平成21年
◎平成21年 1月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 14勝 1敗 23
 新大関日馬富士が初日から 4連敗し、千代大海と魁皇ともども 8勝。琴光喜は大きく崩れて終盤に休場となった。 把瑠都が初日から 6連勝、豪栄道が 7日目まで 1敗と好調な土俵を見せたが、両者とも琴欧洲の前に屈した。 栃煌山が中日まで土つかずで走って両横綱と並走し、このとき 1敗は琴欧洲と把瑠都。その後白鵬が10日目に日馬富士に敗れたが、休場明けの朝青龍は勝ち続ける。 終盤は両横綱の一騎討ちの体となり、 1差の横綱戦で白鵬が勝って決定戦に持ち込んだものの、連勝ならず賜盃は朝青龍の手に渡った。琴欧洲は10勝した。 特に序盤の相撲内容が良く、後半は幾分下がりはしたものの優勝争いの方に注目が注がれ、熱気が漲った。
・優勝決定の一番 千秋楽 白鵬(寄り倒し)朝青龍
         決定戦 朝青龍(寄り切り)白鵬

 勝ちっ放しの朝青龍に 1敗の白鵬が当たる賜盃を賭した勝負だったが、特に本割は大凡戦だった。 まず本割、朝青龍先に漫然と立つと白鵬左肩を僅かに出して当たり両差し、白房に寄り進んで右を突きつけ行司溜まりに朝青龍を吹っ飛ばした。 決定戦は本割と違って綺麗に立ち、両者ともに両差し狙いで五分に当たり合って白鵬無雑作に右から引っ張り込むと、朝青龍左下手を深く取って頭をつけ、右から絞る。 白鵬右上手を肩越しに取って自らを危地に引き入れると、朝青龍は左下手投げを打って右下手前褌、一呼吸して白房に寄り、左おっつけで堪えんとする白鵬を寄り切った。 決定戦は白鵬が充実を欠き、凡戦にまでは下がらなかったが、今一つの感は拭えなかった。さらに朝青龍は勝ち名乗りを受けたあと、間をおいてから土俵の上で両腕を挙げてひとり悦に入り、 なお喜びに浸るを超えて溺れたまま両腕を挙げて花道を下がっていき、千秋楽 4日後の29日に理事長から師匠高砂への注意、31日には高砂から朝青龍への注意となった。
・好勝負
 初日 嘉風(送り出し)日馬富士

 日馬富士左で張って右でおっつけながら左上手を狙ったが、頭で突っ込まず胸を出した。嘉風は頭で当たって左筈右喉輪で一瞬押し上げるや左に変わって右へ引いた。日馬富士は西にすっ飛び、白房に送り出されて溜まりに正座してしまった。 新大関は光り輝く銀鼠の廻しに替えて臨んだが、廻しより力みのほうが目立って 3連敗、黒の廻しに戻した 4日目にも敗れ、ようよう勝ち越しに繋ぐまで大変な苦闘を強いられた。
  3日目 千代白鵬(押し出し)鶴竜
 千代白鵬が突っ張ると鶴竜宛がいながらやや西に下がり、右に廻り込んで左から張り、右上手を取って黒房に出んとする。千代白鵬は左から掬って左に廻り込み、右をこじ入れんとする。鶴竜は頭をつけ、次いで赤房に下がって右から出したが、千代白鵬は東に出た。 鶴竜は右を離して左に廻り、左から突き落とそうとする。千代白鵬が辛うじて残ると鶴竜左に廻るが、千代白鵬突っ張って白房に出る。鶴竜右に廻り、向正面で左に廻って左上手を取り、振ろうとする。千代白鵬残って突き合い、千代白鵬叩いて向正面を右に廻ろうとする。 鶴竜は右喉輪で突き上げ、さらに突っ張って赤房に攻める。千代白鵬は右から左とおっつけて外すや右筈、鶴竜嫌って黒房に下がりながら引き、さらに西に廻って叩き落とそうとしたが、千代白鵬が辛うじて黒房で粘っているうちに鶴竜が西溜まりに飛んでいった。好戦。
  6日目 豪栄道(寄り切り)日馬富士
 日馬富士左おっつけ右で肩を突き上げるが、豪栄道は右前褌を引いて堪え、左も上手前褌を引いて右四つ、赤房に一気に攻め込み、日馬富士が左上手を引いて左に廻ると、豪栄道そのまま向正面に寄り出した。 豪栄道の出足速の攻め、この場所は強さを増して10勝した。
  6日目 把瑠都(上手投げ)琴光喜
 把瑠都右に踏み込んで左前褌を狙いながら右上手を取ろうとし、右肩で当たろうとした琴光喜が突っ張ろうとすると把瑠都は右上手。 琴光喜左を抜いて右四つとしたが、把瑠都は左上手を深く取る。琴光喜が右半身になって把瑠都の右を切り、右下手を取って把瑠都の左をも切ろうとすると、把瑠都は左を離さず機を見て引きつけて西に寄り、左上手投げで黒房に倒した。 把瑠都は中盤まではとんでもなく大きな取り口で快進撃を見せた。
  7日目 魁皇(小手投げ)豊ノ島
 晩年も晩年の魁皇であるが、上体の力はまだまだ強く、前場所も豪栄道の左肘を傷つけたが、この場所は豊ノ島が壊された。 豊ノ島が両差しを狙うと魁皇左を差し勝ち右上手、左下手一本の豊ノ島が腰を入れて魁皇の右を切ると魁皇は右で抱え、両手で豊ノ島の左を取り、腹に挟んで小手投げで振った。豊ノ島は慌てて左を抜いたが逆に曲がった後で時既に遅く、白房に飛び出していった。 豊ノ島は翌日から休場に追い込まれ、12日目には豪風も振り飛ばされた。
  7日目 朝青龍(送り出し)嘉風
 朝青龍両手突きから突っ張ろうとしたが嘉風突き返して左で張る。朝青龍左から大きく張ろうとすると嘉風飛び込んで両差し、朝青龍すぐさま右で首投げを打ち、嘉風が残して左差しに飛び込むと朝青龍は覗いた左から突き落とし、赤房に出した。 嘉風はこの場所の朝青龍を最も苦しめたといえる。朝青龍は 7連勝としたが、また我を忘れて相撲を乱し大恥を曝した。
  8日目 栃煌山(押し出し)豊真将
 栃煌山左筈右喉輪で起こして左を覗かせ両差し狙い、豊真将が左に廻って左右からおっつけると、栃煌山両差しで右を突きつけ東に寄り出した。 栃煌山は土つかずで勝ち越し、ここで息切れを見せたが10勝に乗せた。
  9日目 北勝力(押し出し)土佐ノ海
 大珍相撲。北勝力両手突きから右喉輪で押し込むと土佐ノ海白房に後退、北勝力なお左右と喉を攻めつけ、土佐ノ海が向正面で頭からかまそうとすると北勝力やや右に下がって僅かに引き、すぐに左喉輪右おっつけで赤房に押し、次いで両手で頭を挟んで引いた。 この間、行司和一郎は向正面から赤房、さらに東に動いて動きを見ていたが、相撲が向正面から赤房に流れてきたので和一郎、土俵中央を西方さして猛ダッシュ、すると土俵のど真ん中には北勝力の左足があった。 北勝力の鮮やかな蹴手繰りで和一郎は西に華麗なるダイビング、そのまま右に横転して溜まりの黒海の前に落っこちた。観衆の視線が緑の装束の転げるさまを見やるとき、土佐ノ海は押し返すと見せて右に廻って北勝力を引き落とそうとした。 北勝力は残して左喉輪、土佐ノ海は右からおっつけ、土俵中央やや東寄りで両者突っ張り合っている。和一郎は西溜まり春日山審判の前から颯爽と土俵に駆け上がり、白房下で戦況を見る。 北勝力と土佐ノ海、ともに右喉輪で押し合い、北勝力はさらに左喉輪で正面に押し、土佐ノ海が右に廻って手繰ろうとすると、北勝力その左で胸を押して西に押し出した。館内はやんやの喝采、勝ち名乗りを受けて向正面あたりを見やった北勝力はそれが和一郎に向けられたものだと気づけたかどうか。 和一郎は軍配に顔面を強打したが、そのまま次も裁いた。
  9日目 白鵬(上手投げ)把瑠都
