平成12年
◎平成12年 1月 優勝 関脇 武双山 正士 13勝 2敗 1
 若乃花は体調恢復の遅れで休場し、三連覇を目指した武蔵丸は場所直前に左手首を痛め、 2勝 1敗から休場した。 出島・千代大海の両大関は 4日目で 3敗という為体で 9勝止まり。 9日目終了時点で 1敗は曙・武双山、 2敗に貴ノ浪・雅山・千代天山・旭天鵬が名を連ね、 貴乃花は意外にも 3敗していた。 9日目に敗れて 1敗の曙は、10日目の武双山の敗戦により単独トップに立ったが、12日目より崩れ11勝。 13日目まで 2敗で生き残った新小結雅山は14日目に新鋭隆乃若の猛攻に屈して後退し、 2敗で残った武双山が千秋楽に魁皇を圧倒し初めての優勝を掴み取った。 雅山は12勝、優勝を狙った貴乃花も12勝であった。大関復帰を目指す貴ノ浪は 7勝 2敗から 3連敗したが、千秋楽に10勝目を挙げて返り咲きを決めた。 面白い相撲が多く、不調の大関や三役力士に消極相撲が出て指弾されたり、後半にやや中弛みがあったりしたとはいえ、久々に内容のある本場所になった。
・優勝決定の一番 千秋楽 武双山(押し倒し)魁皇
 何としても勝ち越したい魁皇が慎重に仕切り、左に飛びながら叩いたが、武双山は鋭く踏み込んで右からおっつけて突っ走り、左筈で赤房に烈しく押し倒して遂に念願の優勝を決定した。 下記の如く次代を担うとされた力士の消極策が簡単に決まる中で、最後に魁皇がやって見事に自ら真ッ逆さまに土俵下に墜落した。
・好勝負
  3日目 武蔵丸(寄り切り)闘牙

 闘牙が右から去なし気味に立って突っ張ると武蔵丸は右から宛がって右横褌を取ったが、これを切られてのめり、そこに両手突きが飛び込んでよろけ、一度は正面に後退した。 しかし武蔵丸は右から押し返して東に攻め、右上手を取って左四つ、左下手も掴み、向正面白房寄りに寄り立てて左で肩を押して寄り切った。 相撲はどうということもないもので、心配されていた武蔵丸の左手首も大丈夫だろうと思われた矢先、明くる 4日目より武蔵丸が休場となって驚いた。 これにより、幕下時代から続けた連続勝ち越し記録は55場所で杜絶、そして北の湖の記録にあと 1場所と迫っていた幕内連続勝ち越し記録は49場所で惜しくも止まった。
  8日目 武双山(押し出し)貴乃花
  1敗同士、激突の大一番。貴乃花は左は前廻しを狙い、骨のある武双山相手に右はへのこ差しにいった。そして左は武双山の右腕で止められた代わりに右前褌を取った。 しかしそれより早く武双山は左で前褌、右は筈。貴乃花は武双山の左を切り、左もへのこ差しにいったが、武双山はこれを左右から強烈におっつけた。 このおっつけは閂同然の効果を生み、貴乃花は案の定伸び上がってヨタヨタヨタッと赤房に詰められ、詰めの右喉輪で豪快に押し飛ばされ惨敗した。 武双山の好調は場所前から伝わっていたが、それを裏打ちする見事な一番。貴乃花はあまりの負け方に改めて気合を入れ直したが…
  9日目 土佐ノ海(叩き込み)貴乃花
 土佐ノ海は風邪とかで不調、前日立ち合いに飛んで勝っている。貴乃花がやや焦って右を着いて左も着こうとしたが、この時には土佐ノ海は腰を割ったばかりだった。 さて貴乃花が僅かに先に立ち、勢い良く左で踏み込んで取っ捕まえてくれようと猛然突っ込んで右差し左前褌を狙ったが、右腕に触れるはずの土佐ノ海の肥体はいつもよりかなり遠い位置にあった。 つまり土佐ノ海は貴乃花の左側に飛んだわけだ。左で踏み込み右腕を一杯に伸ばした貴乃花、哀れなる哉宙に浮いて横転しあえなく 3敗となった。 貴乃花が気負いを表に出しすぎ土佐ノ海の計略にかかったわけだが、現大関やその候補者がこの場所は続々と立ち合いに飛んで勝ち、散々に酷評された。
 14日目 隆乃若(寄り倒し)雅山
