平成23年
△平成23年 1月 優勝 横綱 白鵬 翔 14勝 1敗 18
 横綱白鵬は順当に初日から勝ち進んだとはいえ、取り口にいつもほどの安定感はみられず、11日目には意識過剰で稀勢の里に連敗、一応 1敗だけで場所を終えて優勝はしたものの不完全燃焼のきらいがあった。 序盤に栃乃洋と若の里が白星を並べて白鵬に雁行し、13日目まで隠岐の海が 2敗で粘り、稀勢の里と琴奨菊の両関脇が大元気で、長らく呼ばれ続けた大関候補の称からの飛躍が期待できる状況になったが、 それ以外にはこれといって見るべきところはなく、相撲内容も平凡だった。大関陣は琴欧洲が10勝、魁皇と把瑠都は 9勝、カド番だった日馬富士は中盤に躓いたが 8勝にまとめた。
・優勝決定の一番 14日目 白鵬(掬い投げ)把瑠都
 白鵬右手を広げたが待ったなのか単に拳を緩めただけなのか分かりにくく、行司待ったの体裁となるは不明朗。互いに右を固めて当たり合い把瑠都先に左前褌に手を掛けるが、白鵬右を差さんとしながら腰を入れて切る。 白鵬が右下手を取ると把瑠都左でおっつけて青房に出るが、白鵬左上手を取って残し、右に廻る。把瑠都は右下手一本で半身。白鵬も左は一枚。数呼吸、白鵬引きつけて青房に出んとすると把瑠都は左を巻き替えんとするが無理、右下手を引きつける。白鵬は吊り身に右に振る恰好。 数呼吸、把瑠都いきなり左を首に巻こうとすると白鵬東に出る。把瑠都は下手投げを打ち、一呼吸。白鵬やおら右を離して右に飛びながら左上手捻りを見舞うと、把瑠都宙を飛んで転がった。
・好勝負
 11日目 琴奨菊(寄り切り)把瑠都

 把瑠都左から引っ張り込んで右四つ、次いでやや深く左上手。琴奨菊は右に廻って左から絞る。把瑠都西に出んとするが琴奨菊動かず、逆に琴奨菊絞り出して両差し、両下手を引いて向正面に煽る。把瑠都は左上手を離して首に巻き右上手投げを見せるが効かず、今度は左上手を引いて左に透かそうとするが、琴奨菊赤房に寄り切った。琴奨菊は関脇で11勝を挙げた。
 11日目 稀勢の里(押し出し)白鵬
 稀勢の里は両足跳びで立って右で肩を突きながら左でおっつける。白鵬は前場所右での甘い踏み込みで完敗したからか、今回は左から踏み込んで猛然と突っ込み、右からかち上げて右四つ左前褌狙い、ところが突っ込みすぎで右足が前に進みすぎ、稀勢の里が左おっつけから去なすと白鵬は足が揃ってつんのめった。 白鵬頭を下げて右を覗かせ左でおっつけようとするが、稀勢の里は少し左に廻って突き上げんとする。白鵬右でおっつけるが稀勢の里両手で喉を押し上げた。白鵬嫌って右に逃げながら左で首を捻じろうとすると、稀勢の里両筈の恰好でついていって赤房に迫り、左右と腹を押して押し出した。 白鵬は礼もせずに下がりかけ、取ってつけたように礼はしたもののその向きは行司溜まり。立ち合いは両者ともに良くなく、特に白鵬は力み一色に染まって備えを忘れ、一度躓くとあとは逃げるだけだった。稀勢の里右の手着きなし。
 14日目 稀勢の里(寄り切り)隠岐の海
 ここまで 2敗の隠岐の海が、最終盤に至って元気な関脇稀勢の里にぶつけられ、力の差を見せつけられた。 隠岐の海両差し狙いで立つと稀勢の里両足跳びで立って額で当たり、右で肩を押さえながら左を割り込み、隠岐の海が左下手を取ると稀勢の里右上手を狙いながら進み、互いに右上手を狙い合い、稀勢の里は隠岐の海の左を切り、右上手を取るや引きつけて青房に寄り切った。稀勢の里も関脇で10番勝った。
 千秋楽 豊ノ島(外掛け)玉鷲