 把瑠都左で前褌を狙うと白鵬は両足跳びで立って右肩から当たり両差し、左を返して西に煽ろうとした。把瑠都は左突き落としで左に廻って右四つとし、両者右下手一本、上体をほぼ水平にして逆足の恰好、左上手狙い。 数呼吸、ほぼ同時に両者左上手を取り、一呼吸して引きつけ合い、僅かに白鵬勝って上手投げ気味に右に振り、次いで把瑠都の上手を切らんとする。把瑠都許さず数呼吸、白鵬再度右筈で上手を切ろうとし、次いで両廻しを引きつけて右へ横吊り。 把瑠都白房で引きつけ返し、土俵中央に戻って数呼吸、把瑠都が引きつけんとすると白鵬は右二枚蹴りや右内掛け気味に足を出し、また数呼吸、把瑠都が引きつけんとすると白鵬腹に乗せて左から振り、右で頭を押さえて得意の左上手投げを打ち、把瑠都を東に叩きつけた。 白鵬は力相撲を制したが、翌日日馬富士に敗れ、14勝を挙げたとはいえ安定感を喪失したまま場所が終わってしまった。
  1月30日、十枚目(元幕内)若麒麟が大麻所持で逮捕された。東京六本木の音楽制作販売会社事務所において乾燥大麻を所持していたというものであり、翌日若麒麟は引退届を出したが、 協会は受理せず 2月 2日に解雇処分とした。
△平成21年 3月 優勝 横綱 白鵬 翔 15勝 10
 この場所も中盤には両横綱の一騎討ちとなり、互いに 9連勝と星を伸ばしたが、朝青龍はここで精根尽き果てて左肘痛を再発させ、 ズルズル崩れて 3大関に喰われ、14日目には白鵬の優勝が決まりそのまま全勝した。朝青龍は失速こそ目立ったが11勝。大関は琴欧洲と日馬富士が10勝を挙げたが、 魁皇は兎も角琴光喜も 8勝どまりで、千代大海に至っては急激に体が萎んで負けること13、皆勤大関としての最多敗記録を塗り替えてしまった。 活躍力士は多くなく、相撲内容は中盤が大変良かったが序盤と終盤は悪く、今一つの場所となった。
・優勝決定の一番 13日目 白鵬(上手投げ)琴欧洲
 琴欧洲右で肩を突いて左前褌狙い、白鵬は左で踏み込んで左前褌狙い。白鵬左を差して返し右を捻じ込もうとしたが、琴欧洲左でおっつけ左四つ、互いに下手を引く。 琴欧洲は右上手を狙うが取れず、左から引きつけんとする。白鵬は腰を振って下手を切り、右を巻き替える。同時に琴欧洲も巻き替えて右四つ、白鵬左が切れて両者右下手のみ、琴欧洲左でおっつけて赤房に寄る。 白鵬俵に詰まって左上手を取るなり体を捻って上手投げを打ち、投げ捨てた。 2敗の朝青龍はこの日こそ結びで勝ったものの翌日敗れ、その時点で白鵬の優勝が決まった。
・好勝負
  5日目 魁皇(寄り切り)雅山

 魁皇は左差し右おっつけ狙い、雅山は左で肩を突きながら右差し狙いの恰好、雅山両手突きから右喉輪で東に攻めんとすると魁皇左おっつけ右喉輪で応戦すると見せて左に廻り、一瞬見合って雅山が突っ張らんとすると魁皇宛がって右から去なし右で廻しを狙う。 雅山白房に下がって右に廻りながら左で叩く。魁皇ついていって飛び込もうとすると雅山右に廻って右から突き落とす。魁皇が向き直ると雅山両手突きから突っ張って西に出んとする。魁皇引いて引いて左に廻り土俵を三分の一周、土俵中央に入って雅山の両手突きを魁皇はね上げて右下手を取り、 雅山が嫌って切ろうとするところ、魁皇白房に攻め入り、雅山が左に廻って右へ振ろうとすると、魁皇左を筈にして正面黒房寄りに出て寄り出した。互いに大関として在った12年11月の捻じり合いが思い出された。
  7日目 垣添(寄り切り)木村山
     豊桜(上手投げ)朝赤龍

 この 2番は連続で、行司は木村庄太郎、正面審判長は三保ヶ関(増位山)である。頭で当たり合って垣添両筈にならんとすると木村山左から去なしを見せ、右喉輪から突っ張って赤房に出んとする。垣添右へ引いて左に廻り、向正面で左筈右外筈で押し返す。 木村山右外筈から崩して青房に攻めようとしたが、垣添左半身になって左を差し、懐に入って両差し、赤房に出る。木村山は右小手投げが効かず、逆に左から突き落とそうとして右足が赤房に踏み切った。 垣添がそれからでんぐり返って庄太郎の軍配は木村山にあげられたが、物言いではなく審判長の指示だけで垣添にあげ直させられた。 審判長は庄太郎が単に東西を勘違いしただけと踏んだのかもしれないが、庄太郎が木村山の右足を全く見なかったもののように思われるので物言いをつけて差し違いとするのが本来であろう。 次はもっとひどかった。朝赤龍左下手を狙うと豊桜両手突きから左喉輪、右で朝赤龍の左を嫌って西に引き、豊桜の突きを朝赤龍宛がって防ごうとすると豊桜なお突っ張って起こし、左に廻って引き落としたあと右喉輪から左喉輪右おっつけ、朝赤龍頭を下げて攻め返さんとすると豊桜右に廻って引き落とし、また突っ張る。 朝赤龍は左を手繰るが、豊桜なお突っ張る。朝赤龍宛がって右下手横褌を取り、正面に出んとしたが、豊桜左上手を取って青房に廻りながら右で頭を押さえて上手投げ。朝赤龍が右下手を突きつけて靠れ込むと、左足一本の豊桜は先に飛び、庄太郎の軍配は迷いなく朝赤龍なのに、物言いがついて協議に時間もさしてかからず、 朝赤龍の左肘が先に落ちたとして差し違いにされた。これはとんでもない。 5日目には垣添が豊真将の髷を引いたまま引き落とし、故意とは思えぬまでも物言いがつけられずにしまうなど不安を抱かせたが、11日目には極めつけの事例が発生してしまった。
  9日目 朝青龍(押し出し)把瑠都
 把瑠都右でかち上げながら左前褌を狙うと朝青龍両足跳びで立って左下手、頭をつけて右で絞る。把瑠都は右で抱える。朝青龍は右で内無双を見せるが効果なし。朝青龍なお右で絞るが把瑠都の左は筈。数呼吸、把瑠都焦れて左から上手を取りにいき、朝青龍両差しになって左から掬い、左下手を深く、右下手を浅く取る。 把瑠都は右上手を肩越しに取って左で朝青龍の右を嫌う。把瑠都白房に出んとすると朝青龍吊り身に左に振り、黒房に出んとする。把瑠都右を引きつけて堪えると朝青龍左が切れるが取り直す。一呼吸、朝青龍首を把瑠都の右脇に突っ込んで両下手を深くするなり居反り気味に右後ろに振り、把瑠都の右上手を切って東に寄る。 把瑠都は左で抱えて右でおっつける形。ややあって把瑠都が左右で抱えて合掌しようとすると、朝青龍揺さぶって起こし両筈の形で押し出した。 朝青龍は全身をフルに使って把瑠都を倒したが、疲れ切ってしまった。
 10日目 豊真将(寄り切り)安美錦
 安美錦低く当たって左筈右で肩を押し上げたが豊真将右おっつけ左筈、安美錦下から右喉輪で突き上げると豊真将左筈右おっつけで攻め返さんとする。安美錦なお左筈右喉輪で突き上げて東に攻めるが、次いで狙って取った右上手がとんでもなく深く、豊真将は左差し右おっつけで赤房に出た。 錦太夫は位置取りが悪く、向正面から東に逃げようとしたが、安美錦の右足に掛けられて真ん前に倒れる。安美錦はさらに右足を内搦みに出したが、豊真将そのまま寄り切った。錦太夫は膝で歩いて逃れ、そのまま東に軍配をあげた。安美錦には 8日目に木村正直が右の草履を踏まれている。
 11日目 若の里(突き落とし)琴奨菊
