平成 7年
○平成 7年 1月 優勝 横綱 貴乃花 光司 13勝 2敗 8
 30連勝中の新横綱貴乃花がどこまで勝ち続けるかと言われたが、 初日武双山の上手投げに吹っ飛んで早くもその夢は消えた。 その他の上位陣は 3日目に武蔵丸、 6日目に若乃花、 7日目に貴ノ浪と敗れ、 さらに 8日目結び前に貴乃花が 2敗となって全勝の曙が俄然有利になったが、 曙も結びで敗れ、優勝争いは 1敗で貴乃花を除く上位陣と大翔鳳、 2敗に貴乃花・肥後ノ海。 潰し合いから若乃花が武蔵丸・曙に完敗して脱落し、貴ノ浪は12日目以降崩れて 4敗。 13日目曙と武蔵丸の直接対決は武蔵丸が勝つ。千秋楽武蔵丸と貴乃花が勝って両者の決定戦、貴乃花が勝って新横綱で逆転の優勝となった。
・優勝決定の一番 決定戦 貴乃花(寄り切り)武蔵丸
 武蔵丸が突っ張ろうとしたが貴乃花はいち早く左上手を取り、武蔵丸は右下手一本。 貴乃花右、武蔵丸左の差し手争いから貴乃花が出ると見せて左から出し投げを放つ。 武蔵丸はこれは残したが貴乃花は右前褌から右差し、充分になって白房に寄り切った。
・好勝負
 初日 武双山(上手投げ)貴乃花

 連続全勝を引っ提げて登場の新横綱貴乃花の初日。武双山が突っ張るに構わず貴乃花は立ち合い良く左を取ったもので喜んで走ったが、 武双山は下がりながら右上手を引きざまぶん投げた。貴乃花は勢いがついていたからたまらない。溜まりの曙に激突して連勝記録をフイにした。
  9日目 小錦(突き落とし)貴闘力
 時間前、貴闘力が当たってすぐに引き、小錦はついていって貴闘力の両腕を抱える。 小錦は出ようとする構えだが動きが止まる。小錦は 2度ほど出たが貴闘力残す。 小錦は両方から抱えるが完全には極まっていない。貴闘力は両下手を取っているが小錦の肉に顔が埋まる。 4分23秒で水。再開後、小錦が左を巻き替えながら出るが、左が入らないので叩く。貴闘力も叩く。 小錦もう一回叩いたが互いに残って元の体勢、小錦が右を巻き替えると貴闘力が左から出し投げ、さらに右筈で白房に押し込んだ。 小錦は土俵際で構え、貴闘力がなおも力を傾注すると小錦は右腕を伸ばして外網打ち、遂に貴闘力は土俵に倒れた。 小錦健在を天下に知らしめた大一番だった。
◎平成 7年 3月 優勝 横綱 曙 太郎 14勝 1敗 8
 貴乃花が 4連覇を目指す一方で曙が賜盃奪還へ闘志を滾らせる。 貴ノ浪は初日から 3連敗して 9勝。他の上位は 6日目まで全勝。 7日目武蔵丸と貴乃花に土がつき、 曙と若乃花が全勝を守る。 9日目若乃花が投げの打ち合いに敗れ曙が遂に単独トップに立った。 11日目若乃花が 2敗。両横綱とともに 1敗であった武蔵丸は、横綱戦で完敗して脱落。 14日目若乃花が曙を破ったが、両横綱が 1敗のため 2敗の若乃花も優勝の可能性が消滅し、 こうして千秋楽横綱相星決戦となった。組めば貴乃花、突けば曙と言われたが、曙は突っ張りから右四つに組んで体力で圧倒。 寄り倒して曙が 1年ぶりに復活優勝を成し遂げた。
・優勝決定の一番 千秋楽 曙(寄り倒し)貴乃花
 互いに両手突き、これは空を切ったが曙素早く左喉輪で押し進んで右から入り右四つ、 両廻しを引きつけて腰を割り東から赤房を経て向正面に寄り立てた。貴乃花も両廻しを引きつけたが胸を合わされ打つ手のないまま土俵に詰まり、 左に打っ棄ろうとしたが曙は強烈に引きつけてのしかかり圧勝、手術以来隠忍を重ねて賜盃を得た。
・好勝負
  6日目 曙(突き倒し)朝乃若

