平成14年
◎平成14年 1月 優勝 大関 栃東 大裕 13勝 2敗 1
 貴乃花は全休、前場所左手首を剥離骨折した武蔵丸は調整不良のまま出場して 1勝 2敗から休場した。 この場所は新大関栃東と大関を狙う琴光喜の相撲振りが大きな焦点であったが、そこに千代大海が割って入り、大きな盛り上がりを見せた。 この三者が 9連勝で走ったが、10日目になって琴光喜が完敗、千代大海も詰めを誤って敗れた。 琴光喜は翌日千代大海に突き飛ばされ、栃東には勝ったものの14日目武雄山に負け、相撲内容のまずさも手伝って大関昇進は持ち越された。 千秋楽、 1敗千代大海と 2敗栃東(13日目魁皇に完敗)が結び前に当たって栃東が勝ち、決定戦も栃東がものにして初優勝、千代大海ともども先への期待を持たせた。 武双山は10番、魁皇はまさかの 9番に終わった。
・優勝決定の一番 千秋楽 栃東(押し出し)千代大海
         決定戦 栃東(突き落とし)千代大海

 五分に当たって千代大海喉輪突きから手早く突っ張ってジリジリ出てさらに右おっつけで押す。 栃東が左半身で凌ぐと千代大海再度手早く突っ張ったが、今度は出足が完全に止まって手も高く張り手気味になり、 さらに回転が鈍ってきたため栃東の右おっつけ左筈で一気に正面黒房寄りに押し詰められ、右から撥いて廻り込んだものの、 もう千代大海には勝機はなかった。千代大海は左喉輪右おっつけから右喉輪で正面に押し出そうとしたものの、 栃東備え良く踏ん張って左から去なし、両筈で黒房に押し出した。千代大海の手早い突きは戦術として悪くはなかったが、 押しの後の突っ張りが栃東の宛がいの良さもあって極めて高まり、その後はなにをやっても捌かれる体勢になった。 結びの一番と休憩を挟んで決定戦、千代大海頭っから突っ込んでいくと栃東は頭で当たりながら左に変わり、首根を突き落としてあっさりと決めた。 千代大海は一撃必殺を狙ってぶちかまそうとしたが、その余り踏み込みが遅く上体ばかりが突っ込み、頭もやや低くて裏を取られた。
・好勝負
  4日目 栃東(上手出し投げ)朝青龍

 初優勝を勝ち得た栃東がくぐり抜けた数々の激闘のうち、特に凄愴だったものである。 朝青龍やや遅く栃東立ってやり直し。互いに頭で当たり合って朝青龍右の喉輪押しから左の張り手を交えて突っ張り、 栃東が宛がいながら押さんとすると朝青龍今度は右から張って突き落とし気味に崩しにかかり、さらに突っ張って攻め立てた。 栃東はあくまで顎を引き宛がって応戦、朝青龍は機を見て右差し左筈で白房に攻め、さらに突っ張って攻勢を取ったが、栃東備え良く左に廻って左突き落としで崩し逆に白房に攻める。 朝青龍も左に廻って残し、突き上げて起こさんとする。栃東やはり顎を上げず白房下で頭のつけ合いとなり、右で肩を押し合い左でそれをおっつける恰好でとうとう止まった。 ここで栃東の鼻から流血が認められ、行司伊之助中に割って入り戦闘停止、鼻血が意外に多く水入りの形態を取って止血作業に入り、栃東鼻腔を両方塞いで登場、 勝負再開から朝青龍右で押し上げんとするところ栃東左に廻り、朝青龍から右を入れて右四つに組み、栃東左上手を引いて充分、数呼吸後朝青龍が左を巻き替えるところ栃東一気に向正面に寄り迫り、 朝青龍の右下手投げを右足を踏み込んで残し、逆に左上手出し投げで向正面に出して熱戦にけりをつけた。栃東盤石の備えを張り手を交えて崩しにいった朝青龍の狙いは悪くなく、 その猛攻には寧ろ見応えがあり、それでもなお崩れなかった栃東の大進境もが示された白熱の大一番。
 10日目 栃乃洋(押し倒し)琴光喜
