平成11年
△平成11年 1月 優勝 関脇 千代大海 龍二 13勝 2敗 1
 近来稀に見る充実した番附、三役から前頭の上位に実力のある力士が揃い期待通りの相撲を取ったが、 横綱大関がバタバタ倒れて光らなかった。初日から武蔵丸・貴乃花が敗れ、翌日は貴ノ浪も敗れ貴乃花は連敗。 貴ノ浪は負け越した。貴乃花は 4日目で 3敗、結局武蔵丸とともに 8勝。 7日目で連勝は若乃花のみ。12日目には勝ちっ放しが若乃花、 2敗が千代大海、 3敗が 2人いた。 14日目には若乃花(13日目に 1敗)と千代大海が残り、楽日に決戦。千代大海が勝って決定戦に持ち込み、その決定戦も千代大海が取り直しの末若乃花を屠って大逆転の初優勝で大関に推された。 初日と千秋楽は盛り上がりを見せたが、本場所の内容自体は良くなく、立ち合いが目立って乱れ今一つだった。
・優勝決定の一番 千秋楽 千代大海(突き落とし)若乃花
         決定戦 千代大海(寄り倒し)若乃花

 横綱初優勝を目指す若乃花は立ち合い踏み込んで左差し右からおっつける。 千代大海は対して突っ張り、若乃花はその左腕を取って右を差したが千代大海が右を入れるや激しく掬ってそのまま正面に倒した。 決定戦は番附とは逆に若乃花が東。千代大海が当たって左筈右喉輪から押そうとする端、 やや当たり負けた若乃花がやや右に素首落とし。千代大海は右足を踏み越して左手を支点に土俵外に背中から宙返り、 若乃花は向正面に飛んだ。軍配は若乃花で物言い、若乃花の爪先が上がるのも飛ぶのも僅かに早かったが、 長い協議の末、決定戦史上初の取り直しに決した。取り直しは若乃花が右から張り、千代大海は突っ張ろうとしたが左差しに捕まった。 千代大海はすぐ上手を狙ったが取れず右から抱える。若乃花は右からおっつけようとしたが間合いが悪く逆足で攻められず、千代大海はすぐに左から掬って向正面に寄り、 若乃花の右首投げを堪えて千代大海左を突きつけ寄り倒し、予想だにしなかった大逆転を果たした。
・好勝負
 初日 栃東(押し出し)武蔵丸

 栃東突っ込み、武蔵丸が受けて右差しにいくと栃東やや左に引く。 武蔵丸は泳いで慌て、やわやわと突こうとすると栃東右筈左おっつけで押し返し、左に廻って武蔵丸の右を徹底して攻めつけ、 武蔵丸の腰はだんだん伸び、栃東両筈で一気に正面に迫り最後は廻しを押しての押し出しで完勝した。
 初日 琴錦(下手投げ)貴乃花
 両者踏み込んで琴錦右差し、貴乃花は右が入り切らず左で抱えて出るが琴錦は得意の右下手を引いて右に廻り、 貴乃花今度は琴錦の右を撓めようとする。琴錦が右から巻くと貴乃花は上手を探るが取れない。貴乃花の腕捻り、琴錦はこれを残して頭を下げ、貴乃花に左前褌を許さない。 貴乃花が右腕で押し上げようとしたが琴錦は逆に頭を下げて両差しを果たし西に出る。貴乃花は残して上手を狙うも取れず。 琴錦は左下手、貴乃花は左を巻き替えようとするが差し手争いの末失敗。琴錦は右からおっつけ、貴乃花はとうとう諦め琴錦遂に右下手、一つ揺すってがぶり寄り、正面に貴乃花を左下手投げに倒した。
 12日目 安芸乃島(押し出し)千代大海