 若の里両差し狙いで二本ともこじ入れんとすると琴奨菊堪えて右で抱え、左を巻き替える。若の里赤房に出んとすると琴奨菊左下手を引いて肘を張り、右からおっつけて上手を狙うも取れず、左に廻って右巻き替えを試みるが入らない。 若の里右で抱えて白房に出んとするが琴奨菊動かず。琴奨菊また右を巻き替えようとするが若の里許さず。琴奨菊右でおっつけて東に出んとすると若の里堪えること数度。琴奨菊東にがぶって出ると、若の里右から突き落としにいき、左から叩いて這わせようとしたが、琴奨菊が右手から落ちる前に飛び出した。 軍配は迷うことなく琴奨菊で、琴奨菊に懸賞が渡らんとした時に至って高砂審判長が物言いをつけ、さほど長くない協議で差し違いとされた。筆者はこの判断を誤りと考えるのは勿論で、これはこれで問題であるが、もっと重大なのは物言いをつけさせた原動力がビデオ室の示唆によるということである。 ビデオはあくまで参考資料として供されるものであり、審判委員の判断が優先されることになっているのだから、言うまでもなく越権行為であり、かかる容喙は断じて許してはならない。
 12日目 嘉風(送り出し)山本山
 これは一種の珍相撲、テレビ中継としてはギリギリの映像であった。山本山右を固めて左から肩越しに上手を取ろうとすると嘉風右筈左おっつけ、山本山右から押し返そうとして空を切り、嘉風の右を取って引っ掛け、体を入れ替えたが、嘉風赤房に堪えて両差しになり、土俵中央に戻って左に廻り肩透かし、さらに右喉輪左おっつけ。 山本山右喉輪を見せると嘉風右で張って両筈で赤房に押し、山本山が左小手から振ろうとすると嘉風右筈から崩して山本山の後ろに廻り、山本山が土俵の真ん中で体を右に廻して振り廻そうとすると、嘉風は左で後ろ立て褌を掴んで右に振り、黒房に送り出した。山本山は弄ばれ、尻丸出しの完敗、廻しが緩むのではなく、肉が緩いのだ。
 13日目 山本山(上手投げ)豊ノ島
 翌日の山本山…に負けた豊ノ島は爆笑大サーカス相撲だった。山本山右でかち上げてそのまま出る。豊ノ島左おっつけで左に廻り、右は前褌。山本山は左から引っ張り込もうとする。豊ノ島右下手から捻り、左下手横褌を取って黒房に寄る。山本山は左でおっつけ、右上手を取って堪え、左に廻るや右足ではね上げ右上手投げ。 豊ノ島は右足を軸に一廻転、左下手を頼りに残して向き直り、両筈の形で当たった。山本山は受けて右を開き左上手投げ、無雑作に青房に投げ転がした。
◎平成21年 5月 優勝 大関 日馬富士 公平 14勝 1敗 1
 前場所と比較して若干ながら不安定さを感じさせた白鵬は、それでも初日から勝ち続けて朝青龍の持つ35連勝に迫っていったが、 14日目に琴欧洲に投げ飛ばされて惜しくも 2つ届かなかった。朝青龍は 3日目に完敗したが、相変わらず左が使えないながらも 1敗を死守して追走。 大関 3場所目の日馬富士が初日から白星を並べていき、後半になって少しもたついたが、13日目に白鵬と直接対戦するまで勝ち続けた。 14日目、朝青龍に日馬富士は 1敗同士の大一番、この相撲で日馬富士に壊された朝青龍は、楽日に日馬富士が勝ったことで優勝を逸し、白鵬にも歯が立たず 3敗で場所を終えた。 これで 1敗に白鵬と日馬富士が残って迎えた決定戦、日馬富士が終始攻勢に出て快勝、初の優勝を掴んだ。 他の大関陣は 8〜 9勝ながら存在感を随所に示し、活躍した者も多く、非常に面白い本場所であった。
・優勝決定の一番 決定戦 日馬富士(下手投げ)白鵬
 日馬富士右で肩を突きながら左筈、額でかます得意の立ち合い、白鵬は左を固めはしたものの、右の甘い踏み込みだけでいきなり右から引っ張り込むとんでもない立ち合い。 日馬富士左下手を四ッ辻のあたりに取り、右は白鵬の左と差し手を争い、白鵬が右で抱えて左差しを狙いながら少し西に出ると日馬富士右おっつけから右で膝を押さえて左下手投げ、白鵬右で抱えて残しまた左を差さんとすると日馬富士は右前褌。 白鵬は右上手も取れずまた抱え、左はおっつけもできず廻しは遠く、下がりを一本掴むだけ。一呼吸、日馬富士右で白鵬の膝を押さえつけ左下手投げ、白鵬は右小手投げで押し潰しにかかったが、堪え切れず泳いで左手を土俵中央に着いて敗れた。
・好勝負
 初日 垣添(引き落とし)北勝力

 垣添勝手に立ってやり直し。 2度目も垣添早すぎ、北勝力受けて慌てて突っ張ろうとするところ行司待ったでやり直し。 3度目も 4度目も垣添やはり早くやり直しとなり、垣添は放駒審判長のみならず庄太郎にも注意されるが、 5度目も垣添何ら改善せずやり直し。 6度目、やむなく北勝力がやや早めて両手突きで立つと、垣添当たると見せて右を開き、引き落とした。北勝力の仕切りは全く適正で垣添のみが悪く、垣添には蔭星を与えたかった。無論黒で。
 初日 朝青龍(小手投げ)鶴竜
 左肘の不調から不安視されていた朝青龍は初日からとんだ相撲で冷や汗をかいた。朝青龍右で張って左差しにいき、左前褌狙いが失敗した鶴竜が左右からおっつけると朝青龍は右差し手を返し、左を抜いて右四つ、結局がっぷりで引きつけ合いになり、 鶴竜が白房に出んとすると朝青龍堪えざま抜き上げて吊り落としにいったが、鶴竜右下手を引きつけて残した。朝青龍は両廻しとも切れ、白房に下がって引き、右に逃れて左で鶴竜の右を引っ張り、鶴竜を腰車に一瞬乗せ、鶴竜が左下手を掴んで立ち直ろうとすると、 朝青龍右足ではね上げて小手投げで向正面に裏返した。朝青龍左の手着きなし。鶴竜は白房か向正面に送り出したかったろうが、朝青龍の左の捻じりで体勢が壊れた。
  2日目 垣添(押し出し)黒海
 黒海頭を下げて当たり両手で喉を押し上げ、垣添がおっつけて外そうとすると黒海右喉輪突き、一瞬見合って黒海右に廻って右で叩くと垣添左を覗かせてついていかんとする。 黒海なお右に廻って正面に下がり、左で背を押さえると、垣添は右手から落ち、右足一本の黒海は左足を引いて堪えんとしつつ左膝から落ちた。庄太郎の軍配は垣添で物言いもつかなかったが、垣添の右手がかなり早く、黒海の体は残っていて明らかな誤判。 5日目には安美錦が豪栄道の投げを堪えて吹っ飛ばしたのに、矢鱈に長い協議で取り直しにされ、12日目には豊ノ島が残っているのに玉鷲に軍配があがって物言いがなく、 そうかと思えば14日目になると豊響が時天空を押し出した微妙なところもない相撲にかなり遅く物言いがつけられ、不手際が目立った。
  5日目 琴奨菊(寄り切り)豊ノ島
 互いにライバルとして認め合う両者の対戦とは言いながら、琴奨菊の方が圧倒的に分が良くなっているこの割、 この場所も豊ノ島左から入って右も差そうとしたが、琴奨菊も左を差して右で抱え、豊ノ島が左で掬い気味にして右で絞ろうとすると琴奨菊つけ入って西に寄り、煽って寄り切った。 相撲は何の変哲もなかったが、時間一杯の一つ前の仕切り、時計係の荒汐審判と行司錦太夫の意思疎通がうまくいかず、錦太夫が軍配を返したが三保ヶ関審判長らの指示で通常の時間前の仕切りとなる珍事があった。
  5日目 千代大海(小手投げ)豊真将
