平成24年
○平成24年 1月 優勝 大関 把瑠都 凱斗 14勝 1敗 1
 琴奨菊が上位でひとり苦しみ、やっと千秋楽に勝ち越した。他の大関は軒並み好調で、中日まで勝ちっ放しが把瑠都、琴欧洲と稀勢の里とが 1敗で、日馬富士が 2敗で喰いついていた。 このとき幕内に 2敗がさらに 4人いた。このとき白鵬は白星を並べていたものの、強そうに見せる強引な突進相撲が目立ち、足運びが悪く 5日目に躓いて左足を痛め、不安定の度を加えた。 9日目からは上位の喰い合いが始まり、まず琴欧洲が日馬富士に敗れた。10日目には白鵬が鶴竜にいいところなく屈し、11日目を終えて把瑠都は相変わらず勝ち続けており、 1敗で白鵬、 2敗には稀勢の里と栃煌山が残る形。 かくて把瑠都と白鵬の一騎討ちと思われたのも束の間、白鵬がズルズル後退して把瑠都が13日目に早くも初優勝を決定、楽日に把瑠都に勝った白鵬は12勝で盛りを過ぎたのではという疑念を持たれ、把瑠都は14勝 1敗で取り終えた。 新大関の稀勢の里は日馬富士とともに11勝、琴欧洲も10勝し、上々の成績を残した。唯一残っている大関候補の鶴竜も前場所に続いて10勝、上位がつかえて苦労しているが安定感を示している。 6日目までは特に熱戦が目立ち、全体としても上々といえる場所であった。
・優勝決定の一番 13日目 把瑠都(下手投げ)琴奨菊
 把瑠都右で張って左差し右上手を狙ったが取れず、右で引っ張り込もうとする。琴奨菊は僅かに立ち遅れたが右上手を浅く引き、西に出たい。 把瑠都は右上手を肩越しに取ろうとしたが琴奨菊左腕で切る。把瑠都は左で起こしながら右上手を深く引く。琴奨菊腰をかなり入れて把瑠都の右を切ろうとするが切れず、左下手。把瑠都も左下手。 一呼吸して琴奨菊出んとするが把瑠都全く動かず、逆に抜き上げてから左下手投げで西に転がした。 3番後の結びで白鵬が琴欧洲に力なく敗れ、把瑠都に初の優勝が齎された。
・好勝負
  4日目 把瑠都(送り倒し)若荒雄

 若荒雄は新小結。把瑠都さっさと立ってやり直し。把瑠都左で張って右は差すようなおっつけるような恰好。若荒雄は両手で突こうとし右筈から右に引いて叩く。 把瑠都追って左から引っ張り込もうとする。若荒雄は右筈から左で喉を押そうとするが、左はおっつけで上げられ、逆に左喉輪突きで向正面に追い込まれ、右踵を踏み切りそうになりながら左を差して堪え右で胸を押し返そうとした。 把瑠都は強引に左おっつけで突き落とし気味に振る。若荒雄左廻りに廻って向き直って右から少し去なし、右で肩を押しながら左で喉を攻めて抗う。把瑠都左右から挟みつけようとすると若荒雄左に引き落としを見せて右に廻る。 把瑠都左筈でついていって右上手を深く取り、若荒雄の左後ろについて赤房に送り倒したが、若荒雄の目の前には庄三郎がいた。若荒雄はその場で右膝から転んだが、右腕で庄三郎を押し倒す形になり、庄三郎は頭から赤房下の東溜まりに墜落して伸びてしまった。 把瑠都は東の二字口に戻って勝ち名乗りを待っていたが、庄三郎が戻ってこない。若荒雄は片膝立ちで困っている。西花道から呼び出しが数人飛んできて、さしあたり軍配を預かった。三保ヶ関審判長は指示を出して控えの玉光に勝ち名乗りをあげさせる。 その間に若者頭も数人やってきて、反応を確かめる。呼び出しと行司が装束を緩める。東花道からは年寄も数人出てきて、担架が到着した。西からは診療所長、介添しながら庄三郎を担架に乗せ、漸くのことで東花道から下がっていった。
 10日目 鶴竜(寄り切り)白鵬
 白鵬自分の呼吸を乱されて待った。 2度目、鶴竜先に待つと白鵬は最近やっていた右・左の順で間を置いて拳をおろす立ち合いではなく、僅かに右が先ながらほぼ同時に拳をおろして急いで立った。 鶴竜額で当たって右で肩を突きながら左でおっつけんとすると、白鵬は右からかち上げたが、さほど効かなかっただけでなく腰が立ち、右でおっつけんとしたところで鶴竜が引いて右おっつけの形で突くと、白鵬右足が遅れてつんのめった。 鶴竜右上手を取って左で頭を押さえながら振り廻す。白鵬は左下手を引いてついていこうとしたが、途中で左が切れた。鶴竜頭をつけて低く構え左前褌から左下手、白鵬が右で抱えて一旦左を抜きざままた差そうとすると、鶴竜右を引きつけて白房に攻め込み、右を深くして煽り、白鵬が左上手を引いて右で背を抱えて堪えると、鶴竜なお煽って吊り身に寄り切った。 白鵬先を取ろうとして自爆、足を乱して散った。鶴竜は白鵬に跳ね返されること実に20度、とうとう堅塁を抜いた。
 12日目 把瑠都(叩き込み)稀勢の里
     日馬富士(送り出し)白鵬

