平成 6年
○平成 6年 1月 優勝 大関 貴ノ花 光司 14勝 1敗 4
 武蔵丸・貴ノ浪が大関を狙う場所。一方 4連覇を懸けた横綱曙は右足親指陥入爪のために不振。 若ノ花は気力に欠け取りこぼしが響いた。大関取りの 2人は 4日目に揃って星を落としたがそのまま終盤へ。 カド番の貴ノ花が全勝のまま突き進んだが14日目曙の意地の前に寄り倒されて 1敗。 同じく14日目武蔵丸が若乃花に敗れて 2敗。貴ノ浪は12日目武蔵丸に敗れたが 2敗。 千秋楽貴ノ浪は琴錦を小手投げに下して待つ。貴ノ花−武蔵丸は武蔵丸が貴ノ花を寄り倒した際に右足を踏み越し、 軍配は貴ノ花、勇み足が早いか死に体が早いかで物言い協議はあったが軍配通りに終わり、折角の面白かった本場所も全く後味の悪い幕切れとなった。 かくて貴ノ花は14勝 1敗で 4回目の優勝。武蔵丸と貴ノ浪は大関昇進を果たした。
・優勝決定の一番 千秋楽 貴ノ花(勇み足)武蔵丸
 五分に立って武蔵丸が突っ張りから右を入れると貴ノ花は左おっつけから突き、そして左上手を取った。 武蔵丸が右を抜いて抱えると、貴ノ花は左下手を引きつけ右からおっつけ寄ろうとした。 しかし武蔵丸は左を捻じ込んで大きく掬い、向正面に寄り立てた。貴ノ花は右後ろに倒れながら懸命に堪えようとしたものの、体を預けられて腰が伸び切り寄り倒された。 が、軍配は貴ノ花に上がっている。寄り倒して決めんとした武蔵丸の右足が俵を越えている。 物言いがつく。貴ノ花の体があるかないか、つまり武蔵丸の右足は勇み足か送り足かで物言いがつき、 協議はやや長かったが、結局軍配通りで終わってしまった。貴ノ花の体は生き体とは言えないが死に体とも言い切れない微妙な体勢、 両足爪先とも着いていた(武蔵丸が左足で貴ノ花の足を踏んでいたが、それはどうでもいいこと。それよりも「両足とも着いているから生き体」というのは皮相な解釈と思われる。だからと言って生き体と死に体の明瞭なる境界線は何処かと問われれば、返答に窮するような曖昧な事柄である。 当時、相撲の作法等を後世に伝えるべく、映像資料が作成されている真最中であったが、その監修に当たった先代(28代)庄之助も、「体」の概念に就いてはどう記述・表現しようかと苦心惨憺したとの由)とはいえ、反っていたわけでもなく腰が伸びていて、どちらかといえば死に体。 紛らわしい勝負だが、武蔵丸にやや分があり、取り直しが最善だった。兎も角、優勝争いはまずい結末をみた。
・好勝負
 初日 曙(送り倒し)智ノ花

 智ノ花は徳俵から高く飛びかかると見せてサッと潜った。曙はやや後退りしたが、左差し手で起こすや突き立てて出る。 起こされた智ノ花は再度潜って得意の右差し、頭もつける。曙は左おっつけ右喉輪から猛然突き立て、青房下で腰を据えて堪えんとした智ノ花を右喉輪で押し倒そうとした。 智ノ花は流石にしぶとく、ここで曙の右腕を手繰って左へ逃れ、左突き落として逆転を図って縺れた。ここで曙は左手から落ちそうになり、落ちていれば完全に智ノ花が勝ったが、 曙が左手を引っ込めて胴体着陸したことから勝負がややこしくなった。智ノ花は右足一本、左足を蹴上げて反り身に堪え、曙の上に仰向けに倒れた。 軍配は曙に上がって物言いがつく。曙が腹から落ちるのと智ノ花の上体が後ろにいって右足が上がるのがほぼ同時で、僅かに曙に分があるものの当然の如く取り直しに落ち着いた。 今度は智ノ花、普通の位置よりやや後ろというところから右張り手で立ったが手が届かなかった。 曙は見ながら突き立てると、智ノ花は左へ廻り込みながら右を取ったが、曙はさらに突き立て、智ノ花の反撃する瞬間を捉えて叩き込んで泳がせ、さらに右上手出し投げから白房に送り倒した。 新小結智ノ花が初日から大健闘を見せて盛り上がる素晴らしい滑り出しだが、取り直しの判定に抗議が殺到して興を殺いだ。
