平成19年
△平成19年 1月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 14勝 1敗 20
 栃東は前年末に左膝の手術を受け、出場に耐え得ない体調ながら皆勤して 5勝どまり。三役以上の誰もがパッとせず、14勝の朝青龍が 3日目に負けただけで優勝はしたが内容はなく、 また小結から幕内上位に集結した若手は目覚ましい奮闘を見せたものの、拮抗しすぎて星を喰い合ってしまい、結局は幕内下位で12勝した豊ノ島一人の場所というに近くなった。
・優勝決定の一番 14日目 朝青龍(吊り出し)栃東
 朝青龍右で突いて左前褌を狙うと栃東左でおっつけて左を入れんとし、朝青龍右からおっつけて割り込むと栃東やや深いが左上手を引いて右四つ、朝青龍右下手投げを二度打って右に廻り、左上手を狙うが届かない。 栃東が東に出んとすると朝青龍左上手を取って引きつけ返し、上手から右に振ろうとしたが、栃東堪える。一呼吸、朝青龍がのしかかって引きつけようとすると栃東腰を割って堪えるが、朝青龍東に出ながら腹に乗せ、腰が浮いたがどうやら吊り出した。
・好勝負
  3日目 出島(押し倒し)朝青龍

 朝青龍のこの日は土俵入りからおかしく、 2度目の右四股がなかなかできず、面目玉を失いお座なりな土俵入りに変じてとっとと引き揚げてしまったが、結びの一番に臨んだものの、やっぱりおかしいままだった。 朝青龍左差しを狙って左肩から出ようとしたが全く当たれず、出島突っ込んで右外筈、左筈から左喉輪で一気に青房に攻め込み、朝青龍が右おっつけで堪えんとすると出島さらに左喉輪を伸ばして追い込み、朝青龍が腰を落とすと、出島左筈右で胸を押して溜まりに叩きつけた。 朝青龍は先に待ち、左四つを狙いはしたものの、今場所は初日から踏み込みが良くなく、しかもこの日はほぼ真上に突っ立ち、一応腰が割れてはいたものの、簡単に砕かれた。負けた朝青龍は礼もせず土俵を下りた。 8日目の稀勢の里戦は蹲踞すらまともにやらず、天下の関取としては粗笨に過ぎて大恥を曝した。
  4日目 玉春日(首投げ)十文字
 十文字頭で当たると玉春日踏み込んで右筈左おっつけ、十文字右を開いて玉春日の右を手繰り、玉春日が向き直ると十文字左下手横褌を狙いながら右喉輪で向正面に押し込んだ。玉春日は赤房に下がり、胸やら腹やらを押されて右足一本になったが、反り身に堪えるや右から抱えて左の首投げを強襲、東に見事に投げ倒した。 前場所にもやっているとはいえ、玉春日のイメージにはおよそ似つかわしくない首投げであった。玉春日は初日から 7連勝、中日から崩れたが 9勝まで星を伸ばした。
  6日目 琴奨菊(押し出し)安馬
 安馬両手突きと見せて右に変わって上手を取り、上手投げを続けて振ったが、左差しの琴奨菊難なくついていきながら右もこじ入れんとし、安馬が左手を伸ばして琴奨菊の左膝を内枠に取ろうとするに一切構わず、琴奨菊右喉輪で一遍に起こして黒房に押し出した。 安馬の安易な取り口を木っ端微塵に粉砕した琴奨菊会心の取り口、琴奨菊は前場所の10勝に続いて筆頭で 9勝し、三役入りを確定させた。
 11日目 豊ノ島(外掛け)春日王
 豊ノ島が両差しを狙うと春日王飛びかかって左右から抱える恰好になり、右から小手に振ろうとしたが、豊ノ島が左で外掛けにいった。得たりや応と春日王、これを河津に切り返そうとしたが、これまた得たりや応と豊ノ島、さらに切り返して巧く勝った。 春日王は河津に掛けようとした足が掛からないうちに浮き上がって撃沈、この場所の春日王は猛烈な右小手投げと右の足技が冴え渡っていたが、豊ノ島はさらに上、両差し狙いから寄り身あり肩透かしあり、足技もあれば突き放しもあり、勝ちに勝って12勝を挙げた。
△平成19年 3月 優勝 大関 白鵬 翔 13勝 2敗 2
