平成15年
○平成15年 1月 優勝 大関 朝青龍 明徳 14勝 1敗 2
 調整不良を懸念されていた貴乃花は出場したが横綱らしい相撲がなく、加えて 2日目に早くも左肩を負傷、 2日間休んで再登場したものの、 7日目から連敗して引退した。 武蔵丸はリハビリ中で休場、前場所途中休場の 2大関も然りで、栃東は腸炎による調整不良で白星がなく、左肩脱臼を加えて休場した。 武双山は出場したが稽古不足で大不振、 7敗だった。優勝争いは予想通り朝青龍が中心で、若の里や出島が絡んだが問題にならずじまいだった。 朝青龍は中盤に粗暴な相撲が相次ぎ、つけ込まれて 9日目に敗れたが、翌日から却って落ち着き難なく優勝、横綱に推された。 相撲内容は前場所並みで楽しめる部類に入った。
・優勝決定の一番 14日目 朝青龍(押し出し)琴光喜
 朝青龍右で突いて左上手を浅く引き、次いで右下手も充分。琴光喜が無理矢理出んとすると、朝青龍充分に引きつけ、左出し投げの連発のあと小股掬いに脅かして黒房に進み、 右筈で追い詰め、琴光喜が右差し手を上げて堪えんとするところ、朝青龍上手を離し、胸を突いて押し出した。
・好勝負
  2日目 貴乃花(上手投げ)雅山

 貴乃花右差しを狙うと雅山当たって左に変わり左突き落とし。貴乃花残すや右前褌を取り、雅山が左から外筈で押し上げると、貴乃花右が切れてすぐに深く下手を取り直して頭だけを下げ白房に出る。 雅山はここで左で首を巻くや左足を飛ばして二丁投げの強襲。貴乃花は捻じり上げられて左肩から垂直に落下して裏返し、雅山は俯せであるが貴乃花の上に被っている。軍配は雅山であるが、 あろうことかすぐさま物言いがつき、攻め手は貴乃花だから裏返っても雅山の上から預けて送り倒せたら良かったが(つまり貴乃花が宙で裏返った時点で負けとする考え方は誤り)、 裏返って落ちたとき雅山の下で、雅山に着き手や着き膝はないから貴乃花の勝ちや同体などある訳もないのに、呆れ返ったことに取り直し。雅山右おっつけ左喉輪で押し上げて出るところ貴乃花やや仰け反ったが左に廻って崩すや上手投げで西に仕留め、 取り直し後は問題なく決まった。内容のなさに星が伴わっていない貴乃花と、体のなさに目が伴っていない裁定、両者相俟ち誠にひどかった。貴乃花は最初の相撲で左肩を痛打して翌日より休場、雅山は同じ相撲で右足首を捻挫、翌日には剥離骨折に至り 4日目から休場。
  7日目 出島(渡し込み)貴乃花
  8日目 安美錦(送り出し)貴乃花

  5日目から再び出場した貴乃花だが内容が良くなるはずもなく、 7日目に迎えた相手はあらかた復調した出島であった。 貴乃花左で踏み込んで右差し左前褌を狙ったが肝腎の踏み込みが殆どなく、出島がぶちかまして右を覗かせ左筈で出ると貴乃花忽ち浮き上がり、 右に廻って左で頭を押さえながら右小手投げで倒そうとしたものの、傾いだ出島が右手で貴乃花の左膝を押し上げると、貴乃花は横様に巻き上がり、 庄之助の軍配は早くも出島へ。出島はそのまま左渡し込みで貴乃花を吹っ飛ばした。惨敗だったとはいえ、貴乃花が相撲を取った上で負けたのはこの場所初めてであり、 内容からみて力量の急低下は明らかとはいうものの、この時点ではまだ一般に進退を問う声は小さかった。中日は前日に左肘を痛めた安美錦戦だった。 貴乃花右足を僅かに出して右差しにいくと、安美錦これを手繰って左に廻り、上手を取って出し投げ気味に左へ廻りつつ左足を飛ばして裾返しを二度見せ、 さらに左に廻って出し投げを見せた。貴乃花はなすがままに動かされ、西の俵を目の前にして右足を上げ安美錦の左足をはね上げんとしたが、全く掛からずそのまま送り出された。 前日は力において敗れ、この日は速さにおいて敗れ、限界の印象を色濃く残すこととなり、進退問題は一気に噴出、翌朝に引退が決まった。
  9日目 海鵬(内掛け)朝青龍
 朝青龍左で張って両差しを狙ったが入ったのは右だけ。海鵬右を差し、左を巻き替えて捻じ込む。朝青龍左を首に巻いて右上手を浅く取るや右に廻って振る。 海鵬左下手を取るや右を踏み込んで左に体を寄せ、狙いすました左内掛けの急襲。朝青龍白房に後退し、逆に左からの窮余の突き落としで海鵬を背中から落とさんとしたが、 海鵬右を預けて靠れ込むと、朝青龍は逆転ならず土俵下へ吹っ飛んで敗れた。朝青龍は、右上手を取るや攻めもそこそこにぶん投げる相撲を見せていて、 海鵬はその右上手投げを読んで内掛けに預け、際どくこそあったが全勝大関を止める大殊勲の星を挙げた。