  2日目 若ノ花(寄り切り)武双山
     貴ノ花(送り出し)琴の若

 貴ノ花が大関になった頃から、貴ノ花に対する拍手が減り出した。 そして、貴ノ花の煮え切らない相撲も相俟ってその傾向には拍車がかかり、若ノ花と比較しても差が歴然とするようになった。 その中で迎えた 2日目の土俵、若ノ花は気鋭の武双山を相手に迎えた。当たり合って武双山が突っ張ると、若ノ花ははね上げて踏み堪え、右上手を取って左おっつけ、 強烈な攻めで武双山の右を絞り出し、左を返して最後は筈、正面に素晴らしい出足で寄り切った。 理詰めの内容で文句のない完勝相撲である。その直後、貴ノ花は琴の若戦。時間一杯になって琴の若がまだ腰も割っていないのに、貴ノ花は先にそそくさと仕切って突っかける。 そして今度は合わせたかと思えば左へ当たりもせずに逃げ、あっさりと送り出した。若ノ花の好印象が直後のこれで台無し。 館内は罵声が飛び、観客の顔にも失望の色がありありと見えた。数年後の相撲人気急落の萌芽でさえあった。
  4日目 智ノ花(寄り切り)貴ノ浪
 智ノ花が両手突きから両差しを果たすと、貴ノ浪は抱え上げようとする。 しかし智ノ花は休まず、頭をつけて右下手を取るなり左で内無双を切って右後ろに伝え反りを強襲、 辛うじて堪える貴ノ浪に対して右差し手を返し白房に殺到した。貴ノ浪は土俵に詰まり、左小手投げで逆転を図ったが、その前に右足が踏み切った。 智ノ花の無双・反り・寄りの鋭い連続技が見事。貴ノ浪は智ノ花の立ち合いの威力を見下しすぎ、とんだ不覚を取った。
  4日目 武双山(上手投げ)曙
 武双山が鋭く当たって左右のおっつけから右で上手を取って頭もつけた。 曙は右を抜いて上手を探ると、武双山は上手投げを打ち、曙が両差しになって寄ると、武双山は再度上手投げを打って左を入れる。 曙がなお赤房に出て右から攻めると、武双山はもう一回上手投げを打って投げ転がした。期待の大器が初顔で横綱を投げ倒す大殊勲。
  5日目 小城錦(寄り倒し)若ノ花
 若ノ花が低く当たってくるところ、小城錦は左を差して右おっつけから一気に走り、 若ノ花が右上手を取ったものの、小城錦はすぐに差し手を返して切り、若ノ花の左掬い投げに構わず正面土俵、激しく寄り倒した。 素晴らしい小城錦の速攻、若ノ花はこの場所粘りに欠け、手筈が狂った時は甚だ脆かった。
  7日目 貴ノ花(寄り倒し)小城錦
 速攻で兄を潰した小城錦を相手に迎え、貴ノ花は兜の緒を締め直したかのような素晴らしい速攻を見せた。 小城錦が当たるところ貴ノ花はすぐに左上手を浅く取って右下手も引き、小城錦の巻き替えに構わず一気に出て寄り倒した。 序盤の相撲があまりにもだらけていた貴ノ花だが、この日を境に一変した。
  7日目 貴ノ浪(河津掛け)曙
 時間になって貴ノ浪は左足を大きく引く右半身の恰好で仕切り、さらに右足から踏み込んで頭を下げ右差し。 曙はやや下がってから突っ張った。貴ノ浪は左へ左へと逃れ、曙がなお押すと貴ノ浪から右四つに組んだ。曙が両廻しを引きつけて西に出ると、 貴ノ浪は右下手投げを打って右に逃れる。曙が左足を出して外掛け気味に寄り切ろうとするところ、 貴ノ浪は右で河津掛けを強襲し、仰向けに引っ繰り返した。貴ノ浪は 1敗を守って大関へ向かって驀進を続けるが、この相撲自体は珍勝負といえる。
