平成20年
○平成20年 1月 優勝 横綱 白鵬 翔 14勝 1敗 6
 大関陣がパッとせず、 4日目には 4大関が全滅する有様、千代大海は右肘が使えず 7連敗して休場した。 それを尻目に両横綱は走っていく。朝青龍は初日から足が動かず苦闘続き、相手に構わず突っかける汚い立ち合いで星を荒稼ぎした。 他方白鵬は調子を戻し、強引な取り口も目立ちはしたが、朝青龍とともに 1敗で千秋楽を迎えた。相星決戦は力相撲、 終始攻めた白鵬が朝青龍を捻じり倒し、三連覇を飾った。活躍したのは他に稀勢の里と豪風ぐらいであったが、相撲内容はあった。
・優勝決定の一番 千秋楽 白鵬(上手投げ)朝青龍
  1敗同士の相星決戦。白鵬の呼吸で立って白鵬右で張り、右左と差そうという形。朝青龍は右で突いて左前褌を狙い、次いで右前褌を狙って右は取ったが、白鵬は右を差して左から抱えた。 朝青龍は左を巻き替えんとする。白鵬は右で廻しを狙うも取れず、一瞬右でおっつけ、次いで左小手投げ気味に抱え上げて右を巻き替え、朝青龍が左でおっつけて前褌を狙うと白鵬は右下手を取ろうとし、朝青龍が右下手を引いて左を巻き替えんとすると、白鵬は右を突きつけて許さず、右左と廻しを取って自分の恰好をつくった。 互いに逆足で一呼吸、白鵬から引きつけんとすると朝青龍左上手を浅く引き、吊らんとする。白鵬堪えて互いに引きつけ合い、白鵬大いに勝ってジリジリ右に攻め、朝青龍を正面に下げる。朝青龍は左を俵に掛けて引きつけ返さんとし、右に廻って逃れ数呼吸、 白鵬一度左腰を引いて朝青龍の下手を嫌い、次いで朝青龍が引きつけんとすると白鵬は右を離して朝青龍の上手を切ろうとしたが切れず、白鵬また下手を引き直して一呼吸、白鵬黒房に寄っていこうとすると朝青龍は懸命に吊り上げたが、左に体が廻らない。 しかも朝青龍の腰は伸びた。白鵬は堪えざま右から巻いて左上手投げで捻じり倒しにかかり、朝青龍の左を切りながらなお左上手投げを続ける。朝青龍は左足で踏ん張ろうとしたが、左を切られて左肘から落ち、大きく一廻転して土俵に沈んだ。 白鵬としては右四つになって朝青龍の巻き替えを阻んだところで自分の流れを決定づけ、それ以降は終始攻勢を取って朝青龍に全く攻めさせなかった。まさしく大激闘、昨夏の熱戦よりさらに上をゆくが、白鵬の完勝といって良かろう。
・好勝負
  2日目 豊真将(着き膝)北勝力

 北勝力頭で出て左で肩を突きながら右喉輪で押し上げ、左喉輪を伸ばして東に攻め、さらに右で押し切ろうとする。 豊真将左おっつけで堪えて押し返すと、北勝力は向正面に下がったが突っ張ろうとし、右に廻って引き落としを見せ、両手突きから右左と喉を攻めて黒房に出る。 豊真将左半身で堪えて左喉輪、北勝力が右後ろに下がって引くと豊真将頭を下げて左右から挟みつけ、東に出る。北勝力右に廻り込み、左喉輪右おっつけで土俵中央に戻る。 互いにかまし合って北勝力の両手突きが数度、豊真将やや右に廻ると北勝力は両手突きから左喉輪で正面に押し込んだが、右足が大きく流れて横転した。激戦。
  2日目 稀勢の里(送り倒し)朝青龍
 朝青龍右で肩を突いて左前褌狙い、前日よりは右の踏み込みも良かったが、稀勢の里は左を固めて右喉輪で大きく押し上げた。 朝青龍は仰け反って左足がやや流れ、稀勢の里が僅かに右に引いてから左喉輪右で顔を突き上げると朝青龍は全く対応できず、稀勢の里は左右の順で覗かせて出んとした。 朝青龍はすぐに右から首投げを打ったが、稀勢の里は左下手を引いて逃がさず、背について赤房に攻め、左を突きつけて追い込み、右で背を突いて烈しく送り倒し、朝青龍を全く寄せつけなかった。 朝青龍両手とも手着きなし。
  5日目 豊響(押し出し)玉春日
 玉春日左に変わり気味に立ち、残した豊響が突っ張ろうとすると玉春日左右のおっつけから右の去なし。豊響が堪えて両手突き主体で攻めると、玉春日は左から右からおっつけながら右に廻り、赤房下で引き落としを見せながら右に廻り込んだ。 豊響が突っ張ろうとすると玉春日は左おっつけ右筈、豊響さらに突っ張れば玉春日は右喉輪から引いて右を覗かせ肩透かし、豊響がやっと残すと玉春日は左筈で白房に押し出そうとしたが、豊響は右上手から出して西に玉春日を出した。見事な攻防戦。
  5日目 朝青龍(上手投げ)豊ノ島
 朝青龍右で張って左を差そうとしたが豊ノ島は両差し狙い、すぐに朝青龍左から突き放そうとしたが効果なく豊ノ島は右を差し、朝青龍は左が取れない。 朝青龍また突っ張って東に攻め、豊ノ島が左へ引き落とすと朝青龍は残して右上手を引き、左喉輪。豊ノ島右からおっつけて右を割り込み両差しになったが、朝青龍の右上手が切れない。 朝青龍は左上手を狙うが届かず、右上手から引っ張った。豊ノ島は左に体を寄せて左外掛けを見せたが殆ど掛からず、左を差されて右が万歳。朝青龍は向正面で俵を背にし、体を廻して右上手投げを打つ。 豊ノ島は左を突きつけたが、先に落ちた。豊ノ島はよく攻めたが右の攻めが甘かった。朝青龍左の手着きなし。この場所朝青龍は足の捌きが鈍くて綱渡りを続け、姑息な立ち合いで辛うじて勝ち続けた。