     海鵬(突き落とし)千代大海

 三者鼎立の体が大きく崩れた 2番。まずは早すぎる立ちで相手を戸惑わせて勝ってきた琴光喜の完敗相撲。 琴光喜先に立ったが左の踏み込みが大きすぎて腰が高く、当たりは甚だ軽かった。栃乃洋の立ち合いも一発勝負のもので、踏み込みはない体当たりである。 この当たり合いは極く僅かに栃乃洋が勝り、栃乃洋は右喉輪左おっつけにいかんとする。しかしこのあたりは琴光喜も巧く、その下から右を入れ、なお左を差さんとする栃乃洋に対し右おっつけから差し勝った。 しかしこのとき栃乃洋も右差し、しかも左四つの栃乃洋が右を返して掬ったのである。 右に寄りたい琴光喜は腰が反る形になってまともに出られ、瞬く間に赤房に詰まり、右に廻って右から掬ったが、栃乃洋の左手は蛇の目も俵も掃かず、上体が左下に傾いだ琴光喜は行司溜まりに押し倒されて転落してしまった。 不戦の触れと栃東の圧勝相撲が済んで、千代大海の出番。千代大海やや顎が上がっていたものの両手突きで押し放して豪放に西に突きっ放したが、海鵬右足を俵にかけて堪え右を覗かせた。 千代大海右おっつけで右に廻ってさらに突っ張って白房に追い込んだが出足も手の回転も鈍く、体が硬いはずの海鵬が上体を左に捻じ曲げて千代大海の左喉輪を堪えると、左足を引いていた千代大海は左親指に体重が乗り、体が左下にグルッと廻って仰天、大逆転負けを喫した。 千代大海は出足が止まった時に逆足で押しにいき、思わぬ落とし穴に嵌まった。
 14日目 武雄山(突き落とし)琴光喜
 12日目力相撲で栃東を降した琴光喜にはまだ大関の可能性が僅かにあった。 ところが、ただでさえ総体的には相撲内容が良くはなかったのに、最終盤に至って最もひどい相撲を取った。 琴光喜一瞬見てから当たったが踏み込みが悪く右差しもうまくいかない。武雄山当たり勝って左おっつけ右喉輪。 琴光喜が逆足のまま右差しに拘ると武雄山左おっつけ右喉輪を繰り返し、それでも琴光喜強引に黒房に出たが、 左から叩いて右下手を狙ってすぐに切られ、再度取って左外筈で出たが、向正面で切られ、 また右を差して左から攻めるべきところで出ていた足はなぜか右で、武雄山の左突き落としに足が送れず、右手から落ちて完敗した。 武雄山の進境振りには瞠目させられたが、琴光喜のぎこちなさの印象がさらに強く、この相撲で琴光喜の場所後の大関昇進が消えた。
△平成14年 3月 優勝 横綱 武蔵丸 光洋 13勝 2敗 10
 持ち越された琴光喜には大関取りの期待、そして大関 2場所目の栃東には綱取りの期待がかけられ、 前々場所全休にも関わらず前場所優勝同点だからとてなぜか千代大海にも横綱取りの期待がかけられ、場所前の話題はこれら三点に集中していたが、 場所前に千代大海が右腰を痛めたところから綻びが見え始め、蓋を開けるや琴光喜は初日だけ素晴らしかったが大崩れ、千代大海は負け越し、 栃東は悪くはなかったが横綱狙いというわけにはいかなかった。代わって武蔵丸と魁皇が優勝を争い、 13日目に当たって武蔵丸の勝ちに終わり14日目で優勝決定となった。結果、武蔵丸が13勝、魁皇12勝、栃東10勝、武双山10勝、千代大海は 7勝であった。 平幕力士の相撲が総じて良かったため、前評判とは異なった面白みが見られた。
・優勝決定の一番 14日目 武蔵丸(叩き込み)千代大海
 千代大海当たり悪くなく右喉輪で押し上げてさらに突っ込むと武蔵丸僅かに下がった。 しかし千代大海の左おっつけに対し武蔵丸が右筈一本で押し上げると千代大海向正面に押し上げられ、両足とも流されて叩き落とされてしまった。武蔵丸は豪腕一本で優勝をものにした。