 栃東が序盤で 2勝できなければ引退すると明言したにもかかわらず、 7連勝で突っ走って10日目で勝ち越したが、高血圧で12日目から休場となり、脳梗塞痕まで発見されて力士生命を危ぶまれた。 序盤の相撲はなかなか良かったが呆気なく息切れを起こし、終盤など目も当てられぬ惨状、横綱大関陣の誰にも高い評価が与えられない状況で千代大海は負け越し、 8勝 7敗が 2人。若手が辛うじて活気を与えている状態である。 優勝争いは初日に負けた白鵬を、 2日目も負けた朝青龍が追いかける形、新入幕の栃煌山が終盤まで絡んで、見かけ上良い形ではあった。最後の 2日間で全てをぶち壊したが。 初日に木村正直が左足を踏まれて東に吹っ飛び、 6日目には式守勘太夫が裁きを終えて土俵から下がる際に滑り落ちた。相撲そのものよりもこちらのほうが印象を濃く残す。
・優勝決定の一番 千秋楽 朝青龍(叩き込み)千代大海
         決定戦 白鵬(叩き込み)朝青龍

 あえて楽日の朝青龍の相撲から挙げる。結びは、千代大海が低すぎたわけでもないが朝青龍さっさと右に飛んで両手で叩き込んだ。 この結果、この場所で定年となる33代庄之助の仕事が 1つ増えたわけであるが、中身はカラッポ。セカセカとした白鵬の仕切りに朝青龍 3度目の仕切りからはつき合わされる恰好、 そうかと思えば仕切り直しとなってから睨み合う本末転倒の挙措、空虚なままで時間いっぱい、朝青龍立ちはしたものの自分の狙いを表現する間もなく、尤も狙いがあったのかどうかさえ定かではないが、 兎も角白鵬は真上に立って両手で素首を押さえにきた。朝青龍は 2歩目の左足が送れず、左手をベッタリと着いて惨敗、白鵬の側も「惨勝」と言える結末。 白鵬の右、朝青龍の左手着きなし。ああ無様無様。最大の被害者はその場の観客ということになろうが、第二の被害者は庄之助。この名行司の末節に泥を塗った横綱大関には重大な責任があろう。
・好勝負
 初日 豊ノ島(下手投げ)琴欧洲

 琴欧洲が右で張って左四つ狙いで右上手を取ると豊ノ島は二本入れて左下手を深く取り、琴欧洲が左おっつけから左を割り込まんとした瞬間、豊ノ島は体を開いて搦み投げ気味に左下手投げを打ち、琴欧洲が左で豊ノ島の左足を取るに構わず、豪快に投げ捨てた。両者左の手着きなし。 前場所の大勝と、35cmの身長差で大いに期待された豊ノ島の琴欧洲戦、期待通りの戦果を挙げ、千代大海にも勝って勝ち越した。
 初日 時天空(送り倒し)朝青龍
  2日目 雅山(寄り倒し)朝青龍

 場所前は久々にそれなりの稽古をしたと伝えられた朝青龍だが、出だしは年来の稽古不足からいって当然としか言いようのない躓きようだった。 まず初日、朝青龍左手を着かず先に立って右で肩を突きながら左下手を狙って取ると、時天空は左下手を狙って立ち左を覗かせ、肩透かし気味に右で背中を押さえながら左に廻って左を返した。 朝青龍は左足が流れて全くついていけず、左下手も切れて逃げ切られ、背中につかれた。朝青龍は慌てふためいて青房から向正面に逃げ、時天空が左でしか廻しを取っていないので両手で時天空の右手を掴んで辛抱しようとしたが、時天空は左足で送り掛けのように足を飛ばす。 朝青龍これは許さずなお時天空の右手を掴んでいたが、左廻りに体を廻そうとして却って時天空に右でも廻しを取られ、左足で掛け投げにいこうとしたが寧ろ負けっぷりを派手にしただけで、正面黒房寄りに送り倒され哀れな敗北を喫した。 翌日、朝青龍右足を出して左差しを狙うが当たりはない。雅山が左筈右おっつけで立つと朝青龍右でおっつけるが、雅山突っ張って頭を下げる。朝青龍も頭を下げたが両足とも流れて泳ぐ。雅山はなお突っ張る。 朝青龍はおっつけるでもなく、僅かに喉輪突きを見せるが腕を払いのけるので手一杯になり、次いで右横褌に手を掛けるも一瞬で切れ、雅山の右腕を払いながら赤房に下がった。 雅山は右喉輪一本で押し込んだ。朝青龍は右喉輪で押し返そうとしたが、雅山は突っ張りから右で叩き、右筈で押す。朝青龍は右で叩きながら左に逃げ、雅山が右喉輪で預けるところ、その腕を引っ掛けようとしたが、雅山は左足一本で朝青龍に圧し掛かり、向正面に吹っ飛ばした。 朝青龍は上体で暴れながら下半身は飛び跳ねるバラバラの状態、雅山の得意の恰好を自ら引き出した。翌日から13連勝したけれど、足をただ出すだけの安易な立ち合いが多く、攻め手にも安易さが目立ち、気が乗れば相撲が荒れるだけで、中日には勝負がついてから稀勢の里を蹴る始末で、空疎がまさにピッタリな15日間を過ごした。