 むやみに気負うといいことがないというのをはっきり示した 2番。これによりこの場所の帰趨はほぼ決した。 結び 3番前、勝ちっ放しの把瑠都に挑むは 2敗の新大関稀勢の里、前場所熱戦の末敗れた稀勢の里は、把瑠都を引き摺り下ろすため意気熾んではあった。 把瑠都先に待つと稀勢の里なかなか拳をおろさず、把瑠都が拳を上げると稀勢の里が右左と拳をおろし、それから把瑠都が両拳をおろして立ち上がり、稀勢の里が右で肩を突こうとしながら挑みかかろうとすると、把瑠都左に変わって両手で叩き転がした。 ああ無惨、稀勢の里は一気に攻めんとしながらも 2歩目すら送れず、土俵に転げて一瞬の敗。結びは 1敗の白鵬、相星だった稀勢の里に前日勝ち、 残り 4人の大関を落ち着いて薙ぎ倒すべく、 2人目の大関日馬富士に相見えたが、「落ち着いて」が白鵬の辞書から消えていた。 互いに暫し見合い、白鵬やや立ち急いで右から思い切りかち上げんとすると、日馬富士左に思い切って飛び上手出し投げ気味に去なした。白鵬あっという間に砂かぶりのど真ん中に突っ込み、茫然自失の大惨敗を喫した。 虚ろな顔で土俵を見やる白鵬、翌日も立ち直れず琴欧洲にも歯が立たなかった。
○平成24年 3月 優勝 横綱 白鵬 翔 13勝 2敗 22
 把瑠都の横綱取りは、10日目から自失状態に陥り風邪も引いたとかで崩れ去って消滅した。 代わって鶴竜の大関取りが焦点となり、13勝と勝ち込んで堂々と昇進を確定させた。この場所はほぼ鶴竜のためだけにあったようなものだが、 優勝したのは白鵬で、初日から軸のぶれたよろめき相撲で、 6日目の嘉風戦で左足首が痛み出し、 7場所連続中日勝ち越しの新記録をつくりはしたが、 立ち直れないまま賜盃だけを得た。大関の中では日馬富士が気を吐き、落ち着いた取り口が多く11勝と星を伸ばしたが、稀勢の里は中盤以降立ち直ったものの序盤に力んで星を落とし、 琴奨菊は脇が甘くて沈滞したままで、ともに 9勝にとどまった。琴欧洲は把瑠都に勝ったのが目立つくらい、苦手を相手に綺麗に黒星を連ねて 8勝どまり。 相撲内容は中盤から良くなっていったが、それだけに主軸の不安定が翳となった。
・優勝決定の一番 決定戦 白鵬(上手投げ)鶴竜
 鶴竜頭を下げて左前褌を狙うと白鵬は左で張って左上手を取りにいき、右を差して返そうとした。鶴竜は右下手を取って左を巻き替えんとする。 白鵬右を上げて許さず、右下手も引くが、鶴竜左からおっつけ、次いで左を巻き替えた。白鵬つけ入って白房に寄るが、鶴竜両下手を引いて左打っ棄りの構えで粘り、残して左下手を深くした。 白鵬は右内掛けが空を切ったが、右足を引いて左上手投げで捻じりにいき、浴びせながら辛うじて捻じ伏せた。白鵬得意の右四つが錆びついていることをまざまざと示した。
・好勝負
  4日目 鶴竜(寄り倒し)把瑠都

 把瑠都右でかち上げんとすると鶴竜額で当たって左おっつけ右喉輪、把瑠都突っ張ろうとすると鶴竜右から去なす。 把瑠都向き直って喉を突き上げると鶴竜挟みつけて右横褌を取り、次いで左も下手を深く取った。 把瑠都左を首に巻いて右で抱え、次いで左上手を肩越しに取るが、鶴竜は右を前褌にし、東に攻め、把瑠都が肩越しに取った右上手から振ろうとすると鶴竜動ぜず、今度は把瑠都左で片手波離間投げの形で引っ張ろうとすると、互いに廻り合って土俵中央で離れた。 一瞬見合って把瑠都が両手を出すと鶴竜右から左と両差し、左は前褌、把瑠都は肩越しに両上手。一呼吸して鶴竜正面に寄り進み、寄り倒した。 この相撲でこの場所の主役の座が入れ替わった。
  6日目 白鵬(小手投げ)嘉風
 白鵬右でかち上げると嘉風当たりながら左おっつけで逸らす恰好、嘉風次いで右から突きながら攻めようとすると白鵬右で突き、一瞬見合って嘉風が飛び込もうとするところ白鵬左に廻って引き落とそうとしたが、左の張り手が空を切ってのめり、左下手右上手の順で取ったものの次の右上手投げでまともに引っ張って西にズルッと後退した。 嘉風は左下手一本で頭をつけ、白鵬の上手を切ったが、白鵬は左を上げ、次いで右小手から捏ねて左を差そうとし、土俵中央に下がって片閂から小手投げを打って土俵の真ん中に何とか捻じり倒した。 この場所の白鵬は速攻というより、面倒だからさっさと片づけたいというような投げ遣りさが目立ち、腰の据わりが悪く、全く安定感がなかった。
  9日目 鶴竜(寄り切り)白鵬
