平成26年
△平成26年 1月 優勝 横綱 白鵬 翔 14勝 1敗 28
 稀勢の里は初日からゴロリと倒れ、調整不足から大きく崩れていき、12日目に右足親指を故障し千秋楽を休場、負け越しに沈んだ。 日馬富士は前年暮れに左足首を痛めて全休した。琴奨菊は完治していない右胸を抱えながら 9勝してカド番を切り抜けた。白鵬は前場所以上に好調、 自在に取って快勝を続け勝ち進んでいった。これに初日黒星の鶴竜がついていき、中盤までは強いのか弱いのか分からない相撲振りだったのが終盤になって別人のようになり、 千秋楽に白鵬を倒して14勝、決定戦に持ち込んだ。決定戦は白鵬が鶴竜の右をよく封じて寄り切り、前場所のような逆転は許さなかった。 柔軟な左四つで遠藤が前半戦を沸かせ、柔軟さでは千代鳳も存在を示し、栃煌山、豊ノ島、松鳳山がその力を見せた他に、玉鷲も嘉風も好調、負け越した中では碧山や豪風そして里山が光るものを残したが、 全般的には中日を過ぎて相撲内容が落ち、特に13日目が限りなくひどく、前場所より少し良くなっただけにとどまったのは惜しいことだった。
・優勝決定の一番 千秋楽 鶴竜(寄り倒し)白鵬
         決定戦 白鵬(寄り切り)鶴竜

 千秋楽の白鵬の相手は本来なら稀勢の里であり、横綱大関戦なのだからよほどの理由がない限りいつかは組まれるのに、稀勢の里戦を 2日も前倒ししてまで鶴竜戦を無理矢理千秋楽結びに持ってきた。 白鵬右差し左前褌狙いで立ったが、右肩を出しすぎて踏み込みも悪かった。鶴竜は額で当たって右差し左前褌狙い、白鵬腰を引いて右を入れようとすると鶴竜頭を下げて左を巻き替えんとし、白鵬左で抱えながら右を巻き替える差し手争い、鶴竜左を巻き替えんとすると白鵬右腕を伸ばして下手を探ったが、鶴竜右に廻って肩透かしを引き、離れて白鵬左で張り右左と両差しを狙うと、鶴竜体勢を下げて左差し下手を探り、白鵬が腰を引きっ放しで左前褌を探るうちに鶴竜右を巻き替え左を返した。 白鵬は右で抱えて左横褌をなおも探っていたが、鶴竜両下手で西に煽り、白鵬が左でおっつけながら右を首に巻くと、鶴竜右肘を張って突きつけ、寄り倒した。白鵬やや力みすぎ、強引だった。 決定戦は10分後、東西入れ替わることもなく、行司も結びと同じ37代庄之助。鶴竜額で当たって右差し左前褌狙いから左を巻き替えんとすると、白鵬は右肩で当たって右差しを狙いながら左で抱えて白房に攻め、閂の形。 鶴竜上体を下げて左前褌を取ろうとすると白鵬は鶴竜の右腕を泉川。鶴竜抜いて左を入れようとすると白鵬右前褌を取り左四つ、左腰を引く。鶴竜は左下手横褌だけで、右を巻き替えんとしたが白鵬許さず、鶴竜右でおっつけると、白鵬機を見て右を引きつけながら左を深くし、鶴竜が右上手を探ろうとすると白鵬左下手も取り、腰を落として寄り詰め、鶴竜が右から突き落とそうとすると、白鵬体を預けて寄り切った。 白鵬は鶴竜の右が利くと面倒なので殺しにかかり、踏み込みは良くなかったが猛然たる先制攻撃で鶴竜より良い体勢をつくり上げた。
・好勝負
  4日目 時天空(寄り切り)佐田の富士

 時天空左で張って右を差そうとすると、佐田の富士は両手突きから突っ張ろうとしたが、時天空左を差して右を巻き替え両差し、佐田の富士挟みつけようとしたが無理で、右下手の時天空を佐田の富士閂に抱える恰好。一呼吸して佐田の富士出んとすると時天空堪えて少し左に廻り、次いで右足で蹴返しを見せるが佐田の富士の右足はなかった。時天空は左下手も取り、一呼吸して佐田の富士が閂で出んとするのを時天空下手を引きつけて堪え、土俵中央。 数呼吸ののち佐田の富士また閂で向正面白房寄りに出んとすると、時天空踏ん張って右に振ろうという恰好、佐田の富士堪えて東を背にし、行司晃之助が佐田の富士の廻しの端を引き出そうとする。また数呼吸、佐田の富士西に出んとすると時天空やや反り身に右に振る。ここで廻し待った、時天空は下手を離そうとするが晃之助はこれを制し、佐田の富士の廻しを締めにかかる。殆ど緩んでいないのだが、力を入れて引っ張っても長さに余裕がなく、結局組み手を解いてから廻しを締めた。 それから元の体勢に戻して再開、時天空右内掛けにいったが届かず、佐田の富士閂で出んとする。時天空左足で踏ん張って右に振った。たったこれだけでまた廻し待った。佐田の富士の廻しは結び目が解け、晃之助は頑張って切れ端を押し込むが、それ以上入らないので朝日山審判長が焦れ、嘉風に指示して廻しを締めさせようとした。嘉風は西から土俵に上がったが、晃之助が断ったので嘉風は手持ち無沙汰の風情で控えに戻る。 結局晃之助が締め直して再開、少しの間動かず、佐田の富士が僅かに腰を振っただけで晃之助が廻しを引っ張りにいく。時天空引きつけて白房に出んとし、佐田の富士が堪えると右で蹴返しを見せ、佐田の富士の右小手投げにつけ入って西に寄り進み、寄り切った。嘉風が土俵に上がったのは珍景であったが、せっかく上がったのに何もさせてもらえなかったのでは、嘉風としては恥ずかしいだけだったろう。 9日目には同じように時天空が両下手を深く取るのを翔天狼が閂で防戦するうちに翔天狼の廻しが 2度解け、寿之介が締め直す間に両者が組み手を何度も解いてしまい、呆れられた。佐田の富士も翔天狼も廻しは全く緩くなく、佐田の富士の場合は廻しが短くなりすぎたのではないかという疑念もあるが、結局は時天空の下手の引き方によるものだろう。
 10日目 千代鳳(寄り切り)大砂嵐
 大砂嵐右でかち上げて左でおっつけんとすると、千代鳳左を固めながらぶちかまして右で喉を押す。大砂嵐左おっつけで押し上げながら右で喉を突き、突っ張って黒房に攻めようとする。千代鳳堪えておっつけると大砂嵐右で叩いて左で抱えんとする。千代鳳懐に入って左横褌狙い、大砂嵐が右を差そうとすると千代鳳は左を巻き替え、大砂嵐が左で抱えて右前褌を取ると千代鳳は左を深くして下手横褌を狙う。 大砂嵐右を巻き替え、左上手を取って右で前褌を取ると千代鳳は右下手投げで振る。大砂嵐左上手投げに返して右前褌をまた取り、千代鳳が左を捻じ込まんとすると大砂嵐引きつけて出んとするが右が切れる。千代鳳頭をつけて大砂嵐の右腕を掴み、ややあって赤房に出んとする。大砂嵐堪えながら右前褌を取って引きつけんとしたが、千代鳳が右下手を深くすると大砂嵐は左上手出し投げで呼び込み、両差しを許して赤房に詰まり、寄り切られた。 この両者に相応しい熱戦、千代鳳の低く粘っこい特質がよく表れた一番で、前場所大砂嵐に幕内初白星を与えた雪辱を果たした。
 10日目 遠藤(押し出し)魁聖