  7日目 安美錦(外掛け)高見盛
 安美錦右喉輪左おっつけから右を手繰り、右喉輪で突き上げて両差しになりかけたが、高見盛左で抱えて右でおっつけ、右前褌に手を掛ける。安美錦構わず左をこじ入れて高見盛の右を切り、左下手を取ると、高見盛右を巻き替えたが、安美錦左に廻って頭をつけ、肘を締める。 高見盛が右から起こそうとすると安美錦は左内掛けにいったが高見盛の脛に当たって掛からない。高見盛はなお右で起こそうとするが、安美錦右筈で押し上げ、なお頭を低くし、右前褌。 高見盛が左をこじ入れんとすると安美錦左を離して西に下がりながら巻き替え、左を返し、右上手から振る。高見盛右で安美錦の左を上げ、青房に出るが、安美錦左を差す。高見盛強引に左から起こして正面に出んとすると、安美錦は右上手投げを打とうとする。高見盛右喉輪で押して互いに残り、土俵中央。 安美錦は左四つ右上手で頭をつけている。高見盛は左下手一本で右は抱える恰好。安美錦左下手を引いて西に出んとし、高見盛が棒立ちで堪えると、安美錦右外掛けで浴びせ倒した。物凄い激闘、安美錦戦に最初勝ったあと10連敗の高見盛、また勝てず。
  8日目 北桜(寄り倒し)琉鵬
 十枚目のこの顔合わせ、前場所も時間前に立っているが、この場所はまさかの初ッ口だった。 琉鵬頭で出ると北桜突っ張って東に攻め立て右四つ、琉鵬が先に左上手を取ったが、北桜も上手を引き、左に廻る琉鵬を今度は正面に攻める。 琉鵬左を引きつけて体を入れ替えようとすると北桜右下手を取って堪え、上手を切って赤房に寄り立て、さらに白房に攻めて寄り倒した。 北桜といえば時間いっぱいの大量塩撒きなのであるが、それがなくても観客に損をさせない見事な気合相撲。 ちなみに翌日は普段通り大量に塩を撒いたが、相撲は一瞬で負けた。
 12日目 栃煌山(突き落とし)豊真将
 右おっつけか右四つ狙いが多い栃煌山が左を差そうとしながら右で喉を押す珍しい立ち合い。豊真将は左右のおっつけ、左に廻って左を差し、右でおっつけようとしたが、栃煌山左差し右外筈で煽りながら向正面に攻め、右から突き落として豪快に豊真将を一転させた。 粘り強い足腰の豊真将をも呑み込む栃煌山のおっつけと足腰。
○平成19年 5月 優勝 大関 白鵬 翔 15勝 3
 大関栃東は結局引退を決意し、場所前に年寄栃東となった。久々に相撲内容が良く、上位に進出した若手は軒並み負け越したものの、魅力ある土俵を務めて彩りを添えた。 6日目で勝ちっ放しが 7人もあり、これは15日制下で最高の記録となった。翌日で 5人に絞られ、 8日目で 4人、そして 9日目で横綱朝青龍と大関白鵬だけが残った。 10日目、朝青龍が安美錦に真っ直ぐ運び去られ、相撲そのものは崩れっ放しだった朝青龍が12日目から星をも崩して白鵬の天下。12日目時点で 2敗は 5人もいたが 1敗は既におらず、 中盤までさほどいい相撲でなかったのに終盤に調子を上げた白鵬が14日目に優勝を決め、そのまま全勝で横綱に推挙された。 11日目、皇司に突き落とされた春日錦が土俵を転がると、行司木村和一郎が巻き込まれて西の溜まりに追い落とされ、土俵に戻ったものの右脹脛の負傷で転んでしまい、 諦めて勝ち名乗りを控えの式守錦太夫に代行してもらい、自分は呼出に抱えられながら東花道を退場していった。
・優勝決定の一番 14日目 白鵬(寄り切り)千代大海
 白鵬やや早く立って右差し左前褌狙い、千代大海頭を下げて左肩から当たって突っ張る。白鵬が宛がうと千代大海なお突っ張るが、白鵬やや右に廻って挟みつけ、千代大海が左筈から右喉輪で正面に押していくと、白鵬おっつけて右から入り両差し、千代大海が右で喉を押しながら右に廻ろうとすると白鵬左下手を深く取って右で前褌を引いたが、ここで吊り落としだか呼び戻しだか分からない中途半端にも程があるような技に打って出て残され、体が離れる。 千代大海が向き直ると白鵬慌てて左で一つ張って両差しになり、正面に寄り切った。強いところと当てにならないところとがいっぺんに出た、ピンとこない相撲。