 10日目 駒光(寄り切り)玉力道
 十枚目で好調の駒光と、幕内昇進後初めて自分らしい相撲が取れている玉力道との対戦は大いに縺れた。 駒光左で張って両差しを狙ったが左が入らず互いに右差し、駒光の巻き替えを玉力道許さず、駒光は右下手一本、玉力道は下手を取らず起こさんとする。 数呼吸、駒光左から攻め黒房に寄って上手を取り、玉力道が右から掬おうとすると駒光上手投げに返して軍配は駒光。 投げの打ち合いで明らかに先に飛んでいった玉力道の体勢が悪いが、駒光の右肘は玉力道が左肘から落ちるのと同時に落ちた。 従って物言いがつき、軍配通りが最も良かったが、取り直しとなった。今度は駒光両脇を固めて両差しにいったが、なった体勢は最初と同じ。 しかし一つ違うのは玉力道が上手を取ったことだ。玉力道僅かに上手投げを見せ、数呼吸して玉力道腰を廻し大きく上手投げで赤房に引っ張り、 下手投げで頑張る駒光を伏せようとしたが、あろうことか駒光の左手と全く同時に玉力道も右手を着いてしまい、軍配こそ先に投げを打った玉力道に上がったが、 優劣全くなく、珍しいほぼ完全なる同体で、取り直し。今度は玉力道右上手を取りにいったが踏み込みなく取れず、駒光左を差して肘を張り、右上手を狙った。 玉力道は正面の俵を背負って踏ん張り、上手を与えず、自身も上手を狙ったが取れない。駒光左下手を引き、機を見て右上手を取り、右から出して崩し、頭を下げ、 玉力道の左小手投げに対し右を抜いて残し、左を差して寄り切った。両差しになったのは玉力道が左足を踏み切ったあと。
 千秋楽 旭鷲山(寄り切り)琴龍
 旭鷲山両手突きから右に下がって引くと琴龍喉を攻めて向正面に出た。旭鷲山は右に廻って右小手投げにいくが、琴龍構わず出て左下手を深く取った。 反対側では旭鷲山が琴龍の右手首を掴んでいる。数呼吸、旭鷲山が左に動いたくらいで殆ど動かず。琴龍一度寄ろうとしたが旭鷲山揺るがずまた幾分左に廻った。 また数呼吸、旭鷲山右足を飛ばして手斧掛けを見せたが効かない。旭鷲山左をおっつけに替え、ややあって赤房に出たが、琴龍右を捻じ込んで二本差しとなり、旭鷲山は両上手、琴龍は両下手となった。 旭鷲山出んとするが、琴龍黒房の際までは下がらず残す。琴龍は上手を切りにいくが、旭鷲山は乗じて正面に出る。琴龍なおも残して土俵中央、左下手を離して上手を切らんかなの恰好。 旭鷲山今度は黒房に出ると、琴龍左下手を探りながら残してまた取り土俵中央。三分経って旭鷲山の廻しの結び目が緩んで廻し待った。 琴龍の右下手が結び目のすぐ向こうだったためである。再開直後琴龍吊りを見せたが殆ど上がらない。一呼吸後琴龍また吊りを見せると旭鷲山ある程度上がったが、足をバタつかせて防ぎ、 旭鷲山が黒房に出んとすると琴龍両下手を引きつけて堪えた。数呼吸、また旭鷲山黒房に出んとすると、琴龍遂に旭鷲山の右上手を切った。従って旭鷲山左上手を深くし、頭をつけ、右前褌を取った。 琴龍は左からおっつけて起こそうとするが、旭鷲山は上手投げを見せ、小股掬いに脅かしながら白房に出た。琴龍が右下手を引きつけて左でおっつけて残すと、旭鷲山はなおも右喉輪で寄り倒さんとした。 琴龍これも宛がって残し、土俵中央に戻った。旭鷲山は右前褌を取った。琴龍はこれを切らんとした。ここでとうとう水が入った。 恰度琴龍が寄り返して土俵中央に収まった瞬間なので、水入りのタイミングとしても極上であった。旭鷲山の廻しは締め直されたばかりでまださほど緩んでおらず、琴龍の廻しはこれといって伸びておらず、従って控え力士の補助はなかった。 再開にはかなり手間取った。ビデオ室の意見は聞いていないようだ。しかし再開の瞬間には元の体勢をよく再現していた。再開されると琴龍右下手左おっつけから向正面に出たが、旭鷲山は上手投げで引っ張り廻し、右手で小股を掬って白房に詰め、右喉輪で寄り切った。 旭鷲山 5場所振りの水入り、優勝決定後の楽日で相手が佐渡ヶ嶽部屋力士という共通項があった。
△平成15年 3月 優勝 大関 千代大海 龍二 12勝 3敗 3
 相撲内容はまあまあだったが、意外に活躍した力士が少なく、軸となる力士も安定しなかった。 武双山は殆ど相撲にならず左肩が外れ 1勝のみで休場、武蔵丸と栃東は全休した。残りの上位 3人が優勝を争って千代大海がものにしたが、 千代大海は斑が大きく、魁皇は中盤まで特に立ち合いが定まらずよろめき、新横綱朝青龍は重圧に押されて動きが縛られてしまい、うち揃って今一つだったために場所自体が締まらなかった。