 遠藤額で当たって左を固め、右で喉を押し上げ、両手で突いてから左を差そうとする。魁聖左で喉を押しながら右でおっつけると遠藤右に廻り、左半身になって下手前褌。魁聖右上手を取って黒房に出ると遠藤は右も前褌、左を差して掬い、正面で魁聖の上手を左筈で切って右から出しながら右に廻り、白房から向正面を経て右左と深くし、魁聖が左で抱えて右上手をやや深く取り正面に出ようとすると、遠藤堪えながら左下手投げを見せ、右肘を張って西に出んとする。 魁聖は右でおっつけんとするが効かず、左に腕廻し気味に捻じったが、遠藤つんのめりながら左を外筈に替え、倒れながら白房に押し出した。遠藤は早くも勝ち越し、左を差して右で前褌を取る流れが良く、攻められても俵を廻る足捌きが巧みで、11勝を挙げた。
 12日目 里山(一本背負い)栃乃若
 里山は仕切りそのものがやや左すなわち向正面寄りで、さらに左に踏み込みながら上体を沈め、右で抱えようとしながら左を固めた。栃乃若はこの相手にも両差し狙いを選択、左を入れて起こしながら右も差そうとし、里山が頭をつけたままなお左を固めて差させまいとすると栃乃若は右でおっつけて赤房に出たが、里山は伝え反り気味に左腕を出して体を廻し、両手で栃乃若の左腕を掴むや頭の向こうへ引っ張った。栃乃若は足が揃っていたこととて前にのめり、赤房に左肘から落とされた。 体を背負わず掴んだ腕の位置も肩に近く、極めて変則的ではあるが、一本背負いとして良いだろう。決まり手が発表されるや館内沸き立ち、吶喊が響き渡った。里山は19年 7月以来の幕内で、左下手を深く取って頭を相手の左腋に突っ込もうとする形で粘り抜き、左への強烈な捻りをも見せながら活躍したが、千秋楽に髷を握ったのが反則とされて負け越し、大いに残念がられた。
 12日目 琴欧洲(上手投げ)稀勢の里
 僅かに呼吸合わず琴欧洲立ってやり直し。 2度目は琴欧洲早すぎやり直し。 3度目、琴欧洲待つと稀勢の里左を固めながら突っ込んだが、琴欧洲は左に変わって小手に振り、右で喉を突いて左を入れ右前褌を狙う。稀勢の里は白房を背にして左下手を深く取り、土俵中央に戻す。両者左下手の恰好だが腕が返っているのは琴欧洲、数呼吸して琴欧洲右前褌を探ると稀勢の里は逆に腰を振って下手を切ろうとしたが、琴欧洲なお右を伸ばして前褌を探る。 稀勢の里許さずまた数呼吸、今度は琴欧洲スッと右を伸ばして前褌を取り、稀勢の里が左下手投げにいくと琴欧洲右上手投げに返し、さらに振り、白房に投げ倒した。この場所前に年寄名跡証書の提出が全年寄に求められていたが、先代(隆の里)未亡人が有している鳴戸の名跡証書を提出できず、 隆の鶴の鳴戸は田子ノ浦に名跡変更、旧三保ヶ関部屋跡地に急ぎ引っ越した。先代田子ノ浦(久島海)未亡人と先代三保ヶ関(増位山)の好意で稽古場を確保したにはしたが、場所までの時間が足りなかったのは間違いなく、稀勢の里は腰砕けになる相撲が多く調整不足を露呈、この一番で右足親指の靱帯を痛め、千秋楽には初土俵以来初めての休場となり、 7勝止まりで負け越した。
○平成26年 3月 優勝 大関 鶴竜 力三郎 14勝 1敗 1
 最大の注目は鶴竜だったが、滑り出しは良くなく 3日目に早くも土がついた。白鵬と日馬富士の両横綱は白星を連ねたが、 白鵬は不調の色が濃く、日馬富士は強引な取り口が目立ち、結局12日目からは日馬富士が、13日目からは白鵬が負け続け、横綱対決は日馬富士が勝ったので両横綱とも12勝となった。 琴奨菊は故障の恢復が捗々しくなく 8番、稀勢の里は足捌きが甚だ鈍く 9番にとどまり、調子を掴んだ鶴竜が14勝で優勝、横綱に推された。 豪栄道が12勝を挙げて地元で絶好調の姿を示し、嘉風や貴ノ岩など活躍力士も何人もおり、比較的面白い場所だった。琴欧洲が引退した。
・優勝決定の一番 千秋楽 鶴竜(寄り切り)琴奨菊
 琴奨菊額で当たって右を固め左で前褌を狙うと、鶴竜も全く同じ立ち合い、ほぼ五分で、琴奨菊が左からおっつけんとすると、鶴竜左で頭を叩きながら右に廻って右から去なし、 左で一つ張り気味に突き上げて左差し、琴奨菊が右で抱えようとすると鶴竜右を巻き替えにいき、琴奨菊が嫌って左腕で喉を押すと鶴竜は右前褌、琴奨菊が左でおっつけんとすると鶴竜左から突き落としにいって右を深く差し、 左を巻き替え左下手を深く取り、琴奨菊が右小手から振って左を巻き替えんとすると、鶴竜右前褌を引いて許さず、赤房に出て寄り出した。
・好勝負
  8日目 遠藤(突き落とし)大砂嵐

 遠藤額で当たって左を固めながら右前褌を狙うと、大砂嵐は左で前褌を狙いながら右でかち上げ、右に下がって右で肩口を突き落としながら右上手を狙い、一度右で抱え、次いで上手を取る。遠藤は左下手を取って右おっつけ、半身になって右で攻めようとする。 大砂嵐は左を深くしたくて暫し揉み合い、大砂嵐右上手投げで振って黒房に攻め圧し掛かると、遠藤堪えながら左を引きつけ捻りながら右外筈で突き落としにいき、左足で堪えて倒しにいった。 大砂嵐は右肘から落ちたが遠藤が飛ぶのは相当早く、体勢としてはどちらが上ともいえず、しかも遠藤は仰向けで足の方が高く上がっている。玉治郎の軍配は遠藤で物言いがなかったが、これは最低でも物言いをつけなければならぬ一番であった。 かの有名なヒゲの伊之助事件における検査役の判断を是とするならば大砂嵐の勝ち以外にはあり得ず、逆に非としたならば栃錦の体勢より今回の遠藤の体勢は大幅に悪く、取り直すべきだった。 大砂嵐は壊れるような場面もないように思えたが右腿を負傷しており、初日から 7日間勝ちっ放していたのに10日目と11日目とを休場せざるを得ず、結局やっとの勝ち越しに終わった。
 10日目 白鵬(上手投げ)琴奨菊
 白鵬の呼吸で立ち、白鵬右肩で当たって右差しを狙いながら左前褌、琴欧洲も右肩で当たって右差し左前褌を狙ったが、白鵬右を返して琴欧洲に左を与えず、すぐさま右で巻いて左上手投げ、琴欧洲左手を着き、それから黒房に倒された。琴欧洲は翌日休場し、翌々日の朝には引退となったので、これを一期として引退した恰好となった。
 11日目 日馬富士(叩き込み)稀勢の里
 稀勢の里左を固めながら右で肩を突くと、日馬富士額で当たって右で肩を突きながら左おっつけ、右で顔を突き放し、低く突っ込もうとしながら左で突く。稀勢の里はまず右を手繰り、次いで右を開いて去なし気味に躱したが、日馬富士は強引な上突っ張り。 稀勢の里押し返そうとすると日馬富士左で張る。稀勢の里左足を前に配って左を差そうとしながら宛がったが、日馬富士は右で張ったあと左で顔を押し上げながら右で喉を押し、すぐに引いて左に変わり、黒房に叩き込んだ。日馬富士はこの場所多い破れかぶれの取り口で稀勢の里戦を突破したが、具合の良くない右肘をさらに悪くした。