 12日目 武蔵丸(送り出し)貴ノ浪
 大関取りに挑む両関脇が 1敗同士で迎えた生き残り戦。貴ノ浪が先に突っ込んで左おっつけ、 武蔵丸は対して両手突きから右喉輪の一撃を見舞った。貴ノ浪は忽ちのうちに後退、武蔵丸の右張り手も受けて前にのめった。 武蔵丸は手を緩めず左を浅く差して右筈から向正面に攻め立て、貴ノ浪の右小手投げに対し右で小股を掬って脅かし、そのまま送り出した。
 13日目 武蔵丸(寄り切り)曙
 曙が突っ張ると武蔵丸は残して両差し、頭もつける。廻しの取れない曙は閂に極めて左小手投げを打つが、 武蔵丸は残して右から下手出し投げの奇襲、すぐに追い詰め向正面に寄り切った。武蔵丸は12勝目を挙げて大関を確実にした。一方の曙は 3敗で脱落。
 14日目 若ノ花(下手投げ)武蔵丸
 若ノ花は 4敗で既に優勝争いには関係ないが、相手が 1敗の武蔵丸とあっては燃えない筈がない。 武蔵丸が待ったの後、左から突っ張って出た。若ノ花は右に廻り込み、手繰ってから両差しとなり、右下手を深く左を浅く取った。 武蔵丸は左で抱えるのみ。互いに機を窺い、長い相撲となる。武蔵丸は右から起こして若ノ花の左を切ったが、若ノ花は頭を下げて堪え、 武蔵丸が出ようとするところ、思い切り良く右下手投げを放って勝ち、西土俵で仁王立ち。粘りの薄かった若ノ花が気合を入れ直して切れのある下手投げを鮮やかに決めた。
 14日目 曙(寄り倒し)貴ノ花
 貴ノ花が気負ってさっさと突っかけ、 2度目は貴ノ花が曙の突っ張りを凌いで右差し左おっつけで寄る。 曙は土俵に詰まったが右を浅く差して寄り返す。貴ノ花は左を巻き替えて左筈から出る。 曙は左から抱えて右おっつけで寄り返す。貴ノ花は頭を下げ、再度左を巻き替えようとしたが、再度の巻き替えは大悪手、 曙が左右から挟みつけて白房に寄り倒した。互いのおっつけ合いが見ものだったが、貴ノ花が 2度も巻き替えをやってそれを突かれた。
 千秋楽 貴ノ浪(小手投げ)琴錦
 琴錦が両手突きから左差し、右も浅く入れた。貴ノ浪は左で抱え、琴錦の寄りを堪える。 琴錦は左前褌、頭をつけている。ややあって琴錦が右から蹴返し、貴ノ浪は全く動じない。 琴錦はなお崩さんものと再度の右蹴返し、そして寄ったが、貴ノ浪は廻り込んで黒房下、左の小手投げでねじ伏せた。貴ノ浪は13勝 2敗でこちらも大関が確実となった。
×平成 6年 3月 優勝 横綱 曙 太郎 12勝 3敗 7
 貴ノ花がまた綱取りであった。若ノ花は足首の負傷で途中休場。 曙は 5日目に琴錦に敗れ、翌日の晩から風邪を引いて12日目に 3敗した。 新大関武蔵丸は 9勝止まり。貴ノ花は13日目琴錦に弱々しく敗れ去り横綱絶望と見られ、 周囲の崩れのお蔭で連覇なら横綱という雰囲気になったが、千秋楽曙の前に惨敗して白紙に。 こうして曙は12勝 3敗。新大関貴ノ浪は初日敗れたが、後半に盛り返して12勝。 痛風のために下位に下がっていた貴闘力も12勝して決定戦となった。 まず貴ノ浪が貴闘力を変化で仕留め、曙戦に初優勝を懸けたが突き倒された。 貴闘力が再び登場して曙に対したが、乱戦の末曙に凱歌が上がった。やっと曙が優勝したが荒れ過ぎで、相撲内容も悪く詰まらなかった。
・優勝決定の一番 決定戦 貴ノ浪(叩き込み)貴闘力
