平成22年
○平成22年 1月 優勝 横綱 朝青龍 明徳 13勝 2敗 25
 関脇にとうとう下がった千代大海は、相撲にもならず 3連敗して身を引いた。前場所全勝の白鵬は 6日目まで勝ちっ放したが、 7日目把瑠都に振り倒されて土がつき、 このとき 1敗の先頭集団に 9人が犇いた。篩にかけられ 9日目には 3人が残り、そのうち把瑠都が翌日から連敗したので両横綱の一騎討ちになるかと思われたものの、 白鵬もが12日目から連敗し、朝青龍が14日目に優勝を決めた。相撲内容は割にあった方で、それなりに楽しめる場所ではあった。
・優勝決定の一番 14日目 朝青龍(下手投げ)日馬富士
 朝青龍先に仕切ると日馬富士少し下がり、朝青龍嫌ってこの 5日間で 3度目の待った。日馬富士右で喉を突き上げんとすると朝青龍左に足を出して左上手を取り右四つ。 日馬富士戦では半ば常套と化した手。日馬富士は右下手を取って左でおっつけ、上手を欲しがるが、朝青龍右腰を引いて与えない。 数呼吸、朝青龍左に捻りながら右で起こそうとすると、日馬富士左上手を引いて堪え、がっぷりの右四つになる。一呼吸、日馬富士が向正面に出んとすると朝青龍引きつけ返し、土俵中央で機を窺う。 また日馬富士出んとすると朝青龍上手投げ気味に喰い止めて数呼吸、また日馬富士が出んとすると朝青龍左を離して右下手投げを打ちながら左を巻き替えんとし、日馬富士が左に廻って再び右を巻き替えんとすると朝青龍左でおっつけて青房に進み、左で絞りながら右下手投げを打って捻じり倒した。
・好勝負
  3日目 魁皇(送り投げ)千代大海

 魁皇左を差そうとすると千代大海当たって右おっつけ左喉輪から突っ張らんとする。魁皇右おっつけで外して千代大海の背後から両差し、千代大海が右前に逃れんとすると魁皇右で思い切り千代大海を叩きつけ、呼び戻しのように派手に決めて幕内勝数808の新記録を樹立した。他方、前記録保持者の弟子たる千代大海は、この惨敗を一期に土俵を去った。
  7日目 把瑠都(掬い投げ)白鵬
 把瑠都右を固めながら左前褌を狙ったが白鵬例によって踏み込み右四つ左上手、右を返し、次いで右から巻きながら少し左上手投げを打つ。ところが把瑠都は右下手をやや深く取っていて、いきなり左を巻き替える。逆足の白鵬右足を出しておっつけんとしたが間に合わず、右上手を掴んだ瞬間に把瑠都の左掬い投げが飛んできた。 白鵬脆く振られ、左手から落ちた。白鵬は左上手が深く、足もついていかず、意外と左前に脆い難点を突かれた。
 11日目 朝青龍(下手投げ)把瑠都
 朝青龍先に立って右で突きながら左前褌、左に廻って右から絞り頭をつける。把瑠都右で肩越しに上手を狙ったが届かない。把瑠都左で前褌を狙ったが取れず、強引に肩を押すが、朝青龍堪えてまた右で把瑠都の左を殺す。数呼吸、やおら左下手から捻って把瑠都の左脇に抜け、右後ろ褌を取って反りながら右下手投げで叩きつけた。両者左の手着きなし。文章で書けば曲芸相撲のように見えるが、実際は全身を使った豪快相撲だった。
 12日目 日馬富士(送り出し)白鵬
 日馬富士鋭く突っ込んで左おっつけ右喉輪。白鵬左で殆ど踏み込めず、立ち腰で左からおっつけ、日馬富士が右左と喉を突くと白鵬右足を出して右でかち上げながら左おっつけで押し放したが、白鵬が右で張って右差し狙いで出んとするところ、日馬富士先んじて左手を出しざま左に飛んで白鵬の背に廻り、西に送り出した。相撲に流れがなかった白鵬は魂までもが抜けていき、翌日も魁皇相手に何もできず脆敗、この場所の帰趨がこれにより定まった。
 千秋楽 白鵬(寄り倒し)朝青龍
 朝青龍左四つ狙いで突っかけたが白鵬立たずやり直し。朝青龍左横に左足を出し、右で肩を突きながら左前褌を取ったが、白鵬はいつも通りに踏み込んで右を覗かせ、朝青龍が左に廻って出そうとすると白鵬右から起こして青房に出ながら左上手を探り、朝青龍が右下手を引きつけて堪えんとすると白鵬左上手を取って充分、朝青龍が右下手投げ気味になお堪えると白鵬は左外掛け、朝青龍なおも下手投げに拘泥すると白鵬左外掛けに脅かし、朝青龍右の搦み投げを狙えば白鵬右で朝青龍の右膝を押さえながら左上手投げで東に運び、そのまま寄り倒した。 朝青龍は白鵬に 7場所連続黒星を喫し、横綱決戦の新記録をつくった。