 白鵬僅かに早く立って右でかち上げながら左前褌を狙ったが、鶴竜額で鋭く当たって左外筈右喉輪で押し上げ、サッと右に飛び、白鵬が残して左前褌を狙うと鶴竜さらに右に廻り、白鵬が両差しを狙うと鶴竜左右からおっつけ、左喉輪右で肩を押し、両筈から右下手を深く取り、頭をつけて左でおっつける。 白鵬は左で抱えるだけ、右は鶴竜に殺されて差せない。鶴竜は一度左で内無双を切る。白鵬は正面で左上手を探るが届かない。一呼吸、鶴竜右を引きつけて出んとすると白鵬右下手前褌を引いたが、鶴竜左に廻って左上手を横褌にし、右を前褌にした。鶴竜機を見て正面青房寄りに出ると白鵬右下手投げを見せるが、 鶴竜ますます喰い下がり、数呼吸して白鵬左上手を狙う素振りから左を巻き替えんとすると、鶴竜グイグイ出て黒房に寄り出した。白鵬珍しくつけ人のタオルと下がりとを投げ渡す苛立ち振り、立ち合い先んじて鋭く踏み込んでも鶴竜に通ぜず、体勢を崩すまいとするのに手一杯で攻めることもならず、全くの完敗であった。 鶴竜は横綱戦連勝であり、申し分のない相撲振りで堂々たるものであった。
 11日目 豊真将(上手投げ)隠岐の海
 隠岐の海が左を固めながら右差しを狙うと豊真将左右からおっつけんとしたが、隠岐の海黒房に出て右から抱え、左を割り込まんとしつつ西に攻め、右おっつけで防ごうとした豊真将がたまらず右上手を取って振ろうとすると、隠岐の海左を突きつけて渡し込んだ。 なぜかこんな相撲に物言いがついたが、そればかりか豊真将の体が全くないのに隠岐の海の右肘が落ちたとして差し違いにされたのには驚いた。とんでもないことだ。隠岐の海の左突きつけが効いていてまともであり、豊真将は両足とも浮いて尻が下がってさえいて、この時点で隠岐の海の右肘は落ちていないということは豊真将の負けなのだから、大誤判と言わずして何であろう。 説明が出来なくても駄目だが、判定が出来ないのも駄目だ。今場所から審判団がかなり入れ替わったせいもあろうが、このような誤判珍判がいくつも現れた。
×平成24年 5月 優勝 前7 旭天鵬 勝 12勝 3敗 1
 初めて 6人の大関が並んだ場所で、初日は全員が勝って見せたが、横綱が倒れてしまい、立ち合いダメ、相撲内容ダメ、勝負判定ダメ、優勝争いダメのボロボロ場所で終わった。 5日目で勝ちっ放しは琴奨菊だけ、 1敗が11人、 2敗が 9人という形になっていて、 7日目に琴奨菊が負けて 1敗が 5人、 2敗はこの日敗れた白鵬を含めて 7人並んでいたが、 白鵬は 3連敗して沈み、琴奨菊も 8日目に左脹脛を痛め後退していった。10日目には稀勢の里だけが 1敗で残り、11日目になると 2敗がいなくなり、12日目からは稀勢の里もが 2連敗し、 13日目を終わって 3敗と 4敗が 3人ずつという惨状、14日目でも変わらず、千秋楽は稀勢の里が 4敗となり、琴欧洲の休場で 3敗に残った栃煌山(琴欧洲の休場について、 八角広報部長名で出された談話の空虚さにより大騒動を齎したのには愕然とした)と豪栄道に辛勝した旭天鵬とが史上初の平幕同士の優勝決定戦を戦い(全日取り終えて平幕のみが複数トップだったのは大正15年 5月以来)、 旭天鵬が優勝制度制定以後最高齢の初優勝を勝ち得た。旭天鵬は 5日目で 3敗していたが、あとを勝ちっ放して驚かれた。 上位陣は稀勢の里が11勝、琴奨菊が10勝と気を吐いたが、白鵬は琴奨菊と同じ10勝でも、また初日の左手人差し指骨折という事情を酌んでも惨敗と目され、把瑠都は 9勝、残りの日馬富士・琴欧洲・鶴竜は 8番にとどまった。
・優勝決定の一番 決定戦 旭天鵬(叩き込み)栃煌山
 行司はまさかの幕内行司筆頭、勘太夫。旭天鵬左で張って右差し左上手を狙うと、栃煌山は右で喉を押し上げんとしながら左を固める。 さて旭天鵬は左上手が取れず、栃煌山は左を差し負けて宛がいながら、右を差した。すると旭天鵬は左後ろに下がるや右を抜いて左で首を突きながら右で叩いた。 栃煌山は全くついていけず、左で廻しを押しながら靠れ込もうとしたが甲斐なく、左膝から土俵に落ちた。旭天鵬は両足とも正面徳俵の前に揃えて一堪え、ここに旭天鵬の超高齢優勝が達成された。
・好勝負
  7日目 妙義龍(寄り切り)琴奨菊

 妙義龍が右差しを狙って低く立つと、琴奨菊は右から引っ張り込まんとしながら左ではおっつけるのか前褌を狙うのか分からないちぐはぐな形。 果たして妙義龍は両差しで、琴奨菊は左右から抱え、右小手から振って左を巻き替えんとしたが、妙義龍右からおっつけて一気に黒房に攻め込み、左を返し右を筈にして寄り切り完勝。 妙義龍は迫力ある鋭い攻めで 4大関を破り、 9勝を挙げた。
  7日目 豊響(小手投げ)白鵬
