平成 5年
○平成 5年 1月 優勝 大関 曙 太郎 13勝 2敗 3
 前場所優勝の大関曙が横綱を狙う場所である。また前場所大関を逸した貴花田は再挑戦の場所。土俵は 7日間終わってやはり曙と貴花田が全勝である。 だが 8日目この両者が揃って敗れる。さらに10日目から貴花田は連敗、曙も11日目に敗れて両者の昇進はなくなったと見られた。 しかしその後、両者とも素早い立ち直りを見せ、協会は本来曙−小錦戦を結びに組むべき千秋楽に、14日目に組むべき曙−貴花田戦を強引に組んだ。 曙が勝てば連覇、貴花田が勝てば曙・貴花田・大翔山の決定戦。 しかし曙は貴花田を寄せつけず両手突きから右喉輪で押し出して圧勝、 3回目の優勝を手にし、場所後横綱に推挙された。 4敗した貴花田は、おまけのような形で大関に推された。
・優勝決定の一番 千秋楽 曙(押し出し)貴花田
 曙は両手突きから左おっつけ右喉輪で貴花田を一気に黒房に押し飛ばし圧勝した。 貴花田がやや左に立ったとはいえ、結局全く勝負にならず曙の強みだけが目立つ相撲内容、曙は横綱昇進に向け、強い印象を植えつけた。 寧ろ貴花田の大関昇進は全く意外だった。
・好勝負
  8日目 若花田(押し出し)曙

 全勝で走っていた貴花田が完敗した中日の土俵であった。曙がいつものように両手突きで若花田の顎を狙えば、 若花田は身を沈めてこれを外し、飛び込んで両差し、右下手左筈から赤房にドッと出た。 曙は両上手とも引けない。若花田は左も下手を取って追い詰め、曙が強引に右を巻き替えると、若花田は廻しを放して両手で胸押し、 なお棒立ちで堪える曙の廻しを押して堂々押し出した。
 10日目 琴別府(押し倒し)貴花田
 貴花田は右からかち上げて左からおっつけ、次いで右の上手を狙う。 対する琴別府は左から捻じ込んで浅い両差し、貴花田はこれを嫌い、出てくる琴別府を右から去なし、 さらに突いて赤房に決めんとした。ところが御法度の両手突きのため、琴別府の左去なしを残せず、 腰が砕けて左足を捻じり、尻からストンと落ちてしまった。貴花田は無闇に肩に力を入れたのが祟り、相手の動きについていけず惨敗、翌日も負けて 3敗となった。
 11日目 栃乃和歌(上手投げ)曙
 曙は両手突きにいかず右から張って上手を取りにいったが、栃乃和歌は左からおっつける。 曙が思い直して突っ張ると、栃乃和歌は下がりながらも堪えて左に動き上手を引いた。 そして右おっつけから左上手投げを見せ、曙が寄ってきた東土俵で再度上手投げを振るって豪快に叩きつけた。 栃乃和歌は大関候補貴花田を一蹴し、また横綱候補曙を潰し力を見せつけた。曙は痛い 2敗目となり、横綱は遠のいたかに見えた。
 13日目 貴花田(寄り切り)武蔵丸
 貴花田が両手突きで出ると武蔵丸も突き返すが、貴花田ははね上げて右上手を浅く取った。 こうして捕まえた貴花田は左差し手も返して頭もつける絶対有利の形。武蔵丸は寄り詰められて必死に抵抗したが、 貴花田は右から切り返しを見せて向正面に寄り切った。消えかけた大関への希望が再び蘇ってきた。
 13日目 曙(寄り切り)琴錦
 琴錦がドッと突っ込み右から喉輪攻め、しかし曙はこれを挟みつける。 琴錦は振りほどいて右から大きく張る。対する曙は右おっつけ左上手を取り、白房で豪快に寄り切った。 後半の曙は突きが少ないが、終始前進する相撲で 2敗に止め、貴花田同様一縷の望みを繋いでいる。
