平成18年
◎平成18年 1月 優勝 大関 栃東 大裕 14勝 1敗 3
 懸賞の読み上げで土俵進行に支障を来すような状態に陥ったため、とうとう各取組につき最高50本までという制限が加えられた。 土俵はいい相撲の多さが久々に目立つ場所となり、千代大海と魁皇の途中休場は目立たなかった。 中日で全勝は栃東と北勝力で、 9日目に栃東が雅山に敗れ、10日目に北勝力が時津海に敗れると、 1敗 3人で 2敗が 4人の激戦となった。 11日目に北桜が 3敗に下がり、12日目には朝青龍が白鵬に抛り飛ばされて右肘を痛め、翌日も敗れて 3敗に沈んでいった。 13日目は 2敗の白鵬が 1敗北勝力を破り、栃東は琴欧州に 3敗目を与えて栃東は 1敗で残る。14日目、白鵬が 2敗の時津海を破り、栃東は北勝力に勝っていよいよ千秋楽、 2敗の白鵬が琴欧州に勝ったものの、 1敗の栃東も朝青龍に快勝して栃東が優勝した。
・優勝決定の一番 千秋楽 栃東(上手出し投げ)朝青龍
 結び前で白鵬が琴欧州を破って 2敗で残っているが、栃東が横綱に圧勝して逃げ切った。 栃東先に仕切ろうとすると朝青龍仕切りに入れず待った。 2度目、朝青龍右、栃東は左から踏み込み、すぐに左四つになって栃東はもう右上手充分。 朝青龍は上手に手が掛からず、下手は引いたが、栃東が左下手取りをやめて左を返しながら前に体を寄せると朝青龍は上体が反って右おっつけもできず、上手が欲しくて腕を伸ばせど取りたい廻しは遥か彼方。 すると栃東、強烈な右上手投げの一撃を見舞った。朝青龍は両足ともに跳ね上がって体が海老反りになり、腹から土俵に叩きつけられた。「切れば血が出るような」という形容を与えたい鮮やかなる斬れ味、強い栃東ここにあり。
・好勝負
 初日 露鵬(上手投げ)琴欧州

 琴欧州頭を下げて左おっつけ右で突き、右で踏み込んだが、露鵬は左で踏み込んですぐさま左上手を引き、右を差した。琴欧州が右下手を引き、左上手を欲しがるところ、露鵬は上手投げ 2連発、新大関琴欧州は上手を取ったが巻き込まれて裏返されてしまった。
  2日目 露鵬(首投げ)岩木山
 露鵬左で張り気味に立って右でおっつけ、次いで頭を下げて左前褌を欲しがったが、岩木山が左から喉を押すと露鵬は引く。その背後で行司一童は足が揃って白房方向左後ろへゆっくり倒れる。岩木山はその間に右差し左筈の恰好になったが、露鵬が右から首投げを打つと岩木山は一童の前に叩きつけられた。 この場所で定年の木村一童は次の相撲こそ裁いたが、腰椎捻挫などで翌日から休場、結局 2日目が最後の裁きとなってしまった。とはいえ重ね餅になっていたらもっと大変なことになっていた。
  7日目 栃乃花(押し出し)白鵬
 栃乃花が頭を下げて立つと白鵬は右のかち上げで立ったが踏み込みが甘すぎ、左おっつけも効かなかった。栃乃花は最初左前褌を取ったあと、右を覗かせ左おっつけで出て左から小手に右へ捻じり、右筈左おっつけで正面に押す。白鵬は右半身に構えるがすぐに右を抜いてしまい、右の小手投げも残られ、左を入れたがこれもおっつけられ、左に飛んで右で叩いて左足が青房下に出て惨敗。 膝・右大腿・腰と痛めて辛酸を嘗めた栃乃花、再入幕 2場所目で魁皇と白鵬を倒し、星は伸びなかったが奮戦を見せた。全勝だった白鵬は実に白鵬らしい負け方だった。
  8日目 時津海(突き落とし)土佐ノ海
 再入幕で絶好調の時津海と、幕内陥落を避けるべく懸命の土佐ノ海の相撲。時津海右四つ狙いで胸を出すと、土佐ノ海は右で時津海の左を殺しながら左上手を取り、時津海が右下手一本引いて左でおっつけんとすると、土佐ノ海左上手投げで左に廻る。 時津海左で前褌を引いて両差し。時津海は上手を切りたいが切れず、右下手から捻って頭をつけ、次いで右下手投げを打ったが、呼び込んで東に寄られた。土佐ノ海は左上手を引きつけて東に寄ったが、時津海が俵に落とした右足を踏み切りと勘違いして相撲をやめてしまい、土俵の真ん中の右突き落としででんぐり返った。 「出たと思ったけど」と言ったほどの時津海はここから勝運にも乗り、土佐ノ海は急激に崩れて大敗した。
  8日目 栃東(押し倒し)白鵬