 千代大海の突っ張りを安芸乃島は下から押し上げて受け踏み込む。千代大海はここでこの場所良く決まる左素首落としを強襲したが、 絶好調の安芸乃島には効かず、安芸乃島が押し込み千代大海の上体が起きるところ安芸乃島右前褌、千代大海が右に逃げると安芸乃島出足良くついていき正面に寄り切って(発表は押し出し)快勝した。
 12日目 若乃花(掬い投げ)琴乃若
 琴乃若突っ張れば若乃花下がって右下手、左でおっつけてから内無双、さらに左上手を取ったが体が伸びた。 琴乃若は左上手。若乃花は琴乃若の下手を切ったが琴乃若は若乃花のおっつけに構わず右をねじ込もうとする。若乃花は右下手から右へ切り返し、琴乃若は残して若乃花の両差しを許さない。 若乃花は頭をつけて蹴返し。琴乃若はこの隙に上手を引きつけ向正面に出る。若乃花は右下手投げ、琴乃若が体を預けると若乃花左足一本で右掬い投げ、 琴乃若は腹這い、若乃花の足は残ったが頭が低く微妙な一番となった。軍配は琴乃若を差しかけて若乃花に向いた。物言いがついたが若乃花の頭はどうにか土俵平面延長上より上にあり軍配通り。
×平成11年 3月 優勝 大関 武蔵丸 光洋 13勝 2敗 4
 曙が迷った末やはり全休したが、正解だった。新大関千代大海は右手首痛で稽古不足、初日から 3連敗し、10日目に鼻骨骨折で力尽き休場。 若乃花も疲労で稽古不足、左太腿肉離れで10日目より休場。貴乃花は優勝を争ったが内容はまた落ち10日目に右肩強打、脱臼骨折の休場。上位陣は崩壊した。 このため、11日目には結びとその 1つ前の相撲が不戦勝負という初めてのひどい記録が残り、栃乃洋が若乃花・貴乃花から連日の不戦勝を貰うという悲劇まで現実のものとなった。 こんな本場所も11日目以降は悪い相撲の上位が皆休んだこともあって多少落ち着き、そして13日目で武蔵丸と貴ノ浪に絞られ、相星決戦で武蔵丸が勝って決着。 ひどく単純で淡泊な相撲が多いため詰まらず、立ち合いも前場所以上に悪かった。 5日目、この場所より復帰(前年11月 6日目控えにいたとき、吹っ飛んできた魁皇の下敷きになって左手首を骨折、この日は直後の 2番を裁いたが翌日から休場)の式守伊之助が、 貴乃花に寄り倒された旭鷲山に跳ね飛ばされて白房下土俵外に吹っ飛び、控えの庄之助が代わって勝ち名乗りをあげた。
・優勝決定の一番 千秋楽 武蔵丸(寄り切り)貴ノ浪
 大関同士の決勝戦、惨憺たる本場所唯一の見せ場であった。貴ノ浪は突っかけたが武蔵丸が受けず、 今度は貴ノ浪が右差し左おっつけを狙って頭を下げて立ったが、武蔵丸は右手を出して右で払いのけてズブリ右差し、 貴ノ浪の右は空いて上手となり、左を首に巻く体勢。武蔵丸は両差し右下手から吊り気味に赤房に寄り、寄り切って圧勝の形で 4度目の優勝を飾った。
・好勝負
 初日 出島(叩き込み)千代大海

 新大関の千代大海は意気込みが強すぎて上体から突っ込んだが、出島は左へ逃げて叩き込んだ。 千代大海の負けっぷりと出島の消極相撲に落胆させられた一番、新大関は船出を飾れなかったばかりか大きく崩れた。
 初日 安芸乃島(寄り切り)武蔵丸
 安芸乃島が遅いため珍しく武蔵丸が突っかけ。安芸乃島が突っ込んで左前褌、右下手。武蔵丸も右下手を取って起こす。 そして肩越しに上手を取って正面に出たが、安芸乃島は打っ棄りも見せつつ懸命に残した。安芸乃島はさらに左から強烈に振り廻したところ、 武蔵丸は上手が外れて泳ぎ黒房、安芸乃島はつけ入り懸命に寄って寄り切った。この武蔵丸が優勝するなど考えられなかった。