・優勝決定の一番 千秋楽 千代大海(押し出し)朝青龍
 千代大海早くやり直し。朝青龍前日同様の両足跳びで前日よりなお出ず、両差し狙いは果たせよう筈もない。 千代大海踏み込んで右おっつけ左喉輪で押し上げたあと、細かく突っ張りを見舞い、左足を前に出した状態で徐々に進み、朝青龍が宛がって右を覗かせると千代大海右喉輪左おっつけで嫌い、 さらに細かく突き、朝青龍がますます右半身になって右差しを狙い胸が出ると、千代大海左筈右喉輪で大きく押し上げ、腹を押して赤房に押し飛ばした。
・好勝負
  3日目 旭天鵬(掛け投げ)朝青龍

 旭天鵬右で突いて左を差し、右上手を狙った。朝青龍は左を覗かせ右でおっつけ、右上手を浅く取ったが、突っ込みは弱かった。 旭天鵬が右上手を取ると、朝青龍は左下手を取り、先に引きつけて体を寄せ、西に出んとした。しかし旭天鵬は狙っていた。 引きつけ返して堪えながら、やおら右足を引いて下手投げだ。朝青龍は堪えんとして右外掛けにいったがそれは振られた後、腰は浮き、白房を背にして剣ヶ峰。旭天鵬これを利して左足を蹴上げてなお振った。横綱は瞬く間に背中から叩きつけられ、早くも黒星をつけた。 この場所の朝青龍は、総じて見られた突っ込みの弱さが最後まで尾を引いた。
  8日目 武雄山(押し出し)金開山
 金開山左で張って両前褌狙い。武雄山左おっつけ右喉輪。暫し譲らず、やや武雄山勝って左おっつけで東に出ると、金開山は左へ逃れて両前褌。 武雄山土俵中央に下がって右を切り、左右でおっつけ、右小手投げで捻じってから右で抱えて左喉輪で黒房に押し詰めた。 金開山は右を開いて左下手出し投げで逆転を図ったが、武雄山が転がる前に右足を踏み切った。 行司は立ち位置が良くなくて金開山の右足が見えず、軍配は武雄山から金開山に廻され、物言い。 協議は割にスンナリと終わったが、説明に至って大変なことになった。「バリリッ」といったきり声が乗らない。 暫し調整の後「あああ」と館内に声が通って二子山審判長安堵の笑みを浮かべたのも束の間、「すいませんでした」の「す」だけでまた杜絶。 右に控える呼び出しに向かって「入ってる」と聞いたのは館内に伝わったが、正面向いて説明を始めると「ただい」で切れてしまう。 また調整して「あああ」と言ったが「あ」しか入らず、接触不良状態が解消されぬまま笑いとも何ともつかないざわめきが起こり、審判長脇の呼び出しが三人になり、一人が西花道脇の場内放送席とも連絡を取りながら、協力していろいろと復旧を試みるものの、「ボコン」という音が三度ばかり出たきりだった。 その後さらに二度「ボコン」と言い、「ああ」という声は通ったが、肝腎の説明がマイクを通ってくれない。一度「ボコン」と言ったのを最後に、場内放送席からさらに呼び出しがやってきて、入れ替わりに一人が場内放送席へ戻る。二子山審判長は普段のマイクを遂に捨て、立ち上がって西溜まりを通過し、花道を下がりゆく。 最後にやってきた呼び出しがそのあとについている。場内放送席ではマイクを花道側にやり、席に到達した審判長、そのマイクを掴んだ。「大変失礼しました(場内拍手歓声)。行司の軍配は、東方、金開山にあがりましたが、金開山の足が先に出ており、西方、武雄山の勝ちと決定致しました」とようやく型の如く説明がなされ、一件落着と相成った。 審判長にとってはとんだ災難であった。
 13日目 魁皇(突き落とし)千代大海
 14日目 魁皇(突き落とし)朝青龍

 魁皇が優勝争いの上位 2人を門前払いにした相撲。まずは13日目。魁皇遅くやり直し。 2度目、千代大海頭で出て左筈右おっつけで走ったが出足が遅く、魁皇が右からおっつけて筈を外すと千代大海傾ぎ、そのまま西に横転して惨敗。千代大海立ち合いの失敗、当たりは悪くなかったが、踏み込みの遅れと上体の突っ込みすぎが祟った。 横綱を相手に迎えた14日目、朝青龍両足跳びで立って両差し狙いにきたところ、魁皇右で踏み込んで左を固め、体当たり。朝青龍は上体が反り、反動で両足が流れ、左は魁皇相手ゆえに当然入るが右が入らず、捻じ込む瞬間に強烈に撥かれて右手を着き、横綱惨敗。 両足跳びでは当たり踏み込みとも無に等しく、基本通りに踏み込んだ魁皇の前に横綱形無し。ここまではどちらが横綱かと思わせたが…魁皇千秋楽にずっこけてしまった。
△平成15年 5月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 13勝 2敗 3