 前場所優勝同点の豊ノ島は、初日把瑠都に勝って勢いを保っているように見えたが、 2日目からあえなく 7連敗して地獄一歩手前に落ち込んだ。 ところが 9日目からはまた勝ち始め、 7勝 7敗で迎えたのが玉鷲戦だった。玉鷲左喉輪右おっつけで仰け反らせ、両差しを狙った豊ノ島が左足を前に配って構えると玉鷲見ながら突っ張り、豊ノ島が左から入ろうとすると玉鷲右に廻って両者左喉輪で一突き、見合うこと数秒、館内爆笑のうちに豊ノ島左喉輪右おっつけ、玉鷲こわごわ押し返そうとすると豊ノ島は両差し左下手を引き、玉鷲の右小手投げを左外掛けに返して白房の前に倒し勝ち越した。
・平成23年 3月 興行中止
○平成23年 5月 優勝 横綱 白鵬 翔 13勝 2敗 19
 「五月技量審査場所」の称で開催された。琴欧洲が大きく崩れ 3勝のみで11日目から休場した。日馬富士も前半は振るわず中日で 4敗したが、後半に盛り返して10勝に達した。 把瑠都は逆に終盤に崩れ同じく10勝、大きく痩せた魁皇はよく 9番勝った。序盤 5日間でこの 4大関を内容は兎も角として全部喰ったのが豪栄道で、平幕で 3場所連続二桁となる11勝の星。 連敗スタートの鶴竜が目立たぬうちに12勝し、新入幕の魁聖は初日から 9連勝して10番勝つ活躍、栃ノ心は14日目まで 2敗を守り、右四つ左上手の力相撲に進境を示した。 横綱白鵬は初日から順調に白星を並べたが、終盤になって徐々に動きが鈍り、順当に優勝したものの 2大関に敗れ13勝にとどまった。 大関を期待された稀勢の里は勝ち越すのがやっと、同じ関脇で10勝を挙げた琴奨菊に大関取りの焦点が移った。
・優勝決定の一番 14日目 白鵬(寄り切り)把瑠都
 白鵬右を固めて左で前褌を狙うと把瑠都は左を固めて右も差そうとした。白鵬左を割り込み右からおっつけながら出て右前褌を取ると、 把瑠都は右から抱え上げて左を差し、白鵬が右から出して肘を締めると把瑠都また右で抱えて左を差し込み、右上手を肩越しに取る。 白鵬は左下手を深く取り、把瑠都の顎の下に頭をつけて組みつく恰好。次いで把瑠都は左下手も取った。 一呼吸、白鵬吊りを見せると把瑠都堪えて右上手投げ気味に吊り返す。白鵬左下手をさらに深くして数呼吸、白鵬かなり高いが左外掛けにいくと、把瑠都やっと堪えて一呼吸、 白鵬続いて把瑠都の左下手を切るや右を巻き替え下手を深く取り、左で廻しを押して把瑠都の上手を切らんとし、切れぬままながら吊り身に青房に攻め入り寄り出した。 翌日、栃ノ心が日馬富士に敗れて白鵬の 7連覇が決まった。
・好勝負
  5日目 豪栄道(突き落とし)琴欧洲

 豪栄道低く当たるや左から去なし、琴欧洲が頭を下げ気味にしながら両手突きで追いかけると、 豪栄道正面から左へ左へ廻って琴欧洲の左腕を引き下げ、琴欧洲が赤房下で右から喉輪突きを見せた後両手で突くと豪栄道は腰が崩れかけたが、 西で左に飛びながら引き落としにいき、続けて左から去なすと、琴欧洲は西の溜まりに飛び出した。豪栄道はこれで 4大関全員に勝った。
  9日目 魁聖(上手投げ)豊響
 豊響額から激しく突っ込んで左おっつけ右喉輪で押し上げんとしたが、魁聖右差しを狙いながら左でおっつけ、寧ろ西に攻め込んで左四つ右上手。 豊響は徳俵に堪え、左四つ両廻しを引いて寄り返し、伸びた右上手を頼りに左に振ったが、魁聖堪えて寄らんかなの構え、豊響意を決してなお伸びた右を引きつけながら西に出んとすると、 魁聖ウンと堪えざま思い切り良く右上手投げ一閃、見事に叩きつけた。新入幕で初日から 9連勝するのは昭和55年11月の佐田の海以来、終盤は上位の巧者相手に翻弄されたが、10勝 5敗でこの場所を取り切った。
 10日目 栃ノ心(寄り切り)魁聖