 頭で当たり合って千代大海突っ張るが豊真将左筈右おっつけから左でも宛がい、さらに左筈右おっつけ、千代大海も右おっつけ左で肩を押さえ、東で押し合いになる。千代大海僅かに左で首を引き、それから両手で突いて左喉輪右おっつけから突き放さんとする。 豊真将は宛がって堪え、千代大海が右から張ろうとするところで豊真将右に飛ばんとしてよろめいた。千代大海再度両手で喉を押し、右左と喉を押す。豊真将は左筈右おっつけで凌ぎ、左喉輪で押し上げるなり白房を右に廻って引き落とす。 千代大海残して頭でかまし、左喉輪右おっつけの恰好にならんとし、豊真将が左下手横褌を取ると千代大海右小手から振り、続けて引っ掛けて西を右に廻り込み、かまして両手突き。 続けて千代大海がかますのを豊真将右に飛んで叩き、千代大海が残ると両者頭でぶちかまし、豊真将左前褌に手を掛けて青房に出るところ、千代大海右小手から抱えて左で首を捻りながら右小手投げを打つ。 豊真将は足が揃い、左を突きつけようとしたが、千代大海の左足が辛うじて残っているうちに腹から落ちた。伊之助の軍配は一瞬の間をおいて千代大海に上がり、東の桐山審判から同体の物言いがついたが成立しなかった。死闘。
 11日目 時天空(寄り切り)阿覧
 互いに右肩を出して右四つ狙い、阿覧は左上手、時天空は右下手。一呼吸して阿覧出んとしたが時天空動ぜず、次いで阿覧左から出し投げ気味に振って頭をつけ、右で時天空の左手首を掴む。時天空嫌って互いに手を握る恰好になり、暫く争う。 時天空右下手を引きつけて起こそうと図ったが成らず、数呼吸。時天空右足を飛ばして内掛け気味に脅かす。阿覧許さず左を引きつけて右で前褌を取り、機を見てジリジリ東に出んとしたが、時天空はまた右足を内から僅かに飛ばした。阿覧は右を離してしまった。 一呼吸、今度は阿覧右の小股掬いに脅かしてから東に出んとしたが、時天空これも堪えた。阿覧は時間の大半を時天空の左殺しに費やして攻め手がない。時天空は嫌って左手万歳の形にもなる。数呼吸、阿覧焦れて右で喉を押すと、時天空は左でおっつけて左下手前褌を狙う。阿覧は赤房下を左に廻って出し投げ。 時天空ついていき、また同じ恰好から阿覧右前褌を取る。一呼吸して阿覧引きつけて出んとしたが、時天空動かず。阿覧は右が切れ、左上手から捻るが時天空殆どぐらつかない。数呼吸、また阿覧右喉輪、時天空これを左でおっつけ、結局元の体勢に戻る。 ついには時天空、左手を膝に着き、お草臥れの形。ここで水入り。組み直しは互いの廻しが殆ど伸びていなかったことと、廻しを掴んでいた手が二つしかなかったこととでかなりスムーズ、反対側の手首の掴み合いは余計ではあったが、かなり早く再開された。 時天空右を引きつけて左を捻じ込み、右肘を張ると、阿覧は左を切られ、閂に極めて赤房に出たが、時天空は堪えに堪えて右に廻り込み、阿覧が諦めて左上手を取ろうとすると、時天空向正面黒房寄りに出て寄り切った。
 13日目 白鵬(裾払い)日馬富士
 ここからは優勝を争う白鵬・朝青龍・日馬富士を繞る熱戦の記録である。まずは12連勝同士、13日目に当てるのが勿体ないような白鵬−日馬富士戦。この相撲の前に朝青龍は琴欧洲を豪快に投げ飛ばし 1敗を守っている。 白鵬先に立って右から踏み込み右差し、日馬富士左おっつけ右喉輪で突き放さんとしたが成らず左巻き替えも全く無理で右差し左上手の形。白鵬は右下手一本、左で抱えて半身。一呼吸して日馬富士は右で白鵬の右膝を押さえて左上手出し投げを見せ、右を筈にする。 白鵬左から引っ張り込まんとし、次いで右から起こして左前褌を取らんとし、届かないので左で抱えて起こそうとする。日馬富士はまた左に廻って右で膝を押さえて出し投げを連発するが、白鵬は右足を軸にしてぴったりついていく。 白鵬は右下手を引いたまま立ち上がって起こそうとし、次いで左から引っ張り上げんとする。日馬富士は右が深くなるが抗して抜こうとする。白鵬は左でおっつけて西に出る。日馬富士は左の出し投げで体を入れ替え、黒房に出んとしたが、白鵬動ぜず土俵中央に戻す。 日馬富士は頭を顎の下に埋めているが、右は白鵬の左を牽制するのみ。白鵬左で首根を掻いて起こそうとするが、日馬富士はその手に乗らず、右で白鵬の左手首を取るものの、攻め手がなくなった。数呼吸、白鵬やおら右足を飛ばして裾返しの奇襲、勿論日馬富士の念頭にはなく、尻から転がされた。
 14日目 琴欧洲(上手投げ)白鵬
     日馬富士(外掛け)朝青龍

 明くる14日目は優勝争いに激変が起こった日であった。まずは一人だけ勝ちっ放していた白鵬が敗れた相撲。 白鵬右でかち上げながら左で前褌を狙ったが、琴欧洲は左上手を狙って出し投げ気味に左に廻り、右で肩を突いた後右差し、白鵬が右から掬って左を差そうとすると琴欧洲は右で前褌を取り、引きつけて東に出る。白鵬は左前褌も右下手も取れず、琴欧洲なお引きつけて東に一つ煽り、 白鵬が左足を引いて掬おうとするより早く琴欧洲左上手投げを打って白鵬を向正面へ無雑作にほっぽり投げた。白鵬落ち着く暇もなく慌てふためき34連勝成らず、大鵬の壁は厚かった。続いて 1敗同士の朝青龍に日馬富士、翌日は横綱決戦であるから日馬富士は敗れると優勝の目がなくなる。 朝青龍先に立って左で張り右差し左上手狙い、日馬富士はやや右足を左に出して右四つ左上手狙い、逆足ながらいきなりがっぷりの右四つになった。一呼吸、先に朝青龍引きつけて吊らんとすると日馬富士引きつけ返して競り合い、日馬富士上手が切れてやや右半身の形で左のおっつけ。 一呼吸、朝青龍左腰に日馬富士を乗せて吊ろうとするが、日馬富士は左上手前褌を引き、朝青龍が左で櫓気味にはね上げるのを残し、寧ろ引きつけ勝って徐々に赤房に出る。朝青龍引きつけ返しながら右腰を使って上手を切る。 朝青龍の左上手は深く、互いに逆足で数呼吸、また朝青龍が吊り上げんとすると、日馬富士は左横褌を取って右から外掛け、これが左上手投げ気味の右切り返しに変じ、朝青龍は逆とんぼになり地響き打って右腰から潰え去った。 朝青龍は最後には持ち上げることすらできず、哀れ魔窟に堕ち込んで重すぎる 2敗目、歩くことすらままならず、楽日は負けに出てきただけに終わった。
○平成21年 7月 優勝 横綱 白鵬 翔 14勝 1敗 11
  7日目を終えて勝ちっ放しが両横綱と琴欧洲、 1敗には琴光喜ら 4人という展開で、横綱取りの期待もあった日馬富士は 2敗していた。 ここでまず朝青龍が連敗で大きく後退し、白鵬と琴欧洲が10日目まで白星を重ねる。11日目、琴欧洲が千代大海に敗れると、 1敗の琴光喜に白鵬が敗れて 3人が並ぶ形に。 朝青龍は魁皇に負けて 3敗となり、結局10勝どまりだった。12日目朝青龍に負けた琴光喜は翌13日目安美錦にも敗れて 3敗に下がり、この日白鵬と琴欧洲とが 1敗同士で当たって白鵬が勝ち、 残り 2日間を白鵬・琴欧洲・琴光喜の 3人がすべて勝ったので、白鵬が 1敗で優勝、琴欧洲が 2敗、琴光喜が 3敗という好成績を残した。 日馬富士はこの 3人と朝青龍に敗れて 9勝で終わり、魁皇と千代大海は 8勝ながら優勝争いを引っ掻き廻してこの場所をややこしくした。 活躍力士は決して多くはなく、他に把瑠都や安美錦を挙げ得るぐらいだが、相撲内容は比較的良く、充分合格点を与えられる本場所となった。出島が引退した。
・優勝決定の一番 千秋楽 白鵬(下手投げ)朝青龍