 白鵬一度おろした右手を引いてしまい立つ気なく、栃東嫌って待った。 2度目、栃東先に待つと白鵬立てず、まるで琴光喜のよう。 3度目、白鵬左を着かずに先に立ち、右で肩を押さえながら左でおっつけんとしたが、栃東大きくこそないが鋭く踏み込んで左おっつけ右筈に入った。 白鵬はあっさりと右左で叩き、栃東が左右のおっつけで真っ直ぐ出るところを白鵬覗いた右から掬い、突き落としに続けたが、先に体が死んで押し倒しの惨敗。先に立っておきながら旭鷲山に毛の生えた程度の立ち合いに終わり、そこに踏み込まれて馬脚を露した白鵬は相撲内容の悪さもさることながら、何日経っても自分が勝った気でおり、その往生際の悪さと基本の欠如には呆れさせられた。
 12日目 北桜(寄り切り)出島
 出島頭で出て左おっつけ右筈から右を入れるが、当たりが弱すぎた。北桜は右差しを狙いながら左かち上げ気味に立ってそのまま左で喉を押し上げ、右差し。出島が左の突き落としで左に廻ると、北桜ついていって左上手を取り、引きつけて赤房に出た。 出島が左おっつけで抗うと北桜左上手投げを見せる。出島こらえて左からおっつけると北桜再度出る。出島右下手投げで廻り込む。北桜残して右差し手を抜き、前褌。出島は左が死に、北桜の西への寄りを左に廻って凌ごうとしたが、北桜また引きつけて青房に寄り詰め、とうとう寄り切った。 再入幕の北桜は気合満点の相撲で若の里・時津海・出島と実力ある力士を薙ぎ倒し、 9番にとどまりはしたが強い印象を残した。
 12日目 白鵬(小手投げ)朝青龍
 やや白鵬早くやり直し。朝青龍左肩から当たって両差し狙い、白鵬左で踏み込みながら頭を下げて左前褌狙い、両者ともに狙い通りにはならず、白鵬は左でおっつけながら右を固めて朝青龍に左を差させず、朝青龍が右を多少覗かせただけで無理矢理左おっつけで出んとしたところ、白鵬片閂から勁烈極まりない小手投げの一撃で白房に粉砕し完勝。 朝青龍はあっさりと受け止められてしまい、両差し得意なのに腕を返すことを忘れて惨敗、どっちが横綱なのか分からなかった。朝青龍左手着きなし。 朝青龍は右上腕三頭筋を切り、翌日はヘナヘナと崩れ落ちて遂に白旗を揚げた。
 13日目 時津海(寄り倒し)垣添
 時津海が右差しを狙うと垣添巻き替えて両差し、時津海これを閂に極め、垣添が嫌って右を抜くと時津海右の小手投げ、次いで右筈左喉輪で西に押し、引いて右を差し、左上手を取る。垣添が左から思い切って小手投げを打つと、時津海左前褌を引きつけて堪え、そのまま青房に寄り詰め、ドッと寄り倒した。 時津海にしては珍しい豪快な力相撲、垣添も得意の恰好になれなかったなりに思い切った動きを見せて凄い相撲になった。
 13日目 栃東(押し出し)琴欧州
 琴欧州ゆっくり構えて立つなり左で張って右四つ狙い、栃東常の如く頭を下げて左おっつけ右筈から、琴欧州が左上手を取りにくるところ栃東左から去なした。琴欧州東に歩いて向き直ると、栃東両筈で青房に押した。琴欧州は左右でおっつけて堪えんとしたが左踵が土俵を割り、そのまま突き出されて惨敗。 琴欧州仕切りが稚拙で策まで看破され、あしらわれて完敗。栃東まさに冷静至極、上手さの粋。
 14日目 白鵬(上手投げ)時津海
     栃東(引き落とし)北勝力

  1敗と 2敗が絡む相撲 2番。まずは 2敗同士。時津海僅かに早く立って右四つ左上手を狙うと、白鵬左を着かずに立ち、左前褌を取って捕まえ、時津海が左上手を引いて右下手をも狙うと、白鵬左に廻って上手を切り、左足を内に入れて吊り身に引きつけ、白房に出て上手投げで転がした。 白鵬の左引きつけが強く、時津海は動けずに終わった。結び前は 1敗栃東に 2敗北勝力。栃東右差し左おっつけ狙いで立つと北勝力は左おっつけ右喉輪から右後ろに下がって右で押し上げんとし、次いで左喉輪。栃東がおっつけると、北勝力は左筈右喉輪から両手で突き放さんとする。 栃東は左後ろに下がって嫌い、北勝力の右喉輪を左おっつけで左に廻りながら凌ぎ、北勝力がなお突っ張ると栃東おっつけて左喉輪で黒房に出る。北勝力右に廻り込んで右おっつけで喉輪突きを外し、両者両手で一押しし合い、栃東の左突きを右おっつけで外した北勝力が右喉輪で一気に東に攻め込んで左でも喉を攻めんとすると、栃東左を開いて引き落とした。 最後まで栃東は冷静で無茶攻めをせず、最後は猛攻を受けたが、それでも落ち着いて払いのけた。栃東の右以外は手着きなし。朝青龍八連覇の野望は、横綱自身の相撲を前にしてブッツリと断ち切られた。
