平成17年
×平成17年 1月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 15勝 10
 魁皇は10日目から休場し、若の里も崩れ、朝青龍が13日目の取組前に優勝を決めて全勝したが、内容が極めて良かったということもなく、 活躍力士は多くなく、相撲内容も乏しい上に尻すぼみで、殆ど見どころなく終わった。栃東は11勝で大関に再度戻ることになった。
・優勝決定の一番 12日目 朝青龍(押し出し)栃東
 朝青龍左手を全く着かず左でかち上げ、右絞りから右でおっつけ、栃東も頭を下げて右でおっつけ左筈の恰好になると朝青龍左腕を手繰って右上手を取りにいき、左筈から右筈で東に出て赤房に押し出した。 この場所の立ち合いは極めて悪く、それをこの一番が象徴していた。翌日白鵬が岩木山に惨敗したところで朝青龍の優勝が決まった。
・好勝負
 14日目 栃東(寄り切り)栃乃洋

 栃東踏み込んで左を覗かせ右おっつけ、栃乃洋が右を巻き替えると栃東左外筈から去なして左後ろ褌を取り、右も前褌を取って一気に向正面に運び、そのまま寄り切った。 これで栃東は史上初めて 2度目の大関返り咲きを決め、翌日も勝ったことで、大関陥落直後の関脇が初めて11勝を挙げた。
 千秋楽 朝青龍(送り出し)千代大海
 平凡なれど形容するに「間延び」の一語しか浮かばぬ最多の懸賞44本の読み上げの果てに迎えた結びの一番。 千代大海頭で当たらず左喉輪右おっつけの恰好で出たが頭のみか足も出ず、最初から腰が上がり、朝青龍が千代大海の左腕を手繰って右でおっつけると千代大海は空中を走るかの如くに泳がされ、左喉輪でよろめいた上に右につかれ、朝青龍の左上手出し投げで後ろにつかれ、左への送り投げから東に送り出された。 懸賞が多すぎ、その束は 2つに分けられ、これらが紙縒りで結わえられてあった。
×平成17年 3月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 14勝 1敗 11
 活躍を見せた力士を挙げれば土佐ノ海・露鵬・玉乃島・海鵬・安馬と浮かんではくるが、全体的には相撲内容はごくごく僅かな上昇にとどまり、今一つの場所だった。 朝青龍は序盤の素晴らしさが中盤からは失せ、次元の高い相撲ぶりではあるけれども朝青龍としては尻すぼみとなった。魁皇と栃東は10番にまとめたが千代大海はまたも負け越した。 4日目、春日錦の休場で不戦の触れが行われるべきところで呼び出しが呼び上げを始めてしまい、赤房から別の呼び出しが飛んできて引っ込めるという椿事があった。
・優勝決定の一番 14日目 朝青龍(下手投げ)魁皇
 魁皇左差し右上手を欲しがったが朝青龍は右横に足を出して右前褌を狙い、頭をつけて左を覗かせ、右で絞りながら左下手を探ったが、取れずと見て右を巻き替えにいく素振りを見せ、左を返して左下手を深く引き、左に廻って魁皇の右につき、魁皇が右から抱えると朝青龍は右で膝を押さえて左下手投げで投げ倒した。 相撲自体は考えたもので、右横に踏み込んで右前褌は取れるはずもないが、魁皇に上手を許さないという思想で一貫している分だけ横綱有利に展開でき、結果は良かった。廻しを初日来の金から黒に切り替えて臨む繊細さまでも見せたのに、勝ち名乗りまで左に切り替えるというズボラも併存するのは、悪い意味で朝青龍らしい。
・好勝負
  3日目 朝青龍(押し出し)琴光喜

 琴光喜右を固めてかち上げ気味に当たるがさほどの力はない。朝青龍右で張って左から突き放し、左喉輪で突き上げ、そのまま左喉輪で押し、右で喉を押して押し出した。 相撲はどうということもなかったが、朝青龍は受け取った懸賞を花道でつけ人に投げ渡してしまった。前場所楽日の大量の懸賞を指先でつまんで受け取ったことに非難が出たのはどうでもいいことだったが、 この日の投げ飛ばしはさすがにまずく、さらに全国中継されてしまったためにまた非難を受け、そのせいなのかは知らねども、翌日からは勝ち名乗りを受ける手をほぼ右に改めた。
  8日目 稀勢の里(寄り切り)安馬
