平成16年
○平成16年 1月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 15勝 5
 好調な力士として雅山・出島・垣添・武雄山の武蔵川勢に琴光喜・霜鳥といった面々が存在して相撲内容はなかなか良かったが、 朝青龍がさらに好調で、自在に相撲を取り切って一人突っ走ったために、優勝争いはなかった。大関陣もパッとせず、武双山は 8日目に左膝を痛めて休場した。
・優勝決定の一番 14日目 朝青龍(押し出し)千代大海
 懸賞27本。朝青龍立ってやり直し。朝青龍右で突いて左を差さんとすると、千代大海右おっつけ左で肩を突き上げ、突っ張らんとする。 朝青龍左でおっつけて防ぎ右から突き返した。千代大海は右足が大きく下がってつんのめった。朝青龍は左を覗かせた。 千代大海は構わず突いたが、朝青龍左に廻って左でおっつけ、右から突き放す。千代大海が右から突かんとすると、朝青龍左腕を張り手気味に大きく廻すや左を覗かせる。 千代大海が嫌って右でおっつけながら左で叩くと、朝青龍右から押していって青房に押し込み左筈で押し出した。
・好勝負
  5日目 朝赤龍(寄り切り)追風海

 追風海高く舞い上がって左に変わったが、狙った左上手はそもそも深く、しかも取れない。朝赤龍落ち着いて追風海に右を差させず左下手右上手を取ったが、 追風海も両廻しを引き、互いの顎に下に左肩を埋め合って止まった。動かざること 1分、朝赤龍引きつけて向正面に出んとしたが追風海も引きつけ返し、朝赤龍が左へ振ってまた止まった。 相変わらず胸は合っていない。時を経ること50秒弱、追風海西に出ると見せ左から捻りながら右上手投げを振るったが、朝赤龍引きつけて喰わず頭をつけんとするも追風海許さず、結局東西入れ替わって止まってしまった。 今度は30秒強、朝赤龍腰を入れて追風海の下手を切ったがすぐに取られ、次いで吊り身を見せると追風海左外掛けで堪え、またまた似たような体勢、両者上体をやや外側に傾げ、朝赤龍が正面を背にして止まった。 二度ほど両者相手の動きに反応するが、足は動かず土俵中央僅かに西寄り。ややあって追風海左から巻いて右上手投げを振らんとしたが朝赤龍動ぜず、土俵中央やや赤房寄り、追風海が赤房側で止まった。 時計係は出来山審判、数度時計を見やる。白房下は君ヶ浜審判、出来山審判に声をかける。出来山審判は正面に指で「四」を示す。九重審判長、これを受けて水入りの指示。 行司與之吉、力士のぐるりを廻って組み手の確認、次いで足の確認、足の位置に印をつけて、朝赤龍の逆足も記憶して、両者を分けた。 朝赤龍は訳も分からずキョロキョロしながら水桶に向かう。控えのうち水桶に近かったのは東がよう司、西が玉春日、よう司はすぐさま朝赤龍の許へ、玉春日はその次に追風海のところへ廻しを締め直しに動いた。 両者再登場、僅かに追風海が正面寄りにずれた感もあるが、ほぼ元に組み直されて取組再開。一呼吸して朝赤龍が廻しを切りにいって切れず、左へ振り、また廻しを切りにいったが切れない。またまた動かない。 朝赤龍今度こそ追風海の下手を切り、左下手から捻って頭をつけると、追風海左から巻いて応酬、朝赤龍が上手投げを見せると追風海左から起こして、黒房に向けて一煽りしてまた下手。 両者上体を水平近くに倒して機を窺う。追風海は左下手を離した。朝赤龍は前に出られず、上手から僅かに投げを打った。 追風海は左前褌を取った。上体がまた起きた。出来山審判、また時計を見始めた。このとき再開から 2分。数呼吸、追風海渾身の右上手投げで東へ振り飛ばし、左四つから東に寄って赤房に上手投げを打たんとしたが、 朝赤龍右上手を取り直して左下手投げ気味に引きつけて残し、右から出して追風海の上手を切り、向正面に向けて出し投げを打って崩し、追風海が残って左から叩いてまた左を入れんとすると、 朝赤龍左で肩を押しながら右おっつけで押さんとし、頭をつけて右上手左前褌を取り、追風海が片閂で起こさんと図ると朝赤龍左下手を深くし、一呼吸して赤房へ走った。 追風海は右へ捩じって左から掬おうとしたが、遂に寄り切られた。花道では栃栄が浴衣を羽織ってしゃがみ込んでいた。
  6日目 雅山(寄り切り)黒海
  7日目 貴ノ浪(上手出し投げ)黒海
  8日目 出島(押し出し)黒海

