平成10年
×平成10年 1月 優勝 大関 武蔵丸 光洋 12勝 3敗 3
 風邪が力士間に流行しその影響かお粗末な悲惨な場所に終わった。 初日から両横綱が倒れ、前半は大雪に祟られ祝日にも満員にならず、12日目で両横綱(風邪による発熱と再起場所では仕方がないという面もあるが)が 4敗では盛り上がろうはずもなかった。 さらに14日目に勝てば優勝だった武蔵丸が貴ノ浪に負けて 3敗となったことが余計に水を差し、 貴ノ浪は自信喪失から早々に横綱どころではなくなり、若乃花は武蔵丸を鮮やかな内掛けに倒したが、内容は前場所より良かったものの優勝争いに加わることはなかった。 曙は苦闘の末10勝したが、貴乃花は中日に発熱し10日目から 3連敗、緊急入院して休場となった。
・優勝決定の一番 千秋楽 武蔵丸(押し倒し)蒼樹山
 前日敗れて 3敗ながらまだ単独トップの武蔵丸は千秋楽の一番に優勝を懸けた。 しかし貴乃花休場の煽りで対戦相手の選定に苦労、結局貴乃花・貴ノ浪を破った蒼樹山を抜擢しての起用となった。 武蔵丸が遅く蒼樹山がつっかけ、館内騒然の中やり直し、蒼樹山が喉を押そうとすると武蔵丸が右からおっつけて正面に押し右喉輪左おっつけ、 蒼樹山が抵抗して左に逃げようとするを左であてがって右腕でドンと東に押し倒し、漸く優勝を決めた。
・好勝負
  6日目 旭鷲山(寄り切り)若乃花

 問題の一番。互いに頭を下げて右手で肩を押さえての探り合い。若乃花が左からおっつけると旭鷲山が若乃花の右腕を手繰る。 若乃花残してつけ入り突っ張れば旭鷲山残して左上手を深く引くや上手投げを二度振り、さらに小股掬いから上手投げで向正面、若乃花が右足を踏み越すか否かまで追い詰めた。 若乃花左に逃げ、左足が土俵外蛇の目すれすれなんとか触れずに引っ込めて廻り込むや逆に送り出した。 ここで伊之助が若乃花に軍配を上げてから向正面徳俵の西側を指して旭鷲山に上げ直し、勝ち名乗りを上げたからややこしくなった。 物言いがついて説明では「軍配通り」旭鷲山の勝ちとなった。若乃花のどちらの足が出たものか説明がなく、出たとするなら右足。その後に出た左足は確実に残っている。 さらに廻し団扇は認めない原則が確立されており、もし廻し団扇をしたならば、廻す前の判断を採用すべきであるから「差し違い」になるはず。 さらに決まり手が「寄り切り」であるが、「寄り」で決まるような場面はどこにもない。疑義百出の迷一番である。
 10日目 湊富士(腕捻り)貴乃花
 湊富士当たって両方からおっつけ、貴乃花凌いで右から絞り右をねじ込んで廻しを狙うが湊富士の頑強な押し上げに遭って持て余し、 貴乃花が左筈にあてがうと湊富士も左筈右おっつけで堪えて左に廻る。湊富士が一瞬右横褌に手を掛けるが貴乃花許さず。 貴乃花は泉川から湊富士の左を引っ掛けようとしたところ、湊富士が貴乃花の左腕を引っ張る腕廻しの奇襲。完全に伸び切った貴乃花に対しさらに左逆とったりで止めを刺した。 貴乃花は 8日目晩からの発熱でこの日より崩れ13日目から休場した。
 11日目 若乃花(内掛け)武蔵丸
 若乃花の立ち合いが良く右前褌を引く。武蔵丸は出ようとしたが引きつけが強くてやや浮いた。 武蔵丸が左上手を取って右四つ。若乃花の上手は深い。武蔵丸が上手を引きつけて出ると若乃花は腰を振って残し上手を切る。 若乃花機を見て左を巻き替える。武蔵丸も巻き替えたがこの時右を切られてしまう。若乃花が東に寄り立て、武蔵丸の腰が立つ。 若乃花は機を見て頭を下げ、右上手半身の体勢。若乃花の寄りを堪えた武蔵丸強引に西へ出るが若乃花は右上手から振って残す。 若乃花の右蹴返しは空振り、武蔵丸が東に出るとまた若乃花右上手投げで残す。土俵中央若乃花右足を飛ばして内掛け、武蔵丸仰向けに倒れて熱戦にけりをつけた。
 12日目 若乃花(下手投げ)曙
 これも問題の一番。若乃花が低く突っ込むと曙は右でかち上げようとしたが踏み込みがなく全く効かず。 若乃花右下手曙左上手の体勢から若乃花が左で絞る。若乃花が下手投げで牽制すると曙左上手一本で東に出る。 そして右喉輪の詰めで若乃花残して左から大きく打っ棄る。曙は頭から真っ逆さま、体も完全に割れているのに物言いがついてなぜか取り直し。 誰がどう見ても若乃花の足も残っていて体もあり、理解不能。取り直しは同じ体勢から若乃花が右下手で引きずって勝った。
 長野冬季五輪では力士が各国選手団の先導を務め、一月場所の東横綱であった貴乃花が横綱土俵入りを披露することになっていたが、 貴乃花が緊急入院したため、開会式までに恢復してもぶり返す危険があるとして、土俵入りは曙が行った。
△平成10年 3月 優勝 大関 若乃花 勝 14勝 1敗 4
 不調が喧伝された曙と再起の貴乃花が初日から 2連敗、複数横綱が初日から連敗するのは史上初めてとあってこの場所も駄目だと誰もが思った。 3日目に勝った両横綱だが 4日目貴乃花が完敗を喫して結局休場。一方、横綱を狙った武蔵丸は初日琴錦に翻弄されて敗れると己を見失い 8勝に止まり、 貴ノ浪も仲良く 8番。若乃花が 3日目以降非常に素晴らしい内容で全勝を続けた。 これを追ったのが 2敗を保つ曙。 9日目でこの両者だけとなり、曙が崩れたら場所は終わるところだが意外や崩れず13日目に両者が対戦。 下馬評を一蹴して曙が右四つ寄りで圧勝、これにより千秋楽まで興味が繋がり若乃花が14勝で逃げ切った。追った曙も13勝して横綱の面目を充分に施した。 その他相撲内容はなかなか良かったが、栃東の負傷休場が惜しかった。前年 5月場所直後より汎血球減少症の治療に専念していた剣晃が 3日目に没した。
・優勝決定の一番 千秋楽 若乃花(叩き込み)琴錦
 若乃花は相手に全く合わせず、琴錦が頭を下げて出てくるを左に逃げて素首落とし、さらに右上手から透かし落として呆気なく決めた。
・好勝負
  4日目 敷島(寄り切り)貴乃花

