平成 8年
△平成 8年 1月 優勝 大関 貴ノ浪 貞博 14勝 1敗 1
 この場所の焦点は前場所優勝した大関若乃花の綱取りであったが、感冒による肝機能障害の悪化から 3連敗して休場。 また横綱曙も初日から 2連敗で休場。横綱貴乃花が全勝を続けるが相手に合わせる消極相撲であった。 これを追ったのは復活の大関貴ノ浪。 5日目に苦手の剣晃に敗れたが、踏み込み鋭く出足が良かった。 貴乃花は14日目魁皇に対し右上手を切ったが再び取られ、振り飛ばされて 1敗。 千秋楽は両者勝って優勝決定戦となる。左四つ外掛けで攻めた横綱だったが河津掛けに仰倒し貴ノ浪初優勝。
・優勝決定の一番 決定戦 貴ノ浪(河津掛け)貴乃花
 立つや横綱は左差し右前褌で白房に寄り立て、左の外掛け。 大関これを残して土俵中央に戻り右の上手を引く。しかし横綱はなお攻勢、青房に寄りながら再度の左外掛け。 大関の左足は俵の上に乗ったが辛うじて残し、右上手投げで正面土俵に逃れて右の河津掛けで靠れ込むと、貴乃花が早く背中から落ちてしまった。 貴ノ浪は大変則相撲で初優勝を飾った。正統派相撲の横綱はセオリー無視の外掛けをやったのが敗因となった。
・好勝負
 初日 水戸泉(寄り倒し)若乃花

 若乃花が両手を出して突いてから右おっつけで西に出たが水戸泉残し、 若乃花なおも突いておっつけから差そうとしたが動きが鈍く、水戸泉に両方から抱え込まれて浮き上がり、 さらに若乃花が右から掬おうとしたが水戸泉は右喉輪で黒房に出てそのまま寄り倒した。 若乃花は体調不良を急ピッチの調整で間に合わせようとしたが無理で結局途中休場した。
  9日目 貴闘力(叩き込み)土佐ノ海
 頭で当たり合って土佐ノ海が突き起こすと貴闘力も突き返して左から去なし、 なお土佐ノ海が頭を下げて出るところ貴闘力は左へ左へ廻って右で叩き込み、土佐ノ海が左手から落ち、それから貴闘力が左に飛んだが軍配は土佐ノ海。 すぐさま貴ノ浪が物言いをつけ、差し違いとなった。
 11日目 貴ノ浪(寄り倒し)武双山
 武双山が当たって右おっつけ左筈から押そうとし且つ左を引っ張り込まれるのを嫌うと、右から引っ張り込もうとした貴ノ浪は右で叩いて崩し、 右から引っ張り込み左を捻じ込みながら右で上手を肩越しに取った。さらに左下手を取った貴ノ浪は、吊り身に寄り立て、左下手投げを打って寄り倒した。
 13日目 貴乃花(叩き込み)琴錦
 互いに当たり合って互いに右差し、貴乃花が左上手を狙ったが取れず、下がりながら右喉輪から突き放そうとした。 琴錦は左に動いて去なすと貴乃花は一瞬虚を衝かれて泳ぎかけたがすぐ向き直って突っ張り合い、貴乃花が勝る。琴錦が突き返そうとして右膝が入りぐらつくところ貴乃花は右に飛んで叩き込んだ。
 14日目 魁皇(上手投げ)貴乃花
 当たり合って魁皇が左からおっつけて左差し、貴乃花は右上手に手が届かず、魁皇は右で抱えたまま寄り立て上手。 一度は切られたがもう一度取り直すやいきなり大きな上手投げ、さらに頭を押さえて向正面行司溜まりに投げ飛ばし、全勝の横綱に土がついた。
×平成 8年 3月 優勝 横綱 貴乃花 光司 14勝 1敗 12
 貴ノ浪が連覇なら綱ということで本人も並ならぬ意欲を見せていたが、 引いての 2敗で印象を悪くした。若乃花の序盤は全く駄目だったが中盤以降は良くなって貴ノ浪とともに13日目まで 2敗。 しかし貴乃花が 1敗で独走。この横綱はこの場所は必要以上に頭を下げるなどでもたつき、内容は良くなかった。 ところが14日目に 2大関が敗れ、横綱が勝ち呆気なく優勝を決めてしまった。なお曙は休場。 この場所限りで元大関霧島が引退した。
・優勝決定の一番 14日目 貴乃花(寄り切り)魁皇
 魁皇が左からおっつけたが貴乃花は左から右と両差しで出る。 魁皇が右小手投げを振ろうとする前に左下手投げで向正面に寄り、また魁皇が小手投げを振るが貴乃花は喰わず、 貴乃花は右喉輪で詰めたもののこれは魁皇も残す。左四つから貴乃花が巻き替えようとするを魁皇左小手投げ、さらに挟みつけて出るが貴乃花下がらず両差し、 左下手を引いて魁皇が右に逃げるを許さず白房に寄り切って優勝を決めた。
・好勝負
  3日目 旭豊(肩透かし)貴乃花

