房に出ていった。霧島は下がりながらも左上手を取って土俵際で堪え、 大乃国の寄りを右へ大きく打っ棄れば、大乃国は振り出されて転がった。霧島は 1敗を堅持。
 14日目 旭富士(肩透かし)北勝海
 旭富士が左上手を狙うと北勝海は右喉輪で突っ張る。旭富士は左から去なし、右を差して出る。 北勝海は寄り返そうとするが、旭富士は右から掬った。さらに旭富士は泳ぐ北勝海を右肩透かし、 まだ残す北勝海をさらに左肩透かしで沈めてしまった。北勝海はここにきて痛い 2敗目を喫した。
△平成 3年 3月 優勝 横綱 北勝海 信芳 13勝 2敗 8
  千代の富士が休場、霧島も体が瘠せて絶不振、小錦も負けが込む。 横綱陣も序盤で取りこぼしがあり、13枚目の貴花田が初日から11連勝してしまった。 12日目より小錦・旭富士・琴錦といった上位に当てられて敗れ12勝。 優勝争いは 1敗で北勝海と大乃国が争い、14日目の対戦で寄り倒して北勝海が勝ち大乃国 2敗。 千秋楽、大乃国は霧島のしぶとい相撲に寄り切られ北勝海の 8回目の優勝が決まったが、 北勝海は旭富士の突きに自ら下がって土俵を割ってしまった。北勝海は大乃国戦で左膝を打ち、 相撲を取れる状況ではなかった。もし決定戦になっていたらどうなったろうか。 貴花田の大活躍あり、若手の伸びあり、両横綱の一騎討ちありと面白い要素は多々あったが、 その割に面白かった印象が消えているのは、やはり結末の呆気なさによるものだろう。
・優勝決定の一番 14日目 北勝海(寄り倒し)大乃国
 大乃国は前日に続いて待ったをやる。立ち合いは北勝海が良く、右を差して左からおっつけ、次いで左も入れて両差しから右へ廻る。 大乃国に上手を与えず右を深くして完全に入ると一気に寄り立て、土俵際で必死に堪える大乃国を、右を返して左喉輪でドッと寄り倒した。 全く一方的な内容、大乃国は 2敗となって後退し、翌日も負けて北勝海の優勝は決まった。
・好勝負
  6日目 貴花田(上手投げ)大翔山

 貴花田が頭から突っ込むと大翔山は左から張って得意の右差し、貴花田が右筈から攻めると、大翔山は手繰った。 貴花田が残すと、大翔山は引きを見せる。貴花田はこれも残して右四つから寄る。大翔山は右半身で堪える。 しかし貴花田はなお良い体勢から寄り立て、西土俵で下手投げを打つ大翔山に対して左上手投げ、大翔山が早く左手をついた。 右顔面から落ちて擦り剥いた貴花田は 6連勝、顔面の傷は「勲章」と言われ、高評まさに嘖々たるものがあった。
  6日目 曙(押し出し)小錦
 遂に迎えた、史上初の幕内での外国人力士対決である。曙が右からかち上げて立つと小錦は左おっつけから捕まえようとする。 しかし曙は喉輪で攻め立てる。小錦が下から押し上げて出ると曙は叩いて小錦を崩す。 さらに曙は喉輪で突き上げて左喉輪右おっつけで正面に押し出した。一礼した曙は、初対戦で早くも恩返しを果たした。
 11日目 貴花田(押し倒し)寺尾
 寺尾が先に立って突っ張りから左去なし、貴花田堪えて突き返し、寺尾が左からさらに去なして猛然突っ張るところ、 貴花田突き返して寧ろ突き勝つ。寺尾は突き返してから左で撥き、貴花田がやや泳ぐと右喉輪左おっつけで赤房に追い詰めるが、 反り身に堪えた貴花田は、左上手から出し投げで体を入れ替え、必死に向き直る寺尾を右筈で東に押し飛ばした。 下がりを叩きつけた寺尾の悔しがりようが印象的だが、寺尾の必死の攻勢に対し逆にほぼ優勢に攻めた貴花田はいよいよ本物になってきたものと喜ばれた。
 千秋楽 旭富士(押し出し)北勝海