・好勝負
 初日 武蔵丸(寄り切り)貴ノ浪

 相撲自体は好勝負ではないが、大記録達成とあって敢えて取り上げる。入幕同期の両者が積み上げた幕内での対戦数53、北の富士−清國を抜き史上最多である。 しかも平幕10枚目まで落ちた貴ノ浪が小結に復活した(名寄岩以来 2人目)ことから、初日に組まれた。貴ノ浪は左差しを狙ったが、武蔵丸は分かった上で右おっつけ、左を捻じ込みながら出て右上手を取り、右から引きつけて吊り身に黒房に寄り切り快勝。 尤も相撲は横綱完勝だったが、貴ノ浪は60回を目指すと意気壮んだった。
  7日目 土佐ノ海(押し倒し)琴光喜
 琴光喜当たり負け、右は入っているもののおっつけられ、左でおっつけるものの土佐ノ海の右筈が勝る。琴光喜一度右下手を取ろうとしたが取れず、土佐ノ海になお押されて右筈をグーイと伸ばされると、逆足の琴光喜脆くも正面に倒され完敗。 これで琴光喜 4敗、この場所も栃東にだけは勝てたが結局 8勝で、内容も前場所さらに悪く、大関取りは振り出しに戻った。
 13日目 安美錦(上手出し投げ)武双山
 自己最高位の安美錦が大活躍、 3敗で大関に当てられた。互いに頭で当たり合って武双山左筈右おっつけで出、さらに右を筈にしてなお攻める。 安美錦は右から絞って黒房に堪え、右上手を取って右に廻り、白房で土俵の真ん中に入りながら右の出し投げで武双山をポンと出した。 この場所は攻めも強くなり、粘りもさらに強くなり、堂々と10勝した。
 13日目 武蔵丸(押し倒し)魁皇
 魁皇当たって右筈左おっつけ、武蔵丸出て右からおっつけんとすると魁皇右からおっつけて赤房に押し返し、右へ去なして左おっつけ右筈。 武蔵丸右筈から押し返して青房下、魁皇東に廻って右筈左おっつけで奮然として突き放し、土俵中央にまで戻したが、武蔵丸は右で一つ突いて右を覗かせるや左から宛がって東に進む。魁皇は左に廻ろうとしたが体が左に傾ぎ、武蔵丸に右を抜かれて引き落とし気味に赤房に押し倒された。 魁皇としても幾度も見せ場を作ったが、どんなに動いても武蔵丸がついてきて崩されてしまった。
 千秋楽 旭鷲山(小股掬い)琴ノ若
 優勝は決まっている。相撲そのものを楽しむのに最適な千秋楽、何と水入りの大相撲が飛び出した。 旭鷲山両手を出した後右で喉を押すと琴ノ若左から宛がって右喉輪で東に押して止まる。 旭鷲山右に逃げて土俵中央でまた両者右喉輪左おっつけから右での肩の押し合いで止まる。 旭鷲山が左上手を狙うと琴ノ若許さず、旭鷲山が左に廻ると琴ノ若中心軸となって廻りながら突く。 また止まってしまい、数呼吸して旭鷲山左から右四つ両廻しを取る。琴ノ若は右下手のみ、起こそうとする。 旭鷲山左へ廻るが、またまた止まってしまう。琴ノ若が上手を切ろうとしたが切れない。旭鷲山幾度か左に廻って頭をつけたが、やはり手がない。 3分経って琴ノ若左おっつけで正面に出んとしたが、旭鷲山左上手投げで廻って膝を押さえる。琴ノ若残し、旭鷲山が取って右前褌を切ろうとする。 旭鷲山今度は右手で琴ノ若の右足を取ろうとしたが、琴ノ若が嫌ったのでまた右下手。琴ノ若この下手を切ろうとすると旭鷲山自ら離して左の投げ。 しかし切れ味がなく、琴ノ若が土俵中央で歩くばかりで効果なし。琴ノ若が右から起こそうとしたが旭鷲山起きず、旭鷲山が左に廻っても琴ノ若も応じて廻るだけで状況が変わらず、旭鷲山が左上手を引きつけ右から押して東に出んとしたが、琴ノ若僅かに下がっただけで残る。 今度は琴ノ若が青房に出んとしたが、旭鷲山右に廻って逆に青房に寄り詰める。