 10日目 安馬(上手投げ)白鵬
 白鵬が殆ど踏み込まないで右で張ると安馬は上体だけで突っ込んで右で突きながら右に飛び、白鵬が腰を備えもしないで浮いたまま右で喉輪を見せながら左から押し放そうとすると、安馬は右から撥いて右上手後ろ褌を取り、赤房に投げ捨てた。 白鵬は前日から土俵上で勝手に熱くなる癖を出し、安馬戦を 3場所連続で取りこぼした。安馬右の手着きなし。
○平成20年 3月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 13勝 2敗 22
  7日目の段階では朝青龍・豊真将・栃煌山が勝ちっ放しで、白鵬は既に 4日目に 1敗していた。 ところがその後は両横綱が走っていき、 2敗同士の相星決戦を戦い、朝青龍が勝った。 白鵬も朝青龍も前場所より出来が悪く、大関は琴欧洲が 9日目から休場し、他は全員 8勝どまり。三役陣も今一つで、 活躍したのは把瑠都・黒海・高見盛・栃煌山といったところ。相撲そのものは前場所に引き続き中身があり、終盤には熱戦も出てきた。 10日目、男女ノ里が弓を頭上にかざして返し始めたところ、その弓を赤房に吹っ飛ばしてしまった。
・優勝決定の一番 千秋楽 朝青龍(小手投げ)白鵬
 朝青龍先に立ち、両足跳びで左肩から当たると、白鵬は左を差し、右おっつけから右上手を狙いながら西に出たが、朝青龍が左から巻いて右から小手に振ると、上手を欲しがった白鵬無様に西に吹っ飛び惨敗した。
・好勝負
  4日目 鶴竜(小手投げ)琴欧洲

 仕切りを僅かに 2度しただけ、中村審判が右手を上げ下げしていると、赤房下の呼出も白房下の呼出も時間一杯だと踏んで立ち上がってしまい、東花道で白鵬が一礼しているときに立ち上がり、琴欧洲が頭を下げて右おっつけを見せると鶴竜は右から首根を突き落とした。 琴欧洲立ち直るなりすぐに両手で叩くと、鶴竜は左四つに組んだが、琴欧洲は左差し手を上げる。鶴竜はサッと下がって右小手から振る。琴欧洲は出足なく、左を突きつけて渡し込もうとしたが、先に青房から飛び出した。不手際に加え、琴欧洲は左腕を痛めた。
 12日目 雅山(送り出し)稀勢の里
 雅山左に廻って両手で叩くと、稀勢の里は僅かに泳いで向き直る。雅山左筈右喉輪、稀勢の里これを左おっつけで外すと、雅山は西に出ると見せて右へ引き落とそうとする。 稀勢の里は左筈右喉輪から突っ張って赤房に出んとし、雅山が喉を突いて反撃せんとすると稀勢の里左おっつけから右で喉を押そうとする。雅山左を開いて右を差すが、稀勢の里右から押して嫌う。 雅山は左で喉を突き、右で張って右を差そうとする。稀勢の里は右で横っ面を突き、突き合い張り合いの激戦となる。雅山が喉を攻めると稀勢の里右腕を手繰り、正面を左に廻ってまた右で張る。 雅山がなお両手で喉を攻めると稀勢の里左右からおっつけて西に出んとするが、雅山はなお右から左と喉を押そうとする。稀勢の里左右ともにおっつけで西に攻め込む。雅山は右腕を右へ捻じって右喉輪左外筈で押し込む。 稀勢の里堪えて左を割り込み、右おっつけで正面に出る。雅山左後ろに廻って体勢を下げ、右おっつけから右を巻き替えんとする。稀勢の里は左右のおっつけから左を覗かせて青房に出る。雅山が堪えると稀勢の里肩透かし気味に左に廻って離れる。 雅山が残して右で喉を突くと稀勢の里左おっつけ右喉輪で向正面に押し込もうとしたが、雅山は右を開きながら左おっつけで去なして崩し、稀勢の里の右後ろについて赤房に送り出し、大熱戦に終止符を打った。
 12日目 千代大海(引き落とし)白鵬
     琴奨菊(寄り切り)朝青龍

 白鵬右差し狙いで右かち上げ気味に当たり、左では外筈で宛がう恰好。千代大海は頭で当たって左おっつけ右喉輪から右で喉を押さえ続けた。白鵬は左足が流れ、右足もやや下がった。千代大海は左で白鵬の右を牽制するや、左から去なした。哀れ白鵬西にすっ飛びそのまま飛び出した。 4日目にも安美錦に逃げられてずっこけている白鵬はこの時点で朝青龍と星の差 2つ、ところが朝青龍も下降線で、悪い意味で追いついてきた。 朝青龍は左差しを狙って右で踏み込もうとしたが全然踏み込めない。琴奨菊は右上手を狙って両足跳びで頭を下げる。立ち合いは双方良くはない。 それでも勝ったのは琴奨菊で、左も差して右上手を引き、朝青龍が右からおっつけようとすると琴奨菊は許さず、煽りながら左を返して西に寄り、朝青龍が左下手を引いて反り身で琴奨菊の上手を切ると、琴奨菊なお煽って黒房に詰め、右上手をまた取って攻めに攻め、寄り切った。 琴奨菊全くの完勝。朝青龍の左と琴奨菊の右手着きなし。