  1月場所 6日目の深夜(16日未明)に朝青龍が泥酔してマネージャーを殴ったという報道が10日目に現れ、その相手が別人であるという内容に変わり、これが事実であるかどうかは判然としていなかったものの、 この件を議する理事会は 2月 4日に決まったが、理事会開催前に横綱審議委員会の委員長がなぜか引退勧告を用意していた。理事会の席に朝青龍が喚ばれたが、事情は説明できずにしまった。 それにもかかわらず理事会は朝青龍に引退さもなくば解雇という二択を迫り、朝青龍は引退を選んだ。本件に限らず度重なる不祥事に対する処断ということであるが、 本件が事実であれば二択どころか後者しか残らないはずで、朝青龍を手放すことにより協会の手による調査ができなくなるということを考えれば、この処置の妥当性につき疑問なしとしない。 なお朝青龍は 7月 9日に「起訴を求めずしかるべき処分を求める」という意見つきで書類送検され、12月 8日に不起訴ではなく起訴猶予処分となった。
△平成22年 3月 優勝 横綱 白鵬 翔 15勝 13
  9日目で白鵬と把瑠都だけが勝ちっ放しで残り、横綱と関脇のゆえに11日目に早くもぶつけられて白鵬が勝ち、そのまま白鵬が全勝優勝、把瑠都が14勝 1敗で場所を終え、把瑠都は場所後大関に昇進した。 4人の大関は10〜 8勝でまとまったが、若手の星もそこそこでまとまってしまい、相撲内容は大味でいま一つ、さほど面白くない場所だった。 8日目、男女ノ里が振っていた弓が溜まりに飛び、土俵に置いてもらった弓を足で取れずに手で摘み取った。
・優勝決定の一番 千秋楽 白鵬(上手投げ)日馬富士
 白鵬右でかち上げ、日馬富士の右喉輪を左外筈で押し上げ、左喉輪に右腕をぶつけてはね飛ばし右差し狙い、日馬富士が左から撥くと白鵬右で張って右を差し半身、日馬富士が左上手を取ると白鵬左でおっつけて正面に出る。日馬富士堪えると白鵬右下手投げで振り上げる。 日馬富士残して頭をつけ、左に廻って出し投げを続ける。白鵬残して左でおっつけ、右下手投げで振り、左から引っ張り込もうとする。日馬富士は再び頭をつけ、機を見て東に出んとするが、白鵬動かず右下手を離して右から起こし、日馬富士が右下手を取ると白鵬右四つ両廻し、がっぷりから上手投げ気味に西に攻め、日馬富士が両廻しを引きつけて堪えると、白鵬土俵中央に戻って機を窺い、日馬富士が上手を切ろうとするのを許さず、一呼吸して白鵬が引きつけんとするのを日馬富士腰を割って堪えんとしたが、白鵬腰に乗せながら強引に左上手投げにいき、右で頭を押さえて裏返した。
・好勝負
  7日目 日馬富士(寄り切り)豊ノ島

 日馬富士左で張って右上手を狙ったが、豊ノ島は両差し狙いで左をこじ入れ、右も入れんとする。日馬富士は右上手を深く取り、左からおっつけて無理矢理西に出る。豊ノ島右を絞り出されて左半身になる。一呼吸、日馬富士右を引きつけて正面に出ると、豊ノ島堪えて左に巻き、数呼吸して日馬富士白房に出んとすると豊ノ島左から掬う。 日馬富士残して土俵中央に下がり、それから再び西に出る。豊ノ島が左から掬うと日馬富士は右外掛けを狙うが掛からず、どうやら残して左下手を取り、引きつけて東に出る。豊ノ島右突き落としで振るが、腰が立って正面に下がり、寄り切られた。それから日馬富士は左で喉を突いて豊ノ島を溜まりに突き飛ばし、こけおどしで大関を務めていることを天下に宣言した。昨年九州の鶴竜戦といい、前日の玉鷲戦といい、そしてこの日といい、さらに大関昇進前からの土俵態度も考え合わせると、中身のない張りぼてであると言わざるを得まい。 日馬富士は審判部に呼び出されて厳重注意を受けた。前々日には立ち渋りが過ぎるとして琴光喜と琴欧洲が審判部で注意を受けている。
  9日目 白鵬(押し出し)豊ノ島
 豊ノ島頭を下げて両差しを狙うと白鵬右かち上げ左喉輪で突き上げて両手で突き放し、右で張って左肩から当たり右おっつけ、豊ノ島が左半身になると白鵬これを片閂に捏ねざま腹を突き出し西にすっ飛ばした。 この場所の白鵬は相撲がやや雑だが、とんでもない強さ。
 11日目 白鵬(寄り倒し)把瑠都
 この場所最高の大一番、10連勝同士の決戦。把瑠都右を固めて左前褌を狙うと白鵬右かち上げ気味に当たり右を差して返し、左でおっつけて出ながら上手を引く。把瑠都は右下手を引いて西に堪え、左でおっつけて上手を欲しがるが届かない。 白鵬は右下手を引く。把瑠都ここで左を巻き替えんとしたが、白鵬右に振るように引きつけ、黒房に寄り、右を伸ばして寄り倒した。白鵬綺麗に立って鋭く踏み込んだ。
 12日目 北太樹(打っ棄り)隠岐の海
 北太樹の不明瞭な仕切りで隠岐の海突っかけてやり直し。互いに左四つを望んで下手を引き合い、隠岐の海左肘を張って右上手を探る。北太樹も右でおっつけて上手を探るが取れない。数呼吸、北太樹おっつけて出ると隠岐の海右上手を取って上手投げで喰い止め、引きつけて青房に寄ったが、北太樹も右上手を取って堪え、左に打っ棄る。 隠岐の海は右足を先に出して敗れた。北太樹は負けたと思い、隠岐の海は勝ったと信じ、行司の背を見た隠岐の海、悄気て土俵をあとにする。
 13日目 把瑠都(突き倒し)雅山