△平成 5年 3月 優勝 小結 若花田 勝 14勝 1敗 1
 新横綱曙・新大関貴花田改め貴ノ花が中盤に崩れておかしな展開となった。 5日目貴ノ花は慎重になりすぎて巴富士の突き落としを喰い、曙は 6日目取り直しの末旭道山の右下手捻りに横転。 腰が引けた恰好の曙は出足がなく、12日目若花田に敗れて完全に脱落した。 12日目を終わって 1敗は若花田、 2敗に貴ノ花・若翔洋という展開。 13日目から若翔洋がリズムを乱して脱落し、14日目若花田は寺尾を去なして押し出し、 貴ノ花が武蔵丸に無抵抗のまま敗れ去り若花田の初優勝が決まった。千秋楽若花田は霧島を押し出し14勝 1敗。 若花田の相撲は満点の出来で、 7日目から独走で駈け抜けた素晴らしい優勝だったが、優勝争いは熱を帯びなかった。
・優勝決定の一番 14日目 若花田(押し出し)寺尾
 寺尾が左から張って突っ張るが、低く出た若花田はやや下がったものの左から撥き、 左上手右筈から出て左切り返しを見せながら豪快に右筈で吹っ飛ばした。 4番後、貴ノ花の惨敗で若花田の優勝が決まった。
・好勝負
  5日目 巴富士(突き落とし)貴ノ花

 巴富士が得意の左を浅く差すと、貴ノ花は右上手を取って上手投げを打ち、巴富士充分の左下手を切って頭もつけた。 両廻し充分、慎重に慎重を重ね、右上手投げから黒房に寄る。巴富士は両廻しとも取れていないが、右に廻り込んで左から巻き、 右から突き落とす。すると、あろうことか貴ノ花の体が伸び、脚に縋ろうとしたがそのまま腹這いに倒れてしまった。 貴ノ花は慎重さと不必要に頭を下げる悪癖が出て大関初黒星を喫し、結局この場所は力を出し切れなかった。
  6日目 旭道山(下手捻り)曙
 曙が両手突きから出ると旭道山は右へ廻りながら右下手を取って引きずる。 曙は向正面にのめって腹這いとなり、旭道山は右足一本で踏み止まってから飛んでいったが、軍配はなぜか曙で、物言いがついて取り直し。 今度も曙は両手突きにいったが腰が引けて力なし。旭道山は得意の右下手を取った。 曙が左上手を欲しがりながら出てくると、旭道山は下がりながら右下手捻り、曙は左膝から崩れて横転し、旭道山は一番鑓を達成した。
 12日目 若花田(掬い投げ)曙
 曙が両手突きから突っ張ると若花田は左から去なす。向き直った曙がなお突っ張ると若花田は俵伝いに左へ逃げ、 次いで曙の左を手繰って右へ逃げた。向正面、曙は前にのめって右肘から倒れたが、若花田も左肘から倒れた。軍配は曙、僅かに曙に分があったが、微妙であり取り直しで充分。 そして取り直しに落ち着き、若花田が低く飛び込んだ。曙が突いて出ようとするを堪え、右から左と下手を取った。 曙が左上手を引いて右を入れると、若花田は左からおっつけて前褌、高いながら右内掛けを強襲した。 曙は腰が浮いたが堪えるなり右喉輪から一気に西に出る。若花田は下がったが、右に廻って踏ん張りながら右下手投げ、 さらに続けて掬い投げを放って豪快にもんどり打たせた。この時点で 1敗が若花田だけ、 2敗が 2人、 3敗がなく、 従って優勝争いは今一つだが、若花田の大働きのお蔭で辛うじて場所を盛り上げている。
○平成 5年 5月 優勝 大関 貴ノ花 光司 14勝 1敗 3