 10日目 貴乃花(寄り切り)闘牙
 この日、貴乃花は土俵入りの最初の四股で左膝がガクリとし、右足は殆ど上がらなかった。闘牙は喉輪押しでグイグイ西に押すが、貴乃花どうにか堪えて左前褌から右も取る。 闘牙は構わず喉輪、貴乃花は対して腰の構えのないまま腕力任せに引き上げ左四つから無理に前進、なかなか寄り切れず闘牙に正面で堪えられ、 闘牙の右突き落としに靠れ込んで勝ったが右肩から墜落、脇が空いて俵に強打し、鎖骨亜脱臼と肩胛骨骨折で休場した。
 11日目 貴ノ浪(極め出し)雅山
 新入幕で注目を集める雅山は、天性の防衛力の強さで 2敗、優勝を争っていた。 この日は同じ 2敗の大関貴ノ浪に挑戦である。雅山は当たって突っ張ろうとしたが、貴ノ浪は踏み込みこそなかったが腰低く右から引っ張り込んで左はおっつけから抱え、 閂に極め赤房へ歩いた。雅山は忽ち体が伸びて赤房に詰まり、窮余の左掬い投げを見せたが右足から土俵を割ってドッと倒れた。 終わってみれば貴ノ浪相撲を強烈に再認識させた一番となった。
○平成11年 5月 優勝 大関 武蔵丸 光洋 13勝 2敗 5
 まずは曙の再起だが、初日・ 2日目と連敗を喫し早くも追い込まれた。しかし 3日目どうやら勝って立ち直った。 貴乃花は故障が全く癒えず全休し、若乃花は出たものの 4日目に左足首を痛め 8日目から休場。 一方武蔵丸の横綱狙いは高い水準での優勝を要求されたが、 6日目と中日に敗れて 2敗。 琴錦が 1敗だったが、 9日目武蔵丸に圧倒され右足首を捻り万事休した。11日目が終わって 2敗は武蔵丸・闘牙・若の里、 3敗には曙・貴ノ浪・魁皇・出島という展開。 翌日から壮烈な潰し合いとなり、13日目が終わって 2敗で武蔵丸と若の里、 3敗では曙と魁皇が残った。14日目若の里が武蔵丸に挑むも完敗。 千秋楽、若の里は敗れ魁皇は残った。結びの一番、曙が勝てば巴戦だったが、武蔵丸が曙を破り連覇、横綱に推された。大関取りの安芸乃島は大きく崩れ負け越した。
・優勝決定の一番 千秋楽 武蔵丸(押し倒し)曙
 立ち合い曙は頭で当たって左上手を取ったが武蔵丸は両下手、曙は両上手を引く。 曙引きつけて出ようとしたが、武蔵丸が両肩まで入っているため浮き足、武蔵丸が左下手投げを打って黒房に寄り進む。 曙は満面朱を注いで寄り返し再度引きつけて出ようとしたが、武蔵丸も再び黒房に寄り立て、右に打っ棄ろうとする曙に対し両手で胸を突いて寄り倒した。 物凄い力相撲、曙の引きつけは峻烈だったが、肩まで入った武蔵丸を締め上げることはできなかった。
・好勝負
  2日目 若乃花(掬い投げ)琴乃若

 琴乃若両手突きから左上手、若乃花は右下手、琴乃若構わず出る。若乃花の下手投げは足の廻りが悪く不充分。 若乃花は上手を切り、左を抜いて絞る体勢に持ち込もうとして左で切り返すが、足を踏んだだけで殆ど効かず、また左上手を取られる。 若乃花はさらに右内掛け、右切り返しと攻めるが駄目。さらに機を見て下手投げを打ちながら赤房に出たが、琴乃若は土俵際で上手投げ、打ち合いで両者倒れて軍配は若乃花。 物言いは一切つかなかった。最後は投げの打ち合いだから攻め手はどちらでもなく、琴乃若の右肘が着いたものの、 若乃花は仰向けになって完全に死体、明らかに若乃花が負けているのに、物言いばかりか疑問を示した記事もなかったらしい。