 12日目 白鵬(押し倒し)稀勢の里
 呼吸合わず白鵬受けずやり直し。 2度目は両者動かず、白鵬待った。 3度目、白鵬相手に構わず突っ込んでやり直し、ここで伊勢ヶ濱審判長が両者に一度注意する。伊之助は前々場所よりは積極的に声をかけている。 4度目、やっと立って白鵬左で喉を突きながら右を固めると、稀勢の里は左を固めながら右でおっつけんとしたが、白鵬左喉輪を伸ばし、左に廻って引き落としを見せ右下手を探り、稀勢の里が左でおっつけて右で肩から喉を押し上げんとすると白鵬左筈で突き上げ、左で張って左筈右おっつけ、正面に追い込んで左を覗かせ右喉輪で押し倒した。 2度目まではどっちもどっちの感ある仕切りの悪さだったが、 3度目で白鵬は馬脚を顕した。「横綱がわざとやっているように見える」という向正面解説(中村(琴錦))の言は適評といえよう。両者に厳重注意が与えられたとのことであり、朝青龍を別格としても白鵬も厳重注意は少なくとも 3度目、横綱としては受けすぎであろう。
 千秋楽 嘉風(寄り倒し)遠藤
 遠藤左差し右前褌狙いの形で立つと、嘉風は右肩を出しながらさらに低く、遠藤の左顎に当たって左おっつけ、右腕で押し上げる形から右喉輪で突き放し、次いで左で胸を突き右おっつけ、遠藤が右で張って左を差そうとすると嘉風左で張って右左とおっつけてはね上げ、遠藤が右に変わって去なすと嘉風の左は空を切ったが素早く左肩で当たり、遠藤が右で背を叩こうとすると、嘉風は左で宛がって青房にドッと寄り倒し快勝。嘉風は初めて遠藤を破り、しかも圧勝で敢闘賞をも勝ち取り、遅咲きの新三役を確実にした。
 千秋楽 日馬富士(寄り切り)白鵬
 白鵬かなり立ち急いで右腕をぶつけながら左で前褌を狙うと、日馬富士かなり腰が高かったが額で当たって左を廻しに宛がいながら右喉輪突き、二つ突っ張って額で当たり右おっつけ、左で白鵬の右を殺そうとする。白鵬は左をおっつけられたまま、右では様子を探るが差すでもなくおっつけるでもない。 日馬富士東に少し押すと白鵬右でおっつける恰好をするが、両者離れて一瞬見合い、焦れた白鵬が左で張って右を固め右を棒差しに入れようとすると、日馬富士額で当たって左で肘を抱え、右喉輪でグイと押し上げ、左を入れようとする。白鵬が逆に右を差すと日馬富士左後ろ褌に指が掛からなかったが左に廻って頭をつけ、左で絞り、次いで左上手を取る。 白鵬は右半身、右を筈にして上手を切ったが、日馬富士左に飛び気味に廻り右下手、一呼吸して白鵬覗いた右から起こそうとすると日馬富士左でおっつけながら右下手投げで大きく振る。左でおっつけんとしていた白鵬左で抱えて残したが、右は殺されるので日馬富士の右肘に巻きつける。数呼吸、日馬富士左で絞って青房に出んとすると白鵬強引に右へ網打ちにいき、日馬富士がなおも左横褌を探りながら右に体を寄せつつ寄ると、白鵬さらに右へ網打ちを続けながら右で二枚を蹴ったが、かなり早くに体が飛び、尻が落ちて網打ちの腕も解け、右に落下した。 右差し手を突きつけた日馬富士は左手から落ちたが白鵬の腕が解けたあと、庄之助の軍配は日馬富士で何ら微妙なところもないのに、西の大鳴戸審判が物言いをつけるナンセンスぶり、協議はあまり長くなかったが、この無理な物言いが通ってしまい、取り直しというのはさらにナンセンス。白鵬は仰向けの恰好で両足とも飛び、尻が下がり、しかも網打ちの手が解けてさえおり、両体離れていたわけでもないのだから、日馬富士の左手はかばい手でしかない。信じ難い珍判といえよう。 おまけに白鵬がさっさと赤房に行き、錦戸審判に注意を受けたのがさらに寂しい取り直し。また白鵬腰を決めるのもそこそこに早く立とうとしたが、日馬富士がさらに早く突っ込み、額で当たって左を固めながら右で喉を押すと、白鵬は右足が流れてしなだれかかっただけになり、それでも左おっつけのあと日馬富士の右腕を右で引っ張りながら左腕で押し上げようとしたが、日馬富士浮きながらもよく堪えて右肩で当たり、白鵬が左から入ろうとすると日馬富士左で廻しを押しながら出て右前褌を取り、左下手横褌を取って肘を張り、一煽りして東土俵赤房寄りに寄り出した。
◎平成26年 5月 優勝 横綱 白鵬 翔 14勝 1敗 29
 白鵬は乱脈と評すべき正視に堪えぬ土俵ぶりで優勝し、日馬富士は前場所に引き続き攻めすぎと評される無謀な取り口が目につき11勝、鶴竜は力みすぎて 9勝に終わった。 稀勢の里は冴えていたとは言い難いものの安全運転に徹して13勝するも、琴奨菊は左膝が全く利かず大きく負け越した。このような上位陣の動向と無関係に、負け越しはしたものの嘉風と千代鳳の両新小結が奮戦し、 平幕全体にも活気があり、特に場所中盤の盛り上がりは内容が濃く、こんな相撲を取り続けたら体が持つのかと思うほどの近年稀な激戦続き、観衆を堪能させた。 6日目、西の幕内土俵入りが終わって、赤房下で呼出が柝を打ち始め、「代わって、東方、幕内土俵入り」と場内にも放送されたが、東方には先導の行司がおらず、横綱土俵入りを引くために待っていた伊之助が行司部屋に走り、「誰かいないの?誰かいないのか」と叫んだが、応答はない。 結局、西の幕内土俵入りを引いた恵之助が東に廻り、やっと東方幕内土俵入りが始められた。
・優勝決定の一番 千秋楽 白鵬(上手投げ)日馬富士
 白鵬左で張って右を差そうとすると日馬富士は珍しく両手突きだったが、白鵬左に廻って左後ろ褌を取る。日馬富士は右腕を伸ばしたが下手が取れず、左でおっつけんとしながら腰を落としたが、白鵬上から被さって青房に寄ると、日馬富士は右下手が取れたが左を破られ、日馬富士が再度左から攻めようとすると白鵬左上手投げで東に転がした。良かったのは立ち合いの呼吸だけで、全く無内容だった。
・好勝負
  4日目 照ノ富士(押し倒し)貴ノ岩