 グルジア産の怪力男として注目される白皙の偉材黒海が、元大関に連続してぶつけられ、玉砕した 3日間。最初は雅山戦。 黒海頭を下げて当たり右喉輪で押し上げんとしたが雅山当たり勝って突っ張る。黒海も突き返して突っ張り合い、雅山左筈右喉輪で青房に攻め、 左差し右おっつけで攻め切らんとしたが右が甘く、黒海左差しから右を開いて首根を突き落とすと、雅山前に倒されたが、先に黒海飛び出した。 翌日は貴ノ浪戦、かの特異な相撲に黒海挑んだが、完全に料理された。呼吸合わず黒海突っかけやり直し。 黒海左でかち上げながら右喉輪で突き上げんとしたがが貴ノ浪右から引っ張り込まんとすると黒海左下手を取って応じてしまった。 貴ノ浪は右で抱え上げながら左でおっつける。黒海頭を下げ、右を抜いて前褌を引き、機を見て赤房へ走らんとしたが、 貴ノ浪左を捻じ込んで黒海の右を切り、残すや肩越しに右上手を取った。黒海は左下手を離して右へ廻って上手を切らんとしたが、貴ノ浪上手を放さず豪快に大逆手を振って赤房へぶん廻し、 黒海が辛うじて残って左下手投げを打たんとすると、貴ノ浪左へ動いて右上手投げから掴み上げ、黒海が右手で膝を取らんとして果たせず崩れると、貴ノ浪右からの出し投げに続けて青房に這わせた。 中日、黒海が一番面喰らったのがこの出島戦だった。黒海頭を下げて右で踏み込み右から突き上げんとしたが、出島は突っ込んで左おっつけ右を覗かせ、黒海が左を捻じ込まんとすると、出島左筈右おっつけで攻め込み左筈で白房に押し出した。 黒海全く呆気に取られたような表情。
  9日目 霜鳥(掬い投げ)出島
 霜鳥は右差し左から引っ張り込んだ。出島は左から攻めながら一気に出たが、霜鳥西で右から大きく掬った。出島は完全に裏返り、左腕を霜鳥の首にかけて右下手を逆手に取って懸命に頑張り、 後ろ靠れに預けると、霜鳥は赤房方向によろめき、左後方に飛び倒れながら辛うじて右の突き落とし気味に掬いを続けた。 攻め手だった出島は、足先が上がった上に尻から先に落ちた。霜鳥の体勢はかなり崩れて後ろに飛んでいたが、出島の上で辛勝。
 14日目 琴光喜(押し倒し)黒海
 黒海とんでもなく早くやり直し。二度目は琴光喜もやや遅くやり直し。琴光喜が踏み込むと黒海右筈左外筈で突き放し、なお両手で突き放さんとした。 琴光喜は素早く左に廻り込んで正面に動くや右を覗かせ体を寄せ、左外筈から左筈で突っ走り、東に押し倒した。この場所琴光喜13勝 2敗。
◎平成16年 3月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 15勝 6
 相撲内容は引き続いて良く、星争いも史上に稀な大激戦、11連勝が朝青龍・千代大海・魁皇・朝赤龍の 4人、このうち12連勝に伸ばしたのが魁皇を除く 3人、 最後には朝青龍が全勝で、残る 3人は13勝という驚くべき本場所となった。他の大関は武双山は勝ち越したが栃東は左肩の骨折で途中休場した。
・優勝決定の一番 千秋楽 朝青龍(引き落とし)千代大海
 32本というとんでもない数の懸賞がかかり、二度に分けないと土俵を廻り切れないというまさに春の椿事というべき、全勝と 1敗が当たる結びの一番。 千代大海頭で出て左喉輪右おっつけで押していこうとしたが、右で張って立った朝青龍は左を覗かせ右のおっつけで受け止め、足が流れた千代大海の左腕を手繰り、左に引き落とした。
・好勝負
  9日目 朝青龍(下手投げ)安美錦

 安美錦が頭を下げて出ると朝青龍右からは突き上げたが左腕を上げられた。安美錦は左右でおっつける。 朝青龍は左を入れたが安美錦は右上手、朝青龍は左筈で体を捻られる。朝青龍が安美錦の左腕を泉川に取っているうちに安美錦は赤房に上手投げで振り廻し、 朝青龍が堪えるところなお上手投げを続けたが、朝青龍右で安美錦の右膝を取り、投げの打ち合いにどうやら下手投げで投げ勝った。安美錦の光る好戦。 朝青龍唯一の苦戦というべき相撲。
 10日目 琴ノ若(上手投げ)高見盛
 立つなり右四つ、高見盛左を巻き替えて二本差し、左下手投げを打って赤房に出んとしたが、琴ノ若両上手を引きつけて右へ振り、 高見盛が真ん前に出んとすると琴ノ若また上手を引きつけて堪え、土俵中央に戻して覆い被さり、左へ右へと振ってから数十呼吸。 高見盛左下手投げで右に捻じると、琴ノ若残して引きつけ合い、また数十呼吸。高見盛引きつけんとしたが琴ノ若殆ど揺るがず、やや左に動いただけで止まった。 琴ノ若の右上手は伸びている。引きつけ合いこそすれ、まるで動かず機を窺い、立ち合いから 4分に垂んとするころ、互いに出んと引きつけ合い、僅かに琴ノ若の右足が上がったものの、均衡終に破れず水入りとなった。 西控えの貴ノ浪は素早く動いて琴ノ若の廻しを締める。東は千代天山が行うべきだが動きが鈍かった。 映像を見る限り締め直されていたが、貴乃花の如く動かないよりましとはいうものの、すぐに出ないというのも困った話である。 組み直して戦闘開始、高見盛は右腰を引いて上手を切ろうとしたが果たせない。ややあって琴ノ若がジリジリ出ると、高見盛右下手投げを打ったが、琴ノ若左上手投げに投げ出し、東に振り落とした。
