平成 9年
◎平成 9年 1月 優勝 大関 若乃花 勝 14勝 1敗 3
 休場明けの貴乃花はじめ横綱大関陣が初日から 3連勝のスタートだったが、 貴ノ浪が 4日目から崩れ出し左足首負傷が重り負け越し。貴乃花も 4・ 5日目と前に落ちて連敗。13勝したが優勝争いには絡まなかった。 大関の期待高まる魁皇はまた立ち合いが悪くなり、39度の高熱祟り 6日目から 8連敗で三役陥落。 優勝争いは曙・武蔵丸・若乃花が連勝。曙は突きが減り立ち合い半端だったが、下半身が多少安定。 武蔵丸は差して腕を返して出る相撲に変えて臨む。若乃花はごまかしが影を潜めて力強い。 11日目、武蔵丸は貴ノ浪に逆転負け、曙も土佐ノ海の左掬い投げに落ちて 1敗。13日目、曙−武蔵丸は曙が右おっつけで武蔵丸を押し出し 1敗で喰い下がったものの、 14日目、全勝の若乃花戦で豪快な右下手投げに屈し若乃花の優勝が決定。 千秋楽若乃花は全勝を懸けて武蔵丸と対戦したが逆転負けして14勝 1敗。曙、武蔵丸は12勝。 この場所は相撲内容は今一つだが、久々に優勝争いの内容が良く面白い場所だった。
・優勝決定の一番 14日目 若乃花(下手投げ)曙
 曙が突き起こそうとしたが若乃花が右前褌を取って曙左上手、さらに曙右を入れようとすると若乃花が左からおっつけて右下手から捻る。 若乃花は頭を下げて西に寄ると曙残すが腰を引く。若乃花なお正面に寄っておいて右から下手投げ、豪快に決まって若乃花の優勝が決まった。
・好勝負
  4日目 剣晃(寄り切り)貴ノ浪

 剣晃両手突きから右下手、さらに左前褌を取り、貴ノ浪が左上手に次いで右差しを諦めて右上手を取る。 引きつけ合いから剣晃が寄るを貴ノ浪左横吊りに耐えようとした。すると剣晃も応じて体を入れ替え、向正面に寄り切ってまた完勝、貴ノ浪から 9勝目を挙げた。 貴ノ浪はこの相撲から足首が悪化して負け越した。解説の陣幕(北の富士)が「よほど取り辛いと見えますね」と舌を巻いた一番。
  5日目 栃乃和歌(叩き込み)貴乃花
 休場明けで前日敗れている貴乃花は、まともな四つ相撲の栃乃和歌を相手に矢鱈と低く踏み込んで両前褌を狙ったが、 その手が掛かる前に栃乃和歌は右素首落としの強襲、貴乃花は全く足が出ず四つん這いになって連敗を喫した。
  9日目 曙(浴びせ倒し)魁皇
 曙の突っ張りを魁皇手繰って右に動き、左差し右おっつけで正面黒房寄りに攻め込んだが、 そのあといきなり半端な腕捻り。曙は右上手を深くして上から潰した。魁皇は体調不良に加えて辛抱の欠片もない相撲で惨敗した。
 11日目 土佐ノ海(掬い投げ)曙
 互いに当たり合って曙の右足が大いに流れるところ土佐ノ海は右に下がって引いた。 曙は泳ぐも残して右喉輪から突っ張ったが、土佐ノ海は頭を下げて左から右と入るや左掬い投げ、曙はもんどりうって横転し、これで幕内全勝は若乃花のみになった。
 千秋楽 武蔵丸(突き落とし)若乃花
 武蔵丸が突いて出て右差し左で抱えると若乃花左からおっつけながら右へ左へ下がって振りほどき、さらに左に動いて叩く。 武蔵丸が土俵に詰まって突っ張るが若乃花踏み込んで右おっつけ左筈で追い詰めたがややこだわりすぎた嫌いがあった。 そこで武蔵丸が右に逃げて突き落とし、若乃花の全勝を阻止した。
×平成 9年 3月 優勝 横綱 貴乃花 光司 12勝 3敗 16