 貴ノ岩右で突きながら額で当たって左前褌に指を掛けると、右差し狙いの照ノ富士は左で抱え上げ、右を差し込んで下手を深く取る。貴ノ岩は右下手、一度左が切れたが取り直して頭をつけ、一呼吸して青房に寄ろうとしたが、照ノ富士は腹に乗せて抜き上げ、青房に詰めてまた吊ろうとした。 貴ノ岩逆に吊り返して右に振り、正面青房寄りで吊り合い、貴ノ岩左上手投げで振ったが照ノ富士残して右腰を引き上手を切った。貴ノ岩左を巻き替えんとしたが無理。一呼吸、貴ノ岩が再び頭をつけんとすると照ノ富士許さず西に出んとする。貴ノ岩左おっつけで堪えると、照ノ富士グイと黒房に追い込む。 貴ノ岩なおも左おっつけで堪え、寄り返して一呼吸、やや左に動いて上手を求めると見せ、サッと巻き替え両差し、煽って照ノ富士の右を切った。照ノ富士は閂。十数呼吸、照ノ富士右に振って向正面に出んとするが、貴ノ岩両下手で堪えて少し赤房に進み、右を離して左下手投げを見せ、また両下手を取って白房に煽る。 照ノ富士堪えて一呼吸、右小手投げで振って左を巻き替える。貴ノ岩は頭をつけて右おっつけから前褌。照ノ富士は左で裾返しを見せるが空振り、左半身になる。貴ノ岩の左と照ノ富士の右とで牽制し合って宙ぶらりん。十数呼吸ののち貴ノ岩出んとするが照ノ富士動かず、次いで右から出すが照ノ富士ついていく。 数呼吸して貴ノ岩左差しで出ると見せ、また右から出そうとする。照ノ富士残して右で攻めようとするが、貴ノ岩出し投げ気味に右に廻って許さない。照ノ富士が右で貴ノ岩の左を掴むと、貴ノ岩右外掛けから西に進もうとしたが照ノ富士堪える。数呼吸して貴ノ岩左を差して煽り右外掛け、さらに左に切り返すと、照ノ富士残して左で抱えようとする。 貴ノ岩は右下手出し投げにいけず右喉輪を浴び、赤房に押し倒された。大変な死闘。
  4日目 栃乃若(寄り切り)豊真将
 豊真将頭で当たって左右のおっつけ、栃乃若は右腕をぶつけて両差し狙い、豊真将が左前褌を取るに構わず栃乃若赤房に進むが、豊真将額をつけたまま左下手右筈で向正面に攻め返し、右筈で捏ね上げたが左を差してしまう。栃乃若右で抱えて右に廻りながら左でおっつけ、左を差して堪えながら右上手を肩越しに探る。 豊真将嫌って右に廻ると栃乃若左を返しながら白房に煽り、右で宛がって向正面に寄り切った。物言いは赤房の陣幕審判、栃乃若が向正面で堪えた時の左踵が蛇の目を踏んだかどうかが論点だったと思われるが、井筒審判長の説明は、軍配が豊真将に上がったが豊真将に勇み足ありと物言いがつき栃乃若の体が先に出て軍配通りという、何一つ正しいところのないもので、赤房にいた呼出重夫は途中から眉間に皺を寄せて呆れているし、何より豊真将が面喰っている。 結局審判長は「栃乃若の勝ちですすみません」と言ったものの、結局何一つ説明されないまま終わった。審判長の「勇み足」の語を取り上げて中継では取り繕ったが、まさか最後の寄りをわざわざ論うような審判ではあるまい。
  6日目 佐田の海(外掛け)時天空
 佐田の海は新入幕。互いに胸を出しながら右肩で当たって右四つ、時天空は左前褌が取れず、佐田の海左を浅く取って右を返そうとしながら西に進むが、時天空右下手前褌を取って左外筈で堪え、左上手を取ろうとする。佐田の海右腰を引いて嫌い、機を見て西に出んとする。 時天空左前褌を取り、佐田の海は右下手を取る。佐田の海腰を引いて頭をつけんとし、右を脇腹に宛がって上手を切ろうとする。時天空が左を離さずにいると佐田の海今度は西に出んとして右下手を引く。土俵中央がっぷりで一呼吸、佐田の海出んとすると時天空引きつけ返すが、佐田の海吊り身に白房に攻め、時天空が左上手投げ気味に右に振ろうとするところ、佐田の海右外掛けで倒した。 佐田の海の外掛けは 3日連続、全て右だった。この外掛けと右差しからの素早い攻めで佐田の海は10番勝ち、史上初めて親子で新入幕敢闘賞という快記録を残した。 なお、佐田の海は翌場所この時天空に右内掛けを喰って敗れている。
  9日目 稀勢の里(寄り倒し)嘉風
 嘉風頭を下げて当たり左を筈にしながら右を固めると、稀勢の里は額で当たろうとしながら左を固めて右で一瞬嘉風の左腕を押さえ、次いで左右でおっつける。嘉風両手で胸を押すや引き落とそうとしたが、稀勢の里左外筈右で肩を突き、突っ張って西に出ようとする。 嘉風左おっつけで去なし、逆に突っ張って向正面に攻めるが、稀勢の里左おっつけから捕まえようとする。嘉風左で掬って右を入れんとし、稀勢の里が左おっつけで左に廻ると嘉風猛然突っ張って青房に攻め、右から去なしてさらに突っ張る。 稀勢の里やや体勢が高いが右で首を捻りながら左で突き落としを見せて左に廻り込み、右で顔を張り気味に突いて左筈、嘉風が左から掬うと稀勢の里グラついたが右で抱え、嘉風がそれでも右外筈で正面に攻め込むと、稀勢の里辛くも堪えて左に廻り、嘉風が頭をつけると稀勢の里青房に出んとしながら起こそうとし、嘉風が左に廻ったあと右から突き落とすと、稀勢の里は腰が立ったが右で後ろ褌を取り、力尽きた嘉風を土俵中央に寄り倒した。 嘉風攻めに攻めると稀勢の里は幾度となく足がグラつき、これが前 2場所の稀勢の里であれば間違いなくどこかで転んでいたろうが、二度ほど踏み切りそうになったがよく持ち堪えた。稀勢の里が持ち堪えたということは嘉風も持ち堪えたということであり、全力を傾け尽くした死闘を見せた。
  9日目 日馬富士(寄り切り)松鳳山
 松鳳山両手で突こうとすると日馬富士左で張って右差しを狙い、松鳳山が右で喉を押そうとすると左で下がりを握って出し投げ、松鳳山が立ち直らぬうちに日馬富士右で喉を突き、左筈右外筈で白房に押す。 松鳳山左を抜いて引き落とし、右に廻り込む。日馬富士つんのめりながらも左横褌を取り、右でおっつけんとする。松鳳山は片閂の形で力任せに右小手投げ、日馬富士左を抜いて残すと松鳳山突っ張ろうとして左で喉を攻めるが日馬富士は右でおっつけ、喉輪を外して右上手を狙う。 松鳳山は左を差して右を入れようとしたが、日馬富士は左前褌を取って右上手を肩越しに取ろうとし、松鳳山が左差し手を上げると日馬富士構わず東から土俵中央に戻し、右に上体を倒して右上手前褌を探り、左から矢柄に振って赤房に煽り、右で宛がって寄り切った。 日馬富士は白房に出んとするところで腰が上がりかけ、引き落としにのめったが持ち堪え、小手投げへの対処も紙一重ながらうまくいき、二本差されたときに右に体を倒したのは、定石通りと言葉で言うのは簡単だがよく起こされず相手充分の左を殺した。 松鳳山も為すべきことは為したということができるだろう。これまた大激闘。
 11日目 豪栄道(押し出し)白鵬