 安馬低く突っ込んで左前褌を狙うと稀勢の里は両手で喉を押し上げんとしたが、安馬は左四つ両廻しを取って組んだ。稀勢の里も遅れて両廻しを引いたが、下手を深く取ったものの上手も深い。 安馬は上手側に体を倒し、一呼吸。稀勢の里が正面黒房寄りに出んとすると、安馬は左下手投げを打って頭をつける。稀勢の里の左下手は離れた。数十呼吸、稀勢の里左から起こして出んとしたが、安馬は頭を上げられたものの堪えた。 一呼吸、稀勢の里が上手を切らんとすると安馬は体を大きく開いて左下手投げで引っ張り、さらに下手投げを続けたが、稀勢の里残してがっぷりの左四つになる。稀勢の里は逆足。 数呼吸、稀勢の里が引きつけると安馬引きつけ返して左に振り、動きが止まる。次いで稀勢の里左を筈にして上手を切ると安馬は下手投げを打ち、右で稀勢の里の左を殺そうとする。 稀勢の里は右を引きつけて体を寄せながら左を差さんとし、窮屈ながら左前褌。安馬は右を逆手にして稀勢の里の廻しに上から指を突っ込んでいた。 数呼吸、安馬右の外掛けで仕掛けると、稀勢の里外して赤房に寄り、下手投げで逃れんとする安馬を左筈で寄り切った。力の入った熱闘。
 11日目 琴ノ若(突き倒し)稀勢の里
 琴ノ若が頭から出ると稀勢の里は琴ノ若の右腕を手繰って左に廻り、左おっつけ右筈で向正面に押す。琴ノ若が左に廻って叩くと稀勢の里頭を下げて出ながら右で琴ノ若の顔を突き、突っ張ろうとした。しかし琴ノ若左で張って右で喉を突き、左喉輪で大きく仰け反らせ、右から左の外筈で正面に豪快に突き倒した。 琴ノ若は顔を突かれて目を覚まし、自分の半分しかない年齢の相手を突き飛ばした。
 13日目 栃東(寄り倒し)朝青龍
 朝青龍右で肩を押さえながら左を覗かせ、右を捻じ込まんとしたが、栃東は右おっつけから割り込んで腕を返し、左上手を取った。 朝青龍は右下手を引いたが肩まで入らず窮屈、栃東が頭をつけると朝青龍は右半身になって左でおっつけ、次いで左を捻じ込んで二本入れ、相変わらず窮屈ながら白房に出ると、栃東は右でおっつけ、左の一重廻しを引きつけて堪え、また頭をつける。 栃東の右と朝青龍の左で差し手を争い、朝青龍が右足を内から出して脅かしながら左を無理矢理入れんとすると、栃東両上手を一重で引いて頭をつける。朝青龍一つ煽って差し手を深くしようとするが、右の窮屈さに変化はなく肩が使えず、左はやっと下手を取って白房に出るところ、栃東は両上手から引っ張って右足一本で堪えながら右上手投げ気味に打っ棄った。 朝青龍は自分の伸びた廻しで差し手が効かず、体を伸ばされて右手から落とされ、他方の栃東も左腕から落ち、軍配は朝青龍ながらすぐに西の松ヶ根審判から物言い。栃東の体は最後まであり、朝青龍の寄りは足が流されて殆ど効いておらず預けもない。 こうなるとどちらが先に落ちたのかということになってくるが優劣全くつけ難く、軍配が朝青龍に上がるのは無理もないこととはいえ、協議の結果は極めて妥当な取り直しとなった。朝青龍頭で出て右で肩を押さえ、左を外筈にして突き放し、栃東が左おっつけ右筈から左右のおっつけで堪えんとすると朝青龍は正面さして突っ張ろうとしたが栃東が全く起きない。 朝青龍焦れて土俵中央に下がりながら左で張り、栃東がなお頭を下げて右筈左おっつけの形にならんとすると、朝青龍右で張って左を入れたが、栃東は左でおっつけて前褌を狙った。朝青龍はなおさら焦れて栃東の左腕を手繰り、右上手を取ったが、この上手が廻しの端だったから致命傷になった。 栃東は左差しに入って右筈で青房に寄り迫り、朝青龍が左筈で起こして右へ打っ棄らんとするところ、栃東右筈の形で預けて寄り倒しに仕留めた。栃東の緻密な取り口、ここに復活。取り直し前後を通じ、朝青龍の強引さ、これまたここに復活。 攻めることも殆どできず、取り直し後は全ての攻めが粗雑に過ぎ、挙句の果てには礼すらもせず引き揚げ、支度部屋で不平を並べ立てた。
△平成17年 5月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 15勝 12
 最初は薄かった相撲内容がだんだん上がっていってかなりの盛り上がりが見られたが、千秋楽は息切れしてさっぱりだった。 朝青龍は特に危なげがなく、殆ど非の打ち所のない内容で全勝した。魁皇は 5連勝しながら左脇腹の肉離れで休場したが、 栃東は12勝を挙げてよく踏ん張り、千代大海は動き廻る相撲で10番勝った。琴光喜・琴ノ若・琴奨菊・旭鷲山・普天王といったところの活躍も収穫であった。
・優勝決定の一番 14日目 朝青龍(突き出し)千代大海