△平成18年 3月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 13勝 2敗 16
 白鵬一人の場所だったが、優勝したのは内容のない朝青龍だった。横綱のみならず全体の相撲内容も薄く、外面的な盛り上がりで持ちこたえただけだった。 横綱を狙った栃東は11日目で 3敗し、次場所持ち越しとなった。他の大関陣は全くパッとせず、久々に全員が勝ち越してめでたしめでたしといったところ。優勝同点の白鵬は大関に昇進した。
・優勝決定の一番 決定戦 朝青龍(下手投げ)白鵬
 両者立ち合いはさほど良くなく、朝青龍は右足を出して左おっつけ右の肩突き、白鵬は右足が流れて左の踏み込みが今一つで、左前褌狙いではなく左のおっつけ、そして両者左下手一本になって白鵬右おっつけ、朝青龍は右上手狙い。 朝青龍から右を巻き替えると白鵬も巻き替えてがっぷりの右四つ。白鵬引きつけて出んとすると朝青龍引きつけ返してやや黒房に寄り返し、互いに引きつけ合って朝青龍が白鵬の上手を切ろうとすると白鵬離さず、少し左に廻った。 朝青龍正面に寄ろうとすると白鵬引きつけて堪え、今度は白鵬やや右に廻ってから東に出んとしたが、朝青龍は土俵中央やや東寄りで打っ棄るような右下手投げを打ち、東に投げつけた。 両者とも立ち合いはしっくりいかなかったようだが、がっぷり右四つの力相撲を展開、四つの恰好も引きつけも朝青龍がやや勝っていた。
・好勝負
 初日 安馬(引っ掛け)魁皇

 魁皇左差し狙いで受けて立つと安馬右を着かずに立って左喉輪で突き起こさんとしたが、魁皇その腕を掴み、次いで左筈で青房に出んとした。 安馬は俵を背にして魁皇の左を引っ掛けるが、魁皇構わず後ろ靠れ気味に堪えんとし、魁皇は左足を大きく踏み切り、右足一本だった安馬も飛び、軍配は魁皇だったが物言い。 体勢的には魁皇やや有利だが体がなくなるのはほぼ同時、安馬に利はどこにもなく、取り直し以外には考えられないところで、物言いは長引かなかったまでは良かったが、安馬の足のどこが残っていたのか分からないのに差し違いにされてしまった。 魁皇は放駒新審判長に泣かされて初日に躓き、 9度目のカド番を初日からの 5連勝で先行して逃げ切った千代大海とは対照的に、同じ 9度目のカド番を低空飛行で苦しみ抜く破目になった。
 11日目 白鵬(上手出し投げ)朝青龍
 勝ちっ放し同士の対戦。白鵬左前褌を狙って立つと朝青龍右喉輪左前褌狙いから左を割り込み左四つ、白鵬は左前褌が取れなかったが左下手を引き、朝青龍が左下手を引くと白鵬は右を巻き替えんとしたが果たせず右おっつけ。 朝青龍は上手を狙ったが届かず、白鵬の左下手を切って右で絞る。白鵬右でおっつけて朝青龍の左下手を切り、左に廻って徐々に左を深くして返し、なおも右でおっつけて上手横褌を取る。 朝青龍左下手を取り、右で一重の上手前褌を取ったところ、白鵬右の上手出し投げを放ち、横綱を捻じ伏せた。立ち合いは全くの五分、朝青龍左四つに組み勝って下手を切りながら腕を返されて上体が反り、白鵬の左下手を嫌って腰と右足を引きすぎ、挙句には左肩を顎で極められて潰される完敗劇となった。 白鵬はこの完勝で大関昇進をほぼ確定させた。
 12日目 栃東(押し出し)白鵬
 白鵬勝手に立ってやり直し。 2度目も全く同じで白鵬さっさと突っ込み、一人で燃え上がって謝ることもなくやり直し。 3度目、白鵬やけに後方から立って左を取ろうとしたが、ただでさえ遠いのに踏み込みも鈍く、右はかち上げから入れんとしたはずなのにへのこ差し。 栃東は立つなり右手で白鵬の左手を止め、上体を丸めて左でおっつけ、右筈で攻めると、白鵬は突っ張るでもなく右から首を引く。栃東は右筈で青房に押し込む。白鵬左右のおっつけで押し返し、張り手交じりに突っ張ったが、手先だけで効く訳もなく、今度は両手で叩きにいった。 栃東は叩かれるより早く両筈に入り、正面に押し出し完勝。白鵬は仕切りの後には燃えカスになっていた。白鵬の連勝は栃東戦に挟まれた18戦で止まった。
 千秋楽 魁皇(寄り切り)白鵬