             曙(突き倒し)貴ノ浪
             曙(押し倒し)貴闘力

 巴戦は貴ノ浪に貴闘力から。貴闘力が頭から突っ込んでくるところ、貴ノ浪は左へ飛んであっさり叩き込んだ。 貴ノ浪は新大関優勝を目指して曙戦を迎えたが、相手にならなかった。曙が細かく突き立てると貴ノ浪はどうすることもできず、 青房に一方的に突き倒されたのである。曙は今度は貴闘力戦に優勝を懸ける。貴闘力は策を弄して色々な位置で仕切り、 時間一杯では普通の位置から立った。曙が両手突きから喉輪で押すと、貴闘力は俵伝いに左へ逃げて撥いた。 曙はのめったが辛うじて向き直る。貴闘力は両筈押し、これを曙は右から抱え左おっつけから突き放し、互いの突っ張り合いから曙が出る。 貴闘力は再度左去なし、そして西で右へ廻り込んで去なそうとしたが、自分が崩れて押し倒された。 漸く曙の優勝で決着がついた。
・好勝負
 初日 寺尾(下手投げ)貴ノ浪

 寺尾が両手突きで出ると貴ノ浪は左に廻って堪えるが寺尾はなお前進、 貴ノ浪が慣れない突っ張りで逆襲しようとすると寺尾は左去なしから両筈押しを見せる。 貴ノ浪は左から引っ張り込んで小手投げを打ったが、寺尾は右差し左前褌から向正面に進み、右下手投げで決めた。 新大関貴ノ浪は黒星の船出となった。
  5日目 小城錦(寄り倒し)貴ノ花
 貴乃花の両手突きに対して小城錦ははね上げて左筈右おっつけで走った。 貴ノ花は右から小手に振って逃れるが、小城錦は左を突きつけ右の小股掬いで脅かして右おっつけで西に殺到、鋭く寄り倒した。 物言いがついたが、貴ノ花が倒れてから小城錦の左足が出たためで、確認止まり。
  5日目 琴錦(引き落とし)曙
 琴錦が徳俵近くから飛び込み右喉輪左おっつけから両差しとなった。 この突っ込みは普通あまり効かないのだが、曙は及び腰で出たため対応できない。ようよう左を伸ばして上手を掴み、一腰下ろそうとしたところで、 琴錦は右差し手を抜き左筈から突き落とすと、曙は虚を衝かれ左膝から崩れて横転、貴ノ花とともに早くも黒星を頂戴した。
  8日目 寺尾(下手投げ)貴ノ花
 貴ノ花が突っ張って出ようとしたがもう寺尾は右を入れていた。貴ノ花は応じて左上手を引くが深い。 寺尾は左で絞り、右下手投げを打つ。貴ノ花は右前褌も取って寄ること実に 5回、その度に寺尾は下手投げで堪える。 上手の深い貴ノ花はなお出るが、赤房で堪えた寺尾は下手投げを連発、遂に這わせた。貴ノ花は深い上手を力任せに引きつけようとして失敗、 全く効いていないのが分かっておらず、中日で 2敗となって横綱は早くも絶望的となった。
  8日目 魁皇(押し出し)曙
 魁皇は初日若ノ花を倒し、 6日目武蔵丸にも勝って調子づき、翌日には琴錦を速攻で破った際に腰を強打したが、なお勢いを持っていた。 曙は両手突きから突き立てると魁皇はズルズル下がったが、右ではね上げて白房に堪える。 曙がなお右喉輪で攻めると魁皇は黒房でその右を手繰る。まだ曙が突っ張ると、今度は魁皇正面で左を手繰って得意の右上手、左おっつけで攻める。 曙は腰が伸びてまともに叩いた。魁皇はつけ入って赤房に押し出した。腰の痛みもものかは、魁皇は旋風児となった。曙は12日目小城錦に屈して 3敗となった。
 13日目 琴錦(寄り倒し)貴ノ花