 懸賞42本。千代大海先に立って右かち上げ気味に体当たりし、朝青龍が右でおっつけると千代大海は細かく突っ張るが、朝青龍落ち着いて左筈、右で前褌を狙い、千代大海が嫌って僅かに白房に下がり、突き返さんとすると、朝青龍は左筈右おっつけで西に突き放し、両手突きから左で胸を突いて押し出した。
・好勝負
 初日 垣添(押し出し)琴欧州

 琴欧州左で突いて右を入れ、垣添が右で押しながら左を巻き替えると琴欧州右で一度おっつけたが、すぐに叩いて右喉輪で押され、左足を向正面白房寄りに踏み切って惨敗。 琴欧州そのまま左に廻って上手投げで垣添を投げたが、そこにいたのが錦太夫で、錦太夫は西花道へ逃げて転げ、土俵に上ると今度は右足で装束の裾を踏んで引っ繰り返り、軍配を上げることなく審判長の指示に基づいて垣添に勝ち名乗りを上げた。 裾が破れたため、錦太夫はこの一番のみで行司溜まりに退き、次の相撲の仕切り中には引き揚げた。
  3日目 出島(押し出し)朝赤龍
  2日目を無事に勤めた錦太夫であったが、試練は 1日おいてやってきた。朝赤龍踏み込んで左おっつけ右筈の形になったが出足がつかない。 出島が押し返さんとすると朝赤龍右に廻って引いた。出島頭を下げて追いかけ、朝赤龍が左で叩くと出島向正面に押し出した。 土俵下の錦太夫、慌ててもどうにもならず、逃げる遑もあらばこそ、足元には朝赤龍が、上体側には出島が降りかかり、右足親指を骨折した。 そのまま錦太夫は自分の 2番を裁いたが、翌日からは休場となった。
  7日目 琴春日(不戦)五城楼
 十枚目。五城楼の突っ張りは威力を欠き、琴春日は左右からおっつけて二本入れ、一つ煽って右下手を引き、黒房に出んとした。 五城楼はその出端を捉えて左から小手投げで振ったが、両膝を着いて右膝を俵に強打して立てず、軍配は五城楼で東からも西からも物言いがついた。 全くの同体で物言いは当然、取り直しも当然だったが、五城楼は立ち上がれず、頭の肩を借りている。 問題はここからで、西の入間川審判が五城楼の元へ行って話をした。次いで五城楼は黒房側通路から車椅子で引き揚げ、その間に時計係の中村審判が琴春日の元へ行って話をした。 そして協議が終わって結果が発表された。マイクの調子が悪くて押尾川審判長は難渋していたが、宣せられたのは五城楼再戦不能による琴春日の不戦勝。 平成11年 3月以降は一度行司が軍配を上げたならば、同体取り直しを取れない場合でも不戦勝負とすることになったという。 痛み分けは勝負の最中での負傷にのみ適用するという。では同体取り直しは勝負未決だから勝負の最中ではないのか。 取り直し前が勝負なしで終結したとして扱い、取り直したとみるならば、同じ取組を 2番行ったということになるから不自然なのだが。 上記の基準であれば現実に適用し得る事例などほぼ絶無ということになり、奇怪なることこの上ない。
  9日目 琴ノ若(上手投げ)安美錦
 琴ノ若右で張って左を差そうとし、安美錦が頭を下げて左筈右上手の恰好になると琴ノ若右で引っ張り込もうとしながら西に出る。 安美錦は左筈の押し上げで堪えるや体を開いて右上手投げ。琴ノ若左に体を寄せてついていき、左を抜いて右から抱え、左上手を狙う。 なおも頭をつけている安美錦は腰を振って上手を与えまいとしたが、琴ノ若は右上手。安美錦は左で前褌を引き、琴ノ若が左から引っ張り込むと安美錦は右下手を深くしたが、このとき琴ノ若左上手を引いて右を離した。 安美錦は右に廻って体を寄せ、右足を出して切り返そうとする。ところが琴ノ若がこれを残すなり上手投げに出た。 安美錦は下手投げに返そうとしたが果たせず、琴ノ若は顔から落ちて腹這い、安美錦は頭と左手から土俵に突っ込んででんぐり返り、 体勢的に琴ノ若がちょっとだけ良いのかなという感じで、城之介は軍配を琴ノ若に差しかけて安美錦にあげ、物言いがついた。 協議はやや長めだったが、安美錦の髷が先とのことで琴ノ若の勝ちとなった。 規則の上では(殆ど運用されていないようだが)「髷が一瞬先に着いても負けにならない」となってはいるが、髷から頭という順で連続して土俵に着いた場合はどう考えればよいものか。 見たところ同体が最も良かったような気がするが、体勢を考えたとき少なくとも安美錦の勝ちはないという恰好のため、琴ノ若の勝ちでもまあ悪くはないということになろうか。 それにしても琴ノ若の心意気の素晴らしさ。倒れかかる場合の「粘り」とはこういうものだ。横綱のように仰向けになるのとは全くの別もの。