 13日目 琴光喜(上手出し投げ)朝青龍
 朝青龍は右の踏み込みが弱く、何を狙ったのか分からない単なる棒立ちで胸から当たるのみ。琴光喜は左を入れて右もこじ入れ難なく両差しとなった。朝青龍は右で首を巻き、一瞬左を巻き替えんとしたが不可能。 琴光喜は左下手を深く取る。朝青龍は右で抱えて左でおっつけ、次いで右を巻き替えたものの、琴光喜は左上手を浅く引いて右を返し、絶好とは言えないがそこそこ良い恰好。左で抱える朝青龍は左上手が欲しくて左足を前に出したが、琴光喜に久しく与えなかった右下手まで許した。 朝青龍は左が欲しいが届かない。数呼吸、琴光喜引きつけて出んとすると朝青龍左上手を取り、がっぷり。琴光喜は上手を切ろうとしたが切れない。今度は朝青龍が琴光喜の上手を切ろうとしたが切れない。次いで朝青龍は琴光喜の下手を切り、向正面に寄ろうとしたが、まるで足腰に力がなくて腰がずり上がり、琴光喜にまた右下手を許し、引きつけ返される。 一呼吸、琴光喜右肘を使って朝青龍の上手を切り、矢継ぎ早に放った右上手出し投げで朝青龍を捻じると、朝青龍は左足を送れず脆くも左手から落ちた。今場所引きつけが良くないはずの琴光喜に引きつけ負ける朝青龍の凋落、立ち合いのみならず流れの中でもまるで足腰が使えなくなった無様な土俵姿、宜なる哉と評するしかないだろう。 巨星墜つならぬ虚勢堕つ。朝青龍左、琴光喜右の手着きなし。琴光喜は14年11月以来朝青龍に負け続けること28、やっと勝った。
△平成20年 5月 優勝 大関 琴欧洲 勝紀 14勝 1敗 初
 初日に倒れた朝青龍と、順調に勝ち進んだ白鵬の一騎討ちというわけにはいかず、久しく不振を極めた琴欧洲が勝ち続け、鼎立の体を示した。 そして白鵬が10日目に敗れて琴欧洲がただ一人の勝ちっ放しとなると、琴欧洲は朝青龍・白鵬を一方的に破って賜盃にまっしぐら。 逆に両横綱は稽古不足と衰えとでズルズルと泥沼にはまり込む。琴欧洲は13日目に敗れたが、14日目に安馬を圧倒して初優勝した。 二横綱は千秋楽結びにその駄目さ加減を遺憾なく示し、集大成とした。他には稀勢の里と豊ノ島が目立ったぐらい、ひどい場所ではなかったものの強い印象は残らなかった。
・優勝決定の一番 14日目 琴欧洲(送り倒し)安馬
 琴欧洲右で張って右で踏み込みながら鋭く当たって右を入れ、左も差し前進、安馬は右上手が遠く、右から首を巻こうとする。琴欧洲それより早く体を寄せ、左に出て正面青房寄りに送り倒した。琴欧洲の備えは堅く、安馬の突っ込みが上に抜け、右で突きながら左でおっつけんとした安馬は万歳になった。安馬右の手着きなし。
・好勝負
 初日 稀勢の里(押し倒し)朝青龍

 朝青龍右で張って両差しを狙うと稀勢の里鋭く突っ込んで右上手に手を掛け、左を固めたまま出んとする。朝青龍右を抜いて小手に振ろうとすると、稀勢の里は右足で堪えて左を突きつけた。朝青龍の左足は堪え切れず崩れ、稀勢の里がそのまま右おっつけで突っ込むと、朝青龍は腰が砕け右下に散った。両者左の手着きなし。朝青龍まるで踏み込めず、体当たり気味の立ち合いも相手を大きく下廻っては稀勢の里には歯が立たなかった。
  5日目 若ノ鵬(寄り切り)鶴竜
 若ノ鵬充分に仕切ると鶴竜立てず待った。若ノ鵬右で張って立つと鶴竜左に逃げて引き落とそうとしたが、若ノ鵬左足が崩れかけながらも立ち直り、青房下で左へ叩いて左四つ、右上手を深く取って頭をつけた。 鶴竜は左差し手を上げて右でおっつけ、若ノ鵬の寄りを堪えるが、攻め手は全くない。数十呼吸、若ノ鵬は左外掛けで脅かし、白房に出て寄り切った。鶴竜全く手着きなし。 ところがこの相撲、崩れかけと思われた若ノ鵬、実は完全に崩れていて左手が土俵に落ちていたが、唯一視界が良好だったと思われる東の審判に気づかれていなければ覆りようもない。
 10日目 安馬(上手投げ)白鵬
 白鵬先に立って右四つ左前褌を狙うと、安馬当たると見せて右小手から振り、右四つとなって安馬右下手。白鵬は右を返して左から攻めながら強引に正面に寄り、上手を欲しがるが、安馬は左に廻り込んで上手を取る。土俵中央に戻り、白鵬右下手投げで振って左前褌を狙いながら出るが、安馬が東で左上手から振ると、白鵬は体が右に寄らず踏ん張れぬまま左足から土俵を割り、東花道に転げ落ちた。両者全く手着きなし。白鵬は乱雑な相撲で土俵外に飛び、左足首を痛めて大きく崩れた。
 11日目 琴欧洲(寄り切り)朝青龍
 12日目 琴欧洲(寄り切り)白鵬