 前場所 2日目の入場券が売れ残ったことで危機感を抱く協会は力士に注意を喚起、 力士もそれに応えたか下位の相撲の内容は確かに良くはなった。しかし上位が悪く優勝争いは混沌、 綱盗りの若乃花が 3日目の勝ち相撲で右大腿二頭筋断裂の重傷で休場。 4日目、貴乃花は琴の若の叩きに潰れる。 6日目には武蔵丸に土がつき、 7日目には貴乃花が 1敗魁皇の左下手投げに足が出ず 2敗。 魁皇は 8日目貴ノ浪、 9日目曙と連破した。貴ノ浪も 9日目、11日目と敗れた。12日目曙 2敗。 魁皇は12日目、13日目と敗れ 3敗となった。千秋楽魁皇は 3敗を守る。武蔵丸は 4敗の貴ノ浪に敗れ 3敗。 曙は勝てば優勝のところ貴乃花に敗れ 4人による決定戦となった。魁皇−貴乃花は上手投げで貴乃花。 武蔵丸−曙は寄り切って曙で両横綱の決戦となったが右上手捻りで貴乃花が勝ち優勝をさらった。 両横綱と大関以下の実力差はまだまだあるが、両横綱ともに「もうここまでか」とも思われる面が目につき、 千秋楽の後味は頗る悪かった。11日目までは及第点だが12日目以降はどうしようもない落第点である。
・優勝決定の一番 決定戦 貴乃花(上手投げ)魁皇
             曙(寄り切り)武蔵丸
             貴乃花(上手捻り)曙

 立ち合い貴乃花は右でかち上げるが魁皇はその右を手繰って左に逃げ、 貴乃花が振りほどいて向正面に出ると魁皇土俵際で暴れ、貴乃花が左腕を伸ばすと魁皇引っ張り込み、左差し右で抱えて逆に走った。 貴乃花は左腕をぶん廻して振りほどき、さらに下がって右四つ左上手に組みとめて上手投げに魁皇を破った。横綱大関戦は曙が両差しを狙うような立ち合いを見せれば、 武蔵丸は頭で当たり、曙は左上手を欲しがると武蔵丸堪えて右差し左上手、右腕を返したので武蔵丸絶対有利かに思えた。 しかし武蔵丸は動かず、曙は左を巻き替えるかに見せて左上手を引きつけ、じりじり白房に寄り立て、武蔵丸が右から掬おうとするを残して向正面に寄り切る力相撲。 これで決勝戦となったが曙は既にフラフラ、当たり合って左差しから貴乃花が右上手を取って捻ると曙が潰れてしまった。かくして春場所は終わった。
・好勝負
  3日目 若乃花(掬い投げ)旭鷲山

 旭鷲山体当たりから右差し左おっつけ、若乃花も同じ体勢。旭鷲山ちょっと引くと若乃花ついていき、 若乃花の左と旭鷲山の右で差し手争い。若乃花は少し押し込んで左から去なし、左おっつけから左差し右おっつけの形となると旭鷲山が向正面に叩いたので若乃花一気に出る。 旭鷲山は右肩透かしで逃げるが若乃花追って後ろにつこうとするも旭鷲山正対、若乃花は右差し左おっつけから右で巻いて左を差しての掬い投げで決めたが、体が一杯に伸びた旭鷲山の足で股裂きになり、右大腿肉離れで休場、これ以後今場所は混乱してしまった。
  5日目 玉春日(掬い投げ)旭豊
 立ち合い玉春日が右から去なしたが旭豊両下手を取って正面に寄る。 玉春日反り身になって逃れ、旭豊の両差しは振りほどいたがなお旭豊は右上手左喉輪で攻勢、 しかし玉春日しぶとく残し、土俵中央で数合あって充分の体勢の旭豊は慎重、右足を入れて上手投げから東に一気に出たが玉春日は右でおっつけて残す。 旭豊は頭を下げたところ玉春日左掬い投げで逆転。突き押し相撲で、さらに左脹脛肉離れを背負った玉春日が相手充分に捕まりながら逆転勝ちした一番。