 隆乃若が鋭く踏み込んで互いに頭で当たり合い、両差しを狙った隆乃若に対しやや当たり勝った雅山が右から抱え左からおっつけると、隆乃若は大胆にも右から引っ張り込んだ。 もうこの時点で雅山の廻しは数枚伸びている。両者左下手一本、雅山が途中右を巻き替えにいったが不成功。 数呼吸後、隆乃若が一枚上手を掴み、間髪入れず持ち替えて吊り身に白房に迫り、雅山が懸命に右からおっつけ、そして左下手を離して掬い投げにいったが、隆乃若は預けてドッと寄り倒して快勝、遂に雅山 3敗となった。 期待の新鋭隆乃若の評判を一層高からしめた颯爽たる相撲。
 千秋楽 貴ノ浪(寄り切り)千代天山
 千代天山が両筈で出て右おっつけ、貴ノ浪が右から抱え左を差そうとしたがこれは阻まれて思うに任せない。 しかし貴ノ浪は慎重に構え、左を入れながら右で充分に抱えた。千代天山は右横褌を取ったが、貴ノ浪は左差し手から引き上げて出ようとする。 千代天山は堪えたが、貴ノ浪は左下手をも引いて充分、引きつけて右へ寄り、伸び切った千代天山を青房に寄り切って待望の二桁を挙げた。 勝負を決めて土俵に座り込み、ホッと一息ついた貴ノ浪の表情に安堵が窺えた。
△平成12年 3月 優勝 前14 貴闘力 忠茂 13勝 2敗 1
 武双山の大関と貴乃花の復活優勝という二大挑戦が話題の中心になる筈であったが、 休場すると思われた若乃花が突然出場することになり、場所の焦点がぼやけてしまった。 結局その若乃花は大声援を受けながらも苦闘し、 5日目栃東に敗れ 3敗となるや引退を声明した。 注目の武双山は前場所同様の充実振り、期待通りの相撲を続けて 2敗で進む。貴乃花も 2敗で終盤に入ったが、元気という噂とは裏腹に鈍い動きで評判倒れ。 ここに曙・武蔵丸・雅山まで絡んで大混戦になっていたが、幕尻に下がった貴闘力が全勝でその上を突っ走る。 貴闘力は苦戦が多かったにもかかわらず、悉く切り抜けて11日目から三役と対戦、小結土佐ノ海を破り、翌日には武双山を倒してしまった。 こうして13日目からは二横綱と当てられ、いずれにも勝てず 2敗に後退したものの、単独首位は変わらない。 千秋楽貴闘力は 3敗の雅山と対戦、土俵に詰まってあわやと思われたが、右へ逃れて大逆転を見せ、13勝で逃げ切った。 雅山が勝ったなら 3〜 5人の決定戦になるという接戦で、最後には曙・武双山が12勝、貴乃花・武蔵丸・雅山と、 優勝争いに顔を出さなかった出島が11勝ということになった。千代大海は 8勝、再大関貴ノ浪は早くも負け越した。武双山が大関に推挙された。
・優勝決定の一番 千秋楽 貴闘力(送り倒し)雅山
 赤房下で四股を踏んだ貴闘力、溜め息を一つ。そして水を受ける際に思うところあってか赤房にて左腿から膝にかけ、少量の水を掛けた。雅山早く突っかけやり直し。二度目、当たりは僅かに雅山の方が良かったが、貴闘力簡単には下がらない。 しかし雅山の手数は例の如く多く、喉元を捉えた雅山の手は貴闘力の顎を上げてしまった。雅山はさらに胸元を突いて前撃する。再び顎を引いた貴闘力は相手を見つつ下から宛がい、左から去なそうとしたが後退、右足が俵にかかり、早くも赤房下に詰まる。雅山はさらに突き進んで喉輪で突いた。 ところがここで貴闘力、なんとなんと雅山の左肘をもろに掴み、引っ掛けつつ右に廻り込んだのである。雅山は驚いた。貴闘力は右から大逆転の送り倒し、雅山は左腹から塩籠の前に落ち、武蔵川部屋七連覇の夢はここに断たれ、幕尻貴闘力奇蹟の初優勝は達成された。
・好勝負
  4日目 武双山(突き落とし)曙

 時間一杯、互いに呼吸が合ったかに見えたが武双山動かず曙も動かず。やり直して曙が両手で喉を押したが武双山下がらず両差し、曙は両上手を数枚引きつけようとしたが、武双山の廻しはやや緩い。 武双山は右筈で堪えつつ左から突き、続けて右から烈しく突き上げ、そのまま向正面に突き落とすと、曙は右足で飛ぶこと二回、派手に一転して向正面に転げ落ちた。
