平成 4年
△平成 4年 1月 優勝 前2 貴花田 光司 14勝 1敗 1
 横綱北勝海が全休、また横綱旭富士は初日曙に完敗、 3日目若花田を充分に組み止めながら下手投げを喰い、 無念の引退となった。大関小錦は 262kgの巨躯を持ちながら、 5日目貴花田に打っ棄られるなど取りこぼしがあり12番。 土俵は 3日目曙に敗れた貴花田と、 2日目小錦に敗れた曙が 1敗で争う。12日目、曙が苦手の琴錦に敗れて痛恨の 2敗目。 貴花田はだいたい長めの相撲を取ったが、それでも当たる力士を蹴散らし千秋楽には三杉里を二本差しから寄り切って初の優勝を飾った。 曙は13勝 2敗。しかし横綱がいないとはいえ 2大関がいてやすやすと優勝をさらわれた上に準優勝にも当たらぬとは、角界の先は暗い。
・優勝決定の一番 千秋楽 貴花田(寄り切り)三杉里
 三杉里が 1回突っかけた。立って貴花田が右から踏み込んで突っ張ると三杉里はこれを捌いて右四つに持ち込まんとしたが、 貴花田は応じて上手下手を与えない。さらに機を見て貴花田、スパッと巻き替えて両差しとなるや両下手を引きつけ白房に腰を割って出る。 三杉里は抱えて堪え、右から小手投げを振ろうとしたが、貴花田は動ぜず右から絞って寄り切って決めた。貴花田戦無敗の三杉里が異常に緊張していて、 当事者のはずの貴花田が極めて冷静に事を運んだという印象、逃げ切って初優勝を飾った。
・好勝負
  3日目 若花田(下手投げ)旭富士

 初日から惨澹たる土俵の旭富士である。立ち合い若花田は低く出た。旭富士は左を差し、右は抱える恰好から捻じ込もうとした。 若花田は左下手を取って出し投げ、さらに両前褌を引き、右から蹴返しにいった。この蹴返しは効かなかったばかりか隙を作った。 旭富士は乗じて左上手右下手を引き右四つ充分、こうなって西に出ようとした瞬間、若花田は捨て身の右下手投げ、旭富士は大口を開けて右手から土俵に倒れて 3連敗を記録、引退していった。
  5日目 貴花田(打っ棄り)小錦
 貴花田が踏み込んで左前褌を狙うと小錦は右かち上げで出て挟みつけ、右喉輪で出ていく。 貴花田は後退しながらも喉輪を外して両差し、白房で小錦が無理矢理寄り倒そうとするところ貴花田は左からの掬い投げ、 小錦は左足が返って左膝からゴロリと横転した。小錦は勝ったと思ったらしいが、それにしては微妙といえるほどのものでもなく明らかに早く転げていた。
  6日目 貴闘力(寄り倒し)舞の海
 珍相撲。貴闘力が西土俵際に仕切り、立って左張り手を見せながら突っ張り。 舞の海は腰を落として左半身の恰好で右へ右へと逃げ廻り、左で貴闘力の右足を取って脅かし二本差す。 貴闘力は左で首を抱え、右では小手に巻き、舞の海の胸の前で手を組んで極め、白房に出る。舞の海は土俵際、左下手を取って居反りを試み、 さらに右に逃げて襷反りをもやった。貴闘力は左足が上がって、風の吹き流しの形になって危なかったが、どうにか寄り倒した。
  7日目 舞の海(内無双)北勝鬨
 舞の海は右手を出すなり左上方に高々と舞い上がり、ぶちかまそうとした北勝鬨の右後ろに飛び降りる。 北勝鬨は暫しキョロキョロしてやっと向き直るところ、舞の海は左を差して充分、右から絞って、北勝鬨が強引に出ようとするところ、 右手を飛ばして無双を切る恰好、北勝鬨の両足が揃うところ引き落として決めた。「飛ぶ」とは元来立ち合いの去なしを差すが、高く舞い上がるなど以ての外、 特に読まれると一気に押され(事実舞の海は着地前に喉輪を受けて一気に押し出されたこともある)危険だが、意表を衝いて相手を慌てさせることで勝ちを掴んでいる。 壇ノ浦における義経の働きになぞらえ、八艘飛びと名づけられた。
 14日目 曙(押し出し)霧島