・好勝負
  4日目 普天王(寄り切り)春日錦

 普天王先に立って両差しを狙うが、春日錦低く出て左から強くおっつけ左四つ右上手、上手投げで大きく振り廻して左下手も取るが、普天王も右上手を取る。土俵中央で普天王は上手を切ろうとし、次いで下手を切り、赤房に出る。 春日錦は左を抜いて上手を探り、両上手を引きつけて正面に寄る。普天王が右下手投げで振り出そうとすると、春日錦堪えて寄り切ろうとし、普天王がなお堪えると、春日錦は左を離して右上手投げを打つ。普天王が残したところで玉治郎飛び込んで廻し待った。 さらに普天王の額からの出血で呼出が上がって互いの顔を拭く。その間に普天王の右足が前に出る。玉治郎は春日錦の廻しを直す。次いで九重審判長の指示で玉治郎が普天王に「大丈夫か」と聞き、さらに九重審判長は普天王の右足を下げるよう指示を重ね、ここで勝負再開。 春日錦右上手投げ気味に右に廻って左でおっつけると、普天王両下手を引きつけて西に寄り、寄り切った。普天王の立ち合いが早すぎて却って危ない恰好になったが、持ちこたえた。熱戦。
  7日目 魁皇(押し倒し)豊真将
 豊真将突っかけてやり直し。魁皇右で張って両差し狙いから右で抱え、豊真将が左を抜こうとすると魁皇なかなか許さず、それでも豊真将左を抜くと魁皇右腕で喉を押し、また右で抱える。豊真将嫌って右おっつけで去なすと、魁皇残して右で叩き、豊真将がなお東から赤房に押して出ると魁皇右張り手から右を差して返し、左筈右喉輪から右筈左で胸を押して正面にやおら攻め返し、豊真将が左腕を手繰ろうとすると魁皇走って黒房に押し倒した。豊真将左の手着きなし。 この場所の魁皇は、左四つの相撲こそあまり出なかったが、体のこなしが良く、小手投げの峻烈さも久々に披露して、好調な土俵を展開した。
  8日目 玉春日(押し倒し)春日錦
 互いに頭で出て玉春日左おっつけ右喉輪から左に引くと、春日錦残って左右のおっつけから突っ張って正面に出る。玉春日右から去なし、両筈から右筈左おっつけ、春日錦が引くと玉春日東に出て両筈から左喉輪、春日錦が右でおっつければ玉春日は右から突き落とすが、春日錦左おっつけ右喉輪。 玉春日は赤房下を右に廻って春日錦の左を引っ掛け、当たって両手突きから右筈、春日錦が左右からおっつけると玉春日やや右に下がって引き、頭をつけて一呼吸。春日錦が左でおっつけると玉春日右から巻き、頭をつけ合って数呼吸、玉春日右を抜くなり右筈で胸を強烈に突くと、うまく反動がついて春日錦ドーンと向正面に押し倒された。 地味な押し合いが一転した予想外の強烈な押し、そして館内のどよめき。
 10日目 安美錦(寄り倒し)朝青龍
 朝青龍右で張ったが、安美錦は頭を下げて僅かに右前に出ながら朝青龍の左胸に当たり、ズバッと右を差して左からおっつけた。朝青龍はいきなり左で小手に巻いて右で首を押さえながら振ろうとしたが、安美錦素早く左足を送るや左手を伸ばして右の渡し込みにいき、朝青龍がなおも押さえつけようとすると、安美錦右を突きつけて豪快に寄り倒した。 安美錦左の手着きなし。朝青龍は右で張ったが踏み込みが遅く、左の攻めもなくて大惨敗、礼もせずに土俵をおりた。そればかりか、まだ客からも見える花道で、待機している出方に向けて左足で座蒲団を蹴りつけて引き揚げる。横綱を 4年も続けることが許されているのに見境がつかないようで、成長が見られない。
 12日目 千代大海(押し出し)朝青龍
 千代大海一瞬早く立って猛然突っ込むや左喉輪右で胸を突き上げ、突っ張りから右喉輪、左でおっつけて右喉輪を伸ばし、青房下で朝青龍を仰け反らせ、左外筈右喉輪で攻めつけ、朝青龍が右腕を引っ掛けて左に逃れんとし、却って右足を上げてしまうと、千代大海は左外叉股の奇襲で東に追い込み、左肘から左腕を伸ばして青房に押し切って朝青龍を溜まりに吹っ飛ばした。 両者左の手着きなし。朝青龍は左四つを狙ったがとんでもなく弱い立ち合いで全く当たりがなく、まともに受け止めるつもりが単に漫然と受けただけに終わり、自失の体で泥沼にはまり込み、内容に見合った 5敗で場所を終えた。