 13日目 朝青龍(押し出し)白鵬
 白鵬右を固めて左でおっつける恰好を見せたが踏み込めず、朝青龍右喉輪左筈で突き放した。白鵬下がりながら右手を僅かに振って右を入れようとしたが、朝青龍はさらに左筈右喉輪で押し、白鵬が朝青龍の左腕を手繰ろうとするところ、朝青龍右足で堪えてそのまま押し出した。白鵬の手先の芸を横綱が全身全霊をもって粉砕した相撲。
 14日目 普天王(下手投げ)琴欧州
 普天王勢い良く出て左から入ると、琴欧州は右で上手を浅く引き、次いで左でおっつけて左を入れんとする。普天王左に体を寄せて下手を取ろうとすると、琴欧州は上手投げを連発したが、普天王は左下手を深く取ってついていき、反対に下手投げを打ち返して鮮やかに決めた。
 千秋楽 朝青龍(突き出し)栃東
 懸賞数だけ膨脹を続け、とうとう47本。栃東あまりにも早すぎてやり直し。二度目、栃東踏み込んだが朝青龍当たって左筈右で胸を押して攻め込み、突っ張って正面黒房寄りに突き出した。
×平成17年 7月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 13勝 2敗 13
 琴光喜が久々に大関への挑戦権を得て臨んだのにあえなく崩れ去り、代わって琴欧州が星を重ねた。 朝青龍は上ずった取り口が目立って出足もなく、11日目で 2敗して琴欧州に並ばれ、楽日に琴欧州が硬くなって敗れたために優勝こそしたものの、全くの不出来だった。 久々に優勝争いが千秋楽まで延びたために星争いの点では面白みが若干見られ、期待されてきた若手の力量が高まってきたが、全体の相撲内容はかなり薄っぺらだった。
・優勝決定の一番 千秋楽 若の里(引き落とし)琴欧州
             朝青龍(寄り倒し)栃東

 琴欧州は固まっていた。若の里右で張って両差し狙い、琴欧州が右を固めて阻むと若の里は突っ張る。琴欧州右へ引いて左に下がると、若の里は左筈になった。琴欧州は左足が流れ、つんのめって押し倒し気味に引き落とされた。 朝青龍は泰然としていた。朝青龍右で張って両差しを狙うと栃東は左右でおっつけるが、朝青龍は左を差して右で栃東の左を殺し、右に廻って引き、栃東が頭を下げて右でおっつけると朝青龍は右上手を引いて左四つに捕まえ、右の切り返しで脅かしながら青房に寄り、栃東が一度左足一本で堪えると朝青龍は左前褌を取り、青房に出て左を伸ばして寄り倒した。
・好勝負
  8日目 普天王(寄り倒し)白鵬

 勝ってはいるけれど攻めようとせず、素質の良さだけで期待を繋がれていた関脇白鵬と、左四つからの攻めに磨きがかかって 2大関を倒し、急激に期待が高まってきた普天王との一番。 普天王早くやり直し。白鵬左前褌が取れず、普天王当たって左のおっつけで白鵬に右差しを許さない。白鵬はすぐに左に変わって首根を引く。 普天王は右を覗かせてついていき、白鵬が突っ張って右でおっつけると普天王左を入れ、下手を取って向正面白房寄りで反り身ながらも堪え、土俵中央に戻る。 一呼吸して白鵬が右小手投げを見せると普天王正面黒房寄りに出ていき、左下手を大いに深くし、白鵬がさらに無理な右小手投げを打つと普天王左下手を突きつけながら体を預け、よろめく白鵬を東に寄り倒した。 普天王はますます快調、前場所来の変身ぶりは見事なものだった。逆に白鵬は遂に左足首を痛めたが、手先でごまかして下がってばかりのため、寧ろ当然という印象を残した。
  8日目 琴欧州(上手投げ)朝青龍
 11日目 黒海(引き落とし)朝青龍

 朝青龍の 2敗はいずれも物言い協議を伴ったが、その後の横綱の表情は全く別だった。まずは中日、朝青龍左を着かずに先に立ち、右で張って二本差しを狙い、次いで左外筈右喉輪で西に押したが、立ち遅れのはずの琴欧州が左右と前褌を引き、堪えた。 朝青龍は左突き落としのあと右でおっつけ、左を巻き替えたまではまだ悪くなかったが、反り身になって右から引っ張り込んで左から掬う悪手を披露。琴欧州は左下手を深々と取り、両廻しを引きつけて右から引きつけ、朝青龍がなお左掬い投げに拘ると琴欧州右足ではね上げ、体を預けながら右上手投げで捻じり倒した。 