 互いに慎重を極めて白鵬から待った。魁皇の呼吸で立ち、白鵬が右手を着けずに立って左前褌を狙いながら右でおっつけると、魁皇踏み込みはなかったが右でおっつけ、右外筈でやや強引に青房に押し、右上手を取った。 白鵬は左下手を取って右でおっつけるが、魁皇寄りから上手投げで振り、右腰と右膝をぶつけて正面に寄り切った。白鵬左前褌を狙ったが魁皇の右攻めが強く、意外の左へのこ差しになって力負けした。予想外の魁皇勝ち越し劇の前に白鵬 2敗となり、次の次で朝青龍も脆敗し、本割は全く締まらない終わり方をした。
◎平成18年 5月 優勝 大関 白鵬 翔 14勝 1敗 1
 この一年間内容の伴わない土俵を続けてきた朝青龍が、 2日目に土俵から落ちて右肘を痛め早々と戦線離脱、足を引っ張る要素が一つ消えた。 栃東も左膝がパンクして 7日目から休場し、琴欧州はやっと 8番と不振をかこったが、魁皇と千代大海が僅かに調子を戻した。 白鵬と雅山を中心に場所は展開し、新入幕の把瑠都も絡み、賜盃は白鵬と雅山とが優勝決定戦を取って白鵬の手に帰した。 稀勢の里・琴奨菊・朝赤龍・旭鷲山の活躍もあって大いに盛り上がり、 1月に近い面白い場所になった。
・優勝決定の一番 決定戦 白鵬(寄り切り)雅山
 雅山両手突きで立って左四つを狙う意外な立ち合い、白鵬は予想外の左差し、右を入れんとすると雅山右小手投げを打つ。白鵬左を抜いて突っ張って白房に出ると雅山突き返すが、白鵬右おっつけで払って右左と廻しを取りにいき、左上手を取って反対側で差し手を争い右下手。 雅山は右下手一本。白鵬は少し上手投げを打ち、正面に吊り身に出んとする。雅山が堪えると白鵬慎重に構え、雅山は左おっつけから巻き替えんとするも無理。白鵬なお動かず、機を見て引きつけて正面に寄り、とうとう寄り切った。
・好勝負
  2日目 若の里(突き落とし)朝青龍

 朝青龍左拳を着かずに立って頭を下げ、右で肩を突きながら左を差しにいったが、角度はいいけれど当たりが強くなく、若の里は二本とも手首まで入れた。朝青龍は右で上手を浅く引き、左でおっつけて出んとしたが、若の里は覗いただけの左から力任せに起こしにいった。 朝青龍は足が伴わないまま強引に正面に攻め、右を離して喉輪の詰めで寄り切るつもりだった。ところが若の里はそのまま左から突き落としにいく。朝青龍は左足が遅れ、若の里を見ながら何とか左足一本で残らんとしたが、右足を高く蹴上げて左足まで飛び、土俵の縁に落ちた右膝を支点にして正面審判長の前に墜落、右手で支えんとして右腕を痛めた。 本土俵で痛がることが必ずしも珍しくはない横綱とはいえ、かなりひどい落ち方ではあり、果然痛がりようも弥増した。稽古不足を強引な攻めで糊塗せんとして覆い切れずに自爆、右肘内側側副靱帯損傷であえなく休場となった。
  3日目 白鵬(寄り切り)旭天鵬
 白鵬右をおろさずに立って左前褌を手先で取り、旭天鵬が右下手を探ると白鵬上手出し投げ気味に引きつけて右四つ両廻し、向正面に寄った。旭天鵬は右下手を引きつけて残したが、白鵬さらに両廻しを引きつけて右左と揺さぶりながら向正面赤房寄りに寄り切った。 白鵬は踏み込みが安定せず、左前褌狙いに前場所ほどの安定度がなく見劣りしたが、対処の適切さと高まった地力で星を重ねた。 ただ立ち合いに右手をおろしもしないで立つことが非常に多く、万全と言い難い相撲内容と相俟って印象を曇らせた。
  5日目 雅山(突き落とし)白鵬
 白鵬合わせずやり直し。雅山右筈左おっつけの恰好でやや左に立つと白鵬は先に右差しにいき、次いで左上手を浅く取った。雅山は右下手を浅く引いたが左で抱えるのみ。白鵬は左で引きつけて一度だけ赤房に出んとしたが、すぐに左から出して西に吹っ飛ばしにかかった。 ところが雅山全く泳がず向き直り、白鵬なお右四つ両廻しを再度取った瞬間、雅山は黒房下で左からの突き落とし、白鵬は右足を出しているときゆえ堪えられず、左肘から倒されて逆転負け。体勢的にはヒゲの伊之助事件に似ているが、白鵬があまりにもあっさり落ちてしまい、雅山の体は飛んでこそあれ白鵬を上から潰している以上、雅山をさした軍配は変わりようもなく、物言いは確認にとどまって終わった。 白鵬は自分の左投げを過信したようだが、大したことのない出し投げで雅山の体勢を全く崩せずにしまった。
 14日目 雅山(押し倒し)把瑠都