しかし琴ノ若は踏ん張っていた右足を逆に前に出して寄り返し、またまた土俵中央、僅かに東寄り。琴ノ若が右下手から出そうとするも上体だけで、旭鷲山つけ入ってまた青房に出んとしたが、琴ノ若これも残し、下手投げを見せる。 旭鷲山動かずまた止まり、審判長の右手が挙がってここで水。かくて両者土俵から降りたが、昨年夏よりもっと悪いことに控え力士が誰一人として廻しの締め直しに行かず、呼び出しがやっていた。三保ヶ関新審判長も不慣れのためか、控えへは指示が飛ばない。しかも東の控えは同僚旭天鵬ではないか。 両者再登場、勝負再開。旭鷲山左に廻るなり右手で小股掬い、抜き上げるように赤房に持っていって再開後はすぐさま決まった。琴ノ若は幕下時分から4回目の水入りで初の黒星。
△平成14年 5月 優勝 横綱 武蔵丸 光洋 13勝 2敗 11
  9日目で武蔵丸と千代大海が全勝であったが10日目から 3大関に完敗を喫し、12日目には武蔵丸の下が 3敗だけとなり、 翌日千代大海が武蔵丸に勝ったものの、14日目武蔵丸が栃東に快勝して難なく連続優勝を決めた。武蔵丸は千秋楽にまた敗れ13勝止まり。 武双山は13日目に 2場所連続で左肩を外し、勝ち越したものの休場、栃東も13日目に左肩の筋肉を痛めた。それでも大関はみな 4〜 5敗に固まってそこそこに安定し、 場所全体の相撲内容も前場所同様でそれなりに良く、優勝争いがあまりなかった割には面白い場所だった。
・優勝決定の一番 14日目 武蔵丸(押し出し)栃東
 武蔵丸右で張ると見せて右に廻り、僅かに突っ張って右差し、栃東防ぐに術なく向正面に左に廻りながら引っ掛けようとしたが、 武蔵丸向正面に飛び出しかけたもののなお右へ追って右から押し、左おっつけでとうとう黒房に栃東を送り出して連覇を決めた。 その瞬間から館内座布団が舞い始め、その禁止を呼びかける場内放送の声が詰まってむせ返り、終わりは締まらなかった。
・好勝負
  9日目 朝青龍(勇み足)武双山

 朝青龍両手突きから左下手を取りにいったが当たり負ける。武双山右から押し上げて左右からおっつけ、朝青龍が両前褌を引いて左から捻りながら右下手出し投げを見せて引くと、 武双山走ってそのまま寄り出し、軍配は武双山に挙がったが物言いがつき、長い協議の末、朝青龍の右足が土俵内にあるうちに武双山の右足が踏み越したとて差し違いとなる。 確かに右足は出たが朝青龍の尻の形からして体はあると言いかね、物言いをつけるのはいいが差し違いにまでするような相撲ではなかった。甘く見ても取り直し止まりで、朝青龍の勝ちだけはなかろう。 13日目の雅山−栃乃洋も物言い差し違いとなったが、これも変な判断だった。
 13日目 千代大海(押し出し)武蔵丸
  3連敗中の千代大海、左で踏み込んで当たり左から強くおっつけた。武蔵丸は右差しにいったが立ち合い遅く瞬く間に浮き上がった。千代大海はすぐさま両筈で赤房に押し、左筈右で胸を押し、最後は左で腹を押して堂々と押し切った。 武蔵丸の立ち合いの失敗ではあるが、右差し横綱を封ずるにはもってこいの立ち合いを千代大海がした。これで武蔵丸 1敗。
○平成14年 7月 優勝 大関 千代大海 龍二 14勝 1敗 2