琴欧州に懸賞金が渡らんとしたところで物言いがついたが、流れは琴欧州で朝青龍の頭が落ちるのも早く、呆気ないくらいに協議も早く終わってしまった。朝青龍は止むを得ないとて苦笑いしていた。 ところが11日目はそんな余裕はなかった。朝青龍右で張って胸で当たったが踏み込みが弱くて腰高で、黒海が左でかち上げながら右でも押すと朝青龍はややよろめいた。黒海は両手突きで東に攻め立てる。 朝青龍は左のおっつけで左に逃れ、頭を下げ加減にして飛び込まんとすると、黒海は右後方に飛んで叩き、朝青龍がなおも見ながら左筈で出んとすると黒海は左腕を振り廻しながら先に西に下がり、朝青龍が右筈にならんとすると、黒海は右から突きながら左から素首落とし気味に引いた。 朝青龍は右足の送りが鈍く、足が揃ってつんのめり、懸命に両腕を引っ込めて胸から落ちたので軍配は貰ったが、黒海の右足は俵の中でクルリと廻って残っており、俵の向こうへいった左足も辛うじてまだ大丈夫で、どんなに甘く見ても取り直しが限度で朝青龍の勝ちはなく、さほど長くない協議の結果、果たせるかな差し違いとされた。 相手の足を見たつもり、勝ったつもりの朝青龍は支度部屋で例の如く激昂したという。冷静になってから元大鵬に電話で謝ったというが、それにしてもなかなか直らないものだ。
 10日目 琴欧州(押し出し)旭鷲山
 旭鷲山右で一突きしたが琴欧州左おっつけ右筈で西に出る。旭鷲山は下がりながら右で首根を突き落とすと、琴欧州は右で土俵を掃いた。旭鷲山はそれから西に飛び出したが、軍配は琴欧州に上がって物言いもつかなかった。誤判であることには変わりはないが、現場で見るのは恐らく相当難しいと思われる。 テレビ中継がなかなか面白い。正面解説舞の海「親方、手がちょっと早いかも知れないですねぇ」。向正面解説錣山(寺尾)「そうですねぇ、手ぇ早いですねぇ」。かくもはっきり言うはなかなか珍しい。
△平成17年 9月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 13勝 2敗 14
 滑り出しは上々だった相撲内容が後半に急落し、最終盤はあまりにもひどく、尻すぼみで終わった。 新関脇の琴欧州が派手ではないが堅実な相撲で12連勝と走ると、朝青龍は初日に敗れてヨタヨタした相撲を続け、その内容に相応しく11日目には 2敗となった。 下では稀勢の里が 3敗でくっつき、琴欧州が13日目朝青龍に敗れると、翌日には稀勢の里にまで琴欧州喰われ、結局朝青龍と琴欧州の決定戦を経て朝青龍が優勝ということになった。 活躍したのは他に玉乃島が挙げられるぐらいで、盛り上がりに相応しいほどの内容はなかった。千代大海はどうやら10勝に乗せたが、魁皇は出場すべき状態ではなく、案の定途中休場した。
・優勝決定の一番 決定戦 朝青龍(押し出し)琴欧州
 琴欧州上体を倒して右肩から出て両差しを狙うと朝青龍手繰り気味に左でおっつけて左に廻り、一つ突いて両筈左を伸ばして青房に押し出した。両者とも左の手着きなし。
・好勝負
 初日 普天王(寄り倒し)朝青龍

 普天王ほんの僅かに先に立って低く突っ込もうとしたが、左足が大きく流れて殆ど当たれなかった。朝青龍は右で張り、左肩から出て左差し、普天王が頭を下げて左前褌を狙うと朝青龍は払いのけて右前褌を取り、左を返して形を作った。 普天王は左下手を引き、これを徐々に深くする。朝青龍は右を引きつけて西に攻め入った。普天王は右足を俵に掛けて堪えるなり黒房に廻り、左への打っ棄り気味に捻る。朝青龍は体が流れ、右足でやっと堪えたが、普天王は上手を一枚取った。形勢は一変した。 朝青龍は土俵中央に戻ったものの、右上手を離して下手を切りにいき、切れないだけでなく左へ飛びながら左下手投げを打とうとした。普天王は両廻しを引きつけてどんどん寄り立てる。朝青龍はなおも右で絞りながら左下手投げを続けて赤房下から向正面、白房下、さらに黒房下と逃れたが、普天王は腹を突きつけてさらに寄った。 朝青龍は俵に詰まり、右上手を一本引いて右足で堪えながら左差し手を上げ、さらに左足で堪えて反り身になる。普天王は右上手を切られながらも止まらず煽った。朝青龍は左をやや深くし、右を開いて左突き落としに打開を図るが、普天王は左足で堪えながら右を外筈にして預け、ドッとばかり寄り倒した。
 11日目 玉乃島(突き落とし)稀勢の里