 絶好調の雅山と、新入幕でまだ 2敗の怪人把瑠都とが当たった好取組。雅山頭を下げず両手で突き放さんとすると把瑠都も両手突きの構えで左喉輪、これで白房に一つ突き放した。雅山が堪えて右喉輪左おっつけで押し返さんとすると、把瑠都は右から押すと見せて左で叩き、髷を引っ張った。 雅山よくついていって飛び込んだ。把瑠都は右上手を肩越しに取ろうとしたが届かず、早くも東の俵を背負い込んだ。雅山は右喉輪左で胸を押し、左筈をグイと伸ばしてものの見事に押し倒して仕留めた。丸い体の押し相撲にとっては理想の恰好、まさに具現して見せた。
×平成18年 7月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 14勝 1敗 17
 白鵬の横綱昇進と雅山の大関復帰に期待がかけられ、雅山は10勝に乗せて再昇進してもいい線には到達、 白鵬に至っては13勝にまで達し、昇進させるべき成績・内容を示したのに、いとも簡単に見送られた。朝青龍は右肘を庇う取り口が目立ち中盤まではあまり冴えず、 千代大海は復調したところで左膝を壊され、魁皇・栃東・琴欧州は 8〜 9勝がやっと。玉乃島や玉春日など数人は活躍を見せたが、 7日目には露鵬が取組後に激昂し、カメラマンを殴って負傷させた廉で翌日から 3日間の出場停止処分を受け、 ただでさえ相撲内容が薄いのに、足を引っ張る事象ばかり積み重なって惨憺たる本場所で終わった。
・優勝決定の一番 14日目 朝青龍(寄り切り)千代大海
 千代大海頭で当たらんとしながら右おっつけ左喉輪で突き起こさんとすると朝青龍は左四つ右前褌狙いが果たせず踏み込みもなかったが、右でおっつけて起こすや左四つに組む。千代大海が左下手を引いて右でおっつけ、朝青龍に両廻しとも許すまいとすると、朝青龍右で抱えて左掬い投げを打ち、右上手を引きつけるや向正面に寄って寄り切った。
・好勝負
  7日目 千代大海(押し出し)露鵬

 露鵬呼吸を合わせず千代大海立ってやり直し。露鵬左で張って右を差そうとすると千代大海やや左に廻りながら突っ張りを見せ、露鵬が引いて両手で叩くと千代大海両手で胸を突いて向正面に押し出した。 押し出された露鵬が未練がましく千代大海を睨めつけると千代大海は口で応酬、露鵬も言い返してさらに千代大海を睨み続け、礼も全くせずに負け残りで控えに座を占めて怒っていた。露鵬は打ち出し後に千代大海が入っていた風呂場に行ったが、そこで窓ガラスを右拳で割った。 結びで負けた白露山が兄を止めに入ったが、次いで勝負後に礼をしなかった件で審判部に呼ばれて九重審判長に注意された露鵬はなお激昂、退室時に写真を撮られた際に両掌で二カメラマンを引っ叩き、中日新聞社のカメラマンこそ負傷を免れたが、毎日新聞社の記者が顔面打撲を負った。 その間千代大海は理事室へ行き謝罪、それから露鵬も理事室で謝罪したが、結局翌日正午からの理事会で露鵬の出場停止 3日間が決定された。戦中の不当な出場停止と異なり、こればかりはやむを得ない処分であろう。
  9日目 雅山(叩き込み)白鵬
 初日に揃って躓いた両者、白鵬は立ち直って翌日から連勝したが、雅山はまだ彷徨い加減だった。ところがこの日は雅山の老獪な勘が冴え渡り、白鵬あえなく敗れ去った。 白鵬が右差し左から引っ張り込もうとすると、雅山は頭で出て左おっつけ右筈から右を差しにいき、白鵬に左をやらなかった。雅山が一瞬右を返すと白鵬は左おっつけで対抗したが、雅山はやおら右を抜いて喉を押し上げる。 白鵬は左下手に手を掛けたが左足が流れて足が揃った。雅山はすぐに右から突きながら左で叩き、そのまま頭を押さえつけて押し潰してしまった。
 10日目 十文字(反則)北勝力
 北勝力両手で突くなりすぐさま叩いた。十文字足を送れず右手からバッタリ。北勝力の左足が土俵を割ったので庄三郎の軍配は北勝力に上がったが、明らかに十文字の落ちるのが早く、微妙なところもないのに矢鱈に協議が長くかかり、出てきた結論は何と何と北勝力の髷引き負け。髷など勝負に全然影響してもいないのに、この程度で反則とは驚くばかり。 物言いの趣旨は同体だったはずで、どこから髷の件が紛れ込んだのか、しかもそれがなぜ是認されてしまったのか、疑問はますます深まるばかり。
