平成13年
△平成13年 1月 優勝 横綱 貴乃花 光司 14勝 1敗 21
 前年末より両膝痛が極度に悪化した曙が休場となり、また 2日目貴ノ浪を右外掛けで倒して右足首を痛めた千代大海も 4日目から休場、 残る大関陣は初日からズッタズタにやられ通し、出島に至っては14日目で負け越してしまった。 両横綱だけの場所となり、また大関ではなく関脇若の里と小結栃乃洋が脇を固めるという展開で最後まで進み、 両横綱の決定戦に勝った貴乃花が久々に優勝した。活躍四力士と平幕和歌乃山だけの本場所という感があり、全体的にはさほど面白い場所ではなかった。 千秋楽翌日、曙が引退を表明した。
・優勝決定の一番 千秋楽 武蔵丸(送り倒し)貴乃花
         決定戦 貴乃花(寄り切り)武蔵丸

 東花道から身体中を叩く音が聞こえる。 2年半振りの優勝を全勝で飾るべく、気を入れて登場した貴乃花、 1敗の武蔵丸と対戦。貴乃花右で踏み込んで左右の前褌を狙い、右を取ったが、武蔵丸が右を覗かせると腰だけが上がってしまい、 さらに貴乃花は右を切られると同時に左足が青房に流れ、左おっつけで押されて弾かれるように赤房に吹っ飛んでいってしまった。 貴乃花は力みすぎ、門前払いの恰好で決定戦に持ち込まれてしまった。決定戦は東西が入れ替わる。 貴乃花今度も右で踏み込み、左でかち上げて右前褌狙い、武蔵丸は両差し狙いから右筈で押し上げた。 そして貴乃花から右を差して右四つ、やや深めながらも左上手を引き、右下手も引き、左上手をもっと深く持ち替えた。 武蔵丸の右は生きている。貴乃花は右を離して上手投げ気味に揺さぶったが、武蔵丸が掬い返したため上手が切れ、 まず武蔵丸が右でおっつけ、次いで貴乃花が左でおっつけた。差し手争い、貴乃花が珍しや右筈で左に押して武蔵丸をよろめかせ、 右筈左喉輪から右四つ左上手、左から引きつけてとうとう武蔵丸の腰を伸ばして西に寄り立て、右で腹を押して寄り切り、逆転を許さず優勝を勝ち取った。 決定戦は息詰まる熱戦、最後は締まった。
・好勝負
  7日目 武蔵丸(寄り切り)栃乃洋

 栃乃洋思い切って踏み込み左下手を取って右おっつけで白房に攻め、 右を巻き替えて両差し、武蔵丸が右上手を引いて左上手をも探る間に吊り身に攻め立て大いに奮闘し、 この場所初めて館内を沸かせた。しかし武蔵丸よく堪えて左も上手を掴み、逆に下から腹を入れて寄り、 引きつけて西に寄り切った。どうやら武蔵丸には余裕があったらしい。
  8日目 貴乃花(寄り切り)若の里
 貴乃花の仕切り甚だ遅く、若の里が先に立って貴乃花の右棒差しをおっつけ、 次いで右喉輪突きから突っ張り、右を差して左でおっつけ、両差しになった。 貴乃花は左上手は取ったが右上手が取れず、巻き替えにまでいってなお出られ、上手を取りにいって胴捻りを引かれて弄ばれ、 さらに右腕を万歳にさせられ正面に下がったが、ようよう貴乃花踏ん張って右で首を抱え、吊り投げ気味に右に振って右を捻じ込み、 左上手を深く持ち替えてちょっと上手投げを見せ、次いで寄って出て黒房に寄り切った。
 13日目 若の里(素首落とし)武蔵丸
 武蔵丸両手突きから右を差して左で宛がい東に歩かんとしたが、喜びのあまりか右足が出ない。 若の里は右足一本で堪えつつ、左で首投げではなく、首叩き気味に素首を掻いた。 武蔵丸は左下に傾いで真ん前に腹這いとなり、全勝街道呆気なく落とし穴に嵌まり込んでしまった。
△平成13年 3月 優勝 大関 魁皇 博之 13勝 2敗 2
 カド番出島とカド番寸前雅山がまたまた大不振、出島は辛うじて勝ち越したが、雅山は負け越しに沈んだ。 3日目に両横綱が討ち死にし、 4日目に武双山が敗れたことで魁皇が全勝で進んでいったが、豪快だけれども必ずしも盤石ではなく、 特に立ち合いの悪さを初日から言われ続けていたところ、横綱戦で案の定敗れ去り、14日目終了時で貴乃花・魁皇・武双山が並んでいた。 千秋楽は正大関同士の一番で魁皇と武双山が当たり、初めて鋭く踏み込んだ魁皇が攻め抜いて勝ち残り、貴乃花は 3敗の武蔵丸に完敗、魁皇逃げ切り優勝で幕切れとなった。 優勝争いという点では盛り上がりを見せたものの、それ以外には見るべきところの少ない場所で、優れて面白かったというわけではなかった。
・優勝決定の一番 千秋楽 魁皇(上手投げ)武双山
             武蔵丸(押し出し)貴乃花