 休場者数が非常に多くなったが、相撲内容はかなりあり、却って面白かった。目玉は朝青龍の大関取りと武蔵丸の三連覇狙いだった。 貴乃花は前場所から出場を熱望しながら師匠に止められ 7場所連続全休、武双山は肩の脱臼で全休、魁皇は場所前のトーナメントで切った左上腕二頭筋が悪く 3日目から休場、 栃東は 4日目隆乃若に左肩・左腕を折られ休場、従って武蔵丸と千代大海が場所を背負って立つことになり、朝青龍もこれに絡み、活躍した力士も多くいた。 11日目で武蔵丸・千代大海・朝青龍が 1敗で並んでいたが、ここから武蔵丸が左首・左肩の故障から大きく崩れて残り 2者の争い、 13日目に当たって千代大海圧勝、千秋楽に朝青龍が敗れて千代大海の優勝が決まった。朝青龍は12勝で大関に昇進した。
・優勝決定の一番 14日目 千代大海(押し出し)霜鳥
 千代大海当たって左おっつけ右喉輪で押し進み、両手で胸を押して赤房に押し出し完勝。翌日の朝青龍の敗戦で優勝が決まった。
・好勝負
 10日目 貴ノ浪(寄り倒し)朝青龍

 勝ちっ放しの朝青龍、余勢を駆って大関取りのみならず初優勝を目指して後半戦に突入、この日は初日から 7連勝するなど好調の貴ノ浪が相手だった。 貴ノ浪珍しく先に立ち、両手突きで押し上げんとする。朝青龍は先に突かれ、左を差して右で下から押し上げて突きを外した後、左から右と下手を掴む。先に突きたかった朝青龍としてはおよそ予定外の動きだった。 貴ノ浪が両方からうまく抱えて抜き上げるところ、朝青龍は左から外掛け。これでもどうにかなると踏んだようだ。ところが貴ノ浪は驚く勿れ脚が掛かっている右足を軸にして左に体を廻した後、 左足を支えに櫓気味に持ち上げ、黒房に急迫して左喉輪で寄り倒してしまったのである。貴ノ浪の左足が大きく踏み越したが、朝青龍の体はなくなってしまっていた。貴ノ浪会心の相撲に朝青龍潰え去って 1敗。
 10日目 土佐ノ海(押し出し)千代大海
  1番おいて全勝の千代大海の登場である。全く五分の当たり合い、土佐ノ海が左から、千代大海が右から突きにいき、千代大海さらに喉を攻めて押さんとしたが、 土佐ノ海は当たりが良かっただけに腰が全く崩れない。千代大海ここで真っ向から首を掴んで引いた。土佐ノ海は体勢が非常に良く、右で廻しを上から押さえ、左からおっつけて猛追、白房から赤房に突っ走り、覗かせた左を返すようにして右おっつけで押し出した。 千代大海またまた初日からの10連勝に失敗し、武蔵丸を浮き上がらせた。
 13日目 千代大海(押し倒し)朝青龍
 互いに10日目に敗れたが、崩れず迎えた事実上の決勝戦。立ち合いの当たり合いは全くの五分、千代大海は右おっつけ左喉輪。朝青龍は左を差して右でおっつけんとする。 千代大海は左喉輪の腕を伸ばして突っ張り、朝青龍は対して宛がいながらも突き返し、右でおっつけて割り込まんとする。千代大海は左で首を引いて右から去なし、崩しざま素早く右喉輪突きから正面に攻め込んだ。 朝青龍腰が立ちながらも懸命に左に廻ったが、千代大海の出足に圧倒されて青房に腰から倒された。土俵中央の攻め合いはほぼ互角、千代大海の去なしの後の素早い攻めが大いに効いた。
 14日目 朝青龍(押し出し)武蔵丸
 朝青龍左おっつけ右喉輪で一つ押し放し、左を差して下手、右で武蔵丸の左手首を掴む。武蔵丸が左を使えぬまま右から抱えて出ると、 朝青龍右に廻り込み、正面黒房寄りに押し出して完勝、これで大関は殆ど決定的となった。武蔵丸は自分の相撲を忘れ大崩壊。
 千秋楽 若の里(突き落とし)朝青龍
 朝青龍右喉輪を見せて左下手を狙い、これは果たしたが、如何せん踏み込みが良くなかった。若の里は踏み込んで左筈から左差し、朝青龍が狙った右上手を与えず、右上手を取った。 それでも朝青龍は右腕を伸ばして上手を取ったが、これは一重だった。若の里は左肘で上手を切りにいったが、朝青龍の一重の上手は切れない。 若の里も上手は一重、ここで体を廻して上手投げにいきながら、同時に朝青龍の上手を切り、すぐに朝青龍が巻き替えにくると、若の里正面に下がって上手投げを見せると同時に左外筈から呼び戻しに打って出て、 左足で堪えんとした朝青龍を黒房にぶっ飛ばして叩きつけた。