 10連勝と勝ち進んだ琴欧洲が、朝青龍と白鵬の両横綱を薙ぎ倒した 2番。朝青龍戦は琴欧洲が 1つ待ったのあと、朝青龍まるで踏み込まず漫然と両差し狙い、琴欧洲は左右と踏み込んで左前褌狙いから左差し右上手、さらに左も下手を取らんとする。左下手一本の朝青龍が極端な左半身になって琴欧洲の左下手を嫌うと、琴欧洲すぐに右から出し、僅かに左で小股掬いを見せ、また右から振って左上手を浅く取る。朝青龍は両差しではあるが身動きが全く取れない。 琴欧洲引きつけて白房に寄り立て、右が切れたがそのまま外筈で寄り進み、右で廻しを押して寄り切った。琴欧洲は突っ込み鋭く、今場所一貫して鈍い立ち合いの朝青龍を子ども扱いした。琴欧洲左の手着きなし。 朝青龍は翌日から千代大海・魁皇にもいいように取られて力の衰えをまざまざと示した。琴欧洲は続いて白鵬戦。 白鵬左の踏み込みはかなり甘く、右下手前褌に指は掛かったものの、左では狙いを表現することもできない。琴欧洲は頭で当たりながら左に廻り、左上手を取りざま引きつけ、白鵬が右差し手を上げんとすると琴欧洲右前褌を引きつけ、次いで右を差して下手を深く取り、間をおかず攻め込む。 白鵬正面を右に廻ったが、琴欧洲急迫して西土俵白房寄りに追い込み、白鵬に両廻しとも与えず右を返して上体を預け、満面朱を注いで堪える白鵬を寄り切った。琴欧洲は両横綱を一方的な相撲で蹴散らした。一方の白鵬は翌日琴光喜にも完敗し、琴欧洲の姿は遠くに霞んだ。
 千秋楽 豊ノ島(押し出し)安馬
 安馬は関脇で二桁を目指し、豊ノ島は三役復帰と敢闘賞を賭し、しかも豊ノ島は安馬と相性が悪いところから、地味ながら熱戦になった。 安馬左で張って右上手を取りにいくと豊ノ島左差し手を返し、右も入れんとする。安馬嫌って差し手を争い、左下手右上手の順で取ると、豊ノ島は左下手を引き半身、安馬の左を切る。 安馬右から振ろうとしたが豊ノ島動かず、数十呼吸。安馬右を引きつけて出んとするが豊ノ島殆ど動かず。数呼吸して豊ノ島は安馬の右を切る。安馬は左下手右上手の順で取り直すが、豊ノ島は下手を切る。 一呼吸、豊ノ島が出んとすると安馬上手出し投げ気味に廻り込んで頭をつける。豊ノ島は右から起こそうとするが難しい。安馬は左前褌を引いていたが離して左筈、さらに左で豊ノ島の右を殺そうとする。 豊ノ島は黒房に出んとする。安馬堪えて十数呼吸、安馬が右から出そうとする瞬間、豊ノ島西に殺到して右筈、さらに左筈で押し、右足一本で堪える安馬を押し出した。豊ノ島の右以外手着きなし。
 千秋楽 朝青龍(引き落とし)白鵬
 白鵬両足跳びで立って両差し狙いの消極的な立ち合い。朝青龍頭で当たって両前褌狙いから左外筈右喉輪で押し上げると、白鵬は左足が流れ、朝青龍に右を手繰られ引き落とされた。 そのあと朝青龍は白鵬が這ったのを見ていながら白鵬に体当たりして両手で押す蛮行、白鵬は立ち上がりざま右肩で突き上げる愚行、朝青龍は右から顔を張る凶行、さらに両者土俵の真ん真ん中で仁王立ちして睨み合う醜態を見せ、満天下の好角家を失望させた。 朝青龍の動きは駄目押しの域にすら達しない体のもので、相手が落ちているのが分からぬほど勘が鈍い横綱でもあるまいから相撲の流れという説は強弁としか受け取れぬ。やり返した白鵬も朝青龍と変わらぬ傲慢振りを見せ、その本質を曝露した。朝青龍右を着かず、左はおろさず。
○平成20年 7月 優勝 横綱 白鵬 翔 15勝 7
 朝青龍が場所前から大不調で、 6日目から休場に追い込まれた。琴欧洲も初日から躓き、魁皇や千代大海とて大勝は望むべくもない状況で、 果然白鵬が飛び出していった。懸命に追い縋ったのが琴光喜だったが、じわじわ差がつき11日目で 3敗。 このとき千代大海・琴欧洲・豊響が 3敗で残ってはいたが、結局13日目に逃げ切られた。白鵬はこのまま全勝し、一強時代到来を予感させた。 他には豊ノ島・旭天鵬・将司といったところが活躍を見せ、ロサンゼルス巡業の後にしては楽しめる場所だった。
・優勝決定の一番 13日目 白鵬(寄り切り)魁皇
 白鵬両足跳びで立って左四つ右上手狙い、踏み込み悪く果たせない。魁皇は左下手に指を掛けるが切られる。白鵬少し突っ張って右に廻り、左を手繰り、喉を押し上げるが、魁皇は左を差して右おっつけの恰好。 白鵬左下手を狙い、魁皇が左半身になって嫌うと白鵬は右でおっつけ、手繰り気味に崩そうとする。魁皇は右喉輪を見せる。白鵬は左おっつけ右喉輪から右腕をたたんで体を寄せ、左上手を取って右を差し、黒房に寄り切った。
・好勝負
 初日 豊ノ島(上手投げ)朝青龍

 朝青龍右で張って両差し狙い、豊ノ島も両差し狙い、互いに左肩を出して体当たり気味。朝青龍次いで左筈右おっつけで黒房に押し込んで右上手を肩越しに取ろうとして届かず、徐々に浅くして横褌を取り、左でも前褌を取る。 豊ノ島は左差し右で浅く上手を引いたが、顎が上がっている。朝青龍引きつけて出んとしたが足が運べず、豊ノ島が左から掬うと朝青龍は腰が崩れて上手が外れ、慌てて後退して立ち直り右上手。豊ノ島は左下手一本の恰好。 数呼吸、朝青龍再度引きつけて黒房に出んとしたが腰が立ち、豊ノ島が右上手を取って堪えんとすると朝青龍はまた右が切れ、豊ノ島が左を開いて右上手投げを打つと、朝青龍は浮き上がって右手から西に落ちた。朝青龍左をおろさず礼もせず。 豊ノ島は 1横綱 3大関を破って10勝した。