 魁聖頭を下げて右から突き放そうとすると、栃ノ心は左に立って上手を取り、頭をつけて右を差す。魁聖応じて左上手を取り、結局右のがっぷり四つ。 数呼吸、魁聖青房に攻めようとすると、上手の浅い栃ノ心は引きつけ返して右に振り、青房に寄り切った。栃ノ心は魁聖の勢いを奪い取り、白鵬と並ぶ主役の座に躍り出た。
 11日目 白鵬(寄り切り)琴奨菊
 白鵬右でかち上げて左では前褌を狙うが、琴奨菊もよく当たって左で前褌を取った。白鵬は左で抱えて右を覗かせ、起こしながら琴奨菊の左を切り、 琴奨菊が頭を下げて左からおっつけると白鵬は右左と僅かに喉を押して今度は両差しを狙って左下手、琴奨菊右で抱えて左を巻き替え下手を引くが、白鵬腰を振って切るなり右で絞って前褌を引き、一気に白房に寄り出した。 白鵬ここまでは概ね厳しい取り口に終始していた。
 13日目 日馬富士(寄り切り)白鵬
 時間いっぱい、互いに塩を撒いた頃、震度 2の地震があった。吊り屋根も大きく揺れて、観客はどよめいた。 日馬富士は全く気づかずにいたが、白鵬は落ち着きすぎていたのか、騒がしさに気づいてしまった。そのせいなのかは分からないにせよ、白鵬は日馬富士に手玉に取られてしまった。 白鵬右差し左前褌狙いで立ったが日馬富士額で当たって左外筈右喉輪で押し上げた。白鵬左足を引いて右半身、この形で右差しを狙ったが、大失敗だった。 日馬富士は左で張り気味に突き、額で白鵬の右肩口にかましつつ左上手を取り、白鵬に右下手前褌を探る遑を与えず左から出した。 白鵬向き直ることもできず西に引き摺られ、慌てて左前に廻って向き直ろうとしたが白房に棒立ち、左に抱きつかれて寄り切られた。 前年 1月と同様、右から攻めようとして逃げられついてゆけず、息つく時間もなく敗れ去った。
 千秋楽 魁皇(寄り切り)白鵬
 魁皇先に立って右からよく踏み込み、両手を出して左四つ狙い。白鵬は右を固めて立ち、左を覗かせて右差しを狙いながら西に出んとする。 魁皇左からおっつけながら右で首を巻いて左に廻り込み、右で喉を突き、左腕を廻して左四つ右上手、白鵬は左下手を取るが魁皇止まらず頭を下げて右から出し、 左を覗かせる。白鵬は上体を下げて右から前褌を探るが全く届かない。魁皇左から起こそうとし、白鵬がなお上体を倒して右前褌を取ろうとすると、 魁皇左から起こしながら右を引きつけて白房に寄り進み、白鵬が右でおっつけて左下手投げを打とうとすると、魁皇さらに右を引きつけて白房に攻め込み寄り切った。
○平成23年 7月 優勝 大関 日馬富士 公平 14勝 1敗 2
 三大目玉として「白鵬の 8連覇」「魁皇の通算最多勝」「琴奨菊の大関昇進」が挙げられていたが、達せられたのは魁皇の記録のみで、しかも10日目限りで魁皇は引退となったため、表面上は最悪の結果となった。 8連覇の面で考えると、 6日目で白鵬と日馬富士とによる一騎討ちの形ができ上がり、両者中盤までは勝ちっ放したが、11日目に白鵬が琴奨菊に敗れ、 ここから白鵬は疲労が色濃く滲んでいき、14日目に日馬富士との直接対決に屈して差が 2つ、これで日馬富士が 2年ぶりの優勝を決めた。日馬富士は千秋楽に敗れて14勝 1敗、白鵬も千秋楽黒星で12勝に終わった。 把瑠都と琴欧洲は相撲が雑で、把瑠都は白鵬を破って11勝に達したが、琴欧洲は 9勝にとどまった。 3人の関脇のうち琴奨菊は11勝を挙げて内容もあり、白鵬と 2大関に勝ったのに、14日目に 4敗となったところで数字だけで審判部が見送りを明言したのにはほとほと呆れた。 稀勢の里と鶴竜は10勝を挙げたもののさほどの存在感は示せず、鶴竜は前場所の12勝もあって次場所に琴奨菊とともに大関を狙うこととはなったが、かなりの物足りなさを感じさせた。 他方、豊真将が11勝して地力を見せれば、新入幕 4人のうち安と富士東は溌溂たる土俵振りで清新の気を吹き込んだ。 全体として相撲内容は良かったが、立ち合いの呼吸が乱れに乱れて足を引っ張った。 6日目には大道が 4度も突っかけたため富士東とともに審判部で注意を受けている。