 絶不振の横綱は左腕を一杯に伸ばして左前褌を取った。 対して横綱初挑戦の敷島は思い切ってかち上げ、左下手を取って上手を与えず、さらに右に動いて上手を引いた。 貴乃花は左下手投げで揺さぶって上手を狙ったが腰が浮き、なおも貴乃花が上手を欲しがると敷島は上手を引きつけて得意のがぶり寄り、 貴乃花は赤房で堪えようとしたが力が入らず寄り切られ、さらにカメラマンにつっかかりあおのけざまに転倒した。 敷島は初挑戦で初金星、貴乃花は休場に追い込まれた。
 13日目 曙(寄り切り)若乃花
 全勝と 2敗の激突である。気合漲る両者、立って若乃花は両前褌を狙って左を取った。 一方の曙は左から踏み込んで体当たり気味にかち上げて一瞬両差し、若乃花が特に狙った右前褌を許さず、 得意の右が入った曙は左から引っ張り込んだ。若乃花は左から出し投げを打ったが体を開けず、曙はこれに乗り左上手を取って腰を割り猛進。 黒房に詰まった若乃花に逆転の暇があらばこそ、曙は腰低く出て土俵際右で喉輪を一突き。若乃花は西溜まりにドッと吹っ飛んでしまった。下馬評を覆す曙の圧勝で優勝争いの興味はどうにか繋がった。
△平成10年 5月 優勝 大関 若乃花 勝 12勝 3敗 5
 若乃花が優勝して横綱になったが12勝止まり、若乃花は奮戦したが、他の上位の相撲内容は惨憺たるもの。最右翼といわれた曙が初日に躓き、 中日を終わって貴闘力のみが全勝、それが 9日目から崩れ11日目が終わって10人の 3敗が最前線という最悪の展開。その後 7人、 3人と減り14日目に若乃花が残って千秋楽も勝った。 休場濃厚とされた貴乃花は強行出場、10勝したが内容皆無。曙も立ち合いが悪くどうにか10勝したが、 8日目には土俵入り前に「土俵入りは、終わりました」と場内に放送されるなど、すっかり忘れられていた。
・優勝決定の一番 千秋楽 若乃花(押し出し)武蔵丸
 武蔵丸が異常に早く立ち、若乃花が慌てて立ち上がって左おっつけ気味に去なし、 左から絞って右筈で一気に青房に押し出して連続優勝を決めた。
・好勝負
  5日目 曙(突き倒し)千代大海