 13日目 千代大海(押し出し)朝赤龍
 前日に魁皇を一瞬にして破った朝赤龍が、 2日連続の勝ちっ放し同士の相撲を、しかも大関を相手にして取るという大一番。 千代大海早くやり直し。朝赤龍踏み込んで左横褌を狙ったが千代大海突っ込んで細かく突っ張った。 朝赤龍堪えて左を入れんとすると千代大海左喉輪右おっつけ、次いで左で素首落としを引き、朝赤龍が残ると千代大海右喉輪、朝赤龍左おっつけで外し、張り手交じりの猛烈な突っ張り合い、 僅かに千代大海突き勝って正面に出ると朝赤龍右でおっつけて右に廻るや青房に出る。千代大海突き返して土俵中央西寄りまで盛り返し、左から素首を引く。 朝赤龍残して喉を突かんとする。千代大海右のおっつけで右に廻り、一度見合って千代大海右おっつけ左喉輪、朝赤龍左喉輪突き数回で応酬、千代大海はこれを右でおっつけ、 朝赤龍も右のおっつけの形で互いに頭をつけ合い、左で肩を押さえ合って遂に止まった。ここで館内湧き上がる。 機を窺って十数呼吸、朝赤龍振りほどいて廻しを狙うが千代大海形を変えず許さない。数呼吸、千代大海左へ叩きを見せ、間髪入れず左喉輪で押し、朝赤龍が俵に詰まって右から叩くところ、 千代大海左おっつけ右で腹を押し、雪崩れ込むようにして赤房に押し出した。まさに凄愴、月並みの「いい相撲」という表現では片づけられない熱闘だった。
 千秋楽 旭天鵬(寄り倒し)武雄山
 旭天鵬右で突いて左四つ右上手を狙ったが上手が取れない。武雄山頭をつけて右でおっつけるが、旭天鵬は左下手を浅く引き、右を喉輪にし、武雄山が右喉輪左おっつけを見せると旭天鵬右を差して左を引きつけながら赤房に出た。 武雄山が左から突き落とすと、旭天鵬は左へ転倒したが武雄山が早く飛んだ。軍配は旭天鵬、とてもとても微妙とは思えないが、三保ヶ関審判長をはじめとする審判団の判断はどうしたわけか取り直し。 今度は旭天鵬左から引っ張り込みにいくと武雄山右筈左おっつけで出んとしたが、旭天鵬は右下手を掴むや左上手をも取って一気に東に出た。武雄山が今度は体を廻して左突き落とし、旭天鵬は右を突きつけながら左手から、武雄山は左膝からそれぞれ落ち、軍配は武雄山で物言い。 旭天鵬が左手を着きかけて一度引っ込めたために極めて難しくなり、今度は無難な取り直し。 旭天鵬右で突いて左四つ、両廻しとも取れていないが、覗いた左を返し、右で抱えながら黒房に寄り、武雄山が左で掬おうとするところ、旭天鵬右を突きつけて寄り倒した。
×平成16年 5月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 13勝 2敗 7
 前場所とは大違い、活躍した人もそれなりにいたが実際は朝青龍と北勝力だけの場所で、相撲内容は初日をピークに下がっていってしまい、期待外れの場所に終わった。 幕内より十枚目のほうがかなり面白かった。栃東は左肩が治らず大関を陥落し、貴ノ浪が引退した。貴ノ浪の前日には若ノ城、翌日には濱ノ嶋と、幕内経験者 3人が連日引退していった。この場所から出世力士による親方胴上げが復活した。 年初より続いていた朝青龍の連勝は 5日目の35連勝で途切れた。殊勲甲の北勝力は初日の魁皇に始まり 2日目の武双山、 4日目の千代大海、さらに 6日目の朝青龍と、出場した横綱大関を総倒しにした。大関陣は大崩れし、武双山は負け越した。
・優勝決定の一番 決定戦 朝青龍(寄り切り)北勝力
 北勝力が両手突きを引っ込めて右に変わり気味に動いて右差し、朝青龍ついていって右筈左を巻き替え、右から引っ張り込んで左から掬い、両差しで黒房に寄り切った。
・好勝負
 初日 安美錦(押し倒し)追風海

 華麗な八艘飛び大失敗の記録。追風海上方やや左に舞い上がって左上手を取りにいったが安美錦落ち着いて突撃、正面審判長前に吹っ飛ばした。館内まさに哄笑が渦巻いた。 このあと、西控えの座蒲団が慌しく取り替えられ、西花道からチョコチョコチョコと土佐ノ海が小走りで現れ、一度控えに座った後、すぐに水つけにいった。