 連敗中の魁皇と、尻上がりの武双山の対決とあって、戦前の予想は武双山に分ありと見られていたが、 いざ立ってみれば魁皇の右踏み込みは鋭く、右おっつけ左喉輪で強引に押し、武双山の左喉輪を外して右下手、右に廻って腕を返し気味に掬った。 立ち負けて必死の武双山は左外掛けで耐えながら左を捻じ込む。しかし魁皇はすぐ右上手を引いて左四つ、間をおかず上手投げを打ち、 武双山が残して左下手右筈から出ようとする端を捉えてもう一度強引な投げ、正面土俵に巻き込み捩じり倒して勝ち残った。 次いで土俵下で魁皇が天を仰ぐ結びの一番。貴乃花が先に突っ込んでやり直しになる。二度目、気が乗り切らなかったか貴乃花から待った。 三度目、貴乃花頭を下げて右で踏み込み、左で前褌を狙って右おっつけにいったが、武蔵丸はすぐに右差し手を返して左も覗かせた。 貴乃花は右おっつけから右前褌を掴みにいったものの、もう左足が宙に浮き、武蔵丸が左を抜いて出てくる端、貴乃花は左で素首落としを見せて抗おうとするも、 右を突きつけられて背中向きになり、赤房に送り出されての完敗を喫し、ここに魁皇の優勝が決定してスッキリ本割で事が済んだ。
・好勝負
  3日目 琴ノ若(寄り切り)貴闘力

 貴闘力左筈右喉輪から右も筈に入れてエイエイと向正面に押したが押し切れず、土俵中央に戻されてしまう。 琴ノ若は右で抱え、左おっつけで強引に押し上げ、右でもおっつけ。数呼吸して琴ノ若右おっつけで攻め、右突き落としを見せ、貴闘力の左去なしに構わず西に突き立て、 貴闘力が押し返さんとすると琴ノ若両差しに誘い込み、閂に極めにかかった。ここまでで約30秒。ここから琴ノ若が出んとすること三回、貴闘力は残す。 琴ノ若が左に次いで右で上手を欲しがると貴闘力は嫌い、逆に差し手を深くして極めを阻んだ。 2分50秒のところで琴ノ若が右上手を狙うと、貴闘力やっと肘を張り、左に廻ったが、前に出られずまた止まる。 貴闘力の顔面と琴ノ若の肩とが血だらけになっている。 3分、琴ノ若が右小手投げ、貴闘力乗じて西に出んとしたが琴ノ若踏ん張り、貴闘力の右下手を切って左下手だけとする。 貴闘力は頭をつけ、また右下手を取って肘を張った。琴ノ若はこれを抱え、貴闘力の頭を上げた。貴闘力の手は廻しに触れているだけになった。 4分余、琴ノ若極めて出んとし、さらに右小手から振ったが、貴闘力残して止まる。 4分10秒、審判から声が掛かり、錦太夫に届くまで時間が掛かったが、水入り経験者同士の相撲はここで水入りとなった。 このとき 4分19秒。休憩、互いに血を拭い、貴闘力先に土俵に上がって腰割りの後、組み合う。手間取らずに進み勝負再開、琴ノ若が二度出ようとしたがそれっきり。 1分弱、琴ノ若また出んとする。 貴闘力は精一杯堪える。 1分45秒、琴ノ若が閂をやめ、左上手を欲しがったが取れず、 2分を目前にしてとうとう右上手を肩越しに掴んだ。貴闘力は左下手を深く取り、半身になった。 ややあって琴ノ若の投げ、貴闘力残す。さらに琴ノ若右足を伸ばして裾返しの形も見せたが、差し手争いのうちに 3分を超えた。 3分半も近くなった時、琴ノ若やおら左を入れて下手を掴み、煽るかと見たがなかなか動けず。 貴闘力も右上手を取って左四つとなったが、数呼吸の後琴ノ若右上手を切るや白房に寄り迫り、粘りに粘る貴闘力を吊り身に寄り切り、再度の水入り寸前、漸く勝負がついた。合計 8分28秒。
  3日目 栃乃洋(寄り切り)貴乃花
 武蔵丸は直前の一番に敗れている。貴乃花左、栃乃洋右で踏み込んだ。その踏み込みは互角だったが、栃乃洋の角度は素晴らしく良く、左を差し勝って右でおっつけながら猛然出た。 貴乃花は右が入らず左が死に、引くも叩くもないうちに白房に後退する。栃乃洋は一気に追い詰め右を覗かせ左を返して寄り切り、念願の貴乃花粉砕を果たした。
  9日目 魁皇(押し倒し)出島
 魁皇の踏み込みは必ずしも良かったとは言えないが、腰低く出て左差しを狙い、右から捕まえようとした。 出島は当たって左筈右おっつけの形にはなったが、受け止められてそれっきり。魁皇は左を差して右から抱えて一気に白房に追い詰め、右おっつけから突き落として宙を舞わせた。魁皇豪快無双。
 13日目 武双山(巻き落とし)貴乃花
 全く互角に当たり合って右で踏み込んだ貴乃花が右廻しを探ると武双山は左で踏み込んで左かち上げ気味に腕を曲げて許さず、武双山の右は肩突きで、 貴乃花が構わず左腕を伸ばしてへのこ差しにいくと武双山は右からおっつけて許さず、貴乃花が腰が伸びた状態で前に出て反対に右前褌を掴み、左をも取りにいったが、その瞬間から武双山は両筈でグイグイ青房に押し込んだ。 貴乃花は左足を引いて俵に掛けて堪えんとしたが却ってバランスを崩した上に右を切られ、その瞬間に左突き落としで捩じり倒され完敗を喫した。貴乃花完全に力負け。