 貴花田は琴の若を破っている。曙は負けると貴花田の優勝を決めさせてしまうため必死の土俵であった。 霧島は頭を下げて出るが、曙はドッと両腕を伸ばして突き放す。霧島は上体が起きる。 曙は続けて突っ張りを見舞い、右喉輪で白房に押し出した。曙は12勝目を挙げて優勝争いを千秋楽まで繋ぐ。
◎平成 4年 3月 優勝 大関 小錦 八十吉 13勝 2敗 3
 曙に大関の期待がかかったが、場所前の風邪で鋭さを欠き 8番に止まった。横綱北勝海が 3日目から休場。 土俵は 7日目まで全勝の小錦と安芸ノ島が 8日目に対戦、安芸ノ島が下手捻りで勝った。 翌 9日目小錦は連敗、安芸ノ島も 9日目から 2連敗した。ここで霧島と栃乃和歌が並ぶ。 そのまま千秋楽に雪崩れ込み、恐らく決定戦になるだろうとみられたが、安芸ノ島が無謀な攻めで琴錦に寄り倒され脱落。 栃乃和歌も水戸泉に完敗。結局結びの大関対決に優勝が懸けられ、小錦が一気に霧島を寄り倒して 3回目の優勝を飾った。 小錦は突っ張りをあまり出さず、捕まえて寄る安全策が図に当たって優勝に結びついたが、安芸ノ島と栃乃和歌に負けた相撲の内容が内容のため不安視されている。
・優勝決定の一番 千秋楽 琴錦(寄り倒し)安芸ノ島
             水戸泉(上手投げ)栃乃和歌
             小錦(寄り倒し)霧島

  2敗が 4人、安芸ノ島・栃乃和歌の勢いや内容から見てまず決定戦の実現は堅いと考えられて注目された千秋楽である。 三役揃い踏み直前の一番に安芸ノ島は登場した。琴錦の両手突きに対し安芸ノ島は低く出て左右から挟みつけ、さらに右の喉輪で珍しくも柄に合わぬ速攻を披露した。 しかし慣れないことはするものではないということか、両差しになられて左へ逃げられた。安芸ノ島は右で抱えて左で首を巻くという、得意ながら最悪の体勢。 琴錦は右下手投げからドッと寄り倒してしまった。次の一番、三役揃い踏みを挟んで栃乃和歌の出番である。 栃乃和歌は低く出ていったが、水戸泉も小錦のために気合充分、右から張って左四つ右上手の絶好の恰好となった。 水戸泉は当然寄りの猛攻、栃乃和歌は左下手投げを打って廻り込み、水戸泉が両廻しを引きつけて出るところ右上手を浅く取って逆襲したが、 水戸泉には余裕がある。得意の右上手から投げ捨てて白房下で快勝した。水戸泉の目配せに応じた西控えの小錦は、いよいよ優勝を目前にして気合を入れ直した。 曙−貴花田戦の後の結びの一番、大関同士の相星決戦である。互いに頭で当たり合ったが、霧島はやや左後方に下がって引いた。 しかし小錦は難なくついていって喉輪から左右で抱え込み青房に驀進、霧島が左下手投げにいったが構わずのしかかりドッと寄り倒した。 かくて、 4人の候補者が残った優勝争いは、すんなりと小錦が優勝してめでたく終了した。
・好勝負
  2日目 久島海(寄り切り)北勝海

 北勝海は前場所全休してこの場所登場したが、実際のところは相撲どころの状態ではなかった。 初日にも完敗して迎えた 2日目も右を引っ張り込まれて為す術なく、力なく赤房下に出て連敗して休場、 再調整して再起を期することとなった。
  8日目 安芸ノ島(下手捻り)小錦
 勝ちっ放し同士の一番、小錦は苦手の安芸ノ島と対戦したが、先に右差し左おっつけから前廻しを許す棒立ちの体勢にさせられてしまった。 小錦は右差しを阻まれ、右から抱えて左上手を取ったがどうにもならない。安芸ノ島は寄り身を見せて、 さらに反動を利して右から思い切り捻って見事に転がした。まさに俵投げの如し。 小錦は翌日も 2敗の栃乃和歌に敗れて並ばれ、大一番に弱いところを曝け出した。
  9日目 霧島(下手出し投げ)安芸ノ島