×平成14年 9月 優勝 横綱 武蔵丸 光洋 13勝 2敗 12
 初日早々 1横綱 2大関が倒れ、翌日には連勝の上位が新大関朝青龍だけとなり、その朝青龍は 8連勝したが内容がなく、 9日目から大きく崩れ 5敗。 横綱取りを目指した千代大海も不安定で10日目から崩れ 5敗。武双山は 7敗した。13日目に武蔵丸が魁皇に敗れて両者 2敗で並び、調整不足ながらこの場所とうとう復帰成った貴乃花とも並び、 14日目には魁皇が貴乃花に敗れたので千秋楽は横綱決戦となり、武蔵丸が勝って優勝した。相撲内容は上位から下位まで良くはなく、特に平幕に素っ気ない相撲がありすぎ、 全日通して良かったのは玉春日くらいで、本場所としては不出来だった。
・優勝決定の一番 千秋楽 武蔵丸(寄り切り)貴乃花
 非常に珍しく綺麗に立ち、武蔵丸両差しを狙いながらぶちかますと、貴乃花も頭から出て左おっつけのあと右へ引いた。武蔵丸が動ぜず右喉輪にいかんとすれば貴乃花右喉輪を見せ、頭を下げて右を差し、左でおっつけて前褌を狙った。 武蔵丸は左から抱えて右を捻じ込まんとしたがこれに拘らず、右を抜いて左へ引き、左喉輪。貴乃花が右で宛がい、左喉輪にいかんとする端、武蔵丸これをおっつけて外すや右を差し、腕を返して素早くグイグイ煽り、黒房に寄り切った。 味のある攻防戦は武蔵丸に凱歌、あの忌まわしき決定戦の雪辱を果たし、公式には貴乃花戦 5連勝となった。
・好勝負
  2日目 旭鷲山(上手出し投げ)安芸乃島

 旭鷲山左で張って立つと安芸乃島左に変わって右差し、左からおっつけて東に詰めながら上手を引き、吊り身に赤房に出たが、旭鷲山左上手を引いて向正面を廻り込み、白房で体を開きざま大きく上手投げを放って行司木村孔一に投げつけた。 孔一は溜まりに吹っ飛び、顔面が観客席の仕切りに当たって左瞼を切り流血、土俵に上がれず退場し、そのまま休場した。
  5日目 朝青龍(下手投げ)土佐ノ海
 当たりは五分、朝青龍右から突き放そうとしたが土佐ノ海左からおっつけ、なお朝青龍が喉輪突きに攻めると土佐ノ海黒房に堪え、朝青龍が引くと土佐ノ海右から突き放して攻め、朝青龍突き返して赤房に攻めると、土佐ノ海右からおっつけて右四つとなる。 朝青龍が左を巻き替えると土佐ノ海西に突っ走る。朝青龍は左下手投げを打つが、土佐ノ海が右から預けて寄り倒すと先に飛んで裏返る。このとき行司光之助は躓いて転んでおり、やっと上げた軍配の先は何と朝青龍で、物言いもつかなかった。 土佐ノ海の右の預けは効いているし、朝青龍はかなり早く飛んで裏返ったわけだから、明らかな誤判であった。体の概念はどこへ行ったのか。
  7日目 玉春日(送り投げ)栃乃花
 互いに頭で出て、より低かった玉春日が左喉輪右おっつけから右喉輪。栃乃花左おっつけではね返して右筈で攻める。玉春日左おっつけから喉輪突き。 栃乃花左筈右おっつけで白房に攻め、玉春日が左おっつけ右喉輪から突き返さんずれば、栃乃花左おっつけ右筈から右で突き放して黒房に追い詰め、右筈左喉輪で押し出さんとした。 玉春日は弓なりで凌ぎ、この恰好から右おっつけで押し上げ、右足を徳俵に掛けて体の左を開き、栃乃花の左背後に廻るなり左へ送り投げを放って大逆転、玉春日は驚異の魔術相撲を現出した。 絶好調の玉春日はこの場所10勝。