 朝青龍左肩を出して左四つを狙うと白鵬も右から踏み込んで左を固め右上手を取り、向正面で差し手を争って朝青龍両下手を引くと白鵬左前褌が取れず巻き替え、西に出ながら左を深くして朝青龍の右を切らんとし、結局左がっぷり四つから朝青龍が右を巻き替えると白鵬も右を巻き替える。 朝青龍は乗じて頭をつけたが左が外れてしまい、起きて左上手を再び取る。白鵬は右を離して一度返し、それから再度右下手。朝青龍下手を切るが白鵬また取り、上体を左に倒す。数呼吸、朝青龍左に飛んで右で上から白鵬の上手を切り、頭をつけて右前褌狙い。 白鵬は右を引きつけ肩を使って起こし、朝青龍がなお右前褌を狙うと白鵬右下手投げで振り、次いで左を巻き替える。朝青龍はここで右前褌を取るが、機を見て右を巻き替える。白鵬は上手を取りにいかず、上体を左に傾けて朝青龍の右を抱える。朝青龍勝負と両廻しを引きつけて西に出ると、白鵬は左でおっつけ、体を開いて右下手投げ、体を廻して投げ倒した。
・好勝負
  4日目 嘉風(打っ棄り)翔天狼

 この 2場所、物言いに関する不手際が非常に多く見られたが、この一番は物言いから協議までは順調に進んだのに説明でしくじった。 頭で当たり合って嘉風両手で喉を押し上げ左下手、翔天狼は応じて右上手から引き、がっぷり。嘉風から引きつけんとすると翔天狼ごぼう抜きに抜き上げ、吊り切れないがそのまま正面に寄り出そうとしたところ、嘉風は青房寄りで思い切って左へ打っ棄り、綺麗に決めた。 行司の軍配は嘉風の右踵踏み切りと見たか、迷いなく翔天狼だったが、物言いは東の立浪(旭豊)か。審判長は高砂(朝潮)、行司の裁きを忘れて「どっちだっけ」と呟き、説明をやり直せば翔天狼が十枚目の若天狼になってしまい、30年程前にラジオDJを軽妙にこなした俤は微塵もなかった。
  9日目 千代大海(引き落とし)朝青龍
 前日稀勢の里に突き落とされて敗れた朝青龍、足を送れないで潰れる負けっぷりにもかかわらず、まだ本人は強気だったようだ。 ところがこの日の負け方は空気が抜けたかのようなものだった。朝青龍右で突いて左肩で当たろうとしたが、左足を引いてしまう。千代大海は頭を下げながら右を固めて右肩で当たり、左喉輪から両手で喉を押して西に出た。 朝青龍は左足を大きく引き、右で宛がいながら左でおっつけるが右足まで下がってしまい、両足とも流れ始めた千代大海が少し下に引くと、朝青龍両足を蹴上げて両手からベタッと落ちた。
  9日目 白鵬(寄り切り)鶴竜
 白鵬先に立って右四つ両廻し、すぐさま鶴竜が左を巻き替えると白鵬白房に突っ走って左を突きつけ寄り飛ばし、砂かぶりは力士かぶりと化した。30年前の千代の富士のような勝ちっぷり、この場所の白鵬は安定感が際立った。
 11日目 豊ノ島(叩き込み)出島
 右差し速攻の出島は左腕を痛めて攻め手を失い、この年は場所ごとに苦戦を続けた。この場所の初日は素晴らしい出足で快勝したものの、それが最後の光であった。 この日の出島、当たって右差し左おっつけを狙ったが動けない。豊ノ島は右差し左おっつけで喰い止め、左で素首を掻き、右上手から透かし落とした。 これで出島は 2勝 9敗、幕内維持が望むべくもなくなったことで、引退を表明した。
 11日目 千代大海(叩き込み)琴欧洲
     魁皇(小手投げ)朝青龍
     琴光喜(寄り切り)白鵬

 この日と13日目がこの場所の分水嶺だった。まず11日目は混戦状態に導いた 1つ目の分水嶺である。 勝ちっ放しの琴欧洲は、朝青龍に勝ちこそしたが一進一退の千代大海戦で、これを落とすとは誰も思っていなかったろう。 頭で当たり合って千代大海突っ張ろうとすると琴欧洲左筈右おっつけで押し上げ、また千代大海頭で当たって左筈右喉輪で押し上げる。琴欧洲は右を覗かせながら左でおっつけ、離れて琴欧洲が頭から出てくるところ、千代大海は左で頭を叩き、琴欧洲の背中に乗って叩き込んだ。 これによりまず白鵬が有利になったが、朝青龍からすれば自分より 2つ上を行く力士が 1人減っただけのこと、まだ他力に縋らねばならないとはいえ、少しは視界が開けたような気がしたかもしれない。 それがまさか豪腕の餌食になろうとは。朝青龍左肩を出して左を差し、魁皇が右で抱えて左を差すと朝青龍は下手を取り、差し手争いから右でおっつけて上手に指を掛けた。そこで魁皇右からブンと小手投げの一撃をくれた。 足が揃っていた朝青龍、左を抜くのは素早かったが、青房にすっ飛んで土俵を飛び出し惨敗した。左肘の弱点が魁皇の十八番を誘発したようなものだった。 充実著しい白鵬は朝青龍と 3つの大差をつけ、あとは佐渡ヶ嶽の両大関を振り切るのみとなった。ということで 1敗の琴光喜を迎え撃ったのだが、返り討ちに遭ったのだから分からない。 白鵬左で踏み込んで右差し左前褌狙い、琴光喜は左右とも固めて左から踏み込み、白鵬右を割り込んで下手を引いたが、琴光喜は右差し手を返して左上手を取り、出し投げ気味に左に廻りながら腰を振って下手を切り、さらに出し投げで振った。 白鵬残して右差し手をぶつけながら上手を切ったが、琴光喜すぐさま頭を下げて右差し左上手に指を掛け、出し投げ気味に左に廻る。白鵬はついていけず、無理な右半身から向き直って右差し狙いのまま左で引っ張り込もうとすると、琴光喜は右を返して左を割り込み両下手を取って赤房に出た。 白鵬は右で抱えて左上手を取り、右を首に巻いたりもして堪えるが、琴光喜は上手を切るや左下手投げで左に廻り、右前褌を狙おうとする。白鵬は右で肩越しに上手を取ると、琴光喜は右下手を一枚取り、左腕を振って上手を切り、また左下手を深く取って白房に寄った。 白鵬は左上手を取って右で首を抱え、懸命に堪えて残したが、琴光喜は左右とも肩まで入り、右上手は取らせてもらえず、琴光喜機を見て西土俵白房寄りに攻め込み、堪えに堪える白鵬を右を突きつけて寄り切った。 これで 3人が 1敗に並ぶ展開、白鵬もそうだが、朝青龍にとってはもっと勿体ないこの日の敗戦だった。
 12日目 時天空(寄り切り)栃ノ心
 時天空左で張ると見せて右差し下手、栃ノ心は浅く左を取ろうとしたが取れずやや深めの上手。時天空は右肘を上げて上手を切り、左からおっつけて割り込み両下手となる。栃ノ心は左上手右上手の順で肩越しに取る。時天空は左下手を前褌にして肘を張る。 栃ノ心が一重の両上手を引きつけて白房に出んとすると時天空は右に振る。数呼吸、時天空左下手を深くして左に廻ると栃ノ心は逆に右上手から腰に乗せて投げようとした。栃ノ心は右上手半身から右足を飛ばすが、時天空は応じて右で外小股に脅かす。 一呼吸、また栃ノ心右足を飛ばすと時天空左に廻り、今度は左を浅くして右を深くした。機を見て時天空が煽って青房に寄り立てると、栃ノ心両上手を引っ張って堪え、右を離しておっつけに替えた。 ここで廻し待った、錦太夫が時天空の廻しを締めにかかると、行司から「そのまま」と指示されたはずの両力士、水入りでもないのに勝手に離れてしまい館内から嘲笑を浴び、栃ノ心に至っては足まで動かし放駒審判長から怒声を浴びる。 仕方がないので組み直すことになるのだが、栃ノ心が持ってもいなかった右廻しを欲しがるせいで紛糾する有様。それでも時間を喰っただけのことはあって、時天空の頭がやや低いがそれなりに元に近い恰好で収まって勝負再開、時天空東に寄ると栃ノ心堪え、右から引っ張り込んで上手を欲しがったが届かない。 時天空再度寄り、寄り切った。この両力士の動きから考えると、立ち合い以外にも定期的に研修をやらねばならぬ項目が多くあるということなのだろうか。