  5日目 栃東(押し出し)若乃花
 若乃花は 2勝 2敗、平幕と五分に取る状態で前途は厳しいといわざるを得なかった。栃東は中学・高校が若乃花と同じで、 6年下、若乃花を目標にしてきた。 さて、互いに左で踏み込んだ立ち合いは栃東優勢、左おっつけ右喉輪から左へ突いてなお押し立て、何とか押し返そうとする若乃花に対しなお左から攻めて上手、 右を筈にして向正面へ一気に攻め込み、左おっつけ右筈で押し出した。館内のざわめきは静寂に変わり、西の花道を引き揚げる若乃花には拍手、 その中に「押し出して栃東の勝ち」という式守与太夫の声が響く。若乃花は 3敗目、その晩に引退を発表した。
  6日目 曙(褄取り)土佐ノ海
  2連敗の曙は流石に負けられぬと執念を燃やした。土佐ノ海当たったが曙動ぜず受けて二本僅かに覗かせ、右を割り込みつつ左から上手を探りながら東に歩き、上手を取った。 土佐ノ海は土俵に詰まりはしたが、曙の上手を切り、曙がなおも出るところ、右へ逃れて右突き落とし気味にうまいこと逆転…の筈が、曙が左手で土佐ノ海の前廻しにしがみつき、 続けて右手で左足を裾取り、さらに土佐ノ海が背を向けて逃げるを追った曙が足を離さず、褄取りの形に変わって青房下に突っ込んだからたまらない。 土佐ノ海は大魚を逸したばかりか、珍相撲の相手役になり敗れ去った。褄取りは決まり手制定後幕内初登場となった。
 12日目 貴闘力(叩き込み)武双山
 貴闘力は聊か緊張しているような顔である。時間一杯の仕切り、武双山ひどく遅く、貴闘力突っ込んでやり直し。 二度目、貴闘力右指先を擦って先に立つ。武双山は下から突っ込み、従って立ち合いは武双山が良かった。そして武双山が突き立て押し立てようとしたが、貴闘力は左張り手で牽制しながら突き返す。 武双山はなおも攻め立てんと前に出る。貴闘力は左張り手でなお牽制して押し返さんとする。武双山がなお攻め込むと、貴闘力は再度左から張って僅かに左に廻った。武双山の足袋は滑り、嗚呼武双山前に落ちた。 貴闘力は珍しい有用な張り手を出して武双山の警戒心を煽った。心憎いばかりの巧妙な戦術だった。武双山はこれで 3敗。貴闘力は10日目で 2差をつけ、なお驀進中。
 14日目 武双山(送り倒し)栃乃洋
 互いに鋭く当たり合って左下手、栃乃洋は右上手を取り、武双山は右からおっつける。栃乃洋は右上手から投げるが、早くも武双山の廻しは伸びている。 武双山は右から攻めて東に出んとし、栃乃洋の上手投げに対し、左から突き落とした。武双山はこれで11勝目となり、大関昇進を確実にした。
 千秋楽 千代大海(突き落とし)武蔵丸
 失態相撲。千代大海当たって突き上げる。武蔵丸は右を差そうとばかりする。千代大海は右から突き落とす。武蔵丸は簡単に両手から倒れた。内容そのものもひどい相撲。 千代大海に足を踏まれた伊之助は千代大海の蔭から軍配を武蔵丸に上げ、呼び出し栄太呂の触れより先に武蔵丸に名乗りを上げようとして栄太呂に制止され、それから軍配の上げ直しもなく千代大海に勝ち名乗り。伊之助の失態も失態だが、審判の失態でもあった。
○平成12年 5月 優勝 小結 魁皇 博之 14勝 1敗 1
 前場所中に腰を痛めていた新大関武双山が、その悪化のために休場し、また武蔵丸も場所直前に右膝を痛めて休んだ。 貴乃花と曙は好調といわれ、出島も上々と伝え聞いたが、その出島が初日魁皇に叩きつけられそのまま崩壊した。 この場所は高い次元での混戦で優勝争いは締まった。曙は 3日目に負けて 1敗で、その曙は 5日目魁皇に勝って魁皇も 1敗、翌日貴乃花が魁皇に負けて 1敗。 さらに新入幕栃乃花が10日目まで 1敗で進んで11日目に魁皇に当てられた。これは小手投げで振り倒されて後退したが、 翌日に同じく 2敗の千代大海に当てられ完勝して見せたばかりか、13日目に 3敗になったものの14日目に貴ノ浪をも破って貴ノ浪大関再陥落を決めてしまった。 1敗の 3人のうち貴乃花が13日目に千代大海に敗れ、千秋楽まで魁皇が残り曙は貴乃花に負けて魁皇の初優勝が決まった。雅山が大関に推薦されたが、理事会での反対者が 3名もあるという難産だった。 7日目に三段目の朝ノ霧が前袋を落とし反則負けとなった。