 朝乃若が当たろうとしたが曙が両手突きから鋭い突っ張りで忽ち赤房に追い詰め、左喉輪突きで潰してしまった。
  7日目 寺尾(引き落とし)貴乃花
 寺尾が突っ張ると貴乃花は右差しを狙いながらも突っ張って応戦、 貴乃花が突き勝っていたが左足が仕切り戦で滑った。寺尾はすかさず左から去なすと貴乃花は赤房に大きく吹っ飛び初金星を献上した。
  9日目 曙(寄り倒し)安芸乃島
 曙が両手突きから東に一気に出ると安芸乃島は下がりながらも右小手投げ気味に去なす。 曙が構わず突いて出ると安芸乃島はさらに左から去なす。曙はさらに東に突き立て、安芸乃島が右からおっつけて右を差すと、曙は左上手を取って右四つ、引きつけてグーッと寄り詰める。 安芸乃島が棒立ちで堪えると、曙は爪先立ったが、両手で胸を押して寄り倒した。好調安芸乃島の大善戦で大いに沸いたが、曙も落ち着いて対した。
 14日目 若乃花(肩透かし)曙
 曙が突っ張って東に進んだが若乃花踏み堪えて右を覗かせ、 曙がなお左からおっつけようとすると若乃花右に逃げて右から肩透かしを引いて決め、全勝の曙に土をつけ、千秋楽横綱相星決戦の舞台を整えた。
○平成 7年 5月 優勝 横綱 貴乃花 光司 14勝 1敗 9
 この場所も両横綱の優勝争いとなった。追うべき大関は貴ノ浪が終盤崩れて 6勝。 若乃花も稽古不足でこれまた終盤に負け続けて 9番。武蔵丸は前場所と同じく 1敗から横綱戦に完敗。 かくて 4日目に肥後ノ海に引き落とされた曙と、13日目に武双山に寄り倒された貴乃花が 1敗同士でまたも相星決戦。 今度は曙の突きにはね上げで応戦した貴乃花が曙を寄り切り雪辱した。 三役で 2場所連続二桁勝利して大関を狙った安芸乃島だったが、場所中に熱を出し、抗生物質の投与を受けたところが体質に合わず死にかけるなど、 相撲どころの体調ではなく無念の負け越し。
・優勝決定の一番 千秋楽 貴乃花(寄り切り)曙
 曙突っ張ったが貴乃花ははね上げて左を取るや右差し、曙の上手を切って東に猛攻。 土俵際で廻しを放して押し放し優勝を決めた。
・好勝負
  2日目 小錦(寄り切り)若乃花

 小錦が突っ張ると若乃花は右に前褌を取って左からおっつける。 小錦は左で抱え、右を差そうとしたがならぬので若乃花の右を泉川にいった。若乃花は左を取った。 かくて若乃花は前褌を引きつけ右へ寄ったが、小錦は泉川から思い切って右へ振った。 若乃花はこの奇襲で不覚にも右足を出してしまい黒星を喫した。
 13日目 武双山(寄り倒し)貴乃花
 貴乃花は腰のためのないまま突っかけ左から張ったが当たり負けして右前褌を許した。 貴乃花も左前褌は引いているが殺されている。右では抱えた。貴乃花は右を巻き替えにいったが入らず、 いったんは上手を取ったが再度巻き替えにいった。武双山はそれを狙って左筈右前褌で東に寄り立て、筈を効かせて寄り倒し完勝した。
×平成 7年 7月 優勝 横綱 貴乃花 光司 13勝 2敗 10
 新入幕で 7枚目に据えられた土佐ノ海を使って本場所を盛り上げようという思惑か、 初日に若乃花戦、 2日目に貴乃花戦という強引な取組を編成されたのには開いた口が塞がらなかった。 曙が四つにこだわって迷った揚句に前半で 3敗し、全く味気ない場所となった。 大関陣は貴ノ浪が 7勝 1敗から崩れ 9勝。 若乃花は14日目曙に屈し 3敗となって 8日目琴錦に負けただけの貴乃花の優勝が決まってしまった。 その貴乃花も千秋楽曙に叩き落とされ13勝にとどまった。この場所は相撲内容がひどく悪かった。
・優勝決定の一番 14日目 貴乃花(肩透かし)武蔵丸
 貴乃花は左に変わり、武蔵丸の突っ張りに突っ張りで応戦して左を取ったが武蔵丸は左筈で出る。 貴乃花は後退したが右を覗かせて右へ逃げて肩透かしで這わせた。この場所の悪さを象徴する相撲の一つ。次の相撲で若乃花が曙に負けて貴乃花の優勝が決まった。
・好勝負
  6日目 浪乃花(叩き込み)琴別府

 肘故障で精彩のない浪乃花と、膝故障に苦しむ琴別府の相撲。 押し合いから右四つとなり、浪乃花は右下手左は外筈の体勢から蹴返しや下手出し投げなどで揺さぶるが決められず、 琴別府も重い腰を利して守るが攻められず長引いて水。再開後攻め手がなく大いに長引いた挙げ句、浪乃花が振りほどいて押し、そして下がって叩き込み。 15日分以上の時間を費やして浪乃花は初白星を得たが、水入りまでに 5分半以上、再開後も 2分半弱、合計 8分超という近来なかった長い相撲だった。
 千秋楽 曙(叩き込み)貴乃花
 貴乃花がやや早く立ったが右前褌に手はかからず、曙は徹底して突っ張り、 貴乃花は左足を大きく引いて闇雲に頭を下げ、只管に右を狙ったが空振りを続け、結局叩かれて頭から土俵にめり込んだ。 前日の相撲と合わせてこの場所を象徴するような相撲だった。
△平成 7年 9月 優勝 横綱 貴乃花 光司 15勝 11
 これといった目玉もなく、大関若乃花・貴ノ浪に取りこぼしが多く、武蔵丸も 2敗から両横綱に敗れ去った。 両横綱が11連勝したが、12日目に貴ノ浪に敗れた曙はその後場所前の稽古不足を露呈し、結局14日目に貴乃花が武蔵丸に勝ち、 曙が若乃花に敗れて優勝が決まった。しかし両横綱の相撲の内容は決して良いとは言えなかった。
・優勝決定の一番 14日目 貴乃花(上手出し投げ)武蔵丸
 武蔵丸が突いて出たが貴乃花踏み込んで左を入れ、次いで右前褌を取り寄り身、 機を見て右から強烈な出し投げを放ち、武蔵丸を赤房に投げ飛ばした。次の一番で曙が敗れて貴乃花の優勝が決まった。
・好勝負
 初日 琴稲妻(寄り切り)若乃花