 把瑠都両手で喉を突き放し、白房に詰まった雅山が右に逃れんとすると把瑠都追って突っ張り、東に突き倒した。かつて雅山に押し負けて膝を痛めたりもした把瑠都、全く逆の取り口で圧勝し、大関を手繰り寄せた。
×平成22年 5月 優勝 横綱 白鵬 翔 15勝 14
 新大関の把瑠都は稽古不足気味で迫力も不足し、 7連勝で白鵬と並走したものの、結果としては10勝するのがやっとだった。他の大関は揃って 9勝で、この場所は事実上白鵬の一人舞台で13日目には優勝が決まり、 翌日からはそれまでの茶色から黄金色の締め込みに替えるという驕った挙に出た。相撲内容はまるでなく、特に 6日目までは惨憺たる為体だった。
・優勝決定の一番 13日目 白鵬(小手投げ)琴光喜
 琴光喜右差し狙いで体当たりすると白鵬も右四つを狙って胸で当たり、琴光喜が出ると白鵬右を返して右に廻り、左上手を取る。琴光喜は右下手一本、白鵬の上手投げを残して上手を切り、左上手を探るが遠い。琴光喜右半身になって頭をつけ左から絞ろうとするが、白鵬も上体を下げて動かない。 十数呼吸、琴光喜左から攻めて出んとすると白鵬左小手投げで振り、琴光喜が両差しを狙って赤房に出んとするところ、白鵬再度左小手投げを打って投げ飛ばした。
・好勝負
 初日 土佐豊(上手投げ)豊響

 この割は激戦になることが多い。頭で当たり合って豊響左筈で押し上げ、突っ張る。土佐豊はね上げて応戦、青房で右を差し込み左上手を取り、右を返す。豊響は右下手だけ、機を見て強引に出んとするが土佐豊動かない。 一呼吸、土佐豊左を引きつけて黒房に寄り、豊響の下手投げを上手投げに返して投げ倒した。軍配は土佐豊でおよそ物言いがつくような内容ではなかったが友綱(魁輝)審判長から物言い、「髷の差」として土佐豊の勝ちで結果は良いとはいえ、そもそも髷先は採らないはずで根拠としてはおかしい。豊響が先に飛ばされていることを採るべきだ。
  2日目 魁皇(叩き込み)雅山
 魁皇左差しを狙うと雅山左筈右おっつけ、魁皇少し引くと雅山出ていって右で喉を押し上げ、黒房に攻める。魁皇右に廻り込むと雅山追っていき右筈左おっつけ、魁皇は半周余廻って向正面から右おっつけ、雅山左で叩いて右に廻ると魁皇は右で突く。雅山左おっつけで去なす。魁皇右半身の恰好でようよう堪えるや、雅山が両筈に飛び込もうとするのを見ながら後ろに歩いて右から撥き、左で背を押さえながら間一髪右で突き落として白房に倒した。物言いがついたが協議は短く軍配通り。 魁皇はこの場所も執念で取るドタバタ相撲、この雅山戦は突き落としとなるべきものが叩き込みとされ、これも含めて初日から叩き込みだけで 4連勝した。
  8日目 光龍(着き手)猛虎浪
 猛虎浪左に変わって右で頭を引いたが、光龍が両足跳びで東に見事に着地すると、猛虎浪は左足が崩れて光龍の尻を見ながら行儀良く手を着いていた。好調猛虎浪に魔が差した一番、ここまで 6勝していたがこれを境に急降下し、勝ち越すまでに苦労した。
 11日目 日馬富士(下手投げ)把瑠都
 把瑠都両手突きから左喉輪で突き放したが互いにその場で見合い、把瑠都が左で押そうとすると日馬富士右おっつけ、次いで日馬富士左に飛び、また見合うと日馬富士左喉輪で押し上げる。 またまた見合い、把瑠都が左手を出してくると日馬富士右に飛んで上手出し投げ、次いで左喉輪突きから両筈、両下手を引き、把瑠都が左上手を肩越しに取ると日馬富士右に変わって左で膝を取りながら右下手投げ、把瑠都上手投げに返そうとするが正面に投げつけられた。
 12日目 白鵬(押し出し)把瑠都
 把瑠都先に両手で突いたが両足跳びで立ち腰、白鵬が左前褌を取ると把瑠都これを切ったが白鵬右おっつけで押し、左筈右外筈で黒房に押し出し圧勝。この場所は白鵬の強さが際立つ結果に終わった。
 14日目 把瑠都(上手投げ)北太樹
 12日目に琴光喜を破って 7勝目を挙げた北太樹が、右上手からの速攻を認められて把瑠都に当てられた。把瑠都左で張ってその場に突っ立っただけ。北太樹低く突っ込んで左を覗かせ右おっつけで西に突進した。把瑠都右足で堪えて左でおっつけ、左を返して左に廻る。 北太樹は右下手を深く引き、把瑠都が左で抱えると北太樹左でおっつけて正面に攻め込んだ。把瑠都は右を返して残し、左上手、機を見て上手投げで引っ繰り返した。北太樹決死の猛攻、館内を沸かせた。
 千秋楽 魁皇(寄り切り)琴欧洲
 琴欧洲左差し右上手を狙うと魁皇右から引っ張り込んで左を返し、右上手を狙うが取れず左下手、琴欧洲が右から宛がって出んとすると魁皇左を返して凌ぎ、次いで右で上手を引き、一度左を返し、次いで右上手投げ気味に黒房に出て寄り切った。 魁皇は初の優勝からちょうど10年、通算1,000勝の快記録を達成した。
野球賭博問題等
×平成22年 7月 優勝 横綱 白鵬 翔 15勝 15