○平成13年 5月 優勝 横綱 貴乃花 光司 13勝 2敗 22
 目玉の魁皇は腰痛が悪化し、場所に入っても一進すれば二退する状況、中日で五分となり休場した。 他は、序盤こそ不安定だった横綱大関陣も、中盤以降は出島を除いて概ね立ち直り、全体的に相撲内容も上昇傾向を辿って面白味のある場所で推移していた。 特に後半戦の横綱貴乃花は殊の外素晴らしく、 7日目以降は他の追随を許さぬ完璧さを示し、13日目に千代大海の突っ張りを堂々と受けて斥けた相撲など目を瞠るべき見事さだった。 ところがその貴乃花が翌日に一変、逸って強引に攻めつけた挙句武双山に叩き潰され、この相撲で右膝を亜脱臼。 優勝が懸かるとはいえ横綱同士の大一番に大負傷の身で出るなどあり得べからざるべきところ、強引にも出場して武蔵丸との決定戦まで取り、これに勝って優勝は取った。 館内はほぼ総立ちで、出場に対する疑念を思えばその熱狂ぶりは奇妙なほど。上の部類に入る場所だっただけに後味の悪さもまた格別だった。
・優勝決定の一番 千秋楽 武蔵丸(突き落とし)貴乃花
         決定戦 貴乃花(寄り切り)武蔵丸

 前日外れた右膝に一応はテープを巻いて出てきた貴乃花だが、その素材がどういうわけかよく伸びるテープ。 故に塵を切った直後に膝関節が緩み、土俵上で慌てて入れ直すという状況で、取組前からますます詰まらない結びの一番。 時間になって貴乃花が只管に早く立とうとし、勝手に突っ込んでやり直し。二度目は武蔵丸が立とうとしても貴乃花全く無視で腰を割っただけ。 なおさら詰まらないやり直しを経て三度目、二度目と同じ動きで貴乃花が自分の呼吸で突っかけていったが、武蔵丸が両手突きから僅かに右に廻って引くと、 貴乃花てっ転んで終わった。館内からは不満が漏れたが、これが貴乃花の動きに対してではなく、武蔵丸が勝ったことに対してであったから、 館内の雰囲気の悪さは想像ができよう。決定戦でもまた塵を切ってからの貴乃花の膝の状態は本割と同じ。 立ち合いは武蔵丸が先に仕切り、貴乃花がいつもと全く違って右を着いた後に間を置いて左を下ろして立つというもの。 武蔵丸また両手突きから本割りほどではないもののやや右に動けば、貴乃花は右喉輪から押して左上手を取り、左に廻り込んで右を差し、 上手を深くしようとして一旦切られたものの再度取り、武蔵丸が上手を欲しがるところ、貴乃花いきなり上手投げを振るって投げ倒した。 二度の塵浄水で両方とも膝が外れかけた貴乃花を目にしたり、横綱戦らしくない仕切りを見せられたりした点、 相撲そのものからは武蔵丸がどうしたかったのかを見ることができず、さらにそもそも貴乃花の出場自体が奇怪であるということを含めれば、 残ったものは不快感だけ、両国国技館開館以来初めてと思しき大歓声や、首相による貴乃花の持ち上げ方等、何もかもが虚ろな響きのみを伴って聞こえた。
・好勝負
  5日目 朝青龍(寄り倒し)千代大海

 朝青龍両手突きで千代大海の当たりを止め、千代大海が右おっつけ左筈で出ると、 朝青龍低い構えで左を入れて右で筈を外して両差し、左を返しながら青房に寄り返し、千代大海が左を巻き替えると朝青龍右上手を取ってドッと寄り倒し快勝。 朝青龍はこの場所一横綱四大関を倒し、中でもこの一番が最も光った。
  6日目 琴光喜(寄り切り)武双山
 武双山左を取って右喉輪で押すも琴光喜右下手を掴んで動かず、左で手繰りながらすぐに出し投げ、 武双山残して左喉輪から左を差し、起こしながら右外筈から突き落としを見せるが、琴光喜は残す。 琴光喜の右上手は一重で伸びる。琴光喜が上手を取り直そうとすると武双山は掬って右からおっつけようとしたが半身になりすぎて効かず。 琴光喜は上手投げにいこうとしたがならず、西を背にして琴光喜、向正面を背にして武双山という恰好、40秒のところで動きが止まる。 数呼吸して武双山が右からおっつけて出ようとしたが琴光喜動ぜず、東が琴光喜、西に武双山の形となった。ここで 1分。 武双山は左差し右でおっつけの形で、琴光喜の出し投げを待っている。琴光喜は重々承知で、右上手を数枚持ったまま仕掛けない。 2分、武双山が右から絞って出んとするも、僅かに東にずれただけで止まる。武双山は左下手を取って少しずつ胸を合わせにかかった。 琴光喜は左下手も一重、極く僅か左に動いている。向正面を背にして琴光喜、東を背にして武双山という形から、 恰度 3分のところで武双山が下手投げを打ち、右上手を取りにいったが、琴光喜は左腰を引いて許さなかった。 