  8日目 千代天山(寄り切り)武蔵丸
 武蔵丸は早く立ってかち上げようとした。千代天山は立ち遅れで顎上げて定位置で受けた。武蔵丸は右から引っ張り込もうとしたが、 待ったかと思って力を抜いた。千代天山は両前褌、右からの出し投げと同時に左腕を手繰る。武蔵丸は黒房に歩き、呆気なく寄り切られた。 武蔵丸は独り合点で 2敗目、協会上層の心証を大いに害した。
 11日目 巌雄(押し出し)大日ノ出
 こんなに悪辣なる珍勝負もない。大日ノ出が低く立つと巌雄は右で張って押し上げ、左からさらに一発激しく張る。 巌雄が右喉輪左おっつけで白房に押すと大日ノ出は取組中に左手で顔を押さえるという前代未聞やも知れぬ珍場面。巌雄がなお押し込むと大日ノ出は下から押し上げて何とか押し戻した。 さらに巌雄が左から張れば、大日ノ出も闇雲に張って抵抗するが体勢崩れて向正面に押し出された。巌雄は中日に左足首を捻挫して休場したが、 ずっと休むと幕内から落ちるので、この日から帰ってきた。しかし何とも滅茶苦茶な相撲。立ち合いは両張り寸前で反則すれすれだった。
 11日目 若の里(突き落とし)琴錦
 当たり合って琴錦が右差しから左も入れて二本差し、若の里は両方からおっつけるが琴錦は右下手を取り、一呼吸してから正面に寄り進んだ。 若の里は左に廻って下がりながら右で素首落とし、左からは琴錦の腕のつけ根を引っ張った。さて琴錦は右手から落ち、若の里は飛びはしたものの西徳俵の中に着地。 軍配は…木村咸喬が背を向けて逃げている間に相撲が終わったために上がらず、正面の武蔵川(三重ノ海)に聞いた上で琴錦に上がった。ところが若の里の師匠である鳴戸(隆の里)が物言いをつけ、 当然差し違いに落ち着いた。若の里は13日目に出島も倒して優勝争いの先頭を切るが、行司の軍配が審判長の指示で上げられたのに差し違いとなる珍奇な光景が可笑しかった。
 11日目 曙(突き倒し)旭鷲山
 スタートに躓いて引退を取り沙汰された曙が、 7勝 3敗で給金相撲を迎えた。仕切りの度に長々と睨み合い、時間一杯では旭鷲山は左手を下ろすか下ろさないかの恰好で様子を見ていた。 しかし立ち合いは曙の呼吸、旭鷲山は立つなり右に動いて右上手を取りにいったが、曙はこれを読んで左から踏み込み両手突き一発、 旭鷲山は庄之助の方向に吹っ飛んで土俵外に転落した。たったの 1秒強、曙の強さばかりが際立った。 全休翌場所に初日から 2連敗した横綱が勝ち越したのは史上初めての記録であった。
 14日目 武蔵丸(掬い投げ)若の里
 武蔵丸が若の里の当たりをなぜか受けない。 2度目、武蔵丸が右から張って右差しすぐ返し、若の里の左小手投げに足が浮いたが構わず寄り進み、 左上手を持って白房に右から掬い倒して完勝。若の里はどちらも前褌を狙ったが取れずに完敗だった。武蔵丸は横綱に向けて実に強い相撲を取ったが、 立てるところで立とうとせず、理事長時津風(豊山)や相撲中継の解説(テレビの北の富士・ラジオの北の洋とも)は苦言を呈した。 せっかく「剛力士」の印象を植えつける絶好の相撲だったのに、印象を大幅に悪くした。