 大関を目指して新関脇に座った若花田改め若ノ花の相撲振りが焦点だったが、序盤に鏡山(柏戸)審判部長に目に余る立ち合いの狡猾さを指摘され、 8日目小城ノ花に敗れてから俄かに崩れ 4敗、大関見送りがほぼ内定していたというが、迎えた千秋楽は既に負け越しの決まっている小錦との対戦、これに一縷の望みを懸けていた。 この相撲、土俵際の投げの打ち合いで手を着かず頭から落ちる執念を見せたものの遂に 5敗となって大関見送りがスッキリと決まった。 土俵は曙が12日間全勝を守ったが13日目若ノ花に叩き込まれ土、結局曙−貴ノ花の 1敗同士の相星決戦となって貴ノ花が勝ち、 3回目の優勝を掌中にした。
・優勝決定の一番 千秋楽 貴ノ花(寄り倒し)曙
 貴ノ花左から張って両差しで青房に寄り、曙はなかなか上手が取れず、辛うじて取った左から振ろうとしたが、 貴ノ花は右差し手を突きつけて靠れ込み、相星決戦を制して優勝した。
・好勝負
  2日目 霧島(肩透かし)貴ノ花

 霧島の当たりは低く鋭かった。貴ノ花は両手突きで相手の肩を突いたが、霧島がやや下がって左肩透かしを引こうとするときには左足が流れて前に倒れていた。 霧島は翌日小錦にも勝って気を吐いている。
  3日目 貴ノ花(上手投げ)琴錦
 琴錦が低く出て貴ノ花の右かち上げに構わず右から左と浅い両差し、右筈から左筈で押し進むと貴ノ花はズルズル下がったが、 左おっつけから右四つ左上手で捕まえる。琴錦には上手を与えず、琴錦が右半身に構えると、貴ノ花は機を見て左上手投げで豪快に足許に叩きつけたが、異常に慎重な相撲。 相手の攻めにズルズル下がり、攻めも遅く本調子ではない。
  5日目 若ノ花(掬い投げ)寺尾
 寺尾が左張り手で出て両差しを狙うと、若ノ花は左から強くおっつける。 寺尾は今度は喉輪突きで攻め立てると、若ノ花は左腕を手繰って廻り込み、突っ張り合いから若ノ花が右おっつけで出る。 寺尾は左肩透かしを引いて逃れ、両者左おっつけ。寺尾が突っ張って左から去なすと、若ノ花は堪えて喉輪から右四つ。 左上手を取った若ノ花が赤房に寄り立て、寺尾が左に廻って左突き落としにくると、右差し手を突きつけ激しく掬い倒した。
  8日目 小城ノ花(寄り切り)若ノ花
 大関を窺う若ノ花は 7戦勝ちっ放し、強い相撲で絶好調と見られていた。 中日は小城ノ花戦だった。小城ノ花が右から張ったが若ノ花は低く当たって左を差して返す。 さらに若ノ花は左下手を引き、右からおっつける。しかしこのおっつけが案外甘く、小城ノ花に下手をやった。 下手一本で相手に下手をやると若ノ花は力が出ない。若ノ花は仕方なしとはいえ、強引に右を巻き替えようとした。 小城ノ花は狙っていた。ドッとばかり突っ走り、左上手を引いて西に真っ直ぐ寄り切ったのである。 若ノ花は相手に右上手を与えまいとして逆に攻めがなかったのがいけなかった。これで躓いた若ノ花は大きく崩れ出した。
  9日目 曙(押し出し)若翔洋
 曙はこの若翔洋には手を焼いている。 1月物言い、 3月負けときて迎えた 5月の対戦である。 曙が右かち上げから突っ張るが威力に欠け、若翔洋に突き返される始末。ちょっと突き合って曙がやっと勝って西に出ていったが。 若翔洋は左から引いて右で叩いた。曙は左足が流れていて泳ぎ、辛うじて右腕を一杯に伸ばして押すが、左膝から倒れる。 左足一本、両腕を広げて踏ん張ろうとした若翔洋も右足が土俵を割る。軍配は若翔洋で、物言いがついた。 もし曙が前のめりに飛んでいる時点で死体というならば曙は完全に負けだが、 攻め手の力士が前にのめって飛んでいる場合は土俵にどこかが落ちない限り負けと見ないため、若翔洋の踏み切りが先で庄之助の黒星と決まった…のだが、 物言いの趣旨は「同体」だったはずだ。勝負の判断は曙の勝ちで良いが、物言いの問題提起と結果が一致しないというのは不可解。