 13日目 栃乃花(押し出し)安美錦
 問題点を含んだ相撲が続く。やや栃乃花遅く安美錦立ってやり直し。栃乃花左おっつけ右筈を狙うと安美錦右喉輪で押し上げ、左筈右おっつけ。栃乃花左を覗かせて返し、右でおっつける。安美錦が左に廻って右で叩くと栃乃花は左筈右外筈で出る。 安美錦は左に逃れんとして右爪先が踏み切った。安美錦はなお右に廻って西に下がり、右から素首を引き続けたが、栃乃花構わず右喉輪で西に押し倒した。勿論庄三郎の軍配は栃乃花で、正面の足跡を確認してまた栃乃花をさす。東の貴乃花からの物言いの形で協議、足跡の確認で問題なく栃乃花の勝ち。 本来であれば安美錦が踏み切った時点で正面の放駒か東の貴乃花から挙手があって然るべきところではあった。いずれにせよ、力士が力を抜かなかっただけ良かった。
 千秋楽 白鵬(寄り倒し)朝青龍
 朝青龍頭を下げて左廻しを狙いながら右で肩を突くと白鵬は右差し左おっつけ狙い、右四つになって朝青龍両廻しを引くや右を離して左上手出し投げを打つ。白鵬は左が取れず右下手一本で残し、左からおっつける。 朝青龍再度右を差し直して下手を引くが、同時に白鵬左上手を取る。土俵中央でがっぷり、朝青龍の上手がやや深い。白鵬赤房に寄る。朝青龍は吊り身に右へ振ろうとするが、白鵬残して向正面で引きつけ合い、白鵬が向正面に寄ると朝青龍は抜き上げるが、白鵬残してなお引きつける。 朝青龍は左に振ろうとするが白鵬動ぜず、上手を切ろうとする。朝青龍の上手は切れ、再度取るもなお遠くなり、左を巻き替える。白鵬は一瞬遅れたが赤房に寄り進み、朝青龍が両下手から右に打っ棄ろうとすると、白鵬のしかかって寄り倒した。
△平成18年 9月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 13勝 2敗 18
 活躍力士が何人もいたにしてはいい相撲が多くなく、横綱昇進を見送られた白鵬が初日から躓いて崩れてしまい、魁皇は腰が悪く、栃東も右膝強打で調子を落とし、 6日目に 1横綱 5大関が総倒れ、結局魁皇は翌日から休場した。 千代大海と琴欧洲がどうやら頑張って10勝し、千代大海は朝青龍に勝ったものの、内容尻すぼみの朝青龍が13勝で優勝してしまった。安馬が初日から 6連勝して序盤を引っ張り、11日目まで 1敗で残って粘ったが、白鵬・朝青龍・栃東に連敗して力尽きた。
・優勝決定の一番 13日目 朝青龍(寄り倒し)安馬
 朝青龍左で張りながら左に立って左上手を取り、上手投げを打って右を深くし、安馬が左上手を取って振ろうとするところ、朝青龍左で外枠に足を押さえながら渡し込み気味に向正面赤房寄りに寄り倒した。安馬、朝青龍の外連に敗れる。翌日安馬が栃東に突き落とされて朝青龍の優勝が決まった。
・好勝負
 初日 稀勢の里(突き落とし)白鵬

 白鵬左で張って右を差しにいき、稀勢の里が左おっつけ右喉輪で応戦すると白鵬左からおっつけて外し、右で一つ張るや右を覗かせ左で横褌を取りにいった。 そこで稀勢の里は先んじて左に変わり、右で頭を押さえながら左の突き落としに打って出ると、白鵬は足も出ず右の突きつけもなく、左の肩から先に墜落して惨敗した。 白鵬は踏み込んだものの腰が最初から高く、大きな踏み込みのくせに勢い良く走ろうとしたもので、果たせるかな勢い良く土俵にめり込んだ。 立ち合いにしても右を敢えておろさずに右差しを狙う薄汚い形に戻り、横綱候補としてはあまりにも恥ずかしい土俵姿を天下に示した。 そればかりか右膝を痛め、中盤以降はみるみる崩れた。
  6日目 安美錦(外掛け)白鵬
     稀勢の里(寄り倒し)朝青龍