 豪栄道右手を出しながら頭を下げ、額で当たって両差し狙い。白鵬は右を固めて左で前褌を狙うが、踏み込みが軽くて右はへのこ差し、豪栄道額を右肩につけて右を覗かせながら左でおっつけると、白鵬は右を抜きながら安易に左で叩き、豪栄道が赤房に残ると白鵬突っ込んでいったが腰を置いていき、豪栄道が左に廻って引き落とすと、白鵬つんのめり右爪先で蛇の目を踏んで敗れ、その間に豪栄道が左肩から当たろうとすると、白鵬向き直りながら右後ろ褌を探るも動きが鈍く腰が崩れ、青房に押し出されたが、早くに赤房の荒汐審判と東の藤島審判とが右手を高々と挙げ、伊之助の軍配も豪栄道にあがっていた。 協会の決まり手は押し出しのまま訂されていないが、白鵬の右足先が出たあとは何らの意味もないのだから誤りと看做してよい。翌日の妙義龍−旭秀鵬は途中で旭秀鵬が右足で蛇の目を蹴ったので押し出しを決まり手としており、最後に這わされたところは採っておらず、これが正当な考え方である。
 12日目 白鵬(寄り切り)稀勢の里
 時間前の仕切りは割にまともだったが、時間になって白鵬は遅く、稀勢の里は構わず立つのを二度繰り返してやり直しとなり、三度目の前の蹲踞にも両者なかなか入らず、仕切りに入ると稀勢の里はさらに逸ってつんのめり、引っ込めたところで白鵬が立って左で張ると稀勢の里慌てて立ち、白鵬の右かち上げと左喉輪突きで稀勢の里は伸び上がり、稀勢の里が堪えて左を差そうとすると白鵬やや左足が流れたが額で当たって左右のおっつけから右四つ左上手、煽って寄り切った。これが横綱と呼ばれている者と大関と呼ばれている者との仕切りであり立ち合いであるそうだ。上位者がこうも狭量だと心ある好角家の中には離れる者もあろう。
 12日目 鶴竜(反則)豪栄道
 豪栄道一瞬早く立ったが額での当たりは五分、豪栄道両差しを狙うと左前褌狙いの鶴竜は左右でおっつけ、左外筈で起こして突っ張ろうとする。豪栄道はね上げ切れず、左下に払ったがなお突っ張られ、右を手繰ろうとするもできず挟みつけも捗らず、右に廻ったところますます突っ張られて向正面赤房寄りに後退した。 ところが鶴竜の突っ張りもここから小手先になり、豪栄道がやっと左おっつけ右喉輪で押し返せるようになると、鶴竜右で顔を押さえながら左で叩こうとしたが、腰が浮いて左足が滑った。ここで豪栄道額で当たりながら右で首を引いて叩くはずが、引いたのは鶴竜の左の鬢、鶴竜引っ張られて左下に崩れ、豪栄道さらに右で叩いて決めるところで今度は髷を握る不始末、鶴竜は東の溜まりに転げ落ちて庄之助の軍配は当然豪栄道にあがったが、勝ち残りの白鵬が右腕をいっぱいに伸ばして物言い、正面の井筒審判長がこれに気づいて 4審判が土俵に立つが、赤房の春日野審判は、審判長より早く物言いに気づいた控え行司の伊之助に教えられても状況の整理に手間取った様子、土俵に上がるのが遅れた。 その間に白鵬、一瞬髷を指差し物言いの意図を示す。協議に時間がかかったが、 5審判が気づいていなかった分、やむを得ないともいえよう。井筒審判長の説明は次の通り。「ただいまの協議について説明します。行司軍配は豪栄道を勝ちと見てあげましたが、豪栄道が丁髷を掴んでいるんではないかと物言いがつき、協議した結果、豪栄道が丁髷を掴んでおり、行司…、あー、鶴竜の勝ちとします」。 白鵬の目に映じたのは鶴竜が倒れる際の豪栄道の右手であろう。この時点だと、見える可能性がある審判は正面審判長と東の峰崎審判ぐらいだと思うが、豪栄道の足許を見ているはずなので気づかない可能性が極めて高い。その前に豪栄道が鬢を引いた場面だと、見えるとすれば審判長ぐらいであるが極めて難しいと思われる。 数度なされたスロー再生のうち鬢を引いたところを映した際にアナウンサーは「ここでは握っていませんね」と言ったが、その場面では実際には引っ張っており、これにより鶴竜は不自然に体勢を下げられそのまま倒れているので、これまでの運用から考えても鬢を引いたことを以て豪栄道の反則負けとするのが妥当であるばかりか、その後に髷を握ったことで鶴竜の動きが髷を軸とする水平方向の廻転に変わったことを考えると、残念ながら比較的悪質なものと認定せざるを得ないだろう。 控え力士による物言いは、幕内では 8年 1月の貴ノ浪以来18年半ぶりであろうか。最後に井筒審判長の説明内容であるが、「行司…」のところは恐らく「行司差し違い」と言いかけたやめたものであろうと推測するが、もしそうであれば、よく踏み止まったといえよう。行司は反則を見ないということから、この例は差し違いとすることが不適切だからである。
 14日目 稀勢の里(反則)日馬富士
 稀勢の里先に立って左を固めながら額で当たると、日馬富士は左で稀勢の里の右手を止めながら額で当たろうとして右手を下から出し前褌狙い。稀勢の里は左が差せなかったが右で胸元を押し上げんとする。日馬富士は左でおっつけながら右で肩を押し上げんとしたが、稀勢の里が右を抜いておっつけんとすると日馬富士は左喉輪の恰好になったものの突き上げるでもなく、右で稀勢の里の左腕を引いて左で首を叩きながら左後ろに下がり、右で叩いて黒房に稀勢の里を叩き込んだが、左では完全に鬢を引っ張ってしまった。 庄之助は迷い、蛇の目を見に行きながら稀勢の里に軍配、日馬富士の足は完全に残っていたが日馬富士自身が落胆の表情を浮かべるうちに、東の大鳴戸審判と西の湊審判が物言い、大鳴戸審判が髷を指している。やや長い協議のあとの朝日山審判長の説明を、前々日の井筒審判長との比較のために載せる。「ただいまの、協議について、説明いたします。行司軍配は、稀勢の里にあがりましたが、日馬富士が髷を引っ張っており、行司軍配通り稀勢の里の、勝ちと決定いたしました」。 前場所14日目にも幕下で反則があり、行司軍配と勝負結果とが変わらないということがあったが、その一番は髷を引いても勝てなかったという内容であった。今回は日馬富士が鬢を引いていなければ(但し稀勢の里の倒れ方が現実と同様であった場合に限るが)庄之助の差し違いであり、庄之助の裁き自体は恐らく問われていないだろうから、庄之助の黒星が一つ消えたことになる。 とはいえ、行司軍配と反則の有無とは別個のもの(反則の有無を見るのは行司の職務ではない)ことからすれば、「行司軍配通り」という表現は好ましいものではなく、前々日の井筒審判長の説明の方が上廻ったといえよう。日馬富士は髷に指が入ったという認識を持っており、苦笑はそれゆえであろう。
×平成26年 7月 優勝 横綱 白鵬 翔 13勝 2敗 30
 13勝の白鵬と10勝の日馬富士は相撲にまとまりがなく、土俵上での乱行も見られた。鶴竜は11勝だが、前場所より多少落ち着いたに過ぎず、稀勢の里は鈍い相撲が多く 9勝止まり。 前場所大惨敗の琴奨菊が、久々に良く足が出て12勝した。豪栄道が12勝し、前場所の 8番はあるものの、実績を買われて大関に昇進した。 他の活躍力士といっても豪風と安ぐらいのもの、前場所と打って変わり、相撲内容が著しく薄く所作の乱れも甚だしい、お粗末場所だった。