 互いに全く合わせる意思なく旭豊が 2度突っかける。 3度目、旭豊が頭を下げて左上手横褌、貴乃花はこれを切るが旭豊は頭を上げず、 頭を上げたと思ったら執拗な喉輪攻め。貴乃花が押し返して右を差そうとすると旭豊は再び頭を下げておっつけ、左を入れて左四つとした。 貴乃花は右を巻き替えると旭豊も巻き替えようとしたがすぐやめ左から絞って左四つに戻す。 貴乃花がまた右を入れると旭豊は意表を突いて閂に極め、貴乃花はこれを外して頭だけを下げるところ、 旭豊は下がりながら右で叩いて左肩透かし、貴乃花の両足が流れてバタつくと旭豊は今度は右から肩透かしを引いて決めた。
 14日目 武蔵丸(寄り切り)貴ノ浪
 武蔵丸が突っ張り、貴ノ浪が左に逃げて土俵際左おっつけで凌ぎ、 さらに左に逃げて土俵中央左肩透かしで武蔵丸は右手を着いて腹這いになり、貴ノ浪も左に横転。 軍配は貴ノ浪、武蔵丸の右手はかなり早いが貴ノ浪の体も生きているとは言い切れず微妙、取り直しに落ち着いた。 取り直しも武蔵丸が突いて出て、貴ノ浪は一廻転したが残して左上手、上手から引きずって右で頭を押さえたが武蔵丸も靠れ込み、 軍配は貴ノ浪から武蔵丸に廻された。貴ノ浪の左足が上がって死体になるのと武蔵丸の左膝が落ちるのとがかなり際どかったが、 協議の結果は武蔵丸の勝ちだった。
 千秋楽 琴龍(寄り切り)霧島
 霧島頭を下げて当たったが琴龍に当たり負けして押し込まれ、左差し右前褌の琴龍吊り身に出て寄り切った。 霧島は12敗目、この相撲を最後に引退した。
△平成 8年 5月 優勝 横綱 貴乃花 光司 14勝 1敗 13
 曙が再起、 2日目から連敗して危ぶまれたが10番勝って面目を施す。 8日間終わって全勝は貴ノ浪のみ。しかし貴乃花を破って意気軒昂たる苦手の剣晃に 9日目完敗してしまう。 若乃花の動きも良く 1敗であったが、12日目に玉春日に瞬く間に押し出された。両者ともに千秋楽敗れて 1敗の貴乃花の連覇が決まってしまった。 貴乃花のこの場所は落ち着きがなく、前にも出ないひどい相撲であった。
・優勝決定の一番 14日目 貴乃花(寄り切り)武蔵丸
 武蔵丸が両手突きで立つが貴乃花構わず踏み込み、貴乃花がちょっと突っ張って左を差そうとした時武蔵丸が腕を取って振った。 そして武蔵丸が突き上げたが貴乃花の構えは崩れず左から取って寄り、右から出して頭をつけ、右四つ充分の形となる。武蔵丸が左を巻き替えようとすると差し手争いから左四つとなり、 終始頭をつけて向正面に寄り切った。翌日に 2敗の 2大関が敗れて優勝が決まったが、この場所も貴乃花は最後まで冴えなかった。
・好勝負
  6日目 剣晃(下手投げ)貴乃花

 剣晃は立ち合いざま右から一発強烈に張ったが貴乃花構わず右四つ左上手を取った。 剣晃は左からおっつける。貴乃花は右を殺されたためか上手側に身を寄せる。 貴乃花は上手投げを打つように右へ寄って出た土俵際、一瞬力を抜いた剣晃が腰に乗せて大きく下手投げを打った。 意表を突かれた貴乃花は左足を蹴上げて西土俵外に消し飛んでいた。
○平成 8年 7月 優勝 横綱 貴乃花 光司 13勝 2敗 14
 前場所二桁勝った魁皇と武双山が大関取りであったが、 2人とも腰痛で武双山は負け越し、 魁皇は10勝したが引き技が多くいただけない。若乃花が序盤から大不振で、終盤勝ち込んだものの相撲の内容は全くなかった。 貴ノ浪は10連勝したが後半戦は立ち合いに踏み込みがなく、11日目に足首を捻挫して12番にとどまった。 曙が絶好調で13日目に単独トップに立ったものの14日目若乃花の河津掛けで左肩を強打して、 千秋楽相星決戦で貴乃花に完敗した。貴乃花はもう滅茶苦茶で、心ここにあらずといった相撲であった。 ただし優勝争いはまあまあ面白かった。
・優勝決定の一番 千秋楽 貴乃花(寄り倒し)曙
 曙はかち上げたが貴乃花は受け止めて右下手左も上手充分。 曙は前日の負傷で左手が使えず、貴乃花の寄りを堪えるだけ、結局黒房下に寄り倒された。
・好勝負
  3日目 舞の海(下手捻り)小錦