△平成 9年 5月 優勝 横綱 曙 太郎 13勝 2敗 9
  2日目、 666日に亙って続いた満員御礼の大記録がとうとう杜絶した。 土俵は初日に貴ノ浪・武蔵丸・曙と倒れ、 2日目には貴乃花までが完敗するという途方もないスタートで、行く末が心配された。 大関陣は案の定その後もゴロゴロと負けて賜盃にあっさりと背を向けたが、両横綱は 1敗の貴乃花を 2敗で曙が追い駆ける展開に変わり、 千秋楽の横綱決戦で曙が追いついて決定戦で大逆転、曙が13場所振り 9回目の優勝を飾った。 再び大関への足掛かりを築かんとした魁皇は、11日目に無理な右上手投げにいった際に貴ノ浪の左下手投げに遭って左股関節周辺筋肉挫傷で休場となり、元々目玉の少なかったこの場所をより寂しくした。
・優勝決定の一番 千秋楽 曙(下手投げ)貴乃花
         決定戦 曙(浴びせ倒し)貴乃花

 当たり合って右差し曙が先に上手を取って右四つ、貴乃花は左からおっつけて東に攻め立てたが曙は上手を引きつけて懸命に残し、貴乃花はなお左横褌を取って寄るが曙の長身のために体が伸びて反る恰好になり、 赤房に寄ってから上手投げにいったもので曙にのしかかられてトトトッと後退、 曙は上手下手とも切られているが、貴乃花の再度の寄りで右下手を引き、左に首を巻いて赤房に下手投げ、逆転して相星とし、決定戦とした。 決定戦は曙が当たって左差し右上手、貴乃花やや遅れて右上手から出し投げを打ったが効かず、曙が出ながら再度右上手を取り猛進、貴乃花は腰砕けとなり曙の下敷きに浴びせ倒された。 曙は下馬評を覆して大逆転の優勝を成し遂げた。
・好勝負
  2日目 玉春日(押し出し)貴乃花

 立ち合い貴乃花はやや上ずって右かち上げにいったので玉春日喜んで右喉輪左筈、 貴乃花はなお腰高のまま右からへのこ差しにいったもので玉春日右喉輪左おっつけで一気に東に押し込み押し出した。 これで 2日目にして横綱大関に全員土がついた。
 11日目 貴ノ浪(下手投げ)魁皇
 立ち合い貴ノ浪が踏み込んで右から引っ張り込み左下手、魁皇は右上手を浅く取ったが、貴ノ浪が巧く体を寄せているのに力任せに上手投げにいった。 貴ノ浪は承知とばかりついていって左下手投げに潰した。魁皇は左股関節の筋肉を痛めて休場した。
 12日目 貴乃花(押し出し)土佐ノ海
 土佐ノ海当たって右喉輪左おっつけで押すと貴乃花は下がって左おっつけ、 土佐ノ海がおっつけて頭を下げると貴乃花左で抱えて右を入れ、左上手を取るが切られる。 貴乃花は右を返して再度上手を取って寄るがまた上手を切られる。土佐ノ海が廻り込んで体が離れ、 土佐ノ海がぶちかまし、貴乃花が挟みつけて出、土佐ノ海の右を手繰って押すと、土佐ノ海は右喉輪左おっつけで押し返して左を手繰る。 貴乃花はなお押し込み、土佐ノ海が押し返してさらに左に逃げたが貴乃花は右筈で靠れ込んでやっとのことでけりをつけた。 熱戦は熱戦だったが、貴乃花のスタミナのなさと、伊之助が軍配を土佐ノ海に上げてから貴乃花に廻したのが水を差した。
×平成 9年 7月 優勝 横綱 貴乃花 光司 13勝 2敗 17