 どうにかこうにか開催した場所であったが、相撲内容は前場所より僅かに上がったに過ぎなかった。 大いに活躍したのは初日から10連勝の豊真将、同じく初日から 8連勝の鶴竜、そして 6日目から10連勝の阿覧ぐらいのもので、大関陣はといえば把瑠都と日馬富士は序盤から躓き、 日馬富士は中盤から勝ち出して10勝に届いたが把瑠都は終盤の 4連敗で 8勝にとどまり、比較的調子の良かった魁皇も10日目に左肩を痛めて休場してしまった。 琴欧洲が初日から 7連勝したものの後半はガタガタで10勝に終わり、相星の日馬富士より印象としては下がった。 従って白鵬は些か粗さも見られたものの一人旅で全勝、大鵬の34連勝も朝青龍の35連勝も双葉山の36連勝も抜き去り、大鵬の45連勝を超えて47連勝とした。
・優勝決定の一番 13日目 白鵬(上手投げ)琴欧洲
 白鵬嫌って待った。白鵬右でかち上げて左上手、琴欧洲右から掬って右下手を引くと白鵬引きつけて東に出んとし、右を返して徐々に向正面に進み、琴欧洲が右下手投げで振ると白鵬右で小股を掬い、琴欧洲が嫌って腰を引くと、白鵬左上手投げで引き摺り倒し、大鵬の45連勝に並んだ。 翌日豊真将が敗れて優勝が決まったが、表彰式には賜盃はなく、白鵬は泣きじゃくった。
・好勝負
  8日目 鶴竜(掬い投げ)琴欧洲

  7連勝同士の対戦。頭で当たり合って鶴竜右喉輪から引き、突っ張って左下手を引き、琴欧洲が左から起こそうとすると鶴竜頭を下げて右で前褌を狙う。一呼吸、琴欧洲右で抱えて左から起こそうとすると鶴竜右前褌を取り、左掬い投げで大きく黒房に引っ繰り返した。
  8日目 白鵬(上手投げ)時天空
 白鵬右でかち上げ気味に右四つ左前褌を狙うと時天空は頭を下げて右下手、白鵬右下手を引き、時天空が左上手を欲しがると白鵬下がって嫌い、左を巻き替える。 時天空も巻き替えて左四つ、白鵬深い右上手から振る。時天空残して右前褌を狙うと見せて巻き替える。白鵬右を巻き替えて右四つ、強引に左上手投げを打って右で膝を押さえようとしたが、時天空右腰をぶつけて下手投げに返し、東で投げの打ち合いになって時天空の左の着き手が早く白鵬辛勝。
  9日目 豊真将(押し倒し)猛虎浪
 猛虎浪先に立って右喉輪の狙いは良かったが、豊真将は左で前褌を引き、右筈から右喉輪で一気に赤房に攻め入り押し倒した。前場所首の故障で途中休場した豊真将、幕内下位で快進撃を続け、初日から10連勝して11勝を挙げた。
  9日目 白鵬(寄り切り)鶴竜
 白鵬右かち上げで右四つを狙うと鶴竜低く当たって右喉輪で押し上げ、突っ張りから右差し、左も差そうとする。白鵬右で差し手争いに応じて右四つ左上手、鶴竜が左をこじ入れると白鵬右おっつけから右を巻き替え、鶴竜が右に廻って左を差そうとすると白鵬一気に赤房に迫り、 鶴竜が巻き替えて両差しになると白鵬右を巻き替えて鶴竜の左巻き替えを許さず、右を返して左切り返し気味に東に出んとし、鶴竜が右下手投げ気味に下がって左で絞ろうとすると白鵬左上手投げを打って赤房に寄り切った。 8連勝同士の対戦は烈しい巻き替え合い激戦だった。前日は不用意、この日は引き締めたが翌日また不用意と、浮き沈みが見られた中盤の白鵬。
○平成22年 9月 優勝 横綱 白鵬 翔 15勝 16
 白鵬は中盤まで雑さや無駄が出たが、自在に取ってこの場所も全勝、千代の富士の53連勝を抜く 7日目は危なっかしかったが切り抜け、古い太刀山の56連勝や初代梅ヶ谷の58連勝をも乗り越えて62連勝に到達した。 大関陣は全員勝ち越したものの前場所より出来が悪く、日馬富士は 7日目から、琴欧洲と把瑠都は 9日目から大きく崩れ、琴欧洲が10勝したのみで二桁に達した大関は他になかった。 魁皇の勝ち越しは喘ぎ喘ぎというべきもので、 4日目に右膝を反らせてからというものよろめきながら土俵を務め、辛うじて渡り切ったのも奇跡なら、 2大関に勝ったのも奇跡だった。 他方、新関脇栃煌山が活躍し、平幕では豪風と嘉風の兄弟弟子など数人が土俵を盛り上げ、場所の内容は大きく回復した。 不可解な物言い協議と裁定が数番あり、十枚目では時間前に一方の力士が突っかけた仕切りのあと、塩に分けずにまた仕切らせるというとんでもないことも起こった。
・優勝決定の一番 13日目 白鵬(上手投げ)把瑠都
 互いに右でかち上げ、把瑠都は左からおっつける。白鵬は左前褌を狙ったが取れない。把瑠都両手で喉を突こうとすると白鵬左おっつけで外し、把瑠都が左に廻って一突きしてから左に動いて上手を肩越しに取ろうとすると、白鵬右を差して左をも入れんとし、赤房に出ながら左でおっつけ、互いに右下手を引いて白鵬は右肘を張る。 把瑠都は機を見て左上手を狙うが、逆に白鵬左上手を取り、引きつけて少し右に振り、揺さぶって西に寄り進み、把瑠都が左おっつけで堪えんとすると白鵬矢柄気味に左上手投げに振り廻し、向正面白房寄りに叩きつけた。翌日、嘉風と豪風が敗れたところで白鵬の優勝が決定した。