  5日目 栃乃洋(押し倒し)朝青龍
 朝青龍先に立って右おっつけ左喉輪で突き上げ、左を覗かせ右下手前褌、栃乃洋が左を巻き替えると朝青龍右を引きつけるが出られない。栃乃洋は左下手を取り、右で朝青龍の左下手を防ぎながら左下手投げ。 朝青龍は左下手を引き、右で外掛けにいこうとするがまるで届かず僅かに腰が崩れる。栃乃洋再度左下手投げ。朝青龍残して頭をつけ、左を前褌に替え、機を見て赤房に出んとするが、栃乃洋動かず。 次いで朝青龍は栃乃洋の左を切り、両前褌で拝む恰好。栃乃洋は右へ引き落としを見せて左を差し直し、起こしにかかる。朝青龍は左に廻って再度頭をつけるが、右の内無双が空振りでのしかかられ、足が揃ったまま左下手投げを打ったところ、体が伸びていた栃乃洋は懸命に足を送って右から体を突きつけた。 朝青龍は逆とんぼに吹っ飛んで東の溜まりに墜落し惨敗。赤房の君ヶ浜審判から物言いがついたが、何の確認か分からないものの簡単に軍配通り栃乃洋の勝ちで片づけられた。朝青龍としては栃乃洋になすべきことを殆どやり尽くしたが、前に出られることなく敗れ去った。朝青龍左の手着きなし。 朝青龍は左肘の故障を理由に翌日から休場した。栃乃洋は12個目の金星を獲得、高見山に並んで 2位となった。
  8日目 魁皇(寄り切り)安美錦
 魁皇右で張って左を差そうとすると安美錦右に逃げて突き落とし、頭を下げて左右からおっつけ左を差すが、魁皇これを片閂。安美錦右上手を取って東に下がりながら上手投げで振ると魁皇左下手を取る。 安美錦は続けて右外掛けを狙ったが掛からず、魁皇右でおっつけて向正面白房寄りに出る。安美錦はなお右上手から振ろうとするが、魁皇なお右でおっつける。安美錦は右内掛けに脅かして土俵中央に戻すが、魁皇左下手投げ気味に堪えると安美錦は上手が切れる。 結局両者左下手一本の恰好で土俵中央に止まり、安美錦が右を巻き替えんとすると魁皇右で宛がって西に寄り立て、寄り切った。安美錦左の手着きなし。腰砕け寸前になった魁皇だが、よく踏ん張った。
  8日目 琴光喜(引き落とし)若の里
 琴光喜両差し狙いで左を入れ、強引に東に出たが、若の里は覗いた左から掬い、琴光喜が左下手を引くに構わず若の里は左を返し、右上手を狙い、右で抱えて青房に出んとする。琴光喜は右で若の里の顔を押さえて抗う。若の里なお右上手を狙うが届かない。 琴光喜は右が万歳、若の里また右で抱えて青房に出ると、琴光喜また右で顔を押さえて堪えるが、若の里さらに寄って右上手。琴光喜は左下手投げを打って右を入れんとし、若の里が頭を下げて左からおっつけると、琴光喜は左を抜いて引き落とした。琴光喜全く手着きなし。 琴光喜は大変な執念で 1敗を守ったが、翌日には 1勝しかしていない普天王に敗れ、地元ファンに大きな溜め息をつかせた。
 11日目 白鵬(極め出し)安馬
 安馬 2度勝手に突っかけてやり直し。白鵬両足跳びで立って右から引っ張り込みながら左でおっつけ、安馬が左下手を取って右も差そうとすると、白鵬は委細構わず片閂で猛然と攻め込み黒房に極め出し圧勝。両足跳びの悪い立ち合いながらあっさりと受け止め、鎧袖一触の感。白鵬の左以外手着きなし。
 12日目 豊響(押し倒し)木村山
 互いに頭で当たり合って木村山は右喉輪を見せたが、豊響左おっつけ右筈から右喉輪で突き、木村山がなお右喉輪で抗おうとすると豊響突っ張りから右筈左外筈。木村山は黒房に詰まって左に変わり、右へ引き落とそうとする。 豊響はつんのめって正面で俵を目の前にし、左足が踏み越しそうになったが、左に逃れて立ち直り、土俵中央で左喉輪突き、次いで右で喉を攻めんとし、木村山が右喉輪から引くところ、豊響東に攻めて右へ押し倒した。 中盤からかましの威力で勝ち進んだ豊響、この日は逃げられたがよく立ち直り、白鵬のこの日の優勝決定を阻んだ。
 千秋楽 将司(河津掛け)高見盛
 将司頭で当たって両手で突き上げたが早すぎやり直し。将司上体を下げて右を差しにいき、高見盛が右差し左上手の形になると将司は右下手を引き半身、高見盛が左に出んとすると将司は右内掛けにいき、高見盛が堪えて切り返そうとすると、将司これをさらに切り返した。 新入幕の将司、思い切りの良い取り口で10勝を挙げた。
 幕内若ノ鵬が 8月18日大麻所持の疑いで逮捕された。 6月24日に若ノ鵬が落とした財布の中に、大麻成分含有植物辺を混入した煙草が入っていたことによるものであり、 本人が容疑を認めたことから、 8月21日に解雇処分となった。これを受けて協会は 9月 2日に簡易尿検査を実施、幕内(元小結)露鵬と十枚目(元幕内)白露山について陽性反応が現れ、 6日に出た精密検査の結果も不変であったため、 8日に両者は解雇処分となり、同時に北の湖理事長も辞任した。