 新三役が 3人誕生するという華々しい話題に始まり、 2敗(貴乃花…蒼樹山・武蔵丸、曙…貴闘力・玉春日)同士の横綱相星決戦で貴乃花が上手投げで勝って優勝するという、形だけは立派な本場所だったが、 二桁勝った 5人(貴乃花13勝・腰高踏み込み悪し、曙12勝・受けて立つも踏み込み半端、武蔵丸10勝・取りこぼし、貴闘力11勝・自分で攻めず不労所得、栃乃洋10勝・左変化が 5番)の相撲内容は揃って悪く、 三役陣は栃東の内容が良かっただけでぱっとせず、寺尾や濱ノ嶋が働いたが下位のため場所を盛り上げる力にならず、結果から考えると見かけ倒しに終わった。 心配された休場明けの大関若乃花は苦戦したが勝ち越して大関を保った。貴ノ浪は 9番。
・優勝決定の一番 千秋楽 貴乃花(上手投げ)曙
 貴乃花の当たりが良く右四つ両廻しを引き、曙が引いた両廻しを切り、曙の左巻き替えは貴乃花が右を前褌に変えて許さず、 曙がまた左上手を取ったが、貴乃花が右を再度深くして寄り、そして右から捻って左上手投げを決めた。
・好勝負
  3日目 蒼樹山(押し倒し)貴乃花

 立ち合い貴乃花が安易に右差しにいくと蒼樹山右喉輪左おっつけ、貴乃花も右喉輪で応戦して突き勝ったかのように見えたが、 貴乃花の突きが上滑りになって蒼樹山の右喉輪がまともに入って貴乃花は仰け反り、蒼樹山はさらに正面に突き立てて左外筈右喉輪で突き倒し、蒼樹山は前日の若乃花に続いて貴乃花を倒したが、 若貴連日打倒は若乃花の大関昇進後、曙と武蔵丸を除いては初めてのことである。
 14日目 武蔵丸(押し倒し)貴乃花
 まず貴乃花が突っかけ、次いで武蔵丸が突っかける見苦しい立ち合い。 3度目に合わせ、頭で当たり合って武蔵丸が勝り、右を差して腕を上げ、左は鉤型のまま一気に出て貴乃花を粉砕した。
×平成 9年 9月 優勝 横綱 貴乃花 光司 13勝 2敗 18
 貴ノ浪を除く上位陣の優勝争いだったが曙が終盤左膝半月板を痛めて若乃花には勝ったが 9番。 若乃花が終盤に脱落し、14日目に武蔵丸が貴乃花を倒して差をつけたが、千秋楽に武蔵丸が敗れ貴乃花が勝ち決定戦、貴乃花が武蔵丸を破って連続優勝となった。 満員になったのは計 9日、相撲内容がメロメロ、栃東・出島・栃乃洋の活躍には目を瞠ったが、 何よりも休場者が多く本場所としての形態を成していなかった。
・優勝決定の一番 決定戦 貴乃花(寄り切り)武蔵丸
 武蔵丸が踏み込まず両差しを狙うと、貴乃花が踏み込む。突き合いとなって貴乃花が組もうとすると武蔵丸が押したが、 貴乃花は右から左と取って力ずくで白房に出て寄り切った。
・好勝負
  3日目 出島(寄り倒し)貴乃花

 貴乃花が右前褌を取るが踏み込みが悪く、出島は右喉輪左おっつけで一気に赤房に突進、 貴乃花が土俵に詰まって右から抱え左差し、さらに左下手を取ってまず右へ振り、そして右から突き落とし気味に左に振ると出島も前にのめって危なかったが左を突きつけ寄り倒し圧勝した。
 11日目 貴乃花(上手投げ)小錦
 途中休場を挟んで白星なしの小錦は、貴乃花に挑み、貴乃花が仕切り戦を越えて手を着き頭で当たると、 小錦は左差し右から抱えて一気に東に出た。貴乃花は右に前褌を取ったが後退一方、 剣ヶ峰に詰まって辛うじて上手投げに逆転した。小錦が執念を見せた一番。
 14日目 武蔵丸(寄り倒し)貴乃花