・好勝負
 初日 栃ノ心(寄り切り)阿覧

 阿覧両手突きの形で立って右で思い切り喉を突き上げた。しかしすぐに右四つがっぷりに渡り合い、阿覧先に引きつけると栃ノ心引きつけ返して動ぜず、土俵中央で一呼吸、阿覧が栃ノ心の下手を切ってから白房に出ると、栃ノ心はすぐに下手を取り直し、左に廻って体を入れ替え、数呼吸。 阿覧引きつけて東に出んとすると、栃ノ心堪え続けて数呼吸、右に廻って土俵中央。一呼吸して栃ノ心吊り身に右に進み、阿覧が堪えて向正面から赤房に廻ると栃ノ心なおも吊り寄り。阿覧よく堪えて数呼吸、阿覧引きつけて土俵中央から正面に出んとすると、栃ノ心ウンと堪えざま右に矢柄気味に振り、青房に詰め込み、堪えに堪える阿覧を寄り切った。 右がっぷり四つの熱闘、この両者が組み合えば金剛力の語が相応しい力相撲となる。この両者、特に阿覧がこの場所鳴かず飛ばずで終わるとは、初日の段階では信じられなかった。
  2日目 黒海(叩き込み)北太樹
 決まり方だけを見ると珍相撲の色彩。北太樹両足跳びで立って額から当たると黒海頭低く突っ込んで両筈で突き放そうとした。北太樹は引いて左後ろに飛びながら右で背を引き、立ち直りかけた黒海が右から突き放そうとすると北太樹さらに左に飛び、黒海が立ち直らんとするより早く北太樹突っ込んで左筈で突き倒そうとしたが、 黒海は反ったまま左に振り払った。北太樹は右膝から転げて惜敗、天を仰ぐ。
  2日目 日馬富士(裾取り)豊真将
 互いに頭を下げて立ち日馬富士右上手を狙ったが取れない。豊真将は両筈で突き放したが、日馬富士は青房からかまして反撃。豊真将が真っ直ぐ白房に下がって引き、右に廻り込もうとすると、日馬富士低いままついていって両手で足首を取って倒した。 最後は日馬富士の左掌に豊真将の左踵が乗る形だったので決まり手は裾取りとされたようだが、日馬富士が両手で豊真将の左足首を挟み取ったものの延長線上で決まったものなので裾取りを選ぶのはどうかと思う。とはいえ珍決まり手の出現、 4日目には猛虎浪が波離間投げをやり、さらに終盤戦にも…
  6日目 白馬(上手出し投げ)高見盛
 高見盛左肩からぶち当たって左差し右おっつけで出んとすると白馬は右上手から振った。高見盛は引きずられる形で白房に右足一本、左足を踏み越したが、白馬は既に腰砕けで、軍配は当然高見盛に上がったが、物言いがついて覆された。 白馬は体こそ土俵の中にあったが左手で廻しにしがみついているだけ、膝も折れて腰が落ちていて、あれを体があると見るなど言語道断である。とんでもないことだ。
  7日目 嘉風(引き落とし)臥牙丸
 嘉風頭で当たって左横褌を狙ったが取れず、臥牙丸が右喉輪左外筈で押すと嘉風少し黒房に後退したが、臥牙丸の左喉輪を右おっつけで外し、サッと左に飛んで引き落とした。 嘉風は左前褌狙いの取り口に新しい境地を見出だそうとし初日から 7連勝、13日目まで 2敗で頑張って11勝を挙げた。
  7日目 鶴竜(上手捻り)日馬富士
 微妙に呼吸がずれて日馬富士立たず、鶴竜両手で叩こうとしたのが露顕してやり直し。頭で当たり合って日馬富士右から突き上げんとすると鶴竜突っ張り、突っ張り合いから鶴竜左喉輪右筈で東に出たが、日馬富士の腰は崩れず右四つがっぷり。 土俵中央に戻って数呼吸。鶴竜やおら左上手から捻ると、日馬富士予想外とて防げず、右膝から落ちた。この相撲を境に日馬富士は調子を大きく乱した。
  7日目 白鵬(押し出し)稀勢の里
 白鵬右から踏み込んで右で張りながら左を固め両差し狙い、稀勢の里左右からおっつけんとすると白鵬左を抜いて右を差そうとする。稀勢の里嫌って白房に下がりながら左を巻き替える。白鵬左右からおっつけ、次いで右を巻き替えるが、やや腰が引けすぎて両足が流れる。 稀勢の里右に引くと白鵬両足を送って両筈で突き、稀勢の里が右手を出すと白鵬右で首を押さえながら左に廻り、両手で頭を押さえつけ、さらに左に廻って右に引っ張り、飛び込んで両手で腹を押し、赤房に押し出した。白鵬はやや堅くなっていたが、千代の富士を超えて戦後最高の連勝記録を樹立。
  8日目 豪風(突き落とし)臥牙丸
 豪風当たって左筈右喉輪から僅かに両差し、次いで左に廻って去なし、残した臥牙丸が一度見てから突っ張ろうとすると豪風さらに左に廻って両手で叩く。臥牙丸堪えて突っ張りを見せ、左四つ両廻しを取った。 豪風嫌って下手を切ろうとしながら左に廻り、下手を切るや左筈で正面に出て右を覗かせ、左から突き落とした。兄弟弟子で馬力の臥牙丸を料理して好調ぶりをアピール、豪風は 5日目から 9連勝し、嘉風を上廻る12勝。
  8日目 栃ノ心(寄り切り)若の里