 初日 北勝力(押し出し)魁皇
  2日目 北勝力(押し出し)武双山
  4日目 北勝力(引き落とし)千代大海
  6日目 北勝力(押し倒し)朝青龍

 北勝力の大進軍の軌跡である。どの相撲も迫力に溢れていたが、特に上位を薙ぎ倒した全ての相撲を掲げる。 初日は魁皇。魁皇ひどく遅くやり直し。魁皇左で北勝力の右を宛がおうとしたが、北勝力が両手突きから右喉輪左筈で押すと、魁皇瞬く間に浮いていっぺんに黒房に押し出された。 これで、前場所の大勝で囁かれていた魁皇の横綱挑戦はほぼ失せた。翌日は武双山戦、北勝力が気負うところ武双山嫌ってやり直し。 北勝力やや早く立って両手突きから右左と喉輪突き、左喉輪右外筈で攻め、さらに右筈で赤房に押し切らんとした。武双山は左に逃れたが、北勝力なお左で胸を押して向正面に押し出した。 1日おいて千代大海戦。北勝力が早いのを千代大海一度嫌い、再度仕切りに入ったが、北勝力突っかけてやり直し。千代大海踏み込みがなく北勝力の両手突きで瞬く間に押し上げられ、 右喉輪で出てくる北勝力の右腕を左へ手繰って引き落とさんとしたが、北勝力は喉を攻めて左へ左へ出る。千代大海俵を伝って廻り込んだが、北勝力が左を開いて引くと、千代大海両手を着いて完敗。 千代大海はここから 3連敗、横綱挑戦の話はこれまた消え去った。かくして両大関への注目を自分に向けた北勝力は、高見盛を押し潰して 6日目、朝日将軍朝青龍と対した。 北勝力やや早く 2度やり直し。朝青龍右で張って両差しを狙ったが、踏み込み当たりともになく、上体をくれてやっただけだった。 北勝力は僅かに左で踏み込まんとしつつ右で突き、次いで二本覗かせるようにして朝青龍の両差しを阻みながら右後方に廻り、白房下で朝青龍の左前褌を切った。 朝青龍は右喉輪で押したが、北勝力はこれを左でおっつける。朝青龍が続けて左から引こうとしたところ、北勝力は左で廻しから脇腹を押しながら右を喉に宛がって右足から物凄い速さで疾駆した。 朝青龍慌てて北勝力の右腕を左へ引くが、北勝力は青房に追い込んで上から押し潰しの構え。 朝青龍反りながら今度は右へ捻らんとしたものの、北勝力堪えて右をグイと伸ばすと、これまで旭日冲天の勢を示した朝青龍、ここに落日。枯葉を巻くどころかまさに蹴立てるかの如き驀進、実に凄まじかった。 かくして朝青龍の連勝は35で終止符が打たれた。このまま北勝力は突っ走って優勝同点の星を残した。
  2日目 十文字(押し出し)貴ノ浪
 場所前に心不全で入院していた貴ノ浪は、実際のところ相撲どころの体調ではなかった。貴ノ浪右かち上げで立って右から抱え、左を入れんとしたが入らず、左に廻りながら右へ叩き続けたが、十文字の右喉輪に呆気なく黒房に飛び出した。 西で尻相撲に敗れた勘太夫が溜まりに飛び出し、下降期の貴乃花のように仰向けに引っ繰り返った。豪快無比の相撲で人々を瞠目させ続けた貴ノ浪は、行司に完勝した相撲を土産に引退した。
  8日目 豊ノ島(送り出し)安馬
 ことによるとこの場所の関取の相撲のなかで一番面白かったのは、十枚目のこの取組かもしれない。豊ノ島はこの場所関取になったばかり、第二検査による入門者初の関取である。 豊ノ島が左を差さんとするところ安馬これを阻み、豊ノ島が押して出ると安馬おっつけて攻め返し、豊ノ島が安馬の左腕を掴むと安馬頭をつけて右前褌を浅く取った。 安馬圧倒的優勢、機を見て引きつけ白房に出た。しかしここで右上手を深く後ろ褌に変えたところで安馬優勢は正しく暗転する。 豊ノ島は半身で上体こそ立っているが、左下手を引いた。尤も、左前褌を許し、頭もつけられたままなので、苦しいことに変わりはない。しかし命綱を引くことはできた。 安馬は出るに出られず、とうとうやってしまった。右巻き替え狙いだ。豊ノ島は左から出した。体が離れて押し合いになった。頭をつけ合った。 豊ノ島が左外筈で東に出た。安馬は下がりながら右喉輪を見せ、左を開いて廻った。豊ノ島はのめったが残し、左喉輪を右のおっつけで外した。 安馬なお猛攻、左筈右おっつけで攻めまくって右後ろ褌を取る。豊ノ島は文字通りの弓なりになった。安馬はしてやったりと思ったろう、右から出した。 誰もが決まったと見た。ところが豊ノ島の復元力は素晴らしかった。向き直るや、出てくる安馬を右へ引いた。安馬は泳がされ、西に送り出されたのであった。 なんとなんと物凄い相撲、必ずしも観客は多くなかったが、それでも拍手が鳴り渡った。
 千秋楽 豪風(一本背負い)金開山