 前場所思い切って突っ込み返り討ちに遭った千代大海、この場所も思い切って右喉輪左おっつけの構えで突っ込んだ。 これを曙が右肩で受け止める。千代大海はさらに二度同じように突っ込む。曙全て右肩で受け止め、 そして右左右と強烈な交互突き、そして左の一突きで豪宕に烈しく突き倒した。
 11日目 魁皇(掬い投げ)若乃花
 若乃花が右手を出して右に動くと魁皇ついていって左から張り左を深く差す。 若乃花は右腕万歳となって寄られ、上手を取られそうになったので右から首投げにいったが、魁皇は左を突きつけ上から潰して完勝。 若乃花は 3敗となって場所は混乱の様相を呈してきた。魁皇に掃き手があると写真まで掲げて糾弾した向きもあったが、その写真を見ても掃き手があったとは考えられない。
 千秋楽 小城錦(押し倒し)千代大海
 千代大海が突っ張って出ると小城錦叩く。これは悪く突き立てられて危なかった小城錦堪えて千代大海の左突きを外すと二本差しに抱きつき青房へ速攻。 千代大海が左廻りに一廻転して右へ逃れて土俵際で右突き落としや外網打ちで逆転しようとしたが小城錦左から押し倒した。両者に三賞が懸かっていたためかなかなか凄い相撲になった。
△平成10年 7月 優勝 横綱 貴乃花 光司 14勝 1敗 19
 新横綱若乃花に注目が集まり、奮戦したが10番だった。 貴乃花が自ら絶好調と公言し、実際勝ち進んだが内容は良くなっていない。 曙・貴ノ浪が後半崩れる中、貴乃花が 1敗で追いすがる琴の若や 2敗で喰いつく武蔵丸を蹴散らして14日目で優勝。 曙は若乃花を倒し、貴乃花をも突っ張り合いから右四つ速攻で潰して全勝を阻んだが11番。 千代大海や琴の若・出島が目立ったが、役力士や上位に休場力士が相次ぎ寂しくなった。
・優勝決定の一番 14日目 貴乃花(叩き込み)武蔵丸
 貴乃花は先に勝手に仕切りに入り、武蔵丸はノロノロ動き、立つや貴乃花が左で踏み込み、 武蔵丸は突っ張るが全く踏み込まず、貴乃花はちょっと仰け反ったが武蔵丸のほうがバタついて、貴乃花が左で叩くと武蔵丸はずっ転んだ。 仕切りから勝負まで横綱大関戦らしからぬ内容だった。
・好勝負
 千秋楽 曙(寄り倒し)貴乃花

 貴乃花が右から踏み込むと曙は右でかち上げて左差し、これを貴乃花が右に廻って捌こうとすると曙残して突っ張ろうとする。 貴乃花は足がやや流れたが黒房に向けて突っ張り攻勢を取らんとした。貴乃花の突きは的確に当たってはいたが、 曙の腰は崩れず却って的確なはね上げに遭う。曙の長身のせいで貴乃花は体が伸び、貴乃花が右差しに組もうとしたところで曙は左おっつけ右差しで被さりつつ赤房に直進の猛攻。 貴乃花は右に逃げる暇もなく腰砕けとなりいとも軽く寄り倒され、全勝はお預けとなった。
△平成10年 9月 優勝 横綱 貴乃花 光司 13勝 2敗 20
 場所前に貴乃花・若乃花らの確執が表沙汰になり騒がしい中で始まったが、 優勝争いは 3横綱が残り、いち早く曙が潰え千秋楽になり若乃花が敗れ貴乃花が勝って決着した。 この場所は貴乃花と若乃花に他力士が喰いつくされて目立たず、しかも若乃花の内容は良い方だったが、 貴乃花は全く駄目だった。場所前に立ち合いなどの講習会が開かれ、殊に手着きに関しては厳しく指導されたようだ。
・優勝決定の一番 千秋楽 武蔵丸(押し出し)若乃花
             貴乃花(寄り切り)曙