今度は向正面を背にして武双山、西を背にして琴光喜。 4分20秒、武双山また右で絞って出ようとしたが、琴光喜動かず。 体勢も殆ど変わらない。 5分13秒、やっと水入り、行司が正式に中に入る前に琴光喜が力を抜いて足を動かしてしまう。 正面審判長は九重(千代の富士)、西そして東の順で廻しの締め直しを指示。西は武双山の近くにいる隆乃若。 東は琴光喜の近くに貴乃花がいるが、首を捻って自分の左肘を揉んでいるばかりで非常識にも全く動かず、その貴乃花を幾度か見た九重も呆れて結局魁皇に指示。 締め直しは近くの力士が自発的にいくべきで、指示されてやっと締めにいくというのは問題で、貴乃花に至っては我関せず焉で、呆れ果てた。 組み直し、琴光喜の位置が中央に寄り過ぎで、一旦離れて再度組んだが、やはり中央寄りは変わらない。 原因は行司の側にはなく、琴光喜が早く力を抜いて動いたことにあった。再開はしたものの、僅かに琴光喜が力を入れただけで前に出られず、 武双山は左半身、左肩を使って防禦を完全に固め、虚々実々、読み合い探り合いのまま全く動くことなく、強いて言えば琴光喜が僅かに左に動いただけ。 結局組み直しの位置の問題を云々する必要もなく、 4分 3秒で水入りとなった。審判長はビデオ室からの声を聞いている。 白房下の湊(豊山)が組み直すかどうか隣の伊之助や正面の九重に尋ね、赤房下の出来山(出羽の花)もその話を聞いている。 ここで九重が挙手して土俵上協議。東の審判は鳴戸(隆の里)、西は高島(高望山)である。 協議の結果は「本来ならば二番後取り直しだが、一番後取り直し」というもの。まるで動かなかったから、ということかと思われたが、実は残り番数を数え間違えたということが後に判明した。 庄三郎の「双方とも、取り疲れましたる故、一番後、取り直しにござります」という触れ、両力士一旦引き揚げて、次の一番へ。 一番取り終わり、館内に、土俵上の隆乃若−貴乃花終了後に取り直す旨放送があり、貴乃花が勝って後、両力士再登場。 「二番後取直し」の垂れ幕が土俵の四方を向き、いよいよ取り直し。琴光喜先に立って右下手を取り、武双山が強引に左を捻じ込むと琴光喜例によって右に廻っての出し投げから両前廻しを取り、 さらに右に廻り、武双山の右突き落としを残し、一旦左を抜いて右から出しながら再度左も前褌。 頭をつけて拝んで押し、一回呼吸を入れて再度押し立て黒房に押し切り、ようよう決着がついた。 この相撲は28秒、合計 9分44秒。幾分琴光喜の方に消極さが見られたとはいえ、長い探り合いがあったこの一番に対し「攻防がなかった」という非難が出たということは馬鹿馬鹿しいの一語に尽きた。
  7日目 魁皇(突き倒し)和歌乃山
 和歌乃山がぶち当たって左筈にならんとするところ、さして踏み込みの良くない魁皇が右おっつけの形に加え左でかち上げた。 その左腕は不運にも和歌乃山の顎やや右寄りに命中、左膝を折って真後ろに倒され、脳震盪に加えて左足首をも痛め、朦朧として引き揚げた。 和歌乃山は翌日から休場、魁皇も翌日千代大海に完敗して腰痛悪化で休場、肉弾戦の苛烈さを改めて印象づけることになった。
 13日目 貴乃花(寄り切り)千代大海
 千代大海に充分仕切らせ、貴乃花の呼吸で立つ立ち合いは正当なものであったが、惜しむらくは貴乃花の右がまた(今場所三度目)仕切り線を出ていた。 立つなり千代大海は当然のように喉輪突きを見舞い、貴乃花は受けながら右を差そうとし、半身になって左足を大きく引き、右からおっつけて押し返す。 千代大海はちょっと引いて右おっつけから突っ張るが、貴乃花は腰を備えて左を狙いながらも下から宛がう。 千代大海はとうとう浮いて左から素首落としを引いた。貴乃花は左で宛がって右を覗かせ、一気に黒房に出て決めた。 千代大海の突っ張りも迫力があり、いい攻めを見せたが、貴乃花は堂々と腰を備え、狙った廻しは取れなかったとはいえ、 充分の腰の備えで無闇に廻しを欲しがる必要もなく、そしてその備えで相手を浮かせて八方ふさがりにし、そして為す術のなくなった千代大海に引かせてドッと出るという、 そうそう簡単にはできないであろう「突き押し相手に存分に取らせながらも相手だけを浮かせる横綱相撲」で、好角家にとっては垂涎ものの感動的な一番だった。ところが…
 14日目 武双山(巻き落とし)貴乃花