 金開山が両前褌を狙うと豪風喉を突っ張る。金開山黒房に後退したが右に前褌を引き、堪えた。豪風は左でおっつける形になったが土俵中央に戻され、金開山の右下手を引っ担いで右へ捻りに捻った。 金開山は左で後ろ褌を取ったが振り廻され、腰をぶつけられて時計係審判の前に振り落とされた。発表された決まり手が一本背負いだったので珍決まり手の相撲として取り上げたが、二階席から見ている限りは腕捻りにしか見えなかった。
 千秋楽 朝青龍(寄り切り)千代大海
 記録を更新し続ける懸賞数、とうとう40本に達し、読み上げだけでも長ったらしかった結びの相撲、勝負は簡単。 千代大海踏み込みがなく両脇がら空きで朝青龍二本差し、右から左と下手を取り、右から引きつけ赤房に寄り出した。 懸賞最多記録更新という意味のみで、ここに取り上げた。
△平成16年 7月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 13勝 2敗 8
 序盤は朝青龍の独走気配だったが中盤になって相撲内容に崩れが見られ、とうとう11日目から連敗して聊か混迷の度を加え、 楽日に負けると 4人の決定戦というところまで落ち込んだが、どうやらこうやら逃げ切った。豊桜・朝赤龍・雅山・白鵬が活躍を見せ、 相撲内容はそれほどではないながらも終盤になってかなりの盛り上がりを見せた。それなのに、この場所の混乱が三賞の選考に負の影響を与え、 豊桜にしか賞がいかず、 8日目の結びの相撲とともに非難の対象となった。栃東が10勝して大関復帰を決めたが、武双山が左肩をまた痛めて、勝ち越しこそしてカド番を脱していたが、千秋楽を休場した。
・優勝決定の一番 千秋楽 朝青龍(寄り切り)魁皇
 魁皇左かち上げ気味に肩で当たると朝青龍踏み込んで体当たりしながら左を差し、右横褌を取って上手投げで振り、左を差して右下手から引きつけ青房に寄り切った。
・好勝負
  2日目 朝青龍(押し出し)黒海
  6日目 朝青龍(押し倒し)岩木山

 序盤は実に快調だった朝青龍、これに挑んでは跳ね返された刺客数名。この中から 2人を取り上げる。まずは初日若の里を吹っ飛ばして驚かれ、期待を持たれた黒海。 2日目結びの一番の横綱戦だが、朝青龍は素晴らしく強かった。 朝青龍右で張って左を入れんとしながら体当たり気味に出て腰を入れて押し上げ、黒海が右から突かんとするところ朝青龍左から撥き、一度突っ張り合い、二度目は朝青龍突かず掬い上げて左差し右おっつけ、西に急迫して右筈で押し出した。 強くて巧い朝青龍の盤石の構えを前にしては黒海は相撲を取れなかった。次いで 6日目の岩木山。いつもいつも二本差されてゴロリなので、喉を攻め立てる作戦で出たが、全く通用しなかった。 朝青龍右で張って両差しを一瞬狙い、岩木山が左筈右喉輪から突っ張ろうとすると朝青龍僅かに下がりながらも宛がい、岩木山がなお喉を押さんとして左で攻め、次いで右からというところ、 朝青龍左おっつけで空を切らせ、続けざまに両筈を伸ばせば、岩木山宙を舞って西に吹っ飛んだ。いかにしても構えが崩れず、従って岩木山には為す術がなかった。
  7日目 豊桜(突き落とし)白鵬
 白鵬が右差しを狙うところ豊桜右喉輪で押し、赤房下で突っ張らんとした。白鵬左右のおっつけで堪えて僅かに左に廻り、向正面白房方向に飛んで右で叩いた。 豊桜がよく残すと、白鵬さらに左に廻って叩き続け、左上手を欲しがったが届かない。豊桜残して左右で喉を押し上げる。白鵬は腰を備えておっつけんとしたが、腰を上げられて反らされた。 豊桜は左に廻って右へ引いた。白鵬は向正面に吹っ飛び、赤房下湊川審判にぶつかった。豊桜素晴らしく好調、三度目の入幕で12勝して敢闘賞を受けた。
  8日目 朝青龍(切り返し)琴ノ若
 好角家を愕然とさせた悪夢。琴ノ若右差しを狙って立つと朝青龍両差しを狙って胸から当たり左から右と入ったが、あまりにも真ん前にくっつきすぎた。 琴ノ若は右から左と上手を取った。朝青龍は西に寄っていったが琴ノ若が上手を引きつけると朝青龍は伸びてしまう。 次いで朝青龍は無理矢理右下手投げを打ったが、ここで琴ノ若が左上手投げに大きく返すと、右下手だけでしつっこくしがみついた朝青龍は裏返され、踵以外は土俵に落ちていないものの足先も上がって体に反りもなく明確な死に体、 ここで庄之助の軍配は当然極めて妥当に琴ノ若に上がり、それから琴ノ若の左手右膝、朝青龍の体の順で土俵に着いた。 