 白鵬右で張りながら右で踏み込み、左肩を出して左右と両差しになったが、例によって足が揃う。 豊響は張られて顔が右を向き、ために得意のかましはなく、右上手も左上手も取れずに伸び上がってしまった。白鵬は右足を送って右を返し、次いで左足を送って左を大きく返したが、またここで足が揃う。 豊響は早くも体重を預けて右から小手投げの構え。白鵬は左足を出して体を寄せようとしたが上体を捻じられ、豊響が体を開いて右小手投げを続けると白鵬は右足を送れず体が伸び切り、次いで左足を少し出したものの豊響の下で宙を舞い、左を突きつけるも空しく右肩右脛の順で横転した。 それから豊響が左肩から落ちたのを見てか庄之助は軍配を白鵬にあげたが、西の高島審判、正面の朝日山審判長、白房の湊審判、赤房の高田川審判の順で手が挙がり、豊響の師匠である東の境川審判のみ確認できなかったものの、ほぼ審判団総員による物言いとなった。 飛んだのも白鵬が早く、落ちたのも白鵬が早く、その間ずっと白鵬の体勢は下で、どれをとっても白鵬に利あらず、協議も手短に終わって豊響に金星がついた。 白鵬は 1年半ぶり 6個目の金星配給、組めば左四つ得意の相手であるから、右から踏み込んで右で張って左から入るという作戦を選んだのは、捕まえやすいという意味において決して誤りではなかったものの、足が揃うという弱点を二度も出し、左を返していながら相手の小手投げを支え切れないところに、老いを感じさせた。 豊響は 3日目に誤りとしか思えない判定ではあったが琴欧洲から白星を取り、 5日目には日馬富士を一蹴、この日は本来の突撃こそ全くの不発であったが、執念の捨て身技、乾坤一擲の一撃で金的を射抜いて涙を流した。負け越しとはなったが印象深い場所となろう。 この 7日目は上記の通り妙義龍が琴奨菊を破り、次いで豪栄道は把瑠都を倒し、結びの一番が総仕上げ、この 3人で延べ 2横綱 9大関を打倒した境川部屋はこの場所旋風を巻き起こした。
 11日目 稀勢の里(寄り切り)鶴竜
 鶴竜左で張って右左と差そうとすると稀勢の里は額で当たりながら右で踏み込み、左筈右で肩を押さえ、鶴竜が左右左と前褌を探ると稀勢の里はずっと右で喉を押さえてその腕を伸ばし、鶴竜が右喉輪から左を差すと稀勢の里左下手を引いて右上手を探り、鶴竜が右を巻き替えて左を切ると稀勢の里は右上手を取り、鶴竜が両下手を深く取って正面に出ると稀勢の里は左突き落としを見せ、一度離した右上手をまた取って正面に堪え、なお鶴竜が顎を上げたまま正面に迫ると、稀勢の里は右で鶴竜の左を切りながら左の突き落としで潰しにかかった。 鶴竜は右下手を突きつけて体を捻じったまま預ける。かくして稀勢の里は少し飛んで右膝から落ち、鶴竜は左腕から倒れて軍配は鶴竜、松ヶ根審判長から物言い。裁きとしては難しいが、稀勢の里の勝ちだけはないという恰好だろう。稀勢の里が飛ぶのが僅かに早いが、鶴竜の左が落ちるのとほぼ同時、協議は案外長くなく、鶴竜の肩と稀勢の里が土俵から出るのが同時として取り直しに落ち着いた。 稀勢の里右で肩を突いて左は筈、右で踏み込むと、鶴竜は頭を下げてこれも右で踏み込み、左筈右喉輪、次いで左で突くと見せて左下手を取ろうとしたが、稀勢の里は左筈右おっつけ、鶴竜左で喉を突き、右左と顔をひっ叩いて両差しを狙ったが、稀勢の里は左を差して右で抱えながら白房に寄り進み、鶴竜が左に廻ろうとすると稀勢の里は左下手を取り、黒房に出ながら右上手を探り、鶴竜の右への首捻りを許さず黒房に寄り切った。再戦の鶴竜はスタミナ切れもあってか、雑すぎてつけ込まれた。 稀勢の里は大関対決に入るや乱戦続き、どうにか白星をつないで勝運を握ったかのように見えたのだが、翌日栃煌山にあえなく敗れてツキが落ちた。
 13日目 妙義龍(寄り倒し)安
 この場所も信じられないような不可解な判定が何番も目についたが、最たるものを掲げる。妙義龍右から左と二本差しを狙うと安は右左と横褌を引き、上手投げで右に廻って左をこじ入れ、妙義龍が右を巻き替えんとすると安許さず向正面から土俵中央に戻し、左下手も引き、引きつけて東に出んとし、妙義龍が右に廻ると安白房に寄り進んで寄り倒した。 安の右足が出たので赤房の藤島審判から物言いがついたが、妙義龍の体勢全くなく微妙なところも全然なく、その割に矢鱈に長い協議の末にやっと出てきた結論が取り直しでは、馬鹿馬鹿しいにもほどがあった。妙義龍当たるなり左に変わって去なし、両筈から右を差して突き落とし、突き合いから安が青房に出ると妙義龍右前褌を取り、一気に向正面に攻め込んで左おっつけで白房に寄り倒した。 いい相撲ではあったが、安の手に入るべき白星をもぎ取られたのは大いに不満だった。
 14日目 栃煌山(肩透かし)鶴竜
     旭天鵬(上手投げ)琴欧洲