 11日目 曙(押し倒し)貴闘力
 全勝の曙に 1敗の貴闘力が当たる。貴闘力がまともに突っ込んで突き起こし、すぐに引いた。 しかし曙は突き放して西に猛進、貴闘力が右から去なそうとしたが、曙の出足が早くて白房に尻から吹っ飛んだ。
 13日目 貴ノ花(寄り切り)小錦
 まずは小錦の手着き不充分があってやり直し。立って貴ノ花が突っ張ると小錦も突き返し右喉輪から右で抱えて東に出る。 これを貴ノ花は余裕を持って右上手投げ、小錦が右手から落ちるのを確認して右足から土俵を割った。無論軍配は貴ノ花。 ところがこんな内容の相撲に物言いがついて取り直しになった。奇怪。取り直しは貴ノ花が頭から突っ込んで右前褌、左も取って出し投げで崩し、 頭をつける。小錦が左差しをあきらめたところで貴ノ花が寄り立て、黒房に寄り切った。
 千秋楽 小錦(小手投げ)若ノ花
 小錦が突っ張るところ若ノ花は右に逃れて右を入れると、小錦は左を引っ張り込んで黒房に出る。 若ノ花が右に廻り込もうとすると、小錦は左から小手投げを打つ。若ノ花は右から下手投げを打とうとするもその遑なく、 両者が巨大な肉塊となり、瞬く間にドスンと倒れた。小錦は右手から、若ノ花は左肩及び左こめかみからほぼ同時に落ち、 軍配は攻め手の小錦。物言いはなかった。かなり微妙、取り直しが最も良かったが、流れから見て攻め手小錦の勝ちでも可。 しかし、この場所はやけに微妙な勝負と無茶な物言い(及びそのつけ忘れ)が多く、騒ぎになる下地はあったとはいえ、この相撲がもとでまた騒がしくなった。 なぜならば、映像を遅くすると、有利と考えられた小錦の右着き手が極く僅かに早いからである。 肉眼で判別できるほどの差がないようなほぼ同体の時は、攻め手に「流れ」を認めて勝ちとするのが本来の相撲の判定であるが、勝負判定において大きな比重を占めているはずの「流れ」「勢い」は規定にない。 「死に体」「生き体」も曖昧であるが、これは説明するのが難しい。実情としては、現在の審判は「成文法」と「不文律」の両方によって審判を行っているとも言える。 また、行司の判断に疑念を持った場合に、勝負裁定を正確ならしむべく物言いをつけて協議をなす審判が、 行司と若干異なる判断基準によって審判に当たっているのも問題ではあるが、この点は問題の相撲と直接関係がないため論議されていない(関係がある相撲といえば、昭和47年 3月の貴ノ花−北の富士戦や、平成 8年 9月の旭豊−曙戦など。つまり審判は「送り足」を殆ど採っていない)。 さらに、判定は肉眼第一、ビデオはあくまで参考の範疇を逸脱してはならず、物言い協議でビデオを使う場合には、 議論して意見の一致をみない場合に限るべきであるということの徹底を図るべきである。 協議が始まるや意見の集約より先にビデオ室の意見を聴かんとすることも間々あったが、それならば審判は要らない。 ビデオ漬けの影響から眼力の著しい低下を招いたのではあるまいかという疑念、これを払拭することはできない。 