 勝ち越し第一号の安芸ノ島は 2敗の大関霧島と対する。霧島は右脹脛を痛めていて初日から連敗、 全く気力の欠片もないような負けっぷりで心配されたが、ようよう立ち直ってさらに 6日目には不戦勝を戴いた。調子は上向きである。 安芸ノ島、低く立って左上手を素早く取り、右下手も取って出た。霧島は廻しが取れない。 安芸ノ島は右を切られたが体勢をなお下げて右を取り直し、ジリジリと白房に詰めた。 霧島は棒立ち、爪先立ちの体勢となったが、やっと右下手を取り、左を巻き替え下手を取った。 安芸ノ島はなお寄る。霧島は懸命に堪える。この時間が随分長かった。そして、霧島が左を抜くなり右から出し投げを一閃、 安芸ノ島はたまらず前に倒れた。霧島の大大逆転劇、物凄い粘りだった。
 11日目 栃乃和歌(上手投げ)貴花田
 貴花田は低く出て左おっつけを見せてから突っ張りに転じたが、栃乃和歌は突き返して右喉輪で押し、 頭を下げて右おっつけ左喉輪で逆襲した。貴花田は土俵に詰まったが右おっつけから右へ廻り込み、右上手を取ってなお逃れる。 しかし栃乃和歌は左を差して右おっつけの得意の形から一気に寄り、浅く引いた上手から豪快に叩きつけ正面で快勝した。
 14日目 起利錦(不戦)若花田
 千秋楽 三杉里(不戦)起利錦

 この場所若花田は白星を取れず、 5日目に左肩を捻挫し途中休場、11日目から再出場したが無理で14日目から休場した。 これにより 7勝目を挙げた起利錦は勝ち越しに王手を掛けたが、千秋楽の朝稽古で左足小指を骨折し、千秋楽休場して負け越した。 不戦勝翌日不戦敗は大錦以来であるが、それが14日目と千秋楽で、しかも給金直しが懸かっていたということから、珍記録に「彩り」を添える結果となった。
 横綱北勝海が場所 2日前の 5月 8日突如引退した。 3月も途中休場した北勝海は、再調整して再起を図るということになっていたが、 5月場所が近くなっても体調は一向に上向かない。 7日、北勝海は記者会見を開いて出場を言明したが、旧師匠の陣幕(北の富士)は納得しない。 翌日(取組編成会議当日)、陣幕は北勝海に尋ねたが、出ると決めた北勝海は自信がないと言う。 さらに北勝海は、さらに休んでも結果は同じだと言う。陣幕は腹をくくった。すぐさま理事長(佐田の山の出羽海)の許へ直行、 相談の上、北勝海の引退が決まった。編成会議は朝10時からで、その直前の決定である。 「再」記者会見は正午から始められたが、まさに青天の霹靂というべきものであった。ここに横綱は誰一人としていなくなった。
△平成 4年 5月 優勝 関脇 曙 太郎 13勝 2敗 1
 横綱不在。また大関小錦は 5日目から 4連敗して崩れ、大関霧島は初日から 3連敗して休場。優勝争いは関脇曙と 7枚目の若花田の争いとなった。 曙は 3日目小錦・12日目安芸ノ島に敗れて12勝 2敗。若花田は 2日目三杉里・ 4日目巴富士・10日目小錦に敗れて11勝 3敗。 千秋楽の結び前に両者が決戦、突っ込んだ若花田に対し強烈な突き押し10発で若花田を押し倒した曙が13勝 2敗で初優勝、場所後に大関昇進。 活きのいい若手が揃ってきたが、困ったことに相撲の内容はだんだん淡泊になりつつある。
・優勝決定の一番 千秋楽 曙(押し倒し)若花田
 懸賞実に18本、若花田が勝てばこの両者で決定戦、曙が勝てば初優勝という大一番であった。 曙が気合良く出て両手突き、若花田も鋭く突っ込んで右おっつけから右を入れようとする。 曙は両手で顔面を突き立てて攻勢、若花田は左筈で堪えて右前廻しに手を掛けた。 しかし曙は全く構わず猛烈な突っ張りで正面青房寄りに追い詰め、左に廻り込もうとする若花田を両手でドンと豪快に押し倒し、初優勝と大関を手中に収めた。
・好勝負
  5日目 久島海(突き落とし)小錦

 小錦は立ち合いが早すぎてまごついた。久島海はそこに当たっていき、両手突きにいった。 小錦ははね上げて両差しとなるやドカドカ出た。久島海は後退したが頭を下げ、黒房下で左から小手投げにいった。 小錦は左手から倒れてしまった。久島海の右足も土俵を割ったが、やはり小錦の倒れるのが早かった。 小錦は「待っただと思った」の「行司が止めるべきだ」のとまくし立てたようだが負けは負け、ここから 4連敗と崩れ 9勝 6敗とは実に悲惨な…。