 貴乃花が右を先に取り、左も取って正面に出たが武蔵丸は左を逆手にしてねじ込み、 右も強引に差して貴乃花の左を切って右を返した。次いで左も深々と差し込んだ。こうなって貴乃花は右一本で苦しくなった。 武蔵丸は寄ったが貴乃花は残した。武蔵丸は再び寄り貴乃花は堪えたが、武蔵丸の右は四ッ辻の向こう。 しばらくして武蔵丸は西に寄り、貴乃花が土俵に詰まって左上手を取り、捻って打っ棄ろうとするに構わず重ね餅に寄り倒した。力相撲。
○平成 9年11月 優勝 大関 貴ノ浪 貞博 14勝 1敗 2
 何よりも注目されたのは小錦の去就だった。巡業中に胃潰瘍で入院、これが長引き体調不全のまま場所入りした。 途中 5勝 4敗となったこともあったがそこから 4連敗、13日目を限りに引退した。曙が全休、若乃花の相撲がバラバラ、 貴乃花は 4日目までは右前褌で頭を下げて一気に出る相撲であったが 5日目に負けて自分の相撲を見失い、 負けなかったが内容は殆どなかった。武蔵丸、前場所楽日の左足首の負傷のため稽古ができず心配されていたがなんのその、 貴ノ浪とともに 8日目まで全勝。貴ノ浪の前半はいつもの通り相手に攻めさせておいて逃れるか小手に振っての逆転相撲。 9日目両大関が敗れて貴乃花とともに 1敗となった。後半、貴ノ浪が数番強い相撲を見せ、武蔵丸も前場所ほどではないが差して出る相撲に安定感を示した。 14日目は両大関の対戦、武蔵丸が潜ろうとして腰を割らず叩き込まれた。千秋楽貴ノ浪は栃東と対戦、苦闘の末 1敗を守る。 貴乃花には武蔵丸、前褌を早く取って右四つで出たがしがみついてバタバタするのみでやっと上手投げで倒して決定戦、 2度目の顔合わせは貴ノ浪豪快な上手投げで勝って 2回目の優勝を飾った。貴乃花は同部屋決定戦 3連敗。三役陣総崩れは痛かったが、武蔵丸と貴ノ浪はよく頑張った。
・優勝決定の一番 決定戦 貴ノ浪(上手投げ)貴乃花
 貴ノ浪が腰低く踏み込んで右から引っ張り込み左差し、貴乃花も低く当たって左は深く下手、右は浅く上手を引いて寄ろうとしたが早くも腰が伸びた。 貴ノ浪は右に上手を引き、体を大きく開いて上手投げ、貴乃花は右足を送れずに浮き上がって捻じり倒された。貴ノ浪は一発の投げで豪快に優勝を決めた。
・好勝負
 11日目 貴ノ浪(上手投げ)武双山

 貴ノ浪が踏み込んで右から引っ張り込むと武双山は右も入れて両差し、 右から掬って寄り立てたが、貴ノ浪は左小手投げで防ぎ、武双山が右下手を取ると貴ノ浪左上手を深く取る。 武双山が右下手投げ、武双山の小股掬いを貴ノ浪は河津掛けで防ぎ、さらに強引な上手投げ、 武双山が左手で膝を押さえて右下手投げを打つにも構わず豪快に裏返した。
 13日目 琴の若(寄り切り)小錦
 琴の若が突っ張って小錦が前に歩くと琴の若左上手を取って上手投げ、 小錦は右半身で苦しくなり、琴の若の寄りに力なく土俵を割った。小錦は負け越しとなり引退した。
 千秋楽 貴ノ浪(河津掛け)栃東
 貴ノ浪が右から抱え左差しを狙ったが栃東におっつけられて入り切らない。 栃東は右に前褌を取って出ようとしたが貴ノ浪逆に引き上げて西に出る。 これをまた栃東が吊り身に正面に寄り立て、貴ノ浪は棒立ちとなったが右から小手投げを打って逃れ、栃東が左足で脅かしながら東に出ると貴ノ浪残して河津掛けで辛うじて逆転し、 1敗を守った。
前画面に戻る