 互いに頭で当たり合って稀勢の里左筈右で肩を突き、玉乃島は左右のおっつけ、次いで左四つになって両者下手を引き、稀勢の里が右上手を狙いながら西に攻め、左下手投げを打ってなお右上手を欲しがると、玉乃島はさらに左へ廻って右でおっつけ、稀勢の里がなお右上手を欲しがりながら青房に出ると玉乃島右に廻り、 稀勢の里が上手を取ると玉乃島は黒房下を右に廻り、西で稀勢の里の寄りを堪えた。一呼吸して稀勢の里が再度西に寄ると、玉乃島は右から突き落として右に廻り、白房下に綺麗に転がした。いい相撲、玉乃島地力を発揮。
 11日目 安美錦(外掛け)朝青龍
 朝青龍右で突いて左からおっつけんとしたが踏み込みが鈍く、安美錦が左おっつけ右喉輪で突きっ放すと朝青龍は腰が砕けかかった。安美錦は右上手を引いて左筈で東に出る。朝青龍は右から絞って右に廻り、左差し手を上げて上手を切ったが、安美錦は頭をつけ、僅かに右へ頭捻りを見せ、朝青龍が浅い左差し手から掬おうとすると、 安美錦は右で抱えたまま右外掛け左筈を伸ばして東土俵に叩きつけた。朝青龍右の手着きなし。取りこぼしではない必然的な敗戦といえる。何度左掬い投げでコケれば気が済むのか。それでも従来は体を開こうとしていたが、今回なぞは足を揃えての腰砕けときている。大恥以外の何ものでもない。安美錦は昨春の惜敗の鬱憤を晴らした。
 12日目 琴欧州(上手投げ)北勝力
 琴欧州若干左足が流れたが両差しを狙って右下手を引き、北勝力が右で頭を押さえて左から去なすと、琴欧州左でおっつけて上手を引き、上手投げで転がした。これで琴欧州12連勝、新関脇での連勝記録を塗り替えた。
 13日目 朝青龍(首捻り)琴欧州
 全勝に 2敗の大勝負はこの日を象徴するような大凡戦に終わり、琴欧州に土がついた。両者とも左を着かずに立ち、琴欧州頭を下げて左前褌を狙うと朝青龍は左に立って左小手から振る。 琴欧州が残して頭を下げると朝青龍は両手をグルグル廻して叩くが、琴欧州は左上手を深く取った。朝青龍は外腕捻りの恰好で琴欧州の右を取り、逃れて頭を下げて両手で一突き、琴欧州が頭を下げて出てくると朝青龍は両手で叩き、左で上から首を抱え、右小手投げで這わせた。
 14日目 安馬(押し出し)時天空
 時天空が左横褌を取ると安馬は両筈から両差しになりかけて結局右がっぷり四つ、安馬は左に体を傾ける。両者引き付け合わんとして土俵中央で徐々に突っ立ち、時天空右の二枚蹴りを見せたが安馬左足を上げて許さず、安馬がまた上体を倒すと時天空は右内掛けが空を切り、引きつけ合ったもののまた数呼吸。 時天空引きつけるが安馬動かず、一呼吸して安馬が右で上手を切ろうとしながら左上手出し投げ気味に左に廻ると時天空は右内掛け狙い。安馬残してやや向正面に下がりながら右下手投げ。時天空堪えてまた数呼吸、時天空右内掛けに拘泥するが足が掛からない。ややあって安馬は右下手を離して左上手出し投げ。時天空残してまた止まる。 一呼吸して時天空は何の仕掛けもなくまた右の内掛け狙い。残した安馬も右足を出す。また止まって数呼吸、時天空珍しく左足を飛ばすが安馬動ぜず土俵中央。時天空右手斧掛け狙いに次いで左上手投げを見せたが安馬揺るがない。ここで時計係の湊川は右の挙手。これで水入り。 特に時天空には寄り身がないためやることがなく、安馬は両廻しをやってしまったため守るよりなく、果然長引いた。組み直しは稀に見る早さで戦闘再開。安馬引きつけんとすると時天空左上手投げで振る。安馬は一度頭が上がったが再び下げる。次いで時天空は一つ吠えて右内掛けにいったがうまく掛からず、安馬向正面に寄る。 時天空腰を下げて堪え、土俵中央。時天空左を巻き替えんとしたが隙間がなく、また左上手。安馬さらに上体を下げる。数呼吸、時天空一つ揺すって安馬の上手を切り、右腰を引いたがやはり上手を取られる。次いで時天空は左外掛けのあとまた吠えて吊り身に左上手投げを振ろうとする。安馬これも残して左に体を傾ける。 時天空は右二枚蹴りの恰好で足を当て、左に廻って安馬の上手を切り、一度左足を裾返し気味に出し、安馬が左前褌を探ると時天空は右で頭を押さえて左上手出し投げを打ち、安馬が残したところで右内掛けを狙ったが掛からなかった。安馬は一瞬両差し、時天空すぐに右を巻き替える。時天空は右内掛けにいくと見せ、左上手出し投げを打って左切り返し気味に足を出すが、安馬残して左後ろ褌を引くなり出す。 時天空が右内掛け狙いで右足を後ろに蹴上げると、安馬はそれを右足で蹴る。互いに残って安馬は時天空の右につき、両廻しとも切れた時天空が嫌って右で叩くところ、安馬頭を下げて黒房にとうとう押し出した。