 大乃国がひどい相撲を取って負け、北勝海の優勝は既に決まっていた。とはいえ、最後に相応しい相撲を取って貰いたいと、 テレビ解説北の洋も切望していたが、立って北勝海が喉輪攻めを見せたものの、旭富士が左からおっつけて右筈に攻めると、北勝海はトトトッと赤房に自ら下がって土俵を割ってしまった。 北勝海は前日左膝を土俵に強打、大乃国が負けるまでは気合が漲っていたが、いざ自らの優勝が決まってみると力が抜け、膝が痛み出したとやら。 兎も角惨憺たる幕切れでこの場所は終わった。
○平成 3年 5月 優勝 横綱 旭富士 正也 14勝 1敗 4
 北勝海・大乃国が全休した。千代の富士は初日貴花田に寄り切られ引退しようとしたものの思い止まり、 2日目は板井に勝ったが翌日貴闘力のとったりに沈んで引退を発表した。 全勝の小錦を 1敗で旭富士、霧島が追った。霧島は11日目曙に押し出されて 2敗となりほぼ脱落。 残る旭富士と小錦が千秋楽に決戦、小錦が左上手を取ったが動かず寄り切られ、決定戦となる。 決定戦は旭富士が肩透かしで小錦を転がし逆転、通算 4回目の優勝を勝ち取った。
・優勝決定の一番 千秋楽 旭富士(寄り切り)小錦
         決定戦 旭富士(肩透かし)小錦

 互いに胸で当たって旭富士が右差し下手、左も入れて下手を取る。 小錦は左上手を取ったが既に上体は立っている。旭富士は真っ直ぐがぶって寄り立て、西に体当たりで寄り切った。 決定戦、小錦が待ったして、立つや旭富士が左変化、左上手を取って頭をつける。 さらに旭富士は右からも絞る。小錦は両廻しとも取れず右を抜く。 旭富士は機を見て左下手から出し投げ(旭富士本人は肩透かしと言い、協会も肩透かしとしているが、実際は下手出し投げだった)、右で頭を押さえて小錦を倒し、逆転で優勝を遂げた。
・好勝負
 初日 貴花田(寄り切り)千代の富士
  2日目 千代の富士(寄り切り)板井
  3日目 貴闘力(とったり)千代の富士

 千代の富士に貴花田は、多くの相撲ファンが待ち設けた対戦であり、千代の富士本人も待っていた。 千代の富士は左から張って上手を取りにいったが、貴花田は頭から出て右を入れ、左からおっつける。 千代の富士は廻しが取れず、引いてみたり左へ腕捻りを引いてみたりしたが、貴花田は左上手を取って出る。 千代の富士は左に廻って叩きを見せるが、貴花田は一気に前進、左渡し込みを見せながら雪崩れ込んで黒房に寄り切った。 貴花田は最年少金星、千代の富士時代の終焉を告げる相撲と考えられ、貴花田の時代到来とは言えないが、新しい時代が訪れたことを感じさせた。 さて千代の富士はサッと引退しようとも考えたが、師匠(北の富士)にいち早く激励されてはやるしかない。 思い直して板井戦に臨んだ。板井が突っ張ると千代の富士は右から引っ張り込もうとしたが、板井はなお突き放す。 千代の富士は捕まえようとしたが苦労、漸く右差し左上手を取って東に寄り切った。 千代の富士は勝ったが左を取るのに苦労、自分の相撲が取れていないと悟ってやはり引退の意を固めた。 あと 1つ負けたら引退と決めて出た 3日目、千代の富士は踏み込みなく上手を狙ったが、 貴闘力は右喉輪左おっつけで出る。千代の富士は西に詰まりながら左に廻って右を手繰る。 貴闘力は泳いだが残す。千代の富士は左から引っ張り込んで右を強引に入れながら向正面に出ようとすると、 貴闘力はその右を取ってとったりの奇襲、千代の富士は大きく飛んで敗れ、散った。
  5日目 安芸ノ島(肩透かし)旭富士
 旭富士が両手突きから左差し、右をも入れようとしたがこれは安芸ノ島がおっつけて許さない。 旭富士は右上手をやっと取り、白房に出ると、安芸ノ島は左から掬い、さらに肩透かしを引いて這わせた。 安芸ノ島は金星13個目、不滅と思われていた高見山の記録(12個)を塗り替えた。