△平成20年 9月 優勝 横綱 白鵬 翔 14勝 1敗 8
 武蔵川理事長(三重ノ海)が就任して早々に立ち合いの正常化を打ち出した。朝青龍や安馬のように手をまともにおろしもせずに突っかける連中が多いことから、極めて当たり前のことであったが、 浸透期間の不足から相撲内容まで崩れ、パッとしない場所だった。もともと崩れていた朝青龍はこの場所も立ち直れず途中休場、 6日目を終わって土つかずは豪栄道だけで、これが 7日目に負けて 1敗が 4人という形となり、 まず琴光喜が零れ、10日目からは白鵬が安馬と豪栄道を蹴散らし、 2敗で粘った琴光喜も14日目に敗れ、白鵬そのまま逃げ切った。 琴光喜は11勝、魁皇と千代大海は 9勝で、琴欧洲は 8勝にとどまった。安馬が12勝を挙げていよいよ大関が近づいた。
・優勝決定の一番 14日目 白鵬(上手投げ)琴欧洲
 白鵬両足跳びで立って右四つ左上手、琴欧洲も右差し左おっつけのあと左から引っ張り込んで左上手。結局がっぷりとなり、引きつけ合いから白鵬上手投げ気味に振ろうとすると琴欧洲堪え、琴欧洲の上手は伸びているがまた土俵中央で引きつけ合う。 白鵬また左から振ろうとするが、琴欧洲堪える。次いで琴欧洲引きつけんとすると白鵬引きつけ返して右に振る。一呼吸、白鵬右を筈にして上手を切り、頭をつける。琴欧洲が左からおっつけると、白鵬左を引きつけて右を差し込み下手、右肘を張って琴欧洲に左を使わせず、機を見て左上手から振り、はね上げて櫓気味に向正面に裏返した。
・好勝負
  2日目 垣添(押し出し)春日王

 立ち合い再確認の影響を象徴した一番。垣添とんでもなく早く、春日王右を下ろさぬまま立ってやり直し。 2度目も垣添早く仕切り、無理矢理呼吸は合わせたが春日王全く手着きなくやり直し。 3度目と 4度目は垣添勝手に立ってやり直し。 やっと合わせて 5度目、垣添左右のおっつけから右左と筈、春日王右で抱えて振ると垣添残して左右からおっつけ、左おっつけ右筈で押し上げ、正面黒房寄りに押し出した。勝ち名乗りを受けて赤房下に下りた垣添は、兄弟子である赤房時計係の藤島審判(武双山)に怒られた。
  3日目 魁皇(上手投げ)稀勢の里
 魁皇右で張り気味に立って左差し、右上手を狙ったが取れない。稀勢の里は左を差して右から攻めて正面に出ながら上手を狙ったが届かない。互いに左下手、両者右でおっつけ、魁皇は稀勢の里の下手を切り、稀勢の里が下手を引き直すと同時に魁皇右で上手。 一呼吸して魁皇白房に寄り身を見せ、一転して強烈極まりない右上手投げを放ち、稀勢の里を正面に投げつけた。稀勢の里左の手着きなし。稀勢の里は白鵬から金星を挙げたが体調不良で病院からの場所入りとなり大負け、他にも若手に不調力士が多く、この場所の翳を濃くした。
  4日目 朝青龍(寄り切り)稀勢の里
 朝青龍右喉輪左おっつけで押し、稀勢の里が上体だけで押し返そうとすると朝青龍まともに引き、稀勢の里が両手で喉を押そうとすると朝青龍左に廻って左後ろ褌を取り、稀勢の里の右後ろについて西に送り出した。相撲そのものは極めて平凡なものであるが、 稀勢の里左手着きなく、朝青龍左をおろさず、全くもって救い難い。この日の幕内後半戦の審判長は貴乃花であるが、琴光喜に安美錦の取組もこれと同然の手着きのなさでありながら見過ごした。 三保ヶ関(増位山)と放駒(魁傑)の両審判長は厳格だったが貴乃花は殆ど何もせず、不統一が際立った。
  8日目 豊ノ島(寄り切り)朝青龍
 朝青龍右足を出したものの全くぼんやりとした立ち合い、左四つ両廻しを一応は取り、右に廻る。豊ノ島は両差し狙いから左差し右で前褌、左に巻いて出し投げのような動き。朝青龍応じて左を突きつけ上手を切る。 豊ノ島はやや深くなったが上手を取り直し、朝青龍が両廻しを引きつけて西に出んとすると、豊ノ島堪えるなり左腰を入れて上手を切り、朝青龍が右を巻き替えると豊ノ島はすぐさま左を巻き替える。朝青龍は右上手を欲しがるが取れず、豊ノ島は左腰を引いて嫌う。 朝青龍右を巻き替えんとしたが鈍く、豊ノ島は右を引きつけ左でおっつけて青房に出た。朝青龍は俵に詰まって左へ小逆手を振るが、はずみか右踵で蛇の目を踏み、凝視した三保ヶ関審判長が右手を挙げて朝青龍の敗北を宣した。 朝青龍は踏み切ったあと豊ノ島の左外筈を左足一本で堪えて豊ノ島の右を切り、赤房に歩いて左で胸を突いて寄り切ったが所詮は附録、庄之助の軍配は朝青龍をさしたあと審判長を見て豊ノ島に廻され、朝青龍は審判長や行司に言葉を投げるも覆ることなどあるわけもなく、珍しく西の二字口で礼はしたが、次に見たのは庄之助の背、審判長を見やる姿は哀れそのもの、事態を呑めぬまま退っていった。 朝青龍は翌日も負けて 9日目で 4敗、連続休場となった。