 12日目 白鵬(寄り切り)魁皇
 呼吸合わず白鵬立たずやり直し。魁皇左差しを狙うと白鵬左で踏み込んで左前褌を狙いながら右で抱え、おっつけて一瞬右下手を狙い、魁皇が右で抱えて左を入れると白鵬も左四つに応じ、魁皇が取った右上手を腰を振って切る。 互いに左下手の形、白鵬右でおっつけ、次いで下手を切っておっつけ、右で魁皇の左を殺し数呼吸、魁皇振りほどいて左下手を引き、右上手を狙ったが取れない。白鵬も右上手が取れず、右巻き替えの素振りからやっと上手を取り、引きつけて右切り返しを見せながら黒房に出て寄り切ったものの、左の返しが悪く、また相手が魁皇だったのも悪く、肘が少し反ってしまった。 実はこの肘、意外にも重傷で、左肘を完全に伸ばすと負担がかかりすぎるようになってしまった。
 13日目 朝青龍(櫓投げ)日馬富士
 朝青龍左で張って右四つ左上手狙い、日馬富士は右を差して左に廻り左おっつけ、右で下手を引く。朝青龍は右四つ両廻しを取り、互いに逆足で日馬富士の左手以外は前場所と似た体勢。朝青龍機を見て向正面に寄り、日馬富士が上手を狙って深く取ると朝青龍吊り上げた。 日馬富士残したが上手が切れ、上体を左に倒して朝青龍の右を殺さんとし、左で内無双を切ったが朝青龍揺るがない。日馬富士左で絞りを見せ、上手を狙ったが届かない。一呼吸、朝青龍やおら左腰を入れるや左腿で思い切って櫓に掛け、豪快に右にぶん廻して赤房に投げ転がした。 前場所吊り切れずに潰された日馬富士をこうやってはね飛ばすあたり、朝青龍らしい。
 13日目 白鵬(上手投げ)琴欧洲
 この一番が 2つ目の分水嶺、天王山であった。琴欧洲右四つ左前褌を狙ったが、白鵬左で踏み込みながら右肩で鋭く当たって左上手を引き、右を差し込んで琴欧洲に上手を与えず少し西に寄る。琴欧洲は右下手一本、左でおっつける。白鵬は右下手も取った。 一呼吸、琴欧洲左でおっつけて出んとすると白鵬土俵中央で動かず上手投げを見せる。一呼吸、琴欧洲再度左でおっつけて赤房に出ると白鵬下がりはするが崩れず、左に廻って土俵中央に入る。琴欧洲はジリジリ東に出る。白鵬左に廻り、引きつけて正面に寄らんとし、 琴欧洲が右を引きつけて堪えんとすると白鵬左切り返し気味に脅かして出んとしたが琴欧洲堪え、逆に琴欧洲が左でおっつけて出んとするところ、白鵬体をサッと廻して左上手投げで向正面に倒した。
◎平成21年 9月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 14勝 1敗 24
 両横綱と琴欧洲・琴光喜が序盤を無難に乗り切ったが、白鵬が 6日目翔天狼に引き落とされて金星を与え、 7日目に琴欧洲、 8日目に琴光喜と黒星が 1つずつつき、朝青龍は考えた取り口で勝ちっ放す。 9日目には 1敗同士の対戦で琴光喜が鶴竜を蹴落としたが、10日目から琴欧洲ともども崩れてしまい結局両横綱だけが突っ走る形、 白鵬が千秋楽に朝青龍に追いついたが、決定戦を落として追い越せなかった。日馬富士は琴光喜を崩すきっかけになったが 9勝で、 魁皇は琴欧洲を止めて 8勝。琴欧洲と琴光喜も終わってみたら 9勝で、千代大海は 2勝 2敗から 6連敗して休場した。 他には把瑠都と鶴竜が飛び抜けて良く、全体の相撲内容も良く、上々の場所だった。10日目、木村庄之助は横綱朝青龍の土俵入りこそ引いたが、 支度部屋でめまいを訴えて取組を裁けなくなり、式守錦太夫が 3番担当して行司の割り振りをずらした。庄之助は12日目まで休場した。
・優勝決定の一番 千秋楽 白鵬(寄り切り)朝青龍
         決定戦 朝青龍(掬い投げ)白鵬

  1月と全く同じ展開で、最後までそれをなぞる形になった。本割、朝青龍左肩で当たったが白鵬右肩で当たりざま西に攻め込んで右差し左上手、朝青龍は堪えんとするも左足で蛇の目を蹴り、投げ捨てられた。朝青龍の当たりは悪くなかったが白鵬が良すぎた。 決定戦、朝青龍頭で当たって右で喉を突きながら左前褌、白鵬は右差し狙いで右肩から出るが凡庸。朝青龍すぐに左に廻って出し投げで振り廻し、右筈で正面に攻める。白鵬左に廻って左で抱えながら右を深くし下手を取る。朝青龍の頭が上がった。 白鵬は腰を振って上手を切ろうとした。朝青龍許さず頭をつけ、反対側で差し手を争うかと思うと朝青龍左上手から振り、右で前褌を取る。白鵬これを左で抱えて起こそうとする。朝青龍はなお頭をつけ、機を見て右下手を深くするや向正面に出る。 白鵬は右から掬い気味に起こしながら右に廻り、左上手を取ろうとする。朝青龍は呼吸を入れず左から捻りながら右下手投げを打ち、白鵬が堪えんとすると右を突きつけて体を預けながら引っ繰り返した。 最後に白鵬が下がりを振り廻して悔しがったのと朝青龍の懲りないガッツポーズは興醒めであった。
・好勝負
  6日目 翔天狼(引き落とし)白鵬

 白鵬右差しを狙うと翔天狼額で当たって左おっつけ右喉輪、右を伸ばし、白鵬が嫌って両手で外そうとすると翔天狼また当たりながら左おっつけ右喉輪で東土俵青房寄りに押し込み、白鵬が前に出していた右足に力を入れた刹那、翔天狼は両手で首を挟んで右へ引いた。 白鵬向正面にすっ飛び、そのまま両手から這い蹲って完敗した。この場所白鵬は双葉山の「後の先」を目指すとしていたが、踏み込みが甘く右がへのこ差し、目指してはいけない沈滞期の貴乃花の再現であり、礼もしないで土俵を降りるさまは木鶏どころか用済みの鶏ガラのよう、相手を睨めつけているようでは駄目だ。
  9日目 高見盛(反則)阿覧
 呼吸合わず高見盛立ってやり直し。阿覧右で張って左右とも覗かせる恰好になると高見盛左へ引き落として離れ、阿覧手だけで顔を突き立てながら東に下がると高見盛定石通り顔を出しながら左右いずれかを差さんとしつつ前に歩き、 阿覧が左に廻って顔を張ったり叩いたりすると高見盛堪えて逆に左から素首を引き、阿覧がまた顔を盛んに張りながら赤房に下がると高見盛はつんのめりながら前に進み、阿覧が向正面を左に廻りながら右で引き落とすと高見盛は堪え切れず向正面赤房寄りに四つん這いになったが、赤房の中村審判と西の井筒審判から物言い、阿覧が髷を握って引っ張ったのがかなり悪辣だったため、協議はあっさりと終わって阿覧の反則負けが宣せられた。
 10日目 日馬富士(寄り切り)琴光喜
     魁皇(押し出し)琴欧洲

  1敗でここまで喰いついてきた佐渡ヶ嶽部屋の両大関がこの相撲を境に大崩れした。まず琴光喜、先に立って右で肩を突きながら左でおっつけんとしたが、日馬富士突っ込んで左おっつけ右喉輪で突き上げ、左肩で当たりながら右おっつけ、琴光喜は突っ張り、以後日馬富士は左で張りながら右で突き上げ、琴光喜は右を固めて体当たりするのを 4度繰り返し、日馬富士が左手を出して左に飛ぶと琴光喜追って向正面に進むが例の通りで出足なく、 日馬富士身を沈めて右から左と両下手を深く引き、黒房に出て寄り切った。琴欧洲は極めて呆気なく、琴欧洲が左右とも前褌を狙うと、魁皇右に踏み込んで琴欧洲の左を両腕で掴んで振り、左筈で白房に押し出した。
 11日目 朝青龍(上手投げ)日馬富士