 前日あれほどの相撲を取った横綱が、一転して暴走し自ら久々の最高場所を暗転させることになってしまったのだから、相撲は分からない。 呼吸が合わず、特に貴乃花が早くて再度蹲踞からやり直し。今度は武双山が先に動いて貴乃花が極度に遅く動き、それでいて先に勝手に突っ込んだ。 武双山は明らかに立ち遅れたが、そのために貴乃花は早々に上体が伸びて大失敗。 右前褌を取りにいったところこれを抱え上げられて飛び上がる破目になり、武双山の左巻き替えを阻止せんと右腕を上げて下手を深く取りにいったが、 何しろ上体ばかり先走ったため巻き替えさせてしまい、せっかく取った右廻しは上手になりしかも深すぎる上に一重で使い物にならない。 武双山は左筈右からは外筈で出る。貴乃花は左を覗かせ右上手を取り直したが、深さを改善することができず、腰を下げて正面に寄り返したものの、左から掬われた。 貴乃花は次いで左前廻しを取ったがこれも一重で、力に頼ったため当然伸び、しかもおっつけられて殆ど効かない。 これでも貴乃花は無謀にも正面に攻めつけたが、力を恃んだ結果足が出ず、しかも相変わらず上手が深く、引きつけが効こう筈もなかった。武双山は右突き落としで揺さぶり、なおも貴乃花が出んとすると武双山左掬い投げ。 貴乃花今度は下がって右上手投げを打とうとしたが、やはり上手が深くて効果なし。 そしてまた貴乃花が正面に寄ると、武双山はまず左から掬って貴乃花の構えを壊し、間をおかず右から引きつけざま左へ巻き、大きく振り捨てて大逆手のように豪快に決めた。 力相撲であったが、その力に任せすぎた貴乃花の誤算で、相手の腰が伸びないのにそれでも無理な攻めを仕掛け続け、武双山の右も左も殺すのを忘れ、みすみす 7日目以降の安定感を水泡に帰せしめ、 加えて右膝を痛めて歩く度に膝が崩れ、負け残りの落ち着きのなさは普段通りのため見かけ上は変事があったようには見えなかったろうが、 結びが済んで花道を引き揚げるにも右足を引きずるに及んで事態の深刻さが浮き彫りになった。
◎平成13年 7月 優勝 大関 魁皇 博之 13勝 2敗 3
 貴乃花は膝の傷が良くならず、治療に入らず悪化して休場。またカド番の出島は右足首靱帯の手術をして臨み 3連勝したが、 翌朝から右脹脛が腫れて41度の高熱を発し、崩れて 6日目から休場、腫れは太腿に達し、再出場叶わず大関を陥落した。 10日目が終わって全勝が武蔵丸、 1敗は千代大海・魁皇・玉乃島、 2敗に若の里・隆乃若。11日目武蔵丸が若の里に屈し、千代大海も雅山に敗れ、 魁皇は玉乃島を倒す。また隆乃若はこの日より崩れ、翌12日目から若の里も崩れた。12日目には千代大海が玉乃島に勝った。 13日目、魁皇が千代大海に勝ち、また武蔵丸が敗れ、これで 1敗魁皇と 2敗武蔵丸が残って14日目に対戦、魁皇が武蔵丸を投げ捨てて優勝を飾った。 魁皇は千秋楽に敗れて13勝 2敗に終わった。雅山は大関 7場所目で 3度目の皆勤負け越し。
・優勝決定の一番 14日目 魁皇(上手投げ)武蔵丸
 二人とも時間いっぱいになっても迷いに迷い、立ち合いともに見て立ち、魁皇がやや左に変わって振りにいくが、武蔵丸は腰高で殆ど出ずに両差しにいったため魁皇の逃げは失敗。 しかし魁皇左を巻き替え、右から強くおっつける。武蔵丸は傾いでいる間に魁皇に右上手をやった。これで運良く魁皇十八番の体勢になり、右から引きつけて白房に寄る。 武蔵丸は左半身で残し、右から抱えて強引に出ようとしたところ、魁皇踏ん張って右上手から豪快にぶん廻し、西土俵に投げ捨てて優勝を決めた。
・好勝負
  3日目 隆乃若(寄り倒し)玉乃島

 隆乃若左で張って右前褌を取ると、玉乃島は左からおっつけて左四つ、互いに上手が取れず、隆乃若が右からおっつけると、玉乃島が右を巻き替えに出た。 隆乃若はすかさず走り、西土俵白房下に一気に寄り出した。この時行司式守錦太夫が右足を土俵の上に残して玉乃島に潰され、控えの皇司との間に挟まってしまったのである。 錦太夫は立ち上がりこそしたものの、勝ち名乗りは控えの木村朝之助に上げてもらう。勝ち名乗りを受けた隆乃若であるが、土俵からは降りられない。 土俵下、左足を痛めた錦太夫は、白房下の呼び出しに吊り上げられてサーッと花道奥まで持ち運ばれ、そこで花道奥の呼び出しの肩を借りたがやはりままならず、さらに奥から勇鵬が登場し、背負われていった。 この行司錦太夫、左足首粉砕骨折の憂き目に遭い、翌日から勿論休場となった。
  5日目 旭鷲山(上手捻り)出島