・優勝決定の一番 千秋楽 豪栄道(寄り切り)琴奨菊
             白鵬(上手出し投げ)日馬富士

 琴奨菊は 2敗で千秋楽を迎えたが、千秋楽の相手は勝てば大関昇進という話になった豪栄道で、琴奨菊にとっては苦手である。呼吸合わず豪栄道立たずやり直し。琴奨菊右を固めて左前褌を狙うと、豪栄道右肩で当たって右差し、次いで左上手横褌を取り、出し投げ気味に僅かに右を開いて右前褌を取らんとすると、琴奨菊は左で抱える。 一呼吸して琴奨菊が右腰を入れて上手を切ろうとすると豪栄道上手を離さず、琴奨菊が体勢を下げて出んとすると豪栄道左から振って右で頭を押さえ、東土俵赤房寄りに攻めんとしながら左を後ろ縦褌に持ち替え、上手投げ気味に赤房に寄り切った。同じく 2敗の白鵬は 1番後の結びの一番。日馬富士かなり早くに漫然と突っかけてやり直し。 2度目も日馬富士いくらなんでも早すぎて踏み止まり、白鵬待ったでやり直し。 3度目は白鵬が先に仕切り、先に立って左で張ろうとすると、日馬富士右で突いて張らせず左を固めて当たるが、顎が上がっている。白鵬胸を出して左で抱え、右をこじ入れんとするが、日馬富士右差し左おっつけで向正面に出て左上手、白鵬は右下手を取って左上手を探ったが取れず、やや半身に構えておっつけんとする。日馬富士左から出し、肘を締める。 一呼吸、日馬富士正面に出んとすると白鵬左でおっつけ、右に廻る。日馬富士は右下手を取る。白鵬左で抱える。一呼吸、白鵬背を叩くが上手が遠く巻き替えも無理で何もしない。日馬富士出んとすると白鵬右を引きつけて動かず、左を伸ばして一枚廻しを手繰り寄せ、やっと前褌を掴んで少し青房に出ると見せ、体を廻して左上手出し投げで土俵中央に捻じり倒した。 この場所に相応しく、またこの両横綱に相応しい仕切りの悪さであった。
・好勝負
  4日目 嘉風(叩き込み)日馬富士
  9日目 豪風(押し出し)日馬富士

 日馬富士右で肩を突きながら左筈、体勢低く突っ込もうとすると、嘉風額で当たりながら左に廻って左後ろ褌から出す。日馬富士右足が出すぎて崩れ、嘉風が右で突くと日馬富士右足が挫けて右下に大きく崩れ右で土俵を掃きかけ、 左前褌を取って持ち堪えたが、嘉風は右で抱えて黒房に攻め込み、右小手投げを連発して振り廻し、日馬富士が堪えて右おっつけから右上手を取ろうとすると、嘉風先に左下手を取りながら左腰を引いて許さず、さらに左に廻って右で日馬富士の左下手までも切るや左下手出し投げで振り、 日馬富士が左腕を伸ばして嘉風の右膝を支えにしようとすると、嘉風は切れた左を抜いて右で叩き込んだ。嘉風見事な動き勝ち、日馬富士に攻めの糸口を掴ませず、 6場所制下における最年長初金星記録を更新した…のだが、 5日しか持たずに兄弟子に更新された。 日馬富士額で当たって両手で突き上げんとしたが、豪風額で当たるなり右で首を叩いて左に変わった。日馬富士青房にすっ飛び、豪風が右で肩を押し上げたあと左外筈で押すと、日馬富士左足一本では堪え切れず押し切られた。嘉風は日単位での更新であったが、豪風は年単位で大きく更新し、これに物を言わせて勝ち越し、三役総入れ替えの恩恵をも受けて最年長新関脇の記録も塗り替えた。
  4日目 白鵬(寄り切り)豊真将
 白鵬右を差そうとすると豊真将頭を下げながら右に変わって右おっつけで去なす。白鵬難なく残すが左の張り手が大振り、豊真将左上手を取って右差し、左に廻って振り廻す。 白鵬残して一度左から引っ張り込み、右で掬って左を巻き替えんとし、両差しになって正面に進み寄り出し、右で喉を突いて審判長右の砂かぶりに突き飛ばした。 初日に日馬富士が碧山を右肘で小突く失態を演じているが、この日の白鵬も同等の失態で、翌日の土俵入りの際にNHKのテレビ中継では北の富士が呆れ返り、 千秋楽の夜に優勝者として出演したNHKの番組では、デーモン小暮閣下の問いに対し豊真将が立ち合いに変わったからという回答をなしたため、却って説諭を受ける横綱の姿が公共の電波で全国に流れた。あまりにも幼稚でデーモン小暮閣下も呆れたろう。
 11日目 豪栄道(浴びせ倒し)白鵬
 白鵬右で張って左右と差そうとすると、左前褌を狙って額で当たった豪栄道は左右でおっつけ、白鵬が左を抜いて右を差そうとすると豪栄道右を差して左でおっつけ、東に出る。 白鵬肩越しに左上手を探ってやっと取り、両足とも下げて豪栄道にしなだれかかるが、豪栄道右下手を取ってなおも左おっつけで攻め、起こして左上手横褌を取る。白鵬右に廻るが豪栄道正面青房寄りに出る。 白鵬右下手を取って残し右に廻り、一呼吸して上手から捻りながら左腰を引いて豪栄道の下手を切ると、逆に豪栄道は小さく上手から振って右下手を取る。白鵬残すや左上手投げにいこうとして腰を廻そうとしたが、右で豪栄道の上手を切るのを忘れてガッチリ引きつけられ、中途半端な蹲踞のような恰好になって右後ろに傾ぎ、渡し込まれて青房に背中から潰えた。
△平成26年 9月 優勝 横綱 白鵬 翔 14勝 1敗 31
 日馬富士が 4日目に右眼窩骨折の重傷を負って休場となり、鶴竜が横綱として初めて中日で勝ち越したが、狙った左前褌が全く取れず不調、後半は喘ぎ喘ぎとなり、11勝の星ほどの中身はなかった。 3大関は全くの不振で勝ち越すのがやっと。白鵬は中盤まで好調だったが終盤にまた息切れした。新入幕の逸ノ城が割り込み、 7日目に敗れただけで11日目から大関横綱に当てられ、勝ち抜いたという印象ではないが星をなおも伸ばし、 14日目に 1敗同士で白鵬−逸ノ城の割まで組まれるに至った。これは白鵬が勝ち、逃げ切った。他に勢・安美錦・旭天鵬あたりが活躍したが、大変な客入りで賑やかだったのに、相撲内容がついてこなかった。
・優勝決定の一番 千秋楽 白鵬(掛け投げ)鶴竜
 鶴竜額で当たって右を固めながら左で前褌を狙うが腰高、白鵬右差し狙いで立ち、鶴竜が左でおっつけんとすると白鵬左で叩いて右左と突き、右で張って左から右と両差しになろうとする。 鶴竜右で抱えて左を巻き替え左四つ、下手を深く取る。白鵬遅れて下手を取る。数呼吸、鶴竜右前褌を探ると白鵬左腰を引いて与えず、鶴竜腰を入れて右でおっつけると白鵬左肘を張って下手投げにいき、 鶴竜が右上手を深く取って西に棒立ちになりながら右外掛けで堪えんとすると、白鵬左足を上げて下手を突きつけながら寄り倒した。
・好勝負
 初日 安(突き落とし)豪栄道