 朝青龍が他力士とは段違いの相撲内容を示し、 2敗はしたものの危なげなく逃げ切った。 対抗馬としては千代大海と魁皇がいたが、千代大海は立ち合いが高くて安定せず、魁皇は中盤から良くなったが最後に倒れて、共に及ばなかった。 武蔵丸は全休、武双山と栃東はともに 8勝。旭天鵬・安美錦の成長など収穫はあったが、序盤の相撲内容があまりにも悪く、 中盤以降何とか持ち直して盛り上がりを見せたものの、全体としてパッとしない場所ではあった。13日目、十枚目に下がって途中休場した栃栄が再出場したところ、 出羽乃富士がこの日から休場し、不戦勝を貰って勝ち越した。
・優勝決定の一番 千秋楽 武双山(突き落とし)魁皇
             朝青龍(寄り切り)千代大海

 魁皇が勝って朝青龍が負けると決定戦だったのだが、またまた魁皇が沈んでしまった。武双山左筈右おっつけから左で頭を押さえて僅かに正面に引き、左右のおっつけ。 立ち遅れた魁皇は一応左四つになったが左が覗いた程度、右上手は遠い。武双山は左筈右おっつけ、頭をつけてジリジリ押す。魁皇右で肩を押していたが素首落とし気味に西へ引いた。 武双山右筈で出てさらに左筈右で魁皇の左二の腕を押し、左からの突き落としを見せると魁皇無惨や腹這いとなった。ここで朝青龍の優勝が決まったが、朝青龍は手綱を緩めない。 千代大海右おっつけ左喉輪で立ったが当たりがやや高い。朝青龍踏み込んで受け止めるや左差し右おっつけから両差し右下手から引きつけるや向正面に一気に寄り進んで左筈から寄り出し堂々の圧勝劇。 負けた 2番を除いてほぼ貫いた速攻相撲を最後も見せて総仕上げとした。
・好勝負
  8日目 旭天鵬(寄り倒し)貴ノ浪

 すぐに左四つ、旭天鵬は左下手右上手、貴ノ浪は右で抱えた後上手を取りにいき、掴んだ。 その端旭天鵬は青房に攻め込んだが、貴ノ浪は両廻しを掴んで引きつけて残した。土俵中央、旭天鵬は頭をつけている。 数呼吸、旭天鵬が引きつけて正面に出んとすると、貴ノ浪引きつけ返してやおら左へ振り、右腰をぶつけて黒房に寄り切らんとし、 左を抜いて上手を取りにいくと、旭天鵬両廻しを引きつけて左へ逃れ、貴ノ浪がもう一度左を入れんとするところ旭天鵬左下手を深くして体を入れ替え赤房に出んとする。 貴ノ浪右上手を引きつけて右へ動き、そして土俵中央に戻った。数呼吸、今度は旭天鵬左下手から大きく振り、貴ノ浪の上手投げにそのまま預けて寄り倒した。物凄い相撲。
  8日目 若の里(押し倒し)千代大海
 千代大海左の踏み込み悪く故に当たりが軽く、左おっつけができず右喉輪の腕も伸びず、左から素首落としを引いた。 若の里は左で踏み込んでの両差し狙いから右左と足を送って左おっつけ右筈で一気に押し込み、右を伸ばして黒房に吹っ飛ばした。 不安定な千代大海を象徴する一番、終盤大崩れの予兆ともいえた。
  8日目 栃東(引き落とし)出島
 栃東左おっつけのあと左から去なし、出島が出ると見せて引くと栃東右喉輪で出て左おっつけの形になったが左足が使えず、 出島が徐々に出ると栃東向正面赤房寄りにズルズル後退し左突き落としも甲斐なく右足から土俵を割り、 軍配は出島に上がったが正面から物言いがつき、栃東の右足は俎上に上らなかったと見え、出島の落ちるのと栃東の「飛ぶ」のとが同時と見られて取り直しとなった。 出島の当たりを栃東受け止め、左へ引いて左で出島の背を押さえながら引き落とした。 テレビ中継でも栃東の右足を見たのは向正面解説の錣山(寺尾)だけで、正面は栃東の左足(つまり体)と出島の横転との比較に終始、審判の協議内容も説明を聞く限りは同様だったようだ。
  9日目 旭鷲山(引き落とし)朝青龍
 例によって旭鷲山ダラダラと動き、朝青龍に突き倒されてやり直し。 2度目、旭鷲山先に立って両手突き、朝青龍左から払って右から突くところ旭鷲山両手で喉を押して喰い止めるや、西へすぐさま後退して左で素首を掻き落とし、 徳俵から朝青龍の上に舞い上がって勝った。朝青龍は自分の手ではね飛ばした蛇の目を指差し、さらに審判長を睨め廻し、こうした余所見の間に旭鷲山の肩がぶつかると、 土俵中央で下がりをぶん廻して旭鷲山を睨みつける有様、自ら横綱力士たるを抛棄するかの如く思われた。旭鷲山の動きも併せ、結びに見せる相撲ではなかった。
 14日目 魁皇(上手投げ)朝青龍