 出島は見て立ったところ旭鷲山に右喉輪で押し上げられた。 出島はこれを受けてから突っ張っていったが、旭鷲山に叩かれてつんのめり、左を手繰られて左四つ相手充分に捕まってしまった。 出島は上手が取れていないし旭鷲山には上手をやるしで術がなく、次の瞬間には上手捻りを喰って左膝が落ちていた。 これで出島 3連勝から 2連敗、まだ大関確保には余裕があると見られていたが、翌日突然の休場となった。 4日目以降病院からの場所入りで、実はフラフラだったという。そのまま出場することができず、大関の座を明け渡した。
  6日目 若の里(寄り切り)琴光喜
 当場所期待された若手三役陣の好勝負。琴光喜体当たり、若の里も体当たり、若の里突っ張って琴光喜は左喉輪で応戦、若の里はその喉輪をおっつけ、そして互いに右を殺し合う。 琴光喜がやや半身に構える瞬間、若の里は叩いて左を差しにいき、これを琴光喜が引っ掛けようとすると若の里は向正面に突っ走る。琴光喜残して押し合いから右を差す。若の里は右筈、左おっつけ。 琴光喜も若の里の右を殺そうとするが、頭をつけられて力負けもし、下手も取れない。 若の里が機を見て右前褌を取りにいくと、琴光喜も左を差そうとして差し勝ったが、若の里は右でおっつけて向正面に寄り、大きく開いて左から突き落とし、右差し。 琴光喜残してまた左を巻き替えんとするが、これを果たせず互いの右を殺し合う。数十呼吸して琴光喜が強引に出ると、若の里は上手を取って頭をつけ、上手投げで引っ張る。 琴光喜は右下手を取ったが、頭をつけられて腰が反る。若の里右を筈にして正面に寄り立て、割り出し気味に寄り切って決めた。内容豊かな力相撲。
 11日目 若の里(掬い投げ)武蔵丸
 武蔵丸が右でおっつけて左を差そうとしたが若の里ビクともせず、武蔵丸不承不承右上手、強引に左で抱えて出るが、若の里左に廻って掬い投げ。 武蔵丸がますます慌てて右上手を離し、両手で喉を押そうとするところ、若の里なお体を寄せて両差しから正面に煽り、体を開いて左からの掬い投げで横綱を宙に舞わせた。 武蔵丸の連勝は22で豪快無双に止められてしまった。
 千秋楽 朝乃若(引き落とし)貴闘力
 十枚目決定戦 玉力道(送り出し)寺尾
        濱錦(渡し込み)大碇
        武雄山(寄り切り)貴闘力
        戦闘竜(押し出し)若兎馬
        濱錦(叩き込み)玉力道
        武雄山(引き落とし)戦闘竜
        武雄山(押し出し)濱錦

 幕内の優勝は14日目で決まり、幕下以下は13日目に珍しく全部決まっているが、その分というべきか、十枚目は縺れに縺れ、 千秋楽になって 5敗が 3人いたのだが、これがまた続々潰れ、中入りを経て 2番目に出てきたのが最後の砦の貴闘力だったのだ。 前場所の大不調で幕内を滑った貴闘力、懸命の土俵で勝ち越して幕内復帰を確実にしていたが、優勝をも目指して朝乃若と対戦した。 だが、やはり朝乃若は容易ならざる相手だった。頭で当たって貴闘力が左喉輪、しかしこの腕を外されると貴闘力バタバタッと這わされて 6敗、 昭和33年 5月の 7人を上廻る 8人による決定戦、しかも成績 9勝 6敗、二桁勝ちが誰もいないという恐るべき決定戦だ。 赤房下に群がる 6敗力士、出てくるほどに拍手沸く。こんなに手間のかかる籤引きも珍しい。ややあって組み合わせ発表。 まずは人気の寺尾の出番、寺尾気負い込んで右から当たるところ、玉力道は当たりもせず左に変わって左で後ろ廻しを取り、赤房にあっさり送り出す。 次は頭で当たった大碇が左おっつけ右喉輪から右で首を押さえて左に廻ったが、濱錦右差しでついていって左で外枠に足を押さえ、右を突きつけて青房に出した。 さて次は目前でしくじった貴闘力だ。当たり合って突っ張り合ったが貴闘力手着き不充分でやり直し。貴闘力頭で当たって左筈から左で張って左に廻ったが、武雄山が突っ張ると貴闘力受けるだけになり、宛がったものの両筈になられて向正面に押し切られた。 次は縺れた。戦闘竜右で叩いて左を差そうとしたが入らず若兎馬が突っ張ったが、戦闘竜がつんのめる形で潜ったので、若兎馬左上手を深く取るなり右へ振りにいった。 戦闘竜はしぶとく残して左で足を掴んで右から渡し込みにいき、若兎馬は右後ろに倒れた。戦闘竜の左足が返っているが、出ている側の足の返りは取られていない様子なのでこれを無視すると、若兎馬が横様に飛ぶのと戦闘竜が左肘から落ちるのがほぼ同時、 僅かに若兎馬が早いというくらい、物言いがついて取り直し。今度は若兎馬が左腕を伸ばして上手を欲しがったが、戦闘竜鋭く当たって押し込み、喉輪から右筈で黒房に押し出した。これで準々決勝終わり、再度籤引き、そして準決勝の始まり。 玉力道が左でおっつけると濱錦は左が取れず右も使えず、東に下がってまともに叩き、そのまま叩き込んだ。 