 朝青龍左で張ってやや左に踏み込み、右を差して左上手、日馬富士も左上手を浅く引いて振りながら上手を切ろうとするが、結局はがっぷりになる。日馬富士煽ろうとするが逆に朝青龍引きつけて悠々と対し、日馬富士が上手を切ろうとすると朝青龍許さず、一呼吸して日馬富士再度出んとすると朝青龍引きつけて少し左に振り、やや黒房に下がって一呼吸、強引に左上手投げを見舞い、体を預けて投げ転がした。 この場所の朝青龍は落ち着いた取り口が目立った。
 14日目 土佐豊(渡し込み)阿覧
 土佐豊先に立って右肩で当たりながら両差しを狙うと、阿覧はいつものように左で一つ踏み込んで胸を出しながら右四つ狙い。阿覧頭をつけて左でおっつけ、右で土佐豊の左腕を掴んだ。土佐豊これを嫌って振りほどき、阿覧が右をこじ入れると土佐豊は右から掬って上手を取った。阿覧は右下手を引いて左でおっつけ上手を取る。土佐豊は右で踏ん張って左上手投げで振り、向正面に出るが、阿覧が両廻しを引きつけると土佐豊は上手を切られる。 土佐豊は右下手投げ気味に右に動き、腰を振って下手を切った。しばし動かず、土佐豊が右内掛けにいこうとしたが届かない。阿覧左から引きつけるが土佐豊右で引きつけ返して五分、一呼吸して土佐豊左から攻めて黒房に出ると阿覧左から大逆手気味に体を入れ替えたが、土佐豊はそれ以上に右に廻り、阿覧の左上手投げを右足のはね上げで許さず、 阿覧が反動をつけて右喉輪で突き飛ばそうとすると土佐豊は右下手が切れたがこれも残り、阿覧が逆に上手出し投げで振ろうとすると土佐豊右を突きつけながら阿覧にへばりつき、左で外枠に膝を押さえて青房に渡し込んだ。熱戦にして珍戦、阿覧の無茶苦茶な振り廻しと土佐豊がくっついていくさまはアルゼンチンタンゴのようだった。
 14日目 鶴竜(外掛け)把瑠都
 把瑠都右差し左前褌狙い、鶴竜頭で当たって右で肩を突きながら左でおっつけ、左がっぷり四つ。間をおかず把瑠都吊り身に白房に歩くと、鶴竜堪えて上手投げ気味に右に廻る。鶴竜は左下手を深くする。把瑠都続けて吊り上げたが、鶴竜は右外掛け。この外掛けは高すぎたが、鶴竜の頭が顎の下にしっかりあるのに把瑠都が無考えにまた吊ったので、自ら左足を攫われて引っ繰り返った。 前場所の関脇から下がった鶴竜は11勝、平幕力士の中では最高の活躍を見せた。
 千秋楽 旭天鵬(寄り倒し)雅山
 旭天鵬両差し狙いで立ち、左を差して右で抱える。雅山右上手を引いて向正面に出ると旭天鵬右おっつけで左に振って残した。雅山右上手投げを打つと旭天鵬は右を差そうとするが、雅山これを左からおっつけ、旭天鵬が右を抜くと雅山黒房に出たが、旭天鵬左を上げて堪えた。 土俵中央に戻り、機を見て旭天鵬が右上手を取ると、雅山は正面に出るが、旭天鵬左掬い投げで振る。雅山なお赤房に出ると旭天鵬は右から引っ張る恰好で堪え、雅山が右おっつけから左掬い投げで振り廻すと旭天鵬立ち直って向正面に寄り、左掬い投げを許さず寄り倒した。 正直は高々と雅山に軍配をあげ、そして旭天鵬へと豪快に廻す。雅山は行司溜まりに嵌まり込んで動けず、時間をかけてようよう立ち上がるところ、審判も皆立ち上がって物言い、同体ではないかという物言いだったそうである。物言いをつけるような微妙なところはまるでなかったが。 それよりも重要なことは、三保ヶ関(増位山)審判長が正直の軍配を旭天鵬に対するものとして認定したことである。つまり廻し団扇の場合は廻したあとのものが有効であるということを明示したのだ。 5日目にも伊之助の軍配が安美錦から千代大海に廻され、物言いの末、安美錦が残っていて「差し違い」とされている。 廻し団扇は廻す前の方を有効とするという取り決めがあったはずだが、時間が経てば忘れられるようである。それにしても木村正直の廻し団扇は大変に派手で、テレビ中継の解説の北の富士が「凄い廻し団扇だったねぇ」と驚くやら苦笑するやら。
 千秋楽 豊ノ島(寄り倒し)琴奨菊
  5月場所の項にもこの割は登場しているが、豊ノ島が琴奨菊を倒したこと以外は特に変わったことのある相撲ではない。まずはその手捌きから。 豊ノ島当たって註文通り両差しを果たし、琴奨菊が右で抱えて左おっつけで堪えんとすると豊ノ島白房に寄り、琴奨菊が右でなお抱え上げて右に廻ると豊ノ島左を返して赤房に追い込み、琴奨菊の右小手投げを許さず左を突きつけて寄り倒した。 全く曖昧なところのない豊ノ島の完勝である。ところが玉光の軍配は何の躊躇もなく琴奨菊で、当然ながら余りにも呆気なく差し違いとされた。なお、阿覧の反則と玉光の凡ミスは次場所につながるので、敢えて掲載した。
 千秋楽 把瑠都(上手投げ)稀勢の里
 稀勢の里両手突きで喉を押し上げんとすると把瑠都左おっつけで押し上げ、稀勢の里が左でおっつけると把瑠都左上手を取って左前に廻り、稀勢の里の右を手繰って左上手投げで東溜まりに抛り飛ばした。 この場所の把瑠都は 2日目に日馬富士を突き飛ばし、筈押しや左右のおっつけも駆使し、琴光喜を犬ころ投げで退治して12勝、稀勢の里戦の相撲自体は大したことはないが、大関候補が入れ替わったことを示すような一番となった。
×平成21年11月 優勝 横綱 白鵬 翔 15勝 12
 魁皇が幕内在位98場所の新記録を達成し、 6場所連続 8勝 7敗という珍記録もつくった。白鵬は全勝で年間勝数86の新記録を樹立し、前場所で新記録となっていた連続14勝以上の記録を 6場所に伸ばした。 ただ主軸の白鵬にしてからが満点の出来ではなく、中身の乏しい散々な場所だった。千代大海は初日から 2連勝したあと真っ直ぐ 8連敗、実に11年65場所を務めた大関から陥落することとなった。 朝青龍は前場所ほど動きが良くはなかったものの落ち着いた捌きを見せていたが、12日目からは泥沼に嵌まって 4連敗した。 他の大関は琴欧洲が10勝、日馬富士が 9勝、琴光喜は 8勝だった。平幕では栃ノ心と雅山が12勝を挙げ、11勝の豊ノ島や10勝の琴奨菊、序盤に 7連勝して10勝した嘉風も活躍の跡を残したが、 これだけの名が挙がるのにひどい場所になったのは、中身のない相撲があまりにも多すぎたせいである。
・優勝決定の一番 14日目 白鵬(上手投げ)琴光喜
 白鵬踏み込んで左前褌を狙ったが琴光喜体当たりして右差し左上手、白鵬左おっつけが効かず、右下手から振って左を入れんとしたが琴光喜頭をつけんとする。 白鵬右から掬うが琴光喜左から出して右を差そうとする。白鵬上手を切って自らは上手を探る。琴光喜は右下手に次いで左上手、白鵬は上手が遠く、琴光喜の下手を切っておっつけで上手を取ろうとしたが取れず、腰を振って揺さぶるが、琴光喜は頭をつけた。 白鵬は左でおっつけ、次いで右を深くし、腰を入れて上手を切り、やっと左上手を取る。琴光喜が上手を取ろうとすると白鵬嫌い、琴光喜は下手一本で半身になる。 数呼吸、白鵬上手から振ると琴光喜一瞬両差し、差し手争いから琴光喜が白鵬の右を殺す形、また数呼吸、白鵬上手から揺さぶって右を差そうとすると琴光喜あくまで抗い、結局右がっぷり四つ、白鵬東に出んとすると琴光喜堪える。 一呼吸、白鵬引きつけると琴光喜引きつけ返して右下手投げで体を入れ替えんとする。白鵬引きつけ返して上手投げにいき、やっとのことで赤房に投げつけた。
・好勝負
 初日 雅山(寄り切り)朝赤龍