  6日目 貴花田(寄り切り)北勝鬨
 貴花田はこの場所好調とは言えなかったがこの相撲は見事な相撲だった。 頭で当たり合って北勝鬨が勝り右おっつけから右差し、左おっつけから寄り進む。 貴花田は左おっつけ、対して北勝鬨は右喉輪から左四つとしなお出た。貴花田は右から掛け投げを打ち、さらに右首投げで逃れようとするが、 北勝鬨は両差しで喰いつき、両下手を引きつけ寄り詰め、左下手投げで吹っ飛ばそうとした。 事実貴花田は吹っ飛んだが、これを残した。北勝鬨はなお追って右喉輪攻め、貴花田はこれも辛うじて堪えて左おっつけから廻り込み、 右下手を取り左も入れて両差しとなり、向正面に遂に寄り切った。これだけの内容がたったの20秒余りで演じられたという濃密なる大熱戦、 テレビで見ていた時津風(豊山)が興奮の余り椅子から転げ落ちたと伝わる。
  9日目 若花田(逆とったり)久島海
 若花田の踏み込みが良く右からおっつけて差し、左も入れて出た。 久島海はこれを左小手投げで堪え、正面でとったりを放って捻じり倒す狙い。軽量若花田は傾いた。 しかし若花田は右を抜いて逆とったりの逆襲で真下に引き倒した。一種の捨て身技だが、やはり下半身の強靭さが大いに物を言った。
 13日目 曙(押し倒し)琴錦
 10戦して 2回しか勝てない苦手の琴錦を相手に迎えた曙、優勝を目指す上で大きなポイントとなる一番である。 琴錦は例によって頭を下げて突っ込む。しかし曙は得意の両手突きで起こすや出る。 琴錦は仰け反ったが右へ廻り込む。曙は構わず左喉輪から右筈、さらに右からおっつけて押し倒し圧勝し、優勝に大きく前進した。
×平成 4年 7月 優勝 前1 水戸泉 政人 13勝 2敗 1
 新大関曙が右足小指骨折で休場となり、優勝争いは 6日目にして水戸泉が単独トップに立つ。 8日目水戸泉が 1敗したが 9日目再び単独トップ。さらに10日目に敗れたにもかかわらず12日目には 3度目の単独トップ。 そして14日目、 3敗で並んでいた武蔵丸・小錦・霧島が揃って敗れ、貴ノ浪を破った水戸泉が優勝を決定した。 水戸泉の最終成績は13勝 2敗であった。欧州帰りのため稽古不足がひどく目立ち、怪我人続出で滅茶苦茶な場所だった。
・優勝決定の一番 14日目 水戸泉(上手投げ)貴ノ浪
 貴ノ浪は当たって両手を出して突いたあと、頭を下げて両前廻しを狙う貴ノ浪としては珍しい恰好。 しかし水戸泉は全く構いつけず左を差して返し、右上手も素早く取った。左下手は深い位置で取っている。 ところが貴ノ浪は右が万歳なのにそのまま白房に出てきたので水戸泉はたじろいで後退、貴ノ浪はさらに右上手を取って寄り切ろうとする。 水戸泉は右に廻り込もうとしつつ懸命に堪える。貴ノ浪は面倒と左から外掛けにいったが、高かった。 水戸泉はやや反り身になって右から上手投げを打って振り出した。こうして水戸泉は 2敗を守った。次の相撲で武蔵丸は寺尾に弄ばれて敗れ、 2番おいて小錦は大の苦手安芸ノ島に完敗、結びは霧島が強引に上手投げを打ったがついてこられて琴錦に寄り倒された。 かくて水戸泉の優勝は14日目で決定、水戸泉は支度部屋で号泣涕泣した。
・好勝負
  5日目 武蔵丸(下手投げ)若花田

 武蔵丸が突っ張ると若花田は仰け反ったが必死に堪え右を覗かせる。 武蔵丸は嫌ってなお突っ張ると、若花田も突っ張り返したが、武蔵丸が勝って出る。 若花田は武蔵丸の左を手繰って廻り込み、左四つに持ち込んだ。さらに若花田、右上手投げを立て続けに放って武蔵丸を振り廻すが、 武蔵丸はよく残した。若花田は頭もつけ、右から切り返した後、若花田が右から上手投げ、武蔵丸が左の下手投げで競り合って白房下で縺れた。 軍配は武蔵丸に上がって物言いはなかったが、微妙だった。