○平成14年11月 優勝 大関 朝青龍 明徳 14勝 1敗 1
 貴乃花の右膝は本場所を耐え得ずこの場所を全休。絶好調を謳われた魁皇は右腕の筋肉を切り、 武蔵丸は左手首の手術が必要となり、千代大海までも右腕を痛め、上から 4人が休場することになり、 休み続出は 7月と同じながら、この場所は特に千代大海の休場が優勝争いを直撃してしまい、加えて両関脇もが惨憺たる状況で、 朝青龍の一人天下だったため外見上は盛り上がりに欠けた。相撲内容は前場所より大幅に向上して楽しめたが、 相撲内容と優勝争いとはなかなか両立しないものである。
・優勝決定の一番 13日目 朝青龍(外掛け)若の里
 若の里が両差し狙いで立つと朝青龍も飛び込んで両差し狙いで左差し、 若の里が右から抱えると朝青龍左から巻いて右を入れんとしたが果たせず、次いで左から掬って上手を狙ったが取れない。 若の里も上手を狙ったが取れない。互いに左下手、逆足の形。一呼吸、朝青龍強引に右小手投げ。 若の里東に出んとしたが朝青龍左差し手を上げて残し、再度下手。若の里は右上手を深く取る。 一呼吸、若の里上手深いまま吊りにいくと、朝青龍左から引きつけて右で宛がいながら左外掛けにいき、 若の里が右小手投げにくると、朝青龍そのまま預けて倒した。
・好勝負
  3日目 琴ノ若(上手投げ)栃栄

 この場所は疑うべき判定が多かった。琴ノ若両手突きから突っ張って向正面に攻め込む。 栃栄堪えて右へ廻り、琴ノ若がなお突っ張ってから右下手を狙うと、栃栄左おっつけから右もおっつけになって頭を下げるが、琴ノ若は取った左下手を離さない。 栃栄が右に廻って左手で琴ノ若の右を切り、琴ノ若が左下手狙いのあと突っ張らんとするところ、栃栄うまく両差しになり、左で掬って正面に寄った。 琴ノ若の左足は徳俵の外側青房寄りに乗った。ここで孔一は勝負ありと宣して栃栄に軍配を上げたが、相撲は続き、琴ノ若しぶとく残して左突き落としで逃れ、 左上手を引いて青房に引きずり、上手投げで体を預けて逆転勝ち。孔一は例の正面蛇の目を指差すが、二子山審判長は首を振る。 従って行司と審判長の話のみで終わってしまい、やっと軍配琴ノ若に上げられて勝ち名乗り。 さてよく見ると、琴ノ若の左足が俵に乗り、ここで軍配は栃栄に上がり、それから琴ノ若が左足を転じて廻り込む際に指先が蛇の目を踏んでいるようには見える。 誰が黒星なのかも分からないややこしい相撲で、結果として琴ノ若の勝ちと決められたのだから差し違いになるはずで、手続きも欠落しているし、どうも妙だ。 因みに栃栄はこの場所も途中休場し、これで 3場所連続途中休場。琴ノ若は 5日目にも分の良い相撲を取り直しにされ、負けている。
  5日目 貴ノ浪(下手投げ)武蔵丸
 貴ノ浪左肩から当たって左差し狙い、武蔵丸右から踏み込んで右上手狙い、普段通り。武蔵丸先に右上手を取ってすぐに西に走った。 貴ノ浪は左下手を引き、右からおっつけながら左を引きつけて下手投げで引っ張り、正面黒房寄りで体をねじってさらに下手投げ。 武蔵丸は左で頭を押さえたが、止まらず左足を踏み越した。右上手を引いたなり備えを作らず驀進したのが敗因、貴ノ浪に大連敗した頃と同じ内容だった。 苦節11年67場所、元大関貴ノ浪悲願の初金星…ではあるが、大部分の場所で三役におり、最初の 1年余は横綱戦の可能性もなかった。 武蔵丸は前々日に左手首をまたまた故障、遂に手術となってあとを休場した。
  8日目 千代大海(叩き込み)土佐ノ海