 小錦が見ると舞の海がちょっと見てから飛び込み左を深く右を浅く両下手。 小錦は抱きかかえて出るが舞の海は堪えて寄り返す。舞の海ががぶると右上手を引いている小錦は逆に東に出たが、 舞の海は左下手から捻り脇を潜り抜けて鮮やかに勝ったが、再軽量力士の左膝の上に最重量力士が倒れてしまった。 当然舞の海は左膝の靭帯を痛めて休場、連続して保った幕内を落ち、その後一時返り咲いたが、以前ほどの切れを失った。
 11日目 曙(突き倒し)魁皇
 素晴らしく好調の曙は、大関を狙うが手繰ってばかりの魁皇の挑戦を受けた。 魁皇が当たろうとすると曙は両手突きで一気に突進、魁皇は曙の右腕にしがみつこうとしてすっぽ抜け、 バランスを崩したところにもう一発の両手突き。魁皇は赤房下に突き倒された。
×平成 8年 9月 優勝 横綱 貴乃花 光司 15勝 15
 前場所の怪我が尾を引く曙が休場かと騒がれたが出場し、途中まで優勝を争った。 結局10番であったが、まずまずといえようか。貴ノ浪が初日の勝ち相撲で勢い余って右膝靭帯を伸ばして大苦戦。 若乃花も気の抜けた相撲で優勝争いを味気なくした。ここのところ名前も挙がらなかった大関武蔵丸が独り 2敗で追ったが、 13日目に完敗して全勝の貴乃花が優勝。この場所の貴乃花は「勝つ相撲」に徹していた。 期待の魁皇も引いてばかりで負け続け、全く面白くない場所であった。
・優勝決定の一番 13日目 貴乃花(送り出し)魁皇
 当たり合って貴乃花が左下手、魁皇は左四つながら廻しが取れない。 貴乃花は巻き替えんとし、初めは魁皇が防いだが結局巻き替え、両差しから左へ攻め、魁皇の小手投げを許さず赤房に送り出した。
・好勝負
 初日 貴乃花(上手投げ)琴錦

 立ち合い烈しく当たり合ったが貴乃花の当たりが殊に良かった。 互いに右を差したが貴乃花はやや深いながらも上手を取り、グイグイ寄り立てる。 琴錦が西土俵で抗うもならず、貴乃花はそのまま左上手投げ、型の如く、しかしながら豪快に捻じり倒してしまった。 ここのところだらけた相撲を続けていたのが嘘のよう、貴乃花の変身振りに目を瞠った。 大袈裟に言えば、この場所の優勝は初日で貴乃花に決まったかのような印象さえ与えた。 斬れ味鋭い豪快な勝ち相撲、それでいて無理のない攻め、いよいよ完成期に入ったものと考えられた。
 10日目 旭豊(下手捻り)曙
 曙の右喉輪を旭豊手繰ってかわし両下手、しかし曙構わず突っ張ってから両上手を引いて向正面に出た。 旭豊は剣ヶ峰堪えて左に僅かに打っ棄りを見せ、曙の右足は出たがその前に旭豊の両爪先はそれより早く完全に上がって死体。 軍配も当然曙に上がったが物言いがついてどういう訳か取り直しとなってしまった。 取り直しは曙が突っ張ろうとしたが旭豊が頭を下げ、曙なおも突っ張ろうとしたものの命中率が低く、 旭豊が右下手を引いたので曙も左上手を引いて出ようとする端旭豊右下手から捻って勝った。
 元小結旭道山が衆院選近畿ブロック比例代表として新進党から出馬。発表は十月六日。 七日に協会に廃業届を提出したが、落選のことを考えて協会は保留。二十日の投票の結果、 旭道山は当選し、二十二日再び廃業届を提出、受理され旭道山は廃業、「旭道山和泰」の名で代議士を務めることになった。
×平成 8年11月 優勝 大関 武蔵丸 光洋 11勝 4敗 2
 場所前の巡業で貴乃花が左背筋の肉離れを起こし、出場を決意したが急性腸炎に襲われ無念の休場。 貴闘力が大関を狙ったが、尿管結石を起こし大技首捻りを喰うなどで負け越し。 土俵は初日に曙が武双山に敗れて始まった。そして 6日目に全勝が消え、 11日目には曙と武蔵丸が 1敗で 2敗がなく、ほぼ決まりと思われた矢先この両人が 2連敗。 14日目の対戦では武蔵丸が掬い投げで曙を破る。この時 3敗は若乃花と武蔵丸、 4敗で曙・貴ノ浪・魁皇。 若乃花は序盤動きが硬かったが、12日目からは素晴らしい相撲を見せた。 武蔵丸は不振を脱しようと懸命。曙は12日目以降萎縮。貴ノ浪は膝が完治せず苦戦。 魁皇は引っ掛けを多用し、立ち合いも高く内容は悪い。千秋楽、魁皇は貴闘力を押し出して待つ。 武蔵丸は突いて出たが貴ノ浪に廻られ上手投げに這って両者 4敗。若乃花が優勝を懸けての曙戦、変化を見られて猛突っ張りを浴び、突き倒されて両者 4敗。 5人による優勝決定戦ということになり武蔵丸が優勝。 二子山部屋の連覇は 9で止まったが、実に低次元なひどい場所であった。 7日目、安芸乃島−土佐ノ海戦で軍配は土佐ノ海に上がったが差し違いとなり、 その説明をした審判長武蔵川(三重ノ海)が、誤って「土佐ノ海の勝ち」と言い、ややあって苦笑しながら言い直した。
・優勝決定の一番 決定戦 曙(不戦)
             武蔵丸(寄り切り)若乃花
             貴ノ浪(掬い投げ)魁皇
             武蔵丸(寄り切り)曙
             武蔵丸(寄り切り)貴ノ浪