・優勝決定の一番 14日目 日馬富士(寄り切り)白鵬
 白鵬左から踏み込んで右差し左前褌狙い、踏み込みがさほど鋭くなく、右で下手前褌を取っただけ。日馬富士右で踏み込み角度良く当たって左で前褌を引く。白鵬右を引きつけて左で一瞬首を巻こうとしたが、日馬富士の頭は白鵬の顎の右にあった。 日馬富士左に廻って出し投げで振る。白鵬左でおっつけて東に出んとするが、日馬富士また出し投げで振りながら右で白鵬の右膝を押さえようとする。白鵬残して左で攻めようとするが、日馬富士は逆に右で白鵬の左手首を押さえて許さず、白鵬が上体を右に揺すって起こそうとするが日馬富士は起きない。 日馬富士また右で白鵬の右膝を押さえながら左上手出し投げ、白鵬ついていき左で抱えて日馬富士を起こそうとすると日馬富士向正面に出る。白鵬右半身で凌ぐが起こそうとした際に右下手を離している。一呼吸して日馬富士またまた左で出そうとし、白鵬が左で首を押さえつけて右から起こそうとすると、日馬富士あくまで許さず右も下手を取る。 数呼吸、日馬富士出んとするが白鵬動かず。一呼吸、白鵬右を抜いて上手を狙ったが取れず、また入れ下手、次いで右下手投げを打つが、日馬富士堪えながら左を後ろ立て褌に替え、左から出して右で腹を押し、白房に寄り切った。白鵬前場所に続いて終盤にもたつき、この場所は覇権をも手放した。
・好勝負
  3日目 日馬富士(寄り切り)豊ノ島

 豊ノ島両差しを狙うと日馬富士低く突っ込んで挟みつけ、次いで右喉輪で突き、豊ノ島が突き返そうとすると日馬富士左おっつけで払い上げて左右と下手を引くや一気に向正面に突っ走り寄り倒した。この場所の日馬富士は鋭い突っ込みが戻り、左前褌を取って攻める取り口に安定感があった。
  5日目 魁皇(寄り切り)旭天鵬
 魁皇頭を下げて左差しを狙いながら右を固め、左を差して右上手を狙って取り、両廻しを引いて慎重に構えた。旭天鵬は左下手一本、右上手は遠い。一呼吸、旭天鵬が上手を狙うと魁皇右を引きつけて向正面に出んとし、旭天鵬が下手を切ると魁皇赤房に寄り進み、左右と喉を押して寄り切った。 数ある通算記録の中で最後の牙城として聳立していた通算勝数記録1,045をも塗り替え、古今無双の異色の大力士としてその名を不動のものとした。魁皇は 7日目にもう一つ白星を加えて通算1,047勝とした。
  6日目 富士東(突き落とし)大道
 新入幕同士の一番。大道早すぎ 3度やり直しで正面審判長の貴乃花から声が飛ぶが、 4度目もまるで変わらず、 5度目でやっと成立。富士東頭で当たって左おっつけ右喉輪で突き上げ、右が入らなかった大道が突き返すと富士東左に廻って右喉輪で起こし、左おっつけ右喉輪突きで攻め、大道が右をやっと差すと富士東右差し左で宛がって西に出んとした。 大道は足が流れてつんのめり、富士東が右を抜いて左から突くと、大道正面黒房寄りに崩れて這った。大道と富士東はともに審判部に呼ばれて注意されたが、立ち合いのずれは 4度全て大道が悪かった。この場所は特に中盤までまるで呼吸を合わせない立ち合いが続出した。
  7日目 白鵬(叩き込み)若荒雄