 千秋楽 白鵬(上手出し投げ)朝青龍
 朝青龍頭を下げて右で肩を突きながら、左にやや変わって左上手を狙うが、白鵬右で切って突っ張り合い、朝青龍左右でおっつけるが白鵬なおも突っ張って朝青龍の顎を上げ、朝青龍から右を割り込むと白鵬右差し、朝青龍右下手を取って先に左上手を取ろうとするが取れない。白鵬左に廻って上手を狙うが取れない。朝青龍左を伸ばして上手を引くと、同時に白鵬は右下手。 白鵬は朝青龍の右下手を切り、右肘を上げながら右下手を引きつけ、左でおっつけて上手を浅く引き、朝青龍も右下手を取り直してがっぷりとなったが、四つの恰好は白鵬の方が数段良く、朝青龍が吊り身に引きつけんとすると白鵬引きつけ返して右に出んとし、朝青龍なお引きつけて右に振ろうとすると、白鵬は左上手櫓でぶん廻し、一瞬切れた左上手を取り直してまた土俵中央。 一呼吸して白鵬先に引きつけんとすると朝青龍引きつけ返し、数呼吸。白鵬は腰を入れて朝青龍の左上手を切り、右で朝青龍の右膝を押さえて左上手出し投げを放ち、西土俵黒房寄りに這わせた。朝青龍はやや変わって左を取ったがすぐに切られ、その後は先に上手を取っても肘を上げられ、遂に一度も攻めることができず、白鵬の猛攻の前に完敗に終わった。朝青龍左の手着きなし。
×平成19年 7月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 14勝 1敗 21
 新横綱の白鵬と大関狙いの琴光喜の土俵ぶりが注目点で、白鵬は終盤に疲れて崩れたが11勝し、琴光喜は絶好調を維持して期待以上の取り口を示し13勝を挙げた。 他に新入幕の豊響や再入幕の海鵬の活躍は大いに目立ったが、それしかなかった。相撲内容の悪さが甚だしく、不思議なことに初日に敗れただけで優勝した朝青龍は内容面においていつものように足を大きく引っ張り、 大関の中では千代大海がまずまずだったが序盤に左脹脛を痛めて星を落とし、琴欧洲は不調。魁皇も勝ってはいたがそれらしい相撲は皆無で、勝ち越したものの左大腿を痛めて休場となってしまった。 大関昇進を決めた琴光喜のおかげで客入りが良く、かなり盛り上がっていたが、場所全体としては中身がまるでなかった。
・優勝決定の一番 千秋楽 稀勢の里(突き落とし)琴光喜
             朝青龍(寄り切り)白鵬

 楽日を迎えて 1敗は朝青龍と琴光喜。琴光喜は先に出て稀勢の里と対戦。全然呼吸合わず稀勢の里立ってやり直し。頭で当たり合って琴光喜右から入ろうとしたが、稀勢の里も当たり良く、左右からおっつけた。 琴光喜なお右を差そうとすると稀勢の里頭を下げて青房に押し込み、琴光喜が俵伝いに左に廻ろうとすると、稀勢の里右で突いて左から右と喉を突き立て、右喉輪で押す。琴光喜が両手でこれを外し、右で張って右を差そうとすると、稀勢の里は左に廻って左から突き落としにいき、右で頭を押さえて西土俵に落とした。 この場所の稀勢の里は星が伸びたが中身が伴わず、この琴光喜戦だけに凝縮される形となった。朝青龍は横綱になって初めての対横綱戦。 白鵬右から踏み込んで右差しにいったが、朝青龍右で突きながら左上手を取り、右も下手を引いてすぐに黒房に出て寄り出した。朝青龍は普通に取ったが、白鵬が右差しを優先してさほど鋭くもない右の踏み込みで自滅した凡戦だった。
・好勝負
 初日 安美錦(上手投げ)朝青龍

 安美錦さっさと立つと朝青龍まるで踏み込めず胸を出して左で張る、前場所と同じ恰好。安美錦は右外筈、左で朝青龍の右腕を殺し、右上手を深く引いて左でおっつける。朝青龍は中腰になって右上手が取れず、安美錦が右に廻って右足を外から飛ばすと朝青龍逆に左後ろに振ったが、安美錦が間をおかず右から振ると、朝青龍は俵を見ていたが目の前で自分の右足がその俵を踏み越し惨敗した。両者左の手着きなし。 朝青龍の立ち合い相変わらず鈍く、安美錦の狡い立ち合いを跳ね返す余力は全くなく、その後も星だけ伸びるが調子は一向に上がらず、 9日目には雅山に蹴手繰りを狙う始末。安美錦はこの星が物を言って、三役で初めて勝ち越した。