 この相撲は行司和一郎も審判団もあまりにもひどすぎた。栃ノ心の右かち上げに構わず若の里左を差して右も入れんとしながら赤房に出る。 栃ノ心右おっつけから右後ろに下がって左で引いたが、若の里が倒れる前に栃ノ心は左足が土俵を割り右足も残っていない。栃ノ心に軍配を上げる和一郎も和一郎だが、同体取り直しと判断する審判も審判。 そもそも栃ノ心が土俵を出るのと比較したのが若の里の手が着くことだそうだが、若の里には手着きはない。呼吸合わず若の里つっかけてやり直し。若の里頭で突っ込むと栃ノ心左に変わって上手を取り、右を差した。若の里左に下がって叩くと栃ノ心青房に出て寄り出した。 その後、10日目には嘉風が栃乃洋に完勝して物言いなどあり得ぬ相撲が取り直しになるという事態まで発生した。
  9日目 栃煌山(押し倒し)日馬富士
 日馬富士突っ込んで左おっつけ右喉輪、次いで右おっつけ左喉輪、左で張り気味に手を出して左右のおっつけで西に出たまではまだ良かったが、右で栃煌山の左は絞り出したものの左が宙ぶらりん。栃煌山右差しで土俵中央に戻して左差しをも狙い、いきなり右から巻いた。 日馬富士虚を衝かれて傾いだ。栃煌山は左外筈右喉輪で攻めつけた。日馬富士は左足を徳俵に掛けて右に網打ちを引こうとしたが、すっぽ抜けの恰好で押し倒された。新関脇の栃煌山はかねがね指摘されていた前後への脆さをこの場所は殆ど出さず、11勝した。
 11日目 魁皇(逆とったり)日馬富士
 魁皇右手を出して左差しにいくと日馬富士右に変わって上手を狙う恰好で突き落とし、左喉輪で押す。魁皇この腕を取って右に廻る。日馬富士なお左喉輪、魁皇右でおっつけて左喉輪で向正面に出ると、日馬富士右に廻ってとったりにいったが、魁皇左尻をぶつけて左を抜き、日馬富士を赤房に落とした。この日は豊桜が垣添に逆とったりを決めている。珍技は伝染するらしい。
 12日目 高見盛(押し倒し)北勝力
 高見盛が左を固めて右前褌狙いで立つと北勝力は額で当たったが、当たった先は高見盛の左肩だった。北勝力はそのまま向正面に伸びてしまった。朝青龍引退後立ち合いの一撃で相手が伸びてしまうという相撲は幕内では出ていなかったのではないか。北勝力はかねてから慢性的に故障している頸椎がパンク、翌日から休場して翌場所も全休となった。
 14日目 若の里(上手投げ)猛虎浪
 若の里右で張ろうとしたが猛虎浪立たずやり直し。 2度目は若の里仕切りに入れずやり直し。 3度目、若の里当初の作戦のまま右で張って左を差そうとすると猛虎浪は左下手を取って右でおっつけるが、若の里は右で上手を取っている。数呼吸、若の里出んとするが、猛虎浪堪える。 猛虎浪は左下手投げを打つが若の里残し、下手を欲しがる。猛虎浪はこれを許さず、数呼吸。若の里東に出ると猛虎浪は下手投げや下手捻りで抗う。また数呼吸、若の里出んとすると猛虎浪左下手投げから右を巻き替えんとする。結局また左四つ、若の里出んとするも猛虎浪下手を引きつけて動かず。 ややあって若の里出ると猛虎浪は右上手、若の里左下手を取ってがっぷり。猛虎浪は左を使って二度上手を切ろうとしたが切れない。若の里はは出んとするが出られない。しばらくして若の里また出んとするが猛虎浪両褌を引きつけて動かない。さらに数呼吸、若の里右を離しての左下手投げから右で絞って向正面に出ると、猛虎浪は肩越しの右上手から振ったが、若の里残してなお右で絞って出んとする。 猛虎浪再び右上手投げで大きく振る。若の里左についていくと猛虎浪さらに大きく振り、右に廻って出し投げから右下手左筈で青房に寄り切ろうとした。若の里左突き落とし気味に左に廻り込み、右上手、左でおっつける。猛虎浪は左下手を深くしたが腰が後ろで、しかも草臥れた。若の里は体を開いて右から思い切り引っ張ると、猛虎浪とうとう向正面にへたばってしまった。たいへんな激闘、若手がベテランに屈す。
 千秋楽 高見盛(寄り倒し)垣添
 垣添先に立って両差し狙いで突っ込むと、高見盛は右を固めたが立ち遅れ、二本差された。高見盛は右に廻って抱えるなり腹に乗せて左に振る。垣添は左外掛けで防ぎたかったが、俵を背にして左足を高々と上げられ、左腕だけでしがみつこうとしたものの、高見盛が右首投げから右腕をぶつけると、垣添は右に倒れて土俵下に転落した。 この相撲のおかしみは、文章に起こすと分かりにくい。その動きは失礼ながら漫画のようだった。
 千秋楽 白鵬(寄り切り)日馬富士
 白鵬左で張って右を差そうとしながら左で肩を押さえたが、右の踏み込みは大きくなく、どちらかと言えば受け止めようというもの。日馬富士突っ込んで左おっつけ右筈、出んとする。白鵬左で引っ張り込んで右を割り込み、左から宛がい突き落とし気味に左に廻り、日馬富士が西に下がって左を巻き替えんとすると、白鵬左で抱えたまま右でおっつけ、左で抱え上げながら煽って寄り切った。 前場所の 3場所連続全勝優勝も15日制下では初めてであったが、これを 4場所に伸ばして連勝も62、谷風と双葉山への挑戦権を勝ち得た。