物言いのつくべき勝負につかないという、眼力低下のせいと思われる問題が顕れ、この相撲における問題を惹起したとも考えられる。 逆に、百出する議論の中で、珍奇な意見もあった。まず、小錦の右手がかばい手だとするもの。両者うつ伏せで、小錦が被さったわけでもないのに、かばい手などあり得ない。 もっと可笑しいのが、「小錦は傾くと落ちるのが早いからそれを考えに入れよ」というもの。 つまり、先入見を持って審判に臨めと言っているのである。決めつけろと言っているのである。勝負の判定は、心を無にして行うものであると言うはずだ。重大なる挑戦という外はない。
◎平成 5年 7月 優勝 横綱 曙 太郎 13勝 2敗 4
 予想通り曙、貴ノ花、若ノ花の争いとなった。貴ノ花は 3日目琴錦に敗れ 1敗。 曙と若ノ花は全勝を守ったが、10日目若ノ花も琴錦に屈して土。11日目貴ノ花が立ち合いに滑って 2敗。 12日目には曙が安芸ノ島に引かれて正面に落ち初黒星を喫した。13日目、 1敗同士の曙−若ノ花は押し倒して曙の勝ち。 千秋楽若ノ花は小錦を寄り切って 2敗を守る。結び、曙は緊張の余り威力を欠き、貴ノ花に押し出され13勝 2敗の巴戦となった。 兄弟決戦が実現するかと思われたが、そこは籤の悪戯、まずは曙−若ノ花、曙が豪快に押し倒した。 続く貴ノ花には左上手を引いて寄り倒し、曙が横綱初の優勝を飾った。若ノ花の大関昇進が決定、優勝に続く優勝同点だった貴ノ花は、 成績は一応足りてはいるのだが、積極性と切れ味に欠ける相撲内容と、左右の風評が絶えない品格が問われ、横審にすら諮問されずじまいだった。
・優勝決定の一番 千秋楽 若ノ花(寄り切り)小錦
             貴ノ花(押し出し)曙
         決定戦 曙(押し倒し)若ノ花
             曙(寄り倒し)貴ノ花

 若ノ花は両手で一つ突いて両差しとなる。小錦が抱え込むと、若ノ花は左を浅くして頭をつける。 互いに寄り合いを見せた後、若ノ花は左に動いて引きを見せ、今度は右を浅くして左を深くする。 さらに両前褌として右の蹴返しに脅かし、拝んで押し立て白房にやっとのことで押し切った。 若ノ花は苦戦の末小錦を破って13勝目を挙げた。結び、22本の懸賞が懸かった大一番は、貴ノ花がさっさと突っかけてのやり直しで水を差したが、 立って曙が両手突きから右喉輪で押す。貴ノ花は左右から挟みつけ、曙は出られず左へ徳利投げ、貴ノ花は残して曙は正面に棒立ち、貴ノ花つけ入って押し出した。 これで巴戦となる。まずは曙に若ノ花、若ノ花が頭を下げると、曙は突きが空を切ったがすぐさま手を引っ込めて猛烈に突き放し、 若ノ花が左へ逃げるを追って左から右と喉輪の腕を伸ばして烈しく押し倒した。次いで曙は貴ノ花と対する。 貴ノ花が当たったが曙は胸で出て左上手を引き、貴ノ花が右に廻り込むと曙は右おっつけから右差し一気に赤房に出た。 貴ノ花は左上手を引いて土俵際で上手投げを放ち逆転を図ると曙は左足から飛び出すが、 もうその前に貴ノ花も吹っ飛んで右から倒れていた。曙は貴ノ花・若ノ花を含む巴戦を勝ち抜いて横綱初優勝を果たした。
・好勝負
  3日目 琴錦(押し出し)貴ノ花