  6日目 海鵬(掬い投げ)北桜
 海鵬右から撥き、北桜が残して再度突っ込もうとすると海鵬また右から撥く。北桜が残るところ海鵬飛び込もうとする。北桜は左喉輪から右を差そうとするが、海鵬も左差しを狙って許さず、北桜が突っ張ると海鵬応戦して右から撥き、左で前褌を引いて右筈、頭をつける。北桜は右差し手から起こそうとして上手を切るが、海鵬巻き替えて両差し、北桜が抱えて白房に出ると海鵬右へ胴を捻って廻り込むが、北桜閂に極めて正面に出た。 海鵬堪えざま左を開き、右下手を離して強烈な右掬い投げを放ち、叩きつけた。
 10日目 琴光喜(上手出し投げ)白鵬
 琴光喜左で踏み込んで右差し左上手を狙って取るやすぐさま左に廻り、白鵬に左上手をやらず、覗いている右を返しながら左をやや浅くし、白鵬に下手をも与えず、白鵬が腰を振って上手を切ろうとするのも許さず、白鵬が半端な右差し手から起こさんとしながら左でおっつけるのを堪え、さらに白鵬が左からおっつけるのを左を引きつけながら堪え、次の瞬間に右を開いて左上手出し投げを一閃、一刀のもとに白鵬を正面に逆立ちさせ、審判長の前に追い落とした。 もう殆ど記憶にもなかった巧者ぶりを一から十まで見せつけた堂々たる勝ちっぷり。小心で通る琴光喜が世人の認識を改めさせるような大胆な取り口を示した。
 13日目 朝青龍(寄り切り)千代大海
 千代大海先に突っかけると朝青龍左差し右上手、千代大海自分で早すぎたと見て力を抜くと、朝青龍構わず白房に出て寄り切った。呼吸の点で考えれば止める理由がないが、 4つの手が全く土俵に着いてもいないのだから、これを理由として止めねばならなかった。ただ、千代大海の待ったは、その意思表示が弱すぎた。
 左肘と腰の治療を理由として夏巡業の休場を認められた横綱朝青龍が、モンゴルに帰って元気にサッカーをやり、この映像がニュースとして流れたことから、 朝青龍に 9月と11月の出場停止及び11月千秋楽までの謹慎、 4ヶ月の 3割減俸の処分が下された。師匠高砂(朝潮)も 4ヶ月の 3割減俸処分となった。 横綱でありながら本業を軽んずるが如き振舞をなしたことから、処分は極めて当然のことであった。
○平成19年 9月 優勝 横綱 白鵬 翔 13勝 2敗 4
 初日から白鵬が安馬に捻じり倒され、魁皇は 1勝のみで 6日目から休場、琴欧洲が中盤から崩れていく中で、新関脇の安美錦が初日から 8連勝して飛ばした。 白鵬は 2日目から立ち直って勝ち進み、千代大海も中日までは 1敗で喰いつき、さらに新入幕の豪栄道は11日目まで 1敗を守り、 この日白鵬が豊ノ島に敗れたことで豪栄道は単独トップに立った。安馬・旭天鵬・豪風・春日王といった力士の活躍もあり、活気が出た。 豪栄道は12日目から小結・大関・横綱とぶつけられて後退、旭天鵬が 3敗で残っていたが、終盤やや不安定になった白鵬がどうにか 2敗で逃げ切った。 琴光喜は体調不良ながら何とか10勝、千代大海は中盤まで健闘するも 9勝、琴欧洲は中盤から崩れ 8勝に終わった。
・優勝決定の一番 千秋楽 白鵬(寄り切り)千代大海
 千代大海当たって突っ張ろうとしたが当たりがかなり高く、白鵬すぐに左で前褌を取って離さず、千代大海の右喉輪を外して右筈で西に攻め、左を突きつけて右筈で寄り切った。
・好勝負
  8日目 安美錦(寄り切り)栃乃洋

 安美錦両足跳びで立って右から入ろうとすると、栃乃洋は左を固めてこじ入れにかかったが、安美錦右で前褌を引いて頭をつけ、右の出し投げを繰り返し、右前褌左も前褌、白房に出て押し出した。 安美錦左の手着きなし。安美錦は立ち合い非常にまずかったが、右を取ってからの攻めに流れがあった。 安美錦は新関脇で 8連勝、後半は息切れしたが弟弟子の安馬とともに10勝に乗せた。
  9日目 豪栄道(外掛け)旭天鵬