取り直しを演じた戦闘竜は疲れていた。当たり合って戦闘竜やや引いたが、武雄山崩れず左おっつけ右筈から二本浅く差して右に押し、喉輪から引き落として決めた。いよいよ決勝。 頭で当たり合って濱錦左前褌狙いが果たせず、右差しにいっておっつけられたので、少し右に引いた。 武雄山は全く揺るがず、濱錦がなお右前褌を狙うと武雄山左おっつけ右喉輪でグイと押し上げ、一瞬左上手を取りそうになったが、喉を押して右半身の濱錦を青房に押し出し、今場所暗い話題しかなかった武蔵川部屋に一筋の光を齎し、 また武雄山は十枚目 4場所目で初めて勝ち越し、しかも僅か勝ち越し 3点で優勝という幸運に、地元愛知でありついたのだ。 なお 9勝 6敗の優勝決定は、昭和26年 9月の序ノ口以来らしい。
×平成13年 9月 優勝 前2 琴光喜 啓司 13勝 2敗 1
 貴乃花は加療中で休場。場所を盛り上げるべき魁皇が腰痛再発で白星なく 4日目より休むと、 武蔵丸は 4日目から崩れ出し、与金星 5の新記録を作って 6敗、千代大海は左足故障で 9日目から休場し、 カド番の雅山になると攻められず苦悶の挙句 9日目に左足首を脱臼、あえなく大関を陥落した。 かくして上位陣は武双山が10勝するので精一杯で、中日で単独 1敗となった琴光喜がそのまま危なげなく走って14日目で優勝に到達した。 収穫こそあれ引き締まらない本場所は、千秋楽に琴光喜が一瞬芸にはまったことで最後まで締まらずじまいだった。
・優勝決定の一番 14日目 琴光喜(下手投げ)海鵬
 琴光喜左で張って右差し狙いで右を差し、海鵬が左を巻き替えんとしたところ、 行司光之助が琴光喜の右手着き不充分を指摘してやり直しになった。 今度は琴光喜右でかち上げ、突っ張って攻め立て右を差すや返さんとする。海鵬は右に逃れて嫌い、左を差して右絞りの体勢に一度は入る。 しかし琴光喜は右を巻き替えんとて海鵬の左顔面を突き、そして素早く巻き替えを果たし、左を抜いて抱え、右では下手を取って充分だ。 海鵬も左上手を掴み、力は出るのでがぶろうとしたが、琴光喜左で絞って動ぜず、 逆に海鵬の左を切るや自分の左を捻じ込まんとしつつ正面に出、海鵬が右で絞り返さんずるところ、 琴光喜左を抜くや右の下手出し投げ、さらに左で頭を押さえて右下手投げでものの見事に海鵬を一転させ、初優勝を達成した。 相手の海鵬も好調であったが、琴光喜の沈着振りは際立っていた。
・好勝負
  6日目 朝青龍(足取り)武蔵丸
  7日目 海鵬(内掛け)武蔵丸

 前場所後突然右足首が腫れ、高熱を出してしまった横綱、調整の遅れは否めず、 5日間は 1敗で乗り切ったものの、右足を立てた蹲踞にその不安が顕れており、立て続けに足を狙われて散々な目に遭った。 まずはこの場所元気な朝青龍に右を差しにいったところ、朝青龍はそのさらに下から飛び込んできた。 武蔵丸は慌てる遑すらもなく、両手で抱えられた右足を抜き上げられたため、重みを利して潰さんとした。 しかし怜悧な朝青龍、一寸反りのように右後ろに運ぶ。武蔵丸は力のかけようもなくそのまま西に出され、溜まりに大の字に寝転んでしまい完敗となってしまった。 横綱が足取りで負けるのは初めての記録だというおまけまでついた(但し、昭和19年 1月に双葉山が松ノ里に渡し込まれて負けたとき、 朝日新聞は足取りと決まり手をつけた)。明くる日、対戦成績互いに 1勝の海鵬が相手。 一度海鵬が逸ってやり直しとなり 2度目、武蔵丸右で張っての右上手は例によってやや深め。 左かち上げ気味に脇を固めて立った海鵬スッスッスッと左を差し込んで下手を掴み充分となった。 武蔵丸体重を利して西に出ると、海鵬常套の左下手投げ。武蔵丸は追いながら左で潰そうとしたが、海鵬は右前褌を取って頭を下げ、喰い下がる。 武蔵丸さらに東に出ると、海鵬右から捻って下手投げ、武蔵丸東に棒立ちとなり、右上手を頼りに残したが、海鵬は右を巻き替えて両差しとなった。 武蔵丸が右上手から掴み上げて左で頭を押さえると、ここでも海鵬右前褌を引きつけ耐えに耐え、土俵中央に入って体勢を整え、 そして一度東に寄り身を見せ、左から引きつけて得意の左内掛け、その足の位置もまさに絶妙、 左肩の寄せも見事、武蔵丸堪えんとして成らず、ドーッと正面に崩れ落ちた。 嗚呼武蔵丸、自信を取り戻す術もなく、このまま崩れて11日目で 5敗、全て金星の「不」名誉を佩びることとなってしまった。
  9日目 海鵬(引き落とし)雅山