 出てくる大関みな敗れ、残りは 2番、ところが白鵬は横綱候補の威厳を示すどころか、この場所猛威を振るった安美錦の外掛けの威力を天下に示すことになった。 白鵬自分だけの呼吸で立って両手突きで押し上げると安美錦は左おっつけから手繰り気味に左に廻る。白鵬は廻られながら右下手前褌を狙うも取れず、正面に突っ張って出た。 安美錦は忽ち後退したが、白鵬が出足を止めて左腕だけで上手を狙うので安美錦は左に廻って許さなかった。 白鵬は左が取れないのでなお手先で突っ張って東に出たが、安美錦は白鵬の右突き手を払い上げて右を覗かせた。 白鵬は左上手を狙ったが取れず、一度左小手から振り、次いで安美錦の右を泉川に抱えて振り廻そうとしたが、安美錦は大得意の右外掛けで朽木と化した白鵬を見事に倒した。 これで 5大関が総崩れとなり、結びは横綱朝青龍、内容がついてこようがこまいが兎に角勝って白星を掴むのがこの横綱の筈だったが、哀れ大波に呑み込まれていった。 朝青龍が左差し右前褌を狙うと、稀勢の里は踏み込みこそあまりなかったが激しく突っ込んで左差し、右上手左下手の順で取りながら東に寄って出た。 朝青龍は両廻しとも取れず右の小手投げで振るが、稀勢の里なお引きつけ、朝青龍が左下手を引いて堪えんとすると、稀勢の里休まず白房に向けて煽り続け、朝青龍の左下手投げを堪えて右を伸ばして溜まりに寄り倒した。 立ち合いの突っ込みがめっきり弱くなり、相手より一拍早く立つ狡猾ともいえる策でしのいでいる朝青龍が、相手と同時に立った上に左肩を出しただけでは、稀勢の里の猛攻に敵する術はなかった。 稀勢の里はすぐに左四つ両廻しを引けたが、そこで呼吸をおかなかったことが勝因。
 14日目 普天王(小手投げ)嘉風
 普天王右で張ったが嘉風両筈、次いで右喉輪で突き起こし、左喉輪突きから両筈に入ると見せてまともに引いた。 普天王両手突きで黒房に出ると、嘉風突き返して左で張り、普天王が東に下がって突っ張ろうとすると、嘉風身を沈めて両差しになるや青房に出た。 普天王が右から強引に小手に振ると、嘉風は東に振り飛ばされたが右足を徳俵に掛け寄り倒しの構え、普天王さらに左に振ると、嘉風は右で外枠に足を取りながら左を突きつけた。 嘉風は右膝から落ちているが、普天王の体がなくなるのが早く、軍配嘉風は至当だったのに、赤房の春日野審判から物言いがついて軍配を引っ繰り返されてしまった。普天王の勝ちだけはないはずなのに。
 14日目 千代大海(素首落とし)朝青龍
 朝青龍右手を出すと見せて引き、左横に足を出して左横褌を取りにいったが、千代大海も左に廻り、左喉輪。朝青龍手は出すが突っ張れず、千代大海いきなり左から素首を引いた。 朝青龍堪えるが右足が出ず、千代大海の突っ張りを左右から宛がい、右から首を捻りながら左を差して掬おうとしたが例によって体の開きがなく、千代大海右で抱えて出て左喉輪で突き放す。 赤房下、千代大海が右喉輪で突こうとすると朝青龍左から去なし、千代大海の左喉輪を両手で引っ外し、千代大海が青房に走って向き直ると、朝青龍大振りの左張り手、千代大海は左喉輪、 朝青龍右おっつけで外すが高く、朝青龍なお右左と張りまくると千代大海左喉輪で押し、僅かに東に突っ張り、朝青龍が右で肩を押すところ、千代大海左半身の恰好で白房に下がって左から素首を引き、白房の前に落とした。 朝青龍が一切礼もせずに下がり、千代大海が懸賞を両手にしかけたところで、赤房の中村審判の物言いが審判全員に伝わり、やっと協議。千代大海の左手で髷を引っ張っていたかが争点であったが、引いておらず軍配通り。 朝青龍の立ち合いが呆れるほどに崩れ、突っ張りも体をなしておらず、簡単に言えばまったくいいところがなく、惨憺たる相撲振りで千代大海につけ入られた。
 千秋楽 稀勢の里(不戦)普天王
 この日は 7勝 7敗で楽日を迎えた幕内力士 7人、直接対決はなかった。続々と出てきたが、敗れに敗れて 6連敗、最後の砦となったのは稀勢の里だった。 この日は普天王戦が組まれていたが、前日どういうわけか勝ちとされた強引な小手投げで右臀部を強打した普天王は、結局休場。他の 6人分の運を全部もらったような稀勢の里がただ一人勝ち越しを決め、殊勲賞も受けた。
 千秋楽 朝青龍(寄り倒し)白鵬
 結びは水ぶくれも極まった懸賞51本、50本の制限はあるが、当日に観客による投票で決まる森永賞もこの取組となったために、 1本の上乗せも認められた。 朝青龍右で突いて左上手を取りにいこうとしたが踏み込みが極めて鈍かった。白鵬も踏み込みはあまり良くなく、上手を上から取るが、朝青龍は右下手を取ってすぐに下手投げ、 白鵬が残して右差し手を深くしようとすると朝青龍左上手に手を掛け、白鵬が右下手を探ると朝青龍は上手を離して左から巻き込みながら右下手投げを打って左の巻き替えを狙う。 白鵬左を引きつけて右でおっつけんとすると朝青龍は左で前褌を引く。白鵬は右をこじ入れて下手を取るが、胸が合わない。 朝青龍が引きつけて青房に出んとすると白鵬堪えて右に廻るが、朝青龍左上手投げで振る。白鵬残して左に廻るが、朝青龍左から捻りながら引きつけて正面青房寄りに寄り、上手を深く取り直して寄り詰める。 白鵬が反りながら左に打っ棄ろうとすると、朝青龍定石通り左筈で突いて寄り倒した。