 14日目 稀勢の里(押し出し)琴欧州
 琴欧州両差しを狙ったが稀勢の里は左右の外筈の恰好で挟みつけ、互いに左に廻って琴欧州は稀勢の里が飛び込むのを待ち、稀勢の里が頭を下げて右筈から出るのを受けて右から左と叩いたが、右足から土俵を割って惨敗。琴欧州のこの負けにより、この場所は混乱に陥った。
 千秋楽 朝青龍(押し倒し)栃東
 とうとう懸賞は水ぶくれの49本。朝青龍なりに左手を下ろしたつもりでも着かず、立って右で張りながら左でかち上げると、栃東は腰が入って右足が挫け、引っ繰り返った。栃東も左の手着きなし。相撲内容までは膨らまなかった。
○平成17年11月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 14勝 1敗 15
 当年中では最も相撲内容があり、活躍力士も増え、朝青龍が目指した七連覇と年六場所優勝と年間最多勝記録の更新の総てが14日目に果たされ、 琴欧州も11番勝って大関昇進を決定づけ、まずは万々歳の場所だった。優勝争いは全然なく、栃東が途中休場してしまったが、 千代大海が11勝し、魁皇も10番に乗せ、両大関は面目を保った。
・優勝決定の一番 14日目 朝青龍(寄り切り)魁皇
 朝青龍きちんと手を着いて立ち、右で踏み込んで右上手を取り、左を覗かせた。魁皇は左下手一本で右上手に届かない。朝青龍は上手投げで振り、魁皇が右でおっつけると朝青龍は左下手も浅く引き、魁皇が切ろうとすると朝青龍引きつけて腰を入れて赤房に寄り進み、寄り切って快勝した。狙い通りの完璧な内容であり、数々の記録を達成するに相応しい勝ち相撲を取った。朝青龍は翌日も勝って年間84勝という途方もない記録を残した。
・好勝負
  5日目 旭天鵬(反則)垣添

 旭天鵬が左で突いて右差しにいくと垣添当たるなり左から去なしながら右で頭を押さえて引き、そのまま青房に下がりつつ右でグイグイ髷を引っ張り、曲がりなりにも引き落として軍配のみか勝ち名乗りまで貰ってしまったが、 もう次の取組の呼び上げが始まらんとしたところで押尾川審判長から物言い、結局反則負けとなって一つの取組で両者に勝ち名乗りが上げられるという椿事となってしまった。最終的に行くべき方へ白星が行ったという点では是と言えるかもしれないが、 物言いのきっかけがビデオ室からの意見というところに重大な問題が存する。体裁上は審判長による物言いという恰好を取ってはいたものの、本来容喙の許されないところから発議されたのと変わるところがないのだから、あるはずのない権限が行使されたのと同じである。 由々しきことであり、禍根になりかねない。それにしても審判という部署は、足許を見るのが基本でありながら頭のてっぺんの反則まで見るのが理想と言われるとなると、なかなか酷な職務であるなぁという慨嘆を禁じ得ない。
  8日目 隆乃若(上手出し投げ)豊ノ島
 隆乃若右上手を取って右に廻り、左でも前褌を狙う。豊ノ島は両差しを狙い、なんとかこじ入れて右左と両下手。隆乃若は左前褌を引いて止まった。ややあって豊ノ島寄ろうとしたが隆乃若引きつけ返して動かず、早くも攻め手がなくなった。 数十呼吸の後豊ノ島は隆乃若の右上手を切ろうとするが切れない。一呼吸して豊ノ島がまた右上手を切ろうとすると隆乃若は右を巻き替えた。右のがっぷり四つ、引きつけ合いが二度。そして隆乃若が西に出んとすると豊ノ島は左に廻り、また隆乃若が青房と東に出ると豊ノ島いずれも堪えた。 豊ノ島は左に廻り、隆乃若が二度引きつけると豊ノ島堪える。隆乃若さらに向正面に出んとすると豊ノ島は左上手出し投げで応じて土俵中央に戻る。豊ノ島は右足を飛ばしたが隆乃若の足がなく不発。 隆乃若白房に出るも豊ノ島腰を下げて堪え、今度は黒房に隆乃若が出るのも堪え、隆乃若が右下手一本になって下手投げを打つと豊ノ島左外掛けで残して左上手を深くする。隆乃若は左上手を取り直して豊ノ島の左を切る。 豊ノ島は左を巻き替える。隆乃若はさらに右を巻き替え、豊ノ島が左おっつけで阻んだところで水入り。少し組み直しに時間を要したが戦闘再開、隆乃若右上手を浅く取って西に寄りを見せ、豊ノ島が左下手を狙おうとするところ、隆乃若右上手出し投げで這わせた。 この場所の隆乃若は初日を出すのにここまで苦労するような状態で、結局両膝の故障で最後まで務められず、幕内を明け渡した。