  1敗同士の対戦。旭天鵬が左を入れて起こそうとすると豪栄道右で前褌を取って左四つ両廻しを引き、旭天鵬も両廻しを引いてがっぷりになったが、胸は合っていない。 まず豪栄道右から捻ると、旭天鵬引きつけて赤房に出んとしたが、豪栄道右上手投げで振って向正面に出んとする。旭天鵬は伸びた右の一重廻しから上手投げ気味に体を入れ替えて逆に寄り切らんかな。 豪栄道堪えて右に廻り、出し投げ気味に廻りながら左筈で上手を切ろうとする。旭天鵬の上手は一重だから切れないが、旭天鵬が東で左下手投げを打つところ、右の外掛けにからみつき、崩れる旭天鵬を赤房に浴びせ倒した。 最後まで胸を合わせなかったのが豪栄道にとっては良かった。
 11日目 豪栄道(押し出し)豪風
 時間いっぱい、互いに塩に分かれて体を拭いている頃、正面黒房寄りから客 1名が土俵に上がらんとし、警備員が右腕を掴んで引き下ろそうとすると腕を抜いてなお土俵に上がらんとしたため、 正面放駒審判長は西の錦戸審判を呼んで下ろさせにかかり、呼出二名も駆けつけ、さらに黒房下控えの高見盛も飛び込み、正面砂かぶりの観客が右足を、錦戸審判が右腕を、遅れて高見盛が左腕を引っ張って黒房側通路に引きずり出し、錦戸審判が後ろに廻って追いやった。 赤房下で豪風、白房下で豪栄道、塩を掴んだはいいものの、ただただ見やるのみ。どうやら落着して豪栄道から塩を撒き、最後の仕切り。当たり合って豪栄道右前褌を取ると豪風左おっつけ右筈から左突き落としで左に廻る。 豪栄道は右が切れるがついていって白房、左でおっつけ。豪風が黒房に廻って引くと、豪栄道頭を下げて右筈で押し出した。行司和一郎は逃げた方向が悪く、居場所がなくなり正面溜まりに飛び降りた。
 11日目 豊ノ島(押し出し)白鵬
 白鵬左で張って右差しを狙ったが踏み込みが良くない。豊ノ島は頭を下げて左から入ろうという両差し狙いだが、両足跳びでこちらも良くない。 白鵬は左外筈、右で胸を押し上げんとするが、豊ノ島は右を覗かせ、左に廻って左外筈でおっつける。白鵬右を抜いて抱える。豊ノ島は右やや浅く左が深い両差し、白鵬が左を巻き替えんとすると豊ノ島赤房にやや寄りを見せながら左に廻ってすぐさま左から掬い、泳いだ白鵬が向き直るより早く白鵬の右肩に豊ノ島突っ込んで左外筈右喉輪で一気に押し上げ、腹を四つ突いて堂々と黒房に押し出した。 白鵬張って捕まえることばかり先行して踏み込みが甘く、豊ノ島の当たりも良くはなかったのに右を差せず、その後は豊ノ島の体捌きの前に右も左も使えず、泳がされてついていけなかった。白鵬右をおろさず。これで豪栄道が新入幕ながら唯一の 1敗力士となった。
 14日目 旭天鵬(寄り倒し)安馬
     白鵬(とったり)豪栄道

 旭天鵬に安馬は 3敗同士。旭天鵬が右で肩を突くと安馬右で横っ面を突いて両手で喉を押そうとしたが、旭天鵬は受け止めるだけでなく左右から挟みつけ、右で抱えて左でおっつけながら強引に西に攻め込み、安馬が左から掬って廻り込むところ、旭天鵬左を踏み込んで左おっつけを伸ばし、いとも軽く寄り倒した。大変な迫力だった。旭天鵬右の手着き不充分。 結びの白鵬に豪栄道は 2敗と 3敗の対戦。豪栄道左から踏み込んで額で当たり、左で前褌を取ろうとしたが、白鵬は右差し左で抱える恰好で豪栄道に左を与えず、豪栄道やや右半身になって左からおっつけようとすると、白鵬右を開いてとったりを曳き、豪栄道が残して左前褌を掴もうとすると、白鵬嫌って再度とったりを強襲し、体の開きが足らず右前に崩れたが、どうにか仰倒させた。案の定といえるが、白鵬の動きが硬かった。
  6月26日、時津風部屋の時太山(序ノ口)が稽古中に急死したが、これが脱走に対する制裁に起因するものとして 9月下旬に立件される見通しとなり、 10月 5日に時津風(双津竜)が解雇され、 9日に時津海が引退して継承することとなった。翌年 2月 7日、前師匠と兄弟子 3人が逮捕されて29日に起訴され、他の兄弟子 3人( 1人は当時既に引退)も書類送検された。 協会は兄弟子 3人につき有罪確定時点で解雇とすることとした。12月18日に名古屋地裁にて兄弟子 3人ともに執行猶予つきの有罪判決を受け、控訴の意思なきことから、同日解雇となった。
△平成19年11月 優勝 横綱 白鵬 翔 12勝 3敗 5