 鶴竜右で突きながら左からおっつけんとしたが、栃煌山右で突き上げながら左を固め、次いで右喉輪左おっつけで攻めて左を覗かせ、鶴竜が右上手を取って左を割り込もうとすると栃煌山左から強引に掬い、つんのめった鶴竜を肩透かしで土俵の真ん中に捻じ伏せた。鶴竜すっかり草臥れており、止め役を果たせず 6敗目。 次の一番は琴欧洲先に立って右差し左上手を狙ったが、旭天鵬がガバッと上手を取り、左に廻って寄らんかなの構え。琴欧洲右差し左おっつけで堪えんとすると、旭天鵬正面に下がりざま右を開いて大きな上手投げ、琴欧洲を正面青房寄りに投げ飛ばして旭天鵬の圧勝。比較的相性のいい旭天鵬を止められず琴欧洲も 6敗目、しかも右足甲を痛めて靱帯損傷ということで楽日を休場する破目になり、その負傷は複雑骨折の重傷だったことが後日判明した。
×平成24年 7月 優勝 大関 日馬富士 公平 15勝 3
 些か不安定ながら前場所よりは立ち直りを見せた横綱白鵬と、攪乱を主として内容に乏しい大関日馬富士とが14連勝同士で取り、日馬富士が勝って優勝した。 琴奨菊と稀勢の里が10勝、残る 3大関は 9勝であった。相撲内容が非常に悪く、三役陣では新小結妙義龍が飛び抜けて素晴らしかっただけ、総体的に味気のない本場所だった。
・優勝決定の一番 千秋楽 日馬富士(寄り切り)白鵬
 白鵬右肩で当たりながら右かち上げ気味に右を差そうとしながら左で前褌を狙ったが、日馬富士はやや高いものの額で当たろうとして左おっつけ右喉輪、左で張って左に動きながら左上手を深く取り、右も下手。白鵬は左で抱えて右下手を取り、青房に出ようとするが、日馬富士は右下手投げで振って頭をつけ、白鵬が左からおっつけながら右から起こそうとすると、日馬富士左上手投げで振って西に煽り、寄り切った。
・好勝負
 初日 日馬富士(押し出し)碧山

 碧山遅すぎやり直し。碧山先に立って両手で突こうとすると、日馬富士突っ込んで左筈右外筈で押し上げ、次いで右で張って左で前褌を狙うが足が揃ったまま。碧山まともに叩くと日馬富士両筈で押すが出足がない。日馬富士今度は左で張って左横褌、碧山が叩くと日馬富士両筈で押し出した。 その後日馬富士は碧山の背後に飛びかかりながら右拳で背を殴るように突き飛ばし、正面の松ヶ根審判長に衆人環視のもとで怒られた。そして右手を振って手首の調子を見ているのだから愚かだ。
  8日目 妙義龍(寄り切り)把瑠都
 把瑠都先に立って左で張りながら右を差そうとすると妙義龍額で当たって左でおっつけながら左に廻り、右は筈。把瑠都困って右に網打ちを引くと、妙義龍下からなおも押し上げ、把瑠都が右上手を肩越しに取ると妙義龍左右と下手を深く取りながら東に寄り進み、左上手も取った把瑠都が右に振ろうとすると、妙義龍許さず寄り切った。妙義龍は新小結、前場所に引き続いて鋭い攻めを披露し、空虚な場所で光り輝いた。
 14日目 若の里(寄り切り)翔天狼
 翔天狼両手突きから突っ張り、左喉輪右おっつけで赤房に出たが、若の里左筈右おっつけで頑張って右を差し、左でおっつけながら土俵中央に戻し、強引に右から巻き落としを見せて正面に出る。翔天狼が左に廻ると若の里右を抜いて叩く。翔天狼喰わず両筈で西に出ようとした。若の里は右を開いて左から去なしたが、反り返って精一杯。 翔天狼は西から白房へ歩いて向き直り、若の里右で張って左を差そうとすると翔天狼はかまして左筈右おっつけ、次いで片閂で強引に正面に出ようとすると、若の里右で上手を取り、物凄い力ずくの競り合いから右四つ、若の里が両廻しを引き、とうとう翔天狼根が尽きて黒房に寄り切られた。何となくユーモラスな激闘。
◎平成24年 9月 優勝 大関 日馬富士 公平 15勝 4
 初日早々把瑠都が大誤審の犠牲となり、場所前に右足親指を骨折していた把瑠都は 4日目から休場した。同日から琴奨菊が、 6日目からは琴欧洲が途中休場し、次場所はカド番大関が同時に 3人も発生するという初めての事態となった。 残る横綱大関陣は、中日を終わって白鵬・日馬富士・稀勢の里が勝ちっ放し、鶴竜が 1敗となっていた。この中では稀勢の里だけが不安定でかなり見劣りする状況であり、鶴竜には復調が認められ、白鵬と日馬富士もいくらか良くなった。 この時点では安と旭天鵬も勝ちっ放し、隠岐の海が 1敗であり、相撲内容もかなりあって久々の活況であった。横綱大関陣と平幕の好調者とが入り乱れての星争いは、中盤やや弛みが見られながらも立て直した日馬富士が、 力みに我を忘れた白鵬を制して連続全勝を遂げ、この成績を手土産に横綱に推された。白鵬は13勝、鶴竜が11勝まで星を伸ばし、他方稀勢の里は横綱大関戦を全て落として10勝だった。 他には妙義龍・安美錦・豊真将などの好調さや、舛ノ山・(負け越したが)松鳳山の健闘ぶりなど、見どころが多々あったが、立ち合いは乱れがひどく、些か足を引っ張った。