・優勝決定の一番 千秋楽 魁皇(寄り切り)玉春日
 魁皇が左差し右おっつけを狙って左を固めて立つと玉春日は左筈右おっつけの形を取ったが、魁皇は左喉輪で青房に押し込んだ。 玉春日が右筈で防戦して左に逃れると魁皇は右喉輪から左筈で東に押し立てる。玉春日が右から去なすところ魁皇、左を差して右から抱えとうとう捕まえた。 さらに魁皇左を返し、右からおっつけて追い詰め、上手を取るなり掴み上げるようにして青房に寄り切って14勝目を挙げた。結び、曙は貴乃花に完敗し、魁皇の初優勝は決まった。
・好勝負
 初日 魁皇(上手投げ)出島

 出島がいつものように先に仕切ると、魁皇は慎重に仕切って左を固めて体当たり。出島も当たって左を差し、右も捻じ込もうとしたが、失敗して片手万歳。 魁皇は右上手を掴むなり、グーイと一振り、上手投げで大関を叩きつけた。初日早々から出島惨憺たる負けっぷりで、自信喪失から散々な土俵となった。逆に魁皇は滑り出し良く一気に突っ走った。
 12日目 栃乃花(寄り倒し)千代大海
 新入幕栃乃花は 9勝 2敗で大関に初挑戦。栃乃花低く頭で当たって立ち合いは五分。千代大海の喉輪突き 2発で栃乃花の顎は上がったが、栃乃花下がらず右から宛がって懸命に凌ぐ。 千代大海はなお突っ張る。栃乃花はだんだん白房に下がったが左右から宛がい堪え、右から去なす。千代大海は左突きの後右で栃乃花の左腕を払い上げ、さらに突き上げるが、栃乃花の右宛がいが良く、左突きは空振りを続ける。 千代大海は僅かに右から去なしてさらに突き立てたが、栃乃花も宛がい続け、千代大海の突きが鈍るにつれ、両筈の形に変わった。千代大海は左から素首落としにいき、向正面を右へ逃げた。 栃乃花は一気に突進、左を差して追い込み、千代大海の右への打っ棄りに構わずドッと赤房に寄り倒して快勝した。激闘、栃乃花遂に大物の首級を挙ぐ。
 12日目 貴乃花(上手投げ)雅山
 貴乃花左で踏み込み左を狙う。雅山は両手で突き上げ喉を攻めるが、貴乃花は腰を固めて前に出ながら左から右と上手を掴んで寄り進んだ。 雅山は左から掬おうとしたが、貴乃花は右を引きつけて前に出て堪え、雅山が右足を徳俵に掛けて右からおっつけようとするところ、貴乃花は無理に左を差さず、体の開きも充分に、右から大きく上手投げを放って豪快に振り飛ばした。 こう取られてしまったら大関狙いの雅山など貴乃花の敵ではなく、雅山は 4敗となった。この雅山はそのまま11勝でまとめたが、これといって内容は良くなく、どの相撲で大関昇進を決めたというものもなく、 よく理事会での反対者が 3名に止まったな、という程度の大関推薦であった。
 13日目 千代大海(寄り倒し)貴乃花
 貴乃花は左から踏み込んで右へのこ差し。踏み込みは大して悪くなかったが、千代大海の当たりは鋭く、右喉輪押しも強く、左の外筈も良く、次の右喉輪も左筈も効き、貴乃花は右足が上がった。 千代大海は左差し右筈の形で貴乃花の右につき、貴乃花が右から首捻りにいくに構わず、体を預けて寄り倒して圧勝。雅山戦であれほどの快勝劇を見せたのに、大関相手にへのこ差しとはあまりにも千代大海を馬鹿にしすぎ、痛い 2敗目。
 14日目 栃乃花(寄り切り)貴ノ浪
 両者の踏み込みともに良く、貴ノ浪が右から引っ張り込んで左を差そうとしたが、栃乃花の右は堅く、逆に右を深く差された。 貴ノ浪は両方から抱え上げて引き上げにかかるが、左から右と下手を取られて見る見る浮き上がり、全く打つ手なく黒房に寄り切られて再度の大関陥落、しかも新入幕に負けての陥落とあって誠に哀れ。栃乃花は新入幕で 2大関を倒す初の快挙。