しかしこんな相撲に物言いがつき、妙に長い協議の挙句に取り直しという最も意味の分からない結果となってしまった。 落ちる順だけしか考えないなら朝青龍の方が明確に遅いが、かなり早くに朝青龍の体は死に、物言いがつくこと自体が不可解ではあった。 取り直し、琴ノ若が同じように右差しを狙うと朝青龍左喉輪右おっつけで突き起こし、突っ張って正面黒房寄りに攻めて右前褌、 琴ノ若が左から引っ張り込むと朝青龍右下手を深くし、琴ノ若が左上手を肩越しに取ると朝青龍は右をもっと深くし、右足を飛ばして掛け反り気味に切り返した。 取り直しの判断も不可解なら、その説明も琴ノ若の手着きと朝青龍の落ちるのを比較するという大ミスで、採るべきところが何もないという惨憺たるもの。 土俵外下方からであれば見にくいということも分かるが、ならばそこからどのように見えれば死に体と言われるのかという発想を持つ必要があろう。 投げられて裏返っても廻しにしがみつくという基本に悖る身のこなしを見せた朝青龍が悪いということも言えるが、このしがみつきを技と解してしまうような弊風が出るようであればもっと悪い。 行司があまりにもかわいそうである。 1月の霜鳥−出島と比べると、霜鳥が今回の琴ノ若、出島が朝青龍に相当する。出島の靠れは多少効いていたが朝青龍の体勢は靠れとは取れず体が死んでいて、 しかも横ざまによろめいていた霜鳥よりも上から被さった琴ノ若の体勢がはるかに良く、さらに 1月の裁定は妥当だったことからして、 霜鳥より琴ノ若が勝り、出島より朝青龍が劣るため、琴ノ若の勝ちしかない相撲だった。
 11日目 栃東(押し倒し)朝青龍
 朝青龍が頭を下げて右で肩を突きながら左前褌を狙うところ、栃東踏み込んで低く当たり、左右のおっつけ。 朝青龍二本差さんとするが、栃東なお左右でおっつけて徐々に青房に攻め、次いで左で肩を押さえる。朝青龍は左が入らず、右おっつけから栃東の左腕を引っ掛けにいった。 栃東は体を寄せて右外筈で左へ押し込み、右足一本になる朝青龍を右外筈を伸ばして西へ押し飛ばした。朝青龍は中盤からバランスが崩れ始め、とうとうここで炭団を頂戴した。
 14日目 朝赤龍(下手投げ)白鵬
  3敗同士の生き残り戦だった。白鵬踏み込んで右差しを狙うところ、朝赤龍は左横褌を取った。 白鵬が左に廻ってこれを切り、右喉輪で押さえ、朝赤龍が左からおっつけを見せると白鵬叩きを見せるが朝赤龍全く動かず、離れて見合う形になり、白鵬から左で張って右を入れんとしたが朝赤龍左おっつけで許さず右から押し返し、 今度は朝赤龍飛び込まんとする。白鵬右後方に下がって入れさせず、白鵬が右で肩を押さえる形で探り合い。白鵬がやや出ると朝赤龍右から肩を押して攻め返し、また前の探り合いの形に戻って数呼吸、 白鵬左で前褌を狙って入ろうとしたが朝赤龍右筈で押さえて許さず元に戻り、次いで白鵬が右から押さんとすると朝赤龍左から去なしを見せたが、白鵬左四つ両廻しで頭をつけて赤房下で右から出す。 朝赤龍は左下手を引いて堪え、土俵中央に動く。白鵬の右上手はやや深い。数呼吸、白鵬頭をつけんとするが、上がる。朝赤龍は右で絞る。数呼吸、朝赤龍から右を巻き替えて右四つとなる。白鵬上手投げを見せるが朝赤龍動じない。 一呼吸、白鵬引きつけて出んとするところ朝赤龍引きつけ返し、右下手投げの強襲に打って出て豪快に裏返した。 白鵬は右四つになったが、朝赤龍が左に体を傾けて低く構えたのが良く、白鵬は右差し手が生きず、上から被さる恰好になって完全に充分にはなれなかった。
 14日目 栃東(引き落とし)雅山
 栃東左右を固めて踏み込むと雅山は両手突きから突っ張る。栃東はまず左おっつけで左に廻り、左右から挟みつけ、左喉輪右おっつけから突き返して向正面に攻め、一瞬右上手を狙う。雅山やや左に廻ってなおも突っ張る。 栃東は左去なし、雅山が突っ張ると栃東おっつけで寧ろ攻めて黒房に押し、左筈で右に押す。雅山は赤房に下がって左から去なし、喉を攻めて東に出んとする。栃東はこれを宛がい、雅山がさらに左から押さんとするところ、栃東右に廻って引き落とし、熱戦を制して大関復帰を決めた。
 千秋楽 雅山(押し出し)朝赤龍