 貴乃花・若乃花両横綱が 2敗で並んで迎えた千秋楽、若乃花は武蔵丸を相手に迎えたが、右おっつけ左差し狙いの立ち合いから差し手争いとなり、 これに負けて右を入れられ、武蔵丸が腰割って出てきたもので反撃ならず完敗してしまった。 一方の貴乃花は、曙を無視して先に立ち、大いに慌てた曙は右に逃げて上手を狙うも果たせず、 貴乃花が左前褌を取って寄りながら右下手、大いに揺さぶって青房に寄り立て、廻しが伸びて時間を喰ったが左廻しを取り直して寄り切り優勝した。
・好勝負
  9日目 若の里(寄り切り)武蔵丸

 若の里がぶち当たって左おっつけ右喉輪攻め、武蔵丸は伸び上がったが右おっつけ。 若の里は左を抜いて右差し、武蔵丸は左で抱え上げ右を入れながら正面に寄るが若の里に左を許したので寄り切れず。 武蔵丸はなおも右差しにこだわる。若の里は左は切られたが頭を上げない。武蔵丸はなお左で抱えて右から起こそうとするが果たせない。 逆に若の里しぶとく左を取るや東にがぶり、遂に寄り切った。力相撲、大関が平幕に力負けした珍しい一番。
○平成10年11月 優勝 前12 琴錦 功宗 14勝 1敗 2
 場所前の巡業で若乃花が右膝を負傷、出場にこぎつけたが後半に崩れた。 曙は直前に腰を打ち休場、優勝確実とされた貴乃花が序盤に連敗、遂に相撲らしい相撲を取れなかった。 6連勝の武蔵丸も 3連敗で圏外へ去り、貴ノ浪に至っては終盤 5連敗。 優勝争いは 9日目で全勝琴錦、 1敗土佐ノ海となり、12日目に揃って敗れたが翌日は 2人とも横綱戦、 土佐ノ海は若乃花に、琴錦は貴乃花に完勝し、翌日琴錦が貴ノ浪に勝ち、土佐ノ海が貴乃花に敗れて決まった。 史上初の 2度目の平幕優勝、確かに荒れたが活躍力士が多く上位を除いて相撲内容は良かった。
・優勝決定の一番 14日目 琴錦(寄り切り)貴ノ浪
 琴錦烈しく当たって両筈、左から押して東から向正面、さらに白房まで攻め琴錦は左下手を取り、 右はなお筈のまま休まず向正面を経て東に突進、両下手を取って寄り切った。徳俵に引っ掛かって仰倒した勘太夫、土俵下に飛んだ貴ノ浪、体を伸ばした琴錦いずれも倒れる物凄い一番だった。 次の一番、土佐ノ海が貴乃花に引き落とされて琴錦の優勝が決定した。
・好勝負
  9日目 玉春日(寄り倒し)若乃花

 若乃花が踏み込んで右前褌、玉春日は踏み込んで突き放すが押せないと見て右に逃れた。 距離が開いて玉春日が突っ張ると、若乃花右から踏み込んで右を取るがこの時玉春日の右押しが顔に入って体勢を大きく崩し、 玉春日はおっつけて赤房、若乃花は押し上げながら右に廻ったが廻りすぎて両足が流れ、玉春日が叩いて二本差しに成功、左筈から白房に寄り立て、若乃花の左上手投げに構わず激しく寄り倒し完勝を収めた。
 13日目 土佐ノ海(寄り切り)若乃花
 若乃花の踏み込みは良く左右からおっつけようとした。しかし土佐ノ海の当たりはこれを上廻り、 右喉輪から右差し左上手。一見若乃花が組み止めたかに見えたが左からおっつけることができず、土佐ノ海の一気の寄りに白房に寄り切られてしまった。 若乃花は土佐ノ海の立ち合いの出足を止めることはできたが、運悪く自分の最も不得手な恰好となり力を出せなかった。
 13日目 琴錦(寄り切り)貴乃花
 琴錦当たったが貴乃花が踏み込んで右差し下手、琴錦も得意の右下手、貴乃花は左で抱えた。 貴乃花は寄り立てるが琴錦が左からおっつけて左に逃れ、貴乃花が上手を探りながら黒房に出ようとする間に琴錦左を巻き替えた。 貴乃花も左巻き替えを試みたが入らず、琴錦は両下手を引きつけ一呼吸の後がぶり寄り、 左前褌から左押しで貴乃花を赤房に寄り切り完勝した。両横綱は絶好調の平幕力士を止めるべく矢面に立たされたが、無念や返り討ちに遭ってしまった。
前画面に戻る