×平成 3年 7月 優勝 前13 琴富士 孝也 14勝 1敗 1
 大乃国が軽い相撲で 4勝 4敗となり引退。北勝海・旭富士もまた力なく、千秋楽には 8勝 6敗同士の横綱戦となって見る者を落胆させた。 15日制下で複数横綱が皆勤して、全て一桁白星に終わったのは初めてのこととなる。 10日間を終わって優勝を争うのは、全勝で 4日目から単独トップの13枚目琴富士、 1敗で 8枚目の逆鉾。11日目逆鉾は小錦に寄り切られ諦めてしまい後退。 琴富士は10日目大関霧島を赤房に寄り切る。11日目琴富士は横綱旭富士の右四つ寄りを左巻き替えから振って吊り出し。 12日目、全勝琴富士− 2敗小錦の大一番は 3分余の大熱戦の末琴富士の右上手投げに凱歌、この時点で 1敗、 2敗ともになかった。 琴富士は13日目関脇貴闘力を右四つから寄り切って早々と優勝を決め、14日目に敗れたが14勝 1敗の独走優勝であった。 関脇以下が13日目に優勝を決めたのは、優勝決定戦制度ができて以降の15日制時代では初めての記録である。 煎じ詰めれば14勝の琴富士と11勝の貴花田だけの本場所で、甚だ物足りなかった。
・優勝決定の一番 13日目 琴富士(寄り切り)貴闘力
 頭で当たり合って貴闘力が両筈押しを見せるところ琴富士が思い切って右から引っ張り込んで動きを封じた。 貴闘力は両差しとなったが、琴富士は一旦閂に極めてから左を差し込む。貴闘力は右で内無双を切るが琴富士難なく残し、右から攻めて充分の上手を取った。 さあ館内は沸いた。琴富士は充分の体勢からがぶって向正面に寄り切り、13日目にして早くも優勝を決めた。
・好勝負
 初日 曙(押し倒し)大乃国

 曙が左から右と喉輪で攻め立てると大乃国は忽ち東に後退、曙はさらに突き進んで右喉輪を伸ばすと、 巨体を持つはずの大乃国はひとたまりもなく東土俵下に消し飛んでしまった。再起途上で前場所全休して一頓挫した大乃国の「再再起」の出端は、あっさりと挫かれてしまった。
  8日目 安芸ノ島(押し出し)大乃国
 大乃国は右を浅く入れて左から引っ張り込もうとしたが、安芸ノ島低く入って左のおっつけ。 大乃国はいきなり肩透かし気味にまともに引いた。安芸ノ島はつけ入ってそのまま青房に押し出した。 この場所に限って言えば大乃国も旭富士も 4勝 4敗なのだが、既に背水の陣を敷いていた大乃国は引退していった。
  8日目 貴花田(送り出し)北勝海
 北勝海が当たって右喉輪左おっつけで押し立て攻め込むと、貴花田は右へ廻り込みながら左を覗かせ右からおっつける。 正面土俵北勝海が左差し右上手で攻めるが貴花田腰低く堪え、北勝海の強引な上手投げを残して右攻めで逆襲、左下手投げから後ろにつき、右首投げを外して向正面に送り出した。 貴花田は好調で 2横綱 1大関を破り、内容も良くて高い評価を得たが、小錦に負け、大乃国にも負け、巨漢封じの対策だけがやや遅れていることを示した。
 10日目 琴富士(寄り切り)霧島
 11日目 琴富士(吊り出し)旭富士
 12日目 琴富士(上手投げ)小錦

 琴富士大進軍の軌跡である。 9戦勝ちっ放しの琴富士が霧島に当てられたが、琴富士は両手突きで起こして右上手を取って左差し、 頭をつけて上手投げから左差し手を返しての一気の寄り、霧島の左下手投げに構わず寄り切って依然勝ち続ける。 11日目は横綱旭富士戦である。琴富士思い切って当たり左おっつけ右喉輪で押し上げるが、旭富士何とか堪えて得意の右四つ、 両廻しを引きつけて西に寄り立てた。しかし琴富士は下がりながら左を巻き替えるなりエイと左後方へ振った。 旭富士はいとも簡単に浮き上がって吊り出された。