 これも 3敗同士。朝赤龍踏み込んで左前褌を狙ったが、雅山やや下がりながらも両手で喉を押さえ込んで許さず、朝赤龍が右喉輪で押すと雅山左でおっつけて外し、朝赤龍が左前褌を探りながら右喉輪を見せると雅山右喉輪で攻め返し、見ながら喉を突っ張る。 朝赤龍はおっつけて応戦、左を差した。雅山はこれを極めるように小手に振り上げる。朝赤龍が嫌って抜くと雅山突っ張る。朝赤龍は右に廻って去なし、東に押そうとしたが、雅山向き直って左で顔を押し上げる。 土俵中央で少し止まり、また雅山突っ張って出んとする。朝赤龍は右喉輪で押さえながら左前褌を狙い、雅山がなお押して出んとするところ、朝赤龍右突き落としを見せながら左で頭を押さえ、白房下から向正面に廻った。 雅山左喉輪でついていって喉を突き、次いで突くと見せて左へ叩き、喉を攻めて赤房に出た。朝赤龍は左でおっつけ、次いで右喉輪で押し返し、互いに左で肩を押さえ合う形から、雅山が右おっつけから出る。朝赤龍が右下手を引くと雅山左上手を取って右四つ、朝赤龍の右下手投げに動ぜず東に出んとした。 朝赤龍残して左に体を傾け、左で雅山の右を殺そうとする。数呼吸、雅山がやおら左上手投げを打つと、朝赤龍は残して右足で手斧掛けか内掛けかに掛けんとして足をゆらゆらと出したが、雅山は右を喉輪にして赤房に出ていき、遂に寄り切った。
○平成16年 9月 優勝 大関 魁皇 博之 13勝 2敗 5
 横綱朝青龍は年初来稽古不足を囁かれていたが、この場所前は調整もが不足して乱れに乱れ、11日目までは 2敗でしがみついたものの、 関脇以上の相手に勝てず 9勝に終わった。千代大海も崩れ去り、栃東と武双山は途中休場となり、上位では魁皇だけがよく踏ん張り、12日目で唯一の 2敗力士となった。 他には若の里が久々に調子を上げ、出島や琴ノ若、旭鷲山などに活躍が見られ、さらに栃乃洋がその上を行って14日目まで 3敗で喰いついたが、千秋楽琴ノ若に投げ飛ばされて夢潰え、魁皇が賜盃を握った。
・優勝決定の一番 14日目 魁皇(上手投げ)若の里
 魁皇遅く若の里立ってやり直し。若の里両差し狙いで立つと、魁皇左差しを狙いながら、最近としては珍しくいきなり右上手を取りにいき、 若の里が浅く二本覗かせるところ、魁皇すぐさま右に廻って左で肩を押さえながら右上手投げを振るい、さらに若の里の右腕を巻き込みながら上手投げを連発すると、 差し手を深くすることができなかった若の里は全く為すところなく正面に振り倒された。ギラリ一閃、宝刀の右上手投げ、聊か強引ではあったが、土壇場でのこの斬れ味は見事の一語に尽きた。翌日栃乃洋が敗れて魁皇の優勝が決まった。
・好勝負
  4日目 栃乃洋(突き落とし)朝青龍

 朝青龍先に立って右で前褌を引き、頭をつけて左は筈から覗かせた。栃乃洋は左を入れんとして果たせず逆手の恰好、右で抱え上げる。 朝青龍は左が生きない状態で右から引きつけて白房に出ていかんとしたが、栃乃洋が右おっつけから突き落とすと、朝青龍は右足が捻じれて潰され、裏返された。 この場所の朝青龍は出足もなく、腰に粘りもなく、全くいいところなく終わった。逆に栃乃洋は11個目の金星を取り、優勝争い 2番手にまでのし上がっていった。
 12日目 若の里(寄り倒し)白鵬
 若の里両差し狙いで立つがやや高い。白鵬は左で踏み込んで左上手を取る。若の里はこれを切る。白鵬が正面を左に廻りながら引くと若の里突いて出んとする。 白鵬叩いて東に逃れ、また叩いて向正面に飛ぶ。若の里残して右差し、白鵬も右差し、白鵬が右へ巻くと若の里上手を取る。白鵬が左から抱えて足をはね上げながら右下手投げを打つと、若の里大きく傾いだが左上手投げに返し、殆ど同時に倒れたが白鵬だけが飛んだ。 従って軍配は若の里、粘ったのは白鵬ではなく若の里で、行司の裁きも極く妥当だが、物言いがついて取り直し。白鵬の勝ちだけはないという形だから、悪いとはいえない。 若の里が右の張り差しで立つと白鵬左に変わって上手を取りにいき、二本差されてあっという間に青房に寄り倒された。 調子を戻した若の里を相手に、白鵬は叩いて叩いて得意の形に組みついたがかわし切れず、取り直し後は最初からごまかしにいって惨敗した。
 12日目 雅山(押し出し)朝青龍
  1年ぶりに関脇に戻った雅山は場所前から高血圧が悪化し、場所序盤はフラフラで、この時点でもまだ黒星が先行していたが、横綱戦は実に巧く取った。 朝青龍右で喉を突きながら左を入れんとすると雅山は両手突きから右喉輪、朝青龍が左からおっつけると雅山体を寄せて右喉輪、朝青龍も右喉輪で互いに突き上げ、朝青龍が左を差して右上手を取らんとすると雅山左前褌を狙う形で許さず右上手を取り、 朝青龍の右巻き替えもおっつけて許さず、また朝青龍が上手を取りにくると雅山左を覗かせて左腰を引いて与えず、朝青龍が左から掬うその端、雅山は上手を離した。朝青龍は左腕が抜けて体が吹っ飛んだ。雅山はすかさず左喉輪で突き放し、突っ張って一気に白房に突き出した。 雅山は父の病状悪化(10月 3日死去)を聞いて奮起したものの如く、最後まで勝ち続けて 9勝まで星を伸ばした。 逆に朝青龍は年間最多勝記録の更新まで期待されていたが、最後まで負け続けて 6敗まで落ち込み、夢はうたかたの如く消え失せた。