 千秋楽 小城錦(引き落とし)闘牙
 闘牙が喉元を突っ張ったがあまり効かず、小城錦が左に廻って下からはね上げると、闘牙は左喉輪からすぐ引いて右上手から投げようとしたが、小城錦は左下手を取って右で絞り、上手も取って白房にがぶった。 闘牙は右上手を離して頑張ったが右足が上がり、二階席から見ても「完全に」と思うほど右足が俵の外に出た上に、いかにも蛇の目に着いたという動きを示してからまた土俵内に入って踏ん張る。 二階席では「出た出た」という声が上がり、当然行司咸喬は軍配を小城錦に上げ、そして問題の土俵際に行ったが跡がない。相撲は止まった。協議後の審判長境川の説明は次の通り。 「只今の、協議について、説明、致します。えー(館内爆笑)、闘牙が、闘牙の足が、出たと思って、行司が勝負あったと、言って、えー、小城錦の方に軍配を上げましたが、土俵は出ていません土俵から(館内大歓声)。 よって、最初から取り直しと致します」。という塩梅でやり直すことになったが、時間一杯から取り直すのか、塵からやり直すのかで揉め、結局塵浄水からやり直し。 かくて再戦、闘牙の突っ張りを小城錦が受けて左に廻って去なすが、闘牙はなお突き立てた。しかし、闘牙の右足が滑り、小城錦の引きを喰う前に前に四つん這いになってしまった。珍相撲。
×平成12年 7月 優勝 横綱 曙 太郎 13勝 2敗 10
  5日目から独走した横綱曙が13日目に優勝を決めたが、その後崩れ13勝 2敗。 10日目に 4敗となって危ぶまれた大関狙いの魁皇だったが、11勝にまとめて大関を決定づけた。 千代大海11勝、出島は10勝したが、武双山は腰痛が癒えず大関陥落が決まり、実力に疑念を持たれた新大関雅山も負け越した。 武蔵丸は10番に止まり、貴乃花は内容悪く、 5日目に左肘を壊し 8日目から休場、相撲内容決して良くなく立ち合いも荒れ、今一つの場所だった。
・優勝決定の一番 13日目 曙(押し出し)雅山
 曙右で張って右差し左上手を狙ったが、雅山は曙の胸に当たって左おっつけ右を覗かせる。曙は上手が取れず、左から右と突いた。 雅山は右に飛んだ。曙は西に走ったが向き直り、雅山の突っ込みを受けるや右上手を引き左四つに捕まえ、左肘を張って上手を与えず逆襲、 雅山の右突き落としを残し、ガッチリ引きつけて青房に猛攻、雅山の叩きに構わず寄り進み、廻しを離して押す前に雅山を正面に吹っ飛ばし、19場所振り10回目の優勝を決定した。 新大関雅山の負け越しも併せて決まった。
・好勝負
 初日 千代天山(寄り切り)湊富士
  5日目 隆乃若(寄り切り)千代大海

 千代天山が勝手に立つと、湊富士は左拳が着けなかったとて力を抜いたが、実際は左も着いていて、待ったの意思もはっきりしないため、 行司朝之助は千代天山の相手無視を無視して続けさせ、千代天山は左おっつけ右筈で西に真っ直ぐ出て勝ち名乗りを受けた。 4日後、隆乃若が大関相手に(しかし上位戦では連日)不明瞭な手着きで自分勝手に立ち、 千代大海は待ったのつもりで力を抜いたが行司勘太夫や審判の知るところではなく、一旦力を抜いた隆乃若が左四つから東に出て決めてしまった。 いずれも勝った側の立ち合いが身勝手で行司や審判が止めるべきでありながら放置され、一方負けた側は待ったが認められない限り力を抜いてはいけないのに力を抜き、加えて意思表示も今一つ分かりにくかった。 両力士にも行司にも審判にも非のない者はないという「非相撲」であった。
 初日 栃東(突き落とし)雅山