  9日目 水戸泉(寄り切り)武蔵丸
  1敗同士、水戸泉としては容易ならぬ相手を迎えた。立って武蔵丸はいつものように両手突きから右おっつけ去なしを織り交ぜて突っ張る。 水戸泉は土俵に詰まったが左半身の形で右へ廻って堪え、左を下から差して返すなり右おっつけから上手を引いた。 こうなっては水戸泉、逆襲して白房にドッと寄り切った。
 13日目 水戸泉(小手投げ)琴錦
 前日 3回目の単独トップに立った水戸泉は、やや苦手と思われる琴錦戦を迎えたが、一発で粉砕した。 琴錦は右かち上げでぶち当たったが、やや顔を左に向けていた。そこに水戸泉のぶちかましが突き刺さったのである。 琴錦は水戸泉の頭を右の顎に受け、左足が流れて右膝からあっさりと崩れてしまったのである。 一応水戸泉が両方から抱えていたので決まり手は小手投げとなったが、頭突きで勝負はついていた。
△平成 4年 9月 優勝 小結 貴花田 光司 14勝 1敗 2
 大関曙が戻ってきたが、 3日目旭道山の腰投げのような下手投げで敗れ、 5日目からは 5連敗。 3勝 6敗になったとき大関陥落が懸念されたが、あとをまとめて 9勝でおさめた。優勝を争うべき他の 2大関もさっさと圏外へ去り、 霧島は右肘を壊して負け越し。優勝を争うのが小結貴花田と 8枚目大翔鳳だけという貧弱な内容となり、 12日目に星 2つの差がつき14日目に貴花田の優勝が決まった。貴花田の 1敗は 5日目大関霧島の内掛けに刈り倒されたものであるが、 これは霧島の見事な相撲だった。さて貴花田は立ち合いが鋭くなって成長を跡づけたが、 相手を見ずに突っかけることが 4回に上り、その後の恣意的なる立ち合いの兆しも顕れた。 相撲内容は良かったが、優勝争いは全く詰まらなかった。
・優勝決定の一番 14日目 貴花田(送り出し)武蔵丸
 貴花田は相手を見ず突っかけてやり直し、これが目立つ貴花田はこの場所 4回目の突っかけ。 2度目は武蔵丸が突っ張れば、低く鋭く出た貴花田は上体を起こされて後退した。 しかし武蔵丸の突きを堪えてはね上げ、左で手繰って逃れ後ろに廻って黒房に送り出して優勝した。
・好勝負
  5日目 霧島(内掛け)貴花田

 短時間ながらこの場所一番の相撲と言っていい。互いに鋭く踏み込んで貴花田が左で張り左四つとなった。 両者両廻しを引いて一呼吸と見る間に霧島が両廻しを引きつけて左から僅かに振った。 本当に僅かな振りに対し、貴花田が型どおり右に体を寄せにかかった。その瞬間、霧島は右も引きつけて左足をサッと掛けた。 これが実に理想的な位置に掛かった。貴花田はたまらずドウと倒れた。全く讃嘆すべき見事な内掛けである。 霧島の仕掛け、貴花田の反応、さらに続けた霧島の決め。全てが渾然一体をなした天晴れな好勝負であった。
 12日目 貴花田(寄り切り)大翔鳳
  1敗貴花田と 2敗大翔鳳の対戦は初顔合わせである。立ち合いは貴花田が左に変わって上手を狙う。 大翔鳳は突っ張って右喉輪で攻めたが、貴花田は左上手を取って右四つ、両廻しを引きつける。 大翔鳳が再三上手を取るが全て右筈で切り、腰を入れて寄り進んで上手投げから正面に寄り切った。 段違いの内容、変化を除けば満点の出来。
 13日目 舞の海(三所攻め)琴富士
 舞の海は右手を出してから身を沈めて左下手、右で前褌を取って充分の体勢を築く。 琴富士は喉を押すが舞の海は動じない。琴富士はさらに右上手を取ったが棒立ち、舞の海は一揺すりしてから、 右で外枠に足を取り、左からは内掛け、頭を下げて靠れ込み、三所攻めの珍技を完成させた。
△平成 4年11月 優勝 大関 曙 太郎 14勝 1敗 2