 初金星の海鵬は翌日武双山にも勝ち、そして大不振の大関雅山と対戦。 まず雅山当たって左喉輪で押し上げた。ここまでは素晴らしかった。 しかし海鵬も踏み止まってやや右から去なし気味に外そうとした。そして雅山は右を差しながら出んとしたが、慎重に過ぎて足が揃うばかり。 海鵬は右腕を手繰った。雅山は大きく飛んで東土俵際、左足で着地して膝が内に入り、 足首も捻じれて赤房に四つん這いとなって完敗、車椅子で退場した。 こともあろうにカド番の踏ん張りどころで内股の欠陥が足首脱臼を招こうとは。かくて雅山は活躍を殆ど見せぬまま大関の座を喪った。
 千秋楽 時津海(腕捻り)琴光喜
 優勝者琴光喜と、前場所来好調の時津海との好取組であった。 互いに胸で当たり合って時津海左上手を取る。琴光喜右下手を取り充分、次いで琴光喜は左から時津海充分の右差し手を殺そうとしたが、何と目的の腕がない。 時津海はここですぐさま左上手を離し、琴光喜の右を掴んで腕捻り、まさに一閃であった。 琴光喜は左上手を取る間もなく、あえなく倒され意外の秒殺を喰ってしまった。
△平成13年11月 優勝 横綱 武蔵丸 光洋 13勝 2敗 9
 貴乃花は休場で、千代大海も同じく休場。 7日間を終えて武蔵丸・栃東・追風海が勝ちっ放し、 貴ノ浪が 1敗であった。中日に栃東が敗れ、 9日目には追風海が貴ノ浪に潰されて休場となり、10日目には武蔵丸にも土がついた。 3人の 1敗力士のうち、肺炎治療直後だった貴ノ浪は終盤 5連敗で脱落し、栃東は11日目分の悪い魁皇に完敗、 14日目 1つ差で武蔵丸と栃東が対戦し、武蔵丸快勝で差を広げ、ここで優勝決定。栃東は右大腿と膝を痛めたが、 千秋楽武双山を破って12勝、大関昇進を確実にした。武蔵丸は魁皇に敗れ、勝った魁皇は腰痛根治には程遠いにもかかわらず意外の10勝、 武双山はこれまた意外の 9勝に終わった。際立った好勝負はないものの、内容そのものは悪くなく、安心して見られる場所ではあった。
・優勝決定の一番 14日目 武蔵丸(寄り倒し)栃東
 前場所の右足首に続き、今度は左足首に炎症を起こした武蔵丸、序盤は相撲が長引いて不調を思わせていたが、 星 1つ落とした翌日からは俄かに調子が上がった。栃東は難ぜられた立ち合いからの逃げがなく、さらに地力上昇を思わせる強い相撲を続けた。 栃東左で踏み込んで左おっつけの構え、しかし武蔵丸はその下から右筈に出た。栃東が左右からおっつける形になると、 武蔵丸は右に廻って右おっつけを繰り返し、左から抱えて右を浅く覗かせる。栃東は左でおっつけるが効かない。 栃東は右が極まるのを嫌って差し手を抜いたが、武蔵丸ここで一つ突き放して右を割り込んだ。 栃東、右下手を掴み、左上手を取りかけたが、横綱も左上手を取り、さらに素早く右肘を上げ、栃東の上手を切って向正面に寄り詰め、 右足立ちになった栃東の廻しを上から押して突き落とし気味に寄り倒し、豪快に優勝を決めた。 栃東は右足一本に両体の重みがかかり、しかも俵に右大腿を打って暫く起き上がれなかった。
・好勝負
 10日目 大善(寄り切り)武蔵丸

 全勝横綱武蔵丸は右を差し負ける相撲が続き、粘りに粘って勝ち続けてはいたが、 必ずしも万全だと思われてはいなかった。相手は入幕同期の大善 4勝 5敗、横綱が絶好調といいかねるといっても、腰の堅い大善では一気に負けて終わりという下馬評のはずであった。 大善気を入れすぎて早く立ち、やり直し。武蔵丸が右で張って右おっつけで出ると、大善は右に廻って去なしを見せた。 武蔵丸は向き直って右から張る。大善はこれを右に上体を倒してかわし、さらに右腕を伸ばして上手を取るやすぐさま出した。 武蔵丸はなお向き直って左を差しにいったが、大善頭を下げて素早く左筈、一気に出て東に真っ直ぐ寄り出した。 大善36歳11ヶ月、武蔵丸戦 7年ぶりの対戦で10年ぶりの勝利、インタビューで「今が全盛期じゃないですか」という名言を残した。
 千秋楽 栃東(叩き込み)武双山
 前日故障した栃東の右の脚、膝にはテープ、さらに大腿は血を抜いた痕。大関昇進は濃厚ではあったものの、 負傷に加え、当場所の上位戦 2戦 2敗とあって、確定とは言い切れない状況で、相手は武双山、圧倒的に栃東に有利な戦績が残っているとはいえ、 負傷翌日ゆえ不安視されもした。栃東やや早く立って右おっつけ、武双山は右で張って立ったものの右おっつけが効かず左も使えない。 栃東は左で肩を押して武双山の出足を完全に止め、頭をつける。武双山はなお右から押し上げんとするものの、足が揃った。 栃東は叩いた。まともだが武双山は出られず、栃東さらに右に廻って続けて叩き、武双山を白房に転がして12勝目を挙げた。
前画面に戻る