△平成11年 7月 優勝 関脇 出島 武春 13勝 2敗 1
 若乃花は左足首故障のため無理をせず全休し、代わって貴乃花が再起を懸けて出場した。 6日目終わって全勝は復活途上の曙と、 5年振り入幕の和歌乃山。その後上位 5人と関脇出島が絡んで激しい争いになったが、 1敗で曙、 2敗で出島となって楽日を迎えた。出島は既に大関昇進がほぼ決まっていて、千秋楽は不調の栃東を一蹴した。 曙は勝てば優勝のところ、武蔵丸の掬い投げに投げつけられてしまった。決定戦は出島の変化からの押しに曙土俵を割り、出島逆転の初優勝。 新横綱武蔵丸はぎこちなかったが何とか12勝、出島戦で左手薬指を脱臼した貴乃花は終盤散々で 9勝止まり。 貴ノ浪も崩れて 8勝、カド番の千代大海は斑が大きかったが10勝した。大関を狙った魁皇は10日目で 7敗、結局勝ち越したが出島に抜かれた。 優勝争いは盛り上がったが、 3月同様相撲内容は悪く、曙と出島だけは良かったが、決定戦がひどすぎて全くの尻切れ蜻蛉。 また立ち合いの乱れがますます目立つようになった。
・優勝決定の一番 決定戦 出島(押し出し)曙
 曙が右から張って出るところ出島は左へ逃げ、曙が泳ぎながらも向き直って右を入れるが出島は右を浅く覗かせて左おっつけから筈で白房に押し切った。 決定戦史上稀に見る大凡戦。一種の番狂わせという要素と、大関昇進に花を添える初優勝という要素、さらに出島の感涙なる大きな要素があって恰好はついたが、 ただでさえひどかった当場所千秋楽の相撲の詰まらなさを引きずったのみならず大増幅させたかのような決定戦で、大いに失望した。
・好勝負
  3日目 安芸乃島(上手出し投げ)武蔵丸

 武蔵丸も早いが安芸乃島も遅く、武蔵丸が突っかけてやり直し。今度は武蔵丸が踏み込まず両手突きから右へ動いて上手狙い。 しかし安芸乃島は鋭く突っ込み左を差して上手をやらず、右からおっつけて前褌を取り、右へ廻る。さらに安芸乃島右から出し投げを打って頭をつけ、左は下手を離して筈から再度前廻し。 ちょっと引きつけて武蔵丸の腰を伸ばし、右から出し投げ、さらに黒房に寄って東へ右から上手出し投げを決めた。武蔵丸は這いつくばり、その後安芸乃島が仰向けに転倒。 安芸乃島は金星が16個目となって自己記録を更新した。
  3日目 曙(押し倒し)若の里
 若の里がドッと突っかけると曙は両手突きから右喉輪左筈で西に一気に押し込み押し倒して圧勝、曙は久々に素晴らしい出足を見せて復調を印象づけた。
  8日目 武双山(押し出し)琴ノ若
 琴ノ若には前場所に続いて不運が襲った。立ち合い互いの当たりが弱く、琴ノ若が右をこじ入れて左から押しながら上手を取り、ジリジリ東に寄り立てる。武双山は左へ廻り込んで松ヶ根(若嶋津)の前で上手投げを打ったが上手が切れ、かなり早く右手を着いた。 琴ノ若は遅れて腹這い。軍配は琴ノ若だが、物言いがついた。九重(千代の富士)が言うには、「武双山の着き手が早い」という意見が九重含めて 2名、「同体」が 1名、「見えなかった」が 2名とのこと。 この場合だと琴ノ若が勝つはずなのだが、なぜか取り直し。九重の説明は「武双山の手が着くのと琴ノ若の飛び出すのが同時」というのだが、琴ノ若は飛んでおらず、出鱈目の説明。取り直しは武双山が当たって左前褌を取り、右のおっつけで呆気なく押し出した。 琴ノ若は勝っている相撲を取り直しにされて負けた。