 貴花田の大関取りが焦点とされたが初日から 4連敗で消散した。 小錦・霧島の両大関は夙に不調が伝えられていたが、小錦は初日敗れて休場、 霧島も 1勝しかできず 7日目に足首を痛め休場し大関を陥落した。土俵は残された大関の曙が主導する展開。 5日目全勝対戦で琴錦を巻き落としたが 6日目大翔鳳に押し出されて 1敗。 曙・琴錦の両者が 1敗のまま千秋楽まで争ったが、琴錦が貴花田の上手投げに屈し、 曙が武蔵丸を右上手出し投げに降し14勝 1敗で 2回目の優勝を飾った。 この年、曙をはじめとする力士が擡頭してきた割には毎場所の内容が貧弱であった。
・優勝決定の一番 千秋楽 貴花田(上手投げ)琴錦
             曙(上手出し投げ)武蔵丸

  1敗で琴錦と曙が残っている。先に琴錦が登場し、貴花田と対戦。 立って貴花田が両手突きから引いた。琴錦は残して突っ張り合いから左へ動いて去なす。 貴花田は残して再度突っ張り合い、貴花田が勝って左上手を取り右四つ、琴錦は巻き替えて両差しとしたが、 貴花田は右からおっつけて寄り立てる。白房下、琴錦は右から掬おうとしたが、貴花田は左上手投げで潰した。 これで曙だけが 1敗で残って武蔵丸戦を迎える。先に立った武蔵丸が両手突きに出たが、曙も両手突きで出て左おっつけから左四つ、右をも入れる。 武蔵丸が右で抱えて左おっつけから筈で出るところ、曙は右上手を取るやサッと出し投げであっさり勝って優勝を決めた。
・好勝負
 初日 久島海(小手投げ)貴花田

 貴花田はまた勝手に突っかけてやり直し、今度は貴花田が突っ込んで左を差すところ、 久島海も踏み込んで右上手を引いた。貴花田は右で絞り、久島海の上手を切ろうとしたが、久島海はそれより早く上手を放し、右から抱えた。 自分の体勢になったと踏んだ貴花田が青房に出んとするその瞬間、久島海は両手で抱え込んで右から小手投げを 3連発、貴花田は体を寄せて堪えようとしたが、叶わず頭からでんぐり返ってしまった。 後手に廻って敗れた貴花田は左腕を痛め、左半身が痺れる状態となって 4連敗、辛うじて治療し立ち直ったが、貴花田らしさは最後まで出なかった。
  7日目 水戸泉(寄り切り)霧島
 絶不調、勝ちなしの水戸泉と 1勝の霧島との対戦。霧島が頭を下げて左四つに組んだが上手が取れない。 水戸泉も上手が取れなかったが、右から抱えて起こし、左下手を引きつけて東に寄り切った。 霧島は土俵から落ちて右足首を痛め休場、大関からの陥落が決まった。
  9日目 琴錦(下手投げ)武蔵丸
  1敗同士の対決。琴錦が当たると武蔵丸は突っ張る。琴錦後退したが左右と入れて大逆襲、 充分の右下手を引いて頭をつける。武蔵丸は左上手を引いているが利用する術を知らない。 琴錦は右足を飛ばして牽制し、ややあって左前褌を引きつけ捻りながら体を大きく開いて右下手投げを豪快に決めた。 武蔵丸は前半は素晴らしかったが後半は炭団続きで 9勝止まり。
  9日目 曙(突き倒し)若花田
 両者右喉輪で出て突っ張り合い、若花田が下からの突きで突き勝って右おっつけから去なすが、 曙素早く向き直って右から一突き、これが決まって若花田は土俵中央から西土俵下に転がり落ちてしまった。豪快。 前半は内容が悪かった曙だが、この相撲で目が覚めた。
 14日目 曙(寄り倒し)貴花田
 曙が両手突きから突っ張って出ると貴花田ははね上げて右四つに組み右半身。 次いで貴花田が左上手を取ったが、曙も上手を取って右を突きつけ寄り立てた。 貴花田は土俵際で下手投げから上手投げと揺さぶって上手を切って寄り返した。 右四つ、曙は左を巻き替えようとして果たせず左上手を引いて寄り、貴花田が上手を切って寄り返す端、 再度巻き替えて両差し、貴花田が右を巻き替えんとしたところを一気に攻め立て、右上手投げに構わず正面青房寄りにドッと寄り倒した。
前画面に戻る