琴富士は11個の白星を連ね、いよいよ最難関の小錦戦を迎えた。 小錦は 2敗であった。琴富士やや逸って突っかけ、小錦が待った。今度は合わせて立ち、琴富士が突っ張ると小錦も突っ張り、 琴富士はやや突き負けたが右に動いて左四つとした。琴富士は両廻し充分、小錦は上手が取れず欲しがる。 琴富士はあくまで上手をやらず、投げに捻りと揺さ振りをかけた。さらに琴富士は右を巻き替えて両差し、下手を引いてがぶり寄りを見せる。 小錦は左上手だけで向正面を左へ廻って寄り返し、上手を放して極めようとする。琴富士はこれを堪えて左外掛けからなお白房に寄り立て、小錦の左巻き替えに乗じてさらに寄り、 なお小錦が堪えるところ右上手投げで転がして熱戦を制し、優勝に王手をかけた。幕内下位でも勝ち込めば上位と当てることになってから23年になる。優勝した多賀竜は若嶋津に勝った。 3月に11連勝した貴花田は大関小錦・横綱旭富士に完敗、関脇琴錦にまでも敗れ、「平幕優勝を潰す悪制」と感情的に批判した連中も出たが、琴富士の横綱大関戦 3戦 3勝を目の当たりにすれば、 幕内優勝の価値も分かろうし、かかる愚かしい批判が如何に戯けたものかが容易に理解できよう。
 14日目 貴花田(寄り切り)琴富士
 この場所の主役の対戦。仕切り 2回目で早くも立って当たり合い、突っ張り合いは琴富士が勝って左四つとなった。 しかし貴花田は右からおっつけて上手を取り、両廻しを引いていた琴富士の右上手を左筈で切った。 さらに貴花田は頭をつけて引きつけ、吊り身に出て西土俵に寄り切った。貴花田はこれで新三役で10勝、琴富士の全勝優勝を阻んだ。
×平成 3年 9月 優勝 前5 琴錦 功宗 13勝 2敗 1
 北勝海が休場、旭富士は慢性膵炎再発で途中休場など休場・引退・廃業が続出した。 土俵は小錦が 3日目で 2敗、終盤まで何とかそのままきたが、12日目苦手の安芸ノ島に突き落とされて 3敗目となった。 霧島も中盤で 3敗して届かなかった。結局 5枚目の琴錦がほぼ独走のような形で、千秋楽舞の海を瞬く間に押し出して優勝。 場所の次元が下がった要因として若花田の上位陣総なめの大活躍が挙げられる。
・優勝決定の一番 千秋楽 琴錦(押し出し)舞の海
 舞の海は新入幕ながら、しぶとさを評価されて「止め男」に起用された。 しかし琴錦は「変化の権化」舞の海にも容赦せず、頭から突っ込んで右かち上げ左突き放しで西へ出た。 舞の海は胸を出して出たのでまともに受けて吹っ飛び、そのまま突き飛ばされた。琴錦は圧勝で優勝を決めた。 史上初の 2場所連続平幕優勝、さらに同部屋連続平幕優勝である。
・好勝負
 初日 琴錦(引き落とし)小錦

 琴錦が頭から出て喉輪や筈で押しまくり、両筈で赤房土俵際まで攻め込んだ。 小錦が堪えて逆襲しようとする端、今度は琴錦大きく後退、小錦の右腕を引いて右へ廻って引き落とした。
  2日目 若花田(上手投げ)旭富士
 若花田が低く当たる。旭富士が両差しを狙いながら出ると、若花田は左を入れて右上手を取る。 旭富士が右を巻き替えると若花田は左からおっつけ、出ると見せて右上手投げを連発、豪快に横綱を叩きつけた。若花田圧勝、初金星。
 14日目 若花田(寄り倒し)舞の海
 舞の海が右で張って左上手を取り、右からおっつける。若花田は右を入れて上手を切り、舞の海が得意の左差しを狙うと叩いた。 舞の海は残して左差し、喰い下がろうとする。若花田は左から起こす。舞の海は右から絞って振りほどくが、若花田が寄る。 舞の海は残し、若花田の叩きにつけ込んで右から渡し込み気味に足を取る。若花田はしぶとく堪えて左上手を取り、正面に出た。 舞の海は土俵際で右に打っ棄ったが、右足が先に土俵を割った。激しい攻防のある好一番である。