 貴ノ花右、琴錦左で互いにかち上げ、突っ張りから貴ノ花が左上手を掴んだが、 琴錦は得意の右下手を深く取って頭をつけ、左攻めから前褌を取って一気に青房に寄り進むと、 貴ノ花はヨロヨロと後退して寄り倒されてしまった。周囲がボロボロで横綱への希望は消えていないが、ほぼ絶望に等しい。
 千秋楽 曙(引き落とし)貴ノ花
 貴闘力が小錦に勝って決定戦実現が決まり、貴ノ浪が武蔵丸に勝って巴戦形式も決定、 3人目の出場者を決める一戦であったが、素っ気無かった。 曙が烈しく突き立てると貴ノ花は応戦していたがだんだん下がり、左足が流れたところを引き落とされた。 相撲にならず貴ノ花は 4敗、横綱問題は白紙に返った。
×平成 6年 5月 優勝 大関 貴ノ花 光司 14勝 1敗 5
 場所前の巡業で曙が左膝を負傷、初日の土俵入りでガクつくなど不安いっぱいの滑り出し。 10連勝したが11日目貴闘力に敗れ、 9日目に右膝をも痛めたとのことで休場。心棒を失った本場所は熱気も冷めた。 貴ノ浪が 9勝 1敗から 5連敗。武蔵丸は下らぬ取りこぼしがあり、千秋楽貴ノ花に勝てば決定戦だったところ、両差しを許して完敗し、貴ノ花が難なく優勝。 貴ノ花は前場所ほど悪くなかったが、寺尾戦では立ち合いに相手を見なかったことで上体が伸びて突き倒されるひどい相撲、 それを除けば安定し、攻めそのものもだんだん速くなりつつあるとはいえ、横綱という雰囲気も元々なく、貴ノ花の勝ち相撲からも横綱昇進へのムードが醸し出されなかった。
・優勝決定の一番 千秋楽 貴ノ花(寄り切り)武蔵丸
 貴ノ花が低く突っ込み前褌狙い、武蔵丸が喉輪突きで起こそうとするが、貴ノ花は左を取り、一度切られたがすぐ取って右も引き、 グイグイ寄り進み左を突きつけ東に寄り切って完勝した。
・好勝負
  7日目 寺尾(突き倒し)貴ノ花

 時間一杯から立ち合い、貴ノ花が腰を割って相手を見たときにはもう寺尾が立とうとしていた。慌てて手を下ろして立った貴ノ花は果然立ち遅れ、 踏み込めぬまま上に立って素早い突っ張りを喰らった。貴ノ花ははね上げながら右へ逃げ惑ったが、寺尾は西に追い詰め両手で腹を突き突き倒して圧勝、貴ノ花に連勝した。 寺尾は貴ノ浪にも連勝している。
 10日目 貴ノ花(寄り切り)武双山
 期待の関脇武双山を相手に貴ノ花は立ち合い左に逃げて上手を取り右で頭を押さえ上手投げ、 武双山が掬い投げを打ち返したが、貴ノ花は右差し手を返して向正面に寄り切る。 「基本に則った本格相撲」が看板の若手横綱候補がこんな小細工をやるようでは、看板倒れもいいところ。横綱の声が掛からぬのも無理からぬことである。
 11日目 貴闘力(引き落とし)曙
 曙が両手突きで出ようとしたが貴闘力は鋭く突っ込んで両筈押し、 曙がやや下がってから慌てて突きっ放すところ、貴闘力は正面土俵で左から引いた。 曙は後手を踏んだだけに余裕がなく、つんのめって正面土俵下に転落、物言いはついたものの貴闘力の左足は残っていて軍配通り貴闘力の勝ち。 左膝故障を抱えながら10連勝してきた曙は遂に黒星を喫し、両膝故障ということで翌日より休場、長い雌伏期間に入った。
○平成 6年 7月 優勝 大関 武蔵丸 光洋 15勝 1
 曙全休が吉凶のどちらに出るかとも言われた貴ノ花の綱取りだが、貴ノ花自身が崩れて呆気なく埋没、 2日目舞の海の切り返しに横転すると 6日目武双山・ 8日目濱ノ嶋に敗れ、土俵態度もなっておらず品格不充分。 土俵は若ノ花・武蔵丸の一騎討ちとなった。13日目に両者全勝で激突し、武蔵丸が若ノ花を圧倒。 千秋楽、若ノ花は武双山を変化で破って 1敗を守る。武蔵丸には貴ノ花が当たり、 貴ノ花に四つに組まれた武蔵丸だが大逆転し、武蔵丸が外国人力士として初の全勝優勝を果たした。貴ノ花は腰高が祟って四大関中最低の星であった。