 10日目 白鵬(寄り切り)安馬
 11日目 白鵬(突き落とし)豪栄道

  1敗同士の天王山 2戦を乗り切った白鵬。安馬とは呼吸合わず白鵬立って 2度やり直し。安馬左おっつけ右喉輪、白鵬構わず右から引っ張り込まんとし、安馬が嫌って突っ張ろうとすると白鵬右で抱えて左おっつけ、次いで左を差して下手、安馬も左下手を取って左腰を引き、白鵬の右上手を嫌う。白鵬やおら右を巻き替え、安馬が右を巻き替えると白鵬左から引きつけて正面に寄り、寄り切った。 翌日の豪栄道も相手にしなかった。白鵬右で張って左を差そうとすると豪栄道は右前褌を取ったが、白鵬左を抜いて僅かに抱えて小手に振り、右で首を押さえて青房にすっ飛ばした。
 14日目 豪栄道(押し出し)安馬
     魁皇(押し出し)琴光喜

  2敗で喰いついた安馬と琴光喜、痛い星を落として白鵬を見失った一番。安馬は豪栄道と頭で当たり合い、豪栄道が右差しを狙うところ安馬は左おっつけ右で肩を突こうとしたが、下に入っていた豪栄道が右を開いて安馬の両腕を払いのけた。安馬は白房に突っ走って左足を踏み出した。なお豪栄道はこの相撲で10勝に乗せた。 一方、前日幸運な星を拾った琴光喜は運を使い果たしていた。なかなか呼吸合わず、琴光喜立ったがやり直し。琴光喜右を固めて当たりながら左喉輪で突き上げると、魁皇これを引っ掛けて右に廻り、突っ張って正面に攻めながら左差しを狙う。 琴光喜右おっつけ左喉輪を見せると魁皇またこの左腕を引っ掛け、右から左と喉を押し、琴光喜が頭を下げて左差し右おっつけから組もうとすると魁皇右おっつけで左に押し、喉を攻め立て左で胸を押して向正面に押し出した。とんでもなく強い魁皇がいた。
○平成20年11月 優勝 横綱 白鵬 翔 13勝 2敗 9
 本命と呼ぶことすら躊躇される朝青龍は、この場所は初日からいなかった。本命中の本命である白鵬は、初日早々投げ捨てられ、安定感に乏しい土俵を続けた。 安馬は力みすぎて 3・ 4日目と連敗したが、乗り切れないなりに星を伸ばした。雅山が前半特に元気で初日から 7連勝し、 8日目を終わって 1敗が雅山と白鵬で、 2敗には千代大海・安馬をはじめ 9人。さらに10日目には 1敗は変わらず 2人、 2敗が安馬と把瑠都の両関脇、 3敗に 7人という形となり、 終盤に白鵬が抜け出すかと思われたが12日目に安馬に簡単に倒された。ここで 2敗が白鵬と安馬、 3敗に琴光喜・雅山・嘉風。 翌日琴光喜と雅山が脱落し、嘉風は14日目まで 3敗を守った。白鵬と安馬は千秋楽まで星を伸ばして決定戦で相見え、熱戦を制した白鵬の三連覇となった。 魁皇は右大腿の故障を押して出場したところ左上腕まで痛めて途中休場、他の大関は一桁どまりだった。相撲内容は並程度であったが、活躍力士が多く華々しさのある場所だった。 安馬は優勝同点の13勝を土産に大関に昇進、日馬富士と改名した。
・優勝決定の一番 決定戦 白鵬(上手投げ)安馬
 安馬両手突きから右喉輪、次いで左で突こうとすると、白鵬この腕を押さえて左四つに組もうとするが、安馬は右を入れて左でおっつけ、頭を下げて正面に出ながら左を差し下手。白鵬はやや深いが右上手を取り、左を入れ、次いで前褌。安馬は右を巻き替えるが白鵬左を引きつける。 安馬の右は筈、これで白鵬の左を切ったが、次の瞬間には巻き替えられた。かくて左のがっぷり四つ、白鵬先に吊り身に引きつけると安馬引きつけ返し、右を切られた安馬が巻き替えると白鵬も右を巻き替えて右がっぷり四つ。安馬は上体を左に倒す。 数呼吸、白鵬引きつけて赤房に出んとすると安馬引きつけ返して堪えるが、白鵬が右を前褌にして安馬の左を切り、右を開いて左上手から振り、右で頭を押さえ、安馬が堪えると右脇で安馬の首を極めんとする。安馬は右下手一本、左でおっつけんとしたが、数呼吸して右で首根を押さえつけ、左上手投げにいって正面に裏返しに捻じり倒した。
・好勝負
  7日目 阿覧(寄り倒し)垣添

 阿覧左で張ったが垣添構わず頭を下げて左筈右おっつけ、阿覧左で肩を押さえ、やおら右から突き放して突っ張ろうとする。垣添宛がって応戦すると阿覧は突っ張りから左で肩を押さえて頭をつけ合い、垣添が引き落として崩そうとすると阿覧右に廻って引き落とす。 垣添残してまた押し合い、垣添左で叩いて右に廻ると阿覧残してまた頭のつけ合い、垣添左で叩くが阿覧動かない。阿覧は垣添の両手首を取る。控えの和一郎が赤房の田子ノ浦審判と相談している。数呼吸、阿覧右で喉を押してから引き落とそうとしたが、垣添は残る。 ここで田子ノ浦審判が相撲を止めさせる。垣添が右手を逆手にして阿覧の左手首に下がってきたサポーターを掴んでいるためで、白房の鏡山審判や和一郎からも指示が飛び、サポーターから手は外れたが、互いに逸って再開の合図より早く動き出し、もう一度体勢を整えてから再開、垣添嫌って振りほどこうとし、右に廻り、両手で肩を押さえ、また頭をつけ合って右のおっつけで数呼吸。 垣添左で首を叩いて左に廻ろうとしたが、阿覧ついていって左横褌を取り、寄り倒した。