 貴ノ花はノソノソ仕切って、自分勝手にゆっくり見て立ったが、そこに琴錦は烈しく突っ込んだ。 貴ノ花はまともに受けて突き返そうとしたが出足がなくて効果もない。琴錦が頭を下げて右突きに続けてまた右から突いた。 貴ノ花はこれで腰が砕け、琴錦の左筈押しに横向きのまま青房に飛び出した。横綱候補の哀れとしか言いようのない敗戦で、連勝は15でストップ。
 11日目 若ノ花(上手出し投げ)武蔵丸
 武蔵丸が両手突きにくるところ若ノ花は低く潜った。武蔵丸が構わず突き立てると、若ノ花ははね上げて防ぎ、武蔵丸の左腕を手繰って右上手を取り、 武蔵丸が右上手を取りにくると、若ノ花は差した左を抜いて右に廻り、廻り廻って右上手出し投げを連発、武蔵丸はついていけず黒房下に飛び出した。若ノ花は10勝目、依然好調。
 11日目 栃乃和歌(引き落とし)貴ノ花
 栃乃和歌が頭から当たるところ貴ノ花は右からかち上げて頭を下げ当たりにいったが、貴ノ花の左足が流れて前に這った。 栃乃和歌は左に動いて上手を取りにいったが、その時にはもう貴ノ花は滑落していた。貴ノ花は何もせぬうちに 2敗目、数字の上ではまだ横綱の望みはあるが、負け相撲も勝ち相撲も印象が冴えず、「横綱」という雰囲気が起こらない。
 12日目 安芸ノ島(引き落とし)曙
 曙は右から張って右差しに捕まえようとしたが、踏み込みが甘く中途半端。 安芸ノ島は左おっつけから左差し、右から攻める。曙は右上手を狙いながら強引に出ようとした。 その瞬間、安芸ノ島は差し手を抜いて右に廻り引いた。曙はのめって正面黒房寄りに落ち土俵から転落した。 安芸ノ島は15個目の金星を獲得。
 13日目 曙(押し倒し)若ノ花
 曙が両手突きにいくと若ノ花は身を沈めて飛び込み、右下手左おっつけから寄ると見せ、すぐに下手投げを打った。 しかしこの投げはまずかった。曙は左上手を引いていた。従って、曙に出足をつけさせたようなものである。 曙は向正面に寄り進み、若ノ花の右への廻り込みも許さず、右への打っ棄りも許さず、左足で若ノ花の右足を踏みつけ、右喉輪で豪快に押し倒した。
△平成 5年 9月 優勝 横綱 曙 太郎 14勝 1敗 5
 貴ノ花が腰痛を訴えて粘りがなく中日で 2敗、新大関若ノ花は自分の相撲が取れず 9番に止まった。 曙が初日から突きと四つを併用して勝ち進み、14日目の取組前には優勝が決まった。 千秋楽曙は全勝優勝を懸けたが、土俵際での貴ノ花の上手投げに落ち、全勝は成らなかった。 しかし仕切り中に腰を割ったまま目上の横綱曙を睨む大関貴ノ花の土俵態度は最低であり、印象を悪くした。
・優勝決定の一番 13日目 曙(寄り切り)琴錦
 琴錦が飛び込んで左差し右をも捻じ込んで出たが、やや下がった曙は右を巻き替えて琴錦を起こし、 左から抱えて寄る。琴錦も寄り返し、さらに右下手から搦み投げを打ったが、曙は落ち着いて残し、左上手を引きつけて白房に寄り切った。 翌日貴ノ花が武蔵丸に負けたところで曙の優勝が決まった。
・好勝負
  2日目 剣晃(寄り倒し)貴ノ花

 剣晃が左に動いて上手を引き右四つ、頭をつけた。貴ノ花は上手が取れない。 剣晃は右下手も取った。貴ノ花は右半身から寄って出たが、その度に剣晃は余裕を持って寄り返す。 そして機を見て左から出し投げを打って向正面に寄り、貴ノ花が左おっつけから取った上手から投げで逆転しようとするに構わず、僅かの差で寄り倒した。
  6日目 琴錦(寄り切り)武蔵丸