・優勝決定の一番 千秋楽 武蔵丸(下手投げ)貴ノ花
 若ノ花は武双山をあっさり叩き込んで 1敗のまま待っている。結びの一番、全勝の武蔵丸は 3敗の貴ノ花と対戦、 武蔵丸が例によって突っ張ろうとしたが、貴ノ花は左で張って左上手を引き、あっさりと捕まえた。 武蔵丸は右下手を取って半身の恰好、十数秒の差し手争いの後、貴ノ花は右から絞り、前褌を引くなり一気に突っ走った。 武蔵丸はたまらず後退したかに見えたが、左廻しを引き、貴ノ花の右が上手に変わると右足を踏ん張って左下手投げで豪快に一転させた。 武蔵丸は千代の富士以来約 5年振りの全勝優勝を達成した。
・好勝負
  2日目 舞の海(切り返し)貴ノ花

 貴ノ花は何を思ったか口に含んだ力水を土俵上に吐き捨てた。既に己を見失った状態である。 立ち合いも舞の海相手に考えあぐねたのか、探りを入れるような両手突き。 しかし舞の海は想定済みだった。予定通り身を沈めて左下手を深く、それも易々と取った。 右では外枠に足を取ろうという形、貴ノ花は右上手を取ったがあまりに深く、しかも警戒の余り逆足である。 舞の海は、間髪入れず右からおっつけ左足を踏み込んで大きく切り返し、貴ノ花は無残に右肩から土俵に叩きつけられた。
  4日目 若ノ花(浴びせ倒し)舞の海
 舞の海が突っかけを見せた後、立って若ノ花が右から突いて左差し右上手。舞の海も左下手充分、右からおっつける。 若ノ花が右蹴返しを見せたが効かず、舞の海は下手投げから左切り返しで大きく決めようとした。 ほぼ決まったかに見えたが、若ノ花は浮いて大きく傾いたものの、右手で舞の海の肩を一突きした。これで仕掛けた舞の海が先に落ち、勝敗は一瞬にして所を変えた。
  5日目 舞の海(外掛け)武双山
 舞の海が絡む相撲が続くが、この相撲が舞の海の真骨頂を見せた相撲であった。 まず舞の海が待ったをし、次いで舞の海が低く立って左を差して充分となったが、武双山は右おっつけから赤房に一気に突進する。 舞の海は一瞬で土俵に詰まったが、武双山の左腕を捻りながらスッと右に一廻転、見事に廻り込んだ。 武双山はなお追い、右張り手から右上手を取ると、舞の海は左小手投げを打とうとしたがすっぽ抜けて背を見せてしまった。 武双山は白房下で俵を背にして舞の海の後ろにつき、右後ろに抱え投げで抛り出そうとするが、舞の海はもがきにもがいて振りほどき、 左差し右で外枠に足を取り、左に動いて左外掛けから切り返して勝った。凄い相撲、変化に富んだ一番、かかった時間は13秒である。
  8日目 濱ノ嶋(寄り切り)貴ノ花
 貴ノ花は 6日目武双山戦では呼吸を合わせず待ったして、立てば攻め切れず敗れ 2敗となっている。 しかしこの濱ノ嶋戦の方がもっとひどい内容だった。立ち合いに貴ノ花が右へのこ差しで立つと、濱ノ嶋は当然のように左からおっつけた。 貴ノ花は今度は突っ張るが効かず、濱ノ嶋は突き返して左前褌を浅く取り、右筈から一気に正面に出た。 貴ノ花は早くも腰が伸び、そのまま土俵を割って腰から転落した。負けた貴ノ花は、土俵を下りて水をつけに行き、さらに土俵を蹴りつけるなどの乱行、 負け星だけでも既に 3つで横綱は夢と消えたというのに、この態度では恰かも横綱昇進を自ら拒絶しているかのようだった。