 頭で当たって栃東が左右から挟みつけて押し上げんとすると雅山は手先で突き立てるが前に動けず、右に廻って右から素首落とし。 栃東は泳ぎはしたが残す。雅山がさらに突っ張るが、栃東は西に下がってさらに顎を引き白房下に堪え、右の突きが上ずるのを見て左から去なした。 雅山は泳ぎ、向き直ったときには右を差され、栃東の左攻めに向正面に後退、左に廻ってまた突っ張ろうとするが栃東に完全に宛がわれる。 雅山が右のおっつけで慌てて出ようとすると、栃東は頭を下げつつ西から青房に廻って右を割り込んだ。雅山は左脇ががら空きで浮き足立ち、突っ張ってはいるものの左おっつけに遭って忽ち向正面に後退、栃東の左突き落としに西土俵に吹っ飛び敗れ去った。 技倆の差、相撲技と「体力技」の差が如実に出た相撲で、実力に疑問符をつけられた新大関は早々に躓いて立ち直るきっかけすら掴めず、大崩壊した。
  9日目 曙(寄り倒し)出島
 出島が懐に突き刺さろうとするところ曙右で張って左を固め、右から押し、白房に突き立てた。すると出島は土俵際でこの攻勢を堪え、曙が組もうとするところ右差しに入って左のおっつけで赤房に寄り返した。 対する曙は左上手を引きつけ、下がりながら右を捻じ込み、俵に足をかけて右腕を返し、ここから反転攻勢だ。出島は右下手一本で下手投げを打ったが、曙は向正面赤房寄りに詰め、右腕を突きつけて体を預け寄り倒した。 横綱大関戦の久々に見た良い相撲で、曙盤石の横綱相撲。
 11日目 土佐ノ海(引き落とし)武双山
 当たって土佐ノ海が右から突き起こすと武双山の上体は立った。しかし武双山も応戦して突き返し、左下手を狙ったものの、踏み込んでのものではないため取れない。 土佐ノ海は真っ直ぐに引いた。かなり悪い引き方だが、武双山はバタバタッと崩れて右手から這った。武双山は早くも負け越し、大関陥落が決まった。
 千秋楽 魁皇(押し出し)和歌乃山
 魁皇は 6勝 4敗から踏ん張り、前日武蔵丸を仕留めてこの相撲に大関の座を懸ける。勝ち越したい和歌乃山は右に飛んだが、魁皇は全く崩れず左喉輪だけで向正面に押し込み押し出した。 これで魁皇の大関は殆ど決定的となった。
△平成12年 9月 優勝 横綱 武蔵丸 光洋 14勝 1敗 8
 全勝を続ける武蔵丸と、初日に敗れた曙との優勝争いとなり、幾人か絡んだが徐々に脱落、終盤は両横綱が突っ走り、 曙が13日目に敗れたため、武蔵丸が14日目に全勝で優勝を決めた。千秋楽の横綱決戦は曙が勝ち、武蔵丸14勝で曙は13勝、12勝がなく11勝が新大関魁皇と再入幕若の里だけだったので、 横綱とそれ以下との間に大きな分水嶺ができた場所であった。大関を狙った栃東は場所前に右肩を負傷、悪化のため途中休場したが、大関復帰を賭した武双山は10勝で返り咲きを決め、 これにより年間の大関の顔触れが場所毎に全て異なるという珍記録が確定した。千代大海と出島は10勝ずつで、カド番雅山は勝ち越しがやっとだった。また、引退力士が相次いだ。
・優勝決定の一番 14日目 武蔵丸(押し出し)魁皇
 武蔵丸先に立って両手を前下に出し、差せずと見るや左喉輪右おっつけで赤房に押し立て、魁皇が僅かに右に廻ると武蔵丸今度は正面に押し、 魁皇が左前に出ると武蔵丸は右を覗かせて東に体を寄せて魁皇を詰め、そのまま押し出して優勝を決めた。
・好勝負
 千秋楽 武双山(押し出し)琴ノ若

 大関復帰を目指す武双山に、勝ち越しが懸かる琴ノ若という、審判部としては会心作の大一番となった。 その相撲、琴ノ若に突かせず武双山踏み込んで左前褌右胸押しから出る。琴ノ若が右でおっつけて武双山の左を切ると、 武双山は左筈右の胸押しで押し詰め、左で廻しを押して堂々の押し出しで勝ち、必死の琴ノ若を破って10勝に到達、師弟二代に亙る大関復帰を叶えた。
◎平成12年11月 優勝 横綱 曙 太郎 14勝 1敗 11