  9日目 出島(押し倒し)貴乃花
 貴乃花は相手を焦らして両拳をチョンと着いてこの場所(殆どの場合右拳が仕切り戦を越えるという馬鹿らしさ)立っていたが、チョン立ちの虚を衝かれて惨敗を喫した。 貴乃花が左で踏み込むよりやや早く出島はぶちかまして左外筈右差しから息もつかせず突進。貴乃花は右脇を固めて右差しにいったが筈押しを受けて絞り出され、左腕を大いに伸ばして上手を取ったが腰が伸び切った上にブッチリ上手を切られてしまう。 慌てた貴乃花、右で首投げにいこうとしたが、出島の左筈が物凄い勢いで伸びた。貴乃花は上体が左に捻れ、腰砕けの恰好で白房に尻から崩れ去った。貴乃花 2敗、しかも上手を切られた際に左手薬指を脱臼、翌日から固定して出場したが土俵入りではふらつき、 元々良くなっていない相撲の方も、立ち合い逃亡 2番を含め惨憺たるものとなった。
×平成11年 9月 優勝 横綱 武蔵丸 光洋 12勝 3敗 6
  4横綱 3大関の豪華番附だが客足は鈍く、満員は千秋楽のみ、土俵上も景気が悪く、 貴乃花は予想通り連敗で 3日目より休場、絶好調の曙も 4日目より負傷休場、これによりこの両横綱から玉春日が連続不戦勝を貰うという 2回目の記録が残った。 加えて貴ノ浪が 5日目に右太腿を負傷し 7日目より休場となってしまった。勿論相撲自体の内容もなく、悲惨だった。 悲惨といえば、再起を賭した若乃花が初日から連敗し、やっと 6勝で迎えた10日目に左足を負傷、無理に土俵を務め11日目からの 5連敗で負け越した。 優勝争いは10日目で 1敗が武蔵丸だけ、 2敗には雅山・和歌乃山がいたが、11日目に 3人が全滅、13日目終了時には 2敗武蔵丸、 3敗安芸乃島となった。 14日目に武蔵丸が敗れて低調場所の印象をなお濃くし、千秋楽に安芸乃島が敗れて武蔵丸が勝ち優勝が決まった。 新大関の出島は序盤と終盤に躓き、千代大海は中盤に崩れて優勝を争えなかった。
・優勝決定の一番 千秋楽 武双山(寄り切り)安芸乃島
             武蔵丸(寄り倒し)若乃花

 武双山が当たるを安芸乃島は受けたが忽ち赤房に後退した。しかし安芸乃島は土俵際で左下手右上手を取って捕まえる。 だがここで上手出し投げを打ってしまい、武双山の右おっつけを誘発。武双山は左下手を引きつけ右おっつけで東に寄り立て、必死に堪える安芸乃島を寄り切り、これで 3敗は武蔵丸だけとなった。 結び、優勝を目指す武蔵丸と勝ち越しを懸ける若乃花の対戦は、武蔵丸がやや遅く若乃花が突っかけた。 2度目、若乃花が先に立つと相手を見ていない武蔵丸はノソッと出て右から張り右を差す。 若乃花が左からおっつけると武蔵丸は鈍いが突っ張る。若乃花は果敢に突っ張って左へ飛び、去なして飛び込み右下手を引いた。しかし武蔵丸も右差しで若乃花に上手を与えない。 武蔵丸は左上手を取って東に寄り立て、右喉輪左で肩を押して寄り倒さんとするが腰高。若乃花は青房下で左からおっつけて右下手から右へグーッと捻った。 武蔵丸はなお寄り詰めるが、左上手を欲しがる間に若乃花が左へ廻って残った。しかし依然武蔵丸充分、若乃花は懸命に堪えて右に廻り下手投げを打つが、武蔵丸は寄り進んで結局寄り倒した。