△平成 3年11月 優勝 大関 小錦 八十吉 13勝 2敗 2
 旭富士が休場、北勝海が稽古不足のまま初日を迎えたがやはり途中休場した。 土俵は 1敗で小錦、 2敗で琴錦という優勝争いとなった。14日目の直接対決は、小錦が何を思ったかいきなり叩きにいき、琴錦がそのまま押し出した。 千秋楽、琴錦は若花田戦であったが、突っ張り合いの末押し倒され、左足首靭帯損傷という大きなおまけまでついて 3敗。 小錦は霧島を抱え込んで真っ直ぐ押し出し、 2年振り 2回目の優勝を飾った。
・優勝決定の一番 千秋楽 若花田(押し倒し)琴錦
             小錦(押し出し)霧島

 琴錦が連続優勝すれば関脇を飛び越して大関に特進ということになって注目される千秋楽である。 そのためには若花田戦を突破せねばならない。若花田が低く出ると、琴錦は飛び込まれて引いた。若花田は泳いだが残して突っ張る。 琴錦が応戦すると若花田は叩いた。さらに若花田は続けて右上手出し投げ、琴錦が向き直るところ白房に押し倒した。 琴錦は 3敗目、おまけに古傷の左足首を捻挫して夢は消えた。小錦が勝てば優勝が決まる。立ち合いは霧島が頭を下げて左を狙って突っ込んだ。 対する小錦は左かち上げ、そしてもろに抱え込んで青房に進み、胸をドンと突いて押し出した。 これで小錦の優勝はすんなり決まった。
・好勝負
  3日目 武蔵丸(押し倒し)旭道山

 旭道山は新入幕相手に右へ飛んで蹴手繰ろうとした。しかし武蔵丸は構わず両手突き一発。 旭道山は大きく飛んで仰向けに落ちた。軽量とはいえ幕内力士が高々と吹っ飛んでしまった。武蔵丸の恐ろしい剛力。
  9日目 貴ノ浪(上手投げ)琴錦
  1敗同士、貴ノ浪は新入幕である。琴錦は頭から飛び込んで素早く易々と両差しとなって一気に出た。 貴ノ浪は右から引っ張り込んでスーッと向正面に下がり、左上手を引きつけ体を廻して上手投げ、琴錦は行司溜まりに投げ倒された。 新入幕貴ノ浪は前場所優勝者琴錦をこともなげに破り、あっさりと勝ち越した。
  9日目 小錦(寄り倒し)安芸ノ島
 小錦が突っ張ると安芸ノ島は低く入って右差し、小錦は左上手を引きつける。安芸ノ島は左でおっつけ、右から蹴返し、さらに左を巻き替えて両差しとなった。 しかし小錦は慎重、右も上手を引きつけて白房にズン、ズンと歩んだ。土俵際、棒立ちながら懸命に堪える安芸ノ島は打っ棄ろうとしたが、小錦は落ち着いてのしかかり、まともに寄り倒した。 小錦は苦手安芸ノ島に慎重な攻めで完勝し 1敗を守ったが、安芸ノ島の粘りにも改めて驚かされた。
 11日目 舞の海(内掛け)曙
 曙が見て立つと舞の海はぬっと胸を出して立つなりいきなり沈み込んで左差し右おっつけの体勢となった。 曙は右上手を取る。舞の海は右で外枠に足を取り左で内掛けを掛ける三所攻めを敢行、曙が上手から引き上げようとするが、 舞の海はさらに三所攻め、曙は両上手を取って左上に吊り上げようとしたが、左内掛けを外せず右後ろにドッと倒れた。 舞の海の予定通りの攻め、33cmの身長差を克服した一番。
 14日目 琴錦(押し出し)小錦
 小錦は勝てば優勝の大一番、余り緊張はしていないように見えたが、その実ひどく緊張していたらしい。 琴錦が鋭く突っ込むと、小錦はいきなり両手で上から押し潰しに出た。これがまたひどくまとも。 琴錦も危なく潰れそうになったが、どうやら飛び込んで両手で腹を押し上げ西に押し出した。 これで小錦は呆気なく 2敗となり、優勝決定は千秋楽に持ち越された。実況の「小錦叩いてしまいました」の声が虚しく響いた。
前画面に戻る