 白鵬右かち上げの形で左から踏み込みながら若荒雄の両手突きをはね上げ、左外筈の形で右足を大きく出して右を差しにいったが、若荒雄は左に廻って突き落とし、喉を盛んに突いた。 白鵬が右差しを狙いながら挟みつけようとすると若荒雄再び左から去なして右で背を叩く。白鵬やや左足の送りが鈍いが両手で喉を押さえて左喉輪で押し上げ、若干上体が上がりながらも突き返そうとする若荒雄を右に引いて右で叩き込んだ。 この場所の白鵬は安易に前に出すぎる傾向があり、若荒雄は右を差したがる白鵬に対しよく突いてよく左から去なし奮戦を見せた。若荒雄の突き押しには出足が全くないので通ずる要素があるとは思われなかったが、前々日に大関琴欧洲に勝ってから俄かに気魄が増して白鵬に全てをぶつけ、敗戦後も悔しがること頻りだった。
 10日目 富士東(押し出し)安
 安も将来を期待される新入幕、平成生まれ初の幕内力士である。当たり合いは富士東が低く、左筈右おっつけ。安が突っ張ると富士東突き返して左で胸を突き、青房に攻め込んで押し出そうとする。安左に廻り込んで赤房で左おっつけ、富士東が追うと安左で前褌を取ったが、富士東左右で抱えて腹を出し、左外筈で西に押し出した。
 10日目 琴欧洲(押し出し)魁皇
 まるで呼吸合わず琴欧洲待った。魁皇右で張って左四つ、琴欧洲左下手を引いて右でおっつけると魁皇嫌って東に下がる。琴欧洲突っ張ると魁皇左に逃れるが、琴欧洲両筈で押し、見ながら突っ張って正面青房寄りに押し出した。魁皇これで 7敗、腰痛は既に左脚の感覚を奪い、全身いたるところ故障だらけで、カド番でもなかったがここで引退に踏み切った。あと 5日で39歳であった。
 11日目 琴奨菊(寄り切り)白鵬
 白鵬右で張って右で踏み込みながら左を固めて右おっつけの形、琴奨菊が左差し右おっつけの恰好になると白鵬右から抱え上げて右上手を狙ったが取れない。琴奨菊は左下手。白鵬次いで右でおっつけて上手を狙うがまるで届かない。琴奨菊は右を巻き替えんとする。白鵬許さず上手を探るが取れず、おっつけて上手を探るが全然届かない。 琴奨菊逆にサッと右上手を取ってがぶる。白鵬右で抱えて左に廻り、なお右腕を伸ばして上手を狙うが取れない。琴奨菊再びがぶり、白鵬がやっと右上手に手を掛けると琴奨菊なお赤房にがぶり、上手を切って右に廻り、白鵬が深く上手を取ると琴奨菊引きつけて東に寄り、右に寄り切った。琴奨菊はこれしかないという取り口で横綱を破り、 8日目に魁皇、12日目に把瑠都を倒して11勝を挙げ、 内容充分で星も足りているのだが、近年盛んに言われる 3場所通算33勝というやや高すぎる設定に及ばなかったという理由だけで昇進を見送られた。白鵬はここから急激に崩れた。
○平成23年 9月 優勝 横綱 白鵬 翔 13勝 2敗 20
 白鵬はこの場所も中盤まで勝ち進んでいったが、大関取りの琴奨菊と、それを出し抜いてやろうという稀勢の里も雁行して白星を連ねた。 鶴竜も大関取りと言われてはいたが、序盤から躓いて 9番にとどまり、内容もひどく白紙に近いところまで落ちた。 一つ上、横綱取りとされた日馬富士は乱暴な相撲と振舞で自壊して 8勝しかできず、途中休場した琴欧洲と似たり寄ったりの惨状を呈した。 8日目を終えて白鵬と稀勢の里が勝ちっ放し、 1敗にはこの日敗れた琴奨菊と初日に敗れた臥牙丸がいて、 翌日から稀勢の里が 3連敗して後退した結果、11日目には白鵬だけが土つかず、 1敗にはこの日把瑠都をも喰った臥牙丸だけが残り、 2敗に琴奨菊と北太樹が控える陣容になった。白鵬はこの11日目からまた崩れ始め、翌日稀勢の里に吹っ飛ばされ、13日目には琴奨菊に棒立ちで完敗し、主軸の揺らぎを如実に示した。 