・優勝決定の一番 千秋楽 日馬富士(下手投げ)白鵬
 白鵬右差し左前褌狙いで立ったが踏み込みはかなり悪い。日馬富士はやや腰高だが額で当たり、左を固めて右喉輪、立ち合いはやや日馬富士が勝るが、白鵬は受け止めて右を差した。日馬富士は右下手を引いたが体が伸び上がり、左上手は掴めなかった。 両者右下手のみ、白鵬は下手を切ろうとするが切れない。一呼吸、日馬富士左を巻き替えにいくと、白鵬は右腕を締めようとするが差される。白鵬も巻き替えて左四つ、上手が深い。白鵬は左差し手から起こして左に吊り身に運ぼうとしたが、日馬富士残して数呼吸、一度左下手から捻りを見せ、頭をつけようとする。 十数呼吸、白鵬左から蹴返しにいくが日馬富士動ぜず、左下手を深くし、下手投げで左に廻る。白鵬は左を抜いておっつける。かくて日馬富士は白鵬の右腰にくっついた。数呼吸、日馬富士右手で白鵬の小股を掬いながら左を引きつけて白房に攻め、両下手を引いて寄ると、白鵬は両上手から吊りにいくが鯖折りのように崩れ、 やっと堪えると日馬富士の右下手投げの追い討ち、白鵬東に下がりながら右を入れようとしたが、日馬富士左でおっつけて攻め、白鵬が総身に朱を注いで堪えれば、日馬富士右下手投げを連発しながら左で膝を押さえ、ほぼ一周して東に投げ倒した。
・好勝負
 初日 魁聖(寄り切り)把瑠都

 把瑠都左上手を求めてガバと横褌を取ると、魁聖は右差し左から攻めて西に出ようとする。把瑠都右足が利かずやや後退したが、何とか喰い止めて左上手投げで傾け、左足一本で残して透かすと、魁聖は左手から土俵に落ち、それから把瑠都の爪先が上がり、魁聖の右手が土俵に落ち、把瑠都の右足が溜まりに落ち込んだ。 この順序であるのに行司正直の軍配は全く躊躇いもなく魁聖にあげられ、誰からも物言いがつかずにしまった。少なくとも魁聖の左手が落ちたところでは把瑠都の体は完全に生きており、そんなに速い相撲でもないのだから審判の目の問題といえよう。この審判団は就任直後の 5月にも大量の珍判定をなし、 かくも明瞭な誤審を生み出すに至った。正面の鏡山審判部長(多賀竜)が翌日に振り返ることには、流れは魁聖で、把瑠都の体の半分が土俵から出ていたから物言いをつけなくとも問題ないと思ったというのだが、 体の半分が云々はどうでもよく、一方の負けを認めた際に他方を勝ちとするという判定の基本に立ち返って考えると、魁聖の左手が落ちてから把瑠都の体が失われるまでには相応の時間差があり、よって魁聖の負けは明白である。 位置からすると正面だけでなく白房の高田川(安芸乃島)も見えていて当然であり、あまりの眼力のなさに驚かされた。
  9日目 隠岐の海(寄り切り)安
 安は勝ちっ放し、隠岐の海は 1敗、好調同士の好取組。隠岐の海右を固めてかち上げ気味、左は差そうとする。安は額で当たって左筈右おっつけ、隠岐の海左を捻じ込んで胸を合わせ左四つ、両者下手を引き合い、安は下手を切って右おっつけで上手を欲しがること数度、隠岐の海堪えて許さず、隠岐の海が右からおっつけると安右に廻って凌ぎ、安また下手を切って右からおっつけるが、これも果たせず右を巻き替えにいった。 そこで隠岐の海左からおっつけて東に攻め、寄り切った。隠岐の海の地力勝ち、安に右のおっつけだけでなく絞りがあればどうなっていたかとも思うが、それにしても隠岐の海はよく我慢した。
 12日目 翔天狼(叩き込み)北太樹
 呼吸ずれて翔天狼立てずやり直し。 2度目、北太樹が両差しを狙って先に立つと翔天狼無理矢理立ってその場で両手突き、北太樹の左と翔天狼の右の手着きが全くなく、珍しく恵之助は続行させたが、朝日山審判長(大受)の挙手でやり直し。審判長は翔天狼に注意し、その後どうやら北太樹にも注意したようである。 3度目も似たようなもの、北太樹は左を着かずにさらに早く立ち、翔天狼は両拳とも着けずに両手突きから引くところ、恵之助の待ったでやり直し。これは注意は翔天狼だけ。北太樹は髷をも引かれて不機嫌。 4度目、頭で当たり合って北太樹低く入り左差し右おっつけの恰好になったが、翔天狼両手で肩を押し、右左右と叩いて叩き込んだ。北太樹一人で土俵にいるうちから激昂していたが、悪いのは全て北太樹だ。 4度目も北太樹は左手着きなし。
 12日目 日馬富士(突き倒し)豪栄道
     白鵬(突き倒し)妙義龍