 豪栄道額で当たって左おっつけ、次いで右を覗かせて左で前褌を取り右を返すが、右下手半身の安が左で抱えて腹を出すと、豪栄道は却って左が使えず、外枠に腿を取る形から上手を取り直そうとしたが、取れなかった。 安は逆にサッと左上手を取り、豪栄道が右下手を取ると安は左に捻る。一呼吸して安引きつけて出んとすると豪栄道右下手投げ気味に安の右を切って左で攻めようとするが、安上手投げで振る。 豪栄道残して左を割り込み両差し、左を返して右下手を取り、左下手も取って青房に出んとすると、安堪えて上手から振ろうとする。豪栄道右を離して突きつけるが足が遅れる。安右でおっつけながら左を離して首に巻き、サッと捻りざま右から突き落とすと、豪栄道は右足が流れて右肘から潰え、安も青房に左膝から倒れた。 物言いは東の藤島審判か。なかなか難しい裁きではある。安の踵は蛇の目に着いていないので、豪栄道の右肘が落ちたときに安の体があったかどうかが問題となろうが、安の軸だった右足がその用を為さなくなったときには豪栄道は落ちており、同体の物言いも通らずにしまった。新大関の豪栄道、波に乗れず大苦戦を強いられた。
  4日目 嘉風(反則)日馬富士
 嘉風先に立って頭から突っ込むと日馬富士額で当たりながら左筈右で肩を押さえ、左張り手を交えて突き上げんとするが、寧ろ嘉風体勢を低くする。日馬富士嫌って左右と叩きながら左に飛び退ると、嘉風つけ入ってぶちかまし、突っ張ろうとする。 日馬富士はぶちかましも左突きも右目に受け、嫌がって左で叩こうとし鬢を引き、さらに右でも叩こうとしながら左で続けて鬢を引き、体勢を下げて右差し、嘉風右後ろについて西土俵黒房寄りに送り出したが、西の大鳴戸審判は伊之助の軍配があがる前に挙手して物言い、協議は長からず短からず、反則負けとされた。 最初に引いたところでは髷を掴んだとは認め難いが、続けて手前に引いたところでは掴んでいると見るよりなく、反則負けは致し方のないところだろう。井筒審判長は今回も「行司軍配差し違い」の語をかなり意識して避けたように思われるが、これはたいへん良いことであった。日馬富士は嘉風の頭が顔に当たった際に右眼の周囲を骨折、もっとひどければ失明の虞もあったほどの重傷で、翌日から休場した。
  7日目 勢(上手投げ)逸ノ城
 逸ノ城右差し左で上から引っ張り込もうとすると、勢右肩で当たって右差し左おっつけで赤房に出んとし、少し右から掬って左でおっつけ、なおも出んとしながら右下手を深く取る。 逸ノ城肩越しに左上手を取り、上手投げ気味に左に廻ろうとするが右の使い方に迷い、結局右を首に巻いて上手投げにいく。勢右に体を寄せて白房から西に攻めると、逸ノ城右を覗かせる。 勢左でおっつけ、右下手投げで振る。ここで勢の鼻血がひどくなり、朝日山審判長の指示で庄太郎が割って入り相撲を止める。呼出が上がって血を拭い、再開するが、暫し動かず。あくまで勢は下手を与えまいとする。 数呼吸、逸ノ城左を引きつけて西に攻め入ると勢は右下手投げ気味に体を開こうとするが後ろがなく、危うく右足が踏み切りそうになったが左が覗いた。逸ノ城ここで左上手投げ、右を首に巻くのは悪い癖、逸ノ城ついていって西に寄りながら左でおっつけて上手を取り、さらに寄り立て、逸ノ城が右下手投げにいくと勢は左上手投げに返し、逸ノ城を這わせた。 勢は右下手相撲で左の使い方に課題が指摘される力士だが、逸ノ城の左上手が深すぎるので右が生き、左で逸ノ城の右を封ずるのに徹底した攻め相撲で見事に勝ちを占めた。
 10日目 豊ノ島(突き落とし)千代大龍
 豊ノ島立てずやり直し。豊ノ島右から入ろうとすると、千代大龍左肩で当たって左で抱えながら右で喉を押し、両手で喉を押し放し、左肩で当たって右で肩を突き、左で突いて右で豊ノ島の左喉輪突きをおっつけ、左から突き放さんとしながら東に出ようとしたが、豊ノ島が右から去なして右に廻ると、例によって出足のない千代大龍は泳ぎ、左手から落ちた。 このとき豊ノ島は爪先が大きく上がり、踵が完全に蛇の目を踏んでおり、勘太夫の軍配は千代大龍にあがって東の高島審判からすぐに物言い。千代大龍の手が着くのよりも豊ノ島の踵が早く、豊ノ島の体がなくなるのはさらに早く、軍配通り以外にはあり得ないが、物言いの内容が同体だったのまでは頷けるにしても、これを超えた協議結果にまで至り差し違いとされてしまった。 勘太夫は懸賞を軍配に載せようとしたが、軍配が水平でなかったために懸賞が豊ノ島の右膝の下に滑り落ちてしまった。千代大龍の出足のなさと流れのなさはひどいものだが、それはそれ。どう見れば豊ノ島の勝ちとなるのか全く理解不能であった。
 12日目 逸ノ城(上手投げ)豪栄道
  1敗の豪栄道が11日目から稀勢の里・豪栄道・鶴竜と横綱大関陣に当てられて悉く降した。稀勢の里戦と鶴竜戦とは 1度突っかけておいての逃げで書き残すだけの値がないが、 豪栄道戦だけは圧勝だったので採り上げる。逸ノ城右肩で当たって右差し左で抱えると、豪栄道は額で当たって右を差そうとしたが、左上手は横から取りにいき、果然横褌を取ったが、そもそもこれが間違いだった。 逸ノ城は右腕を伸ばして下手を取り、左で抱える。豪栄道は右を抜いて前褌を狙ったが、逸ノ城が左をこじ入れ下手前褌を取ったので豪栄道は右が取れず、根気なく右を巻き替えんとした。逸ノ城ここぞと西に突進し、豪栄道の強引な右掬い投げを左上手投げに返して西に座らせた。 もし豪栄道の立ち合いが作戦通りだとしたら、右が生きている限りは力が出る逸ノ城への対策を何も考えなかったと看做さざるを得ない。
 13日目 旭天鵬(上手投げ)栃乃若
 旭天鵬左で張って右を差そうとすると栃乃若は両差しを狙ったが入らない。旭天鵬は左上手を引き、栃乃若が右に廻って左でおっつけんとすると旭天鵬赤房に出んとする。 栃乃若右下手投げ気味に右に廻って左を巻き替えんとすると旭天鵬右下手を探りながら防ごうとし、栃乃若の右下手投げを許さず、頭をつける。栃乃若は窮屈な右下手を頼りに左でおっつけながら赤房に出んとしたが、旭天鵬は堪えざま体を廻して左上手投げで振り廻し、赤房に裏返した。 旭天鵬は40歳の誕生日の翌日に初日を迎え、 7日目に戦後最高齢幕内の記録を更新し、この日の勝ち星で戦後初めて40代幕内力士の勝ち越しを達成した。
 14日目 白鵬(上手出し投げ)逸ノ城
 逸ノ城右差し左上手を狙い、上から見下ろすような高い恰好で出ると、白鵬右差し左前褌狙いを果たして右を返し、腰を振って逸ノ城の右下手も切り、右から巻いて左上手投げを見せ、また右を返そうとする。 逸ノ城はまた右下手を取り、上体を左に倒して白鵬の右差し手を殺そうとするが、白鵬また右を上げようとし、ややあって右下手を取り、煽って黒房に出んとし、逸ノ城が右に廻って左でおっつけんとすると、白鵬右を離して体を開き、左上手出し投げを打って転がした。 終盤めっきり調子が落ちた白鵬は、前日の黒星のお蔭か相手が逸ノ城だったかお蔭か多少引き締め、すっかり喪っていた面目を僅かに施すことができた。白鵬が普通に取れば逸ノ城の欠点が全て出るというのがこの一番の最大の見どころであった。