 琴稲妻が右を覗かせると若乃花が左からおっつけて一気に出た。 琴稲妻は東土俵でヒラリと飛んで去なし、向き直った若乃花が去なして掴んだ右上手から投げたが、 琴稲妻が倒れるより早く右足が土俵を割り、物言いは成立しなかった。
  6日目 智ノ花(押し出し)土佐ノ海
 前場所新入幕で上位とも当たって 7勝と善戦した土佐ノ海はこの場所も好調だった。 そして学生界の大先達である智ノ花と対戦した。立ち合い五分に当たり合って土佐ノ海が突き放そうとしたが、 智ノ花はさらに低くもう一発ぶちかまし、智ノ花なお突き放して攻勢、右の一押しが効いて土佐ノ海は東土俵に棒立ち、 堪えんとする土佐ノ海をもう一押しして砂かぶり奥まで突き飛ばした。万余の観衆を驚嘆させた智ノ花会心の一番。
 12日目 貴ノ浪(寄り切り)曙
 貴乃花とともに全勝の曙は、既に 5敗の貴ノ浪と対戦、貴ノ浪から突いたが曙構わず突いた。 ところがやや威力を欠き貴ノ浪得意の右上手を許し、曙は上手が取れぬまま上手投げで崩されて青房に寄り切られた。 横綱全勝決戦の夢を砕く伏兵貴ノ浪の意地だった。
×平成 7年11月 優勝 大関 若乃花 勝 12勝 3敗 2
 初日貴乃花が新小結琴稲妻に投げつけられ左足親指亀裂骨折、 2日目には曙が貴闘力に突き落とされ、 3日目には若乃花が湊富士に寄り倒された。 5日目に単独トップに立った武蔵丸も 6日目には敗れ、 7日目には貴乃花が土佐ノ海に敗れると、 9日目には曙も土佐ノ海に負けて左大腿筋肉離れで休場。 武蔵丸は後半に脆さが目立ち10番、貴ノ浪もうち続く不振で 9番。 先頭を走る 1敗の若乃花の内容も褒められず、最近の場所よりはおっつけの威力はあったが、 12日目魁皇、千秋楽武双山に力負けして 3敗。ところが結びで貴乃花が武蔵丸の変化に這いこれも 3敗で兄弟決戦となった。 兄弟決戦は貴乃花の体が動かず、若乃花が右下手投げで勝って優勝。 優勝成績が12勝、しかも決定戦の内容も芳しくなく低調な場所で、平成 7年の大相撲は尻すぼみの印象を残した。 尤も相撲内容は年初から地を這っていたが、優勝争いの中身まで落ちてしまっては救いようがない。
・優勝決定の一番 決定戦 若乃花(下手投げ)貴乃花
 貴乃花は立ち合い右肩を出して出た。若乃花は左おっつけ右差し。 若乃花は左で抱える。若乃花は絞って東に出る。貴乃花は残したが若乃花は右下手左上手を引く。 貴乃花は右下手を取っているが左では何もしない。若乃花は再度寄り立て左で切り返しながら右下手投げで勝った。 貴乃花の脳裡に様々な思いが去来し思うように体が動かず、若乃花の独り相撲となって味気なかった。
・好勝負
 初日 琴稲妻(上手投げ)貴乃花

 33歳で新小結となった琴稲妻、初日に 4連覇を目指す貴乃花との対戦。 貴乃花は両手を出して探るような立ち合いを見せると琴稲妻は左へ飛んで去なし、 これを堪えようとした貴乃花は腰高のため左親指が捻じれ、琴稲妻が続いて放った得意の左上手投げを全く堪えられず、 大きく一廻転して背中から落ちた。琴稲妻一世一代の大殊勲。
 14日目 若乃花(寄り切り)武蔵丸
 武蔵丸が突っ張るが若乃花は左右からおっつけて下がらず、左上手を取って出し投げ。 さらに若乃花は右で前褌を取って頭をつけ、左筈で東に出て寄り切った。 若乃花は前日の琴錦戦に続いて難敵を破って 2敗を守った。
前画面に戻る