 土佐ノ海遅く、大声で謝ってやり直し。千代大海当たったが踏み込みが悪くて加速がつかず、 突っ張って土佐ノ海の左喉輪を右おっつけで外すや喉輪突きで攻め立てて青房に詰めたものの体が伸びて決められず、 土佐ノ海右筈で押し上げて左喉輪右筈で反撃、土俵中央まで戻る。千代大海左喉輪から攻め返して突っ張ろうとしたが、土佐ノ海突き勝つ。 千代大海左から素首落としを引いて向正面に後退、右から突き落としを見せると、土佐ノ海は落ちるが千代大海も飛んでいき軍配は土佐ノ海で物言い、長引いた。 この間千代大海は壮烈な押し合いで痛めたらしい右腕を気にする。土佐ノ海が右手から落ちるとき千代大海は左足を上げて(蛇の目すれすれだが掃いてはいないように見える)右足は徳俵の上、 爪先が上がって体が死ぬか否かのすれすれで、取り直し。千代大海同じような当たりであったが、土佐ノ海はやや当たり負け、足が流れて上体が沈み込み、叩き込まれた。 相撲後、再度右腕を気にかけ、三頭筋の損傷で休場、相撲はさほど良くないながらも星を積み上げていた矢先、やはり無理があったらしい負傷で、 これで朝青龍の尻尾を捕らえられる人がいなくなった。
  8日目 隆乃若(突き出し)武双山
 隆乃若左で張って右を差しにいき、武双山が左前褌を取って右から攻めんとすると、 隆乃若は右を抜いていきなり小手投げからとったりで振り飛ばし、左筈右おっつけから突っ張って赤房に突き出し完勝。 大関戦で 3勝し、この場所は堂々と11勝を挙げた。
 10日目 朝青龍(上手出し投げ)霜鳥
 当場所における珍裁定の最たるものはこれである。霜鳥が右差しを狙うところ、朝青龍頭をやや下げて左前褌を狙い、 右筈から右を差してすぐに返し左から引きつける。霜鳥が右から掬うと朝青龍正面青房寄りに流されるも、これを残して右下手をも引くや腰低く黒房に寄り進み、 上手を離さなかったのが災いして霜鳥に左へ打っ棄られかけたものの、右足で堪えて寄り倒した。当然軍配は朝青龍に上がったが、すぐに物言いがついた。 かなり朝青龍に分がある。霜鳥の右足が早く上がっていて体も割れず、朝青龍の右足が浮くよりも前に軍配が朝青龍に上がらんとしていて、この判断は完全に正しい。 朝青龍の右手が着いたのはその後だから、全く問題なく朝青龍の勝ちになるはずだが、やけに長い協議の挙句、どうしたことか朝青龍の右手と霜鳥の「落ちる」のとを比較されて取り直しになってしまった。 比較対象を誤っており珍奇なこと甚だしい。今度は朝青龍左から払って左下手を取り、霜鳥が右を捻じ込むと朝青龍正面に出ながら右下手を取り、右四つで一気に攻め込み、 吊り身を見せながら右へ振ってそのまま出し投げと繋いで這わせた。
 11日目 栃乃洋(突き出し)朝青龍
 朝青龍低く当たって右喉輪左で前褌狙い、栃乃洋が左から宛がえば朝青龍喉輪突きで正面に突き放したが、ここで何を迷ったか相手を見る。 朝青龍改めて左喉輪、栃乃洋は左右でおっつけて左喉輪を引っ外す。朝青龍続けて右喉輪突きにいったが、さらでも出足のない上に栃乃洋の備えが決まってしまっては攻められず、 栃乃洋左から外筈で右へ押し、朝青龍が西に流されながら突っ張らんとすると栃乃洋は左の宛がい一本で持ち上げ右で西に詰め、左の突きで突き出し快勝した。 朝青龍は 5月の栃乃洋戦と同じ轍を踏んだどころか、加えて一度止まってしまったところで栃乃洋に腰を堅めさせ、吹っ飛ばされた。 かくて優勝争い一番手を倒した栃乃洋は 6勝 5敗で殊勲賞最有力となり、この日右手指を痛めた武双山と翌12日目に対戦だったので、 栃乃洋には追い風が吹いてきたと思われたが、武双山に敗れて失速、負け越してしまった。
前画面に戻る