・好勝負
 初日 朝乃翔(叩き込み)出島

 立ち合い出島は左から踏み込んで右を差そうとしたが、朝乃翔の当たりが良かったため僅かに腰が上がった。 そして朝乃翔は左おっつけ右喉輪から 2つ突いたところで出島に出られそうになったので右に飛んで素首落とし、 出島が踏み堪えて向き直るところ朝乃翔は突きを 5発、出島は足が揃った。その瞬間、朝乃翔はさらに右に飛んで引いた。出島はのめって向正面土俵八角(北勝海)前にでんぐり返って転落、 半年前の初日に自らが新大関の千代大海を潰したことを思い出し、唇を噛み締めた。
 10日目 若乃花(送り出し)闘牙
 若乃花は踏み込み鈍いが頭を下げて飛び込もうとし、下から挟みつけて東に出る。 闘牙は右張り手を交え突き返す。若乃花は手繰るが効かず白房に後退、右に廻って必死に宛がうも、闘牙の右張り手と左喉輪で顎が上がり大苦戦。 そして若乃花が右からおっつけながら右に廻り込むと闘牙はついていってなおも喉輪押しに出たものの、まともに引いて呼び込んだ。 若乃花は右差し左筈で赤房に出たが、闘牙は左半身から捨て身の首投げを打ち、さらに左足を内搦みに掛けた。 若乃花はこの奇襲で股割りとなり、闘牙が若乃花の左脚の上に被さって右手と左膝から落ちる前に足が上がって死体になってしまった。 軍配は若乃花ですぐに物言いがつく。体勢から見て闘牙にかなり分があるが、 5分余の協議の末に取り直しとされた。 若乃花は左足を痛めたにもかかわらず強引に土俵に上がる。今度は若乃花が右前褌を取ったが、闘牙は例によって突き放す。 若乃花は執拗に右を狙いながら闘牙の突っ張りをおっつけて堪え、闘牙が腰高で喉輪攻めに出るところ、東土俵で右下手を取った。 闘牙が一旦切ったが若乃花は白房に出て右上手、出し投げで崩そうとする。ここで離れてまた闘牙が突っ張り左に動いて叩くが、若乃花は後ろについて正面に送り出した。 この相撲はどうやら勝ったが、若乃花の負傷は左大腿の軽い肉離れ、休むと気力が萎えるとやらで翌日以降も土俵に立ったが、全く相撲にならず負け続け、負け越した。
○平成11年11月 優勝 横綱 武蔵丸 光洋 12勝 3敗 7
 若乃花は予定通り休場、微妙な線だった曙も休場し、武蔵丸と貴乃花が出たがともに体調万全とはいかず、初日に敗れ、 9日目に揃って 3敗目。 この 9日目で 1敗だった 3人のうち栃東、土佐ノ海の順で崩れ、残った出島も12日目から黒星続き、気がつけば 3敗で両横綱が残り、 相星決戦で武蔵丸が勝って連続優勝を飾り、貴乃花は本年優勝なしに終わった。と書けば詰まらぬ場所のように見えるが、 なるほど出島以外の横綱大関の内容は良くなかったものの、全体としては面白い相撲が多く、内容はあった。 千代大海は腹を壊して 9勝、貴ノ浪は負け越して大関を陥落した。
・優勝決定の一番 千秋楽 武蔵丸(掬い投げ)貴乃花