 朝青龍今場所も両差し狙いで左から踏み込んだが、魁皇右で踏み込んで右で抱え、差し手争いから左を差し勝って下手を引き、朝青龍に右上手をやらない。 朝青龍はお馴染み右の小手投げ。魁皇は素早く下手を離して突きつけるや東に進んで右上手を取り、なお寄り詰めて土俵際、朝青龍の左掬い投げを上手投げに返して圧勝した。 横綱またも胸で当たって両差しを狙って失敗し、前日千代大海を屠った魁皇を浮上させた。
 千秋楽 安美錦(上手出し投げ)栃乃洋
 安美錦左筈右おっつけで頭低く立つと栃乃洋突っ張って左を差さんとしたが右前褌を許した。 栃乃洋は安美錦の左を泉川に取ってはみたが術もなく、左も入るはずもなく、安美錦が右の出し投げを続けると栃乃洋どうすることもできず赤房に飛び出した。 安美錦の面目躍如、技巧派とは一線を画する正統的な技能相撲で11勝を挙げた。
○平成15年 7月 優勝 大関 魁皇 博之 12勝 3敗 4
 最初はみな揃っていた上位陣、初日は全員白星であったが、武蔵丸はそもそも出場が無理で 6日目から休場、朝青龍も持病の首痛に反則負け等の失態を加えて崩れ10日目から休場、 大関にも絶好調者がなく主軸不在のため、星争いは時津海が 5・ 6・11日目と単独トップに立つなど縺れに縺れた。10日目で時津海とともに 2敗だった武双山も踏ん張れず、 12日目には 3敗が 6人という混乱ぶりとなり、最後に残った魁皇と千代大海が楽日に決戦して魁皇の優勝となった。場所中盤からの相撲が面白かったが故に、混乱振りが惜しまれる。 2日目、結び前に朝青龍に勝った琴ノ若だが、右腕と右胸を痛め、勝ち残りをせず退場した。
・優勝決定の一番 千秋楽 魁皇(押し出し)千代大海
 千代大海早くやり直し。 2度目、千代大海頭で突っ込んだが左足が流れた。 魁皇は右で踏み込んで左差し、右から引っ張り込もうとする。千代大海は左筈であるが魁皇の左差しで右おっつけが効かないので、右喉輪から左喉輪で懸命に振りほどき、また右喉輪で押して魁皇の顎を上げ、左を筈にして東に押し込んだ。 魁皇は腰を下げて左足を俵に掛け、堪えるや左を覗かせ右から抱え、僅かに左に廻って左差し手を返すや右足で俵を蹴って一気の反転攻勢に出た。千代大海は左を抜いて喉輪を見せたが、魁皇右おっつけで黒房に驀進し、左膝が崩れかけたが、右を筈にしてそのまま雪崩れ込み正面黒房寄りに押し出した。 敗れた千代大海が砂かぶりで両手を腰にやって天を仰ぐ間、勢い余った魁皇は頭から正面土俵外に突っ込み、腰痛から足も痺れてそのまま暫し仰向けに伸びてしまった。 迫力溢るる激闘の大一番、立ち合いの出遅れを挽回せんとした千代大海の攻めと、それを凌いだ魁皇の逆襲の凄まじさ。見事な名勝負であった。
・好勝負
  5日目 旭鷲山(反則)朝青龍

 旭鷲山が両手突きから右喉輪で押し上げて引くと、宛がっていた朝青龍のめりながらも左喉輪で押し、旭鷲山が下がりながら突っ張ると朝青龍あまり当たりはしないが突き返して白房に出ていき、ほんの一瞬見て旭鷲山が出てくる端をとらえ叩き軍配を貰ったけれども、 左手で髷を取っ手よろしく掴んだまま引き落としたために、白房下入間川審判から物言いがつき、赤房下桐山審判も頭に手をやる始末で、協議の時間はさして長くなく、反則負けを宣せられた。大関の反則負けは大麒麟の例があるが、横綱の反則負けは初めてだった。
  8日目 高見盛(寄り切り)朝青龍
 朝青龍左で張ったが両足跳びで上体も突っ立ち、右左と差すはずが左が大きく空を切った。 高見盛は猛然突っ込んで右差し左上手。朝青龍右で掬って左を入れんとしたが、高見盛左を引きつけて残し、右を返して巻き替えを許さず上手も取らせず、なおのこと右を返しながら左を引きつけて正面黒房寄りに攻め込み、体を預けて寄り切った。 朝青龍がここのところよく見せるまずい両差し狙いは、今場所奮迅の働きを見せる高見盛の前に無惨にも木っ端微塵に砕け散った。 高見盛この場所 2金星、大関 2人も倒して大活躍を見せ、人気の面で場所を支えた。朝青龍は翌日も敗れて休場。
 11日目 時津海(寄り切り)栃東
 絶好調の時津海はここまで 2敗で大関戦、最初の相手は調子が崩れた栃東。時津海右足が流れ、栃東右差し手を返し左前褌を引いて充分の恰好。 時津海は右下手一本。時津海は上手を切ろうとする。ややあって時津海は絞っていた左で巻き替えを見せるが、栃東右を筈にして左を引きつけ青房に出たが、時津海土俵際で体を捻って肘を張り、栃東の上手を切った。 栃東今度は左からの突き落としを見せる。時津海右下手を引きつけて残し、組むや左上手を引き、正面に出んとする。栃東は右へ捻り、次いで右下手投げを打たんとしたが、時津海左から出し投げを振り、正面青房寄りに寄り出した。 時津海は水つけを忘れて勝ち残りの控えに座らんとした。時津海は以降の大関 3連戦に全敗して10勝にも届かなかったが、素早い左前褌取りで強い印象を残した。