◎平成22年11月 優勝 横綱 白鵬 翔 14勝 1敗 17
 この場所の目玉はただ一つ、白鵬の連勝記録といわれたが、これが早くも 2日目の敗戦で途絶えてしまい、 5日目が終わって勝ちっ放しは翔天狼だけという混沌とした滑り出しとなった。 翌日が終わって 1敗が 8人、それから 7人、 5人、そして 9日目に 4人と絞られ、12日目からは潰し合いになった。 まず把瑠都が豊ノ島に喰われて脱落、翌日には魁皇が白鵬に負けて下がり、14日目には 1敗と 2敗の対戦が 2番、いずれも 1敗の方が勝ち、千秋楽も 1敗を守った白鵬と豊ノ島が決定戦を戦って白鵬が勝った。 白鵬はふわふわとした土俵で危うげではあったが、どうにかこうにか 1敗だけにとどめたのは流石であった。 日馬富士が場所前の右肩亜脱臼に右足首靱帯損傷を加えて 4日目から休場となり、琴欧洲は勝ち越すのがやっと。 一方、把瑠都が大関になって初めて存在感を示し11勝、魁皇に至っては勝運に乗って12勝を挙げ、奇跡どころか何かが憑依したかのような土俵ぶりを示した。 三役陣は枕を並べて討ち死にしたが、平幕では優勝同点の豊ノ島と連勝ストッパーの稀勢の里が飛び抜けており、 これに嘉風を加え、中盤までは豊真将も大元気で、他にも活躍力士はあり多士済々の感、大いに土俵を沸かせた。
・優勝決定の一番 決定戦 白鵬(送り投げ)豊ノ島
 豊ノ島両差しを狙うと白鵬も両差し狙いの恰好で右から踏み込みながら体当たり、白鵬右半身で右を差そうとすると豊ノ島左を巻き替えんとし、白鵬が小手先で突いて左喉輪から右を差そうとすると豊ノ島これを両腕で抱えたが、白鵬は右腕を抜く恰好をしながら左後ろ褌を取り、豊ノ島の背について左差し、向正面に投げ捨てた。互いに動きがかなり硬かった。
・好勝負
  2日目 把瑠都(波離間投げ)阿覧

 互いに突かんとし把瑠都大きく突っ張ろうとしたが阿覧が左に引いて右に動こうとすると把瑠都はよろめく。向き直った把瑠都なお粗く突っ張ると阿覧は青房から赤房に走って逃げた。把瑠都なお大きな突っ張りから叩く恰好、阿覧両手で距離を取ると、把瑠都は右を肩に乗せて頭をつけ合う。阿覧面倒とばかり左に振り払い、右左と喉を突いて白房で左おっつけの形で去なし、把瑠都の左後ろに抱きつく。 把瑠都は左後ろに捻じり倒そうとし、次いで左前に廻って左で阿覧の左肩越しに上手。阿覧は右切り返し気味に抱き上げんとするが上がらない。把瑠都はなお左前に廻り、左足を手斧掛け気味に飛ばしながら力で片手波離間投げにいき、土俵の真ん中に打っ棄るような恰好で強引に捻じ伏せた。物言いはついたが問題にならず軍配通り把瑠都の勝ち。
  2日目 稀勢の里(寄り切り)白鵬
 白鵬右で張りながら右で少し踏み込み強引な両差し狙い。稀勢の里左右のおっつけから左突き落としで捻じり、逆に右喉輪で突き落とす。白鵬足が揃ってやや浮き足立つ。稀勢の里が西で左おっつけから右喉輪と攻めて突っ張ると白鵬引いて東に下がり、稀勢の里の右を取って左に廻ったが、稀勢の里なお左で喉を突き上げて赤房に攻めた。 白鵬は稀勢の里の右突きを左でおっつけながら右でもおっつけ、左を割り込んで右上手を掴みにいく。稀勢の里は構わず煽って上手を切り、左四つ両廻し。白鵬は左下手を一度狙ったが右上手が深めながら取れたので左を返そうとした。稀勢の里はさらに両廻しを引きつけてがぶった。白鵬は右を離して左掬い投げで体を入れ替えた。 稀勢の里は右を死んでも離さじと引きつけ、白鵬がまた左から掬うと稀勢の里は右の外掛けで防ぎ、白鵬が左内掛けに返そうとすると稀勢の里これを外し、さらに白鵬が左で掬うと稀勢の里はなおも右を引きつけながら出る。白鵬は稀勢の里の上体を貰ってしまい正面青房寄りに詰まった。稀勢の里は左筈で追い込み、右を離して寄り切った。 白鵬はこの 2場所苦戦した稀勢の里を相手にしながら、いつもとは異なるもののまるで工夫のない立ち合いをし、左右の突き落としで揺さぶられるや早くも冷静さを喪失、そのまま落ち着く機会は訪れなかった。稀勢の里のこの星は、白鵬の大連勝を63で断ち切る平成相撲史上最大の輝く金星。
  5日目 豊真将(寄り倒し)把瑠都
 豊真将はかなり後方から立つ。把瑠都は両足跳びで様子を見てから左差し右から引っ張り込もうとする。豊真将は左筈右おっつけから左下手に次いで右上手を狙ったが右は取れない。把瑠都は左下手、右で肩越しに上手を引くが、豊真将左に廻って右で絞り、下手を切って把瑠都の左喉輪に乗じて両下手を深く引く。 把瑠都は左上手を深く取ったが、豊真将は吊りを堪えながら白房に出んとし、把瑠都が向正面で抜き上げんとすると豊真将吊り返して左に寄り、把瑠都の左上手投げを許さず寄り倒した。豊真将は琴欧洲と把瑠都の長身 2大関を破り、終盤は息切れしたものの期待を大きくした。