臥牙丸も12日目から 3連敗し、14日目には 2敗で白鵬と琴奨菊、 3敗で稀勢の里が 1人残り、楽日はこのうち琴奨菊だけが敗れたので白鵬がどうにか賜盃を取り戻したものの、最後は喘ぎ喘ぎだった。 琴奨菊は待ちわびた大関昇進を果たし、稀勢の里も議論はされたが次場所を見ることとされた。把瑠都は10勝し、稀勢の里と琴奨菊を倒して大関の意地を示したが、滑り出しが悪く印象を薄めた。 相撲内容は中日以降とその前とで大きく異なり、前半の幕内下位は空しいこと限りなかったが、後半はかなり良くなった。
・優勝決定の一番 千秋楽 把瑠都(上手投げ)琴奨菊
             白鵬(上手投げ)日馬富士

 稀勢の里が 3敗のまま残っているので、琴奨菊と白鵬とが続けざまに土に塗れれば巴戦という状況で、 大関昇進がほぼ確定している琴奨菊は把瑠都に挑んだが、跳ね返された。琴奨菊早くやり直し。 把瑠都右で張って右上手を深く取り左でおっつけると、琴奨菊は両差し狙いが果たせず左四つ、一呼吸して琴奨菊右前褌を狙いながら白房に出んとするが把瑠都両廻しを引きつけて動かず、 一呼吸して琴奨菊再度右からおっつけて出んとするが把瑠都一堪え、琴奨菊のおっつけが止まった瞬間、把瑠都大きく右から上手投げを放ち、向正面赤房寄りに斬り伏せた。 結びの白鵬−日馬富士を裁く35代庄之助は場所後に定年、この日が最後の土俵となり、決定戦になれば庄之助の裁きがまだ見られるところだったが、そうはならなかった。 白鵬右で少し踏み込んで右差し狙い、左手を出して肩越しに左上手を狙うが取れない。しかし日馬富士も左ががら空きで腰が浮く。 白鵬黒房に出て左上手を深く取る。日馬富士は右から下手投げを打って半身になり、左で絞る。白鵬やや上手を浅くする。白鵬右筈で起こそうとすると日馬富士右から大きく下手投げ。 白鵬ついていって右を差して向正面に進むなり左上手投げを打って日馬富士を引っ繰り返した。
・好勝負
  2日目 若の里(送り出し)鶴竜
     隠岐の海(突き落とし)日馬富士

 上を狙うことの難しさを示した相撲 2番。まずは、このことを体験して知っている若の里が、前場所の琴奨菊に次いで鶴竜の行く手を阻んだ一戦。 鶴竜焦って逆に機を逸し待った。若の里頭を下げて両差しを狙うと鶴竜も低く出て右から突き上げながら一瞬左を覗かせ、右おっつけ。 若の里が右から叩くと鶴竜左筈右喉輪から青房に押し込もうとするが、若の里は堪えて左を差そうとする。鶴竜右から去なして向正面に下がり、若の里が両手で喉を突くと鶴竜右で前褌を引いたが左が取れず、若の里が西に下がって左から引き、右からおっつけながら西を右に廻り、右上手から出すと、鶴竜ついていけずよろめき、溜まりに抛り出された。 1番おいて、日馬富士。この場所から観客に「いい相撲」を判定させるマークシートの配布が始まったが、 初日に背伸びして乱雑な相撲を取った日馬富士が 2位になるという異常事態が起きて筆者は大いに呆れていたところ、 この日も背伸びして浮き上がり、見事に裏返されたことで「白星を得る」という異常事態は避けられた。 日馬富士上体だけで突っ込んで左おっつけ右喉輪で突き上げ、さらに右から左と喉を突くが、隠岐の海黒房に下がりながらもおっつけて受ける。 隠岐の海が右に変わるのを日馬富士両手で突き放し、左で張って左差し右おっつけから上手を引いて白房に寄ろうとしたが、前日以上に自ら背伸びをして隠岐の海の腹に乗り、右から抱え上げた隠岐の海が左から巻いて右から突き落とすと、日馬富士脆くも捻じり倒された。 前日にガッツポーズを見せた日馬富士が、全くの惨敗にも関わらず審判を何度となく見廻したのには呆れ返る。隠岐の海の左爪先が蛇の目を噛んだとはいえ、また栃錦よろしく倒れながら足を取りにいったとはいえ、自分が裏返しに落ちておいてそれでは、執念と未練がましさを履き違えているとしか評しようがなかった。