 12日目 高見盛(打っ棄り)旭天鵬
 旭天鵬先に左上手を取って右四つから赤房に出ていくと高見盛右から掬った。但し右膝がかなり崩れていて危うかった。 兎も角高見盛は旭天鵬の攻めを凌いだが右下手一本で、左は下がりだけだった。旭天鵬は両廻しを引いて東に寄ったが、この時高見盛は左上手を深く取り、右へ振って逃れた。 がっぷりで数呼吸、一瞬旭天鵬引きつけんとしたがまた動きがなくなって数呼吸、旭天鵬吊り身に西へ出ていくと、高見盛堪えて右下手から左へ振り、正面黒房寄りに出る。 旭天鵬は堪えて右への打っ棄りを見せる。高見盛は俵を渡って堪え、右へ抜き上げ打っ棄った。滅多に見られない打っ棄り返しの土俵際。
 12日目 魁皇(押し倒し)栃東
 栃東左で踏み込み、顎を引いて立ったのに、なんとそこに魁皇の左かち上げが突っ込んできた。栃東はこれで右膝が入り、そのまま顔を数度押されて押し倒されてしまった。 えらい豪力、栃東の立ち合いは良かったのに根っこから崩された。
 13日目 雅山(押し出し)春日錦
 この場所好調だった両者の対戦。春日錦右喉輪で突き上げんとしたが雅山左からおっつけて外し、突っ張って攻め両筈からまた突っ張る。 春日錦右突き落としで右へ廻って突っ張るが、雅山突き返して応戦、春日錦右を突き外すと雅山右筈左おっつけから東に攻め込み、春日錦の外網打ちに体を預けて押し出した。 雅山の本領発揮といったところ。
○平成15年 9月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 13勝 2敗 4
 休場明けながら朝青龍が快走、終盤疲れて連敗したが、追手を順次振り落として危なげなく逃げ切った。 従って優勝争いの盛り上がりはなかったが、相撲内容は本年一番であり、取組時間が短めだったという批判もあったにしては上出来の場所だった。 場所前から故障続きの魁皇は皆勤で 8敗、武双山は左肘骨折で途中休場と崩れたが、千代大海・栃東は各々11勝・10勝を挙げ、一定の存在感を示した。 9日目の幕下最後の一番、鳥羽の山の相手に誤って五番相撲を終えていた中尾を当ててしまったため当日削除となり、幕下上位五番が 4番しかなかった。
・優勝決定の一番 14日目 朝青龍(下手投げ)千代大海
 朝青龍左で叩いて右に変わり、突っ張りはおっつけられて腕をぶん廻すだけになったが左を入れ、 千代大海が右上手を引いて正面に出ると朝青龍左から大きく掬って上手を切り、両差しから白房に寄り、 千代大海が左を首に巻いて左掛け投げを見せると、朝青龍右下手投げで倒した。連敗中の朝青龍はやはり立ち直っておらず、取り敢えず勝ちにいった。
・好勝負
  4日目 孝の国(不戦)西原

 この日の序ノ口最初の一番である…が、柝の音とともに西から入場したのは、 2番目の大翔隆だけだった。 これだけならばよくある話で、呼び出しは当然「不戦勝」の垂れ幕を四方に向け、館内放送もまた型通り「病気休場」の体裁を取る。 行司木村光哉は、定めの如く、東を向いて「にしはら〜」勝ち名乗りを上げた。が、勝ったはずの当人は土俵上で呆然とした。 東審判の春日野(栃乃和歌)は、ここで「お前は誰だ」と追及した。お返事は「孝の国です」である。さあおかしなことになった。 一方の西原はというとだ。休場でもなんでもなく、ちゃんと国技館にいた。そして、西に待機していた。 言うまでもなく間違いである。これを兄弟子に指摘された西原、通路を疾走すること数百メートルの大移動を始めていた。 また土俵に目を転ずると、孝の国は土俵溜まりを小移動、すぐに正しい西の二字口に達し、土俵に立って正規の勝ち名乗りを受けた。 西原遂に間に合わず、負けは決まった。孝の国はこの日が初めての一番、これでも「立派な」初勝利である。 西原は二番目の相撲、初日に西で取ったがために、この日も西と信じ込み、しかも相手孝の国がいないため、疑う余地もなかったという。 例のない大珍取組であった。
  5日目 高見盛(寄り切り)魁皇