 抽籤の結果曙が勝ち残りとなり、武蔵丸に若乃花は武蔵丸が両手を出すと若乃花は頭を下げたが右を入れられ、 若乃花が右下手投げで逃れようとしたが武蔵丸が左上手を引きつけて追いかけ、青房下で寄り切った。貴ノ浪に魁皇は魁皇緊張の余り浮き足立って右から抱えるや右に動いて小手を振ったが左手を先に着いて敗れた。 巴戦となり、曙に武蔵丸。武蔵丸がやや右に変化したが曙が向正面に攻めて左上手から右四つに組んだ。しかし武蔵丸が上手を取ると腰高のため逆に寄り切られた。 こうして残った武蔵丸は貴ノ浪と対戦し、武蔵丸がまた右にちょっと動いたため貴ノ浪が面喰らい、武蔵丸の右差し左筈で一気に東に寄り切られた。 これで武蔵丸が優勝を決めたが、初優勝が全勝で 2度目が最低線という珍妙な記録が残った。
・好勝負
 初日 武双山(押し出し)曙

 立って曙が左を覗かせ右からおっつける恰好で出ると武双山が左へ廻り込むので曙は左喉輪から突き放した。 しかし武双山はなお左へ廻り、正面でもっと左へ飛んで去なすと曙はのめった。向き直った曙に武双山は飛び込んで両筈、 曙が右に廻って左へ叩こうとしたが武双山は残し、白房下で棒立ちになる曙を右で押して押し出した。 一応の優勝候補筆頭である曙が初日から躓き、混乱場所の端緒を作った。
 12日目 小城錦(掬い投げ)武蔵丸
 立って武蔵丸がすぐに右上手を深いながらも取る。小城錦は左を覗かせ右からおっつける。 小城錦がやや左に廻ると武蔵丸は右上手を引きつけて黒房に出ていったが、小城錦が鋭く廻転して左から掬うと武蔵丸は派手にでんぐり返って 2敗、 小城錦は既に 7敗ながら 3大関を潰してしまった。この相撲から九州場所は崩壊への道を辿り、次の相撲で曙も貴ノ浪に負けてその路線は決定的となった。 この日はフランス大統領シラク氏が観戦していたが、隣で説明役を務めていた理事長境川(佐田の山)は苦り切った表情を浮かべていた。
 千秋楽 曙(突き倒し)若乃花
  3敗でどうにか納まるものと武蔵丸・若乃花に淡い期待がかけられたが、武蔵丸は腹這いになって期待を裏切り、 そして若乃花が土俵に上がった。その若乃花は立ち合い左へ逃げて鎌をかけたが、滅多に踏み込まない曙が細かく踏み込んできたもので簡単についてこられ、 なお若乃花は向正面から白房に逃げ惑ったが、曙は突き立てて追い詰め左の体当たりでもって突き倒した。 敵前逃亡の祟りがきて若乃花も 4敗、最後の最後まで裏切られ、こうして附録の決定戦へと持ち込まれた。
前画面に戻る