 中日を終わって貴乃花と雅山が全勝であったが、翌日に両者とも黒星を貰って 1敗が 6人。 この顔触れは 3横綱と千代大海・雅山の両大関、そして再入幕の琴光喜である。翌日、貴乃花と雅山が連敗で脱落し、 終盤は日々潰し合いで大激戦。残った 4人の対戦、曙は千代大海に圧勝したが、武蔵丸が琴光喜に屈する大番狂わせ。 明くる12日目、その琴光喜善戦空しく貴乃花に敗れ、曙単独トップに踊り出る。13日目には 1敗曙は変わらず、 2敗の横綱戦は武蔵丸が貴乃花を圧倒した。 14日目、残っていた武蔵丸が魁皇に一本背負いを仕掛けられ沈没、こうして千秋楽を迎えた。もう一人の 2敗であった琴光喜は、 13日目より武蔵川 3大関に続けざまに当てられ、これらを悉く叩きのめして支度部屋で曙の結果を待った。 結び、曙は武蔵丸を両上手から引きつけての寄りで制し、 5年半振りに14勝を挙げてとうとう逃げ切った。 結果、残りの両横綱と魁皇が11勝、その他 4大関は 9勝に終わったが、星数に比べ内容の大変濃い見応えのある本場所だった。
・優勝決定の一番 千秋楽 曙(寄り切り)武蔵丸
 互いに右で張ったが曙すぐ左おっつけ右喉輪から右で押し放し、武蔵丸が右腕を出して右を差さんとするに構わず、 半身の武蔵丸に対して曙左おっつけから深めながらも上手を取り、右でも前褌を取り、強引に引きつけて青房でのしかかり、 武蔵丸が右腕を上げて左足で堪えること 9秒に及んだが、曙最後は外から挟みつけて遂に寄り切り優勝を決めた。
・好勝負
 10日目 海鵬(引き落とし)若光翔

 若光翔は新入幕。若光翔が両手突きと見せて左に変わり、叩いたが、海鵬は左おっつけ右筈から両差し、右から掬った。 若光翔ようよう残して左から片閂に極めて青房に出る。海鵬は土俵際で若光翔が右喉輪にきた隙に左に逃れて下手、右でも前褌。 若光翔が右から強引な小手投げを打ち、海鵬が左掬い投げを打ったもののすっぽ抜け、右拳を土俵に着いてから若光翔が四つん這いになった。 背後から見ていた行司城之助は見えなかった模様で、迷いながら(或は九重の指示か)軍配を海鵬に上げたが、目の前で見ていた九重は何もせず、 覆うべくもない誤審のまま成立してしまった。明らか過ぎる誤判中の誤判、最終的に海鵬は 8勝、若光翔は 7勝で終わったのだから皮肉中の皮肉だった。
 10日目 曙(突き倒し)雅山
  1敗同士で当たったが、曙の超人的強さが際立った。雅山が先に立って両手突きを見せた。しかし曙は下から挟みつけるようにして押し放した。 雅山はやや右に下がった。曙は両手で突いた。雅山は正面に詰まって足が揃った。曙また両手突きをかませた。雅山は完全に腰が砕け、左後ろにドターンとぶっ倒れ、全然相撲にならぬうちに大関は完敗した。
 12日目 曙(押し出し)出島
 これまた強すぎる曙の相撲。曙右で張って腕を差すと見せ、出島が脇を固めると見るや両手で押し放して青房に出た。 出島は腰こそ崩れないが下がった。曙そのまま前に出て突っ張りから最後は脇腹を押して押し飛ばした。 大関の出島が、青房の遥か向こう、砂かぶりの 4〜 5列目あたりまで押し飛ばされ、その凄まじき破壊力に館内どよめきわたり、そのまま静まり返ってしまった。
 11日目 琴光喜(下手出し投げ)武蔵丸
 12日目 貴乃花(小手投げ)琴光喜
 13日目 琴光喜(寄り倒し)出島
 14日目 琴光喜(内無双)雅山
 千秋楽 琴光喜(送り出し)武双山

 10日間を 9勝 1敗で乗り切った再入幕の琴光喜、11日目いきなり横綱にぶつけられ、細い目をまん丸にした。 従って気負いは隠せず、武蔵丸は普段通りだが、琴光喜早く立つこと 2回。 3度目に合って武蔵丸が兎跳びで立って右おっつけに出たが、右を差されて自分の左へ廻り込まれ、 琴光喜の右差し左上手からの寄りは何とか堪えて突っ張ろうとしたが、宛がわれて押され、左を差されて右横褌を与えてしまった。 琴光喜はここで右から出し投げを打ち、再度飛び込んで右下手、左で絞って前褌を力いっぱい引きつける。