 魁皇は左脹脛と右上腕の故障で稽古ができず、 4連勝も内容に乏しく、相当に不安視されていた。 とはいえこの日は負けたことのない高見盛が相手、言ってみれば安全牌ではあった。さて高見盛左で踏み込んで左前褌狙いでこれを取った。 同時に狙った右差しは果たしていない。魁皇はさほど踏み込み良くなく、左かち上げ右喉輪突きから右上手を狙ったが届かない。 そこで魁皇、やおら両手を組むや高見盛の左を取って小手投げに引っ張ったが、高見盛の左が差し手ならば効いただろうが、 前褌だったために腕を引き寄せる形となり、果然一気に出られて青房に寄り出され、惨敗を喫した。 あまりにもひどい負けっぷり、この後も似たような負け方を続け、遂に負け越した。
  6日目 朝青龍(吊り落とし)北勝力
 北勝力頭で出たが左も右もおっつけの体をなさず、朝青龍すぐに両差し、左下手を引いて右を徐々に深くし、 左を前褌に替え、右に廻って北勝力の左につき、右足を踏み込んで抜き上げ、仰向けに叩きつけた。横綱は前半戦まさに快調。
 12日目 岩木山(突き出し)栃東
 栃東頭を下げて立ち左からおっつけんとしたが、岩木山は右喉輪で起こすや突っ張った。 栃東は宛がって防ごうとしたが殆ど空振りで、左に廻って手繰りを見せて呼び込み、青房に突き出されて完敗。 岩木山は猛突っ張りで先手を取って体勢構わず攻めまくる豪快相撲で大勝、本人も驚く技能賞を獲得して三役の座を手に入れた。
 12日目 若の里(上手投げ)朝青龍
 前々日から疲れが見える横綱が、後半俄かに調子を上げた若の里を相手に迎えた。 従ってこの場所ずっと胸を出して立っていた横綱が、今場所初めて頭から突っ込み、左を差して右前褌を狙った。 ところがその突っ込みからしてさほど鋭くもない。若の里は右左と踏み込んで左差し、右で抱えて左を返す。 朝青龍はまた右小手投げを見せたが殆ど効かぬと悟ったか半端になった。若の里は乗じて右上手を引いた。 朝青龍は僅かに左に廻って右でおっつけながら左外掛けにいき、切り返し気味に出て右上手を取りにいったが刹那のうちに切られ、 土俵中央で数呼吸した後右を巻き替えにいくも入らず、若の里の寄り身をやっと左下手投げで防ぐ。 若の里の上手はやや深いが、朝青龍が左半身であるにもかかわらず若の里の左は肘まで入っている。 しかも朝青龍が絞らんとするに構わず、若の里は左差し手でグイと起こした。数呼吸、若の里が右から引きつけて西に出ると、 朝青龍は体を開いて左下手投げにいったが、若の里は右上手投げを打ち返して豪快に裏返し完勝した。 朝青龍は常套手段が全て裏目に出ての惨敗だった。若の里はこのまま勝ち進み、次場所に大関取りという声がかかった。
 13日目 栃東(寄り倒し)朝青龍
 朝青龍左で踏み込んで頭で当たったが、栃東も同様に左で踏み込んで頭で当たった。 朝青龍は両差し狙いだったが当たり負けで頭が上に抜け、左右ともにおっつけられ、栃東が左で肩口を押すと朝青龍右差し手を上げながら強引に出て捻じ込もうとしたが、 栃東の頭・腰ともにあくまで低く、これがため朝青龍は右腕を絞り出され、栃東の肩が邪魔で自由が利かず、右脇ががら空きになった。 栃東は左横褌を取るや左に素早く廻り、右を筈にして一気に黒房に出んとした。朝青龍は反った恰好で右を抜いて小手に振ろうとした。 栃東はすぐに左を返して突っ走り、寄り出して快勝。朝青龍の連敗よりも、栃東の技倆を見るべき好一番。
△平成15年11月 優勝 大関 栃東 大裕 13勝 2敗 2
 武蔵丸は左手首の状態が相変わらず思わしくないまま出場したが、 7日目で 3勝 4敗となり引退した。 焦点の一つに若の里の大関取りがあったが、 2日目からもう崩れ去り負け越し。 優勝争いは 9日目で全勝の栃東と 2日目に敗れた 1敗の朝青龍に絞られたようなもので、 11日目に栃東が敗れ、13日目にも栃東は敗れたが、朝青龍も敗れて 2敗となり、楽日に両者が当たり、 内容面で大幅に勝る栃東が会心の相撲で勝って優勝を果たした。三役以上には栃東の他に好調者がおらず、 熱戦が多かった割にはどことなく締まらない場所になり、栃東がもしいなければ大変なことになっていた。 4日目と 6日目に十枚目の五城楼が髷を引いて反則負けとなり、12日目には朝赤龍まで反則負け、この点でも締まらなかった。
・優勝決定の一番 千秋楽 栃東(押し出し)朝青龍