 10日目 武蔵丸(下手投げ)濱ノ嶋
 快勝続きの武蔵丸、唯一の苦戦。濱ノ嶋が頭から当たると武蔵丸は右で張ってから突っ張る。 濱ノ嶋は右に廻り込んではね上げ、左おっつけから左上手前褌を取って武蔵丸の右についた。 武蔵丸は右下手を引き、ジリジリと左を捻じ込む。濱ノ嶋は右からおっつけ、右上手をも引いて青房に出た。 武蔵丸は棒立ち、あわや土俵を割らんかというところ、右下手から投げ捨て辛うじて逆転に成功、依然無敗である。
 13日目 武蔵丸(押し出し)若ノ花
 全勝大関の直接対決。若ノ花が当たると武蔵丸は両手突き、若ノ花は右おっつけで防ぐが、武蔵丸は右喉輪押し。 若ノ花は左おっつけから撥いたが、武蔵丸は追って突き立て、東に押し飛ばした。
○平成 6年 9月 優勝 大関 貴ノ花 光司 15勝 6
 曙が休場したが 4大関と関脇武双山が頑張った。但し前場所全勝の武蔵丸は風邪を引き、取りこぼして 6日目で 2敗。 貴ノ浪は 6日目琴稲妻の寄りに敗れ 1敗。10日間終わって全勝は貴ノ花・若ノ花・武双山。 11日目、武蔵丸は14年半振りの水入り相撲で敗れ 3敗となり、若ノ花も敗れ 1敗。 12日目に貴ノ花−武双山の全勝戦は貴ノ花が完勝。14日目に 1敗力士がなくなり全勝の貴ノ花が優勝。 千秋楽も勝ったが、前場所の11勝が響き内規にかなわず、相撲内容の向上は認められたものの、 過去の一進一退を目の当たりにしていては信頼されず、結局横綱は見送りとなった。
・優勝決定の一番 14日目 貴ノ花(寄り切り)琴の若
 貴ノ花が突っ張って出て右喉輪左おっつけから右四つ左上手の形となった。 琴の若は右から起こして強引に出ると、貴ノ花はズルズル後退したが右掬い投げで逃げ、頭をつけて寄り返し両差し、 青房に寄り立て、琴の若が右を首に巻いて堪えるにも構わず寄り切った。この後、貴ノ浪・若ノ花が相次いで負け、貴ノ花の優勝が決まった。
・好勝負
  8日目 武双山(押し出し)三杉里

 絶好調の関脇武双山は全勝で早くも給金相撲、この日も圧勝だった。 三杉里が立ち合いにいきなり左から素首落としにいくと、武双山は得たりと右から左と筈で攻め立て一気に押し出した。 この場所の武双山は相手を全く問題にせず勝ち進む。
 10日目 旭道山(引き落とし)朝乃若
 低く当たろうとする朝乃若に対して旭道山は左上方へ大飛行、 朝乃若を跳び箱にして体を捻り、真後ろについてそのまま赤房に送り出した。珍相撲中の珍相撲、曲芸相撲であったが、 旭道山の手着きが悪過ぎて正面の北の湖が立ち合いからずっと手を挙げていた。従ってやり直しとなり、 今度は朝乃若が頭を下げて出たが動揺のせいか鋭さがなく、旭道山が受けて僅かに下がりながらサッと引いて簡単に片づけた。
 11日目 琴稲妻(押し出し)若ノ花
 若ノ花は右で一つ張った。しかし出足相撲相手にやると牽制の効果があるが、立ち合いの出足がそんなにない琴稲妻にはまるで効かず、 そればかりか、ない筈の出足を誘発してしまった。琴稲妻は右おっつけ左喉輪から突き立て、忽ち西に追い詰めて左おっつけ右喉輪で白房に押し出した。 若ノ花は戦術ミスで初黒星を喫した。
 11日目 琴の若(上手投げ)武蔵丸