  7日目 豊真将(寄り倒し)嘉風
  1敗の嘉風に 2敗の豊真将は好取組。嘉風右で肩を突きながら左筈で押し上げると、豊真将は左を覗かせて右から絞ろうとした。嘉風は右が空き、頭を下げて豊真将の左脇に頭を突っ込んだが、豊真将青房に出て上手を取る。 嘉風頭を下げたまま土俵中央に戻すと豊真将右を離して左に廻り、右で抱えて左から引きながら白房を右に廻って体を入れ替え、嘉風が左に廻ると豊真将左を返して出る。嘉風正面青房寄りで左から巻き、打っ棄ろうとしたが、体が割れず寄り倒された。軍配は豊真将で物言い、嘉風の落ちるのも早かったので協議は短く、軍配通り。
  8日目 魁皇(小手投げ)豊真将
 魁皇立てずやり直し。魁皇左差し手をおっつけられていきなり右から素首落とし。豊真将左おっつけでついていくと魁皇は右喉輪、豊真将さらに突っ張り、魁皇が両手で喉を突き返すと豊真将はね上げ、当たって左筈右おっつけで魁皇を西に押し切ろうとしたが、魁皇右おっつけ左筈で突き返した。 魁皇右に廻って両手で頭を押さえ、右半身の形から右喉輪で突き放し、互いに見合って豊真将がかましながら左右で挟みつけんとすると魁皇右で顔を突きながら左を覗かせて右で抱え、豊真将が左差し右おっつけで東に出ると魁皇片閂で堪えて右に捻る。 豊真将右に動いて右からおっつけると、魁皇は面倒と右から勁烈極まる小手投げを一発。豊真将は左足を送って体を寄せようとしたが、そこにあったのは魁皇の右膝、邪魔になって体勢を崩し、捻じり倒された。魁皇は 2日目から勝ち続けていたが、この一番からは顔つきまで変わった。
 10日目 白鵬(極め出し)豪風
 中盤戦が終わらんとする10日目でもまだ立ち直り切れない白鵬。白鵬左で突いて右から踏み込みながら右差し狙い、左で引っ張り込もうとする。豪風は右を引っ張り込まれたが左を差そうとする。白鵬右おっつけから右を巻き替えようとするが入らない。白鵬左で喉を押し、次いで突っ張って正面でやっと右上手を取るが切られる。 白鵬右喉輪から少し突っ張り、右で叩いて左上手を狙うがまた取れず、ちょっとだけ突っ張っていきなり二本引っ張り込み閂に極め、苦しむ白鵬が苦しむ豪風を西に極め出した。
 11日目 魁皇(引き落とし)豪風
 強運力士魁皇を象徴する一番。魁皇左を差そうとすると豪風右に廻って右外筈、次いで突っ張りから左を覗かせ肩透かし。魁皇よろめいて青房で右半身、豪風さらに左外筈で突き落とし気味に赤房に押そうとしたが、魁皇が反り身になって堪えんとすると豪風は右足が流れてベタッと落ち、殊勲のはずが爆笑の一番になってしまった。
 12日目 豊ノ島(下手捻り)把瑠都
 13日目 豊ノ島(寄り切り)鶴竜
 14日目 豊ノ島(肩透かし)魁皇
 千秋楽 豊ノ島(掬い投げ)稀勢の里

  2日目の取り直し前は実際には負け相撲で、 3日目には黒星を頂戴した再入幕の豊ノ島が、変幻自在に相手を揺さぶって 1敗のまま終盤に突入し、ここで大関戦を組まれたが、実力三役ゆえに何の違和感もなく、しかも勢いづいていることとて当たる相手を悉く薙ぎ倒した。 最後 4日間をまとめておく。12日目は 1敗同士で大関把瑠都戦。把瑠都右で張って左右と上手を狙うが取ったのは右だけ、豊ノ島は浅い両差しから左で掬い、左下手。把瑠都左を巻き替えんとすると豊ノ島頭をつけて右でおっつけ、次いで右筈で白房に出んとする。 把瑠都左でおっつけて動かず、次いで左を筈にする。豊ノ島はなお頭をつけたまま、右でおっつける。数呼吸、把瑠都右を引きつけて起こしながら左でおっつけて赤房に出たが、豊ノ島が左を頼りにしつつ右筈で押し上げると、把瑠都は右足が返って右膝を着いた。 翌日は関脇鶴竜戦、豊ノ島先に立って両差し、右上手一本の鶴竜左を巻き替えんとするが早くも白房に詰まる。豊ノ島は右を筈にして詰め、そのまま寄り切り、自分の相撲を取り切った。 14日目は 2敗の大関魁皇が相手。魁皇慎重に左を差そうとしたが豊ノ島は両差し、魁皇閂に抱えて左から振りながら左に廻ると、豊ノ島左を開いて右への胴捻りで魁皇に右手を着かせた。 迎えた千秋楽はこの場所の殊勲甲、稀勢の里戦。豊ノ島が両差しを狙うと稀勢の里は左四つ右上手狙いで右は取れないが、右から攻めようとする。豊ノ島はサッと右に変わって右から突き落とす。 稀勢の里白房を目の前にして辛くも残し、右のおっつけから慎重に突っ張って青房で左差し、右上手を取ったが、豊ノ島が右を開いて左から掬い、右が切れた稀勢の里を東に叩きつけた。 豊ノ島は 7月場所の出場停止による失地を 2場所連続14勝で一気に回復した。
前画面に戻る