  4日目 豊真将(押し倒し)日馬富士
 時間いっぱい、豊真将どんどん後ろに下がって仕切り、腰を割ってさらに下がった。豊真将左で踏み込んで額から当たろうとすると日馬富士訳も分からず頭だけ下げ、両足跳びでフワッと立ち、右のおっつけは形だけで何らの効果も生み出さず、豊真将が左筈右おっつけで西から一気に青房に殺到すると、日馬富士はただ豊真将の左を手繰ろうとするばかり、そこに豊真将がのしかかると日馬富士あえなく潰え惨敗した。豊真将は三大関を総なめにし、厳しい取り口で10勝を挙げた。
  5日目 磋牙司(一本背負い)栃乃若
 磋牙司当たるや左に変わってとったりを曳き、左筈右おっつけから左おっつけ右筈、さらに突っ張って栃乃若に組ませず、右に廻って引き落としを見せ、西に追う栃乃若を左かち上げ右喉輪から突き放し、栃乃若が左筈から右筈と押して白房に攻め返すと磋牙司左に変わって去なし、右おっつけ左喉輪と突き上げるや栃乃若の左差し手を担いで左足ではね上げながら左前に一本背負いを強襲し、ものの見事に正面黒房寄りに叩きつけた。
  9日目 玉鷲(反則)富士東
 富士東立てずやり直し。二度目も富士東立ち遅れて行司待った。三度目、玉鷲左筈右喉輪で押し上げんとし、富士東全く押せず玉鷲出て両筈になると、富士東左に廻って右で頭を叩いたが、まともに髷を引っ掴んでしまい、さらに白房下を西に廻って引き落としたが、もう既に天を仰いで負けを覚悟、その内容にしては協議がやや長かったような気がするが、当然反則負けを宣せられた。中村審判長の説明の中に「行司差し違え」とあったが、行司は反則を見ないのだから、これを差し違えと表現するのは好ましくない。それにしても一応軍配を貰っている富士東、反則負けと自ら判断して土俵上で愕然とする真正直さは珍しい。
 11日目 臥牙丸(送り出し)把瑠都
  2日目から臥牙丸が直押しの喉輪攻めで勝ち進み、 9勝 1敗の星を引っ提げて大関把瑠都に挑んだ。 把瑠都両手で喉を押し上げて左喉輪で押そうとすると臥牙丸僅かに左を開き加減にして右からおっつけ、把瑠都がなお突っ張って両手で喉を押そうとすると臥牙丸は左右のおっつけで挟みつけた。 把瑠都は左も右も喉輪が外れて浮き上がり、背を見せて向正面に押し出された。臥牙丸はここから琴奨菊・稀勢の里・豊真将と元気な上位に当てられて星を落としたが、11勝を挙げて進歩の跡を残した。
 12日目 稀勢の里(小手投げ)白鵬
 13日目 琴奨菊(寄り切り)白鵬

 11日目から 3関脇を向こうに廻す白鵬、最初の鶴竜に喰われかけて冷や汗をかいたが、あとの 2人にはおいしく食べられてしまった。 12日目は稀勢の里戦、まるで歯が立たないばかりか、逆に噛み千切られた形である。白鵬先に立って右を固めて左上手を狙ったが、稀勢の里額で当たって左おっつけ右喉輪、白鵬は右下手前褌を取って半身になったが左足がズルズル下がり、何とか左足を前に送ろうとすると稀勢の里は両手で小手に振って右で喉を押し上げる。 白鵬は左前褌を狙うが取れず、稀勢の里がまた小手投げで捻じると白鵬左足が崩れてつんのめり、向正面に吹っ飛んだ。 13日目の琴奨菊戦はもうなすがままだった。白鵬右でかち上げ気味に当たって左の前褌を狙い、やや後方から立って思い切り突っ込んだが、琴奨菊は珍しや左で前褌を引いて右を覗かせた。 白鵬は右で下手前褌を引き、左で抱え上げんとしたが、琴奨菊は早くもがぶった。白鵬東に堪えて右に廻り込もうとしたが、琴奨菊右下手も引いてなおもがぶり、正面に寄り切り快勝。白鵬は全く琴奨菊の攻めに自らを支えられず、最後は逃げるように土俵を飛び出した。 琴奨菊は翌日合口の良い日馬富士に圧勝し、大関昇進を確定的にした。