 雅山頭を下げて両手突きで立つと朝赤龍も頭で当たって雅山の突っ張りをはね上げ、正面に出んとした。雅山は左に下がったあと右に廻って左で頭を押さえ、白房を背にして突っ張る。朝赤龍ははね上げて雅山の右を手繰り、雅山の右喉輪を左でおっつけ、また雅山の右を手繰り左腕を搦めて離さない。 雅山はやっと外して右筈で押し上げ、少し左に引いてなお右筈で捏ね上げ、朝赤龍が右おっつけから右下手を取ると雅山左突き落としで振って左で下手を切り、雅山が左で肩を押さえる恰好で止まった。 一呼吸、雅山右で肩を押して青房に進み、朝赤龍が右下手を引くと雅山左おっつけから上手。朝赤龍は左に上体を倒し、数呼吸。雅山左を引きつけんとすると朝赤龍左前褌を狙うが取れない。また雅山が左を引きつけて出んとすると朝赤龍右下手投げで廻り込む。雅山は左を切られた。朝赤龍は頭をつけて左で上手を狙うが届かない。 雅山はやや持て余し気味だったが、左で朝赤龍の右を切るや右から起こそうとし、朝赤龍が嫌うと雅山突っ張ろうとする。頭をつけ合う形になると朝赤龍は左から去なしを見せたが狙った左上手が取れず、雅山左右からおっつけて向正面に出る。朝赤龍残して頭を下げんとすると雅山左から去なしを見せ、右を差しながら正面に寄り、左上手を取って左に寄り切った。 雅山は初日から 2分に近い大相撲を粘り抜き、これで力尽きることなく大勝した。
  3日目 垣添(寄り切り)岩木山
 垣添鋭く突っ込んで両差し、左を返して右筈で西に攻め、岩木山の右小手投げを堪えて左に寄り切った。岩木山、これまで16戦して負けなかった垣添に遂に敗る。
  4日目 栃ノ心(反則)豊ノ島
 豊ノ島が両差しを狙うと栃ノ心は右を固めながら左で喉を押し、次いで右おっつけ。豊ノ島は左差し狙いを阻まれ、右筈から両筈で白房に押す。栃ノ心が堪えて頭を下げると豊ノ島は左素首落としから両手で鬢を挟んで引き、東の溜まりに引き落とした。 相撲が終わって両力士が二字口に立ったところで向正面の中村(富士櫻)・松ヶ根(若嶋津)両審判から物言い、比較的長い協議で豊ノ島の髷引きにより反則負けとされたが、最も疑わしい最後の左手でも反則とするに値するものではない。
  4日目 日馬富士(押し出し)鶴竜
 日馬富士頭を下げて右前褌を狙ったが届かず、鶴竜右喉輪から突っ張ろうとした。日馬富士突き返して左喉輪で西に出る。鶴竜これを手繰って右に廻る。日馬富士左で張って上体を下げると鶴竜左で叩いて右に変わる。日馬富士やっと残すと鶴竜左喉輪、 日馬富士右からおっつけ左で横っ面を突き放し、左上手を狙うが届かず突き合い、日馬富士が西で見て左を差すと鶴竜これを引っ掛けて右に廻り、突っ張り合いから鶴竜が左腕を手繰るところ日馬富士つけ入って右筈で白房に押し出したが、両者力を抜いてから日馬富士はわざわざ土俵を出て右肩で鶴竜を小突いた。愚の骨頂。
  4日目 豪栄道(送り出し)千代大海
 どうもこの日は悪いことが重なる。千代大海頭で当たれず右喉輪だけ、豪栄道は左横褌を取り、出し投げに脅かして千代大海の後ろにつき、一気に東に送り出そうとしたらそこには玉光がいて、千代大海が玉光を寄り倒した。 玉光は肋骨が折れていて、翌日から休場した。
  5日目 玉乃島(反則)阿覧
 翌日にも悪いことは重なる。阿覧両手で突いたあとその場で三つ突き、左で肩を押さえる。玉乃島は右おっつけの形で見ている。阿覧やおら右で張りざま左で外枠に膝を取るが、玉乃島逆に突っ張って西に出る。阿覧少し左に廻って突っ張りから右へ引き落とし、右喉輪。 玉乃島堪えて一瞬見合い、また阿覧が左で肩を押さえて玉乃島が右でおっつける恰好。一呼吸、阿覧右から叩くと髷引きの形になり、玉乃島が這ってから阿覧気づいて愕然とするも後の祭り、呆気ない協議で 2場所連続の反則を取られた。
  6日目 嘉風(突き落とし)旭天鵬
 これまで散々審判の判断に疑問を呈してきたが、この一番は判断の極めて難しいものであった。旭天鵬左から引っ張り込んで右四つを狙うと、嘉風右を覗かせ赤房に下がって左を巻き替え、旭天鵬がつけ入って左右のおっつけで赤房に走ると、嘉風左から巻きながら右を抜いて突き落とす。 旭天鵬は右肘から落ちながら左を突きつける。嘉風は右足一本で残そうとしたが飛び、それから旭天鵬の右肘が落ちたので軍配は旭天鵬、東の鏡山(多賀竜)と赤房の田子ノ浦(久島海)両審判から物言い。 嘉風が旭天鵬の上に乗りかかったと見るか、旭天鵬に飛ばされたと見るかで白黒入れ替わる厄介なもので、審判は前者と見て差し違いの判断を下し、嘉風初日から 6連勝となった。
  6日目 武州山(引き落とし)琴光喜
 日本大学の田宮と大東文化大学の山内、同学年である。ところが大学時代の実績からして大差があり、 角界入りしてからもそれは変わらなかったが、山内改メ武州山は前年にとうとう幕内に上がり、大関になっている田宮改メ琴光喜に挑める時がきた。 10年前には幕下で当たっているが完敗している。琴光喜右を固めて当たったが、武州山が左右ともに固めて当たり返すと当たり勝ったのは武州山、琴光喜堪えて右を覗かせようとすると武州山は左おっつけ右喉輪で仰け反らせる。 琴光喜は天井を向きながら左でおっつけ、左下手を取って右筈。武州山右で琴光喜の左を切る。琴光喜両手で突き放し、引いて右差し下手を引く。武州山は右で下手を引き左おっつけ、琴光喜が下手を切って左でおっつけると武州山左おっつけから上手を狙い、次いで左突き落とし。 琴光喜ついていって左差しをも狙うが、武州山は白房に下がり気味に右でおっつけると琴光喜は右足が流れた。武州山はさらに右に廻って右足一本で残しながら左に引くと、琴光喜は左手で上から廻しにしがみついたが、右足が蛇の目を蹴って右に倒れた。 物言いがつくのが不思議な相撲なのに協議はそれなりに長く、それでも軍配通りで正しい結論に終わったから良かったようなものの、琴光喜有利という物言い内容だったのには驚かされた。ともあれ武州山はこれまでの土俵人生最大の白星を掴んだ。
 10日目 豊ノ島(掬い投げ)旭天鵬
 旭天鵬右で突いて左を差そうとしたが豊ノ島両差しに入って旭天鵬の右を切り、旭天鵬が抱えて右に振ろうとすると豊ノ島許さず右左と下手を引き、正面に出る。旭天鵬左から振らんとすると旭天鵬の右足が俵を越えかけ、玉治郎が軍配を豊ノ島にあげて「勝負あった」と言うが全員が無視、 旭天鵬さらに右に振って正面に出んとするが、豊ノ島左に廻って右への胴捻りで捻じ伏せ、玉治郎再び軍配を豊ノ島にあげた。
 10日目 朝青龍(吊り出し)千代大海
 朝青龍右で張って左を固めると千代大海頭で当たって右おっつけ左喉輪で突き放し、両手で喉を押すが、朝青龍腰を据えて左右のおっつけから左右と入れ、両下手を引いて土俵中央に戻し、吊り上げて白房に吊り出した。 千代大海は早くも10日目で負け越し、大関陥落が決まり、翌日から休場した。
 12日目 栃ノ心(寄り切り)高見盛
 栃ノ心立てず待った。高見盛が両差しを狙うと栃ノ心は左上手を取って右を巻き替え、結局がっぷりの右四つ、高見盛深い上手から引きつけると栃ノ心引きつけ返して右に矢柄に振り、青房に寄り出した。 絶好調の栃ノ心が苦手としていた高見盛に両差しを許さず快勝した一番。
前画面に戻る