 朝青龍低く出て右喉輪左筈で押し、右喉輪から左喉輪と突くが、栃東鋭く踏み込んで左右のおっつけ、 徐々に左に廻ってなおもおっつけ、朝青龍が右おっつけ左喉輪突きを見せると右おっつけで喉輪をはねのけ、正面から土俵中央に出て左筈右おっつけ。 朝青龍右でおっつけながら左を差さんと懸命になるが、栃東左筈で押さえながら右の外筈で許さず、 朝青龍が右おっつけで筈を外し左を覗かせるかどうかというとき、栃東左後方へ動いて左外筈、右脇を締める。 朝青龍は右で突き、相手を見ながら左で首を引いて左に動かんとした。 対する栃東、構えを崩さず実に素早く右おっつけから筈に入り、両筈で西へ征く。 朝青龍は慌てて左でおっつけるが栃東右で押し、さらに左喉輪右筈で攻め、西土俵、右へ押し出して完勝。 相手にヒタヒタと迫る確たる構え、確実な攻守、栃東の真骨頂たる最高の一番。 一方の朝青龍も左から捕まえんものと奮戦し、その結果熱戦となったが、鉄壁栃東の前に全く歯が立たず、 却って技倆の点において大きな逕庭があるという印象を残した。 ともあれ技能戦でありながらこれほどの迫力をもって展開される相撲というのは珍しく、誠に天晴であった。
・好勝負
  2日目 栃東(押し出し)若の里
     栃乃洋(寄り切り)朝青龍

 この場所の流れを決めた 2番と言えよう。初めて大関取りの機を得た若の里、昇級試験第一弾として復調途上の大関栃東を相手に迎えた。 栃東角度良く当たって左右のおっつけを見せ、両差し狙いの若の里が右を抜くと栃東は左筈にならんとしたが、若の里左を覗かせ左四つとなった。 若の里が下手を引くと栃東これを切り、右でおっつけて左へ振った。若の里は残して上手を引いたが、 栃東は左半身で右の絞り、しかし下手を切られた。若の里は腰を引いて下手を嫌った。一呼吸して若の里右から引きつけて起こしにかかった。 確かに栃東は若干起きたが下手を引いた。栃東はなお右で絞って若の里に下手をやらない。 若の里足の配りを変えて右腰を引き、下手を切らんとしたが切れない。ややあって若の里は西土俵白房寄りに出んとしたが、 栃東は右足を俵に掛けて動じない。また数呼吸、若の里は下手を切ろうとしたが切れず、従って頭をつける狙いが外れた。 若の里機を見て西に出たが上手が切れ、上手を狙いながら右おっつけで寄り切ろうとするところ、 栃東の右突き落としでうつ伏せに倒れ右手から落ちた。栃東は左足から踏み出し、軍配は栃東に上がったがすぐに物言い、 協議はあまり長くなく、取り直しとなった。極めて妥当、全くの同体だった。 栃東左で鋭く踏み込んで角度良く当たり、右のおっつけ。若の里は右から頭を押さえたが、栃東右筈から一気に攻め込み、 左のおっつけは破られたものの、出足で圧して土俵際、右筈を伸ばして赤房に押し出した。 若の里は最初の関門で躓き、負け越した。次の相撲が朝青龍の番だったが、完敗だった。 朝青龍先に立って両差し狙いの体当たり、栃乃洋左を固めて体当たりでもって弾き返し、 朝青龍が腕を伸ばして喉を押さんとすると栃乃洋左筈右おっつけから頭を下げて左を差して右上手。 朝青龍は覗いた左からハチャメチャな左掬い投げ。栃乃洋は乗じて預けながら寄り進み、 朝青龍の右おっつけに構わず赤房に寄り切って圧勝、相撲にしなかった。
  7日目 土佐ノ海(引っ掛け)武蔵丸
 苦闘中の横綱は五分の星だったが、内容がついてこなかった。武蔵丸が右差し狙いで出ると土佐ノ海右筈左おっつけ、 右を伸ばして武蔵丸をよろめかせ、また左おっつけ右筈。 武蔵丸が押し返して右手を廻してから右差しにいくと、土佐ノ海は左に廻って引っ掛けを続け、 白房に手繰り出した。武蔵丸は無念や天を仰ぎ、落胆の色も濃く花道を下がり、復調ならず引退した。
  8日目 栃東(押し出し)栃乃洋
 栃東嫌って待った。頭で当たって栃東右おっつけ狙い。栃乃洋はいきなりは差さず、突っ張った。 栃東は宛がって防ぎ左を覗かせ、栃乃洋が左半身になって右おっつけ、そして左を差すところ、栃東右の外筈となった。 栃乃洋は見る間に浮き上がって左足も上がり、肩透かし気味に叩いた。栃東は勢いよく右外筈左筈で一気に押し出した。 スッと入った右外筈に力を込めたようには感ぜられないが、実は峻烈だった。足腰の立て直しがよほどうまくいったと見える。
 12日目 豪風(反則)朝赤龍
 当たりはほぼ互角だったが朝赤龍早くも右を首にかけて引いた。豪風は左筈右で肩を押して黒房に進み、叩いた。 朝赤龍は左筈で押し返したが、すぐに右で頭を叩き、髷に掛かったのでどうにか抜いて再度叩いて転がしたが、物言い。 聊か長い協議で反則を取られて朝赤龍の負け。 7月の朝青龍やこの場所 2回反則の五城楼ほど悪辣ではなかったが、髷を引いたことによって豪風がすっ飛んでいるので仕方がない。 引いてばかりのつけというところか。
前画面に戻る