  8日目 高見盛(寄り切り)千代白鵬
 高見盛が左から入ると千代白鵬右から振るなり左喉輪で突き上げたが、高見盛構わず両手で突き放す。 千代白鵬が突っ込んでくると高見盛は右を深く差し、千代白鵬が嫌って左を巻き替えると高見盛はまた右を差し返し、千代白鵬が左おっつけで左に廻って左を深く入れ、右上手を取ると、高見盛は左から起こそうとしたが、千代白鵬は右から出して正面に送り出そうとする。 高見盛は体を廻して右突き落としで青房を背にして向き直り、千代白鵬の突っ張りを凌いで右から押し返し、白房に出て右を差しにいき、千代白鵬が嫌って右に逃れながら引っ掛けようとすると、高見盛両手で喉を押して赤房に押し出した。
  8日目 嘉風(送り出し)豊真将
 豊真将左筈右喉輪で押し上げんとすると嘉風頭で当たって右左と張りざま飛び込まんとし、突っ張って黒房に攻め込み、豊真将が左を差すと嘉風右から突き落として左喉輪から飛び込もうとする。豊真将挟みつけて東に突き返し、なお両手突きを見せる。 嘉風左に廻って右喉輪で突き返し、右上手を狙ったが取れない。豊真将が頭を下げて左筈右喉輪で東に攻めようとすると、嘉風両手で突き返し、次いで左に飛んで肩透かし気味に右で叩いた。豊真将は右外筈を効かせたがつんのめり、嘉風は赤房を背に反り返り、互いに残ってかまし合い、豊真将が左を筈にすると嘉風左右から喉を突き、右から去なして白房に送り出した。豊真将左の手着きなし。 嘉風はこの場所急成長を見せ、素早い攻めが際立った。
  9日目 雅山(寄り切り)黒海
 雅山両手突きで立ったが突っ張り合いにならずすぐに左四つ、雅山両廻しを引くが右が一枚。黒海は左下手一本。雅山が右を取り直そうとすると黒海左下手投げを打つ。雅山は慌てて右を一枚取って残すや向正面に下がって透かし、さらに左に廻って片手波離間投げの恰好で逃げようとしたが、黒海は追いかける。 雅山は無理矢理右小手投げにいったが、黒海は左から突き落とした。雅山の手着きがほんの僅か早く、軍配は黒海、西の井筒審判から一呼吸遅れて物言いがつき、同体取り直しとなった。幕内に何年もいるくせに黒海は塵を切らず、蹲踞は左に傾ぎ極めて不真面目。 呼吸合わず雅山立ってやり直し。雅山の両手突きを黒海はね上げたが雅山突っ張る。黒海は左差しを狙い、雅山が右でおっつけんとすると黒海左で叩き、右に廻って引き落としを連発、黒海が頭を下げると雅山右に廻って叩き、突っ張ろうとしたが、黒海東に出る。 雅山は左に廻り、黒海が叩こうとすると雅山は右喉輪、黒海左から去なして互いに左下手、雅山は右上手を引いて赤房に寄る。黒海右でおっつけて堪える。再度雅山寄ろうとすると黒海左下手投げで左に廻ろうとしたが、雅山なお向正面に寄り、右上手投げで左に寄り切ろうともする。 黒海右に廻って残すと雅山は左筈。黒海は右で雅山の左手首を取り、次いで両差しを狙う。雅山が嫌って右から出すと黒海は左から逆捻りの形。雅山残して左筈。ここで和一郎飛び込んで廻し待った。黒海の廻しを締め直して再開、黒海右で絞るが、雅山は向正面に寄らんとし、赤房から東に寄り進んで寄り切った。 取り直し後は激闘(雅山は 3日目にも豪風と 2分の相撲を取っている)となったが、黒海の振る舞いは実にひどかった。
 10日目 高見盛(寄り切り)鶴竜
 好調の高見盛が左から入ろうとすると鶴竜望み通り右を入れて下手を引いたが、高見盛は覗いた右を返して左上手を取り、鶴竜が右半身になって左でおっつけんとすると高見盛引きつけて西に寄り詰め、鶴竜に堪えさせず寄り切った。 鶴竜は右足が土俵に乗ったまま溜まりに落ち、その脛の上に高見盛の左足が乗ったため、鶴竜の右膝が壊れ、また恰度西審判前の踏み俵の部分が大きく抉れる形で土俵も崩壊した。
 11日目 豊ノ島(切り返し)安美錦
 豊ノ島両差しを狙うと安美錦左でおっつけながら右上手を取るが、豊ノ島は左に廻るや右を大きく返し、安美錦が下がって右上手投げを見せると豊ノ島左膝で切り返す。安美錦は行司正直の首に左手を掛けて残そうとしたが、烏帽子が滑って向正面に尻から落ちた。土俵が急に明るくなった。
 12日目 安馬(下手投げ)白鵬
 白鵬ロクに踏み込まない凡庸な立ち合いで右差し狙い、安馬突っ込んで左外筈右喉輪から左を筈にして左差し、さらに右も入れて両下手を引き、すぐに左で白鵬の左足を押さえながら右から下手投げを打つと、白鵬脆くも宙に舞って右手から土俵中央に崩れ落ちた。 これで安馬は白鵬に 2敗で並んだだけでなく、大関昇進に向けて自ら道を大きく切り開いた。
前画面に戻る