 武蔵丸が突っ張ろうとしたが琴錦が突っ込んで武蔵丸の思うように突かせず両差し、 右を深く左を浅く、頭もつけて武蔵丸に廻しをやらず、右の二枚蹴りで振り廻す。さらに左で蹴返しを 2回。 武蔵丸はなかなか崩れず、大相撲となった。武蔵丸に攻め手なく、琴錦の得意の右下手を両手で極め、殺して出ようとしたところ、 琴錦は右下手投げを打って白房に寄り切った。琴錦は足技を使って崩しにかかるもなかなか崩せなかったが、得意の右下手が最後まで物を言った。
  8日目 琴錦(下手捻り)貴ノ花
 貴ノ花が右からかち上げて出ると琴錦は低い当たりから突っ張って右喉輪、貴ノ花は土俵際で右四つとして寄り返す。 両者上手が取れず、巻き替え合って左四つから琴錦が右も入れて両差し、貴ノ花の左上手を切った。 そして琴錦は左外掛けから大きく左へ切り返した。対する貴ノ花も倒れながら右首捻りを見せて切り返した。 軍配は琴錦、琴錦の左膝が落ちるのと、貴ノ花の左足が上がるのが殆ど同時で取り直しと決した。 再戦は同様に琴錦が低く出るところ、貴ノ花は両手突きで止めて右を入れた。琴錦は右から蹴返し、しかし貴ノ花は堪えて前進、 左上手を取ってなお寄った。ところが、西土俵で琴錦が右下手から捻ると、貴ノ花は裏返ってコロリと仰天してしまった。 貴ノ花は脆くも 2敗目、横綱は早くも絶望的となった。
 12日目 曙(突き出し)琴富士
 曙の相撲は初日から冴える一方である。分けてもこの相撲が最高だった。 立って曙は右かち上げで琴富士を起こすと右左右で突き出した。 2秒足らず、素晴らしい出足。
 千秋楽 貴ノ花(上手投げ)曙
 貴ノ花は闘志をかき立ててか、奇怪な顔で曙を睨みつけた。曙はやや怯んでいる風もあった。 曙突っ張るが貴ノ花はね上げて凌ぎ、右四つ貴ノ花頭をつける。曙が強引に左を巻き替えると貴ノ花は右上手投げを打ち、曙が残ると貴ノ花は左から絞る。 さらに曙が左差しから出ると貴ノ花は左巻き替え、これは甚だ悪かったが白房で右上手投げ、曙は預けるのがやや早く逆転負けして全勝を逸した。
◎平成 5年11月 優勝 横綱 曙 太郎 13勝 2敗 6
 貴ノ花が今度は肝機能障害を起こし、またカド番大関小錦も全く稽古をしておらず苦戦は免れまいとみられた。 この 2大関は期待通り星を次々と落とした。大関若ノ花は好調だったがあと一歩及ばず12番。 曙は四つ主体の相撲で 7連勝したが、 8日目関脇武蔵丸に突き落とされてからは不安定になり、 14日目若ノ花に叩き込まれて 2敗となった。関脇の貴ノ浪と武蔵丸が 2敗で並走、 14日目に両者が当たり武蔵丸が完勝。13日目小錦は横綱曙に寄り切られ 8敗、 39場所保った大関の座を失った。それでも14日目大関貴ノ花を寄り倒した。 千秋楽、武蔵丸は栃乃和歌を送り出して13勝 2敗。曙は結びで貴ノ花と対戦、 前場所と同じように大関らしくもなく目を剥いて曙を睨みつける貴ノ花を簡単に叩き込んだ曙が貫禄を示し、 貴ノ花はやはり 7勝 8敗と負け越し不貞腐れて場所を後にした。 かくて史上初の外国人同士の優勝決定戦となり、今度は曙の完勝、ここに曙の 3連覇は達成された。貴ノ浪は12勝を挙げた。
・優勝決定の一番 決定戦 曙(引き落とし)武蔵丸
 武蔵丸から突っ張って出ると曙は右筈左おっつけで押して勝る。 武蔵丸は頭を下げて左おっつけから逆に押し返し、左筈から押して右の引き。 曙は動ぜず左を覗かせ右から抱えて寄り返し、左を抜いてサッと引き落とした。
・好勝負