△平成18年11月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 15勝 19
 前場所より相撲自体は少し良くなったが、尻すぼみの日が多く、盛り上がらなかった。 白鵬が場所前に左足親指を骨折して休場となり、残る大関陣は 9〜10勝でまとめて中身もまあまあで存在感を見せたが、 朝青龍にはこの人らしい冴えが殆どなく、 1年半前の全勝を思い起こせばこの場所は見るも無惨、印象面で足を大きく引っ張った。 この消化不良を懸命に解消しようとして星も残した力士として、若手の豊真将や琴奨菊の名を挙げられるということを、せめてもの慰めとしよう。
・優勝決定の一番 14日目 朝青龍(下手出し投げ)琴欧洲
 琴欧洲は今場所からの改名。朝青龍両手で突いて左下手を取り、頭をつけて右で琴欧洲の左を殺し、次いで左下手出し投げで向正面に引っ張り、白房に下がってもう一度下手出し投げを続けて投げ捨てた。 琴欧洲の出足のなさに大いに救われた相撲、つまり最初の下手出し投げはまともすぎ、朝青龍の左投げの欠陥を曝露した。
・好勝負
  7日目 琴奨菊(寄り倒し)安馬

 安馬突っ込んで両手で喉を突き上げたが、琴奨菊はおっつけて全く動ぜず、安馬が突っ張りから右を差し込むと琴奨菊右差しで東に出る。 安馬が両廻しを引いて土俵中央に戻すと琴奨菊は安馬の右下手を切り、右半身になって左から絞り、やおら左でおっつけて東に迫り、上手を引いてなお攻め立て、安馬の右への打っ棄りを許さず寄り倒した。 琴奨菊は前日まで 1勝 5敗だったが、ここから勝ち続けて10勝、がぶり寄りが高い評価を受けた。
  7日目 魁皇(上手投げ)露鵬
 魁皇左四つを狙って立ったが踏み込みが良くなく、右かち上げ気味に立った露鵬の左喉輪で白房に下げられ左足も流れたが、露鵬が右差し左前褌狙いで出てくるところ魁皇右上手を取り、 左でおっつけながら体勢を取り戻して左四つ、露鵬が左下手を取ると、魁皇右上手投げの連発で向正面に無理矢理引っ張り、投げ捨てた。相撲自体がそんなに良いわけでもないが、魁皇らしい滅茶苦茶な取り口がいくらか見られ、初日からの 8連勝で飛ばして10勝した。
  8日目 朝青龍(蹴手繰り)稀勢の里
 稀勢の里が右筈の形で立つと朝青龍は左に逃げて右で頭を押さえながら、右足を飛ばして蹴手繰りで転がした。この日の朝青龍は嘗ての黒海や大関時代の武蔵丸のように片腕を下げた蹲踞でこけおどしでしかない威圧をし、立ってみればこの程度。 半端相撲の吉葉山ではあるまいし、朝青龍ともあろう者がこんな手まで用いて白星一つ挙げるのに汲々とするなんて、情けない限り。変化技を全く使わない横綱の方が珍しいという事実はあるにせよ、やはり首肯はしかねる。 朝青龍ともあろう者が、今さらこの手を動員せねばならぬとは、堕ちたものだ。蹲踞のだらしなさは翌日も同じ、ますます堕ちたものだ。
 14日目 豊真将(押し出し)玉春日
 豊真将左右からおっつける形で立つと玉春日左筈右喉輪で攻めようとしたが、豊真将堪えて左でおっつけ、右喉輪で押し上げて左を差しにいき、玉春日が右外筈から右おっつけ左筈の形になると豊真将なお動ぜず左おっつけ右筈、玉春日さらに左筈右で喉を押して向正面に出ると、豊真将左を差そうとし、左右からおっつける。 玉春日突き上げて両筈になろうとすると豊真将は頭を下げて左右のおっつけ、青房に出んとする。玉春日は右を覗かせて左で豊真将の右を殺そうとし、豊真将の押しを二度堪える。土俵中央で数呼吸、豊真将が出んとすると玉春日右に廻る。豊真将左で横褌を掴みかけるも取れず左の絞り。 さらに豊真将が左右のおっつけで正面に出ると、玉春日は右から巻いたが、豊真将残して左筈右で腹を押して東に押し出した。熱戦は豊真将自分の取り口で完勝。期待の若手豊真将は堂々の12勝、大いに気を吐いた。
前画面に戻る