 同じ突き倒しだが、雲泥の差があった。日馬富士は前日危ない相撲を取ったが、気が乗っていた。 豪栄道一瞬早く立って少し両足跳び、頭だけ下げて入ろうとすると、日馬富士は果然突っ込みが上に抜けるが、右で踏み込んで右で肩を押し上げ、豪栄道が引いて左に下がると日馬富士は右喉輪突き、豪栄道がまた頭を下げようとするところ、日馬富士タイミング良く両手突きで黒房に突き倒した。 1番おいて、結びは白鵬。白鵬左拳を着かずに立ち、左で張って右でかち上げると、妙義龍は右腕を顎に喰らって右膝が折れ、そのまま引っ繰り返った。 白鵬はそのまま右腕と首を振りながら傲然と東二字口に戻って勝ち名乗りを受け、懸賞を取って(ここ数場所はずっとだが、殊更大袈裟に)右腕をぶん廻して自らに溺れる。 テレビ中継では「奪い取るように」と実況される大恥で、その空ろさを如実に示した。
 14日目 若の里(寄り切り)旭天鵬
 旭天鵬が右差し左上手狙いで立つと若の里は両差し狙い、若の里二本こじ入れて赤房に出ようとする。旭天鵬堪えて左小手投げで振ると、若の里残して左右とも返しながら黒房に出ようとする。 旭天鵬左を首に巻いて右から振ろうとし、若の里が構わず黒房に進めば旭天鵬左小手投げで捻じる。若の里正面に出んとすると旭天鵬踏み止まって閂、それでも若の里が青房に攻めようとすると旭天鵬はここでも左小手投げ。若の里残して両下手を引き、東に出ようとする。旭天鵬腰を落として右小手投げを打ったが、若の里堪えて東に寄り切った。 これは大ベテラン同士の熱戦であるが、通算800勝を超えた力士同士が顔を合わせた初めての対戦であった。
×平成24年11月 優勝 横綱 白鵬 翔 14勝 1敗 23
 凡戦だらけで目も当てられず、 7月をも下廻る最低場所になった。カド番 3人のうち把瑠都は、右足親指が治らないまま出場したものの、 2日目に左大腿肉離れを起こして休場、大関から陥落することとなった。 10日間取って勝ちっ放しは白鵬のみ、 1敗は日馬富士のみで、日馬富士は割に慎重に取ってきたが、疲労に加えて左足首痛で崩れ、11日目から勝てずに潰えた。白鵬はおよそ絶好調とは思えないながらも、 かなり神経質な取り口に終始し琴欧洲に敗れたのみ、14日目に旭天鵬が 4敗になったところで優勝を決めた。稀勢の里はこの場所も10勝を挙げたが、何をしたいのか分からない取り口で散々なものだった。 鶴竜と琴欧洲が 9勝、琴奨菊は 8勝で、特に琴奨菊は左膝の故障が癒えずかなり苦戦した。初日から 8連勝して11勝した豪栄道が攻撃力を少し伸ばしたのと、 粘って10勝した松鳳山が目立ったが、他に書き残すべきことといえば、これまた豪栄道ばかり。 9日目の大椿事もさることながら、千秋楽には西から三役揃い踏みに登場して立ち位置を 2度に亙って間違え、観衆の爆笑と野次を浴びた。
・優勝決定の一番 13日目 白鵬(押し出し)稀勢の里
 稀勢の里やや早く白鵬は遅く、稀勢の里立ってやり直し。白鵬右で張って両差し、稀勢の里が右でおっつけて左から肩を突こうとすると、白鵬右筈左腕で胸を押し、両筈で白房に押し出した。翌日旭天鵬が琴奨菊に敗れ、白鵬の優勝が決まった。
・好勝負
  2日目 松鳳山(掬い投げ)把瑠都

 把瑠都左で突いて右を差そうとし、左から引っ張り込もうとしたが、松鳳山左肩を前にしながら額でぶち当たり、右筈左おっつけから左右と差し、把瑠都が右上手を取ると松鳳山は左に大きく胴捻りにいった。右足が流れていた把瑠都は大きく振られ、左足も支えの用を為さず右膝から倒れた。 把瑠都は掬われて左足を送ったときに左大腿の肉離れを起こし、不運にも大関から下がることになった。松鳳山は初日の琴欧洲に続いて大関を破り、 5日目には稀勢の里にも粘り勝ち、琴奨菊と並んで地元の声援を一身に受けた。
  2日目 隠岐の海(小手投げ)日馬富士
 隠岐の海右でかち上げて左外筈で宛がうと、日馬富士は額で当たって左筈右喉輪で押し上げようとしたが、いつもほど鋭くなくて出られない。隠岐の海右から引っ張り込もうとすると日馬富士は右はそのまま左は筈、次いで右差しを狙いながら左で廻しを探ったが、右はおっつけられて動かず左も届かない。 隠岐の海が左筈右から引っ張り込もうとすると日馬富士ここで左下手を引くが、隠岐の海右から抱え込んで左下手を狙いながら胸を合わせようとし、日馬富士が右おっつけから右を巻き替えんとすると隠岐の海おっつけて阻み、ここで日馬富士が腰を落として左下手投げを打つと、隠岐の海右で抱えたまま左足を送って体を突きつけた。 日馬富士は正面徳俵に追い込まれて右足一本を着いたまま右下に引っ繰り返り、隠岐の海は右膝から落ち、軍配は隠岐の海。だいぶん経ってから物言いがついたが、日馬富士は体重を貰って崩れているだけで体があるとは認め難く、日馬富士が先に出ているという説明には疑問があるが、ともあれ軍配通り隠岐の海の金星となり、日馬富士の連勝は32で止まった。 日馬富士突っ込みが不足し、後手を踏んで跳ね返せず、前場所苦戦の相手に黒星を頂戴した。