 千秋楽 琴ノ若(上手投げ)栃乃洋
 栃乃洋先に待つと琴ノ若慎重に仕切り、琴ノ若の息で立った。栃乃洋当たって左を固め、入れんとすると、琴ノ若は左で張って右を固め、体当たり。 栃乃洋右から左と入れて両差しになったが、琴ノ若は左上手を取る。栃乃洋構わず赤房に寄り進むと、琴ノ若右から首捻りを見せて左へ廻り、さらに左へ左へ廻り込み、白房下で上手投げ、さらに西で上手投げを打つ。栃乃洋は残したが、琴ノ若が右でおっつけると栃乃洋は左腕を上げられた。琴ノ若は続けざまに右から強烈に巻いて左上手投げを放ち、豪快に投げ捨てた。栃乃洋土俵上で苦笑の体、ここに魁皇の優勝が決まった。
◎平成16年11月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 13勝 2敗 9
 武双山が力なく 3連敗して引退した。栃東も左肩の骨折で途中休場して大関を陥落、千代大海にしても左肘を主として故障だらけで負け越した。 朝青龍が10日目まで全勝で快走したが11日目白鵬に敗れ、この時点で若の里と白鵬も 1敗で並んでいた。 横綱を期待された魁皇は12日目に雅山に押し潰されて 3敗、朝青龍には勝ったが横綱は見送られた。 12日目、朝青龍は若の里を破り、白鵬はこの日から連敗し、朝青龍が逃げ切った。 雅山や琴ノ若も活躍し、相撲内容もあり、面白い場所だった。
・優勝決定の一番 14日目 朝青龍(寄り切り)千代大海
 千代大海左喉輪右おっつけも当たりが高く鈍い。朝青龍は踏み込んで左を差し、右前褌を狙う。 千代大海右に廻って右上手を取ると、朝青龍右上手を取って引きつけ、赤房に出て寄り切った。
・好勝負
  3日目 黒海(上手投げ)武双山

 武双山当たったが黒海が低く当たって左おっつけ右でも押すと武双山起こされ、右からおっつけんとしたが黒海突き放して赤房に攻める。 武双山堪えて左差し右おっつけの形になったが、黒海右上手から引っ張って左で頭を押さえると、武双山白房に投げ捨てられた。 馬力自慢の武双山が馬力自慢の黒海に完敗したことで、武双山は遂に土俵を諦めて引退した。
 10日目 白鵬(寄り倒し)魁皇
 11日目 白鵬(送り出し)朝青龍

 素質の高さに相撲内容が全く伴わず、入幕以来星だけを重ね続けていた白鵬が、この場所は変身して攻撃にも進境を見せた。 好角家を瞠目させるに足る 2番。白鵬合わせず魁皇立てずやり直し。白鵬が左前褌を狙うと魁皇右から突き放す。魁皇一度見てから肩を押し、白鵬の右腕を手繰り、 左右のおっつけで東に出ると、白鵬右でおっつけて右に廻る。魁皇蹈鞴を踏んでよろめき、白鵬が頭を下げて突いて出ると魁皇叩く。 白鵬がなお出んとて頭を下げると魁皇僅かに右へ引き、右で抱えて左を入れんとしたが、白鵬両差しになって出んとした。 魁皇は右で小手投げにいったが、白鵬左を突きつけて向正面に寄り倒した。大関の同門である白鵬としては恩返しに当たる一番となった。 明くる日は全勝の朝青龍戦。白鵬僅かに先に立つと朝青龍は両手突きを盛んに繰り出して黒房に攻め、右喉輪突き。 白鵬はね上げて残すと朝青龍左おっつけ右喉輪、白鵬が左足を俵に掛けて左右と張って攻め返す。朝青龍は右へ去なして両手突きで東に攻め、再度鉄砲を見舞わんとしたところ、 白鵬は赤房寄りにまで廻って左から去なした。朝青龍の視界は突然開け、送り出されて溜まりに沈んでしまった。 組みたくなかった朝青龍の意図は良かったものの、やってはいけない両手突きを連発して自爆した。
 13日目 琴欧州(押し倒し)白鵬
 白鵬あまり踏み込まず右喉輪を見せると琴欧州は左に飛んで去なしを見せ、白鵬残して突っ張ろうとすると琴欧州突き勝ち、白鵬が宛がって攻め返そうとすると琴欧州僅かに叩いて右四つ両廻しを先に取り、引きつけて上手投げを打とうとした。 白鵬右足を出して切り返そうとしたが琴欧州の引きつけが良くて腰が入る形になった。琴欧州は続けて右下手から呼び戻し、堪えんとする白鵬にさらに下手投げを見舞ってものの見事に叩きつけた。桁外れのスケール、白鵬は体が捻じれて吹っ飛んだ。
前画面に戻る