○平成26年11月 優勝 横綱 白鵬 翔 14勝 1敗 32
 日馬富士が出場することになり無謀と思われたが、なるほど 4日目で 2敗したものの概して慎重な相撲、大関 3人と鶴竜に勝って11勝した。 白鵬は序盤にもたついて 6日目に潰え、後半は深みのない取り口で星だけを積んで14勝で優勝した。鶴竜は10連勝したものの終盤は力んで崩れ12勝。 稀勢の里は11勝したがバランスが悪く、琴奨菊は左膝が使えず 9敗、豪栄道に至っては我を忘れてしまい10敗と大崩れした。 平幕に目を移せば宝富士・安・栃ノ心・遠藤・旭天鵬・蒼国来といったところが元気で、引き続き大入りの館内を沸かせたが、横綱大関が足を引っ張ったのが惜しかった。 この場所から髷を掴んだ際の禁手反則の規定から「故意に」を刪去することになったが、これまでも「故意性」で見ている例はごく少なく、実際の運用は従来通りと見られた。 乱行続きの横綱白鵬は、 8日目に照ノ富士を赤房に寄り切り両者土俵から落ちたあとに照ノ富士の背を突き、客に向けて照ノ富士を突き倒したが、協会の処分は師匠に対しての厳重注意にとどまった。
・優勝決定の一番 千秋楽 白鵬(寄り切り)鶴竜
 白鵬さっさと立って右でかち上げながら左で前褌を狙い、額で当たった鶴竜に左前褌を与えず、左で叩いて右下手を取り、赤房で左を深く入れて後ろ褌を取り、鶴竜が左をこじ入れんとすると白鵬向正面に進んで寄り切った。
・好勝負
  4日目 千代鳳(反則)佐田の海

 佐田の海先に立って額で当たろうとしたが、千代鳳低さで勝って左ではね上げながら右で喉を突き放し、突っ張って攻めようとする。 佐田の海左に変わって手繰り気味にかまを掛けようとし、右左と突いて右を割り込もうとしながら左で上手を取り、左に変わって右で頭を押さえながら上手投げにいき、東に投げ倒したが、右では初切のように髷を握っていた。 その後晃之助の勝ち名乗りはおろか、決まり手の場内放送まで進んだところで正面の井筒審判長から物言いがついた。協議自体はあまり長くなく、反則負けという結論が出たのは妥当として良いだろうが、物言いをつける過程はとんでもないもので、極めて不明朗であった。 勝ち名乗りのあとに物言いをつけたこと、それから物言いがついたタイミング等から推測するにビデオ室の指示があったか審判長が一人でビデオ室に問うた上で物言いをつけたか(後者なら、先に物言いをつけて土俵上に審判団が揃ってからにすれば済むことだ)したこと、いずれも基本ができていないと評するよりない。 前年春の豪風−魁聖戦における鏡山審判長と全く同じ轍を踏んだ。
  6日目 安(叩き込み)白鵬
  8日目 白鵬(寄り切り)照ノ富士

 白鵬はこの場所も増長ぶりを遺憾なく示した。 6日目、白鵬先に立って右を固めながら左でおっつけんとすると、安左を固めながら額と左肩で当たって右で喉を突き、左右と喉を突いた。 白鵬は右足を前に出し、安の左が肩の上に抜けると白鵬右で宛がおうとしたが、安は右で喉を押さえて左腕でも押し、白鵬が左でも宛がうところ、安は右に引き落とす。 白鵬は左足の送りが伴わず、右を脇腹に宛がいながら左手でバランスを取って両足跳びで追おうとしたが、足が揃ったまま両筈になろうとして安に去なされ、左足が流れてつんのめり、 宙を舞う間に安の右手で背を叩かれ、手では土俵を掃かずに済んだものの、左足が俵を踏み越えて蛇の目を噛み、両手から正面に落ち惨敗した。 安はよく喉を押し、次いで白鵬にとって具合の悪い左廻り込みで白鵬を泳がせ、攻め落とした。白鵬は 2日目に右腿を俵に打って「九州場所は俵が高い」と八つ当たりをしたが、 その俵をも左足が踏み越えたわけで、この発言で労苦を蔑ろにされた呼出たちに大いに喜んでもらいたい白鵬の黒星でもあった。 翌々日、白鵬も照ノ富士も右差し左前褌を狙い、照ノ富士は左の指が一度掛かったが、白鵬腰を引きながら右肘で切って左で叩き、照ノ富士が赤房に泳ぐと白鵬及び腰ながら左喉輪右おっつけのあと両下手、赤房に寄り出した。 そして両者土俵から落ちたあと、白鵬は照ノ富士の背を両手で突き、客に向けて照ノ富士を突き倒したのは暴戻の限り、日曜日で賑わう相撲場の空気をいっぺんに冷やした。 師匠への厳重注意だけで終わってしまったが、これまでの白鵬の行状を思えば、大いに物足りなかった。
 13日目 宝富士(寄り切り)栃煌山
 栃煌山頭で当たって左を覗かせようとしながら右を固めると、宝富士は左を固めながら右でおっつけんとし。栃煌山が右を差し勝って左を返すと、宝富士はまず右を巻き替えんとしながら左に飛び、次いで右に飛び退って左差しを狙う。 栃煌山両手で突いたが、宝富士は黒房で右からはね上げ、左を差しにいく。栃煌山左筈右外筈の恰好になったが宝富士が右に廻って右でおっつけんとすると栃煌山は押せず、左で喉を押さえながら右を巻き替えんとしたが腰が浮いた。 宝富士左おっつけ右喉輪で押し返し、栃煌山が堪えて二本覗かせようとすると宝富士挟みつけ、栃煌山が右を抜いて上手を探ると宝富士左に出て東に攻め、栃煌山が右突き落としの恰好で青房に廻ると宝富士右おっつけで追い込んで寄り切った。 派手さはなく柔軟性もないが、宝富士の地力が増したことを印象づけた一番。
 13日目 日馬富士(寄り切り)鶴竜
 互いに額で右肩にぶち当たり、日馬富士右喉輪でグイと突き起こして左外筈、鶴竜左おっつけで外し、日馬富士がまた上体を下げて頭から突っ込もうとするところ、鶴竜右に逸らして左上手を取ったが深すぎた。 日馬富士右下手を引いて左で鶴竜の右手首を掴み、右肩を寄せて上手を切り、一つ強く煽って出んとする。鶴竜白房を右に廻るが、日馬富士は左を入れて下手を引きつけ、赤房に突撃して寄り出した。終始日馬富士のペース、流石というべき一番だった。
 千秋楽 旭天鵬(寄り切り)千代丸
 旭天鵬先に立って左で張ろうとしたとき千代丸はやっと立とうとしたところ、突こうとしたときには旭天鵬は既に右差し、左上手を取って猛然と揺さぶって出れば、千代丸重みを全く生かす間もなく赤房に寄り切られた。 40代二桁勝利は史上初で、40代三賞(敢闘賞)も史上初、老いて盛んというべきか、いまだ老いずというべきか。
前画面に戻る