  9日目 日馬富士(寄り切り)豪栄道
 勝ちっ放しの関脇豪栄道と 1敗の新横綱日馬富士との期待の取組は、大珍勝負となってしまった。豪栄道先に立って頭を下げながら右差し左前褌狙い、日馬富士は額で当たろうとしながら右で肩を突いて左おっつけ、次いで左上手を深く取って右を差そうとする。 豪栄道は体勢が高くなったが左を固め、右下手を引いて左でおっつけ、右肩を突きつけながら白房に出る。日馬富士左を引きつけて俵伝いに右に廻り、右で巻いて左上手投げ気味に振った。ここで赤房の湊川審判が挙手、これを見た伊之助が割って入り勝負を止めた。 審判の判断に応じて行司が割って入るのは極めて当然の動きである。場内静まること潮の引けるが如し。当然伊之助は白房下の蛇の目を見に行き、湊川も指差しているが、跡がないので物言いの恰好となってまず湊川が土俵に立ち、組もうか組むまいか困っている日馬富士と豪栄道とを通常の物言いの際と同様に赤白各房の下に退かせた。 各審判が登場する間、湊川はなお問題の位置を指しているのだが、白房の大鳴戸は首を振っている。鳩首してそこを見ること数度、確かに砂が蛇の目のやや外側に新たに撒かれたような跡はあるが、踏んだ跡がない。 2分余り経ったところで湊川は諦めたようで、協議すること 2分半余り、鏡山審判長による説明は以下の通りだった。 「ただいまの協議を説明します。えー、えー向正面審判が、日馬富士の足が出たと勘違いし、手を挙げてしまいました」。なんと率直な物言いだろう。「従って、もう一度やり直しという形でやらせていただきます」。日馬富士が俵を頼りに右に廻った際、両足とも爪先は俵の上、だから足の大部分は俵の外で、砂は飛んだり落ちたりしていたが、踵が落ちることはなかったわけだ。 その間、他に勝敗を決する事象がなく、引き分け等の処置をなすべき理由もない以上は、何らかの方法で相撲を取らせて勝敗を決するしかなく、取り直しを選択した、ということであろう。時間がなかったのか、取り直しの仕切りは一回だけだった。豪栄道頭を下げて両差しを狙うと日馬富士は両手で突き上げ、豪栄道が嫌って引き落とそうとすると日馬富士左から右と突き、 豪栄道がはね上げて右を差そうとすると日馬富士離れて突っ張ろうとする、豪栄道これを払い落として頭低く飛び込もうとすると、日馬富士左腕を廻して左下手を取り、右も差して赤房に攻め入り、寄り切った。湊川の大ミスであったが、後始末は適切であり、審判長の説明は正直そのもの、巧みな処理だった。 勝負を止めた際の体勢に組み直すべきではという不思議な意見が出たが、今回はたまたま組み合っていて動きが一応止まったというに過ぎず、 突き放しなどの離れた相撲や掃き手の有無が問題になった場合もあり得るのだから、体勢によって処置が異なるというのは寧ろおかしい。よって組み直しという選択肢はあろうはずもなく、取り直ししか考えられない。 また、今回は「やり直し」という表現が採られており、翌日には「行司軍配があげられていないため」というような説明(?)がつけられていたが、 行司が軍配をあげていようがいまいが、勝負を最終的に判断するのが審判であることに変わりはないのだから、差異を設けることに何らの意味もなく、取り直しに統一すべきである。
 12日目 松鳳山(肩透かし)豪栄道
 松鳳山右で張って左肩で当たりながら両差しを狙うと、豪栄道は両前褌狙いの恰好、左おっつけから割り込んで左四つ、互いに下手を引き、豪栄道の右巻き替えを松鳳山許さず、豪栄道は右でおっつけんとし、松鳳山は右上手を狙う。 数呼吸、豪栄道右腰を引いて左下手から振り、松鳳山の下手を切って右からおっつけようとするが、松鳳山また下手を引き、豪栄道もう一回同様に左下手から引っ張ると、松鳳山右外筈の恰好でついていき、両者右下手を欲しがる。 豪栄道は一旦左下手を深くし、次いで右小手投げを見せるがやや呼び込む。松鳳山右から攻めて出ようとすると豪栄道右突き落とし気味に右に廻る。赤房下、松鳳山は左を大きく返し突きつけ、右を巻き替える。豪栄道左を引きつけて白房に攻め、松鳳山が右に廻ろうとするのを左外掛けで掛け倒そうとしたが届かない。 豪栄道は右でも上手横褌を引く、松鳳山はさらに右に廻って左で豪栄道の右上手を切り、向正面を右に廻って肩透かしで捻じ伏せた。
前画面に戻る