 10日目 十文字(押し出し)土佐ノ海
 十文字受けずやり直し。頭で当たり合って土佐ノ海僅かに当たり負け、右に廻って右外筈で押し上げんとしたが、十文字は頭を下げて両差し狙い、土佐ノ海次いで左でおっつけるが、十文字が突っ張って頭で当たり、喉を攻めて左を入れる。土佐ノ海は左へ叩き、右おっつけから突っ張って正面に出たが、十文字左から去なして崩し、右足が流れたが西に靠れ込まんとした。 土佐ノ海は下がりながら向き直って右足で残しながら叩き込んだが軍配は十文字に上がって物言いもなかった。十文字の右膝も右手も早く、土佐ノ海の辛勝が正当だったが、誰一人の目にもそう映らなかったというのは奇異なことであった。
 10日目 千代大海(押し出し)稀勢の里
 上位に上がって苦戦を強いられるも琴欧州をまた破った稀勢の里が、千代大海に挑んだ。互いに頭で当たり合って千代大海細かく突っ張り赤房に攻めると稀勢の里は左筈右おっつけで堪えた。 千代大海は右に廻って突き落とし、突っ張って左喉輪で押す。稀勢の里はたまらず東に引いた。千代大海は右おっつけで雪崩れ込んで押し出した。千代大海の取り口は盛りの頃の爆発的なものではないが、大関になる前の頃を思わせる颯爽たるものを感じさせた。
 12日目 琴欧州(寄り切り)白鵬
 白鵬先に立って左で張り、両差しを狙って両下手を取った。琴欧州は両上手を引いたが、すぐに右を巻き替えた。白鵬赤房に出たが琴欧州右に廻り込んで右のがっぷり四つ。形は白鵬の方がいいが琴欧州の右も肩近くまで入っている。 この恰好から白鵬は左上手投げを打って引きつけ返され、半ば腰が砕けた恰好で寄り詰められたが、それでも白房下でなお引きつけて右足一本で左上手投げ。琴欧州は右下手を引きつけて寄り倒しの構え。同時に飛んで同時に落ち、軍配は白鵬で物言い。 寄っていったのは琴欧州だが背を下にして落ちたのも琴欧州、よって全くの同体で、裁定も当然取り直しとなった。白鵬今度は左横に足を出して左上手を取りにいったが、琴欧州は右で踏み込んで右四つ両廻しを引いた。白鵬は上手が取れず、琴欧州が引きつけて出ると白鵬右下手投げを打とうとしたが呼び込み、白房に詰まってそのまま寄り切られた。 力の入った攻防でなかなかの好勝負を展開してくれたが、寄り切られた白鵬が土俵から落ちて右下手投げで琴欧州を観客の上に投げ捨て、器量の小ささを曝露した。琴欧州は取り直し前後ともに左の手着きなし。
 13日目 駿傑(送り出し)琴ノ若
 この場所中で佐渡ヶ嶽(琴櫻)は定年ということで、女婿琴ノ若の動向は注目されていたが、その定年の日がとうとうやってきた。 琴ノ若は数日前から息子を博多に呼び寄せており、この日の相撲を見せた。琴ノ若気合良く出て右手で突きながら左差しを狙った。ところが駿傑は右に立って右から撥いた。 琴ノ若は東土俵際で踏ん張って左で廻しを取ろうとしたが取れず、二本差されて送り出された。方法論としては誰か別の親方を師匠としてつなぐこともできたろうが、 この師弟はその手法を採らず、琴ノ若はこの相撲を最後に引退、すぐさま佐渡ヶ嶽を襲名した。
 13日目 琴欧州(寄り倒し)朝青龍
 朝青龍左横に踏み込んで右で肩を突きながら左で上手横褌を取ったが、琴欧州若干右に傾ぎながらも左右と足を出して左右の前褌狙いから右四つ両廻しを取る。朝青龍も右下手を引いたが、琴欧州先んじて赤房に寄った。朝青龍は廻しを引きつけて堪え、土俵中央近くまで戻したが、琴欧州再度引きつけて東土俵赤房寄りに迫り、朝青龍は弓なりになって右へ打っ棄ろうとすると、琴欧州左足で踏ん張って右を突きつけ豪快に寄り倒した。 横綱は気合とは裏腹に 3日連続のまずい立ち合いとなり、琴欧州の右殺しに失敗して無惨な敗衄を喫した。琴欧州は両廻しを捕まえて離さず、 2度目の寄りは朝青龍よりも廻しが若干下に入り、のしかかる恰好ではあったものの攻め切った。なお琴欧州は左手着きなし、朝青龍も恐らく左は着いていなかったろう。 この勝ちで琴欧州の大関昇進は確実となり、翌日も勝って11勝に乗せ、場所後の伝達式では新旧師匠に挟まれるという非常に珍しい光景を現出した。
前画面に戻る