 先に右拳を下ろした武蔵丸だが、貴乃花が合わせようとせず武蔵丸が嫌った。 2度目、貴乃花が勝手に突っ込むが武蔵丸は受けない。 3度目、武蔵丸が右を差し左をも捻じ込もうとすると、貴乃花は左足からこの場所一番の踏み込みを見せ、右下手前褌に続いて左上手横褌を引きすぐに引きつけにかかったが、武蔵丸は右に廻って右を深くした。 貴乃花の左は一旦切れ、素早く取り直したもののかなり深くなった。武蔵丸は右下手を取らず、右腕から起こそうとする。 貴乃花の左肘は締まらず、大きく上がった。しかし頭を上げない貴乃花は右四つ両廻しを引きつけて黒房に煽り立てた。 武蔵丸はジリジリ後退したが右掬い投げで一旦止める。貴乃花はさらに西に出るが、武蔵丸は堪えた。 貴乃花は数呼吸の後吊り身に右へ少し振り、右下手を深くしてさらに僅かに右に振った。武蔵丸の体は棒立ちになったが、なお右から起こそうとした。 貴乃花はさらに力を込めて正面に出ようとしたその端、武蔵丸はグイと右から掬い投げ一発、貴乃花は右足を軸に一廻転して叩きつけられてしまった。貴乃花は全精力を使い果たし正面土俵に座り込むこと15秒、漸く立ち上がってフラフラと引き揚げた。 場内は座蒲団が飛び、懸賞を載せた庄之助の軍配にもぶつかったが、庄之助は懸賞をよく落とさず腹で受け止め、無事武蔵丸の手に渡した。
・好勝負
  3日目 土佐ノ海(送り出し)貴ノ浪

 互いに見合って立ち、土佐ノ海が鋭く当たって貴ノ浪が受けたが、貴ノ浪は受け切れず右足が流れる。土佐ノ海は左筈右おっつけから右の去なし、貴ノ浪は正面へのめる。土佐ノ海は後ろに抱きついて送り出した。 これで土佐ノ海は初日から連続して 3大関に当たり、悉く打ち破るという新記録を樹立、 8日目には武蔵丸をも攻め切った。
  9日目 寺尾(寄り切り)武蔵丸
 貴ノ浪、貴乃花と敗れ既に館内は騒がしかった。時間一杯、寺尾もやや早かったが武蔵丸は遅く、寺尾突っかけてやり直し。 2回目、馬鹿に慎重な武蔵丸は完全に立ち遅れ、見ているだけ。寺尾は突っ込んで両手突きで突き上げた。武蔵丸は棒立ちになったが、右筈左おっつけで突き放し、右喉輪でもう一押し、次いで左からおっつけて突き放そうとしたが、そこには寺尾の右腕はなかった。 武蔵丸は右へカクッと揺らいだ。寺尾は白房下の土俵際で右上手出し投げを打って後ろにつき、正面土俵で必死に向き直った武蔵丸を追い詰め、青房に寄り切った。 四囲から噴き出す白き座蒲団、数多の抛物線を描いて瞬く間に館内中央に集まる集まる。見る見るうちに土俵周囲は雪原と化してしまった。寺尾36歳 9ヶ月、堂々 4年半振り 7個目の金星。
 12日目 貴ノ浪(送り出し)出島
 出島はこの時点で唯一の 1敗であったが、思わぬ負けを喫してここから崩れた。出島は例の如く当たりにいった。 それに対し貴ノ浪は、右から引っ張り込みにいくと見せ、何と左からいきなり小手に振り、それを連発して白房まで引っ張り、左へ必死に逃げる出島の後ろについた貴ノ浪、赤房に送り出して大どんでん返しを達成してしまったのである。 大不調の貴ノ浪に出島が敗れようとは誰も想像する能わず、優勝争いは意外な動きを示し始めた。
 14日目 闘牙(押し倒し)貴ノ浪
 出島を倒して注目された貴ノ浪だが、翌日武蔵丸に負けて 7敗となった。そして迎えた闘牙戦、貴ノ浪は右から踏み込んで闘牙の突きを宛がおうとしたが、闘牙は左喉輪から右喉輪で押し立てる。 貴ノ浪は右腕を手繰って左に廻り込んだが、闘牙はなお喉輪で押し立てる。必死に堪えた貴ノ浪だが向正面に詰まり、闘牙の右筈で赤房に押し倒され、大関陥落が決まった。闘牙はこの年貴乃花と若乃花を壊し、さらに貴ノ浪を大関の座から追いやった。
前画面に戻る