×平成23年11月 優勝 横綱 白鵬 翔 14勝 1敗 21
 新大関の琴奨菊は必ずしも完調とはいえなかったが初日から 9連勝し、11勝と星を残した。 同じ11勝の把瑠都は 4日目で 3敗となっており、序盤に崩れる悪癖は克服できなかった。カド番の琴欧洲は 9勝、日馬富士はまた 8勝どまり、いずれも上ずった取り口で黒星を積み重ねた。 白鵬は勝ち進んで13日目で優勝を決めたが、攻め急いでみたり逆に慎重すぎることもあったりでパッとせず、最後の 2日間は滅茶苦茶で千秋楽に敗れた。 大関取りの稀勢の里は10勝、相撲ぶりの評価が高く、大関に推された。相撲内容は前場所同様中日まで冴えず、 特に幕内下位は非常に悪く、場所の後半に至っても回復せずにしまった。
・優勝決定の一番 13日目 白鵬(下手投げ)琴欧洲
 白鵬立ち渋り待った。白鵬例によって右かち上げ気味に立つと琴欧洲は右で肩を突いて左でおっつけ、右で喉を押す。白鵬一瞬右を手繰って黒房に突っ張り、右四つ左上手。 琴欧洲右下手投げで右に廻って左を巻き替えんとすると、白鵬追って右を差すが、上手が切れる。琴欧洲逆に右四つ両廻しを取り、赤房に出んとする。 白鵬右下手投げで振って左を巻き替え両下手、琴欧洲の左を切らんとしながら吊り身に西に進み、左を筈にするが、琴欧洲右を肩越しに引きつけて左おっつけで赤房に進む。 白鵬は左に廻り一呼吸、また左を筈にし、琴欧洲の右脇から頭を出して伝え反りから左下手投げで右後ろに投げ捨てた。
・好勝負
  3日目 白鵬(上手投げ)豪栄道

 白鵬例によって右四つ狙いで立つと、豪栄道は右左と前褌狙いで右下手前褌、白鵬左上手を深く取って右を差したが腕が返らず、豪栄道がいきなり右下手出し投げを打って右下手を離すと、白鵬すっ飛びながら左上手出し投げ気味に返し、先に豪栄道が右肩から落ちたので事なきを得たが、自らも右肩を俵に強か打った。この場所の白鵬は右四つの型が悪いことがあり、右肩を打ったこともあって相撲ぶりは今一つだった。
 14日目 稀勢の里(押し出し)栃乃若
 栃乃若両差しを狙って立つと稀勢の里は左おっつけ右筈から右で喉を押し、左おっつけ右喉輪から左喉輪右おっつけで攻め、突っ張りから右喉輪突きを伸ばして西に突き出した。この相撲で稀勢の里は10勝、関脇連続 5場所間の安定性と相撲内容が高い評価を受け、大関に昇進した。
 千秋楽 把瑠都(叩き込み)白鵬
 把瑠都先に立って右肩から当たり、左でおっつけながら右はかち上げの形。白鵬左の踏み込みが鈍り、右差し左前褌を取って一煽りするが、把瑠都が右を抜いて上手を探りながら左で首を捻って右に廻ると、白鵬は両足跳びでついていくのがやっとで、把瑠都が左を巻き替えたのに応じて右を巻き替えんとしたところ、これをおっつけられて浮き上がり、把瑠都が右から左も添えて喉を押すと、白鵬嫌って白房に下がり、左半身になって左横褌を狙ったが、左足が流れて伸びてしまい、把瑠都が左腕をぶん廻して素首落としを見舞うと、白鵬左拳から土俵に落ちた。 白鵬は前場所の鶴竜戦同様に立ち合いの隙を突かれ、夏の魁皇戦のように動き負けて把瑠都の豪力をまともに浴び、潰え去った。
前画面に戻る