武蔵丸は片閂の体勢。 数十呼吸、武蔵丸が極めて出んとすると琴光喜踏ん張り、頭をつける。武蔵丸が右を入れんとすると琴光喜嫌い、武蔵丸が右上手を探ると琴光喜左前褌、 なお武蔵丸が右上手を狙うと、今度は琴光喜右へ内無双を切り、両差しで左腕を上げた。おまけに琴光喜、武蔵丸の左上手をも切った。 琴光喜は右下手を取り、左では肘を張り、下手を離し、頭をつけ、数呼吸後、右の出し投げで土俵中央やや白房寄りに這わせて快勝、大金星を手に入れた。 翌日、案の定琴光喜は貴乃花戦である。貴乃花は強行出場で 9日目から崩れている。琴光喜やや早く立って一旦見たもので、貴乃花の踏み込みはさぞや強烈と思いきや、 これが今一つ物足らず、右前褌狙いは喉輪突きで阻まれ、腰を引いて右へのこ差し左おっつけの形になったところ琴光喜の左叩き 2回。 貴乃花散々足が流れるがやっとついていく。琴光喜続けて右に廻る。貴乃花安直に右差しを狙うが足が出ず、突っ張りに切り替えると腰高で、琴光喜の左筈右おっつけにズルズル後退、 琴光喜が左下手を取ったので貴乃花右から抱えて左を捻じ込もうとしたが、これも思うに任せず、琴光喜が出るところ捨て身の右小手投げでどうにか辛勝、慌てふためく貴乃花の姿は惨めでさえあった。 琴光喜は敗戦とはいえ大善戦で、却って弾みがついたのである。今度は出島戦、場所前の稽古から圧倒的に分の良い相手で、 案の定当たり合っても出島の右は入らず、琴光喜右差しから左も前褌を引いて両差し。出島が腹を突きつけて強引に西に出るところ、琴光喜は左を引きつけて右を返し、正面に出て寄り倒し順当に勝った。 かくして瞬く間に全国区になった琴光喜、相変わらず大関にぶつけられ、今度は学生界で 1年下にいた雅山が相手。 この相撲は雅山の立ち合いが良く、突っ張ってぶちかまし、さらに突っ張ったが、琴光喜は意外と下がらない。 なので雅山は右から去なし、また突っ張ろうとしたところ、右を差されて右四つとなった。雅山は上手が取れず、右は殺されている。 ここで琴光喜有利となる。数呼吸、琴光喜は突如、しかし計りたる如く、左から内無双を切って鮮やかに雅山を転がした。 この日で優勝争いは一つ上行く曙と、こちら琴光喜との一騎討ちとなったのである。千秋楽、上位の砦として出てきたのは、再大関の武双山だった。 前二者の大関よりは頼り甲斐があると目されていた。しかし武双山のぶちかましが互角にしかならない。この当たり合いから武双山が左おっつけ右喉輪で押そうとしたが、琴光喜は早くも右横廻しを取って離さない。 琴光喜は得意の右廻しから上手出し投げ 3連発で武双山の左後ろにつき、さらに右を伸ばして白房に送り出したのである。 こうして琴光喜は武蔵川勢の横綱大関を鏖殺して13勝 2敗、曙には逃げ切られたが、三賞全てを獲得、それに値する十二分な大活躍で場所を大いに彩った。
 14日目 魁皇(一本背負い)武蔵丸
 武蔵丸右足を出して両腕を出し、右おっつけ。魁皇は頭で出て右おっつけから、武蔵丸が右喉輪にくるところ左から去なし、右喉輪で向正面に押す。 武蔵丸も右喉輪で踏み止まって左で魁皇の喉輪を外し、魁皇が左から手繰って左差し、右で上手を取って出し投げを打つと、武蔵丸は右を入れた。 魁皇はこれを嫌って左おっつけ右筈から左後ろに下がり、武蔵丸が左おっつけで青房下に右へ押し出さんとしたところ、魁皇は横綱の右腕を引っ担いで東土俵で一本背負いの大奇襲。 武蔵丸は右で首を巻いて送り倒さんとしたが、左手をベッタリ着いて 3敗目、結果として優勝争いから姿を消した。武蔵丸は右をやっとのことで入れて勇んで攻めたのだが、 魁皇の引き足が思いのほか速い上に、足の送り場がなく、してやられてしまった。この場所には 7日目に十枚目の濱錦が一本背負いをやっており、場所に 2つも関取以上の相撲で一本背負いが出るという大変珍しい記録ができた。
前画面に戻る