  3日目 旭道山(打っ棄り)貴ノ浪

 旭道山がぶちかまして左差し右前褌を引いて頭をつける。貴ノ浪は閂に極め、旭道山が出るところを左から振って逆に青房に寄り詰めたが、 旭道山はウンと堪えて右後ろに打っ棄り、全身のバネを利かせて豪快に跳ね飛ばした。珍しい豪快な打っ棄りであった。
  3日目 智ノ花(押し出し)武蔵丸
 智ノ花が沈み込んで入り左差し右前褌を取って喰い下がった。武蔵丸は左で抱えて出たが、智ノ花は右下手捻り。 しかし武蔵丸は構わず西に出て左喉輪の詰め。智ノ花は土俵際で弓なりになったが、左筈でグーッと押し上げて右へ大逆転の割り出しを決めた。 小兵智ノ花、力としぶとさで武蔵丸を制した。
  6日目 智ノ花(下手投げ)貴ノ花
 貴ノ花が突っ張ると智ノ花も突き返すが貴ノ花がやや勝る。智ノ花は左から去なし、俵伝いに左へ廻り込む。 貴ノ花は根気なく引いた。智ノ花はつけ入って右を覗かせる。貴ノ花は左上手を取る。 智ノ花は右下手を引いて踏ん張る。貴ノ花は左一本で強引に引き上げて西に歩こうとしたが、智ノ花は容易に吊らせず、逆に右下手投げを見舞った。 貴ノ花は無惨にも右肩からバターンと倒れ、早くも 4敗。
  8日目 武蔵丸(突き落とし)曙
 両者右から張って出たが武蔵丸の張り手は強烈で曙の顔は横を向く。 曙はバランスを崩してのめった。武蔵丸は右に廻りながら右から突き落とす。曙は体を預けようとするが、さらに突き落とされてゴロリと横転した。 これで曙の全勝は潰えたが、これでも 1敗で単独トップ。
 13日目 曙(寄り切り)小錦
  7回目のカド番で場所に入った小錦は 4勝 2敗のあと下手投げで 3連敗するなど足が出ず 7敗、 運命の「向こう給金相撲」を迎えた。相手があろうことか横綱曙である。曙にとって小錦は大恩人であるが、自分の優勝のためには勝たねばならぬ。 立ち合い小錦が左からかち上げて突っ張ろうとしたが、曙はサッと右上手を取って左四つとするや両廻しを引きつけ腰を割ってがぶり立て一気に白房に寄り切った。 若乃花が親友松登を蹴散らしたとき以上に重苦しい雰囲気の中、小錦は大関を陥落した。
 14日目 小錦(寄り倒し)貴ノ花
 貴ノ花はこの相撲に勝てば勝ち越し、苦しい場所を辛うじて乗り越えられる…と周囲の誰もがそう思った。 この日はもう大関陥落が決まっている小錦が相手だからである。立って貴ノ花は右肩から当たり右差し、小錦は左上手。 貴ノ花はさらに左を入れたが、小錦は右上手をも引きつけて東に出た。貴ノ花は両下手を引きつけるが後退、 土俵際で右足一本、左足を上げて下手投げを放ち逆転を図ったが、小錦は右上手でしがみつき、辛うじて寄り倒した。 微妙な勝負と言えないこともないが、大いに甘く見ても同体とするには貴ノ花に分がない。
 14日目 若ノ花(引き落とし)曙
 若ノ花が立ち合いに右へ逃げ、曙が残して突っ張ると若ノ花は左へ飛んで撥き、白房下の土俵際で右へ叩き込んだ。 2敗は曙と武蔵丸、 3敗で若ノ花と貴ノ浪となった、ということは、この結びの相撲は、優勝争いに大激震を与えたということである。
 千秋楽 曙(叩き込み)貴ノ花
 体調不良の貴ノ花は異常な顔をして横綱相手に牙を剥いてまでねめつけた。しかし曙の両手突きからの突っ張りで瞬く間に後退、 左足を引いて頭を下げるが堪えるのみ、あっさり叩き込まれ負け越した。
前画面に戻る