 琴欧洲が 7日目から休場、魁皇は一進一退の土俵で不安定であったが、千代大海が大いに気を吐いた。 白鵬はまた初日に躓き、足腰に安定感がなく不調ぶりが際立ち、中日に千代大海が 1敗になったのに白鵬も敗れて 2敗となり、期待を裏切った。 千代大海も10日目に敗れて 2敗、このとき琴光喜も 2敗で並んでいたが12日目に蹴散らされた。まだ 2敗で把瑠都もいたが、13日目に千代大海はこれも圧倒。 14日目は 2敗同士で白鵬と千代大海が対決、辛勝の白鵬は不調をなおさら浮き彫りにする結果となり、楽日に千代大海が右肘故障で休場したことで白鵬の優勝は決まったが、 その白鵬が琴光喜に投げつけられて無様な大団円となった。
・優勝決定の一番 14日目 白鵬(叩き込み)千代大海
 千代大海頭で当たって左筈右喉輪、白鵬は左おっつけ右から引っ張り込もうとしたが、千代大海の突っ込みが鋭くて反り身になった。白鵬は堪え性なく左に廻ってとったりを曳く。 千代大海はついていって左喉輪から振りほどき、突っ張ろうとする。白鵬も小手先で突き返してすぐにまた千代大海の右をとったり、千代大海つけ入って出んとすると白鵬右おっつけで押し返し、千代大海が再び突っ込もうとするところを左へ叩き込んだ。 千代大海の猛攻を今場所の白鵬は全く支え切れず、勝つのに汲々とするばかりの取り口に終始した。最初のとったりは悪くはないが、二度目のとったりを見せるに至っては鍍金が剥がれたという表現も不当ではあるまい。 熱戦だけど凡戦という奇妙な一番、千代大海の出来の良さと白鵬の不出来が絡み合ってこうなってしまった。将来のみならず現状の白鵬に求めるものから考えれば、大変な物足らなさが残った。
・好勝負
 初日 琴奨菊(寄り切り)白鵬

 琴奨菊は左おっつけ右喉輪の珍しい立ち合い、白鵬いつもの右差し狙いで左は外筈、次いで琴奨菊の右を手繰って左を固める恰好になったが、突き上げんとした右手の下に琴奨菊の左筈が入る。 白鵬は右でおっつけんとしたが琴奨菊は振りほどき、右を覗かせて左おっつけから前褌を取るなり東に出んとした。白鵬は右を覗かせたが窮屈、左からおっつけながら右で掬う。琴奨菊は左を引きつけてがぶらんとする。 白鵬は正面黒房寄りに下がり、なお右から掬おうとしたが、琴奨菊の引きつけが良くて腰が崩れる。琴奨菊はなお白房に出る。白鵬辛うじて持ちこたえ、下がりながら右で掬うと、琴奨菊の左は切れたが、左足が土俵を割って一敗地に塗れた。 白鵬は踏み込みはしたけれども足腰にゆとりが全く見られず、差し手争いの間からもう腰がぐらぐらで、そのまま猛攻を浴びて堪えようもなく、見るべきところも殆どないまま惨敗した。
  8日目 出島(押し出し)千代大海
 千代大海先に仕切ったが出島が突っ込むと千代大海立てずやり直し。互いに頭で当たろうとしたが低さで出島勝り、千代大海左喉輪から突っ張ろうとすると出島右でおっつけて許さず、次いで千代大海右喉輪で出んとすると出島右で張り、青房下を右に廻る。 千代大海なお右喉輪左おっつけで押さんとするが出足はもうない。出島は右筈左おっつけ。千代大海がたまらず引くと出島ついていき、千代大海が左へ叩くところ出島堪えて左で廻しを押し、青房に押し出した。出島は 5月以来好調を続け、この場所も10番勝って三役に戻った。
 12日目 千代大海(押し出し)琴光喜
  2敗同士の大関戦だが、一方的だった。千代大海当たり勝って突っ張り、琴光喜が右差しを狙いながら堪えんとすると、千代大海構わず東に突き進んで両手で胸を押し、押し出した。
 千秋楽 琴光喜(下手投げ)白鵬
 白鵬右差しを狙って当たると琴光喜は左上手を狙って取り、左に廻って一度黒房に寄ると見せる。白鵬は右下手一本で上手には全く届かず、右下手投げを続けて左で首を捻りもしたが、琴光喜左を引きつけて全く喰わず、次いで琴光喜左を巻き替えると白鵬無策で何もできず、 そればかりか右上手を切られてしまい、琴光喜が煽って赤房に出ると白鵬左上手を取りこそしたが、琴光喜が続けて右下手投げを連発すると、白鵬軽々と振られて投げつけられた。
前画面に戻る