 武蔵丸が突っ張って西に出ると、琴の若は左からはね上げて左に廻り込み左上手、 武蔵丸はそのまま青房に出たが琴の若が寄り返して体勢を整え、右四つ左上手から白房へ出る。 武蔵丸は右に廻って土俵中央、暫し動きなく琴の若が頭を下げた。そして琴の若が赤房から向正面に寄ると、 武蔵丸は右を返して残し、また右に廻って土俵中央やや東寄りで動きが止まった。武蔵丸は右から起こそうとする。 琴の若は武蔵丸の右についた。武蔵丸は右半身、下手を取ったが殺されている。琴の若は相変わらず頭を武蔵丸の顎の下につけ、両差しを許しているが東に出ようとする。 武蔵丸は今度は左半身。琴の若は浅い両上手を引きつけ赤房に出るが、武蔵丸は左へ逃れた。 4分を過ぎ、武蔵丸は左から煽って琴の若の頭を上げた。琴の若は右上手からグッと捻ったが、武蔵丸は残す。 4分23秒、正面九重(千代の富士)の手が挙がって水入りとなる。再開を前に組み直すが、 行司善之輔と審判長の連繋が悪く、時間がかかって野次も飛ぶ。再開、琴の若が上手を引きつけて正面に出ようとすると、 武蔵丸は水入りのせいで深い両差しになっていて、逆に正面に出ようとした。しかし武蔵丸は右膝が崩れ、琴の若がちょっと右に廻り込んで投げを打つと、武蔵丸は右膝から崩れ落ちた。 武蔵丸は 3敗となって完全に脱落した。
 12日目 貴ノ花(寄り切り)武双山
 武双山が突っ張って出ると貴ノ花は早くも左前褌を取り左四つ、武双山は頭を下げたが上手が取れない。 貴ノ花は右廻しも引きつける。武双山は貴ノ花の寄りに右の小手投げと左の下手投げで対抗したが、貴ノ花は堪えて寄り立て、なお下手投げで堪えようとする武双山を黒房に寄り切った。 全勝対決は貴ノ花の圧勝に終わった。
 千秋楽 貴ノ花(寄り切り)舞の海
 貴ノ花は初の全勝を懸けて舞の海と対戦、低く出る舞の海に対し貴ノ花は左差し右おっつけ、ともに筈にして運び、左を首に巻く舞の海に構わず赤房に難なく寄り切った。 これで貴ノ花は 6回目の優勝にして初めて全勝を達成、これを土産に横綱昇進が成るものと大方は信じたが、見送られた。
×平成 6年11月 優勝 大関 貴乃花 光司 15勝 7
 改名した貴乃花が綱を目指し、その通り全勝して横綱を掌中にした。 曙は出場したが完調には程遠く、こちらも改名した若乃花は腰の捻挫で相撲にならず、 武蔵丸・貴ノ浪もぱっとしなかった。大関を目指した武双山は負け越し。 優勝争いなどなく、これ以降数年続いた味気ない優勝争いと相撲内容の発端となった場所でもあった。 千秋楽の曙−貴乃花戦だけは見応えのある素晴らしい相撲ではあった。
・優勝決定の一番 14日目 貴乃花(寄り切り)武蔵丸
 貴乃花が低く当たり、右前褌を狙った。武蔵丸も両手突きから胸を突くが、貴乃花は右足を踏み込んで受け止める。 貴乃花は右左と前褌を取り、武蔵丸に両上手ともに与えず、左を深くして返し、西に鋭く出て寄り切った。 まさに完璧、これこそ望まれていた貴乃花の相撲である。
・好勝負
 千秋楽 貴乃花(上手投げ)曙

 曙が早く立ってかち上げたが貴乃花は低く立って左下手を取り一気に東に殺到した。曙は忽ち下がったが右上手を取る、貴乃花は下がって上手を切るが自身は上手が取れない。 貴乃花がなお東に出ようとすると曙は右から小手投げを 2回振って右に廻り込んだが、貴乃花は残して右前褌を引き黒房に出る。 曙踏み堪えて左で貴乃花の右を切り、さらに小手投げ。貴乃花は下手投げで堪えて寄るが曙右上手を引いて残す。 左四つ、貴乃花の攻勢は止まる。貴乃花は上手を切ろうとするが切れない。曙が向正面に寄り、貴乃花が上手投げで堪えると曙さらに正面に寄り立てた。 貴乃花は下がりながら堪えて右上手投げでどうにか逆転、全勝優勝で横綱栄進に花を添えた。
前画面に戻る